大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

確率とパーセントを調べると、パチンコで悩むお金がバカらしくなった。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

月末が近づくにつれて、お金の計算をしながらふと、確率や、パーセントについて考える事がありました。

というのが…

○○の予想!○○になる確率、○○%!

など、適当に言っているサイトや情報がたくさんあり、そういえば目の錯覚ってすごいな、イメージの先入観の錯覚ってなんだろうな?と思うようになったのです。

例えば、「僕が選挙に立候補する確率は、99%ありませんから!!!」

って言われたら、「絶対にあり得ませんから!」っていうニュアンスに捉えられます。

では、「フィフティーフィフティー(50/50)ですね…」

だったら、1/2.つまり半分、悩んでいる…って意味ですよね。

じゃあ、99パーセントあり得ない!となった場合、残りの1パーセントについて考えてみたのです。

1パーセントと言うのは、100回何かをして1回だけ起こることです。

パチンコの遊パチ、1/99を打って大当たりを引く確率も、ほぼ1パーセントです。

でも、一発で当たる時もあれば、300回転ハマる時もあります。

つまり、毎ゲーム1パーセントだったら凄く当たりやすい確率の、1パーセントです。

話し言葉で99パーセントあり得ない!というと、絶対にないと思われがちですが、パチンコで言えばめちゃくちゃ当たりやすい!という意味になります。

では、最近の1/319で当たるパチンコの、毎ゲームの当たる確率は何パーセントなのか?

面白い分母パーセント計算ツールがありますの、これで計算してみましょう。

分母をパーセントにするツールへ行く

1/319=0.313…

パチンコのヘソに1玉入って、大当たりする確率は

たったの0.3%!!!

奇跡に近い確率です。

では、ミリオンゴッドシリーズの、8192はどうでしょうか?

1/8192=0.012%!!!

では、フリーズなどのプレミアフラグの確率をパーセントにしてみたく、気になったので計算してみました。すると、他にもギャンブルで当たる確率とかも気になってきたので、併せて紹介しますね。

例1)パチスロの激熱・プレミアフラグの確率

バジリスク絆で、通常低確時、リプレイでBC当選する確率

1/16384=0.006%

バジリスク絆で、BC中、真瞳術揃いする確率

1/32768=0.003%

押忍番長3で、単独超番長と強弁当それぞれの出現率。モンハン月下雷鳴で、アマツマガツチボーナスを引く確率

1/65536=0.001525%

モンハン月下雷鳴でフリーズする確率(アマツフラグの1/2)

1/131072=0.0007629%

例2)競艇で的中する確率

単勝(買う人ほぼいない)

1/6=16.666%

複勝(買う人ほぼいない)

2/6=33.333%

拡大連勝複式(買う人ほぼいない)

3/15=20%

2連複

1/15=6.666%

2連単

1/30=3.333%

3連複

1/20=5%

3連単

1/120=0.83%

例3)宝くじで大当たりする確率

宝くじ総発行枚数

例えば一番デカい年末ジャンボなど。その年によって変わりますが、5億枚~6億枚発行。

全部売れればの話。売れなければ4億枚だったり、当り枚数が減ったりします。

2017年の年末ジャンボで計算します。(5億枚とします)

1等/7億円=25本

25/500000000(1/200000000)=0.000005%

・2億分の1。

1等前後賞/1億5000万円=50本

50/500000000(1/100000000)=0.00001%

・カジノの1/2で27連勝する確率に近い。

1等組違い/30万円(少なっ)=4975本

4975/500000000(1/100502)=0.000995%

・モンハン月下のフリーズよりは引ける。

2等/1000万円=500本

500/500000000(100万分の1)=0.0001%

・50%を20連チャンする確率よりは出やすい。

3等/100万円=5000本

5000/500000000(10万分の1)=0.001%

・1等組違いよりも出やすいのに、金額も大きい。旨し。

4等/10万円=35000本

35000/500000000(割れない・1/14285)=0.007(割れる。謎)

