日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!


ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

ブログ

買わない宝くじは当たらない!多重債務ブラックでもお金を借りれる方法!

更新日:

ブラックでもお金を借りたい…という気持ちは理解できます。

止められないんです。お金を使う事を…。

これが、本当のブラックの悩みなのかもしれません。

多重債務者

お金が苦しい…という事を分かっているのに、なぜか無意識のようにパチンコ屋に行ってしまったり。まさにギャンブル依存症というものです。

これがブラックの症状とも言えます。

しかし一般的にブラックの場合は、お金を借りることは不可能です。

そもそもブラックは、信用情報機関で信用(金融)事故を起こしている、というレッテルが貼られているため、そういったブラックたちにお金を貸してしまうと、大手銀行や消費者金融など、金貸し業者側の信用問題にも関わってくるからです。

お金を借りたいブラックの立場

さて、そんなブラックでもお金を借りたい!という方。非常に厳しい立場に置かれていることだと思います。

どんな消費者金融に申し込みに行っても、結局は必ずどこも借りれない。どうせ審査落ちしてしまうから、どこにも申込たくない、という後ろ向きな気持ちになりがちです。

確かに、ブラックにはお金を貸してくれない金貸し業者や金融機関ばかりなのは、周知の事実です。

しかし、買わない宝くじは当たらないのと同様に、どこかに申し込みをしない限り、お金を借りることは到底できません。

その「当たり」を理解しておけば、何となく心が楽になってくるのではないでしょうか。

パチンコは天井が無く、いつ当たるか分からない不安が常にあります。

しかし、金貸し業者の審査の申し込みは、必ず当りが存在します。

どんなにどこもお金を借りれない方でも、必ず絶対お金を借りれる場所は存在するのです。

それが金貸し業者なのか、身内や親族なのかはまた別のお話ですけどね。

基本的に、ブラックは肩身が狭いことは理解できます。

ブラック、ということは明らかに悪質なる信用事故を起こしているわけですから

「お金にだらしない人間」

だと世間は理解するでしょう。

しかし、お金を借りていた当時は、とにかくだらしない人間であっても、人間成長していくにつれ、徐々にお金の大切さに気付いていき、結果的に大切にバランス良くお金を利用していけるレベルになっている・・・という事もあるわけです。

人間、何度も同じ失敗を繰り返すことはありますが、そこで真剣に学ぶようになれば、逆に一般的な人たちよりも詳しく、専門的な知識を手に入れることができます。

大手金貸し業者での融資もそうですが、本当に利用の仕方を経験するだけで、ブラックでも借りれる消費者金融を、有意義に使うことができます。

お金に悩む人の、お金の使い方とは?

お金に悩む人は私も含めて、お金の使い方がついつい激しくなってしまいます。

最初の頃は、簡単にお金を借りれると知ってしまっているので、後先考えず財布にあるお金を使ってしまうのです。ダメだと分かっていながらも、体が勝手にお金を使ってしまうんです。

これがまさに、理解しているのにお金の悩みになってしまうのです。

多重債務者となってしまう人たちというのは、借りたお金を自分の給与と勘違いして、どんどん利用してしまうわけです。
もしくは私も同じ症状に苦しんでいますが、辞めたくても辞められないギャンブル依存症から抜け出せず、持っているお金を全部使ってしまう病気です。

本来、必要な分の支払いをするために5万円が必要であれば、5万円だけを借りて、それを3ヶ月くらいかけて返済すれば良いだけの話です。

しかし、5万円だけという小口融資の仕方を大手金貸し業者、ビッグバンクのキャッシングはしてくれません。むしろ20万円程度の融資枠いっぱいのお金を融資してくれます。

そのため、本来利用すべき5万円だけではなく、関係のない15万円を利用して遊んでしまうわけです。

これが、銀行カードローン・消費者金融キャッシングの罠です。

カードローンの罠

そこで味をしめた利用者は、本来使用しなければならない理由も明確では無いのにも関わらず、10万、20万円とどんどん借入を増やしていき、遊びに全て使ってしまうのです。

そこに、パチンコ依存などが絡むと、もう私のように無意識にお金を使ってしまう病気になってしまうのです。

どうせ、お金があるということで、どんどん遊びの予定を入れてしまいますし、事実、収拾がつかなくなっています。

そして、これ以上はお金を貸すことはできません、と消費者金融の審査落ちした時にはじめて、

「あ、俺、多重債務者だ…ブラックになってしまった…」

と気付き、後悔するのです。

多重債務者の特徴

多重債務ブラック

多重債務者のほとんどは、毎月の返済を、別の金貸し業者の借入分から補填しているため、いつかはその残高はゼロになります。

これが、自転車操業です。

自転車操業だと理解はしているんです。

わかっていながらも、「まだいける、俺はまだやれるんや…!」と、その苦しい状況を現実として飲み込むことがどうしてもできず、結果的に最悪な状態になるまで自分を追い込んでしまうわけです。

ここまで来ると、明らかにもう多重債務者ブラックとなり、審査を受けること自体が恐怖体験になります。

人から受け入れられないこともショックですが、公的な金融機関からお金を借りられなかった…という事も、それなりにショックです。

知識も、仕事も、家もある。それなのにも関わらず、昔の事故が尾を引いてお金を借りられなかった…、人生を否定されているような、非常に不安な気持ちに苛まれてしまうわけです。

しかし、多重債務からブラックになるくらいですから、その人が元々お金持ちな人間とは言いにくいでしょう。むしろ、貧乏で毎月ギリギリの生活をし続けている、というような状況かもしれません。

やはり、人間いつかはまとまったお金を支払わなければならない、そういった状況になることも少なくはありません。

そういった時、どこからもお金を借りられない以前に、怖いから審査の申し込みをしないのであれば、事態が好転していくことは無いわけです。

冒頭でも説明した通り、買わない宝くじは当たることはありません。

そういった意味からも、どうにかしてお金を借りるしかないのです。

そんな時の為に、お金の相談所では大手銀行カードローンではなく、ブラックでもお金を借りることができる、そういった金貸し業者を紹介しています。

ここで紹介している金貸し業者は、ブラックとか、ブラックでないとか、そういったことにはあまり関係がありません。

大切なのは、その申し込みをした人の返済能力があるか否かなのです。

返済能力が無いということは、10万円を借りて月々1万円の返済が続けられないような経済状況の方です。

逆にいうと、それができるのであれば、小規模な個人の金貸し業者は、お金をブラックでも融資してくれるの可能性があるのですから、これは使わない手はありません。

ブラックの場合、さまざまな不安を抱えてしまっていると思いますが、そこに理解のある金貸し業者が存在しているのです。

ブラックだからと一人でお金の悩みを抱え込まず、まずはお金の相談所に掲載されている金貸し業者に相談してみてください。

きっと、どこからもお金を借りれずに困っている自分の悩みが嘘かのように晴れていき、楽しい日々となっていくはずです。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-ブログ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.