大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

人間の7つの欲求・お金を借りたい欲求

お早うございます。お金の相談所管理人です。

皆さんは、ラスベガスのようなデイサービスがあることをご存知でしょうか?

私は日曜お昼のワイドナショーという番組を見ていて、初めて知りました。

ラスベガス

そもそもデイサービスとは?

 デイサービス(通所介護)は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。

生活機能向上グループ活動などの高齢者同士の交流もあり、施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。

店舗名が「デイサービスLas Vegas」というもので、デイケアの基本的な事はもちろん、ラスベガスのカジノをモデルにしたカードゲーム、その他にも麻雀などのテーブルゲーム、パチンコやスロット台も完備、まさに至福のレクレーションを行うというものです。

経営者の方は、「ゲーミング」と名付けて熱い思いで運営されています。

店舗の造りもラグジュアリーな雰囲気だそうで、利用者の方たちも自然と「おめかし」をして出かけていくそうです。

おめかし

率直に、これは非常に画期的なサービスだと思います。出来る事なら私も毎日麻雀がしたいですし、カジノもパチンコも大好きです。

デイサービス・ラスベガスの公式サイトはこちら

ギャンブル嫌いも存在する

仮想通貨

このゲーミングレクレーションでは、施設内で使える仮想通貨を発行し、それをチップに変えて勝負事をするなど、まさに庶民の男心をくすぐるシステムですが、その中には反対意見もあるようです。

その反対意見の理由としては、「ギャンブル依存を助長する」といった事だそうです。

私がハッキリ言いますが、反対意見を言っている人間は、ただの偽善者です。

それか、頭のおかしいキチガ○クレーマーです。

もしくは、ラスベガスの経営者や誰かに恨みを持っている人間でしょう。

こんな素晴らしいサービスを批判するなんて、どうかしています。

ギャンブルが嫌いな人もいるのは知っています。その人はその人の感性があり、別にギャンブルが嫌いなら嫌いで良いと思います。

しかしその意見があたかも一般的かのように、クレーマーと化すのは単なる偽善者。

私がもし高齢者だとしたら、絶対に行きたいデイケアですし、今は引退していますが昔バリバリの麻雀好きだった父に勧めたいですし。(私の地域にはラスベガスがありませんので)

というのも、私たち日本人の一般庶民の多くは、「心のよりどころ」を求めてパチンコや競馬、競艇などをします。まさに、息抜きであり、賭け事をするという行為がストレス解消でもあるわけです。常人という名の偽善者には理解ができないかもしれませんね。

もちろんギャンブルをするイコール、お金が欲しいという気持ちもありますし、ゲームが好きで1円パチンコをする高齢者も多くいます。競艇場なんて、外向発売所など休日に行けばまさに老人ホームのような賑わいです。

競馬競艇

おじいちゃんの匂いが凝縮しているのですから、匂いフェチの方には堪りません。

このデイサービス・ラスベガスさんは、まさに一般庶民の感情・人間本来が持つ欲求を上手に突いた、本当に画期的な発想です。私は心底尊敬します。

何度も言いますが、これらを批判する方々は、単にギャンブルが嫌い、ギャンブルは悪という思想の元に育ってしまった偽善者か、パチンコ店の関係者か?(年金を食い物にするパチンコ店)

ギャンブル嫌い偽善者のそもそもは、お金持ち出身で、お金に困ったことが無い人間でしょう。そのような方には、庶民の感覚が分かるはずもありません。

日本の人口の9割は、庶民派です。数少ない富裕層の方の意見が、まさにクレームと化していると思います。

※ちなみに私の母もギャンブルが嫌いです。理由は父のギャンブルでの借金が原因でした。そんな母のような人も必要だという事は理解しております。

お金を借りたい欲求

この「お金を増やしたい、欲しい」「勝ちたい」という事も、一つの欲求です。

お金を借りたい!という欲求から、銀行や消費者金融が存在します。

他にも信販系のローン会社・クレジット会社・サラ金・街金・闇金・・・

色々な種類の「金貸し業者」と呼ばれる、消費者金融が存在しています。

全ては、人生に敗北した、博打に敗北した私たち一般庶民が、お金を借りる為にある絶対的存在です。全ては欲望を叶える為に存在します。

消費者金融でも、お金の悩みでも、実際に借金やローンに苦しんだ人じゃなければこのサイトは書けません。この観点では書けないと思います。私はまさに、現役キャッシング利用者である一般庶民なのですから。

人間の欲求・欲望

人間には欲があります。少し調べてみました。

欲と聞いたら、3大欲求とか聞いたことあるかもしれません。

睡眠欲・性欲・食欲です。

これは字の通り、眠いから寝たい。可愛いあの子とセックスしたい。腹減ったから食べたい。です。

実はその他にも、7大欲求と呼ばれるものがあることが分かりました。

(ある方のブログから後で紹介します)

その方がブッダ(仏様の最高位)にまつわる本を読まれていた時に書いてあったそうです。

ブッダ

その本に、人間が「求める心」は7つに分けられるということが書いてあったそう。

つまりは残り4欲求です。これを紹介したいと思います。

怠惰欲

【タイダ】なまけること。なまけてだらしないこと。また、そのさま。

・これの怠惰欲が一番、庶民感覚ではないでしょうか?というよりも、一番の幸せの追求ではないかと思っています。宝くじを買って、一攫千金。そして国内や海外で悠々自適に過ごしたい。年末ジャンボを買う人は、みんなそう思って買っているでしょう。つまり、働きたくない。でもお金が欲しい。欲求のすべてといっても良いかもしれません。

生存欲

【セイゾン】生きてこの世にいること。生命を存続すること。

・これはコントロールできませんね。みんな死にたくないから健康管理をするわけです。しかしこの生存欲が無くなった人たちが、自殺をするんでしょうか…。

感楽欲

【カンラク】視覚(ルックス)・聴覚(音楽)など、感覚の快楽を味わいたいこと。

・今の私にはこの考え方は無いかもしれません…。というのも、好きな音楽は特にないですし、最近の音楽なんかも聞きたいとも思いません。見た目も気にしなくなったので、終わりですね…。しかしパチンコのトキオデラックスの16Rの音楽はいつでも聴きたいという欲望はあります。完全にパチンコ依存ですから。

