大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

債務整理一覧

債務整理の相談・ブラックには変わりはない。

お金の相談所でございます。

現代の日本社会の中で、お金に困り、お金を借りたいけど借りれないと思っている人たちが悩んでいることのひとつに

「今後ずっと返済をしなければいけないのか」

ということと

「思い切って債務整理をするかしないか」

ということがあります。

どちらにしろ返済をしなくてはいけませんし、多重債務者としては、思い切って返済をしなくても良くなる後者を選びたい、と思うことでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのが、どう言ったシチュエーションで消費者金融でお金を借りていたのか?ということです。

さらに、どうせブラックだから…ということで、安易に債務整理をしてしまうと、大損する可能性があります。

ブラックでもお金を借りる事ができる消費者金融はまだまだありますので、本来は自力で返済し続けていく方が得策でしょう。

今回、お金に悩めるブラックが債務整理をするべきか否かについてを確認していきます。

◆債務整理は無駄である

ブラックでどこからもお金を借りれない。さらに、毎月半端ではない返済額であり、パンク寸前である。

こういった方々は、債務整理をするか否か悩んでいるはずです。

債務整理は、要するに任意整理と同様に、弁護士を介入させることで金利分を支払わずに、元金だけを分割返済し続けることができる、という画期的なものです。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

まず、10年以上前。つまり、グレーゾーン金利の頃にお金を借り続けていた、という方でなければ損をしてしまう可能性があります。いや、確実に損をします。

以前、貸金業法が改正する前は、およそ年率29%近い金利を大手消費者金融は貪っていました。

そのため、返済を数年以上しているのに、なかなか元金が減らず、それで困った人たちが別の消費者金融で借り続け、多重債務者となってしまった、ということがありました。これは社会問題にも発展したのです。

この現状を打破しようと国が立ち上がり、上限金利を20%程度に改定。

その差額である金利分を、債務整理をすれば返還要求することができ、結果的に債務整理で戻ってくるお金で相殺、ないし逆にお金が戻ってくるということで、債務整理が注目されたわけです。

これには弁護士法の改正もありました。それはあまり知られていないのです。

弁護士自体、広告をする事は間違っている。これは世界の常識で、弁護士や法律家の広告は、日本でも禁止されていたのです。

その中で弁護士法の改正。そして今では当たり前になった、法律事務所などの広告ができるようになりました。債務整理を法的に行ったことで、数々の消費者金融が倒産・破産しました。

この当時のグレーゾーン金利に当てはまっていない、最近の多重債務の方は、お金が戻ってくることは絶対にありません。

消費者金融としては、一切落ち度が無いからです。

もちろん、銀行のキャッシングも同様。

法律が守られた金利で借りていたのであれば、ただただ元金を支払うことになるだけです。

つまり、現状では債務整理は全くの無意味なわけです。もちろん利息を払わなくて良くなる可能性がありますが、その代わりに弁護士に報酬を支払わなければならないのです。その金額は10万円~30万円といわれています。次にその説明をします。

◆元金だけならお得なのか?

元金だけを返済し続けるのであれば、それはそれでラッキーです。

地獄から、開放されると思いますよね。しかし借金は借金です。借金が消える事は絶対にあり得ない事です。ここに落とし穴が待っているのです。

まず、元金だけ…ということですが、弁護士を介入させてしまうことで、平均で1社の費用として32,400円 (税込)がかかってきます。

2社以上ではお得なるようですが、5社以上あれば10万円を超えていきます。

さらに、成功報酬などがあるため、追加料金も発生する可能性があるのです。

それでもまだ、お得なのではないか、と思われている方もいると思いますが、ここからが地獄なのです。

◆長期間ブラック人生が続く

多重債務、延滞・滞納などで、もしもブラックになってしまった方々は、実は早い段階でブラックを抜けることができます。

JICCなどの信用情報機関は、消費者金融系のブラック情報が載ってしまう場所です。

しかし、滞納の場合はその滞納先にしっかりと返済した後、1年間が過ぎれば普通にお金を借りることができます。

多重債務者に関しても、当たり前ですが返済して余裕が出てくれば、多くの消費者金融などに融資枠が生まれて、ブラックが卒業できるわけです。

しかし、債務整理をしてしまった場合は別の話です。

最低でも、5年から7年は完全にブラックです。年収が、5,000万円を超えたところで、1円もブラックなのでお金を借りることができません。

借金を返済し、真面目にずっと改心してきて、来週までに10万円をどうにかして借りなければならない…ということがあっても、債務整理後は絶対にどこからもお金を借りれません。

さらにブラックとしてまた掲載されてしまうことがあるのです。その場凌ぎの癒しが、一生を棒に振ってしまうことがあるのが、この債務整理の恐ろしさ…ということなのです。

◆ブラックでもお金を借りれる消費者金融!

ただ、債務整理をするもしないも、多重債務者、滞納者のブラックたちはその期間中はお金を借りることはできません。

大手消費者金融、銀行、クレジットカード、全ての貸金業者に相手にされません。だからと言ってヤミ金は危険です。

しかし、金融会社の中には小規模なサラ金系の消費者金融があります。

サラ金は信用情報だけではなく、現在の個人の返済能力など、独自の審査をできる場所があるのです。

もし、どうしてもお金を借りたい、という時には強い味方になってくれることは間違いありません。

逆にいうと、下手に別の場所にお願いし続けてしまうと、申し込み審査ブラックとして名を連ねてしまい、どんどんブラック期間が延びてしまいます。

このサイトお金の相談所には、ブラックでもお金を借りる事ができる、真面目な経営をしているサラ金系の消費者金融が沢山掲載されています。

ぜひ参考にして頂き、自分だけの新しい未来を築き上げてみてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

年代別のお金を借りたい人たち!

2018年になりました。本年もお金の相談所は、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれるように、様々な消費者金融を紹介して参ります。

新しい時代になり、日々の生活は変わっていきます。特にここ数年で、本当に様々なものが変わりました。

SNSなんかもそうですよね。数年前に一時的な流行なのかと私は思っておりましたが、今では流行語になるほどの力を持ってしまいました。

便利になりすぎた世の中ですが、消費者金融業界でも同じような事が起きています。

お金の貸し借りなのに、対面せずにネットだけでお金を借りる事ができる時代になったものですから驚きです。

そして時代の変化に伴い、お金を借りる人の事情も変化をしているそうです。

昔は車を買ったり、キャバクラなどにツケ払いをし借金をする人は多かったと思いますが、現代は車離れが進み、草食系男子が増えたと言われています。

これから現代のお金に悩む人たちを、年代別で考えていきたいと思います。

20代でお金を借りたい人たちは?

20代の方々は、借金をしたての若い方々もいれば、お金を借りた事が全くない方も多くいると思います。

そしてお金を借りて遊んだりする方法を覚えてくる時期でもあります。悪い遊びを覚えた若者は、30代に向けて借金を背負う運命になるかもしれませんので、今ピンときた方は気を付けましょう。

そして今は珍しくなった車をローンで無理して買う20代の方も、ローンは借金だという事を肝に銘じてほしいと思います。

一時期の高収入を若くして経験してしまったら、そのお金の魔力にとり憑かれてしまう可能性もあります。つまりは金銭感覚の崩壊が訪れる可能性があるかもしれませんので、注意しましょう。

20代でお金を借りたい人達は、まさに遊び盛り・お金を使いたい盛りの人たちです。

30代のお金を借りたい人たち

30代になると、新し買い物で借金というよりも、20代で積み重ねてきた借金を継続しているという人が多いそうです。収入もある程度安定している方も多く、消費者金融を初めて利用する人も多く見受けられます。

20代で人生が順調に行っていた方でも、新しい何かをキッカケに、消費者金融でお金を借りる事を覚えてしまった人もいます。まさに人生の分岐点です。

日本の成人人口の中で、最もお金を借りている人は30代の方と言っても良いのかもしれません。

30代のお金を借りたい人というのは、自分で何かをやり始める人でしょう。それ以外はギャンブルに没頭した人たちです。

40代のお金を借りている人は…

40代はお金を借りるという概念よりも、既に大きなローン(借金)を背負っている人が多いと思います。

既に家庭を持っている方もそうですし、脱サラして自分で商売を始めている人もいることでしょう。その際にお金を借りている人も多いはずですが、やはり大きな金額を借りるという事になります。

しかし残念ながら、消費者金融では大きな金額は借りれません。ですから40代で消費者金融をいつも利用している人は、基本パチンコや競馬、競艇などの娯楽でしょう。

50代のお金事情は?

50代を超えてくると、つい一見お金を借りてなさそうに見えますよね。しかし意外と、消費者金融からこっそりお金を借りている人は多くいるのです。

私の父もそうでした。私は遅い子供でしたので、両親が50代の頃はまだ高校生だったと思いますが、父は消費者金融からお金を借りていました。もちろん当時は何も知りませんでしたが、大人になった今知った事です。父は普通のサラリーマンでしたが、いつも仕事から帰ってくるのが23時過ぎでした。毎日残業きつそうだな…という印象しかありませんでした。しかし実は、毎日パチンコにハマっていたというのです。気が付けば借金総額600万円…。債務整理をして離婚をしました。

まさに50代のお金事情は、非常に辛いものがあります。これはただの実話の一部ですが、他にももっととんでもないクズ親父は居るのでしょう。

2018年もよろしくお願いします。

以上のように、各年代ごとにお金を借りる事情は違いますが、新しい人生を切り拓くように2018年も頑張っていきたいと思います。

お金の相談所はこれからも、本当にどうしてもお金を借りたい人が借りれる消費者金融を紹介し続けます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

やはり債務整理の広告はおかしな話だった。

お金の相談所でございます。

まずはこちらの記事をご覧ください。

アディーレ、業務停止2か月…着手金広告巡り

10/12(木) 7:13配信 読売新聞

過払い金返還請求の着手金を「1か月間無料」とうたった広告などを5年近く掲載し続けたのは景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、東京弁護士会は11日、弁護士法人「アディーレ法律事務所」(東京)を業務停止2か月、元代表の石丸幸人弁護士(45)を同3か月の懲戒処分にした。

発表では、同事務所は2010年10月~15年8月、石丸弁護士の指示を受け、「当事務所に依頼された方は着手金無料」といった広告などをホームページに掲載。対象期間は1か月間としていたが、実際には日付を更新して掲載し続けた。消費者庁が昨年2月、同法違反に基づき再発防止を求める措置命令を出した。

同事務所には弁護士185人が所属。11日の処分を受け、全国86事業所の業務を停止した。同事務所は「関係者や依頼者に多大なご迷惑をかけたことを深くおわびする。もっとも、事務所の存亡にかかわる処分を受けることは、行為と処分の均衡を欠く」とコメント。日本弁護士連合会に処分の効力停止申し立てなどを行う。

同弁護士会は12日以降、同事務所の依頼者を対象とした臨時相談窓口(03・6257・1007)を設置する。受付時間は平日午前9時~午後5時。

東京弁護士会は10月11日、債務整理など多く手掛けるアディーレ法律事務所を、業務停止2カ月の懲戒処分にしたと発表した。事実と異なる宣伝を繰り返したことが理由。元代表の石丸幸人弁護士も業務停止3カ月とした。

アディーレ法律事務所はCMに有名お笑いコンビなどを起用。「過払い金の返還。あなたも対象かもしれません。着手金無料」などとうたう広告を大々的に手がけていた。

広告では「着手金を今から1カ月間無料にする」などと期間限定のキャンペーンを宣伝していたが、実際は5年近く実施。このため消費者庁が2016年2月、景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、同様の宣伝をしないよう措置命令を出した。

共同通信によると、この行政処分を受け、東京弁護士会などに事務所や所属弁護士に対する懲戒請求が起こされていたという。

東京弁護士会会長の渕上玲子氏は今回の処分について、「実際の取引条件よりも有利であると一般消費者を誤認させ、一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある極めて悪質な行為」との談話を発表。「長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行と言わざるを得ません」などと批判した。

テレビコマーシャルや、電車内やバス内の広告でもよく見かける、弁護士事務所や法律事務所の債務整理の広告。

慣れというのは怖いもので、今では当たり前になりました。

有名お笑い芸人などを多用したり、テレビ出演などで弁護士の存在が身近なものになったのも、ここ数年のお話です。

そもそもこのような弁護士の広告が増えてきたとき、皆さんも感じたのではないでしょうか?

