至急金策【コロナビ】

お金を作る融資の最終手段。至急金策。どうしてもお金を借りたい…お金を借りる頃をナビします。その名も【コロナビ】※新型コロナではありません。至急金策です。

お金を作る最終手段

お金を作る最終手段は、お金が必要なのにどこからも借りれない時に役に立つ!

投稿日:

本文を読む前に…お金困った時の至急金策はこちらです。総量規制オーバーでもブラックでも借りれる最終手段の街金。ブラック金策

↓↓↓

こんにちはコロナビです。2020年12月21日になりましたが、残り少ない2020年を頑張って行きましょう。

年末年始は、どうしてもお金が必要となってきますよね。

クリスマスムードが終わればすぐに年末。そして正月、三箇日。成人式。そうこうしているうちに2月、気が付けば春…。卒業、入学、入社。考えただけでも3カ月があっという間に終わりました。

しかしコロナ禍で収入も減りましたし、仕事も不安でいっぱい。お金が必要なのに、収入が無い…。お金が必要なのに、どこからも借りれない…。本当に金策は苦しい時期を迎えます。

一時的にお金を借りたいのに、「総量規制」という言葉が引っかかるわけです。

総量規制は誰もが恐れをなします。

その理由はシンプルで、総量規制にひっかかるともう消費者金融からお金を借りることができなくなる…からなのです。年収の3分の1が融資の上限となりますが、コロナで収入が激減しているので融資上限金額が減っていくわけです。

この規正法は貸金業法できちんと決められていることなので、我々がここでその制度について本気で文句をたれたところで何ら意味はなし。銀行融資側がストップなのですから、マニュアル金融には融通は利きません。

どこからも借りれない…助けて。と、泣き寝入りしかない状況といっても過言ではないのです。

しかしコロナビでは、「お金を作る最終手段」を用意しています。

お金を作る最終手段は個人の金策なので、総量規制は関係ない

助けて、お金が借りれない。お金が必要なのにどこからも借りれない。

それでも金策の最終手段の理由を解説します。

お金を作る最終手段では、先ほど言いました年収の上限である「総量規制」という概念が最初から存在しません。

それは、バカだからです。…とかそういったレベルの低い理由では一切なく、シンプルに銀行のように「信用貸し」をモットーとしているからなのです。

あくまでも個人経営の街金になるので、ホニャララ協会だとか縛りがない。だからこそ出来る金融サービスです。

事実、別に個人経営の消費者金融会社であっても、総量規制を守る必要は原則ありません。

あくまでも貸金業協会員の中での自主規制であるため、仮に総量規制をオーバーしていても注意・勧告等の処分になります。もしも悪質な貸し付けを行っているのなら厳重な処分となりますが、多少は大目に見てくれます。しかし処分が面倒だからこそ、みなさん貸金業協会の方はルールを守るのです。それすなわち、私たち本当に助けて!お金が借りれない!とお金に困っている人に対して死ねと言ってるようなものですから。

ただ銀行のローンだけは特別ルール。規制など上限関係なく融資が行えるのです。つまり銀行が独り勝ちできるように、消費者金融側にルール守れよ!と言ってるようなもの。

だからこそ、コロナビのように堂々と「至急お金を作る方法」や、「お金作る最終手段」のように振る舞える街金をつくればいいだけなのです。

しかし、そのハードルはメチャクチャ高いです。コロナビがお勧めする金策も簡単に運営しているわけではないです。でも長年やってますから実績・信用があるのです。

そもそも大手消費者金融をバックアップしているのは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンク。

すでに銀行系カードローンはいくらでも作れてキャッシングできるので総量規制がない…ということで話題となったものの、既にそれが問題視され今ではいろいろと審査が厳しくなっているとかいないとか…。そもそもお金を作る最終手段は、こういったしがらみが一切ないフリーダムな金策業者です。

ただただ貸金業界の派閥に飲み込まれることなく、あくまで独立した信用貸しを続けている…。ただそれだけの話なのです。

シンプルに少額融資!