承認欲

【ショウニン】その事柄が正当だと認めること。もっともだと認めること。

・これは最近で言えばみんなのご存知のインスタ蠅です。承認欲の塊です。私はしたことありません。みんなバカみたいに思えます。芸能人やアイドルの女性が商売の為にするのなら理解できます。なんで一般人、しかも男がキャメラを撮ってんの?定食屋で、一人焼肉定食をパシャっとしているオジサンを見ると、食欲が失せます。趣味でやっているだけかもしれませんし、彼女や嫁さんに送っているのだけかもしれないので、一概に批判は出来ませんが、やめていただきたい。

このように、人間にが色々な欲望・欲求があります。色々調べて、本当に勉強になりました。

このブログのお陰です。感謝します⇒ 話し相手がいないからここに書く。

私たち人間は、欲求・欲望の中で生きている

この欲望の中で、限度を超えないように自分をコントロールしなくてはいけません。

その欲求が爆発してしまうと、色々な犯罪や、借金に見舞われます。

犯罪者

こうなってしまえば人生は終わりです。我慢するという力…。人間の感情とは、非常に難しいものです。

話が創大になってきましたが、最初に戻ります。

デイサービス・ラスベガスは、まさに至高のデイケアです。いくつになっても、全ての欲求を満たせるかもしれない、そんな画期的なサービスです。

お金に悩む私が、小さく見えました。

お金に悩んだり、仕事に悩んだり、人間関係に悩んだり…。

苦しんでいるからこそ、この興味ある記事を一生懸命書けたのかもしれません。

今、様々な悩みを抱えている方。私も同じです。一人ではありません。

人間の欲望が無くなることはありませんし、何かをしたい!勝ちたい!ヤリたい!眠い!といった欲望の渦の中で私たちは生きているんです。

ここは私が長年お金の記事を書いてきた、お金の相談所です。

お金を借りたい!という欲求もあるからこそ、当サイトが紹介するサラ金のような場所も存在するんです。

お金を借りたい欲求に見舞われ、どうしてもお金を借りたいけど、借りれない…。そんな方の為にある、優しい金貸し業者です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!


土曜・日曜・祝日どうしてもお金を借りたい時借りれる金貸し業者

皆さんは、日曜や祝日にどうしてもお金を借りたくなる…という経験はありますか?

日曜日

日曜日といえば、自宅でゆーっくりと過ごしたり。特にテレビは昔から面白い番組が日曜日に多いですよね。スポーツの試合なんかもシーズンが来れば日曜の昼くらいによく行われます。

ところで近年、脱ゆとり教育という方向に、文部科学省が方針転換をしたというニュースを耳にしましたが、それはどういう事でしょうか。少し調べてみました。

私の時代(30代半ば)のゆとりを振り返ってみる。

今までは日曜日に祝日が重なったら、翌日の月曜日が振替休日として祝日になっていました。

振替休日
日曜

しかし今は、土曜日にずらしたり月曜日にずらしたりし、振替休日が減ってきているそうです。しかし日常生活の中では特に支障はありませんし、土日も仕事で日祝関係ない方も多くいらっしゃいます。飲食店なんか休日はありませんしね。

その他に脱ゆとりで言えば、教科書のページ数が1.3~1.5倍に増えたりしたそうです。

重さで言えばかなりの数字になるそうで、今ランドセルで腰痛になる小学生も増加しているとのことなのです。

小学生が接骨院や整骨院に通い、治療を受けている…なんてこともあるようで、私から見ればびっくりです。

私の時代を思い返せばランドセルを背負ったのは1年生くらいで、ほとんど自宅から手提げかばんは自由にOKだった気がします。そして教科書は机に置きっぱなしだったはずです。

ランドセル

私の土日キャッシング体験(実話)

まあそんな事はどうでも良いのですが、時代は日々変わってきていますね。

さて、大人になった私たちですが、お金の相談などをする際、土曜日や日曜は基本的に銀行が開いていませんので、日曜や祝日にお金に悩む方も多くいると思います。

では、日曜日にサラ金でお金を借りたい!と思っている方はどうすればいいのでしょうか?

日曜も祝日も、銀行や信販系のキャッシング会社はお休みです。

銀行日曜に借りる

しかし、消費者金融会社の無人契約機は、土日祝も基本的に開いています。

つまり、日曜日でも消費者金融なら、お金を借りる事ができるのです!

私の経験を語ります。数年前、土曜日の朝に「ミリオンゴッド神々の系譜ゼウス」で、宵越し天井を狙っていました。

ゼウス

天井ゲーム数は1400ゲームです。前日600ヤメ、当日300で捨ててありました。

つまり、およそ後500ゲーム回せば天井の計算です。その恩恵は、GGが50パーセントループ以上が確定です。詳しくは↓

50%ループ・・・50.0%
75%ループ・・・43.8%
80%ループ・・・3.1%
88%ループ・・・3.1%

88パーセントを引けば、万枚も夢ではありません。

しかし宵越し天井ゲーム数に到達しても、ゴッドゲームに入りませんでした…。

つまり、設定変更かリセットでした。

最近の「ミリオンゴッド神々の凱旋」は、設定変更すれば天井が510ゲームかほぼ1000ゲームに短縮されます。しかし神々の系譜ゼウスは、設定変更の恩恵は特にありませんでした。

つまりは300ゲームから1400まで、およそ1100ゲームを回します。

1K=24回転ほどで、10K=240G

それにより私は財布に入れていた4万円が消えました。

天井まであと一息ですが、お金が無くなります。

慌てて消費者金融プロミ○の無人契約機に駆け込み、夕方からバイトだったので急いで即日融資をしてもらうようにお願いしました。

一応バイト先は某有名チェーン店の会社だったので、審査はすぐに通りました。当時は審査が甘かったです。僅か30分ほどで審査可決。食事休憩が長いお店だったので間に合いました。

