大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

どうしてもサラ金でお金を借りたい場合は、まず働くこと。

お金無い…という事は、誰にでも起きうることです。

どうしてもお金を借りたいと思ってても、お金借りれるところが無ければ何も意味がありません。

ではお金が無い時は、一体どうすればいいのでしょうか?

答えは当たり前ですが、お金が無い時はまず稼ぐことです。お金を借りるのではなく、稼ぐことが大切です。

本日のお金の相談所では、個人事業主の方でもサラリーマンの方でもベンチャー企業の会社員の方でも、お金を借りないで済む方法を考えました。参考にされてください。

週一回だけでもアルバイトをすれば、お金に余裕が出来る

お金に困っているのは、ただただ無職、貧乏で生活が苦しいという方々だけではありません。それは、個人事業主の方もサラリーマンも一緒です。

個人事業主といっても、今はさまざまな仕事があります。

農家や自営業で小さな事業を起ち上げているとか、プログラマーとしてフリーで生きているとか、まぁ人それぞれの状況があります。

近頃では、フリーライターやブロガー、ある意味ではユーチューバーなども、個人事業主に分類されているようです。

関係ありませんが、はじめしゃちょーとか言ったゴミ以下の動画を上げているいる男は、二股、三股だか分かりませんが炎上をして困っていました。

その裏で、ヒカキンという変な顔をして小学生や中学生を騙し、数億円を稼いでいるバカはのうのうと、まだまだお金を稼ぎまくっています。

うどんの、どんべえを食っただけで40万円を稼いだといわれており、貧乏でお金に困っている個人事業主からしてみたら、こんな世の中消えてなくなれと思ってしまうような、クソにまみれた世界となっているのです。

さて、話しがブレまくってしまいましたが置いといて、ここでの問題は個人事業主がお金をサラ金で借りられるかどうかです。

問題としてはどこかの組織に所属している個人事業主だとしたら、お金を借りられるチャンスあるのですが、完全にド・フリーの場合はどうしてもお金を借りれない可能性があるかも、といっておきます。

不思議なことなのですが、個人事業主の場合はサラ金でお金を借りる時に、収入証明をしなければなりません。

それは、昨年の確定申告所のコピーを提出することが殆どですが、それを提出するまでもなく、審査に落とされることがあります。

それは一体何故なのかというと、働いていないニートと見なされてしまうのです。要は無職ですから、無職は本当に社会的に見て厳しいのです。

例えば、収入が1000万円ある個人事業主と、週に数回だけ近所の大手デパートで便所掃除をしている、年収200万円の大手企業の委託清掃会社のおばちゃんがいたとします。

アナタだったら確実に前者へとお金を貸したくなるでしょうが、公的な銀行や消費者金融は、絶対に後者にお金を貸します。

それは全てにおいてどこかの企業に在籍しているという、そういった信用や安心感が無いと、消費者金融はお金を貸してくれないのです。それは、サラ金でも同様です。

つまり、どこか大手企業が絡んでいるアルバイトを、週に1回でもすることにより、信用度が一気に増します。

吉野家やマックでもいいですし、スタバなどの大手カフェ、イオンやセブンなどのスーパーやコンビニでも信用は凄くあります。

副業を禁止されていても、意外とみんなバイトをしている人は多いのです。そこのバイト代で生活は少しは楽になりますし、いざという時にお金を借りる事も出来ます。

週一回だけでもアルバイトをすれば、お金に余裕が出来るという事です。

いざという時はザラ金でお金を借りる

上記の通りとは言え、お金に困る場合は誰でもあります。

お金の相談所で紹介しているここのサラ金でお金を借りる場合は、きちんと申し込みをして相談をすると借りれる可能性はあります。

ただし仕事をしていなければ、お金を借りれない場合が殆どです。

たとえブラックでも借りれるサラ金で個人事業主の方がお金を借りたいのであれば、とにかく収入が大切なのです。

どうしてもお金を借りたい場合は、必ずどこかでアルバイトをしてください。それがなければ絶対にお金を借りれないでしょう。

アルバイトでの収入を担保にすれば、必ずサラ金でお金を借りれますから。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする