日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!


ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

金貸し業者

優良な金貸し業者で、ブラックでもお金を借りれる理由!

更新日:

安心してお金を借りられる!

絶対に誰でもお金を借りられる!

そんな謳い文句のヤミ金があったら、国内は大変なことになります。

そもそも、「安心できる」というのはどういった意味で安心することができるのか、ということになるでしょう。

どこからもお金を借りられない…でもお金を借りたいんです!という嘆きの声はよく耳にしていますが、もしもあなたが相当レベルのブラックであれば、どう頑張っても今すぐお金を借りることはできない!ということだけは、肝に銘じておいてほしいと思います。

そもそも、ブラックというのは信用情報機関で信用度がアウト!と判定された、そういった人たちを指しています。

別に、大手消費者金融で何か悪いことをしたからブラックとなっている、というわけではありません。例えばプロミスなどの大手消費者金融で、お金を借りる時に審査担当者に罵声を浴びせたり、理解不能な言動を申込中にしていたら問題でしょう。

それは、ある意味でブラックリストに社内で共有されると思うのですが、問題はそこではありません。何か一社で問題があった場合、その一社プロミスだけで危ないと認識されており、ほかの大手消費者金融ではお金を借りることは可能となります。仮に変な人という意味でのブラックなどではなく、支払いの延滞・滞納をしてしまったらどうでしょうか。

その滞納がある程度長期間続いていた場合、プロミス系列のモビットなどでお金を申込んでもほぼ100パーセントお金を借りる事は出来ません。

これは、SMBCコンシューマーファイナンスグループでのブラックリストですので、当然の結果とも言えます。ある程度の期間、支払いの滞納を繰り返していた場合、社内を通り越して信用の本部である信用情報機関にその情報が入っていきます。

つまり、SMBC(プロミス・モビット)以外の全ての大手消費者金融が、そのブラック情報をチェックすることができる、という状態になるということなのです。

大手消費者金融は、お金を借りる時に必ず信用情報機関にアクセスをします。そして、そこからの情報を手がかりとして、審査を通すか落とすか精査されています。

もし、この信用情報機関でブラックである、ということがしっかりと分かった場合、どんなに頑張ってもお金は借りれません。

機械でNGと出されている人であれば、勝手に審査を通過させることはできません。

そんなの、実際に審査に通してみなければわからない!ということもあるでしょうが、仮にブラックである人に大手消費者金融がお金を融資してしまったら、どうなるかを考えてみましょう。

消費者金融がブラックにお金を貸してしまった場合

こういった大手消費者金融などは、お金を誰にいくら貸しているのか、社内だけではなく全てを情報信用機関に通達しなければなりません。

つまり、誰にいくら貸していますよ、ということを報告しなければならないのです。

法律では、年収の3分の1以上は融資することができません。

これが貸金業における「総量規制」です。

仮に、データ上明らかにその人の年収の3分の1を超えているのに、大手消費者金融がお金を貸してしまったら、データ上おかしくなってしまう、ということになるわけです。それが他社にもバレてしまうと、不公平だ!ルール違反だ!ということで、大揉めになってしまうのです。

しかしながら銀行などであれば、総量規制がかからないため、どんどんお金を融資して社会問題に近頃なってしまっています。日本にはおかしな法律が沢山なのです。消費者金融業界にも闇は潜んでいるのです。

もしも消費者金融会社がブラックの人にお金を貸してしまった場合、何らかの行政処分が下る可能性があるから、絶対に消費者金融会社はブラックにお金を貸さないわけですね。

最悪の場合、営業停止処分になることもあり得るのですから。

なぜここの金貸し業者はブラックでも借りれるのか?

ではなぜ、ここの金貸し業者では、ブラックでもお金を借りれるのでしょうか。

本来、ここの金貸し業者も「消費者金融」です。

銀行などとは違う類いになっているのですが、貸金業法・出資法・利息制限法などは、しっかりと遵守しなければなりません。

それなのにも関わらず、なぜにブラックなのにお金を貸してくれるのか?異様ですよね。

その理由は二つあります。

ブラックでも借りれる理由①

まずはシンプルな理由に、貸金業に登録していないということです。

単なる違法なのですが、個人間融資ということにされてしまえば、なかなかグレーゾーンな部分です。むしろ、お金をどこからも借りれない人の受け皿となっているので、無くてはならない存在でもあります。これは暗黙の了解といった所です。

貸金業に無登録ということであれば、その金貸し業者はどういったブラックにお金を融資しても報告義務は存在しないため、どんどんお金を貸すことができるのです。もちろんあまりにも悪質な金利だったらすぐ逮捕されますから、今残っている金貸し業者は、本当に優良な金貸し業者だといえるのです。意外と低金利でお金を借りれます。

プロ野球に例えるとよくわかると思いますが、プロ野球選手の公式成績というのは、登録された選手であり、さらには公式戦でしっかりと残したものだけが適用されています。

しかし、自称プロ野球選手という人がいて、近くの公園で少年たちに混ざってホームランを打ちまくっていて、公式成績として登録されるでしょうか。

仮に、そうだとしたら、知らないオッサンがシーズン通じて打率9割8分、ホームラン数140本、打点1000点など、意味不明な成績がプロ野球名鑑に残り、伝説の3冠王となってしまいます。試合数も、1日3試合ふざけてしていたとして、年間1000試合しても、それが全てプロ野球名鑑に記載されるわけです。あり得ませんよね?

個人の金貸し業者と公式の大手消費者金融の関係性もこれと一緒で、個人がいくら貸そうが貸すまいが、信用情報機関のような公的な場所には、1ミリも関係無いわけです。

だから、ブラックの方にもお金を貸すことが可能なのです。

ブラックでも借りれる理由②

もう一つの理由が、独自審査で徹底的にルールを決めているという事です。

公的なものというよりは、自らが律してやっているので、そのルールに則れば安心してブラックでもお金を借りられます。

金貸し業者側も、人を困らせたりしたいわけでも、ふざけているわけでもありません。新しいビジネスモデルを開拓しようとしている、お金に困った人たちを助けたい!と願う人たちが経営しているものが、まさに優良な金貸し業者なのです。

悪質な闇金と、優良な個人の優良金貸し業者。この違いが分かれば、ブラックでも即日融資でお金を借りれる可能性がある!ということが理解できるのではないでしょうか。

お金の相談所では、ブラックの方を応援しています、

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-金貸し業者

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.