そこで10万円引き出せる、真っ赤なカードをゲット。

当時はカーコンビニ俱楽部のカードが、消費者金融プロミ○のキャッシュカードでした。

カーコンビニ俱楽部

私はそのまま天井まで全ツッパし、単発死亡。目も当てられませんでした。

しかし土曜日に即日融資でお金を借りる事に成功。そのまま壊れたように、次の日の日曜日もアコ○・○イクの消費者金融無人契約機に駆け込みました。

日曜日も祝日も、無人契約機の担当者は仕事をしてくれています。

いつでも365日、夜21時くらいまでお金を借りる事ができるのです。ここからクズのような人間になったのは言うまでもありません。

無人契約機からインターネットへ

さて、今お話したことは数年前のお話です。今は時代の進歩が速く、インターネットが誰でもスマホで利用可能となりましたね。

スマホキャッシング

これにより、ネットでの消費者金融が主流となったのは言うまでもありません。

無人契約機も徐々に衰退し、今は昔みたいにあまり見かけなくなりました。

その反面、ネットでお金を借りれる可能性が高いサラ金系の消費者金融が台頭してきました。

先ほど話したような、今までの私の消費者金融クズ人生だったからこそ、このサイトでおすすめできるサラ金系の金貸し業者を紹介できているのですね。

ここで紹介している金貸し業者は、土曜日も・日曜日も・祝日も審査申し込みが可能なのです。但しネットでは審査を行い、実際の融資は翌平日の銀行振り込みになるので注意が必要ですね。

土曜・日曜・祝日にどうしてもお金を借りたいなら!

どうしてもお金を借りたい

まずは土日祝でお金を借りたいのならば、消費者金融の無人契約機に駆け込むことが必須です。

その後にお金を借りたいけれどもどこからも借りれなくなった場合は、当サイトが紹介する金貸し業者に相談してみましょう!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!


(みんなのこえ)サラ金でお金を借りるお話

イライラしたらどうしてもお金を借りたい!サラ金が良い!

(東京都狛江市/定食屋勤務)

どうしてもお金を借りたい時って、みんな一緒なんですよ。私は狛江市内でとある定食屋で働いていますが、最近イライラすることばかりです。まず、お客さんがみんなスマホいじり!

食事中くらい、スマホいじりをやめたらどうですか!って言いたいです。しかも御馳走さまも言わずに帰っていく。おかしいですよ今の日本は。

せめて、定食が出来上がるまでの時間、待っている時間に少しこっそりとニュース記事を見るくらいなら、まあまだ分かりますよ。

でも、定食を「お待たせしましたー!」って持って行った時も、何も言わずにスマホに夢中・・・

これって、私の店だけじゃないですよね?

そしてご飯を食べる時、犬食いのような恰好でスマホを見ながら食事!あーーーー!!!イライラする!親のしつけはどうなってんだ?ゲームボーイしながらご飯食べてたのか?おい!!!

私はイライラしてから、精神的におかしくなったように思います。というのも、ストレスが取れずにお金をパーっと使ってしまう事が趣味になってしまったんです…。

例えば、土日は電車に乗って東京競馬場へ。たまに多摩川競艇にも行きます。狛江から登戸で乗り換えて、府中まですぐです。そしてたまに大勝したら、渋谷あたりまで出て遊びます。

こんな生活をしていたら、お金が無くなるのは当然ですよね…。だから私はここのサラ金でお金を借りています。ま、サラ金最高!!!って感じですね!

私でもサラ金でお金を借りれました!

(愛知県名古屋市/OL)

こんにちは!私は名古屋市内の商社で働いていますが、この前お金を借りないといけなくなったんです…。これってあるあるかと思うんですけど、結婚式が続いたらキツくないですか?

私も先月、結婚式が4回あったんです。ほぼ毎週ですよ!最低でも3万円はご祝儀に包むので、12万円…。もう破綻です。断る勇気ってのもありましたが、私の性格では断れませんでした。でも幸せをお裾分けしてもらったんでいいの♪

給料の殆どが祝儀で消えましたので、消費者金融でお金を借りようかなと思ってたんです。でも私はクレカのキャッシングを3社使ってて…。しかも無人契約機に入る勇気も無くて。だからネットのサラ金でお金を借りようと思ったんです。こんな私でも、サラ金だったら誰にもバレずにお金を借りれました!今度は私が結婚する番ですね!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもお金借りたい人の為にある!総量規制オーバーでも借りれる金貸し業者を紹介!

お金に困ったことはありますか?

お早うございます、お金の相談所でございます。

みなさんは、人生の中でお金に困ったことはありますでしょうか?

私は当然ながらお金に困った事ばかりの生活でしたから、物凄く気持ちは分かります。

支払いに追われる…。出来る事なら忘れたい…。支払いの無い生活に戻りたい…。いつもそう思っています。

思い返してみれば、中学生、高校生で実家にいる頃は、支払いなんて考えた事もありませんでしたよね。

それが大学生になってアルバイトをしたり、卒業して就職したら、ほとんどの支払いものが自分にやってくる生活になるわけです。

中には親に甘えて、お小遣いや仕送りをもらっている若者もいるでしょう。しかしそんな人たちはごく一部のお金持ちの人間です。

私のような貧乏出身の人間は、自分の力でお金を稼がなければいけないのです。

金銭感覚の乱れ

そして、苦労人と呼ばれている私たち一般庶民にとって、一番危険な事があります。

それが、金銭感覚の乱れです。

金銭感覚の麻痺と言った方が無難でしょうけど、生活の乱れ・生活水準の乱れ・お金の使い方の乱れ、全てが金銭感覚の乱れです。

金銭感覚が一度崩れてしまったら、もう最悪ですよね…。このサイトに訪れる方の中には、既に金銭感覚の乱れから、借金・金貸し業者からお金を借りる事などを経験している方も多いでしょう。

全ての金貸し業者をひっくるめて、消費者金融からお金を借りてしまっては、生活は常にお金が無い状態になってしまいます。

毎月毎月、月末にいつもお金に悩むのです。これが、本当のお金の悩みと言っても良いかもしれません。

というのも、借金をしなければ、お金を借りる行為をしなければ、お金に悩むことは無かったのです。

自分の身の丈に合ったお金の使い方をしていれば、金貸し業者からお金を借りる必要もなかったと思えば、それはそれは後から悔しいでしょう。まさに後悔です。

お金が無くなると、増やしたくなる

そして「お金をどうにかして増やさないといけない」という気持ちになる方もいます。ここもポイントです。

お金が無くなると、どうにかしてお金を増やさなければならない…!という、あまりにも短絡的な考え方になってしまう人も多いのです。

その短絡的という言うのは、まさにギャンブルです。

宝くじも、競馬も、競艇も、競輪も、全てギャンブルです。

その入り口となるのが、パチンコ・スロットです。

お金が無い時に、例えば友人や先輩からパチンコ屋に連れて行ってもらったとしましょう。

たったの1000円が、5万円になった‥!!!

