日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

口コミ

お金の相談は誰にすれば良いのか?私が相談に乗りましょう。

更新日:

どうしてもお金借りたい場合、いったい誰に、どのように相談する方法が一番最善なのでしょうか?

当然ながら「親族、身内」という答えでしょう。利息はかかりませんし、もちろんそのとおりだと思います。

しかしそこは親に言えない、相談しにくい事情があるはずです。今回は「身内」を省いて、お金のことは誰にどのように相談すればいいのかを考えてみることにしましょう。

お金を借りる方法〜その壱〜

まず1つ、友人です。しかし友人もある意味「身内」でしょう。利息は殆どかかりませんし気を遣わず借りれますが、友人関係が崩れてしまう可能性もあります。よくニュースで聞く殺人事件の背景には、金銭トラブルがつき物。やはり友人も家族と同じで、トラブルになりそうな言いにくいことはなるべく避けたいものです。

次に、職場の同僚や給料の前借りです。少額なら…と軽い気持ちで借りてしまうと、それが後に大きな癖になってしまう恐れがあるんです。前借り前借りのくりかえしで、自分は何の為に働いているのか。職場では悪い噂が立ち、お金にだらしない印象で社内から軽蔑の目に晒されるのは当然です。

お金を借りる方法〜その弍〜

次は、銀行やクレジットカードのローンを考えてみましょう。

皆さんの生活でも最も身近で安心して借りれそうなのは、やはり近所の銀行や手持のクレジットカードのキャッシングです。もちろんこれはオススメですし、緊急にお金に困っても、手軽にお金が手に入ります。しかし、私も経験したのですが、安心しすぎてお金を借りすぎて、ついルーティーンになってしまうんです。今流行りのルーティーンですね。

すぐ借りれたので、月末に返済してまたすぐアテにする…。このくりかえしで、気が付けば二重利息を払っている人も少なくないでしょう。一番怖いのが、「金銭感覚の崩壊」です。

銀行からお金を借りている、信販系の会社や消費者金融からお金を借りている、クレジットカードのキャッシングローンを利用している。これ、全部借金ですよね。でも、これらを利用している人の殆どが、罪悪感を感じないで、自分のお金として勘違いしているんですよね。私も経験済みです。

これが大きな、金銭感覚崩壊の危険因子なのです。

気が付けば1年また1年、10年にも及ぶ借金生活。婚期も逃せば出世もしない。気が付けばパチンコ屋でタバコを吸いながら興じる。休日はボートレース場や競馬場で賭博に興じる。このような生活で、全てが麻痺してしまうんです。

お金を借りて覚醒する〜街金〜

最後の手段として、自分を貶める覚悟があるのなら、街金でお金を借りることです。

結局、銀行や消費者金融からこれ以上お金を借りれなくなってしまった人が行き着くところでもあります。

街金で借りれなくなると、残るはヤミ金しかありません。それだけは絶対に避けるようにしてください。

街金の場合は、金利は高利ではありません。きちんと営業の許可もありますし、法的な真っ当な金貸し屋さんです。しかし大々的に広告宣伝はしていません。なぜなら広告費がもったいないからです。たまに新聞広告や大人向け雑誌の裏あたりに載っている街金もあります。ヤミ金もたまにまぎれてますので気を付けないといけませんが…。

結局のところ、何が言いたいのかですよね。

今までお金を借りすぎていたり、ギャンブルばかりしていたり、お酒ばかり飲んで外食ばかりしてきたり…

借金がふえるばかりです。そんな生活に慣れては絶対に幸せになれません。目を覚ますために、自分に喝を入れること、それが街金です。

なぜ街金で借りて、目を覚ますのかって?

さすがにいくら闇金じゃない街金でも、そんな所からお金を借りたら人間終わりでしょうよ!そこで自分が変わらなければ、自己破産するか、高飛びするか、死ぬか。選択肢は究極になります。

そうです。落ちるところまで堕ちたのなら、後は這い上がるしかないでしょう。

街金でお金を借りたということで、ハッと気がついたあなたはまだ正常です。

一旦精算して、スッキリすれば仕事もうまくいきます。コツコツ返済すればいいんです。そして余ったお金でギャンブルに興じればいいじゃないですか。

とにかくお金の悩み相談でここに来たあなたは、まだ正常な債務者でしょう。どうしてもお金を借りるなら、自分が変わるという決心をして審査に臨みましょう。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-口コミ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.