至急金策【コロナビ】

お金を作る融資の最終手段。至急金策。どうしてもお金を借りたい…お金を借りる頃をナビします。その名も【コロナビ】※新型コロナではありません。至急金策です。

総量規制

総量オーバーで借りれる町金融はある

投稿日:

本文を読む前に…お金困った時の至急金策はこちらです。総量規制オーバーでもブラックでも借りれる最終手段の街金。ブラック金策

↓↓↓

総量オーバーで借りれる町金融…という言葉が長年に渡り検索されています。

当サイトコロナビもドメインを取得して7年になりますが、当初はカジノマネーという通りカジノについて書いたりしていました。

しかしお金がなくなり、キャッシングにサイトに切り替えました。

お金が無くなった理由ですか?

恥ずかしながらカジノで負けまくったからです。

そんな昔の話はどうでも良いのですが、総量オーバーで借りれる町金融というのはどういうことなのか。

なぜ当サイトが、総量オーバーで借りれる町金融という検索で引っかかっていくのか。

それらを調べていきたいと思います。

総量オーバー

まず言葉を離して考えて行きましょう。

総量オーバーとは、総量規制オーバーの事です。

総量規制は、年収の3分の1までしか融資してはならない決まりで、消費者金融などがお金を貸し過ぎないようにすることです。

この総量規制のせいで金融業界が大きく変わりました。

だからこそ、総量オーバーで借りれる町金融という検索がされているわけですね。

総量オーバー=総量規制を超える

という意味で間違いないでしょう。

お金を借りたがっている人たちは検索を焦ってしまい、端折る場合があります。

スーパーファミコンをスーファミ、木村拓哉をキムタクと言うように、総量規制オーバーは総量オーバーです。

借りれる町金融とは?

借りれる町金融はそのままですが、借りれる消費者金融を意味します。

「町」金融は、「街」金融です。

これは総量規制オーバーでもお金を借りたい人が、タイピングを打ち間違えているだけだと思います。

本来ならば、「総量規制オーバーでも借りれる街金融」となるべきなのが

総量オーバーでも借りれる町金融となってしまったわけですね。

もはや文字に起こせば無意味な金融用語となってしまいました。

しかし、コロナビがおすすめする金融屋さんこそ

総量オーバーで借りれる町金融と言えます。

総量オーバーで借りれる町金融はあることは間違いありません!

コロナビがおすすめするブラックでもお金を借りれるところ!

↓↓↓

-総量規制

執筆者:

関連記事

総量規制オーバーでも借りれる街金

捨てる神あれば拾う神あり!総量規制ブラックでも借りれる街金があります!

こんにちはコロナビです。 捨てる神あれば拾う神あり。 見捨てられることがあっても、一方で助けてくれる人もいる。たとえ不運なことや困ったことがあっても、悲観することはないというたとえ。 まぁ、日本語のこ …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制コロナの検索について

こんにちは、至急金策コロナビです。 2021年になり早2月に突入です。 緊急事態宣言が延長するか否かとささやかれていますが、いつまで私たちの生活は制限され続けるのでしょうか…。 愚痴を言ってもキリがあ …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制が貧困の格差を生み日本経済を疲弊させている

こんにちは、コロナビです。 5月も連休が終わりました。大手企業の方は今週まで連休の方も多い事でしょう。 コロナとなって2回目の5月。まさか1年後も同じような状況とは思ってもみませんでしたね。 そんなコ …

総量規制オーバーでも借りれる街金

お金を使うと人生も変わります。その為に総量規制オーバーでも借りれる街金があります

総量規制オーバーだから家にひきこもっている…。 ブラックだからお金がない。だからもうあきらめた。 男として、そんな生活が正しいとは思えません。 むしろ、こういった時だからこそ前向きに人生を捉え、どんど …

総量規制オーバーでも借りれる街金

総量規制を超えてしまった人の悩みは、お金あるけどない!

お金があるのに、お金がない。 そんな人、ブラックにかなり多くいると思います。 これは矛盾しているようで矛盾していないユニークな状況といえますよね。 じつは、この状況下におかれているのが、「総量規制を超 …

お金の相談所は毎月更新しています

サイト名:至急金策【コロナビ】

代表:カジノマネー

自己紹介:私が至急金策コロナビを運営しているカジノマネーである。V-TUBERならぬ、V-BLOGGERと思ってほしい。正直、私だってお金に困って消費者金融から多額の借金を経験した。原因は何かって?うるさい!パチンコに決まっている!だからこんなサイトを運営している。少しでもお金に困った君たちに、有益な情報を提供できるよう日々更新していきたい。