こんな経験をすると、猿のようにハマってしまうのです。

また行きたくなる、あの快感を味わいたい。そして一人で行ったら終わりです。完全にハマってしまっています。

そして、終いには消費者金融からお金を借りたくなり、色々な金貸し業者を検索しています。

初めてのキャッシングから、お金を借りる人生に…。

まだブラックになってない最初のころは、銀行やクレジットカードのキャッシング枠など、消費者金融からでもたくさんお金を借りられますし、それなりのサービスで審査も甘くしてくれます。

なぜなら、銀行などは金利商売です。初めてのキャッシングなどの客をどんどん掴もうと、様々な金融商品を売りつけてきます。

売りつけるといった表現は少し違いますね、うーん、色んな借金のプランを、提案してくれる?まあそんな感じです。

銀行員の営業の人たちは、優しい高学歴の仮面を被った商売人です。私も騙されたというと違いますが、100万円のローンを年率15%で、10年のリボルビング払いという契約をお勧めされ、3年ほど払っても元金がほとんど無くならないという地獄を喰らわされました。

まあ銀行の愚痴を言っても何も変わりませんが、お金を借りたい私たちにとって、金貸し業者とは切っても切れない関係なのです。

その中で、ある程度お金を借りる事に慣れてしまうと、どうしてもお金を借りたい時でも、お金を借りられない時もあります。

それがまさにブラックと呼ばれる、お金を借りられない状態なわけです。

なぜそうなるのかというと、まずお金の借り過ぎ。

今は、総量規制と言って、年収の三分の一までの金額しかお金を借りれません。これを超えるとブラック扱いになってしまうんです。

次に支払いの遅延。私も何度も経験しています。

引き落とし口座に、お金を入れ忘れた…!ことや、マジでお金が無くて、電話して謝ったり…。

これが3カ月ほど続くと、どこからもお金を借りられなくなってしまうのです。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融がある!

もしも、どこも借りれない状況になった場合、どうしてもお金が必要な時は、当サイトがおすすめしている金貸し業者があります。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融として有名な、金貸し業者です。

まずは無料で審査から始められますので、どこからもお金を借りられずにお金に困った方は、ここに相談してみましょう!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックでもお金を借りたい人が、成功する秘訣!

お金を借りるために、努力を続けることは良いことです。

しかし、そのお金に振り回されては元も子もないので、しっかりと返済する力を身につけ、計画的にお金を借りるように自分のスタイルを変化させていきましょう。

何を言いたいのか?ということですが、ブラックになると、とにかく今お金を借りることに集中してしまいがちである、ということです。

ブラックがお金を借りる方法としては、独自審査を行っている優良な消費者金融を利用するに限ります。

ネットで最近よく見かけるソフト闇金的な消費者金融なども、すぐにお金を貸してくれると話題ではありますが、そういった場所は違法性の高い金利を設定しているので、一歩間違うと返済するだけで人生が終わってしまう、という最悪な結末を迎えてしまいます。

とにかく、まずブラックがお金を借りるためにという精神を心掛けていくために、「返済能力と借入のバランスを知る」ということから始めましょう。

■一体自分は今いくら稼いでいるのか?収入と支出を考える。

ブラックでもお金を即日融資で借りたい!という方は自分がどれだけお金を稼いでいるのか、把握できているでしょうか。

大手消費者金融でお金を借りている、という方は貧乏人というイメージですが、案外そういったわけでも無いので興味深いところです。

例えば、年収の3分の1が総量規制の限界ではありますが、年収が500万円程度ある人であればマックス借りても、170万円くらいは借りれるわけです。

170万円の借金で、結構凄いですね。さらに、年収が800万円を超えている方であれば、260万円程度は借りれます。

案外、年収が高い人たちの方が多重債務者に陥っている、ということもわかるでしょう。

さらに、年収が高ければ高いほど、普段使いしているお金が高くなる傾向があります。

つまりは金銭感覚の麻痺・崩壊から、収入に見合ったお金の使い方ができなくなってしまうのです。

貧乏から這い上がった年収800万円の人が、バイト時代の年収100万円の頃と全く同じアパートに済み、第三の酒を飲み荒らし、そしてたまに電気代を支払い忘れて携帯電話の光で生活する、ということはないでしょう。

それなりに、年収に応じた生活水準になるでしょうし、付き合う仲間のレベルも高まってくるはずです。

さらに、500万円以上の年収を貰っているのであれば、恐らく結婚をして、こどもまでいらっしゃる方もいるかもしれません。

■生活に困ってないのに、お金を借りたい?

このような意外といい生活をしている人たちは、それなりの固定費用がかかります。

月々の家賃が数倍になったり、エンゲル係数が高まったり、一見、普通の生活や「リア充」な連中は、大手消費者金融とは無縁というイメージがあるのですが、案外こういった方々こそお金を借りている、ということが考えられます。

