日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

ブログ

子供の頃からお金を考えさせましょう!

更新日:

こんにちは。お金の相談所管理人です。

大人になると、子どもの頃よりもお金がかかるといわれています。

当たり前の話ではありますが、だからこそ親は子どもに小さな頃から、「この家の家賃は○○、ローンは○○、光熱費用は○○。」など、教えておくべきです。

しかし最近の大人たちはキラキラネームを付けるほど知能が低下しています。

読めないような名前を付けたがる人たちが多いようですし、そんな人たちはどこからもお金を借りれない人となってしまうほどにお金が無い人がいますが、それは全て教養が無いからです。

その親がきちんと教えてあげていれば、借金まみれにならずに済んだわけです。やはり遺伝なのでしょうか。

なぜ、親の知能が低下したのかを説いていきますが、その理由はずばり「タダで住める」というような環境を与えてしまっていたからです。

子どもの本業は遊ぶことや、勉強である、ということをいう有識者がいますが、それはその先の話です。

まず、毎月どのくらいのお金を使えば普通の生活をしていけるのか、ということをしっかりと叩き込む必要性があります。

そして、インターンなどのように、アルバイトをさせて1日でどの程度のお金がもらうことができるのかも、子どもに分からせるべきでしょう。

今、どこからもお金を借りれない人は、借金の返済に苦しい生活をしていることと思いますが、昔は収支のバランスが取れない金銭感覚であったことだろうと思います。

例えば、家賃が6万円で光熱費用が1万円、携帯代金などを合わせて11万円程度の出費があったとしましょう。

そして、食費もあるでしょうから15万円以上は支出があるはずです。手取りが20万円といった方の場合、残るお金が殆どありませんが、それにも関わらず5万円のバッグやコートを購入するわけです。

明らかに、収支のバランスがおかしいですよね。この感覚は親がきちんと教えなかったからです。

まず、今の住まいは無料で住めて当たり前…、だと勘違いしています。

普通に真っ当な人ならば、少しでもアルバイトをして親の為に家賃を入れよう!親に楽をさせたいから仕事を頑張ろう!などと感じるはずです。

しかし親がきちんとお金の大切さを教えなかった倍、家にお金を払うべきところがなぜか毎日の生活ではなく、自分の欲望を満たすお金の使い方という方向性になってしまうのです。

そうなったら残念過ぎて、かける言葉が見当たりません。寂しさマックスバカ丸出しです。

こういった人たちがいるために、消費者金融からお金を借りる人々が増加していき、債務整理をする弁護士たちが儲けてしまうわけです。

残念な人生にならないよう、子供の頃からお金について考えさせましょう。

まぁわたくし管理人としても、お金に困り続けてきた人生ですのでバカ遺伝なんです。

今日はある意味、自分への戒(いまし)めの為にお伝えしました。

どこからもお金を借りれない人にとっては耳が痛い話だったと思います。

しかし前を向いていきましょう、何事もプラス思考です。

このサイトでは基本的に大人になるためにお金のコラムを書いています。

ブラックでも借りれる可能性がある、優良な消費者金融を掲載しています。

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-ブログ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.