至急金策【コロナビ】

お金を作る融資の最終手段。至急金策。どうしてもお金を借りたい…お金を借りる頃をナビします。その名も【コロナビ】※新型コロナではありません。至急金策です。

総量規制

総量規制を超えてしまった人の悩みは、お金あるけどない!

投稿日:

本文を読む前に…お金困った時の至急金策はこちらです。総量規制オーバーでもブラックでも借りれる最終手段の街金。ブラック金策

↓↓↓

お金があるのに、お金がない。

そんな人、ブラックにかなり多くいると思います。

これは矛盾しているようで矛盾していないユニークな状況といえますよね。

じつは、この状況下におかれているのが、「総量規制を超えてしまった人」と呼ばれている方々なのです。

ただただ貧乏であり、生活に困窮したお金がないならない方なら「ブラック」と聞いてスッキリしますが、総量規制を超えてしまった人?

これは一体これはどういう状況なのでしょうか?

年収3分の1の壁!

まず、このサイトでも何度も説明しているとは思いますが、総量規制とはグレー金利対策として改正された貸金業法に則ったものです。

早い話、あなたの年収の3分の1以上は融資を受ける事ができません。

さらにそれは1社だけの融資でなく、他社全ての借り入れ金額の総額という事になります。

例えば年収300万円の人なら100万円までしかお金を借りれません。つまり消費者金融で50万円のカードを作成したとして、2社までしか借りれないという事になります。

まさに地獄のような決まりとなっており、今もなお批判的な見方をされている向きがあるようです。

さて、この総量規制ですが年収の3分の1ということは、そこまで大きな金額を借りることができていない…ということがいえるでしょう。

まあお金を借り過ぎないように総量規制があるのでごもっともですが。

そのため、総量規制を超えてしまった人は、お金があるけどお金がない…

という不思議な状況に追い込まれているということになるわけです。

お金があるけどお金がない…どういうこと?

お金があるけどお金がない…?

どういうことなのか。

例えば、年収300万円の方が総量規制に引っかかった場合、100万円ほどの借入があることになります。

100万円というと高額なイメージですが、月々の返済を考えるとおそらく2万円くらいになると思います。

手取りがどのくらいか会社にもよりますが、実家暮らしの方だった場合は自由に使えるお金が20万円程度は残るでしょうから、いろいろ差し引いても15万円は自由に使えるお金が月々あるわけです。

まぁ、全ての人がそうではないにせよ、結構裕福な暮らしですよね。

この場合、まだまだお金を借りれるわけですが総量規制に引っかかってしまっているわけで借入ができません。

しかし、お金はないわけではない…。謎のジレンマが発生しているということになるのです。

意外とこのような方は多く居るはずです。

私も実家暮らしの普通の会社員時代がありました。

月給手取りで20万円そこそこあったのですが、親に内緒の借金…(パチンコで負けて生活費が足りなくなった)

