大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

サラ金一覧

(みんなのこえ)サラ金でお金を借りるお話

イライラしたらどうしてもお金を借りたい!サラ金が良い!

(東京都狛江市/定食屋勤務)

どうしてもお金を借りたい時って、みんな一緒なんですよ。私は狛江市内でとある定食屋で働いていますが、最近イライラすることばかりです。まず、お客さんがみんなスマホいじり!

食事中くらい、スマホいじりをやめたらどうですか!って言いたいです。しかも御馳走さまも言わずに帰っていく。おかしいですよ今の日本は。

せめて、定食が出来上がるまでの時間、待っている時間に少しこっそりとニュース記事を見るくらいなら、まあまだ分かりますよ。

でも、定食を「お待たせしましたー!」って持って行った時も、何も言わずにスマホに夢中・・・

これって、私の店だけじゃないですよね?

そしてご飯を食べる時、犬食いのような恰好でスマホを見ながら食事!あーーーー!!!イライラする!親のしつけはどうなってんだ?ゲームボーイしながらご飯食べてたのか?おい!!!

私はイライラしてから、精神的におかしくなったように思います。というのも、ストレスが取れずにお金をパーっと使ってしまう事が趣味になってしまったんです…。

例えば、土日は電車に乗って東京競馬場へ。たまに多摩川競艇にも行きます。狛江から登戸で乗り換えて、府中まですぐです。そしてたまに大勝したら、渋谷あたりまで出て遊びます。

こんな生活をしていたら、お金が無くなるのは当然ですよね…。だから私はここのサラ金でお金を借りています。ま、サラ金最高!!!って感じですね!

私でもサラ金でお金を借りれました!

(愛知県名古屋市/OL)

こんにちは!私は名古屋市内の商社で働いていますが、この前お金を借りないといけなくなったんです…。これってあるあるかと思うんですけど、結婚式が続いたらキツくないですか?

私も先月、結婚式が4回あったんです。ほぼ毎週ですよ!最低でも3万円はご祝儀に包むので、12万円…。もう破綻です。断る勇気ってのもありましたが、私の性格では断れませんでした。でも幸せをお裾分けしてもらったんでいいの♪

給料の殆どが祝儀で消えましたので、消費者金融でお金を借りようかなと思ってたんです。でも私はクレカのキャッシングを3社使ってて…。しかも無人契約機に入る勇気も無くて。だからネットのサラ金でお金を借りようと思ったんです。こんな私でも、サラ金だったら誰にもバレずにお金を借りれました!今度は私が結婚する番ですね!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

平成30年・現代のサラ金でお金借りたい人の想い。

お早うございます。お金の相談所管理人です。

時は2018年、平成30年になりました。

これまでの時代も、お金を借りる方法が様々にある中で、そのお金を借りる方法・形式も年々変化してきています。

まさに超情報化社会・科学技術の進歩が急加速の時代と色々言っておりますが、その中で「お金」の価値観も大きく変わってきていますね。

最近よく聞かれるのが「ビットコイン」です。仮想通貨ですね。

これは今さら始めても何にも意味がありませんので、変な悪徳商法に騙されないようにしましょう。

昔に「ビットコインが今後こうなる!」と信じて買っていた人の勝利という話なだけであって、今その市場に熱中・参加しようとしている人たちは、ただの金魚のフン状態なのです。

いつかは必ず暴落するので、それがいつになるのかを見ているだけで楽しいギャンブルとして見ていいでしょう。

しかし最近は若者が仮想通貨や株・外国為替などで一儲け。そして調子に乗ってテレビに出まくっている番組をよく目にします。これは非常に良くないことです。貧困の格差は、こういった金融資本主義から生まれています。まさに運・ギャンブル・賭博です。資本主義自体がギャンブルの原理と同じです。商売もギャンブルだ!という社長さんが多いのもその一つです。

