至急金策【コロナビ】

お金を作る融資の最終手段。至急金策。どうしてもお金を借りたい…お金を借りる頃をナビします。その名も【コロナビ】※新型コロナではありません。至急金策です。

総量規制

至急お金を作る最終手段こそ、総量規制オーバーでも借りれる街金

投稿日:

本文を読む前に…お金困った時の至急金策はこちらです。総量規制オーバーでもブラックでも借りれる最終手段の街金。ブラック金策

↓↓↓

至急金策のコロナビがお送りする、金策の最終手段。私が管理人です。

金策とは、お金を借りたり、増やしたり、ある意味働かずして現金を手に入れる行為を指します。

「働かざるもの食うべからず」という言葉がありますが、実はこれはキリスト教徒が書いた「新約聖書」の中に書いてある言葉なのです。

日本語にすると、ことわざや中国から伝来したような仏教用語のように聞こえますが、実はキリスト教の新約聖書だというのはあまり知られていません。

「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」

現代になると、旧ソ連の初代指導者レーニンが、この働かざるもの食うべからずを社会主義の戒律としたそうです。これは政治的な意味もあり、まさに敵対していた資本主義に対する皮肉もありました。金持ちが奴隷などを使い、不労所得を得る…という事に対してです。

資本主義、金融主義はやはりユダヤ教ですから、まさに歴史を見ると戦争とは宗教観=価値観の違いが武力となったわけです。

話がそれてしまいましたが、現代ではまさに「金策」こそが不労で得るお金になります。

当然ながら、働いて得るお金こそ私たちの命でもあります。しかし中には楽してお金を得ようとしている方も多いわけです。その方たちが直面することがあります。

それが、総量規制です。

総量規制とは、年収3分の1以上お金を借りる事ができなくなる法律です。貸金業法に定められています。

総量規制でブラックになってしまうと、消費者金融や街金などでお金を借りる事が出来なくなります。

総量規制オーバーでも借りれる、至急金策の最終手段こそ、このコロナビなのです。

総量規制オーバーはとてもツライ

「返済能力を超える貸付け」となる総量規制。

その総量規制オーバーの貸付けは、消費者金融にとってネックであり金融庁からメスを入れられる危険なアプローチといえます。

しかし、大切なことはブラックがお金を安心して借りれることです。

政治的な判断でウジウジしている場合ではないのです。

このコロナ禍で非常に金銭的に苦しくなっている人は本当に多く、今は総量規制など審査落ちなど言っている場合ではありません。

ちょっとアツくなりすぎました。とりあえず、至急金策コロナビでは総量規制ブラックでも借りれる街金についてお伝えします。

年収がベースでしかない

悲しさブラックになってしまっている方の多くが言っている愚痴。

“ちくしょう!なんで消費者金融たちは年収とか仕事内容ばっかで判断すんだよ!”

お金に余裕がある人ならこう言うでしょう。

“努力をしてこなかった君が悪い。全ては稼げていないお前が悪いのだ”と。

しかし、コロナビ管理人はそういった辛辣な意見を人に浴びせようとは一切思っていません。

むしろ至急金策を考えてこのサイトを見てくれている、総量規制ブラックさんたちの肩を持つ方です。

それは自分が貧乏で能力がないから…ということではありません。

大切なことは、“年収と仕事しか審査するものがない”という日本国の借金システムに問題があると思っているのです。

公務員、大手の会社員などのお金持ちなどにしか、銀行や消費者金融などは快くお金を貸しません。

その理由について詳しく解説していきたいと思います。

消費者金融にとって人は商品である

個人を大切にする時代。

誰もがそれぞれ自分の個性をいかしながら社会を良くしていこうという人生が推奨されている時代です。

それについて文句を言ったり、人間長いものに巻かれる人生である方がマシだから!というコメントを出す方もいますが、それもどうかと思いますね。

人間はそれぞれ個性があり、その価値を年収や地位で比較することは困難です。

たしかに年収や仕事先、地位で人のカテゴリを決めることは簡単です。

消費者金融にとってお金を融資しやすく、必ず返済してくれ、徹底的にお金をしゃぶれる人に貸すのが仕事といえます。

しかし、年収500万円と300万円の人の違いは人間レベルの違いとは違いますし、A社であれば聖人君子でありB社はゴミ以下ということもないでしょう。

これ、何がいいたいのかわかりますかね?

消費者金融の審査には人の心が無い

銀行や消費者金融の弱点は、先ほども申し上げましたが年収、企業、地位でしか人を判断できないところです。

人を徹底的に不幸にさせるような仕事でも、上場している会社の部長。

利権と天下りに特化した謎の公務員的なNPO法人の会員。

田舎の田畑、海岸の景観を守るために努力する地元の中小企業の従業員。

消費者金融は、間違いなく前者2名にお金を融資することでしょう。

上場しているし、年収も高いし、いろいろなデータを見ても安心して翌月、来月給与が振り込まれるし、ボーナスあるし…!