「最近やたらと弁護士事務所の広告を見かけるな~」

「なんで今までは無かったんだろうか?」

当サイト「お金の相談所」でも、過去に色々と悪徳弁護士も多いこと、儲けるためにお金が無いひとを食い物にする法律家たちはヤクザと一緒!などと指摘をしてきましたが、やはり天罰が下りました。

弁護士が儲けの為に広告をするなんて、昔はあり得ない事です。

最初は弁護士法の改正によって、平成12年に広告が自由化されたそうです。

しかし広告が自由化された後でも、弁護士業界そのものが保守的な業界であり、弁護士同士での競争意識が元々存在しないものだったのです。

だから弁護士の「広告」が、そこまで活発では無かった。しかしここ数年で、競争の激化。質の低いヤクザと変わらないようなカス弁護士が急増。

やはり債務整理の広告はおかしな話だった・・・ということが、証明されました。

お金に困っている皆様、冷静になってください。

弁護士にお金の相談をしたところで、なにも助けてくれません。

弁護士がお金を貸してくれるはずもありません。

むしろその逆で、弁護士にお金の相談をすれば、コマーシャルと同じように、債務整理を勧められます。

ハッキリ言って、消費者金融でお金を借りてお金に悩んでいる人は、債務整理はしたらいけません。

債務整理はつまり自己破産。数千万円から数億円の負債がある人がするものです。

我々、一般庶民レベルの借金持ちの人がする事ではないのです。

例えばたったの200万円の借金で、債務整理をした人。

ありえません。自分を恨みましょう。情けなさ過ぎます。

手数料をむさぼる、弁護士です。

消費者金融の過払い金なんて、グレーゾーン金利があった時代で長期間お金を借りていた人にしか旨味はありません。

今の消費者金融の金利では、過払い金なんて雀の涙です。ごくわずか、あるかないかです。

仮になかったとしても、弁護士には債務整理手数料を払わなければいけないわけで…。

完全に一般庶民を欺いた戦法でお金を荒稼ぎしていたのです。

だって私たち庶民は専門用語なんて勉強していませんから、債務整理なんて分かるわけないですよね。

お金が無いひとを完全に欺(あざむい)いた、まさに債務整理詐欺と言っても過言ではないでしょう。

これが、日本の現実です。今の社会の現実です。

一旦冷静に考えましょう。

お金に困る=毎月の返済があるということです。

何の返済でしょうか?

一体何にお金を使っているのでしょうか?

収入はないのでしょうか?

ギャンブルが好きなのでしょうか?

このように、自分自身が正直者になり、改心して自分を見つめ直すことが大切です。これがお金の相談所が言いたいことの本質です。

その中でも、どこからもお金を借りられなくなった人が、お金を借りる方法として、このお金の相談所があるということもお伝えしたいことでもあります。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

雑誌は借金の元凶!どこからもお金を借りれない人たちを救う消費者金融を紹介しています!

趣味にお金を投じることは、決して悪いことではありません。

車やバイク、楽器、インテリアなど、好きなことに夢中になることは本当に人生の充実を感じるはずです。

ただ、問題もあります。それが、思わずお金を多く使ってしまうということです。

お金の相談所管理人は、パチンコ以外お金のかかる趣味がさほど無いので、ギャンブル以外にお金を使ってしまうことはありませんが、一時期楽器にはハマってしまったことがあります。

まぁ、楽器というか、音楽関係の機材です。お金も無いくせに、大手消費者金融でお金を借りては購入を繰り返し、どんどん借金を重ねてお金を借りたいブラックになっていました。