むしろギャンブルで無い商売は、何でしょうか?お国の仕事でしょうか?それなら公務員です。つまりは安定。これは資本主義ではないのです。

今の日本社会、この金融資本主義にある中で、消費者金融・サラ金が存在しています。

お金を貸して、その見返りにお金を上乗せして返してもらうというものです。まさに金が金を生む商売です。

普通と言っていいのか分かりませんが、普通に生活していたならば、サラ金からお金を借りるような事は無いはずでしょう。

しかしさっきも言いました、金融資本主義。貧困の格差。

一部の若者がIT情報化社会で儲け、それをテレビでどんどん垂れ流し、それに感化された夢を見る人間が大失敗し、お金が無くなってしまう…。

完全に喰われる身となっている人口が圧倒的に多い中、ねずみ講のように仮想通貨やFX・株式投資などにのめり込んでしまうのです。

喰うか・喰われるか。

これが恐ろしい金融資本主義なのです。

相手は世界中の大金持ちです。ウン億・ウン兆ドル・円相手に、数百万円・数千万円でかなう筈がありません。勝ったとしたら、たまたま勝ち組に乗っかっただけです。

それを自分のチカラだと勘違いした若者が非常に多いだけなのです。

現金に勝るものはありません。

その超情報化・IT社会で失敗した人たちが、サラ金や消費者金融でお金を借りる。まさに平成30年、現代版の消費者金融・サラ金でお金を借りたい人の想いは、そこにあるのではないでしょうか。

どうしてもお金を借りたい人の為に、お金の相談所が紹介する消費者金融とサラ金があるのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

2017~18年・新時代にブラックがお金を借りる方法!

おはようございます。お金の相談所管理人です。あっという間に年の瀬を迎えようとしております。

皆様体調管理などには十分にお気をつけ頂いて、お金の使い方もお気をつけ頂きたいと思います。

これからはお金がどんどん必要になってくるシーズンでしょうから、お金を借りなくて済むように今の内から計画をしていきたいものです。

さて、2017年11月を終わりますと、当サイトが丸3年継続達成という事になります。12月からは4年目を迎え、2018年になってゆきます。

最初にこのサイトを作った時は、こんなに長い年数続くなんて全く想像もしていませんでした。

とにかく、お金を借りたい…。どうしてもお金を借りたい…。

総量規制でもお金を借りれる消費者金融だったり、未成年でもお金を借りる方法や、ブラックがお金を借りる方法など、お金を借りる事についての体験談やブログなどを書いてきました。

2014年、15年、16年、17年…そして2018年です。

時代は目まぐるしく変わります。特にここ2年ほどで、時代が大きく変わったと思っています。

やはりソーシャルネットワークサービス(SNS)が浸透し、ITユーザーの若年化、動画配信、インターネット通販など、私には理解ができない時代に突入しました。

その反面、消費者金融など金融業界では利用者が急増。2018年は金融規制が入り、お金を借りる事が厳しく制限されるという政策も決まりました。

つまり、ITユーザーが増え続けたものの、金銭感覚が分からなくなってしまい、通販などでお金を使いすぎてしまったり、ネットギャンブル(競馬や競艇などのネット投票)で金銭感覚を崩してしまうような、そんな若年層が急増しているという事態になっています。

パチンコやパチスロで言うと、パチンコ店内でのイベント告知などが制限されたのが2012年ごろでしょうか。そしてまた最近は、ユーチューバーなどの会社の来店イベントなどが規制される決議が発案されたそうです。

確かにおかしな話で、結局は隙間産業でやってきたものに目を付けられたといったところでしょう。

それだけ、お金を借りている人たちが急増しているという事実があるのです。

お金の相談所でも長年、消費者金融とギャンブルの関係などを見てきました。

どうして私たちはお金を借りるのか?一体何の事情があって、消費者金融からお金を借りなければいけなくなったのか?

なぜ、お金を借りてブラックになってしまったのか?

様々なお金の相談を見てきました。私も身を持って聞き取り調査などをしてきました。

これからは時代も変わってきます。2018年は新時代と言われています。

2017~18年にかけての新時代。消費者金融でお金を借りすぎてブラックになってしまい、どうしようもない状況になる人のために、当サイトは在り続けます。

これからはブラックでもお金を借りる方法がある、そんなサラ金系の消費者金融が必要不可欠になります。

ここで紹介しているサラ金系の消費者金融が、まさにブラックでもお金を借りる方法として、注目される金融機関です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたい相談をするなら、街金・サラ金!

今後、私たちの社会の中で「お金を借りたい」と相談する人口は増加する傾向にあると言われています。

まさに貧困の格差や連鎖が歯止めがかからない状態にあります。それは時代の流れとでもいうのでしょうが、時代の流れで話を済ませているから歯止めがかからないのです。

少子高齢化、人口の減少、若手労働者の不足など、どこの業界に話を聞いても「人手不足」という言葉をよく耳にします。

都会の夜中のコンビニに行けば、日本人店員を探すほうが難しい状況です。しかし働き口は沢山あります。現代人は仕事を選びすぎているのではないか?そう思える時もあるのです。

そして、やはり楽してお金を稼ごうと思っている人たちも多くいるのではないでしょうか。

ユーチューバーやブロガーなど、ソーシャルネットワークで広告収入を得ているニュースなどを若者が読み、億万長者を夢見てロクに働きもしないままお金を稼ごうとしている…。だから消費者金融などでキャッシングをして、お金を借りている人たちが多いのではないでしょうか。

そして今やIT関係の大企業などでも、インフルエンサーマーケティングなどといった、SNSフォロワー数や影響力を加味した面接が行われるなど、とんでもない時代になってきていると思います。

インフルエンサーとは、インフルエンザと同じ語源で、ラテン語です。Influxibusque。英語ではInfluencesです。

意味は、影響・影響力などです。インフルエンザは流行性の感染などです。つまりは影響力がある人材を起業は求めている・・・当たり前のことです。

インターネットが発達していなかった私たちの時代にも、影響力のある人はクラスに一人くらいは居ましたよね?カリスマ的にモテモテだったイケメンやマドンナ的人達。まさに今の時代ならばインフルエンサーなのかもしれません。

しかし勘違いしている人間が多くなっているのも、今の時代の最悪な所ではないでしょうか。

芸能人やカリスマモデルなどがSNSをするなら分かりますが、一般市民が真似したところで自己満足の世界です。

これからはタレントの形態も変わってくると言われています。ユーチューバーやブロガーなどのインフルエンサーが、タレントと化してしまう時代だそうです。

このように時代はめまぐるしく変わります。その中で、お金に関する事が一番の問題です。

そもそもあのようなユーチューバーやブロガーなどは、お金はどこから捻出しているのか?

実家が金持ちな人が殆どと言われていますが、中には自分でビジネスをし、儲かったお金を費やしている人も居るでしょう。

しかし売れない底辺ユーチューバーなどにも象徴されるように、消費者金融や銀行などでお金を借りなければ生活していけない人たちも多くいます。

来年には消費者金融の審査が厳しくなるともいわれていますから、これからはお金を借りたい相談をしていく人々が増えると思います。

もしも消費者金融の審査に落ちてしまって、それでもお金を借りなければいけない、お金を借りる相談をしたい人は、どこにお金の相談をすればいいでしょうか?

親や兄弟にお金を借りたほうが一番良いのですが、もしも自分が売れない底辺ユーチューバーやブロガーなどだと知ったら、どれだけ悲しむでしょうか。もしくは勘当されるかもしれません。

そんな時にお金の相談に寄り添ってくれるのが、街金やサラ金などの消費者金融です。

当サイト「お金の相談所」で紹介している消費者金融は、街金・サラ金と呼ばれている種類の消費者金融です。

どこからもお金を借りる事ができない人でも、お金を借りれる可能性があります。

どうしてもお金が必要ならば、お金の相談をしてみたらいいでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

日曜日でも借りれる金融は?サラ金は日曜やってるのか?

お金を借りたい…。そう思う事は不思議な事ではなく、自然な事なのであります。

お金の相談所管理人でございます。

そのお金を借りる場所なのですが、消費者金融でお金を借りるのか、サラ金でお金を借りるのか、選択肢は幾つかあります。

しかし現在は消費者金融や銀行系のカードローンなどの審査が厳しくなってきていると言われていて、これから2018年に向けても即日融資などの規制が更に厳しくなってゆくというのです。

今後の消費者金融業界などは戦国時代に突入するか否か…。確実に言える事は、社会情勢が変わってくるという事です。

日曜でもやってる街金やサラ金、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融などがこれから重宝されてくる時代になっていくだろうと思います。

当サイトお金の相談所では、とにかくお金を借りたい!と思う方に合った消費者金融やサラ金を紹介している、唯一無二のキャッシングサイトです。

消費者金融や銀行からお金を借りれなくなってしまった人が、どうしてもサラ金でお金を借りたい時に借りれる場所を紹介しています。

その中でも、一番検索が多いお話をしていきたいと思います。

日曜日でも借りれる金融は?サラ金は日曜やってるのか?

