至急金策【コロナビ】

お金を作る融資の最終手段。至急金策。どうしてもお金を借りたい…お金を借りる頃をナビします。その名も【コロナビ】※新型コロナではありません。至急金策です。

至急金策

ファッション好きブラックたちの金策最終手段

投稿日:

本文を読む前に…お金困った時の至急金策はこちらです。総量規制オーバーでもブラックでも借りれる最終手段の街金。ブラック金策

↓↓↓

こんにちはコロナビ管理人です。

私は個人でブログを経営していますが、色々な記事ネタを見つけるために日々動いています。

こういった自由な仕事をしていると、ファッション関係の人とも出会うことがあります。

その中で気が付いたことがあるのですが…

ファッション関係の人というのは、実は案外ブラックが多いんです。

ブラックとは、お金に困ってしまっている人のことを指します。

その理由ですが、オシャレに金を惜しんではいけない!というのが定石になっているからです。

しかし、どうなんでしょうか…。

コロナビ管理人はそこまでして服にこだわってもイイことは無いと思います。

結局、ブラックでお金に苦しむのであれば楽しさなど感じられないのではないでしょうか。

しかし、彼らにも言い分があります。ブラックさんたちはどう思いますか?

先輩の教え

ブラックさんたちにも先輩的な人物がいるでしょう。

コロナビ管理人はコレと言った先輩はいませんが、多分普通の方であれば世話になった先輩などが多くいるはずです。

仮に今、自分に後輩ができたとしたら必ず、“いいか、借金だけはするな。自分の金でどうにかしろ。借金で得るものはない”と伝えます。

間違いなく、伝えますね。

可愛い後輩には闇などを知らない、平和でのんびりした人生を送ってほしいですから。

しかし、ファッション業界は違います。

美容師やアパレル関係、さらにはモデルさん。

先輩たちは、“借金してでもオシャレをしろ。そうやって感性を磨かないといけないんだ”と教えられるようです。

借金してまで服を買えとは…。なかなか、すごい指南です。

ファッション業界の人

例えば、とある高級ブランドの白いシャツ。

ブランドに興味がない人にとって、ただの白いシャツです。

これといった価値はないのですが、ブランドがそれであることだけで1枚4万円くらいします。

“え?嘘でしょ?たまにスーパーで見かける、ウコンの力をウンコの力にしてしまった誤字POPとかでしょ?”と思うかもしれませんが、ガチです。

新宿伊勢丹のメンズ館にでも行って現実と向き合ってみてください。

は?と思いますから。

ただ、我々にとってはただの布でありシャツのカタチをした物体なのですが、彼らにはそうは見えていないようです。

これは、○○というブランドの今シーズンのテーマに沿ったシャツであり、丈感や素材感、さらにモードな雰囲気などがあいまって数万円の価値になっているようです。

確かに、パチンコもしない方にとってみれば銀玉を目で追いかけるだけの変態行為に見えますよね。

とはいえ、パチンコは奇跡的にお金を生み出しますよ。先ほどのシャツには何も生み出す力はありません。

自分を高める

どうやら、ファッション好きの間では自分の服を見せ合い、評価するという謎文化があるようです。

“おはよっす!お、そのシャツ○○?いい感じじゃん?”

“おう。今年のクリエイションアツくね?○○。あと、スニーカーも狙ってんだよね”

など、そんな感じです。

あらためて言います。布です。

そして、デザイナーをただ儲けさせるためのマーケティングに引っかかり、自滅していることがわかっていないのです。

しかし、彼らは言います。

“服は自分を高めてくれる大切なツール。高いものには高いなりの理由がある。それがわかるのが、一流なんだよ”と。

私は○○流という世界から去っている達観者なので、へえぇ…としか言えません。

わかるわからないではなく、市場に騙されているだけ…ということをなぜ理解できないのでしょうか。

道を歩くだけ

さて、彼らファッション業界の哲学に文句を言うのは野暮ですのでスルーします。

問題は、ブラックになってまで服を購入した彼らの日常です。

お小遣いが3万円あって2万円を服につぎ込んでしまえば、当たり前ですが日々貧しい生活になります。

食べ物も大したものは食べられませんし、もう服以外は購入できません。

ただ、○○円のシャツを着続けて鏡に移る自分を見て、心が鼓舞するだけです。

“ううん…こんなこと楽しいかなぁ”と思っていたのですが、実は楽しそうです。

何と彼らの日常は、外を歩くだけ!街を闊歩するだけなのです。

よく、ストリート系という言葉がファッション業界にはありますが、アレですね。

ストリート=道にたむろっている人たちのファッションシーンなわけです。

ただ、オシャレをして渋谷や原宿、青山などをウロウロする。そして、買いもしないアパレルショップで物色して、やべえやべえと友人や店員と話す。

とどめに、1杯300円のコーヒー(しかも本当は不味いと思っている)をスタンドでイケているポーズを取りながら摂取。

これが、彼らの日常なのです。我々は、道のことを道と呼びますが、彼らはストリートと呼びます。

こういった人たちに、お金に困ってブラックになってまで服を買うの?などと、言っても一切の意味はありません。

心に響かない、とはこのことなのです。

お金の為にその道を極める

彼らファッションに魅了された人をコロナビ管理人は止める気はさらさらありません。

疑問点は多く点在していますが、それが彼らの生きる道ですから気にしないです。

ただ、どうせやるならとことんやっていただきたい。

その道を極めて、本当に光り輝くカリスマのようになって欲しいと願っています。

コロナビ管理人が紹介している、至急金策できるブラック借りれる金融。

お金を借りてでもその道を極める事ができるよう、ガチでブラック人生を歩んでほしいです。

コロナビ管理人は、本気で彼らを尊敬しています。

ここまでファッションという世界に感化されるなんて、幸せでしかありません。

価値観は人それぞれ全く違いますから、ここでとやかく言うのは筋違いでした。

コロナビがおすすめするブラックでもお金を借りれるところ!

↓↓↓

-至急金策

執筆者:

関連記事

貧乏をしのぐ餃子!至急金策コロナビで知恵を絞る

こんにちは至急金策のコロナビです。 コロナになって1年以上が過ぎましたが、国内の情勢は何も変わらず永遠と集団ヒステリーのような感じになっています。このくだらない日常にはコロナビの様なくだらない記事が似 …

ツイッターでお金を借りる行為は危険です

こんにちはコロナビです。 コロナになって1年と毎回書いているような気がしますが、この状況が一体いつまで続くのでしょうか…。 お金に困って至急金策をすべき人が、なかなかお金を作れず悩んでいる人も多いと思 …

至急金策

金策の最終手段はコロナビだ

金策は非常に大変だと思う。 お金を作るために、策略を練らなければならない。 それが金策だろう。お金を作るために動く、それが金策だ。 基本的に金策と言えば、銀行からお金を借りる事が考えられる。 しかし総 …

闇金以外のブラック金策の心構えを伝授

こんにちはコロナビです。 突然ですが皆さん ブラック金策って知っていますか? ブラックとは金融用語で「どこからもお金を借りる事が出来ない人間」を指します。 つまり総量規制オーバーだったり、借金やローン …

お金の相談所は毎月更新しています

サイト名:至急金策【コロナビ】

代表:カジノマネー

自己紹介:私が至急金策コロナビを運営しているカジノマネーである。V-TUBERならぬ、V-BLOGGERと思ってほしい。正直、私だってお金に困って消費者金融から多額の借金を経験した。原因は何かって?うるさい!パチンコに決まっている!だからこんなサイトを運営している。少しでもお金に困った君たちに、有益な情報を提供できるよう日々更新していきたい。