日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!


ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

口コミ

お金を借りたいと思う事は当たり前のこと。

投稿日:

どうしても、お金を借りたい…。お金借りれる所を探したい。日曜日でも、サラ金でお金を借りたい。どこも借りれないけど、お金を借りたい。

消費者金融でお金を借りたいと思っている人は、このように様々な想いを持っていることだと思います。

ついさっきの事なのですが、ヤフーニュースで「年収800~900万円超したら増税」という記事を読みました。

私は当然そんな大金を稼いだこともありませんが、ヤフコメでは意外と「世界では5000万円以上が高収入」とか「年収800万円の少ないとこから取るな」とか言われています。

ここでちょっとヤフコメを見てみましょう。

うーん、この金銭感覚は、本当に個人差があり何とも言えないところなのですが、よく考えていただきたいことがあります。

まず、日本国民のほとんどが、平均年収以下だという事を。

年代別にもよりますが、平均年収はおよそ400万円~500万円だとしましょう。

一カ月30万円支給の給料で、年収は30×12=360万円です。ボーナスはある会社とない会社がありますので外します。

税金などを引かれても手取りは20万円超え。これでも平均年収以下ですが、地方などで普通に苦労をしてきた人たちにとっては十分貰っている金額だと私は思います。

地方での話ですが、公務員をしている後輩や、そこそこ良い会社に勤めている友人に話を聞いても平均年収以下です。

しかし平均年収以下でも、贅沢しなければ、普通に生活に問題のない金額なのです。

首都圏などではもっとサラリーマンでも給料が多いのかは分かりませんが、年収800万円で「大してもらっていない」というコメントにはびっくりです。

金銭感覚の問題でもあるとは思いますが、やはり国会議員の給料は絶対に下げるべきであり、国会議員が特別な仕事とか言う感覚を無くさなければなりません。

北欧などは公務員や国会議員と言っても、一般庶民と同じです。つまりは庶民が政治を行う、まさに理想的な国家なのです。

しかし日本は古くからの伝統・武家社会の名残があるのか、国会議員とかは「先生」と呼ばれています。

アホちゃうか?と私は思っています。何が先生や!

こんな状況だから、日本は何も変わらないと思うのです。

お金を借りたいと思っている人々がいる限り、やるべきことは沢山あります。

どうしてもお金を借りたい、お金を借りる場所を探す。この気持ちは我々国民にとって当たり前の事なのです。

お金の相談所では、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-口コミ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.