大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

未成年がサラ金で借りれることはないので注意!

「成人は20歳から」・「20歳未満は未成年」

この考え方が、大きく変わるかもしれません。成人年齢を引き下げる民法改正案が閣議決定されました。2022年の施行を目指しているそうです。

その成人の決まりは、18歳から成人になる…という事です。女性に結婚年齢も16歳から18歳に統一させるそうです。

男女平等を謳っている世論なので、男性も女性も全て平等にしなければいけませんからね。そしてどんどん社会進出して、どんどんお金を稼いでもらわないといけません。(少子化に対する皮肉)

さて、そんな成人年齢に関することから、お金の相談所が思う事を書いていきます。

まず、未成年がお金を借りることはできません。それは、誰もがわかっている基本です。

17歳の高校生は、お金は借りれません。

18歳で大手企業に就職しても、お金を借りる事はできません。

19歳のキャバ嬢でお金を稼いでいても、消費者金融ではお金を借りれません。

しかし未成年といっても、夢や希望に満ち溢れ、大きな野望は持っているわけで、それを話すことで出資してくれる人が現れるのでは?と、思っている人が少なからずいるでしょう。

今の金融の審査は、各個人の返済能力が審査されることからも、どんなに才能を持っていようが、現実お金を稼げている証明が無ければ、1円も出資することはあり得ないわけです。

さて、そんな未成年でもお金を借りれる方法は…?などという検索を見かけますし、それに合わせたクレジットカードの申し込みなどの記事もよく見かけます。そんな簡単なウマい話はないのですが、当サイトで検証していきたいと思います。

不労所得を収入に…?

未成年がサラ金でお金を借りられない理由…というと、大抵の場合は「返済能力が無いから」が理由になります。

どんなバカであっても、明らかに未成年ニートには収入が無いことくらいはわかります。

あの、地獄の闇金でさニートには絶対にお金を貸さないようになっており、更に未成年と言う事が重なれば絶対に無理です。

ニートや未成年は、サラ金など金貸し業者から見ると、存在していないに等しい人物扱い…いや、人でもないですね、だって存在していないのですから。

そんなわけで、この基本を押さえれば未成年・ニートがお金を借りる、ということは何をどう頑張っても無理である、ということがわかるのです。

しかし、未成年でも無審査でキャッシング可能!などと謳ってる記事をチェックすると、少し頑張れば未成年でもお金が借りられる、ということを示唆します。

それが、「不労所得を得よう」というところです。

不労所得は不法や違法など悪いイメージがありますが、そうではありません。

不労とは、労働しないという意味であり、今でいえばアフェリエイトで収入を得たり、アドセンス収入、不動産収入なども不労収入です。中にはねずみ講などもあるようですから注意が必要です。

働かなくても収入があるからスゴい…、と思った人はすぐに騙される人です。そもそも、未成年やニートでお金を借りたい…と思った時点でやばいです。まず、極貧な人物が不動産をどうやって手に入れるのでしょうか?どこかに潜伏して、勝手に登記でも見つけて名義を変化させるのでしょうか?住人の応募は?固定資産税は?維持費は?誰が用意するのでしょうか。

そして、アフェリエイトなども最近は言いますが、これが楽なわけではありません。

やはり、スマホだと限界がありますし、パソコンでの作業になるため、ネット代金の支払いが毎月必要です。ワイファイがあるところで、ずっと使う…。この手もあるでしょうが、スマホもスマホ代金が毎月かかりますし、契約を破棄したとしても、充電をしなければなりません。

事実、wifiがとんでいて、電源があって、何でもできる全てが無料の場所はありません。コンビニで購入したり、カフェでコーヒーを購入したりしなければなりません。

そして、毎日長時間いれば嫌がられます。アフェリエイトで成功する保証も無いのに、不労収入を得るぞ!…。私は何を言っているのでしょうか?と、目が覚めます。

未成年OKや無審査キャッシング!などと言っているサイトは、こういった不労所得があることでも審査に通過すると謳っていますが、そもそも論の話ですので、適当な記事を真に受けない方がいいでしょう。

収入が安定していないとどうせ借りれない

仮に、大金持ちになり、前述したような不労所得を得ていたが、何か問題が起こってニートになったとしましょう。

しかし、別のこういったことでお金を稼げていれば、お金を借りれるかもしれません。しかし、個人事業主であっても今の時代はお金を借りることが難しい時代です。

小規模な消費者金融では、農家や漁師すらもお金を借りられないと嘆いています。今、貸し倒れなどが多く起こりうることから、あまり収入が不安定な人にはお金を貸したくはないのが、彼らの本音です。

無職の未成年で不労所得があったとしても、それは何ら意味が無く、ムリなものは無理という判断になってしまうので、サラ金に希望を持っても何ら意味が無いということを理解しておきましょう。

根本的におかしい裏技

未成年であっても、親が保証人になったり家族収入があれば大丈夫であるとか、「家族カード」、専業主夫であればお金を借りれる可能性があると謳っています。

さらに、驚くべきことに派遣会社に登録さえしておけば、その派遣会社に勤めていることになり、安定収入が証明される…ということです。もっと驚くべきことは、ニートや無職になる前に借りてしまえ!というものです。

ニートになってお金に困っている人たちがいるのに、なぜこんなくだらない助言をしてしまうのでしょうか…。さらに、家族カードやら専業主夫やら、これらは全てビッグバンクや大手銀行系のカードローンです。

ブラックの人であれば、専業とかそういったことは一切関係無くお金を借りれません。むしろ、くだらない方法を考えているうちに、刻一刻と時計の針は進んでいくため、知らぬ間に本当に生活できないようになってしまいます。

未成年でも働けば何とかなる

お金の相談所で紹介しているサラ金業者も、基本的には働いていないとお金を貸してくれません。しかし、ブラックの人でも借りれるということでは有名です。

申込時に、アルバイトでも何でもいいので、安定して働いていることがわかれば、全てが解決するのです。

未成年でもお金を借りよう…なんてズルいことを考えていても、1円にもなりません。一度、嘘をついて信用が落ちた場合、嘘つきブラックとしてより罪が重くなるので、本当に働いた時にお金が借りれなくなってしまいます。

当サイトに訪れたということは、本当に大人な考え方を持っている方々だと思います。まずは、週1回でいいから働くこと。これだけ覚えておけば、あとは何も要らないのです。

未成年の方でもサラ金でお金を借りたいならば、まずは働くことです。仕事さえすれば何とかなります。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする