日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

ギャンブル関係

ギャンブル依存症536万人、そのほとんどがパチンコ?

更新日:

お早うございます。お金の相談所管理人でございます。

ブラックでもお金を借りれる所や、総量規制でもお金借りれる所を紹介してきた当サイトですが、今回の記事は現実を見つめ直したいと思います。

ブラックになる人、総量規制に引っかかる人、お金を借りまくって遊んでいる人。

そのほとんどはギャンブル依存症です。

他の意見は受け付けません、とにかく交際費・娯楽費・交遊費、全てギャンブルです。

「ギャンブル依存症536万人」とググって見ると、様々な議論がなされていました。私もコメント欄に参加したいくらいです。(笑)

この数字は日本国内の成人のおよそ5パーセントらしいのです。世界水準では1パーセント前後らしいですから、日本が物凄くめちゃくちゃな国かが良く分かります。

しかもそのほとんどのギャンブル依存、パチンコ・パチスロです。

そしてお金を借りています。借りては負け、借りては負け、給料が入ってきたらちょこっと返済、一安心。残ったお金は全てパチンコ。

「一体何にお金を使ってんの?」と家族や仲間に聞かれても、嘘をつく。パチンコ・スロット中に電話が掛かってきて、「どこにいるの?」と言われても、嘘をつく。

これがギャンブル依存症患者の特徴です。

なぜ言えるのか?私がそうだからです。

日本の人口、1億2676万人です。

その内の成人は、およそ1億人。

10パーセントで、1000万人。=パチンコ人口。

5パーセントで、500万人。=ギャンブル依存症人口。

これはあくまでも厚生労働省が算出した数字です。

人数がどうのこうのは、どうでもいいのです。この社会システムを作ってきた先代の政治家の方、パチンコ問題を放置してきた近年の政治家の方、どう考えているのでしょうか。

しかし私たちでは何も変えられない現実があります。本当に今後どうなるのか。

今はアメリカがシリアに軍事攻撃をしたニュースが賑わっていますが、このまま北朝鮮政策で武力衝突が起きたら、パチンコ産業にも何かが起きるのではないかと思います。

パチンコ依存症の人間のお金が、北朝鮮の核ミサイルの資金になっているのですから。

今日はお金の相談のお話ではありませんでしたが、お金に関するギャンブル依存症のお話をお送りしました。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-ギャンブル関係

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.