・バジ絆で低確通常リプでBCゲット。10万円。

5等/1万円=500000(50万)本

500000/500000000(5億÷50万)=0.1%

・継続率99.9%を外したら、1万円。

6等/3000円=5000000(500万)本

5000000/500000000(5億÷500万)=1%

・99パーセントありえへん!って言っても、結構あるわな。

例4)2分の1が連続する確率

カジノで、バカラやルーレットの1/2に挑戦。

バカラならプレイヤーやバンカー、どっちが9に近いか。

ルーレットは赤か黒か。ハイかロウか。奇数か偶数か。他にも遊び方は多いが1/2の場合。

それが連続する確率。(厳密に言えばプレイヤーバンカーでは正確な50%ではないが、そこは割愛。タイ・00などは無視して考える。)

カジノで一発勝負・勝つ(負ける)確率

1/2=50%

2連勝(連敗)する確率

1/4=25%

3連勝する確率

1/8=12.5%

4連勝する確率

1/16=6.25%

5連勝する確率

1/32=3.125%

6連勝する確率

1/64=1.5625%

7連勝する確率

1/128=0.78125%

8連勝する確率

1/256=0.390625%

9連勝する確率

1/512=0.1953125%

バカラのプレイヤーで10連勝(連敗)する確率

1/1024=0.09765625%

永遠と続く確率論

以後、二乗・つまり倍々になっていきます。

2048

4096

8192

16384

32768

65536

131072

262144

524288

1048576

2097152

4194304

8388608

16777216

33554432

67108864

134217728

268435456

536870912

1073741824

2147483648

4294967296

8589934592=33連チャン

・・・と、どこかで見た数字ですよね。

電卓がぶっ壊れました。

そうです、パチンコやパチスロの解析値です。

このままずっと倍々ゲームで数字が二乗されて行きます。そこでパチスロのプレミアフラグの確率になるんですね…。

お金に悩んでいた私と言うのは、まさにパチスロで全く勝てない、プレミアフラグを何回も引いたのに、全く勝てない。そして負けすぎてお金を借りてしまいました。これが悩みです。

そして、なんとなくバカらしく思えてきました。

確率という名の元で、パーセントと言う名の下で、納得しているのにもかかわらず、負けてストレス。

つまり、パチンコで遠隔操作は普通に簡単に出来、それをあくまでも完全確率という名のもとで、負けるように仕組まれている。もちろんたまには勝ちます。そうやって猿の如く朝鮮に遊ばれている。それがパチンコなんですね。

最後に。パチンコは知能が低い人がするゲーム

私が調べたとある動物実験データ。もうどのサイトか忘れましたが、記憶には残っています。

サル(チンパンジー)に、スロットのような仕組みでエサを与えるのを作ったそうです。

空き缶をボックスに入れると、電光板が光り出して、○で止まったらエサが出てくるというものです。

最初は2回空き缶を入れて、大当たりを演出するように設定したそうです。

そしたら必ず2個空き缶を入れて、エサをゲットしました。

次に、空き缶を5個に設定したそうです。

すると、今まで2個しか空き缶を拾ってこなかったサルが、沢山空き缶を入れ始めます。

そして5個目で当たると分かり、理解したそうです。

次は、大当たりをランダムの設定にしたそうです。

すると、10個以上ハマってしまったサルは、怒って電光板にパンチを喰らわせました。まさに台パンです。

しかしどうしてもエサが食べたいのか、冷静になり、永遠と空き缶を入れ始めました。

これが、パチンコ・パチスロの仕組みですね。

まさに日本人をサルと見ている朝鮮産業であるパチンコは、早くカジノに変わるべきであります。

こうして確率とパーセントを調べると、お金の悩みがバカらしくなったのは、私だけではないと思います。

早い事パチンコ・パチスロを辞めて、日本人の真の姿を取り戻しましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする