大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

ブラックでも借りれる所を探すなら「冷静さ」を忘れずに

ブラックになってしまうと、大手金貸し業者などからは1円も借りることができなくなってしまうため、どうにかしてブラックでも即日融資できるところは無いだろうか、と常に探しまわってしまうようです。

もちろん、ブラックでもお金借りたい!ブラックでも借りれる所!などと検索してお金を貸してくれる場所はありますが、それのほとんどが闇金です。見極めは大切ですので、しっかりと悪質な闇金であるかどうかを見極めてください。

こういったお金の相談所などの消費者金融サイトで紹介している金貸し業者は、信頼に値する業者です。しかしこういった優良キャッシングサイトに辿り着けるような方も少なく、結果的にパッと見た時の甘いキャッチコピーに騙されて、思わず審査をしてしまうのです。

どういったキャッチコピーが危ない?

ブラックでもお金を借りれる!ブラックでも借りれる所!というキャッチコピーは巷に溢れており、実際にはもうほとんど効力は無いのでは?と、業界ではまことしやに囁かれているようです。

しかし、そういった状況の中であっても、まだまだブラックでも即日融資ということは言われ続けられていますし、今後もどんどんそういったキャッチコピーは出回るでしょう。

とはいえ、ブラックでも借りれる所!という見出しだけではインパクトが弱いと思っている金貸し業者は、それに付随して意味の分からない、検挙されても仕方が無いレベルの広告を打ってきます。

例えば、「金利はいただきません!」などのポスティングにあるようなビラです。金利が異様に低い、3%などの広告もよくある話しですが、真実味が無いので騙される方も減少傾向にあるようです。しかし、逆にもう振り切ってしまって、金利自体をいただいていない、という暴走キャッチコピーを出すと騙されてしまう人たちが増えると言われています。

金利がもし無かったとしたら、一体この金貸し業者はどうやってお金を捻出しているのでしょうか。イマドキ、親が子どもにお金を貸す時ですら軽い利子を付けると言われているのにも関わらず、商売人が利子を付けずにお金を貸すというのは理解に苦しみます。

しかし時代は変わり、昔と違ってチラシ広告の金融業者はほとんど見なくなってきましたね。

ネットが当たり前になったお陰で、私たち消費者の知識や知恵も高まってきました。危ない闇金はほとんど淘汰されてきましたし、ネットで全て知識を補えますので闇金も減ってきていると言われています。なので嘘情報には騙されないように心がけていきましょう。

闇金が救世主だと思ってしまう人もいる

さて、ネット情報の日常化によって消費者の知識が高まった今、単純に考えれば闇金は明らかにおかしいことを言っている、とわかるはずなのですが、ブラックの方々にはそれが理解することができない人もいれば、分かっているけど求めている人もいます。

ブラックになると、大手金貸し業者はおろか、クレジットカードすら作ることができなくなります。

つまり、お金に関することでは誰からも(どこからも)相手にされない、強い孤独を感じてしまうようになる、ということなのです。

そうなると、人間というのは不思議と誰でも良いから相手をしてくれる人を探し出します。

よく、暴力を振るう男性(DV・ドメスティックバイオレンス)のニュースを見ますが、なぜこんなDV男に女は付いていってしまうのか?と疑問に思うことがあるでしょう。

しかし、このような女の子たちは往々にして強い孤独を感じており、常に誰にも相手にされることが無いと、どんどん自分を追い込んでいってしまっている状態となります。

心理的にも、疎外感を常に感じている状態であることからも、誰かに優しくしてもらうと、その人だけは自分をわかってくれる人であると勘違いしてしまうわけです。そういった精神状態を利用して、こういった男性たちは女の子を玩具にした挙げ句、自分でも行動を制御できなくなり、残虐に犯罪にまで発展してまうのです。

お金に関して言えば、なぜ闇金から借りるの?と思う方も同じです。

闇金たちはブラックを狙っている

DVとブラックは同じ心理?だとか、何か大げさなイメージだと思われている方もいるかもしれませんが、闇金たちがやっていることは、これと似て非なるような行動であることを知っておくべきでしょう。

どこからもお金を借りることができない、となると人生を否定されているように人は感じるようになります。

しかし、その否定をされ続けられ、心が打ちのめされた状態の自分を受け入れてくれる、そういった金貸し業者があることがわかれば、それは心は晴れるに決まっています。

金利が無い、ということを我々のような一般人は、「この業者、大丈夫か?まだ闇金ってあったのか?」と推測できますが、金貸し業者で審査落ちし続けてしまうブラックな人たちは、「そこまでして…私たち救ってくれるのですね…。マジ、救世主」と、歪んだ認知をしてしまうわけです。

そして、そこに記載されている携帯電話番号に電話をしたら最後、口座を聞かれて即日融資です。

完全に押し貸しレベルなのですが、それでもまだ借主側は気付きません。二週間程度経った時、あまりにも返済期間が短いこと、そして金利が異様に高いことに気がつきます。それで文句を言うと、うまくいいくるめられるか、逆ギレされて嫌がらせの定番「ピザ50人前」が自宅に届くようになるわけです。

ブラックでもお金を借りたいなら冷静に

ブラックでも借りれる所で、本当にどうしてもお金を借りたい…と思っているのであれば、基本は冷静です。

冷静さに勝るもにはありません。

お金を借りたい、どうしよう…

やばい、今月支払いが間に合わない…

でも危ないところには手を出さない!お金は借りない!

まさに、冷静さが大切です。

ブラックでも借りれる所を探すなら「冷静さ」を忘れずに。

この冷静な金銭感覚を常に持ち合わせているのであれば、恐らくヤバい金融業者には引っかかることは無いでしょう。

逆に、こういった感覚を持ち合わせていないからこそ、ブラックになった挙句に騙されるといっても過言ではありません。

麻雀でもパチンコでも、熱くなったら負けです。どんなに調子が悪くても、冷静に考えてください。そうしたら当り牌を振り込まなくなりますし、パチンコもバカらしくなってきます。

ぜひ、どんなにお金に困っても冷静さを失わず、まともな判断をしてブラックでもお金を即日融資できる、優良な金貸し業者を探し出してくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもお金を借りたい人の特徴とは?

ブラックの人がどうしてもお金を借りたい。

どんなサイトを訪問しても、どうしてもお金を借りたい人向けに何かしらの事実をねじ曲げながら、とある消費者金融に誘導しています。

確かに、どうせブラックでも即日でお金をすぐ借りれるような、そんな消費者金融で借りるのであればある程度納得してから借りたいでしょう。お金を借りる事に納得できることが重要になってきます。

しかし、問題はそこが危険なサラ金、街金などの金貸し業者だったらどうするのか…というところです。闇金だって潜んでいる可能性もあります。

そもそも、消費者金融を斡旋している金融サイトのほとんどが、その人たちがイマドキIT広告会社のアフィリエイターか何かしりませんが、自社サイトを作って消費者金融を利用させようとしています。

金利が低く、明らかに大手消費者金融よりも得であるとか、審査なんて無いし審査が激甘鬼ユルだからどんどんお金を借りることができるとか、そういった部分をアピールしてお金儲けをしようとしているようです。確かに、その気持ちは分からないでもありません。

