日曜でも借りれるお金の相談所

どこもお金を借りれない方でも土曜でも日曜でも総量規制オーバーでも未成年でも借りれるサラ金を紹介しています。日曜でもやってる街金系金貸し業者はここから!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

口コミ

お金に悩んだらキャッシングナンバーワンで検索!

投稿日:

お金の悩みは、日常生活の中であたりまえに付いてくるものだと思います。

政府が発表していたりする「平均所得」や「平均年収」。

これは魔法がかかっているんです。

よくニュースなどを見ていたら、「格差問題」や「格差是正」など聞くと思います。

その「格差」がありすぎて、国は把握しきれていません。

当然ですよね、1億3000万人以上、そして外国人労働者なども居ますから。

国民一人あたりの平均年収は「400万円」とも言われていますが、平成24年、今から3年前ですね。

この数字はでたらめです。魔法がかかっています。ごく一部の高所得者がいて、大多数の平均年収を底上げしているんです。これはなんとなく理解できるでしょう。

私が言いたいのは、少数派の高給取りを除く平均年収が、常識的な考え方であると考えます。

私なんかおよそ30年の人生の中で、月給14万円〜20万円以上貰ったことは殆どありません。

一度若い頃ナイトクラブで働いていたときは3ヶ月間だけ月給40万円近く貰った記憶がありますが、普通の会社勤めやアルバイト生活などでは、月収15万円位です。

月給20万円で、年収240万円ですから。控除などもありますが誤差は致し方ないでしょう。

そんな、低所得者の大多数の声が、選挙などで届くはずもありません。

貧困層出身、一般位の国会議員や地方議員などが居れば応援もしたくなりますが、国会議員や県議会議員などの人はみんな一般家庭以上のエリート出身です。

そんなおぼっちゃんが国民の為に動くはずもありません。権威・権力の優越感に浸っている人がほとんどです。

今もなお、お金に苦しんでいる人は沢山います。

どれだけお金に困っている人でも、キャッシングナンバーワンが未来を明るくしてくれると信じて行きたいと考えます。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-口コミ

Copyright© 日曜でも借りれるお金の相談所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.