最終的には、債務整理という地獄にまで落とされた経験を持つ低能です。

まぁ、自分を卑下しまくっても無意味なので、この辺りにしておきますが、なぜ分かっているのに借金を増やし続けてしまうのでしょうか。

近頃、そのヒミツが分かってきました。それは、ずばり趣味系の雑誌です。

近頃は、ネットが発達しているのでさほど見なくなりましたが、昔は趣味系の雑誌が多くありました。

もちろん現在でもありますが、あれは散財を助長する悪魔が取り憑いた本だと思います。

その筋で有名な人たちや、お部屋訪問などのコーナーがあり、そういった連中の自宅は機材まみれなのです。

また、何故そんなことをあの時思ったのか分かりませんが、格好よく見えたのです。

今考えると、9割使うことが無い機材に金をかけて、「俺、マジやべえ!格好よくね!?格好よくねぇぇ!」と、イキガッているだけなのですが、ズルく見えるのです。

釣り雑誌なども同様です。

ルアーや竿など、道具を揃えたところで釣りが下手な人は下手です。

それなのにも関わらず、○○プロが使って湘南の海を制覇!などの、アホ丸出しのコピーに踊らされて数万円もする竿を買うのです。

先日、知り合いのオッサンが魚群探知可能な10万円のサングラスを購入したと言っていました。

嘘ではなく、本当にあるそうです。

こういった、レベルの低い人たちを騙すのが雑誌の仕事ですので、結果的に付いていけずに借金まみれになるのです。

どうしてもお金を借りたい!と思ったときには、大手消費者金融、中小金融、片っ端からどこからもお金を借りれない人になっているはずです。

ブラックとなると、普通の場所ではお金を借りれなくなるために、闇金に行く人すらもいます。地獄まっただ中です。

このサイトでは、こういった趣味本に騙された方たちのための、救済的な消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人でも、お金を借りれるのですからおすすめです。ぜひ、地獄から脱出してくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

任意整理って何?ブラックでもサラ金でお金借りたい!

ブラックとなっている方がお金を借りる時、中小金融で借りれるというサイトが多数散見されます。

確かに、ブラックとなってしまえば、大手消費者金融などでは借りることができないと思います。

なかには、中小金融であってもブラックでも借りれると謳っている場所があるのですが、やはりそこは難しいところ…。

大手消費者金融でダメであれば、中小金融も信用情報機関をチェックして貸すか貸さないかを決めているので、その辺りはグレーゾーンと言わざるを得ません。

では、ブラックとなってしまった方々はどういった消費者金融でお金を借りるのが良いのでしょうか。

それが、ブラックでも借りれるサラ金です。消費者金融の種類の中の一つですが、サラ金はとても借りやすい消費者金融として知る人には良く知られています。

しかしそのサラ金の中には、闇金のような悪い金融も潜っています。

誰でも絶対に借りれるという条件を出して、あり得ない金利で多くの人たちかお金をゲットし続けています。やり方が非常に汚らしいのですが、まだまだ被害が無くなることが無い…ということは、闇金を借りたいと思っている人が、まだまだこの日本には多いということなのです。

このどこからもお金を借りる事ができない「ブラック」となってしまっている方の多くが、債務整理や任意整理をしている方です。

任意整理とは弁護士などが債権者と任意で返済方法を相談して、そこから決められた結果に従って今後の返済計画を進めていくという取引です。

要するに、債務整理と同じような流れではあるのですが、これをすることで毎月の返済の金額を減らすことができたり、将来支払わなければいけない利息を払わなくてもよい、元本だけの返済となるのです。

こういったことがあれば、もし借金が増えて過ぎて苦しんでいても、いつか借金が終わるということで安堵して返済をすることができるのです。

さて、この任意整理なのですが、社会的信用では完全にブラックリストとなってしまうので、実行次第先の5年間はどこからもお金を借りることができません。クレジットカードも作れませんし、銀行の商品とは縁を切る事ができます。

もちろん減額されるだけであって、支払いが無くなるわけではありません。昔のグレーゾーン金利の時代にかぶっていない方の場合、利息を支払い過ぎているということはないので、結果的にも元本分は返済を続けていかないといけないこととなります。

つまるところ、生活の厳しさは大きく変化することはなく、一応まだまだ辛い状況は続く…ということになるのです。

ただブラックになってしまっただけになるという苦悩に見舞われます。この債務整理の制度が有効なのは、まさに40代から50代の方々でしょう。若い方でお金に悩み、僅かな借金だけで債務整理をする人が多いそうですが、それは絶対にやめてください。人に頼るのではなく、自力で借金返済する方法は沢山ありますから。

もしもブラックになってしまった時、何が困ってしまうかというと、お金を借りる場所に困るのです。

今、このサイトでは闇金ではなく、ブラックでもお金を借りることができる普通の個人のサラ金をオススメしています。

個人のサラ金であれば、金利も消費者金融並みに安いですし、手軽にお金を借りることができます。お金の相談にも乗ってくれますから、人生を諦めずに頑張ってほしいと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【自己破産者のお話し】まとまったお金を持った時に、甘える自分。

こんにちは!お金の相談所管理人でございます。

先日、私以上にお金のピンチを乗り越えられてきた方とお話しする機会がありましたので、皆さんと共有できれば…と思い、書きたいと思います。

私も数々の消費者金融にお世話になり、借金やローンと共に生活してきた身です。しかし先日話した方は、私なんかよりも年齢も更に上ですが、借金の金額もかなりの金額を持っていた方です。Tさんと言います。

個人で建築関係の仕事をされていて、私と同様パチンコ・スロットなど、博打で借金をしてこられた方です。

自分の私利私欲の為に、お金の魔力に負けてしまったと本人も豪語しています。あ、今はTさんは普通に生活されていますよ。

まあ何といってもマジで自己破産経験者です。当時、よくお酒を飲んでいる時に遭遇してましたので、バブリーな時も知っていますが、まさか自己破産していたなんて…。

今ではカードも作れるまでに見事な復活をしたTさん。自己破産したのは10年前だそうです。

そんなTさんがおっしゃったのは、「まとまったお金を持った時に、お前ならどうする?」という事でした。

この読者の方が結婚しているとしましょう。あなたならどうしますか?

嫁とは財布は別々です。

しかしきちんと自分が稼いだお金は家に入れます。まあ当たり前ですが。

男というのは、大きなお金を、現金を握っていたら、なんぼでも使ってしまいます。

女というのは、へそくりでお金を貯める癖があります。

女性の中には浪費家やダメな女もいるでしょうが、基本的に嫁さんはお金を貯めます。

しかし自分の欲望に負けてしまい、稼いだお金を少なく見積もって嫁に渡すことを、やっている方も多いと思います。

これが良くない事であり、まとまったお金を持った時に、甘える自分です。

Tさんも当時これを繰り返し、歯止めが利かなくなってしまったみたいです。

奥さんには毎月決まった金額を渡しており、何不自由ない家庭環境でした。子供も大きくなり、絵に描いた個人社長の家庭です。

しかしなんと、Tさんは奥さんに内緒で莫大な借金を隠していたのです。

お金を稼いでいれば稼いでいるほど、大きなお金を借りる事が出来ます。そして更に儲かろうとして、欲望のままに動いてしまいます。

当然ながら成功した人も居るでしょう、しかし殆どの方は、お金の魔力に溺れ、私利私欲で自分を見失い、最悪の末路になるのです。

Tさんの場合は株投資、FXから破滅の道が始まりました。

パチンコ・スロットなど小さな博打から始まり、競馬競艇で一攫千金を狙い、最後は無知な投資で大失敗…。絵に描いたような地獄ですよね。

しかし生活水準は下げられず、他の社長とゴルフコンペ、キャバクラを貸し切っての豪遊など、華やかな裏では借金まみれ。こんな方、意外と多くいるんですよ。

今のTさんは、当時のイケイケの面影はありません。髭ボーボー、到底社長とは思えない、小さな個人事業主です。

しかし奥さんは付いてきてくれているみたいなので、幸せな家庭だそうです。

何が言いたいのかというと、まだ若い私に

「まとまったお金を稼いだり、持つことがあれば、自分に甘えずに家に入れなさい」

という事でした。

そうすれば、仮に自分のお金が足りなくなっても、大目に家にお金を入れてるんだから、嫁がお金を貸してくれる。自分に甘えなくて済む。

なるほど。

確かに自分で現金は持っておきたいし、遊びたいし。

ここから金銭感覚を整えておこう!という事ですかね!