ブラックは、お金を1円も借りることはできませんので、どこでもいいからどうしてもお金を借りたくなってしまいます。

さらに、別に生活に困っていないブラックであれば別ですが、数万円が緊急的に必要などうしてもお金を借りたいブラックであった場合、それは死活問題となってくるため、本当に心が落ち着かない、というところではないでしょうか。

例えば、ブラックで大手消費者金融でお金を1円も借りることができない、どうしてもお金を借りたいという人はどういった人たちでしょうか。

どうしてもお金を借りたい人の特徴

どうしてもお金を借りたい人の特徴として、基本的には女の子と遊びたいとか、飲みの誘いが多い人が多いと感じています。

仮に、お酒を一切飲めない人であれば、年間で100万円は違うかもしれません。

毎日、缶ビールの500ml缶を2本購入していたとしたら、大抵で600円近くになるでしょう。病気等をしてしまって飲まないとか、最悪な現場仕事で疲れきってしまって、発泡酒一本だったとか、さまざまな要因が重なったとして、年間300日だとしたら、300×600で18000円です。

18万円だけで済むのであれば、まだ問題ありません。週に1回、そとに飲みに行くとしたら大暴走は間違いないので、1万円は使ってしまうでしょう。1年で50週あたりとして、年末年始や楽しいこと、つまらんことがあって暴走したとしても、50万円。ただただ、お酒のある楽しい生活をしているだけで、70万円近くが酒で吹っ飛ぶわけです。

仮に、30歳から40歳、独身で変わらない仲間と暴走していたとしたら、10年×70万円ということで、700万円が酒で消えるわけです。

人生の中で、ここまで奇跡のお金を使っている人物たちは、現実逃避したいのではなく、これがあるからこそ、毎日の仕事を楽しみながら頑張れているのです。

酒を飲んでいたら、他のお金を必要としないわけではなく、普通の人と一緒の生活をしているとなれば、かなりの稼ぎが無いと維持できないわけです。

では、酒を購入している人たちはセレブであり、全員が霞ヶ関の官僚としてNHKで国会質疑に映っていたり、博報堂、電通などの大手広告界者で、毎日広瀬すずとか、菅田まさきとか、坂本一生などと飲み歩いているのかというわけでもなく、普通のひとたちです。

明らかに、お金が足りないですよね。

だからこそ、大手消費者金融でお金を借りて酒を楽しみ、周囲の人たちとコミュニケーションをとっていたのです。ブラックでもどうしてもお金を借りたいと思っている人たちは、いつも通りの生活を取り戻したいだけです。

歯を磨けないと困ってしまい、分けわからん、アンパンマンの歯磨き粉でゴシゴシしてしまうようになるように、もう生活の糧として続けている行為は、戻すことが不可能でもあるのです。そういった部分を分かっていただければ、どれだけブラックでもお金を借りることができる、消費者金融が大切であり、需要が高いのが分かるはずです。

冒頭、危ない金融サイトが悪質なヤミ金まがいのサラ金、街金を紹介しているとお伝えしましたが、これだけお酒や生活に困っている人たちがいて、その人たちがお金を借りたいと思えば、それなりの需要があるのは致し方ない事なのです。

普段、お酒を飲んでいる仲間たちからの誘いがあり、それを金が無いからとスルーして、一人で危険なプライベートブランドの100円以下の添加物をぶち込んだビールやチューハイを飲み、テレビを見てうじうじしている人生なんて、何のために生きているのか分かりません。

だからこそ、その飲み会に出たいがために、ブラックであってもどうしてもお金を借りたいわけです。

お金の相談所は、どうしてもお金を借りたい人の味方です!

どうしてもお金を借りたい人たちの心を騙すというのは、明らかに許せません。

幾らブラックの人向けとはいえ、きちんと運営している金貸し業者は存在しています。しかし一部の闇金のせいで、イメージが悪くなっているのです。でも安心してください、そのような悪質な闇金は、長続きすることはありません。

このサイトで紹介している消費者金融は、ヤミ金ではなく、さらには継続的に借り続けることができる、真面目な金貸し業者です。

ただし、働いていない人にはお金は貸してくれません。真剣にお金のことを考え、きちんと仕事をして返済ができる真面目な社会人にお金を貸してくれる金貸し業者なのです。

今、悪質なヤミ金たちは巧妙な手口であれやこれやの作戦で我々から利息を貪ろうとしています。

お金の相談所には、大手消費者金融で借りれないどうしてもお金を借りたいブラックのために、最高の消費者金融を紹介しています。ぜひ、騙されずにここを選んでください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

僕は無職ですがそれでもお金を借りることはできますか?

私は主婦ですが、お金を借りることはできますか?

僕はフリーターですが、お金を借りれますか?

俺は個人事業主ですが、お金借りれますか?

私は働いていませんが、お金を借りる事はできますか?

僕は無職ですが、それでもお金を借りる事はできますか?

このように、お金の相談は尽きません。時代は変わっても、どうしてもお金を借りたい悩みは絶対に無くなる事はありません。

人工知能で仕事が変わっても、仮想通貨で見えないお金が主流になっても、お金を借りたい・どうしてもお金が必要などの、お金の悩みは尽きません。

今日は、各職業の人たちのお金の悩み・相談を2ちゃん、5ちゃんなどから集めてきましたので、紹介したいと思います。

お金を借りたい・でも借りれない。どうしてもおお金が必要。そんなお金のお話です。

僕は無職だけどお金借りたい。

無職でも借りれるサラ金

突然ですが僕は無職です。外国人労働者が増え、日本人の僕がまさかの人件費削減。

リストラという言葉が初めて理解できてから2ヶ月になります・・・

で、消費者金融から既に100万位キャッシングの借り入れがあって、今月末の支払いは既にピンチです。もうやばいです。

最近もちろんですが仕事先を見つけようと、いろいろな工場の面接を受けまくったのでそろそろどっかから返信がくると思いますが、やはり支払い。とにかく目先のお金に困ってます。

採用が確定するまで、今のお金では持ちそうにありません。何とか今月の返済用のお金や、生活費や、飲み代とかのお金を借りたいのですが…

もちろん僕は現在無職なんで、どこもお金を貸してくれません。こんなどうしようもない人間で、どうしてもお金が必要です。

誰かお願いです、何とかあと10万お金を借りる方法教えて下さい。

01 :名無しさん@ご利用は計画的に:18/04/10 11:37

無職だけどもお金借りたい人は注意。俺昔無職でも融資可能って言われてた電柱の090金融に電話したけど、まじで怖かった。脅迫されたよ。

02 :名無しさん@ご利用は計画的に:18/04/11 10:01

無職でもお金借りたい?むりだろ普通w

03 :名無しさん@ご利用は計画的に:18/04/11 13:58

無職でも借り れる サラ金で検索してみな。アコムとかスルガ銀行カードローンとか、ぜってぇ無職では借りれない金融業者ばかりだから。でも、俺も無職だけど、無職でも生きていける

04 :名無しさん@ご利用は計画的に:18/04/15 20:20

思い切って競馬に賭けな。馬連で10倍くらいになるオッズに10万円賭けたら100万円なんてあっという間。その金でパチプロになれば少しは楽しい人生だよ。賢くなればパチスロで食っていけるから。

05 :名無しさん@ご利用は計画的に:18/04/16 11:06

賢いヤツはパチンコなんかしねーよ、仕事しろよ

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックでも借りれる所は、人を審査するんです!

