日曜に借りれる金貸し業者

土日にお金を借りたいとお金の相談をされる方が多いです。当サイトが紹介する金貸し業者は総量規制オーバーでも借りれる街金です!




ブラックの方でも借りれる街金系の金貸し業者です!土日に申し込んで月曜に振り込み確認できるはずです!

ブログ

【金融の歴史】お金を借りる為にあるもの、それが金融。

更新日:

お金を借りたい・・・

と思っている人が、お金を借りる為に設立されたもの。それが、金融です。

金融の歴史を少し見てみましょう。

-金融の歴史-

国際的な金融システムをつくりあげたのはユダヤ人でした。
昔のヨーロッパのキリスト教社会では、ユダヤ教徒は“キリストを十字架にかけて殺した罪人”として迫害されていました。ほとんどの職業に就くことが禁止され、土地を持つことも制限されたため、農業を行うこともできませんでした。
唯一の許された職業が、キリスト教徒から忌み嫌われた利子を取り扱う職業=高利貸し(質屋)や金塊の保管人、両替商(貿易決済業)などでした。当時、ユダヤ教もキリスト教やイスラム教も、利子の徴収は原則として禁じられていたのです。利子を取ることの弊害を経験的に知っていたのでしょう。しかし、ユダヤ教は例外として、異教徒から利子を取ることは許されていたのです。

中世になってルネサンスや宗教改革が起こり、政治と宗教が分離され、キリスト教会から国王に司法権が移り、その後、フランス革命などを経て国民が力を持つようになりました。教会は国民の経済活動に口が出せなくなり、利子を取ることは罪悪ではなくなりました。ところが、それまで利子は罪悪だっただけに、金融の技術を持っていたのは、ユダヤ人だけだったのです。

中世には、弾圧を受けたユダヤ人の移住が何回も起こりました。ユダヤ人の金融家は、この離散状態を生かし、貿易決済業にたずさわるようになり、為替技術を発達させます。また、保険業や、事業のリスクを多人数で分散する株式や債券の考え方も生み出します。
ユダヤ人だと分かっただけで財産を没収されることもあったので、ユダヤ人にとって記名型の証券は安全ではありませんでした。そのためユダヤ人の金融業者たちは、無記名の証券である銀行券を発行・流通させる銀行をヨーロッパ各地で運営していました。この技術は、やがてヨーロッパ諸国が中央銀行をつくり、紙幣を発行する際に用いられます。

このように、現在の金融業は、ユダヤ人の迫害の歴史から生まれてきたともいえる技術なのです。
ユダヤ人は自らの構築した金融システムのノウハウを積極的に提供していきました。それが、産業革命という時代の波にのり、資本主義を世界に広めていくことにつながります。
産業振興や、市場獲得のための侵略戦争など、国家の運営に必要な資金を最も上手に調達できるユダヤ人は、ヨーロッパの各国の王室にとって“なくてはならない存在”となり、国家財政や金融政策を担うようになりました。

どうでしょうか。非常に興味深い記事です。勉強になります。

今の日本社会の中で言えば、素人が金融業をやっているという事と同じだと思います。お金を借りる事を許してしまった、日本の経済。行き過ぎたグローバリズムで外国のやり方を真似しまくった、その反動。

もともとは日本人に金融は向いていないと思います。

このアンバランスな事が、日本を借金まみれの国にしたのではないかと、私は思います。

と言ってる私も日本人ですし、しょうもないお金の相談所とかいうブログサイトをやっているだけですが…。

借金も数百万持っている私が言える立場ではありませんが、気になる記事を見つけたので書いてみました。

総量規制でどこからもお金を借りれなくなった人が、どうしてもお金を借りたい。

どうしてもお金が必要な時に、お金を借りたい。

そんな時はここで案内している金融で借りれます!

まずは今すぐ無料審査へ行ってみよう!
お申し込みはコチラ
↓↓↓


-ブログ

Copyright© 日曜に借りれる金貸し業者 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.