長くなってしまいましたが、最後までご清聴ありがとうございます。

いや、読んでいるので、最後までお読みいただき、ありがとうございます!

※ちなみに

ご清聴=聞いてくれた相手を敬う言葉

ご静聴=静かに聞いてくれること

らしいです!

 

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

知ってて良かった、優良消費者金融

知ってて良かった、優良消費者金融。そのように思える、消費者金融はあるのでしょうか?

これからの人生、誰も知らないことってのが増えてくると思います。これだけ情報が溢れているのにも関わらず、知らないことが増えるのって怖いことです。

そのうちのひとつに、借金問題、金融問題があると思うんです。

私のように、銀行のフリーローンやプロミスアコムなど消費者金融でキャッシングをし過ぎてしまって、総量規制オーバーになって、さらに消費者金融から借入をした人ってのは、数少ないと思います。

基本的には信用情報機関などの関係によって、総量規制オーバーになると、まさしく正真正銘のブラックになります。

ぶっちゃけ、どんな金融機関から絶対に1円も借り入れできませんからね。

これって、相当酷いお話でもあるわけです。でも、それはそれで国がこれ以上借金を増やしてはいけない!っていう、まぁ優しさなんでしょう。ハッキリ言って良い迷惑ですが…。

一先ず、そんなこんなで私が知り得たのが、激甘な審査の優良消費者金融です。

いわば街金融です。この優良消費者金融、債務整理していたり、総量規制ブラックでも関係無くお金が借りれるので凄いんですよ。

これも情報のひとつ。これを知らずして自己破産して死ぬ人が現れると思うと、心が傷みます。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融から、知恵を学びましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制オーバーブラックでもお金を借りたい!優良消費者金融なら借りれる!

総量規制が関係なかった時代でお金を借りたいと思い、一度大手消費者金融を利用した方はいるでしょう。

10年近く前の話ですが、手軽に誰でも簡単にどんどん借り入れができたことから、総量規制を関係なくお金を借りすぎた方は、ほとんどの方がブラックとなってしまいました。

それは、誰でも気軽に簡単に借りれ過ぎてしまったからと言われています。そもそもの話が、こういった総量規制が関係なかった時代の金融業者は、手取りの金額をごまかしても、何らいたくもかゆくもなく楽しんで借り入れができたようです。国の政策もどんどん貸せ貸せと言わんばかりの政策でしたから、拍車がかかってしまったのでしょう。

そのため、とある大手消費者金融で30万円を借りたとしても、それを返済しきれずに次の大手消費者金融で40万円を借りれてしまったのです。気がつくと、自転車操業状態になっており、まったく返済の目処が立たない多重債務者へと陥ってしまうのです。こうなると、相当人生は厄介なことになります。

返済額が月々、とてつも無い金額となります。そして、最終的に滞納をするようになりますね。お金を借りすぎて借金の返済を滞納をしているなんてことを、ペラペラと友人に話す方は恐らくいません。

だからこそ、恐ろしいことに一人で問題を抱えてしまって、闇金を使うことにもつながるのです。

総量規制があってもなくても、仕事を頑張れる人は借金は作れど努力してちゃんと返済をしてしまいます。結局、お金を借りる時、借りている時、借りなければいけなくなってしまったその時。一言で言ってしまえばどんな事情があろうとも、意思が弱かったわけです。

とはいえ、ブラックで滞納していて、ただで済む訳がありません。請求も厳しくなるでしょうし、第一が返済額の遅延金などいろいろな要素がのしかかってきます。これでは、どんなに楽しいことが日常にあっても、どこか暗い気持ちにならざるを得ません。そのくらい、シリアスな内容なのです。

総量規制でお金が借りれなくなり、ブラックとなった方が最終的にする行動は、恐らく債務整理です。債務整理は弁護士などに頼んで行うのがスムーズです。

借金の支払いがひとまずストップします。そこから、頑張ってちょっとづつ返済を続けていくのです。ただし、これには落とし穴もあります。総量規制オーバーブラックということで、数年間はどこからもお金を借り入れすることができなくなるのです。つまり、貧乏人をほぼ数年間続けることとなります。

ちょっとだけ借りたいと思っても、完済した後でも借り入れすることが不可能です。総量規制で、こういったことが起こってしまいます。では総量規制で、総量規制オーバーブラックがお金を借り入れするにはどんな方法があるのでしょうか。

まず、大切な部分としては優良な消費者金融=街金を使うということです。

これは、全くもって問題ありません。総量規制オーバーだろうが、返済能力だけが審査に入ります。働いていることが証明できれば、一切干渉されません。ブラックでも借りれるのです。

ここで紹介している優良消費者金融なら、今すぐお金を借りれます。ぜひ、参考にしてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【鹿児島県鹿児島市】ブラックでもどうしてもお金借りたい時はココ!