『お金を借りる』という行為。

「気軽」にお金を借りることができる、ということはありません。

なんせ、お金を借りるためにはさまざまな手順を踏まなければならず、ニートや無職、生活保護などのレベルでは1円も借りることはできないのです。

しかしブラックであればどこからも借りれないとはいえ、働いているのであれば、まだまだ可能性はあります。

お金の相談所が紹介する金貸し業者があるのですが、こういったところは、独自審査を貫いているためにあまり信用情報機関などの情報を鵜呑みにせず、その人の返済能力であったり、人柄で審査を行ってくれます。

仮に、債務整理をしていたとか、多重債務者なので困っているとか、そういった意味合いの事故であれば、さほどそれを理由に審査をさせるということはないでしょう。

そのくらい、お金の相談所が紹介する金貸し業者は審査がユルく、その人自身を審査しているということになります。

ビットコイン成金、そして大失敗

一方、無職であったり、お金を一切稼ぐ気持ちがないような人たちはどうでしょうか。

近頃では、「億り人」などという、ビットコインで儲けて大暴走している人たちがいるようですが、こういった自称投資家の肩書きはあっても基本無職ですので、実際にはブラック扱いとなります。

このような現代のお金を持っているということで話題となっていますが、毎月毎月変動があり、今はかなり急落してしまったので、手元には残っていないような気がしますね。

さらに、驚くべきことに年末までは調子が良かったものの、年が明けて急落してしまっているので、結果的には税金は昨年分で膨大な金額になるはずです。

ビットコイン破産が増えてしまうのでは、と言われていますが、こういった連中は甘い汁で生きて行こうと思っていた連中ですし、早くこの世界からいなくなった方が世の中のためなので、いなくても一切誰も困ることはありません。

むしろ、困ってしまうのは、税金を徴収する人たちでしょう。

勝手に破産されてしまうわけですから、そもそも徴収が不可能です。

いや、徴収は関係ないですね。税金は、破産したりすれば払う必要は無くなるのか分かりませんが、とりあえず人としては最低レベルの生活を強いられる、ということだけは間違いは無さそうです。ダサイです。ダサ過ぎます。

こういった人たち(ビットコイン成金)には、お金の相談所が紹介する金貸し業者もお金をなかなか貸すことはありません。

成金ブラックに金貸し業者は相手してくれない?

ブラックでも借りれる金貸し業者の場合、本当に返済能力があって、努力をして日々を生き抜いているような人たちには優しいのですが、こういったビットコインのレバレッジなどで儲けた成金がその後失敗し、さらには未だに無職というような脳無しな連中は相手にしません。

FXや海外バイナリーオプションなどもそうです。相手は数兆円規模の世界中の投資家です。それが一日本国民の数千万円レベルが勝てるはずがありません。

困ったことに、それら成金になるためにハマっている人の脳は、完全に何かに洗脳されており、言っても聞きません。何度か投資に成功した自分が凄いと思い込み、一般庶民の感覚を忘れてしまっているのです。

こういった内容からまさに、成金ブラックを目指す人に、ブラックOKな金貸し業者は相手をしてくれないのです。

ブラックでも借りれる金貸し業者のホームページなどを見ていると良くわかるのですが、普通の会社員のブラックにはお金を貸しますが、無職ニートはもちろん、年金受給者、生活保護、自称自営業にお金を貸すことはありません。

ただし、フリーランスなどの人たちは、得意先からの振込情報であったり、さらには年末調整などをチェックしてもらえば可能性はあるようです。要するに、どれだけ借金を背負っているのか、ということよりも、その人の行き方についてを審査している、ということで考えた方が良いかもしれません。

冷たいようですが、これは仕方がないことだとは思わないでしょうか。

確かに、酷い精神状態で働くことが困難である、という人も世の中にいると思います。しかし、こういった人たちは恐らく生活保護で生活していることを、情けないと思っていますし、その少ないお金でどうにかやりくりして、日々を苦しみながら生きています。

自立支援施設なども多くありますが、こういったところに行っては、どうにか自分たちの生活を取り戻そうと、努力をし続けているわけです。

これは、誰の目にも確かですし、お金の相談所は審査落ちとなってしまうのですが、恐らく自立してくれたら、真っ先にお金を貸してくれると思います。

恐らく、実績が無いのにも関わらず、お金の相談所が紹介する金貸し業者は即日融資をしてくれるはずです。そのくらい、頑張っている人たちには優しいのです。

ブラックでも借りれる所は、人を審査する

お金の相談所が紹介する金貸し業者は、人のぬくもりがあります。

人間同士きちんと事情を聴きながら、審査をします。

だからこそ、ブラックでも借りれる所として、長年需要があり、それに対応してくれているのです。

ブラックでも借りれる金貸し業者は人を審査しています。

それに比べて銀行や大手消費者金融のような場所は、ただただ機械で動いているだけですのです。

売り上げの金利の為だけに、リスクがある人には絶対に貸さない。義理人情も糞もない金利搾取ロボットです。これが現実なんです。

人を審査している、ということはどういったことかというと、冒頭に言ったようにビットコインやFXなどで稼いで成金になろう!という発想を持っている人たちは相手にしない、ということです。

なぜそこまで毛嫌いするのかというと、ビットコイン成金を目論む人たちは、詐欺師や嘘つきが多かったりすることをよく知っているのです。人間は何度も失敗もしますが、着実に稼ぎ、人のためになる仕事をしていることが重要なのです。

結局ビットコインなんかで稼いでも、そのお金は全て政府に流れていって、税金はあいつらの飲食代として消えていきます。

それも、数千万円です。そんな情けないことのために、毎日PCの画面とにらめっこするなんて、お母さんが悲しみます。

ここでは、本当に真剣に働いている人たちだけに向けて、お金を貸してくれるブラック即日融資の金貸し業者を紹介しています。

今、無職や生活保護の人たちであっても、今後間違いなく仕事をしてくれているのであれば、お金は貸してくれるでしょう。

お金の相談所が紹介している、ブラックでも借りれる金貸し業者をバカにしてはいけません。

ブラックというのは、いつだって苦しい立場の人間です。

ブラックの人の立場が分かるからこそ手を取り合って、新しい未来をお金の相談所から創っていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

レイクが新規受付終了!?これからは個人向けの金貸し業者が重宝される。

お早うございます。お金の相談所管理人です。

もう昨年のお話になりますが、銀行系カードローンの事業縮小のニュースのお話です。

これまでは、銀行融資は「総量規制対象外」ということで、底なしドル箱営業で個人消費者にお金を貸しつけていました。これが貸し過ぎという事で、国が調査をします。

そして2017年の年末に、様々な銀行が即日融資の停止を発表したのです。

その中で、私も利用している「新生銀行グループ」の「レイク」が、新規の即日融資停止となった、というニュースです。

レイクの融資停止

カードローン事業見直しということで、もう新しい人たちはレイクでお金を借りることができない、という事件が起こったのです。

これがまさに今月2018年4月からということで、このニュースを考えてみる事にしました。

消費者金融でお金を借りれない時代が来る?

まあ、別にレイクからなんて借りないよ!

そもそも消費者金融でお金を借りないよ!