彼女が出来たり、良い車を買ったり、ナイスな家電を購入してローンを組んでいた場合は、どんどんお金が流れていってしまいます。

そして、人間同士の交流や付き合いも増え、そこそこのお店に毎週のように遊びに行くようになるのですから、お金がいくらあっても足りないわけです。

そんな時、遊ぶ金が欲しいということで、ついつい大手消費者金融に手を出してしまう…!という構図です。

生活には一切困っていないのですが、もっと周囲の金持ちたちと同じ行動をしたい、ということで思わず借金してしまうんです。

生活に困ってないのにお金を借りたい!と思う方は、物凄く多くいるのです。

●最悪は、悪質な闇金に手を染めてしまう…。

もしも、毎月必ず発生する固定費用として、15万円かかってくるとします。

家賃からクレジットカードでの支払い、光熱費用、さらには保険やスマホ代など、とにかく毎月の必要経費、つまりお金がかかります。

そんな中、消費者金融でお金を借りていたら、月々プラス固定費用として2万、3万円を返済していかなければなりません。

すると、段々返済が厳しくなってきて、自分が嫌になってきます。

そこから現実逃避するために、パチンコにハマったり、競馬にハマったり。ギャンブルが心のよりどころになってしまうのです。

さらに、大問題を引き起こしてしまうのが、人間の付き合いです。

お金が無くなってくるので、今までの付き合いが悪くなったり、安居酒屋、そして彼女に対してケチになります。

その人たちも、付き合いが悪くなってくれば嫌な気分でしょうし、もう誰も相手にしなくなってくるかもしれません。

しかし、それは嫌だ…ということで、自分のステイタスを維持するためだけに、怪しい闇金に手を染めてしまう人もいます。

これは最悪なパターンですが、絶対にそのようにならないようにしましょう。

●収支のバランスを考えてお金を借りる

ブラックでも即日融資でお金を借りる事ができる、そういった消費者金融はあります。

しかし、そういった消費者金融でお金を借りたいのであれば、まずは稼ぎと収支のバランスをしっかりと頭に刻み込む、ということを忘れないでください。

当たり前のことかもしれません。ただ、遊ぶお金が欲しいから、ということで暴走してしまうと、月々の支払いがどんどん増えていくだけです。

自由に使えるお金が、月々1万円になってしまったら、アナタの人生はどうなってしまうのでしょうか。

普通に考えて、年収が700万円以上あるのに月々自由に使えるお金が1万以下となるのは、かなり生活がヘタクソである、と言えます。ブラックとなっているのであれば、尚更です。

まず、根本的に収支のバランスを整えてから、お金については借りる、借りないを考えてほしいと思います。

ブラックの方は、まずは節約して利用できるお金を増やすことを考え、そこから意味のある融資をしてもらう、ということを考えなければなりません。

恐らく、多くのブラックの人は自分の稼ぎと出て行くお金の計算をしたら、ショックで寝込んでしまう可能性があります。

そのくらい、恐らくは出費が多いでしょう。現実を知ることもひとつです。

それが、ブラックでもお金を借りたい人が、成功する秘訣です。ぜひ、このことを忘れずに人生を歩み続けてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたい時!借りやすい金貸し業者は?

皆さんは、本当にお金に困ったことがあるでしょうか?

お金を借りたい!と強く思い、金貸し業者などからお金を借りたい!と思ったことはあるでしょうか?

消費者金融などの金貸し業者からお金を借りるということは、そのほとんどの方が、友人や親などから小さなお金の貸し借りを行っていたはずです。

缶コーヒー代で100円貸して!だとか、電車賃で10円足りないから貸しといて!とか、そういった小さなお金を貸し借りしたことがある人は多いでしょう。

しかし、弁当代が無いから1000円貸して!や、給料日に返すから10000円借りたい!など、金額が多くなってくれば、それはまた違ったお金の貸し借りになってしまいますよね。

まさに信用問題・人間関係に関わってくることなのです。

1円も10円も、1000円も10000円も、お金の価値は同じです。

その中で、幾らお金に困っている!幾らお金が足りない…!という状況は、人それぞれ経験したことは大きく違ってくるはずです。

これが金額が大きくなってしまったり、恥ずかしいから誰にも相談できなくなってしまった…。そんな方が、消費者金融などの金貸し業者からお金を借りてしまう訳です。

金利を払う事は非常に勿体ないことであり、本来ならば金貸し業者などからお金を借りるべきではないのです。

これから、お金の相談所管理人の私が感じてきた・経験してきた、お金に困った状況を紹介していきます。

あり得ないお話から、ウンウン、あるある!という体験まであるかと思いますが、共感していきましょう。もちろん、お金を借りないように自分に言い聞かせてほしいとも思います。

1円足りない!1円のお金を借りたい時。

まずは1円あるある。これは誰もがあるでしょう。コンビニで151円の買い物をした時、200円しかない場合ですね。

友人が隣にいたら必ず、「1円貸してくれ!」や、もしくは友人から「1円あげるよ」といった心優しい言葉が出てきます。

お金の価値観・友人などの信頼関係は、たったの1円と言ったら1円に失礼ですが、たったの1円では全く揺るがないものです。

つまり、1円レベル程度のお金の貸し借りは、仮に1円返さなくても全く何の問題もありません。

10円‥貸して?10円のお金を借りたい時。

さて、1円の次は10円です。

1円借りる事はあっても、10円借りる事って、思い返してみてもあまりないですよね。

コンビニで、「うまい棒を食べたいから、10円貸してくれない?」といった大人は見た事ないです。

カウンターにあるチロルチョコを買う時に、20円追加で借りる事はあり得るかもしれません。もちろん10円貸してくれる金貸し業者は存在しません。

10円借りる場合は、1円と同じようなところです。つまり、10円でも家族や友人の「信用・信頼」は揺るぎません。

10円返さなくても特に問題にはならないでしょう。

100円ツケといてね。今度返すから!100円のお金を借りたい時。

1円・10円と見てきましたが、100円となると、少し勝手が変わってきます。

1円・10円ではそこまでお買い物は出来ませんが、100円となると「お買い物」が出来ます。

缶コーヒー・アイス・シュークリームなどがスーパーやコンビニで買えます。

今月残り2000円しかない場合、100円奢ったりすると致命傷になります。お金に余裕がある時の100円は可愛いものですが、100円貸すことは少し信用問題に繋がるかもしれません。

しかし100円も、もしも返さなくても大きな問題にはならないと思います。

1000円お金を借りれば、必ず返さなければならない。

いよいよ小銭から、紙幣に変わりました。ここで大台の1000円のお金の貸し借りについてです。

もしもあなたが、「1000円借りたい。頼む」と友人に言われたら、どう言葉を返すでしょうか?

私なら「わかった。いつ返せるの?返済日を決めたら貸すから。」と言うかもしれません。

そしてなぜ1000円だけ借りるのかを聞きます。生活に困っているのなら、何らかのアドバイスをするでしょう。1000円を借りてくる人は、人間性に問題があるかもしれません。

私の地元の先輩に、とても悪い人が居ました。会うたびに「おい、1000円貸してくれ」と言ってくる、ギャンブラーの先輩でした。

現代の言葉で言う「DQN・ドキュン」といったところでしょうか。昔から親がヤンキーのようなヤクザのような、毎日パチンコ屋にいるような種族でした。

これらの下級民族に私は今までいくらカツアゲされたか分かりません。しかももちろん返って来たことは一度もありません。

1000円は、借りる場合にちょうどいいお金なのです。1000円位返さなくてもいいだろう。そう思っている人が多いのです。塵も積もれば…。チリツモです。

10000円借りるなら、金貸し業者からお金を借りよう。

5000円を飛ばして、いよいよ10000円です。こうなれば、銀行・クレジットカードのキャッシング・消費者金融のような、きちんとした金貸し業者からお金を借りるべきでしょう。