鹿児島県鹿児島市の、ブラックになってしまった方は、このような状況だと思います。

・多重債務でどこからもお金借りれない。
・総量規制などで、お金を借りる際の制限がされてしまった。
・仕事を辞めてしまい無職になり、鹿児島県鹿児島市で仕事を探している。
・ローンの支払いの遅れや滞納で、どこの金融機関の審査に通らなくなってしまった。
・過去に破産歴がある(自己破産・債務整理等)

このような状況にあるのではないか?と思います。
鹿児島県鹿児島市に住んでいる方で、例えブラックになってしまっても、どうしてもお金が必要なときは必ずあります。
お金を借りたい場合はキャッシングという方法がありますが、ブラックだとどうしてもお金借りたくても借りることはできません。
しかしそれは、銀行系の大手である消費者金融の場合です。
消費者金融にも幾つかの区別ができます。
ここで紹介するのは、ブラックでもどうしてもお金が必要な方でも借りれる可能性がある「中小消費者金融」という部門です。

まずとにかく、鹿児島県鹿児島市で今すぐどうしてもお金が必要という方は、今すぐ申込み出来ます↓↓

例え鹿児島県鹿児島市にお住まいでも…です。
この「中小消費者金融」の中でも、きちんと法律遵守された金融機関は、日本全国でも数十社しかありません。
正確にいえば鹿児島県鹿児島市のなかにも、個人でやっている金貸しはまだあるのでしょうが、実態がなかったり、公式HPが無かったり、はたまたヤミ金融業者と繋がっていたり…
法律の抜け道を通じて、悪質な営業をしている中小消費者金融業者はごまんといるのです。

その中でも、信頼と実績がある中小消費者金融をここでは紹介しています。
鹿児島県鹿児島市在住の方でどうしてもお金借りたいと思っても、そう簡単に誰でも借りれるとは限りません。
今すぐキャッシングしたい人の心の声を言えば
どうしてもお金を借りたい・・・
どうしてもお金が必要だ・・・
ブラックでもお金を借りたい・・・
もしも鹿児島県鹿児島市在住の貴方がお金に困ったら、ブラックでも借りれる中小の消費者金融を探したい!
そういう気持ちが大切であり、一番お金を借りるのに有効な検索手段になると思います。

当サイトでは、鹿児島県鹿児島市に在住の方でもインターネットにより全国に即日融資を行なっている中小消費者金融を紹介しています!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

債務整理後の借り入れ【ブラックお金の相談所】

皆さん、債務整理後の借り入れについて、債務整理経験者の方ならどう思われるでしょうか?

・債務整理後は、カードも作れないしキャッシングもできない!

・当然ブラックリストだから、どこからもお金が借りれない!

このように考えるのが普通だと思います。

しかし、ブラックでも借りれる消費者金融があったとすれば、どうでしょう?

・ブラックで借りれるって、ヤミ金だ

・審査に通らないから無理だ

こう思うことでしょう。

ちょっと待ってください!

ヤミ金や、無許可の営業なんて、常識的に考えたらそんな所から借りません。

金利がバカみたいに高く、完全違法な訳ですから。

そのようなヤミ金業者は、すぐ警察に捕まっちゃいますからね

ではどうして、ブラックっでも借りれる消費者金融の話が出てくるのでしょうか?

それは、きちんと登録がある業者でも、債務整理後にブラックになってしまった方の審査の際に、目と閉じてくれるところがあると言う事です。

これだけは覚えておいてください。

ここに、債務整理後の借り入れ可能な消費者金融があるのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!