という方であったり、「私は、ブラックだからお金を借りることができません」という人もいるでしょう。

ただ、レイク以外の商品である「新生銀行スマートカードローンプラス」「ノーローン」などは、新規融資を今後も継続して受け付けるということで発表されています。

しかし今後国の規制などにより、これらのキャッシングを取りやめるという事も、時間の問題かもしれません。

たまたま今回はレイクのニュースだったということですが、アイフルやアコムプロミスといった銀行系の大手消費者金融などが、どんどん新規の契約受付を終わらせる可能性は少なくはありません。

もちろん、明日明後日のレベルの話ではありませんが、近々こういったニュースが目に飛び込んでくる事は、誰の目にも明らかになりそうです。

レイクで借りれなかったら、僕らはどうなるのか?

さて、レイクの新規受付ができなくなったら、僕ら個人消費者にどういった問題が我々に降り掛かってくるのか?というところです。

こういったお金の相談所サイトに訪れるような人たちの場合、すでにどこからもお金を借りれず、ブラックという信用(金融)事故を起こしてしまっている人たちですので、基本的には新規でお金を借りることは不可能です。

そのため、今後どこからもお金を借りる事ができなくなる人たちは、個人向けの金貸し業者など、このサイトで紹介しているきちんとした消費者金融を利用してほしいわけです。

そこで、レイクなどの有名消費者金融がキャッシングを辞めると、お金を借りれない僕らのどういった部分に影響が出てくるのかを紹介します。

新しいビジネスモデルの消費者金融

まず、消費者金融の申し込みを新規で受付ができなくなるということは、全く新しいビジネスモデルが現れる、ということです。

それが、新規ブラック向けの消費者金融です。

新規ブラックというのは、我々のように多重債務者であったり、債務整理、支払いの滞納を繰り返すような、生粋の悪ブラックのことではありません。

全くのホワイトで、お金を今まで一度も借りたことが無いような、純粋無垢の超絶新規のことを指している言葉です。

「あなたは何でお金を借りれないのですか?」という質問があったとしたら、「新規の申し込みだけで断られているブラックだからですね」と、答えているような感じです。

お金を借りたいのですが、なかなか借りれません。だって、そもそも一見様お断りの消費者金融ですからね。ということになるわけです。

そうなると、新しくうちなら新規でお金を融資することができますよ!と、どんどんお金を貸し付け、リボ払いの返済地獄へを引きずり込むような、悪質な消費者金融が出てくるのも不思議ではありません。

しかも「銀行」とか「信販系」などの子会社が、新しい金融サービス事業を開始するかもしれないそうですから、規制の意味なんてありゃしません。

そういった大手企業の新しいビジネスモデルの消費者金融が生まれ、今までお金を借りた事の無い人たちの心をどんどん蝕んでいく、という悪循環がスタートするに決まっています。

これは、普通のブラックに比べても、悲惨な結果を導き出すことは間違いはありません。

結局、何も変わらない!だから闇金などが利用されているのだから

おそらく新しいビジネスモデルの消費者金融が生まれても、初めてお金を借りるのにも関わらず、金利は年率20パーセントです。

これは非常に高く、返済しても金利ばかりという事になるのです。

その借金の末路に、5割の金利であったり、トイチのような金利でお金を貸すような闇金コースへと突っ走らなければなりません。

結局、国が規制をしても、一旦はローン事業を縮小するでしょうが、また同じことの繰り返しなのです。人類は、失敗という歴史から、何も学ばない、欲深い動物なのです。

資本主義とは、自分が儲かればそれでいい。自分たちがお金を稼ぐことによって幸せになる。そういう思想の元に働くのです。これは金融業界も同じですし、むしろ金融こそ人間を蝕む商売です。

ブラックな僕も、最初は借金は無かったんです。

我々のようなブラックは、もともときちんとした大手消費者金融でお金を借りており、調子に乗って借り過ぎて、返済してはすぐ引き出すパターンを繰り返し、今に至っています。基本的にお金を借りる根本の原因は、パチンコです。

そして、お金を借りている場所が大手消費者金融であることからも、最悪の場合は弁護士に相談・法律事務所にいけばいくらか戻ってきたり、それなりに対処をしてくれるだろう!という甘ったれた考えを持っています。

しかし、いきなり初めてお金を借りる場所が闇金だった場合は話が別です。明らかにバカじゃないの?ということが誰にでも分かりますし、1万円を借りたとしたら、初月で15000円を超える返済を求められるわけです。いや、1万円だけを新規に融資するということは考えにくいですね。闇系の金貸し業者は、恐らく最初は10万円程度はお金を貸すことになるでしょう。そうなると、初めての月に15万円を返済するはめになるのです。どうでしょうか。これ、お金を初めて借りた人にする仕打ちでしょうか?ただ、こういったことをするのが、大手消費者金融ではなく新規ブラック用の闇金であることは間違いありません。

そこまで究極にお金に困っているというわけではない分、逆に「お金を借りるとは、こういうものですよ」と優しくなだめ、あり得ないほどの金利をどんどん貪っていくパターンになっていくのです。恐ろしいというよりは、新しいビジネスだなと感心せざるを得ません。

僕たちのようなブラックであっても、どんどん大手消費者金融での融資は厳しくなっていくでしょう。一度ブラックとなり、そのブラックを解消したとしても、きっとお金を借りれなくなります。

これからの審査は、もう人では無い、人工知能(AI)で審査されることは目に見えています。

これこそ、2020年に向けての日本のやり方です。利権を求め、お金持ちが更にお金を持ち、お金持ちが支配する、金融資本主義の国家です。何がオリンピックだ、貧困の格差を縮めてくれ!貧乏人にもお金をまわせ!俺たちは支配されたくない!これが、我々の本音ですよね。

これからは「個人向け金貸し業者」が重宝されると思います。

長文になってしまいましたが、冒頭のレイクの事業縮小により新規のブラック、そうでない元々のブラックであっても、これからは銀行ローンの個人向けキャッシング(小口融資)が無くなります。

業界は違いますが、めちゃイケ・とんねるずのみなさんのおかげでした・ポンキッキーズ・ぷっすま・ウチくる・ランク王国など、20年以上続いた長寿テレビ番組も無くなります。

まさに、新しい時代に突入していくのです。

このキャッシング事業の新しいサービスも生まれてくるであろう、そう思います。

その中で一貫して、当サイトがおすすめしていきたいのが

「個人向けの金貸し業者」です。

個人向けの金貸し業者は、ネットでサラッとをお金を借りることができますし、審査もひとまず仕事さえしていれば、返済能力があれば、ブラックでも何も問題はありません。

今、消費者金融業界も、大きな曲がり角へ差し掛かっています。しかし、これが今の日本を映し出している鏡です。

ぜひ、どこもお金を借りれずに困っていて、どうしてもお金借りたい!と思っている方。

これから、個人向けの金貸し業者を利用する道を選んでみてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

借金をゼロ!借金を減らせる!とかいう謳い文句の広告

債務整理で借金を減らせる!?
おまとめローンで返済額を一本化!
借金がゼロに!