金貸し業者からお金を借りた場合は、必ず金利というものが発生します。この金利が勿体ないのですが、やはり10000円は大金です。

つまりお金を貸す側も、もしかしたらお金が返ってこないかもしれないというリスクを背負っているので、金利を払わなければいけないのです。

まとめると、10000円以上のお金を借りたい時は、きちんとした金利を払って金貸し業者からお金を借りましょう。

当サイトが紹介している消費者金融は、10000円からの少額融資も行っている金貸し業者です。

ここの金融会社のポイントは、今流行の総量規制などで、どこからもお金を借りれなくなってしまった人でも借りれる可能性が高い、借りやすい金貸し業者なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

平成30年・現代のサラ金でお金借りたい人の想い。

お早うございます。お金の相談所管理人です。

時は2018年、平成30年になりました。

これまでの時代も、お金を借りる方法が様々にある中で、そのお金を借りる方法・形式も年々変化してきています。

まさに超情報化社会・科学技術の進歩が急加速の時代と色々言っておりますが、その中で「お金」の価値観も大きく変わってきていますね。

最近よく聞かれるのが「ビットコイン」です。仮想通貨ですね。

これは今さら始めても何にも意味がありませんので、変な悪徳商法に騙されないようにしましょう。

昔に「ビットコインが今後こうなる!」と信じて買っていた人の勝利という話なだけであって、今その市場に熱中・参加しようとしている人たちは、ただの金魚のフン状態なのです。

いつかは必ず暴落するので、それがいつになるのかを見ているだけで楽しいギャンブルとして見ていいでしょう。

しかし最近は若者が仮想通貨や株・外国為替などで一儲け。そして調子に乗ってテレビに出まくっている番組をよく目にします。これは非常に良くないことです。貧困の格差は、こういった金融資本主義から生まれています。まさに運・ギャンブル・賭博です。資本主義自体がギャンブルの原理と同じです。商売もギャンブルだ!という社長さんが多いのもその一つです。

むしろギャンブルで無い商売は、何でしょうか?お国の仕事でしょうか?それなら公務員です。つまりは安定。これは資本主義ではないのです。

今の日本社会、この金融資本主義にある中で、消費者金融・サラ金が存在しています。

お金を貸して、その見返りにお金を上乗せして返してもらうというものです。まさに金が金を生む商売です。

普通と言っていいのか分かりませんが、普通に生活していたならば、サラ金からお金を借りるような事は無いはずでしょう。

しかしさっきも言いました、金融資本主義。貧困の格差。

一部の若者がIT情報化社会で儲け、それをテレビでどんどん垂れ流し、それに感化された夢を見る人間が大失敗し、お金が無くなってしまう…。

完全に喰われる身となっている人口が圧倒的に多い中、ねずみ講のように仮想通貨やFX・株式投資などにのめり込んでしまうのです。

喰うか・喰われるか。

これが恐ろしい金融資本主義なのです。

相手は世界中の大金持ちです。ウン億・ウン兆ドル・円相手に、数百万円・数千万円でかなう筈がありません。勝ったとしたら、たまたま勝ち組に乗っかっただけです。

それを自分のチカラだと勘違いした若者が非常に多いだけなのです。

現金に勝るものはありません。

その超情報化・IT社会で失敗した人たちが、サラ金や消費者金融でお金を借りる。まさに平成30年、現代版の消費者金融・サラ金でお金を借りたい人の想いは、そこにあるのではないでしょうか。

どうしてもお金を借りたい人の為に、お金の相談所が紹介する消費者金融とサラ金があるのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

債務整理の相談・ブラックには変わりはない。

お金の相談所でございます。

現代の日本社会の中で、お金に困り、お金を借りたいけど借りれないと思っている人たちが悩んでいることのひとつに

「今後ずっと返済をしなければいけないのか」

ということと

「思い切って債務整理をするかしないか」

ということがあります。

どちらにしろ返済をしなくてはいけませんし、多重債務者としては、思い切って返済をしなくても良くなる後者を選びたい、と思うことでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのが、どう言ったシチュエーションで消費者金融でお金を借りていたのか?ということです。

さらに、どうせブラックだから…ということで、安易に債務整理をしてしまうと、大損する可能性があります。

ブラックでもお金を借りる事ができる消費者金融はまだまだありますので、本来は自力で返済し続けていく方が得策でしょう。

今回、お金に悩めるブラックが債務整理をするべきか否かについてを確認していきます。

◆債務整理は無駄である

ブラックでどこからもお金を借りれない。さらに、毎月半端ではない返済額であり、パンク寸前である。

こういった方々は、債務整理をするか否か悩んでいるはずです。

債務整理は、要するに任意整理と同様に、弁護士を介入させることで金利分を支払わずに、元金だけを分割返済し続けることができる、という画期的なものです。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

まず、10年以上前。つまり、グレーゾーン金利の頃にお金を借り続けていた、という方でなければ損をしてしまう可能性があります。いや、確実に損をします。

以前、貸金業法が改正する前は、およそ年率29%近い金利を大手消費者金融は貪っていました。

そのため、返済を数年以上しているのに、なかなか元金が減らず、それで困った人たちが別の消費者金融で借り続け、多重債務者となってしまった、ということがありました。これは社会問題にも発展したのです。

この現状を打破しようと国が立ち上がり、上限金利を20%程度に改定。

その差額である金利分を、債務整理をすれば返還要求することができ、結果的に債務整理で戻ってくるお金で相殺、ないし逆にお金が戻ってくるということで、債務整理が注目されたわけです。

これには弁護士法の改正もありました。それはあまり知られていないのです。

弁護士自体、広告をする事は間違っている。これは世界の常識で、弁護士や法律家の広告は、日本でも禁止されていたのです。

その中で弁護士法の改正。そして今では当たり前になった、法律事務所などの広告ができるようになりました。債務整理を法的に行ったことで、数々の消費者金融が倒産・破産しました。

この当時のグレーゾーン金利に当てはまっていない、最近の多重債務の方は、お金が戻ってくることは絶対にありません。

消費者金融としては、一切落ち度が無いからです。

もちろん、銀行のキャッシングも同様。

法律が守られた金利で借りていたのであれば、ただただ元金を支払うことになるだけです。

つまり、現状では債務整理は全くの無意味なわけです。もちろん利息を払わなくて良くなる可能性がありますが、その代わりに弁護士に報酬を支払わなければならないのです。その金額は10万円~30万円といわれています。次にその説明をします。

◆元金だけならお得なのか?