誰にも相談できず。そのまま無人契約機へ…

その消費者金融から30万円の限度額があるカードを貰いました。

毎月の返済は15000円でした。

借金が癖になり、他社でも同じくカードを作成。月々の返済は2万円前後でしたが、お金が無いわけではなく、更なる借り入れが総量規制で出来なくなってしまいました。

同じ経験があるからこそ、こうやって総量規制を超えてしまった…その気持ちが分かるのです。

総量規制を超えてしまった人の悩み

しかし借金をしたことが無い人はこう言います。

「そんだけ使えるお金があるんだったら、借金を増やす必要なんてなくね!?」と。

「パチンコなんか辞めろよ!」

と思ってしまう方も大勢いるはずです。

しかし、冷静に考えていきましょう。

この方が借金もなく貯蓄ばかりして、楽しみも我慢してケチケチしている方だったとします。

また、今後一人暮らしをするためにしっかりと手をつけられない貯蓄に回しているかもしれませんね。

そんな時、どうしても欲しいモノがあり、20万円前後の金額だったとしましょう。

さて、どうでしょうか。まず月々パッパラパーと使う方であれば20万円を用意するのは至難の業です。

酒好きやパチンコ好きだった場合、間違いなくそれを2ヶ月くらい我慢して金を貯めてモノを買う選択肢にならないでしょう。

また、貯蓄をしている方であってもそんなことに使ったら今までの苦労が水の泡…という発想になる可能性があります。

さぁ、ここからですね問題は。

あと10万円だけ借りれたらあとは自分で補填する、あと5万円だけあれば…など、いろいろな思惑を持つ方がいるはず。金がないわけではないのです。

だけど、手元のお金をがっつり減らしたくないから、消費者金融で借りたい。

なのに…総量規制を超えてしまっているから借りれない。

高額なものが欲しい時に買えない…。このジレンマこそが、総量規制を超えてしまった人の悩みなのです。

総量規制と現代日本

日本人という人種は真面目であり、それこそ会社や上司が「駄目だ」ということを絶対に守り通すという強みがあります。

だからこそ経済大国になれたわけであり、ある程度ほかの先進国からも注目される地位にまで上り詰めたと考えることができるでしょう。

しかし、日本のよいところであり悪いところがイノベーションを起こすという発想がないところです。

IT系など、自由に新しい発想でものづくりをしているようですが、結果的にバカが集まってくだらない内輪乗りの企画。

新しそうでまったく定着しない、その場しのぎのような内容のビジネスばかりをやっています。

サブスクって知ってますか?サブスクリプションの略であり、1万円を支払えば月に500円の牛丼が食べ放題とかそういったアレです。

月額定額制ということになるわけですが、結果的にサブスク貧乏になった方やあまり使わなかった、使い過ぎたら解約をお願いされたなど、トラブル続出。

要するに、サブスクで使い放題というのは日本人には向かない…ということです。でも、取り入れちゃう若者たちのバカさ。

パッパラパー!

総量規制は、逆におかたい金融系の法律ですので、これを崩すことはほぼ不可能。1万円だけでも…という望みすら叶えることができないわけです。

農業や漁業のスゴさから見る総量規制の規格外街金

さて、管理人はこのコラム内で総量規制を超えてしまった人でも確実に借りれる街金を紹介しています。

総量規制でブラックでも、確実に借りれる街金なんてあるの?と、思ったと思いますが、冷静に考えればわかるはずです。

これ、普通なんです。

例えば農業や漁業を見ていきましょう。ある程度のセオリーはありますが、相手が自然です。

つまり、決められたことだけをやっていても収穫できない時、品質が落ちてしまうことが想定外に起こるのです。

だからといって、野菜や魚にとって悪しき方法(サブスク的な発想)を使って抜け出そうともしません。

野菜や魚にとって、そして大地や海にとってよい結果になることを前提に知恵をしぼってその時々でアクションを起こしてくれるのです。

だからこそ、日本は潤っていますし美味しいものが毎日どこでも食べられているわけです。

総量規制を超えてしまった人でも確実に借りれる街金。

これは、まさしく第一次産業的な発想のもとで生まれた街金です。

総量規制を超えてしまった人でも確実に借りれる街金をぜひ、皆さん利用してください。人生180度変わると思います。

コロナビがおすすめするブラックでもお金を借りれるところ!

↓↓↓

-総量規制

執筆者:

関連記事

総量規制オーバーでも借りれる街金

お金を使うと人生も変わります。その為に総量規制オーバーでも借りれる街金があります

総量規制オーバーだから家にひきこもっている…。 ブラックだからお金がない。だからもうあきらめた。 男として、そんな生活が正しいとは思えません。 むしろ、こういった時だからこそ前向きに人生を捉え、どんど …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制を超えても借りれる貸金こそ日本を救う

総量規制を超えても借りれる貸金をおすすめしている、当サイトコロナビ。 総量規制オーバーで借りれる金策、本当にそんな場所があるのであれば、今すぐに申し込みしたいと思う人ばかりでしょう。 誰からも信用され …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制オーバーでも借りれる街金

こんにちは。コロナビです。 「総量規制オーバーでも借りれる街金」 という検索が長年されています。 私のサイトも昔は「どうしてもお金を借りたいお金の相談所」としてやっておりまして、総量規制オーバーでも借 …

総量規制オーバーでも借りれる街金

捨てる神あれば拾う神あり!総量規制ブラックでも借りれる街金があります!

こんにちはコロナビです。 捨てる神あれば拾う神あり。 見捨てられることがあっても、一方で助けてくれる人もいる。たとえ不運なことや困ったことがあっても、悲観することはないというたとえ。 まぁ、日本語のこ …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量オーバーで借りれる町金融はある

総量オーバーで借りれる町金融…という言葉が長年に渡り検索されています。 当サイトコロナビもドメインを取得して7年になりますが、当初はカジノマネーという通りカジノについて書いたりしていました。 しかしお …

お金の相談所は毎月更新しています

サイト名:至急金策【コロナビ】

代表:カジノマネー

自己紹介:私が至急金策コロナビを運営しているカジノマネーである。V-TUBERならぬ、V-BLOGGERと思ってほしい。正直、私だってお金に困って消費者金融から多額の借金を経験した。原因は何かって?うるさい!パチンコに決まっている!だからこんなサイトを運営している。少しでもお金に困った君たちに、有益な情報を提供できるよう日々更新していきたい。