など、訳の分からぬ事を広告している、金融専門の法律事務所。

今までこのような広告などを見てきた方は多いでしょう。

本当に見飽きましたね。

このような過大広告を打ってでも、広告料などの元が取れるような世界ですから信じられません。

借金をしている人、お金を借りていてお金に困っている人、本当に苦しみお金の相談をしたい人の心理に目を付け、そこから手数料・成功報酬などを搾取するのですから、弁護士や法律家に、正義も悪も糞もないのです。

お金の相談所管理人の私も、債務整理一歩手前までいったんです…

実際に、お金の相談所管理人も、過去に債務整理の相談に行った事があります。

しかしその対応は悲惨なものでした。

親方日の丸殿様商売か?と言わんばかりの態度で、300万円を「たったの」と言うのですから。

私にとって300万円は非常に大きな金額で、生活にとっても死活問題。

金利の返済に悩んでいたのにもかかわらず、たったの300万円なら自力で仕事をして返しなさいとのことでした。

まさにそれは親から言われたことだったのですが…。もちろん、今までお金を借りて遊んできた、自業自得なのは言うまでもありません。はい、自分が悪いんです…。私はクズ人間です。

債務整理一歩手前まで行った、管理人のお話でした。

借金ゼロも夢じゃない?嘘つけ!債務整理の広告なんかするな!

しかし思う訳です。

それなら、債務整理の広告なんかするな!という事です。

借金に悩む人間を、ブラックにさせる為だけの行為。それが債務整理です。

例えばこのようなバナーをよく見かけます。

債務整理とか、お金の悩みなどで検索をしていくと出てくる時があります。

ハッキリ言って

借金がゼロになることなんて、有り得ません

そんな夢のような、魔法のようなことがある訳がありません。

しかし広告では、そんな夢物語ばかりを語らせ、私たちお金に悩むクズ人間にクリックをさせようとしています。

そして、その売り上げで贅沢な生活をしています。

弁護士は相談手数料などをお金に悩む人たちから搾取します。そして2000円の高級黒豚ロースかつ定食をお昼に食べています。

借金0円も夢じゃない!

夢です。

今までの借金がゼロになるなんて、嘘をつくな!

そんなんだったら、全員借金チャラにしとるわ!

すみません、熱くなりました…。

ここはひとつ冷静に…

なぜ借金ゼロが夢なのかという所を、お金の相談所管理人が語らせて頂きます。

借金ゼロは、昔の消費者金融から借りていた人だけ

借金がゼロになるという事には、カラクリがあります。

もう知っている方も多いかもしれませんが、簡単に言うと

「昔の消費者金融からお金を借りていた」場合に適用されるかも?

ということです。

今の30代の方なら知っているでしょうけど、消費者金融の武富士が全盛期を迎えていた時代、当時の消費者金融は、グレーゾーン金利と呼ばれれる金利で、個人に対してお金を貸していました。

今では金利が年率、最大で20パーセントが上限となっています。

詳しくはWikipediaなどにも改正貸金業法について掲載されていますから、それを見れば一目瞭然です。

ざっくり言うと、平成18年に貸金業法が改正されています。

今の金利などは、ここ10年のものであり、ここ10年で借金をした人は当たり前の金利を払い、これをゼロにするなんて言う事は不可能なのです。

借りたお金は返す、当たり前のお話です。

ですから「借金がゼロ!」なんてことは夢です。

しかしながら、昔の消費者金融からお金を借りていた人に限り、年率20パーセント以上の金利を払っていた場合にのみ、その返済した分を戻すことが出来る…ということです。

これが、過払い金請求です。

この過払い金請求で、武富士は倒産しました。

そして、アイフルも経営難に。アコム、レイク、プロミスは、大手銀行が買収しました。

そもそもこの原因には、弁護士広告の規制緩和があります。

2000年に、弁護士広告の規制緩和が実施されたのです。

それまでは、弁護士とは広告するべきではない、紳士なものなのだから営業や広告は違う、とされてきました。これは外国でも同じです。

その中で日本は、この法律家である弁護士の広告の規制緩和を行いました。

弁護士がタレントとしてテレビにも出るようにもなり、身近な存在となりました。

例えばチンピラ同士が何かお金の揉め事で喧嘩をした場合、昔はヤクザ屋さんを呼んで解決していたりもしました。しかし今では、ヤクザ屋さんではなく弁護士屋さんを呼んで解決する時代です。

そこに、ヤクザ屋さんまがいの悪徳弁護士がたくさん現れるようになり、秩序の乱れに繋がったのです。

まさに弁護士法改正・貸金業法の改正で、消費者金融業界だけではなく、金融業界・経済業界・日本の社会秩序自体がボロボロになっていってしまったわけです。

話がそれてしまいましたが、その流れは今でも変わっていません。

法律事務所が、一般庶民を食い物にする時代です。

借金をゼロに!借金の悩みは当事務所に!など、その広告こそが、まさにおかしな話なのです。

お金の相談所からアドバイス

では私たちお金に悩む人は、今後どうすればいいのでしょうか?

やはり一番手っ取り早いのが、仕事を頑張って収入を増やすしかありません。

そして贅沢を全て絶ち、借金を完済するまで自由を失わせます。

贅沢を辞めれば、毎月の支出が減ります。それが出来ない人は病気です。何らかの依存症になっています。

なぜ分かるのかって?私がそうでしたから。

私の経験を元にすべてを語っていますが、私も借金が家計を圧迫していました。

車を売って自転車に。携帯電話代も通話代のみ。食事は昨日のおかずをオニギリに突っ込み、98円で12個入りの、マルコメみそ汁(わかめ)。

どうしてもパチンコで遊びたい時は、1円パチンコを1000円だけ。

こうやって生活を切り詰めて行って、300万円の借金を返すことに成功しました。

贅沢が、借金の全てです。

生活水準を下げる事は難しいです。

金銭感覚を戻すことも難しいです。

しかし、債務整理なんて馬鹿な事は絶対にしたらいけません。

甘えたらだめなんです。自己破産をする若者が増えているようですが、その考え方やギャンブル依存症を治さない限り、債務整理や自己破産をした若者は、まだ借金をすることでしょう。

その末路は、強盗などの犯罪に走る思考回路になり、その家族や身内回り全ての人が、不幸になるのです。

これを読んで、一歩踏みとどまってください。

もしも、債務整理後、自己破産後のブラックの方で、お金を借りたい…どうしてもお金を借りなければならない…、そんな状況になってしまった方もいると思います。

そのブラックの方でも借りれる、金貸し業者をお金の相談所では紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

買わない宝くじは当たらない!多重債務ブラックでもお金を借りれる方法!

ブラックでもお金を借りたい…という気持ちは理解できます。

止められないんです。お金を使う事を…。

これが、本当のブラックの悩みなのかもしれません。

多重債務者

お金が苦しい…という事を分かっているのに、なぜか無意識のようにパチンコ屋に行ってしまったり。まさにギャンブル依存症というものです。

これがブラックの症状とも言えます。

しかし一般的にブラックの場合は、お金を借りることは不可能です。

そもそもブラックは、信用情報機関で信用(金融)事故を起こしている、というレッテルが貼られているため、そういったブラックたちにお金を貸してしまうと、大手銀行や消費者金融など、金貸し業者側の信用問題にも関わってくるからです。

お金を借りたいブラックの立場

さて、そんなブラックでもお金を借りたい!という方。非常に厳しい立場に置かれていることだと思います。

どんな消費者金融に申し込みに行っても、結局は必ずどこも借りれない。どうせ審査落ちしてしまうから、どこにも申込たくない、という後ろ向きな気持ちになりがちです。

確かに、ブラックにはお金を貸してくれない金貸し業者や金融機関ばかりなのは、周知の事実です。

しかし、買わない宝くじは当たらないのと同様に、どこかに申し込みをしない限り、お金を借りることは到底できません。

その「当たり」を理解しておけば、何となく心が楽になってくるのではないでしょうか。

パチンコは天井が無く、いつ当たるか分からない不安が常にあります。

しかし、金貸し業者の審査の申し込みは、必ず当りが存在します。

どんなにどこもお金を借りれない方でも、必ず絶対お金を借りれる場所は存在するのです。

それが金貸し業者なのか、身内や親族なのかはまた別のお話ですけどね。

基本的に、ブラックは肩身が狭いことは理解できます。

ブラック、ということは明らかに悪質なる信用事故を起こしているわけですから

「お金にだらしない人間」

だと世間は理解するでしょう。

しかし、お金を借りていた当時は、とにかくだらしない人間であっても、人間成長していくにつれ、徐々にお金の大切さに気付いていき、結果的に大切にバランス良くお金を利用していけるレベルになっている・・・という事もあるわけです。

人間、何度も同じ失敗を繰り返すことはありますが、そこで真剣に学ぶようになれば、逆に一般的な人たちよりも詳しく、専門的な知識を手に入れることができます。

大手金貸し業者での融資もそうですが、本当に利用の仕方を経験するだけで、ブラックでも借りれる消費者金融を、有意義に使うことができます。

お金に悩む人の、お金の使い方とは?

お金に悩む人は私も含めて、お金の使い方がついつい激しくなってしまいます。

最初の頃は、簡単にお金を借りれると知ってしまっているので、後先考えず財布にあるお金を使ってしまうのです。ダメだと分かっていながらも、体が勝手にお金を使ってしまうんです。

これがまさに、理解しているのにお金の悩みになってしまうのです。

多重債務者となってしまう人たちというのは、借りたお金を自分の給与と勘違いして、どんどん利用してしまうわけです。
もしくは私も同じ症状に苦しんでいますが、辞めたくても辞められないギャンブル依存症から抜け出せず、持っているお金を全部使ってしまう病気です。

本来、必要な分の支払いをするために5万円が必要であれば、5万円だけを借りて、それを3ヶ月くらいかけて返済すれば良いだけの話です。

しかし、5万円だけという小口融資の仕方を大手金貸し業者、ビッグバンクのキャッシングはしてくれません。むしろ20万円程度の融資枠いっぱいのお金を融資してくれます。

そのため、本来利用すべき5万円だけではなく、関係のない15万円を利用して遊んでしまうわけです。

これが、銀行カードローン・消費者金融キャッシングの罠です。

カードローンの罠

そこで味をしめた利用者は、本来使用しなければならない理由も明確では無いのにも関わらず、10万、20万円とどんどん借入を増やしていき、遊びに全て使ってしまうのです。

そこに、パチンコ依存などが絡むと、もう私のように無意識にお金を使ってしまう病気になってしまうのです。

どうせ、お金があるということで、どんどん遊びの予定を入れてしまいますし、事実、収拾がつかなくなっています。

そして、これ以上はお金を貸すことはできません、と消費者金融の審査落ちした時にはじめて、

「あ、俺、多重債務者だ…ブラックになってしまった…」

と気付き、後悔するのです。

多重債務者の特徴

多重債務ブラック

多重債務者のほとんどは、毎月の返済を、別の金貸し業者の借入分から補填しているため、いつかはその残高はゼロになります。

これが、自転車操業です。

自転車操業だと理解はしているんです。

わかっていながらも、「まだいける、俺はまだやれるんや…!」と、その苦しい状況を現実として飲み込むことがどうしてもできず、結果的に最悪な状態になるまで自分を追い込んでしまうわけです。

ここまで来ると、明らかにもう多重債務者ブラックとなり、審査を受けること自体が恐怖体験になります。

人から受け入れられないこともショックですが、公的な金融機関からお金を借りられなかった…という事も、それなりにショックです。

知識も、仕事も、家もある。それなのにも関わらず、昔の事故が尾を引いてお金を借りられなかった…、人生を否定されているような、非常に不安な気持ちに苛まれてしまうわけです。

しかし、多重債務からブラックになるくらいですから、その人が元々お金持ちな人間とは言いにくいでしょう。むしろ、貧乏で毎月ギリギリの生活をし続けている、というような状況かもしれません。

やはり、人間いつかはまとまったお金を支払わなければならない、そういった状況になることも少なくはありません。

そういった時、どこからもお金を借りられない以前に、怖いから審査の申し込みをしないのであれば、事態が好転していくことは無いわけです。

冒頭でも説明した通り、買わない宝くじは当たることはありません。

そういった意味からも、どうにかしてお金を借りるしかないのです。

そんな時の為に、お金の相談所では大手銀行カードローンではなく、ブラックでもお金を借りることができる、そういった金貸し業者を紹介しています。

ここで紹介している金貸し業者は、ブラックとか、ブラックでないとか、そういったことにはあまり関係がありません。

大切なのは、その申し込みをした人の返済能力があるか否かなのです。

返済能力が無いということは、10万円を借りて月々1万円の返済が続けられないような経済状況の方です。

逆にいうと、それができるのであれば、小規模な個人の金貸し業者は、お金をブラックでも融資してくれるの可能性があるのですから、これは使わない手はありません。

ブラックの場合、さまざまな不安を抱えてしまっていると思いますが、そこに理解のある金貸し業者が存在しているのです。

ブラックだからと一人でお金の悩みを抱え込まず、まずはお金の相談所に掲載されている金貸し業者に相談してみてください。

きっと、どこからもお金を借りれずに困っている自分の悩みが嘘かのように晴れていき、楽しい日々となっていくはずです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

祝日にお金を借りれる金貸し業者は?

季節外れ

お早うございます、お金の相談所管理人です。昨日は春分の日祝日でした。関東地方では季節外れの大雪、そして冷たい雨でしたね。全国的にも寒の戻りのような天気で、本当に花見どころではありません。むしろ体調管理が大変な季節です…。

しかし平日の中日、水曜日に祝日が入ると、一週間が短く感じるものですね。水曜日なのに、日曜日のような気分でした。

3月の出費は大変です…。

3月の出費

3月は年度末、地域によってはお花見、送別会、そしてお子様がいる方は卒業式、そしてすぐに入学式などで、何かと出費が予想されます。

貯金を持っている方は、ある程度の貯えでまかなえるとは思いますが、案外貯蓄や貯金に余裕がある家庭は少ないものです。

私も貯金は全くできていません。

これはリアルガチなお話ですが、私個人の貯蓄状況は、2つの銀行に18万円(支払い用)・4万円(自分用)です。

支払いも毎月10万円以上消えていきますので、毎月毎月が不安で仕方ありません。

一時期、仕事の調子がいい時は、支払い用に20万円、自分用に50万円くらい貯まった時がありました。

その時は、めちゃくちゃ気分も良く、余裕な気がしていました。(独身男性なので)

しかし気が付けば、遊びやギャンブルなどで、1年でこんなにも減りました。

もちろん、銀行や消費者金融からお金を借りながら、上手く乗り越えているほうです。

やはりどんな人でも、3月は季節の変わり目で、出費は大変です。

やはり貯金って難しい…。

まあこれは個人的なお話ですが、先ほどのように貯金が全く貯まらない私のような方も珍しくはないと思います。

むしろ貯蓄ばかりしている人は、人間的につまらない人間になるでしょうし。

例えばですがゴルフやマージャンなど、男の付き合いもありますからね。自分の収入に見合った人たちと、それなりのお金を出し合いながら人付き合いをして行くのが楽しい人生です。

