日曜でも借りれるお金の相談所

どこもお金を借りれない方でも土曜でも日曜でも総量規制オーバーでも未成年でも借りれるサラ金を紹介しています。日曜でもやってる街金系金貸し業者はここから!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

口コミ

【どうしてもお金が必要な人のお金の相談所】

更新日:

不景気な国の政策に物申す!

どこも借りれない…。そんな状況でも、どうしてもお金借りたい…。どうしてもお金が必要だ…。

こんな悩みを抱えている人は、日本全国にまだまだ多数いらっしゃると思います。

日本経済は不景気なのか?好景気なのか?毎日を一生懸命働いて、自宅と職場の往復をしていると、ニュースを見たところで何とも思いませんよね。

格差社会とよく言われますが、本当に私もそう思います。軽減税率だとか財政政策だとか言われても、そんな難しい言葉並べられても訳が分かりません。

少し見たところ、低所得者対策のために…などと言われているようですが、結局は高齢者に恩恵があるような政策で、多くの経済学者は反対しているとのこと。

しかし我々一般庶民は蚊帳の外です。若者たちはただ働けと…。

そんな日本社会、一体いつからこのような悲惨な状況になってしまったのでしょうか…?

私が異論を唱えたところで、何も変わるわけではありませんが。

それよりも今現在、どうしてもお金が必要な人はたくさんいるわけです。お金をばら蒔けというのではなく、どこからもキャッシングでお金が借りれなくなってしまった人のための制度を作って欲しいですよね。

なぜお金借りれないのか?

そもそも貸金業法が2007年に変わってから、急激にお金が循環しなくなったのだと私は感じています。

以前の記事でも書いているように、「総量規制」という、貸付の制限が設けられたからです。

国の金持ちの人間たちは、国民の平均年収が400万円だとか言っていますが、実際は私から言わせてみれば年収400万円以上なんて高給取りです。充分裕福な贅沢な暮らしができます。

これが格差の死角です。私の周り(友人や親兄弟など)は、月給20万円そこそこが平均ですよ。年収にしたら240万〜300万円。それでも良いほうです。充分困らずのんびり生活できています。

そんな中、どうしてもお金が必要なときに困るのが先ほど言った、「総量規制」です。年収の1/3までしか借り入れができません。

月給20万円の私なら、80万円しかキャッシング出来ません。

この時点で、もうどこからも借りれない、という最悪の状況です。

私の場合は2007年以前に、消費者金融2社から50万円ずつ枠があるキャッシングカードを作っていました。当時は規制がありませんでしたから、どうしてもお金が必要なときに使えたのです。

しかし規制後、数年ぶりにキャッシングの申し込みをすると、まさかの審査に落ちてしまったのです。

私は色々調べて分かりました、制度が変わっていたのだと…。だからこの記事を書いているということでもあります。

どうしてもお金借りたい…大丈夫です!

キャッシングでどこも借りれない人の為に、私は「総量規制オーバー」でも借りれる消費者金融、言わば法の目を掻い潜れる中堅金融を利用しました。その経験を持って、このサイトを運営していると言っても過言ではありません。

私のキャッシングの経験が活かせる、借金の経験が活かせる、それがこのサイト「お金の相談所」の存在意義ですね。

どこも借りれないけど、どうしてもお金借りたい。本当にお金に困ったら、総量規制オーバーでも、ブラックでも借りれる所、それがお金の相談所です。

お金の相談所で紹介している中堅金融なら、法定内の金利でお金借りれるのですから、安心してくださいね。

但し、無職だったり未成年者は借りれませんから、先ずは返済の計画をきちんと相手に伝えることが大切です。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-口コミ

Copyright© 日曜でも借りれるお金の相談所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.