日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!


ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

ブログ

借金をゼロ!借金を減らせる!とかいう謳い文句の広告

更新日:

債務整理で借金を減らせる!?
おまとめローンで返済額を一本化!
借金がゼロに!

など、訳の分からぬ事を広告している、金融専門の法律事務所。

今までこのような広告などを見てきた方は多いでしょう。

本当に見飽きましたね。

このような過大広告を打ってでも、広告料などの元が取れるような世界ですから信じられません。

借金をしている人、お金を借りていてお金に困っている人、本当に苦しみお金の相談をしたい人の心理に目を付け、そこから手数料・成功報酬などを搾取するのですから、弁護士や法律家に、正義も悪も糞もないのです。

お金の相談所管理人の私も、債務整理一歩手前までいったんです…

実際に、お金の相談所管理人も、過去に債務整理の相談に行った事があります。

しかしその対応は悲惨なものでした。

親方日の丸殿様商売か?と言わんばかりの態度で、300万円を「たったの」と言うのですから。

私にとって300万円は非常に大きな金額で、生活にとっても死活問題。

金利の返済に悩んでいたのにもかかわらず、たったの300万円なら自力で仕事をして返しなさいとのことでした。

まさにそれは親から言われたことだったのですが…。もちろん、今までお金を借りて遊んできた、自業自得なのは言うまでもありません。はい、自分が悪いんです…。私はクズ人間です。

債務整理一歩手前まで行った、管理人のお話でした。

借金ゼロも夢じゃない?嘘つけ!債務整理の広告なんかするな!

しかし思う訳です。

それなら、債務整理の広告なんかするな!という事です。

借金に悩む人間を、ブラックにさせる為だけの行為。それが債務整理です。

例えばこのようなバナーをよく見かけます。

債務整理とか、お金の悩みなどで検索をしていくと出てくる時があります。

ハッキリ言って

借金がゼロになることなんて、有り得ません

そんな夢のような、魔法のようなことがある訳がありません。

しかし広告では、そんな夢物語ばかりを語らせ、私たちお金に悩むクズ人間にクリックをさせようとしています。

そして、その売り上げで贅沢な生活をしています。

弁護士は相談手数料などをお金に悩む人たちから搾取します。そして2000円の高級黒豚ロースかつ定食をお昼に食べています。

借金0円も夢じゃない!

夢です。

今までの借金がゼロになるなんて、嘘をつくな!

そんなんだったら、全員借金チャラにしとるわ!

すみません、熱くなりました…。

ここはひとつ冷静に…

なぜ借金ゼロが夢なのかという所を、お金の相談所管理人が語らせて頂きます。

借金ゼロは、昔の消費者金融から借りていた人だけ

借金がゼロになるという事には、カラクリがあります。

もう知っている方も多いかもしれませんが、簡単に言うと

「昔の消費者金融からお金を借りていた」場合に適用されるかも?

ということです。

今の30代の方なら知っているでしょうけど、消費者金融の武富士が全盛期を迎えていた時代、当時の消費者金融は、グレーゾーン金利と呼ばれれる金利で、個人に対してお金を貸していました。

今では金利が年率、最大で20パーセントが上限となっています。

詳しくはWikipediaなどにも改正貸金業法について掲載されていますから、それを見れば一目瞭然です。

ざっくり言うと、平成18年に貸金業法が改正されています。

今の金利などは、ここ10年のものであり、ここ10年で借金をした人は当たり前の金利を払い、これをゼロにするなんて言う事は不可能なのです。

借りたお金は返す、当たり前のお話です。

ですから「借金がゼロ!」なんてことは夢です。

しかしながら、昔の消費者金融からお金を借りていた人に限り、年率20パーセント以上の金利を払っていた場合にのみ、その返済した分を戻すことが出来る…ということです。

これが、過払い金請求です。

この過払い金請求で、武富士は倒産しました。

そして、アイフルも経営難に。アコム、レイク、プロミスは、大手銀行が買収しました。

そもそもこの原因には、弁護士広告の規制緩和があります。

2000年に、弁護士広告の規制緩和が実施されたのです。

それまでは、弁護士とは広告するべきではない、紳士なものなのだから営業や広告は違う、とされてきました。これは外国でも同じです。

その中で日本は、この法律家である弁護士の広告の規制緩和を行いました。

弁護士がタレントとしてテレビにも出るようにもなり、身近な存在となりました。

例えばチンピラ同士が何かお金の揉め事で喧嘩をした場合、昔はヤクザ屋さんを呼んで解決していたりもしました。しかし今では、ヤクザ屋さんではなく弁護士屋さんを呼んで解決する時代です。

そこに、ヤクザ屋さんまがいの悪徳弁護士がたくさん現れるようになり、秩序の乱れに繋がったのです。

まさに弁護士法改正・貸金業法の改正で、消費者金融業界だけではなく、金融業界・経済業界・日本の社会秩序自体がボロボロになっていってしまったわけです。

話がそれてしまいましたが、その流れは今でも変わっていません。

法律事務所が、一般庶民を食い物にする時代です。

借金をゼロに!借金の悩みは当事務所に!など、その広告こそが、まさにおかしな話なのです。

お金の相談所からアドバイス

では私たちお金に悩む人は、今後どうすればいいのでしょうか?

やはり一番手っ取り早いのが、仕事を頑張って収入を増やすしかありません。

そして贅沢を全て絶ち、借金を完済するまで自由を失わせます。

贅沢を辞めれば、毎月の支出が減ります。それが出来ない人は病気です。何らかの依存症になっています。

なぜ分かるのかって?私がそうでしたから。

私の経験を元にすべてを語っていますが、私も借金が家計を圧迫していました。

車を売って自転車に。携帯電話代も通話代のみ。食事は昨日のおかずをオニギリに突っ込み、98円で12個入りの、マルコメみそ汁(わかめ)。

どうしてもパチンコで遊びたい時は、1円パチンコを1000円だけ。

こうやって生活を切り詰めて行って、300万円の借金を返すことに成功しました。

贅沢が、借金の全てです。

生活水準を下げる事は難しいです。

金銭感覚を戻すことも難しいです。

しかし、債務整理なんて馬鹿な事は絶対にしたらいけません。

甘えたらだめなんです。自己破産をする若者が増えているようですが、その考え方やギャンブル依存症を治さない限り、債務整理や自己破産をした若者は、まだ借金をすることでしょう。

その末路は、強盗などの犯罪に走る思考回路になり、その家族や身内回り全ての人が、不幸になるのです。

これを読んで、一歩踏みとどまってください。

もしも、債務整理後、自己破産後のブラックの方で、お金を借りたい…どうしてもお金を借りなければならない…、そんな状況になってしまった方もいると思います。

そのブラックの方でも借りれる、金貸し業者をお金の相談所では紹介しています。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-ブログ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.