元金だけを返済し続けるのであれば、それはそれでラッキーです。

地獄から、開放されると思いますよね。しかし借金は借金です。借金が消える事は絶対にあり得ない事です。ここに落とし穴が待っているのです。

まず、元金だけ…ということですが、弁護士を介入させてしまうことで、平均で1社の費用として32,400円 (税込)がかかってきます。

2社以上ではお得なるようですが、5社以上あれば10万円を超えていきます。

さらに、成功報酬などがあるため、追加料金も発生する可能性があるのです。

それでもまだ、お得なのではないか、と思われている方もいると思いますが、ここからが地獄なのです。

◆長期間ブラック人生が続く

多重債務、延滞・滞納などで、もしもブラックになってしまった方々は、実は早い段階でブラックを抜けることができます。

JICCなどの信用情報機関は、消費者金融系のブラック情報が載ってしまう場所です。

しかし、滞納の場合はその滞納先にしっかりと返済した後、1年間が過ぎれば普通にお金を借りることができます。

多重債務者に関しても、当たり前ですが返済して余裕が出てくれば、多くの消費者金融などに融資枠が生まれて、ブラックが卒業できるわけです。

しかし、債務整理をしてしまった場合は別の話です。

最低でも、5年から7年は完全にブラックです。年収が、5,000万円を超えたところで、1円もブラックなのでお金を借りることができません。

借金を返済し、真面目にずっと改心してきて、来週までに10万円をどうにかして借りなければならない…ということがあっても、債務整理後は絶対にどこからもお金を借りれません。

さらにブラックとしてまた掲載されてしまうことがあるのです。その場凌ぎの癒しが、一生を棒に振ってしまうことがあるのが、この債務整理の恐ろしさ…ということなのです。

◆ブラックでもお金を借りれる消費者金融!

ただ、債務整理をするもしないも、多重債務者、滞納者のブラックたちはその期間中はお金を借りることはできません。

大手消費者金融、銀行、クレジットカード、全ての貸金業者に相手にされません。だからと言ってヤミ金は危険です。

しかし、金融会社の中には小規模なサラ金系の消費者金融があります。

サラ金は信用情報だけではなく、現在の個人の返済能力など、独自の審査をできる場所があるのです。

もし、どうしてもお金を借りたい、という時には強い味方になってくれることは間違いありません。

逆にいうと、下手に別の場所にお願いし続けてしまうと、申し込み審査ブラックとして名を連ねてしまい、どんどんブラック期間が延びてしまいます。

このサイトお金の相談所には、ブラックでもお金を借りる事ができる、真面目な経営をしているサラ金系の消費者金融が沢山掲載されています。

ぜひ参考にして頂き、自分だけの新しい未来を築き上げてみてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックの人が、どうしてもお金の相談するための場所とは?

お金が無いと不安な気持ちになってしまう…という方は多いでしょう。

私もそうです。財布にお金が入っていないと急激に不安になるんです。

「もし、大きな出費の予定があったらどうしよう」とか「月末の支払いが払えないかも」とか「あと500円で3日間飯を食わないといけない…」など、切羽詰まっている方も少なくはないはずです。

ただし問題は、そういった方々の中には「ブラック」である人がいるということです。

ブラックになってしまった場合、一体何が困るかというと、大手消費者金融などでお金を借りることができないのです。

そのため、ブラックになるととにかく精神的不安になってしまい、このまま一生お金を借りれないのか…と思い込み、認知が歪み、心身症になってしまう可能性すらあるのです。

●ストレスを抱えてはいけない

今現在にブラックになってしまった人たちが、目の前のストレスを無くせる方法はただひとつです。

それは、「お金を借りること」だけでしょう。

お金があれば、全てが解決する、という考え方が良いかはわかりませんが、そう思っている人は少なくはありません。

お金がないから支払いものを滞納させブラックになり、そしてお金が借りれなくなった。そういった人たちの中は、貯蓄をすることができず、基本的に自転車操業のような経済サイクルで生活をしています。

頭の中には、「お金を借りたい」「お金を融資してほしい」「もうお金が全て」「お金があれば、自分は全てやり直せる」など、金、金、金ばかりが頭の中をリフレインしています。

しかし、それは根本的に解決になっているのでしょうか。このサイトでは、まずはお金の相談をする、というところから一歩踏み出してほしいと思っています。

●ブラックでもお金の相談ができる場所とは?

ブラックをねじ曲げてしまうと、前述したような、お金がないのに金の亡者になります。すると、周囲が見えなくなってしまい、結果的にヤミ金に手を出してしまうことになります。

ヤミ金業者は、ブラックでもお金を借りる事ができる、最後の手です。というよりも、ブラックだからこそお金を借りさせます。

ヤミ金側も理解できませんが、なぜお金が無くて借りなければならない、という人に法外な金利を請求するのでしょうか。

それは、人間は脅せばどうにかする、という心理を利用しているのです。ブラックの解決法として、お金を借りれば解決する、と思っている人はまずは立ち止まってください。

お金を借りるということは、また借金が増えるということです。

そしてもっと危険なのは、お金を借りても本当にまともな金利でお金を借りれているのか、ということです。

まず、そういった解決法ではなく、「相談」をすべきです。

ブラックの心を和らげるために重要なのは、まずは話をしたり、メールで相談をしたり、自分はこんな状況であるということを、第三者に伝えることです。

このサイトにメールを打つのでも良いですし、このサイトに掲載されている小規模消費者金融に相談だけでもする、ということが重要です。

お金の話はデリケートな問題なので、自分一人で抱え込む人が殆どです。しかしその壁を超えて、当サイトでなくとも誰でも気軽にお金の相談をして欲しいと思います。

●ヤミ金に相談は絶対に自殺行為

ブラックがお金の相談をできる場所は、どこからも借りれないブラックでもお金を借りれる可能性がある消費者金融を知っているサイト、そして直接、そういった優良な消費者金融に相談することです。

