日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!


ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

口コミ

お金を借りたい時!借りやすい金貸し業者は?

投稿日:

皆さんは、本当にお金に困ったことがあるでしょうか?

お金を借りたい!と強く思い、金貸し業者などからお金を借りたい!と思ったことはあるでしょうか?

消費者金融などの金貸し業者からお金を借りるということは、そのほとんどの方が、友人や親などから小さなお金の貸し借りを行っていたはずです。

缶コーヒー代で100円貸して!だとか、電車賃で10円足りないから貸しといて!とか、そういった小さなお金を貸し借りしたことがある人は多いでしょう。

しかし、弁当代が無いから1000円貸して!や、給料日に返すから10000円借りたい!など、金額が多くなってくれば、それはまた違ったお金の貸し借りになってしまいますよね。

まさに信用問題・人間関係に関わってくることなのです。

1円も10円も、1000円も10000円も、お金の価値は同じです。

その中で、幾らお金に困っている!幾らお金が足りない…!という状況は、人それぞれ経験したことは大きく違ってくるはずです。

これが金額が大きくなってしまったり、恥ずかしいから誰にも相談できなくなってしまった…。そんな方が、消費者金融などの金貸し業者からお金を借りてしまう訳です。

金利を払う事は非常に勿体ないことであり、本来ならば金貸し業者などからお金を借りるべきではないのです。

これから、お金の相談所管理人の私が感じてきた・経験してきた、お金に困った状況を紹介していきます。

あり得ないお話から、ウンウン、あるある!という体験まであるかと思いますが、共感していきましょう。もちろん、お金を借りないように自分に言い聞かせてほしいとも思います。

1円足りない!1円のお金を借りたい時。

まずは1円あるある。これは誰もがあるでしょう。コンビニで151円の買い物をした時、200円しかない場合ですね。

友人が隣にいたら必ず、「1円貸してくれ!」や、もしくは友人から「1円あげるよ」といった心優しい言葉が出てきます。

お金の価値観・友人などの信頼関係は、たったの1円と言ったら1円に失礼ですが、たったの1円では全く揺るがないものです。

つまり、1円レベル程度のお金の貸し借りは、仮に1円返さなくても全く何の問題もありません。

10円‥貸して?10円のお金を借りたい時。

さて、1円の次は10円です。

1円借りる事はあっても、10円借りる事って、思い返してみてもあまりないですよね。

コンビニで、「うまい棒を食べたいから、10円貸してくれない?」といった大人は見た事ないです。

カウンターにあるチロルチョコを買う時に、20円追加で借りる事はあり得るかもしれません。もちろん10円貸してくれる金貸し業者は存在しません。

10円借りる場合は、1円と同じようなところです。つまり、10円でも家族や友人の「信用・信頼」は揺るぎません。

10円返さなくても特に問題にはならないでしょう。

100円ツケといてね。今度返すから!100円のお金を借りたい時。

1円・10円と見てきましたが、100円となると、少し勝手が変わってきます。

1円・10円ではそこまでお買い物は出来ませんが、100円となると「お買い物」が出来ます。

缶コーヒー・アイス・シュークリームなどがスーパーやコンビニで買えます。

今月残り2000円しかない場合、100円奢ったりすると致命傷になります。お金に余裕がある時の100円は可愛いものですが、100円貸すことは少し信用問題に繋がるかもしれません。

しかし100円も、もしも返さなくても大きな問題にはならないと思います。

1000円お金を借りれば、必ず返さなければならない。

いよいよ小銭から、紙幣に変わりました。ここで大台の1000円のお金の貸し借りについてです。

もしもあなたが、「1000円借りたい。頼む」と友人に言われたら、どう言葉を返すでしょうか?

私なら「わかった。いつ返せるの?返済日を決めたら貸すから。」と言うかもしれません。

そしてなぜ1000円だけ借りるのかを聞きます。生活に困っているのなら、何らかのアドバイスをするでしょう。1000円を借りてくる人は、人間性に問題があるかもしれません。

私の地元の先輩に、とても悪い人が居ました。会うたびに「おい、1000円貸してくれ」と言ってくる、ギャンブラーの先輩でした。

現代の言葉で言う「DQN・ドキュン」といったところでしょうか。昔から親がヤンキーのようなヤクザのような、毎日パチンコ屋にいるような種族でした。

これらの下級民族に私は今までいくらカツアゲされたか分かりません。しかももちろん返って来たことは一度もありません。

1000円は、借りる場合にちょうどいいお金なのです。1000円位返さなくてもいいだろう。そう思っている人が多いのです。塵も積もれば…。チリツモです。

10000円借りるなら、金貸し業者からお金を借りよう。

5000円を飛ばして、いよいよ10000円です。こうなれば、銀行・クレジットカードのキャッシング・消費者金融のような、きちんとした金貸し業者からお金を借りるべきでしょう。

金貸し業者からお金を借りた場合は、必ず金利というものが発生します。この金利が勿体ないのですが、やはり10000円は大金です。

つまりお金を貸す側も、もしかしたらお金が返ってこないかもしれないというリスクを背負っているので、金利を払わなければいけないのです。

まとめると、10000円以上のお金を借りたい時は、きちんとした金利を払って金貸し業者からお金を借りましょう。

当サイトが紹介している消費者金融は、10000円からの少額融資も行っている金貸し業者です。

ここの金融会社のポイントは、今流行の総量規制などで、どこからもお金を借りれなくなってしまった人でも借りれる可能性が高い、借りやすい金貸し業者なのです。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-口コミ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.