題名の通り、日曜日、または土曜日など、一般的に休日だと思われる曜日にお金を借りたいと検索をされている方が多く見受けられます。

やはり週末にお金を使いすぎて、緊急にどうしてもお金が必要になったのでしょう。

私の経験で言えば、やはりパチンコなどで土日にお金を使いすぎて、どうしようもなくなった時など何度もあります。

土曜日や日曜日は、競馬のレースも毎週行われます。競艇も毎日行われます。日本は博打大国なんです。

もしも博打でお金を使いすぎてしまった…そんな時、消費者金融のカードを持っているならば、コンビニATMで即お金を手に入れることは出来るでしょう。

しかしサラ金や街金の場合は、そのような魔法のカードはありません。

日曜でも借りれるサラ金でも、振り込みの融資になります。

振り込みの場合はさすがに銀行営業日です。

従って、実際に現金が手に入るのは翌週の月曜日になるという事です。

但し、申し込み自体は土曜日でも日曜日でも関係なく可能です。

審査だけ簡単に済ませておくと、融資までが非常に楽にスムーズに行えるでしょう。

月末などの支払いが間に合わない場合などは、どうにか振り込み融資のサラ金でも間に合うかと思われます。

ですから、まずは土曜や日曜に今すぐ現金を手に入れなければならない…!!!という事は、極力避けなければいけません。

つまりこれだけは言える事が、土曜日や日曜日など関係なく、計画的のお金を使っていきましょう!という事なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どこからもお金を借りれない主婦のお金の相談

お金の相談所でございます。10月になり、肌寒く感じてきました。

さて本日は、主婦が消費者金融でお金を使い過ぎてしまって、借金問題となっているという話です。

専業主婦でもお金を借りたい!と耳にすることが増えているような気がします。

昔は、旦那の稼ぎが足りないからとか、子どもの養育費を使い込んでしまったとかそういった話が多かったのですが、今は少し違ってきているようです。

その最大の理由は、通販サイトです。

昨今のスマホの普及などによって通販サイトでは、クレジットカードを手軽に作ることができるようになっており、さらに入会すると1万円分近くのポイントをプレゼント、といった大盤振る舞いのキャンペーンを実施しています。

確かに、こういったキャンペーンは大変魅力的ではありますが、問題もあります。

それが、主婦は収入もないのに思わず購入し続けてしまうということです。

旦那様の収入がきちんとあれば、主婦でもお金を借りる事ができます。

そしてネットでのクレジットカード操作に慣れると、あっという間にカード破産レベルにお金を使ってしまいます。

暇な時間に見るものといえば、やはり服などの通販サイトです。

さらには、近年WEARといった素人が一定のアイテムを使用して、オシャレにコーディネートをするサイトもあります。

SNSのインスタグラムのように、おしゃれな人たちを見ると自分も欲しくなり、思わずクリックしてしまうわけです。

現金の場合、支払える金額が無ければ買い物はできません。

しかしながら何を考えているのか、クレジットカードだと「また、二ヶ月後の支払いだし…」というように、何故か大船に乗ったかのような余裕を見せるわけです。これは、問題です。

当然、収入がないので支払いに困ってしまい、旦那に相談します。

最初は、「まったく、困ったヤツだ」で済んでいたものの、明らかに暴走してしまうので、旦那もブチ切れ寸前となります。

結果、誰にも相談することができなくなり、大手消費者金融へ駆け込んでしまう訳です。

ただしある意味でお金を使いすぎたら、クレジットカードも使えなくなります。そしてどこからもお金を借りれない状況へと変わってくるので、今以上お金を借りることは無くなるかもしれません。

その後も、銀行融資や他の消費者金融の審査にも落ちる可能性があります。

また、昔は専業主婦でも大手消費者金融で簡単にお金を借りれたのですが、今は難しいとされています。

そのため、闇金などの怪しい所で即日融資を受けてしまい、主婦が地獄に没落していくわけです。

こんな人生、誰が夢見たのでしょうか。

解決策としては、どこからもお金を借りれない人でもブラックでも借りれるサラ金は存在しますので、収入を手に入れる為に自分の力で働くというところかスタートさせましょう。

そして、どこからもお金を借りれない人でも借りれる消費者金融、サラ金をこのサイトで探してください。

少しずつでいいので、お金を借りた経験を活かして自分の人生を立て直していくことをおすすめします。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制とはまた別のもので、来年からお金借りにくくなります。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

思い返せば、日本という国は本当に意味不明でおかしな国です。

朝青龍をいじめ、居なくなって数年が経てば、今では朝青龍は良かったなど、そんな風潮になっています。

亀田親子を集団でいじめたあと、数年が経てばなぜか今ではテレビにガンガン起用しています。

当時の亀田と朝青龍いじめは本当に酷かった。私は本当に許せませんでした。

最近では情報源で大切な、朝のニュース番組もおかしくなっていると思います。

まず、なぜ朝からお笑い芸人が真面目にニュースを語っているのかが理解できません。

ワイドショーならもちろん芸人だろうが歌手だろうが、芸能newsを語っていいと思います。

しかし朝の情報ニュース番組です。毎日の大切なニュースを、知識のない肥大した女芸人が真面目に語っているとか、非常に気持ちが悪いですよね。

やはりニュース番組はきちんと経験を積んだアナウンサーがするべきであり、専門の知識を持った方々がきちんとそのニュースに対してきちんとコメントをする、これがニュース番組の醍醐味だと私は思っています。