しかしながら「今直ぐにお金を借りれないのであればそんな時間は無駄だ!」と思っている方が、ヤミ金に思わず相談してしまうのではないでしょうか。

確かに、その気持ちはわかります。今すぐ、緊急に、明日までに、お金を借りれないと意味がない!と訴える人もいるかもしれません。

しかし、もしもヤミ金に相談したのなら、すぐにあなたの個人情報を抜き取られます。

相談だけで済むわけがありません。

焦っていると、周りが全く見えなくなってしまうのです。

闇金は、「うちであれば、もうそんなブラックとか関係無い。だから、落ち着いてください。口座番号を教えてくれれば、即日で10万円振り込みます。」というような、甘い言葉をかけてきます。

誰だって、相談したらお金を借りたくなるものです。そこで甘えるともう終わりです。

さらに、ブラックだからこそ大手消費者金融、銀行などのキャッシング全てに断られていたとしたら、借りたくなるのも当然です。だからこそ、注意しなければならないのです。

●相談で聞くべきこと

ブラックでもお金を借りれるかもしれない、という期待を込めてお金の相談することのメリットは、まずは精神的に楽になることです。

自分の現状を誰でも良いから伝えることができる、ということは精神的に大きなゆとりをもたらすことができます。

ああ、今すぐお金を借りたい、やばいやばい、どうしよう。という焦りの意識が遠のいていきますのでおすすめです。

そして、もしもお金を借りれない場合でも、何が審査に重要なのか、ということも聞くことが出来ます。

もしもブラックの場合、今現在の稼ぎの量や全体でどの程度債務があるのかなどは、審査対象としては二の次です。

まずは、信用情報機関にどんな情報が入っているのか、ということだけが注視されます。

結果、揃えるべき書類であったり、どうやったらブラックでもお金を借りる事ができるのか、細かな部分まで聞くことが出来るのです。

お金の相談だけであれば、信用情報機関には別に登録されません。

そもそも、個人情報を出していないのですから、当然です。

仮に、辺り構わず融資を得ようと、片っ端から審査を受け続けてしまった場合、「申込ブラック」というレッテルが貼られてしまうために、さらに信用情報に傷がついてしまうわけです。

そうなったら最悪で、信用事故情報が消える期間がぐっと伸びてしまうのです。

せっかく、あと1ヶ月で滞納ブラックとしての履歴が消えるかもしれないのに、審査を無理に受けてしまったがために、また1年に振り出し…。こういったことも、起こりかねません。

まずは、ブラックでもお金の相談ができる、信頼の消費者金融。

当サイトが紹介している優良なサラ金系消費者金融こそ、本当の借りやすい場所なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

年代別のお金を借りたい人たち!

2018年になりました。本年もお金の相談所は、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれるように、様々な消費者金融を紹介して参ります。

新しい時代になり、日々の生活は変わっていきます。特にここ数年で、本当に様々なものが変わりました。

SNSなんかもそうですよね。数年前に一時的な流行なのかと私は思っておりましたが、今では流行語になるほどの力を持ってしまいました。

便利になりすぎた世の中ですが、消費者金融業界でも同じような事が起きています。

お金の貸し借りなのに、対面せずにネットだけでお金を借りる事ができる時代になったものですから驚きです。

そして時代の変化に伴い、お金を借りる人の事情も変化をしているそうです。

昔は車を買ったり、キャバクラなどにツケ払いをし借金をする人は多かったと思いますが、現代は車離れが進み、草食系男子が増えたと言われています。

これから現代のお金に悩む人たちを、年代別で考えていきたいと思います。

20代でお金を借りたい人たちは?

20代の方々は、借金をしたての若い方々もいれば、お金を借りた事が全くない方も多くいると思います。

そしてお金を借りて遊んだりする方法を覚えてくる時期でもあります。悪い遊びを覚えた若者は、30代に向けて借金を背負う運命になるかもしれませんので、今ピンときた方は気を付けましょう。

そして今は珍しくなった車をローンで無理して買う20代の方も、ローンは借金だという事を肝に銘じてほしいと思います。

一時期の高収入を若くして経験してしまったら、そのお金の魔力にとり憑かれてしまう可能性もあります。つまりは金銭感覚の崩壊が訪れる可能性があるかもしれませんので、注意しましょう。

20代でお金を借りたい人達は、まさに遊び盛り・お金を使いたい盛りの人たちです。

30代のお金を借りたい人たち

30代になると、新し買い物で借金というよりも、20代で積み重ねてきた借金を継続しているという人が多いそうです。収入もある程度安定している方も多く、消費者金融を初めて利用する人も多く見受けられます。

20代で人生が順調に行っていた方でも、新しい何かをキッカケに、消費者金融でお金を借りる事を覚えてしまった人もいます。まさに人生の分岐点です。

日本の成人人口の中で、最もお金を借りている人は30代の方と言っても良いのかもしれません。

30代のお金を借りたい人というのは、自分で何かをやり始める人でしょう。それ以外はギャンブルに没頭した人たちです。

40代のお金を借りている人は…

40代はお金を借りるという概念よりも、既に大きなローン(借金)を背負っている人が多いと思います。

既に家庭を持っている方もそうですし、脱サラして自分で商売を始めている人もいることでしょう。その際にお金を借りている人も多いはずですが、やはり大きな金額を借りるという事になります。

しかし残念ながら、消費者金融では大きな金額は借りれません。ですから40代で消費者金融をいつも利用している人は、基本パチンコや競馬、競艇などの娯楽でしょう。

50代のお金事情は?

50代を超えてくると、つい一見お金を借りてなさそうに見えますよね。しかし意外と、消費者金融からこっそりお金を借りている人は多くいるのです。

私の父もそうでした。私は遅い子供でしたので、両親が50代の頃はまだ高校生だったと思いますが、父は消費者金融からお金を借りていました。もちろん当時は何も知りませんでしたが、大人になった今知った事です。父は普通のサラリーマンでしたが、いつも仕事から帰ってくるのが23時過ぎでした。毎日残業きつそうだな…という印象しかありませんでした。しかし実は、毎日パチンコにハマっていたというのです。気が付けば借金総額600万円…。債務整理をして離婚をしました。

まさに50代のお金事情は、非常に辛いものがあります。これはただの実話の一部ですが、他にももっととんでもないクズ親父は居るのでしょう。

2018年もよろしくお願いします。

以上のように、各年代ごとにお金を借りる事情は違いますが、新しい人生を切り拓くように2018年も頑張っていきたいと思います。

お金の相談所はこれからも、本当にどうしてもお金を借りたい人が借りれる消費者金融を紹介し続けます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!