そもそも、お金を作る最終手段は少額融資を行なっており、融資をしたらできるだけ早くに完済させるというスタイルをとっています。

消費者金融でお金を借り過ぎてしまう方たちのもっともシンプルな理由は、ズバリ

「たくさん借りて、ゆっくり返す」

というスタイルをとってしまっているからです。

一般的な消費者金融・銀行ローンの金利は、年率換算。

そして元利定額返済残高/スライドリボルビング払い

めんどくさい言い方ですが簡単に言えば、毎月ちょこちょこ返済で良いけど、その分利息大きいよ。最大10年で完済してね。です。

50万円を借りた場合、一括はさすがに厳しいでしょう。だからちょこちょこ2万円づつ返済させます。

その2万円の内訳がまた恐ろしいのです。元金5000円・利息15000円レベルです。私が経験済み。

そして残り20万円くらいになったら融資額を増加させて少しずつ少しずつ完済を遠ざけます。

結果、気がつくと年収の3分の1以上も融資されており金利だけをめちゃくちゃ支払っている…という計算になるということです。

しかし、お金を作る最終手段の融資は少額融資だからこそ、総量規制が関係しないのです。

但し少額融資なので返済も一括がメインとなります。

消費者金融は自分のお金と勘違いしてしまう

例えば、お金を作る最終手段がお金を融資する時の絶対条件は、返済能力があることです。

まぁ、働いている…といえばいいでしょうか。

働いている方であれば返済能力が必ずあるでしょうし、それなりに月々安定してお金が入ってくるはず。

フリーランスであってもお金を作る最終手段は話をすれば必ず分かってくれるのでそこまで心配する必要はないと考えられます。

さて、そんな中でお金を作る最終手段が最大MAX融資してくれる金額は10万円前後と言われています。しかも常連限定だとか。

そんな数十万円を融資する…なんてことは、大手消費者金融のように潤沢な資金がなければできないことです。

さらに、できるだけ早めの完済サイクルというスタイルであるから故、数十万円も融資したら返済できる可能性が一気に縮まってしまいます。

なので最初は数万円融資からスタートするようです。

大手銀行ローンのように、そんな人生でいきなり50万円以上をお金を作らなければいけない…ということはそうそうないでしょう。

仮に大金を借りなければならない時って、余程の事です。消費者金融は犯罪やミスの尻拭いのために発足した金融業者ではなく、あくまで生活費などに困った時のお助けマンとしての存在です。それを自分のものとして勘違いしてしまうからこそ、借金まみれになってしまう訳です。

10万円程度で人生が変わるのか?

例えば、お金が必要なのにどこからも借りれない金策に困った時のお金を作る最終手段として、10万円を融資してもらったとしましょう。

このとき、本当にお金が必要なのにどこからも借りれない真の状況であり、本来ならば総量規制オーバー

銀行や消費者金融で融資を断られたはずです。

その方は年収の3分の1以上既に借り入れをしており、追加借り入れ10万円でも融資される資格がないということがわかります。

しかし年収600万円の方だとしたら、3分の1であれば200万円。

総量規制オーバーであれば、200万円以上を他社で借りていることになりますよね。

そんな中、200万円の借金の分10万円が増えたところでその人の人生がトチ狂うか!?ということなのです。

それでもお金を借りたくても借りられない…。それが総量規制なのです。

お金を作る最終手段の金策は、ゆったりとした返済を求めていません。

何度もいうようですが、個人の街金の返済は長くて2週間後の完済です。

結果、借りた10万円はその後10日あたりに金利をつけて完済しなければいけないわけで、そこでウジウジ長引かせることはできないのです。でもそちらの方が潔いですよね。

やはりコロナビがおすすめしているお金を作る最終手段は総量規制などに関連せず、しっかりと返済日に全額を返済してくれる人を審査してくれているのです。

もし、絶対に俺は返す能力がある!と自負している方だった場合、どこからも借りれない場合でも間違いなくお金を作る最終手段の利用が性に合っているといわざるを得ません。

お金が必要なのにどこからも借りれない状況でも絶対に借りれる

私コロナビは、街金でお金を借りまくれ!とは言ってません。むしろ出来る事ならお金を借りない生活の方が断然に気持ちが楽です。

お金を作る最終手段は、本当にどこからも借りれない困った時に使える本当に便利な街金です。

お金が必要なのにどこからも借りれない状況だからと言って塞ぎ込まず、困ったらお金を作る最終手段にどんどん相談をして欲しいものです。

あなたはコロナ禍で大変な時でも必ずお金を返せる人だと信じています。

そして2021年には復活していきたいですね。

コロナビがおすすめするブラックでもお金を借りれるところ!

↓↓↓

-お金を作る最終手段

執筆者:

関連記事

金策の最終手段は仮想通貨と生活保護か

こんにちは。とあるお金がない最終手段のお話が入ってきましたので紹介します。 コロナで仕事を失った人の最終手段 私はとあるグループ会社の飲食店で働いていました。 しかしコロナが直撃し、事業を縮小するとい …

新しい時代へ!フリーランスがどうやってもお金が借りれない時

こんにちはコロナビです。 2020年も明日で終わります。私コロナビ管理人は今日まで仕事をしております。(どうでもいい情報ですが) 至急金策、お金を作る最終手段、総量規制オーバーでも借りれる街金。 この …

お金の相談所は毎月更新しています

サイト名:至急金策【コロナビ】

代表:カジノマネー

自己紹介:私が至急金策コロナビを運営しているカジノマネーである。V-TUBERならぬ、V-BLOGGERと思ってほしい。正直、私だってお金に困って消費者金融から多額の借金を経験した。原因は何かって?うるさい!パチンコに決まっている!だからこんなサイトを運営している。少しでもお金に困った君たちに、有益な情報を提供できるよう日々更新していきたい。