それが仕事に活きれば一番良いのですが、そこは自分の実力次第です。

しかしまあ、貯金・貯蓄って、本当に難しものです…。

と、私個人的意見は置いといて、昨日の祝日。

「祝日前に飲みすぎて、お金を使いすぎた…」
「祝日と言っても暇なので、パチンコで大負け…」
「とにかくどうしても祝日にお金を借りたい!」
「祝日にお金を即日融資してくれる金貸し業者はあるのか?」

と思った方もいると思います。

やはりまず思い浮かぶことは、祝日に新規にキャッシングの申し込みをする人はほとんどいないだろう!ということです。

だって、銀行窓口は店休日です。

これは銀行ローンのキャッシングに祝日申し込んだ場合ですが、消費者金融の場合は無人契約機があります。この無人契約機は、土曜日でも日曜日でも祝日でも、夜の21時か22時くらいまで営業しています。

この、無人契約機には、営業時間いっぱいまでコールセンターで担当が対応してくれます。

すべてコンピューター審査ですので、審査の可否はすぐ分かります。

従って、祝日にどうしてもお金を借りたい祝日にお金を借りれる金貸し業者を選ぶ場合は、無人契約機がある消費者金融会社に相談するほうが無難ですね。

土日、祝日の審査について

祝日でもお金を借りる

土曜日でも、日曜日でも、祝日でも、無人契約機ならいつでも新規のキャッシングに申し込めるんだという事が分かりました。

私も経験があるので、先述した内容に100%間違いはありません。

しかし問題は、審査です。

普通のサラリーマンの方や公務員の方、今までキャッシングで支払いの延滞や滞納が無い方などは、審査通過は問題ないでしょう。しかし、そういう真面目な、お金にキレイな方ばかりではありません。

人生長く借金でお金を借り続けていたら、支払いの遅れの一つや二つくらいはあるでしょう。

今の時代は審査も機械化・自動化です。仮に対人審査だとしてもマニュアル通り。

・・・人情がちっともなくなってしまいました。

少しの返済の遅れでも、待ってくれません。むしろ、待ってくれたとしても、次には二度とお金を貸さない!といった態度で来られます。

一度でも信用に傷が付いてしまったら、審査が非常に厳しくなる

ということを覚えておきましょう。

祝日に即日融資でお金を借りるなら!

祝日にお金を借りる方法として、最後の手段と言ってもいい場所があります。

それが、お金の相談所でも紹介している金貸し業者です。

大手銀行系の消費者金融とは違って、カードキャッシング(カードローン)ではありません。

どのようなお金を借りるシステムなのかというと、銀行振り込みの金貸し業者です。

なので土日祝日は、振り込みが出来ませんので即日融資は不可能と言えます。

しかし審査申し込みは24時間365日ですから、お金の相談は祝日でも可能です。次の日に即融資という事ができます。

個人の金貸し業者ですので、審査基準が緩めで、審査に通りやすいという特徴があります。

あまり人に知られていませんので、どうしてもお金を日曜日や祝日に借りたい時には、まず審査に申し込んで、後日の即日振込を待つ!それが、お金を借りる方法のひとつとなります。

ぜひ、日曜日でも祝日でも、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制関係ない優良な金貸し業者もあるんです!

近年、テレビコマーシャルでもよく見かけるようになった、銀行系カードローン。

綺麗な女優さんや、グラビアアイドル、人気お笑い芸人などを起用し、ローン=借金だというのにもかかわらず、物凄く借りやすいイメージになったのは言うまでもありません。

誰でも簡単に、手軽にお金を借りることができるというイメージが根付いたことから、銀行系のキャッシングは大変人気です。

たまに私の携帯電話にも、知らない電話番号から電話がかかってきて、出てみると銀行のローン案内だったことが、何度あった事でしょうか。

この銀行のローンは、総量規制オーバーでも融資可能で、総量規制関係なくお金を借りれる、ブラックでもお金を借りることができる消費者金融?という噂もあり、今かなり人気が高いキャッシングとして話題となっているようです。

しかし、総量規制オーバーなブラックでも実際にお金を借りることができるのは、独自審査を行っている小規模な金貸し業者だけです。

ブラックがお金を借りる際、銀行のローンは総量規制対象外の商品が多いですが、普通の消費者金融では審査が不利になるので注意してください。

ではこれから総量規制について、お金の相談所独自に解説していきたいと思います。

銀行系キャッシングは総量規制無し?

お金を借りたいブラックの方であれば、どこであれば直ぐにお金を借りることができるのか?と常日頃から探索し続けていることだと思います。

そんな中、恐らく多くの方が銀行系のキャッシングに一度は辿り着くはずです。

その理由は、大手金貸し業者の場合は年収の3分の1以上はお金を借りることができない、という総量規制が存在しているのですが、銀行系キャッシングにはその総量規制が無いからです。

総量規制が無いということは、極端な話ですが年収が100万円しかなくても、マックス100万円を借りれるチャンスがある、ということなのです。

ブラックでも受け入れてもらえる…?

債務整理などをした時には信用情報機関に登録されてしまうため、金貸し業者で審査を受ける時に不利になる、ということはご存知だと思います。

JICCやCICなど、さまざまな信用情報機関があるのですが、銀行の場合はクレジット系とは違っていることから、もしからしたら審査に通るのでは?と、期待させてしまうようです。

確かに、アパートを借りる時に審査を受ける保証会社には、債務整理をしたとしても通過する場所があります。

そして、カーローンなども組めると言われているので、まったく信用情報機関が別の銀行であれば、また同じようにブラックでもお金を借りることができるのでは…?と期待してしまうのです。

ブラックになると、一般的な審査落ちは確実

銀行系キャッシングの場合は審査がより厳しく、全ての信用情報機関を調べ上げます。

さらに、近頃では大手金貸し業者であるキャッシングは、大手銀行、つまりメガバンクが消費者金融を買収しています。

消費者金融も全て銀行がバックについてサービスを展開しているので、結果的に大手消費者金融の金貸し業者の審査というのは、銀行が審査をしているようなものです。

結果的にブラックは、総量規制オーバーでは借りれなくなってしまうのです。

どことなく前の説明と矛盾しているような気がしますが、要は全て銀行が牛耳っているというものです。

もちろん、債務整理などをして一度でもキャッシングの審査落ちをすると、また信用情報機関に傷がつくため、確実にお金を借りれなくなります。

総量規制関係ない、優良な金貸し業者もある!

もし、どうしてもお金を借りたいのであれば、総量規制の過去があっても関係の無い審査をしてくれ、ブラックでもお金を借りることができる、優良な金貸し業者を利用すべきです。

お金の相談所でも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ベーシックインカムは大賛成です

お金をどうしても借りたい…。

なぜお金を借りたいのか?

なぜお金が必要になったのか?