完全に、差別の考えが根本的にある人達が考える審査です。

しかしこれが社会通念…。

貧困で困っている国に武力攻撃を行い数万人葬りながらも、そこに世界の富裕層のためのホテルやゴルフ場を作る上場企業の会社の人間。

地元のゴミ拾いや老人の手伝い、地元学校の修復、また田畑の手伝いをするフリーランスで無職ボランティアの心優しき青年。

これも、消費者金融や日本の銀行の審査は、確実に前者に融資を行なうのです。

これが、日本という国のお金の使い方。

どんなに人を殺めても、どんなに人を不幸にしても、どんなに自然破壊をしても、お金を儲けている人たちからお金を搾取するため、銀行や消費者金融たちは審査をして人にお金を貸すのです。

そして「利息」という莫大な利益を得ているのです。

まさに世の中、マネーゲームです。ゴミがゴミのために、ゴミを生産し続ける。まぁ、貧困ビジネスってヤツを繰り広げているのです。

人の心を失った、消費者金融の審査であります。

時代はコロナビ!総量規制オーバーでも借りれる街金は人を審査

さて、こんなことをしていたがために消費者金融をはじめ、日本の金融業がおかしくなり停滞を始めています。

貸金が儲かるといわれた時代はとうの昔。

武富士バブルから、もはや地獄のような状況になってきているといえます。

“でもさ、街金って儲かるんだろ?闇金だって儲かってんじゃん!”という声も少なからず聞こえてきますね。

たしかに、わからんでもありません。

まず、今の時代に人とお金を結びつけて成功しているパターンは2つあります。

ひとつが、クラウドファンディング。

これは、新たなアイデアを事業化するために、それに賛同した人からお金を集める方法です。

まぁ、キモい人が多過ぎるので問題ですが一部素晴らしい企画もありお金を出すべきアイデアも少なくありません。

もちろん、これはお金を出した方は投資となるため何らかのバックがあるのが前提。

成功するもしないも、まずお金を集めてからの話なので消費者金融とは性質が大きく違います。

そして二つ目が、街金や闇金です。

闇金はゴミですが、街金や個人の金融屋などは、案外長く続いている老舗が少なくありません。

利息はそこそこ高いですし独特な返済サイクルですので、一般的な消費者金融と同列に語るのは難しい部分があるでしょう。

しかし、このスタイルは需要と供給があるのは確か。

その理由が、人を審査しているからなのです。

時代はコロナビです。総量規制オーバーでも審査通過で、お金を借りれる可能性があるのですから。

まさに至急金策の最終手段としてコロナビは時代と共に生きているわけです。

金策のお金を作る最終手段の審査は人を見る

お金を作る為の最終手段として、普通の稼ぎがある一般会社員の人は贅沢目的でお金を借ります。そこで借りるような消費者金融は、人ではなく“年収や企業、地位”だけで人を判断していました。

要するに数値化できる部分だけで審査していたのです。

しかし、コロナビ街金をはじめここで紹介したい総量規制オーバーブラックでも借りれる街金は、人の本質を見ています。

声質や顔の雰囲気、ビジネスのやり方、働き方、収入の得方。

この人は必ず伸びる、必ず約束を守る、必ずお金を返す。

時代がこの人をほおっておかない。

そんな人をターゲットにお金を貸しているのです。(少し言い過ぎたかもしれません)

決して、大企業の社員だからといってその人たちだけにお金を融資するということはありません。

総量規制オーバー、年収の3分の1以上を他社で借りていたとしてもそれは関係ありません。

大切なのはその人自体の能力と未来、仕事内容なのです。

総量規制オーバーでも借りれる街金。

これは、本当に人のことを考えている金策の最終手段です。

もし、総量規制オーバーでも借りれる街金で借りれなかったとしたら…。

その時は、あなたの収入=仕事、お金の使い方、そして生き方について考え直すべきでしょう。

そもそも総量規制オーバーでも借りれる街金で借りれない人は聞いたことがありません。もしそうだったら、本当に本当にお金を借りることはできないでしょう。その際は諦めるしかありません。親族を頼るべきです。

このコロナビを見ているという事は、本当に最終手段だと思います。

真剣に、真剣に自分に向き合ってください。

自分の人生です。たった一度しかありませんよ。

今心から悩んでいるのであれば、一度見つめ直してプライドも全て捨ててください。今直ぐ全てを投げ捨てて、裸一貫で人生再チャレンジですよ。

コロナビがおすすめするブラックでもお金を借りれるところ!

↓↓↓

-総量規制

執筆者:

関連記事

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制オーバーでも借りれる街金

こんにちは。コロナビです。 「総量規制オーバーでも借りれる街金」 という検索が長年されています。 私のサイトも昔は「どうしてもお金を借りたいお金の相談所」としてやっておりまして、総量規制オーバーでも借 …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制コロナの検索について

こんにちは、至急金策コロナビです。 2021年になり早2月に突入です。 緊急事態宣言が延長するか否かとささやかれていますが、いつまで私たちの生活は制限され続けるのでしょうか…。 愚痴を言ってもキリがあ …

総量規制オーバーでも借りれる街金

お金を使うと人生も変わります。その為に総量規制オーバーでも借りれる街金があります

総量規制オーバーだから家にひきこもっている…。 ブラックだからお金がない。だからもうあきらめた。 男として、そんな生活が正しいとは思えません。 むしろ、こういった時だからこそ前向きに人生を捉え、どんど …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制が貧困の格差を生み日本経済を疲弊させている

こんにちは、コロナビです。 5月も連休が終わりました。大手企業の方は今週まで連休の方も多い事でしょう。 コロナとなって2回目の5月。まさか1年後も同じような状況とは思ってもみませんでしたね。 そんなコ …

総量規制 対象外 モビット

総量規制の対象外モビットは0120035000

株式会社SMBCモビットの歴史を振り返る 大手消費者金融に「モビット」という金融があります。 正式名称は、「株式会社SMBCモビット」と言います。 SMBCといえば、三井住友銀行(三井住友フィナンシャ …

お金の相談所は毎月更新しています

サイト名:至急金策【コロナビ】

代表:カジノマネー

自己紹介:私が至急金策コロナビを運営しているカジノマネーである。V-TUBERならぬ、V-BLOGGERと思ってほしい。正直、私だってお金に困って消費者金融から多額の借金を経験した。原因は何かって?うるさい!パチンコに決まっている!だからこんなサイトを運営している。少しでもお金に困った君たちに、有益な情報を提供できるよう日々更新していきたい。