日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

口コミ

債務整理後の借り入れはどうすればいいのか?

更新日:

こんにちは。お金借りたい管理人です。

私も債務整理を経験しています。よく消費者金融での借り入れの相談を受けますが、今回は「債務整理後の借り入れ」について私の意見を述べたいと思います。

債務整理をすると、法的に処理を行います。カードローンやオートローンなど、新規の契約が出来なくなることはご存知かと思います。

消費者金融からの現金の借り入れ、いわゆるキャッシングも、当然ながら通常は出来ません。

この通常は、というのがミソなのですが、通常でない場合もあるのです。

債務整理後でも借り入れを行う方法の前に、グレーゾーンのお話をします。

法治国家である日本。当然法律はみなさんご存知でしょう。

その中でも「グレーな部分」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

最近では、レバ刺しやユッケなど、牛肉の生の提供に関する事例などです。

これを金融論でのグレーゾーンで言えば…?

現在は規制されましたが、2007年くらいまで当たり前だった「グレーゾーン金利」

これは、当時の利息制限法で定められている金利(年率20%以下)を超える無効な利息にもかかわらず、出資法での罰則対象である29.2%未満であることから、20〜29.2パーセントまでの間の金利で貸付を行う業者がほとんどでした。

この利息制限法出資法、2つの法律の穴を、グレーゾーン金利と言います。日本という国は、このような法律の穴が多過ぎと思いませんか?まったくですよね。

しかし2010年、ここでようやく出資法が改正されます。

出資法の上限金利が、年率20%以下に引き下げられたのです。これで利息制限法出資法の最大の金利が統一されて、グレーな部分が無くなりました。

結局はどんな法律も、厳しい罰則が無い限り、このような法律の穴という物は、当たり前にある、ということがよく分りますよね?

債務整理後の借り入れについてのグレーゾーンは…?

これを、債務整理後の借り入れについて当てはめてみたいと思います。

債務を整理する・・・自己破産や任意整理、民事再生など、様々な方法があります。

よく聞く法律事務所などのCM。これは、借金の返済が完全にできなくなった人のために、高い報酬で弁護士が代理でやってくれます。

完全にブラックになり、当然どこからもお金を借り入れすることができなくなります。

「審査に落ちる・審査に通らない」

ということがブラックである証明になります。

債務整理後のブラックでも借り入れ可能な方法のグレーゾーンで言いますと

「あくまでも、貸すか貸さないか、その判断及び決定権は、貸金業者の判断」

という事です。

ブラックな人にお金を貸すということに対して、明確な罰則がありません。

高金利・執拗な取立て・無許可営業に対する罰則は当然ありますし、完全な違法です。

しかし、お金を貸す行為はきちんと契約ができていれば、問題ないというのは子供でもわかると思います。

問題なのはそのあと。約束を破ったら、何をするにもダメなこと。ただそれだけです。

仮にまた法律で規制が厳しくなれば、状況は変わってくると思いますが、現在ではそこは個人対個人の問題です。

ということは、債務整理後の借り入れも可能!ということが結論づけれます。

当サイトは、そんな方でも借りれる可能性が高い消費者金融を紹介しています。

 

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-口コミ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.