日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

口コミ

【どうしてもお金が必要な時に、思うこと】

更新日:

お金と共に生きる・・・

みなさん今までの人生の中で、お金に困った時期はありますでしょうか?

中にはまったくお金に不自由なく生きてこられた方も居るでしょう。

お金を上手に使えれば、お金に困ることもないのだと思いますが、お金に使われてしまってはいけません。

お金で気持ちが大きくなったり、お酒を飲むとお金をパーっと使ってしまったり・・・

私は後者のほうなので、お金には苦労してきました。

どうしてもお金が必要なときに、思うこと

どうしてもお金が必要なときに思うことはありますか?

「どうしてもお金借りたい・・・」

「ブラックでもお金借りたい・・・」

「破産してるけど、どうしてもお金を借りたいんです・・・」

「ブラックでも借りれる所を探しています・・・」

このように、心の叫びは誰しもが持っているものです。

どうしてもお金が必要な時に思うことは、ブラックでも簡単にお金を借りれるところを探すことです。

このサイトは、どうしてもお金が必要なときに、借りやすい消費者金融を探すために作りました。

本当にお金に困ったときに借りやすい消費者金融を検索できるサイトがあったら便利ですよね。

私もお金には苦労してきたので、良くわかります。

管理人の私の体験談

私が初めてお金に困ったのは、私が20代の前半の頃でした。(私は30代です)

当時の私は高卒サラリーマンを僅か数年で退職し、個人で商売系の仕事をしていました。

稼ぎは20代前半にしては、良かったんです。周りの同級生よりかは、若くして稼いでいました。

当時は調子も良く、まさか自分が借金をするなんて夢にも思っていませんでした。

稼いでいた私に、どうしてもお金が必要な時がくるなんて、天変地異です。

なぜお金に困ったかというと、免許の取消でした・・・。

私は車がないと仕事にならない事をしていましたので、この免許の取消は非常に人生の分岐点になったと、今でも思います。

理由は色々積み重なることがありますが、スピード違反が2連続、駐車違反、酒気帯び運転です。

当時はまだ飲酒運転の取締は厳しくなく、酒酔いで50万円、酒気帯びで30万円の罰金でした。

貯金していた100万円が、罰金とその他もろもろで消えていきました。

当然仕事も出来なくなり、路頭に迷いました。

そしてようやく知り合いに頼み込んで工場の仕事に付くことができたのですが…。

月給は稼いでいた頃の半分以下、生活水準も、贅沢が染み付いた私はなかなか下げることが出来ず、お金はいくらあっても足りませんでした。

少ない手取りで、どうにか生活していかなければいけないのにも関わらず、稼いでいた時の自分が忘れられず酒を飲むと気が大きくなってしまいます。

気が付くと手持ちのお金は給料日後の1週間も持たずに消えてなくなりました。

そんな生活が数ヵ月続き、職場の同僚からパチンコに誘われることがありました。その頃に借金に手をだしてしまいます。

私はそれまでは仕事人間でしたので、パチンコなどしたことがありませんでした。ゲームセンターでスロットを触るくらいです。

そこで仕事終わりに、飲むお金も無い給料日前。

工場の先輩と3人でパチンコをしに行ったのです。私は初心者でしたので、「え?お前パチンコしたことねぇの?」と、小ばかにされました。

その先輩がこう言いました。

「勝ったらみんなで飲みに行くぞ!勝った奴が、半分出しな!」

そりぁ私も飲みたいので、勝ちたいと思いパチンコをしてみますが、何せ初心者ですので正直勝てるとは思いませんでした。

そしていざ3人でパチンコ店に入ります。

当時、「ジョーズ」や「ジェイソンVSフレディ」「インディジョーンズ」「トップガン」など、洋画の名作の機種がたくさんあったのを覚えています。

私は洋画の中では「チャイルドプレイ」が一番好きなのですが、それはパチンコにはないのです。

まあ私のことはいいのですが・・・

そこで私はホラー好きなので、ジェイソンVSフレディをチョイスします。

先輩たちはスロットへ消えていきました。当時は4号機末期、押忍番長ブームでした。

私は訳も分からぬままジェイソンで2万円無くなり、先輩のところへ見に行きます。

「先輩、負けました。もう帰ります。」

すると、先輩が

「もう掛かるから、これで海でも打って待ってろ」

と言い、私に5千円渡しました。私は分からず海という得体のしれないパチンコへいきました。

後々思い出したら、「新海物語」だったと思います。

そして座って1発!まさかの確変大当り!そのまま3万発は出たでしょうか。

換金して12万円!一気に私はパチンコの虜になってしまいました。

すると打ち終えた先輩と合流し、でかしたぞ!と褒め称えられることに。

その日は夜の繁華街へ消えていきました。

その日以来、私は毎日海物語を打ち行くようになります。

5千円負けが10日続き、5万円・・・

徐々に生活が苦しくなり、最悪な事態になります。

そう、家賃までパチンコにつぎ込むようになったのです。完全に頭がイかれてしまいました。

とうとう現金が底を付きます。その時私は消費者金融から初めてお金を借りました。

当時は金利がグレーゾーン金利と呼ばれる、年率29.2%〜40%でした。

もうお分かりですよね?私は最悪の結果になってしまいました。それも全ては自分の意志の弱さのせいですが、パチンコに溺れてしまい、借金地獄に陥ってしまったのです。

その時の「どうしてもお金が必要・・・!」という気持ちは思い出したくはありません。

お金借りる際は、自分に合ったお金の借り方を!

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-口コミ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.