こんな事ばかり考えている、お金の相談所管理人です。

壮大なお話になってしまうかもしれませんが、私が思う事があります。

それが、これからの仕事についてです。

よくテレビを見ていても、人工知能から自動化、デジタル化。やはり全てはIT化になっていくのか?と言わんばかりのイメージになっている方も、少なくないと思います。

なぜ私がこう思ったのかというと、録画しておいたアンビリバボーを見ていました。

そこで感銘を受けました。いや、感銘を受けすぎました。

香川県の老舗醤油屋のお話です。詳しくは下記より!

私目線で簡単にまとめますと、現代社会は「安い・手軽・便利」さを追求しています。

コンビニだってそうです。

コンビニは、何にも悪いことをしていません。

地域の商店街も、悪いことはしていません。

それなのに、日本本来の街並みや、伝統、文化が失ってきています。

地域の商店街にある個人商店などは、大型チェーンに対抗できずになっている現実。

資本主義だからいいのか?

自由主義だから、隙間に目を付けて商売上手だったらいいのか?

弱肉強食だからいいのか?

儲かったものが偉いのか?

時代の流れだから仕方ないのか?

手作りの老舗醤油蔵も、大手メーカーの全自動化機械の工場には、価格では絶対に対抗できません。

大量生産、一極集中がもたらす悲劇は、これからどんどん広がっていくのでしょうか?

やはり、そういう時こそ国が、世界が、色んなことを見直す機会にしなければならないと思う訳です。

何でも自動化、国際化なのではなく、手作りの良さ、その土地の伝統・文化、地域地方の特色、これらを守ることが、私たち日本人の美徳なのではないでしょうか?

日本という国が、どの世界の国からも侵略をされず、植民地化されなかったという歴史を感じてほしいです。

しかし、人工知能の開発、ITが急速に進む中で、なんでも自動化・国際化・金融資本主義・・・

このまま放っておけば、これからは大変なことになっていくのではないか?と私は感じています。

幸せって、なんですか?
お金って、何ですか?
働くって、何ですか?
親って、何ですか?

このままの感じだと、私が思った最悪な日本をイメージします。

日本の伝統な食文化が変化するでしょう。

長年、何代に渡って営んできた小さなお店は無くなるでしょう。

仕事のIT化・人工知能開発が進むと、頭がいい人だけが儲かる仕事に就くことになるでしょう。

国際化が進むと、低賃金の外国人労働者が棲みつく町へと変化するでしょう。

自動化で汗をかかなくなり、人間の労働意欲が損なわれ、生き甲斐や、やり甲斐を感じなくなることでしょう。

今の儲け主義、資本主義全てを批判するつもりはありません。

だって私も、普通に幸せに生活できていますから。

もちろん人工知能やIT化になって良い事も沢山あります。

外国人を批判するつもりもありません。

彼らは日本に(を)勉強するために来ています。しかし、その土地にはその土地柄があると同じで、国には国に合った人種がいるのです。骨格や体臭や肌の色も違えば、宗教も違います。恋愛をすれば別ですが、国籍が違う他人と一緒に住むことは非常に難しい事です。

つまり何が言いたいのかというと

ただ、日本人の職を奪うような日本になっているような気がしているだけです。

まあこれらは非常に難しい問題でもありますが、単なる一個人、お金のことを考えるお金の相談所管理人の独り言です。気を悪くされた方には謝罪いたします。

しかし、言っていることは間違っていないと確信しています。

そこで、私がいつも思っていることがあります。

それが…

私はベーシックインカム大賛成!

小池都知事が「AIから、BIへ!」とスローガンを言っていました。

人工知能のAIよりも、ベーシックインカムのBIです。

素晴らしいぞ…っ!小池さん…っ!!!

と、もろ手を挙げて応援したかったのですが、なぜか小池さん本人が批判されてしまいましたね…。報道って怖いです。

ベーシックインカムを簡単に言うと

毎月、日本人全員に、お金が支給されることです。

パッと見ると、ヨダレが出るくらい最高www

ですよね。

しかし批判的な意見も多く、その反対意見のメインは

国民が働かなくなる
貯蓄に回って意味がない
財源は?

とか、様々な批判があります。

そこで私が思う事は・・・

とりあえずやってみようじゃないか。その後に批判してくれ。

ということです。

議論したって一緒です。だって批判する人はどんな事があっても批判し続けるでしょうし。そもそも小池さんは、偏見報道で超絶嫌われてしまい、人気が無くなってしまいました…。

てか、希望の党は選挙で負けたので、もうオワタ。

と、絶望的な政策です。

しかしです。

私は、とにかく全てを変えてほしいです。

子育て支援とか、教育の無償化とかではなく、まずベーシックインカムです。

もしも私が総理大臣になったら・・・

金額は月に5万円~8万円でイイかなと思います。これでも凄く大きいですからね。そして生活保護の廃止。

生活保護が必要な人は、現金支給ではなく、衣類・住宅・食品支給。

残りBIで貰うお金で十分幸せに暮らせます。読書・釣り・スポーツ・ゲーム・ギャンブル、お酒、どんな趣味をしようが、好きに毎月5万円使えます。

そしてパチンコやカジノなどのギャンブル場は、すべて国営で。客は、勝てばお金が増えますし、負けたらそのお金は財源になる。つまりはお金を貯蓄しなくても、また返ってくるという負けても割り切れるという、後腐れのない方法です。パチンカスの私が言うから間違いありません。

負けても支給日まで待てばいいという、最高の仕組みです。

その重要な財源は、普通に国会議員を削減して小さな政府にすればいいだけです。

私たち国民が知り得ない税金の無駄遣いや天下り、国会議員や官僚の資産、財産、これってハンパないですからね。そりゃそうです。私たち庶民は、税金を死ぬほど払ってますから。

つまり、ベーシックインカムを反対する人たちは、何かに成功したお金持ちの方か、改革されたら困る国の方でしょう。まあ確かに、努力した人が裕福になるのが当たり前!っていう考え方は分かりますが、さっきも言った、日本の伝統を守る意味では、儲け第一主義では無理だという事が分かったのですから、稼いだ人がエライ!というお話ではありません。

どんなズルしてでも、どんな大量生産や大手グループなどで儲かったとしても、結局はライバルや個人の職を奪って、競争に勝って、そして裕福な暮らしが生まれるんですから。

これ、幸せ比率でいうと、どう思いますか?

例えばです。一人の社長が、努力して、お金を100兆円稼いだとします。もちろん努力した方は素晴らしいです。運も良かったのだと思います。まさに勝者。

その家族やグループ企業、周囲の方は豊かで幸せだと思いますが、その反面、その社長の業界で、社長に負けた敗者もいます。

いや、そら弱肉強食の資本主義だから、負けるもんは負けるし。何が悪い?と思った方。

勝った方が偉い!で、済む話と、そうでない話があります。

さっきも言った、醤油蔵。

日本の伝統文化ですが、激安で大量生産で、なおかつ普通に美味しい醤油を作れる大資本の会社があったとしたら…。これはもう競争とかいうお話ではないんです。

似たようなお話で、メキシコのテキーラのお話もありますが、長くなりますのでまた今度書きたいと思います。

とにかく、今日本は、世界は、自由主義・資本主義・お金を稼いだ人が偉いという概念から脱却しなければいけないと思うのです。

グローバル化の社会も同じことです。

その土地・文化・伝統・家を守ってこそ、住みやすい、幸せな世界なのではないかと、そう思います。だからこそ、ベーシックインカムは大賛成ですね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!