しかしお笑い芸人がアナウンサーみたいなことをして、つまらないお笑い芸人が中身のないコメントをする、これで日本は大丈夫なのでしょうか。おかしな国です。

そんな腐った国の腐ったニュースをみていましたが、びっくりするニュースを見つけました。

それは、来年2018年1月から、銀行が融資を制限するというニュースでした。

もちろんテレビでは報道していません。私は新聞で見ました。

消費者金融の貸し付けには、総量規制という制度があります。つまりは年収の3分の1までしかお金を貸すことが出来ません。

銀行の融資は全く別物で、銀行は総量規制関係なく、総量規制オーバーしててもお金を貸すことが出来ます。

しかしそれをやめてしまうという事です。そこから日本がどうなってしまうのか?答えは簡単です。

お金を借りる事ができない時代に突入するんです。

そして、お金の相談所のような中小系の消費者金融がとても重宝される時代になると思います。

なぜなら、ここで紹介している消費者金融は、旧街金のサラ金系消費者金融です。これらも総量規制は対象外です。

これからは、更に総量規制オーバーでも借りれる消費者金融が、とても重要になってくるでしょう。

その前に、やはりまずはお金を借りなくていいような、そんな金銭感覚とお金の管理をしっかり締めていきたいところです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【サラ金の存在】上手に利用すると生活の幅が広がります。

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

今日からもう8月です。あっという間に真夏を迎えました。

皆さんのお金の都合はいかがでしょうか。私はお金は貯まらず、増やそう増やそうと思い博打に失敗し続けています。

そんな日常生活の中で、「サラ金を上手く利用すると生活の幅が広がる」という内容で書こうと思っていますが、下手にサラ金を使ってはいけません。

私は過去に、サラ金を下手に使ってきました。ですからこうして消費者金融のネタをブログに書いているわけですが…。

やはりお金の使い方は人それぞれ違います。消費者金融やサラ金の使い方も、人それぞれ違います。

しかし友人と飲んでいて、お金の使い方の話は良くしますが、消費者金融や銀行、ましてやサラ金でお金を借りている・・・なんて話はそう簡単には出来ないものです。

同級生だったらプライドもあります。心のどこかに、コイツよりかは稼ぎたい!頑張りたい!というメラメラした負けん気もあるはずです。

そこでお金を借りている・・・なんていう話はしないのです。お金の話、お金の相談話は、なかなか言いにくいものです。

それよりも若い時は、どこどこの風俗に行ってきた!とか、どこどこのパチンコ屋で万枚出てた!とか、そういうお金の使い方の話はするかもしれません。

車やバイクの話、大人になってくれば保険の話、家族の話。お金の話とかではそういった内容が多いでしょう。

しかし消費者金融などからお金を借りている・・・という人は意外にも多いのです。

銀行などから借り入れをしている・消費者金融からキャッシングでお金を借りている・車や住宅のローンを組んでいる、これらすべての人は、借金なのです。

借金を借金と思っていないのです。だから徐々に借入金額が増えていったり、返済が間に合わなかったりと、様々な障害が生まれてくるのであります。

お金で悩む人はあなた一人ではありません。みんな誰にも相談できないまま生活をしているのです。

そんな世の中ですが、上手にサラ金を使っている人もいるのです。

消費者金融=サラ金ですが、ここで紹介しているサラ金は皆さんのイメージと少し違います。

大手銀行傘下の、大手消費者金融が運営しているサラ金は、皆さんが良く知っているあの会社です。

ここで紹介しているサラ金は、どこの銀行からも援助を受けていない、どの消費者金融ともつながりのない、個人経営の小さな街金=サラ金なのです。

普通のサラ金の審査に落された、どこのキャッシングも借りれない、どこもお金借りれない、そんな方が借りれる消費者金融の一種です。

気になる金利は法律に定められた範囲での融資になると思います。しかし数万円単位での少額融資です。

だからこそ金利に悩まされることも少ないと言われています。単発単発でお金を借りる事ができますので、本当にお金に困った時にお金を借りる事ができるのです。

このサラ金を、上手く利用すると生活の幅が広がります。そうやって日常生活の役に立っているのも、サラ金の存在意義なのかもしれません。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

闇金の時効はあるのか?ブラックになる前に踏み倒さないようなサラ金を選びましょう!

「お金を借りたら、返さなければいい」

なぜそういった発想へとたどり着くのかが分かりませんが、借金をしたらそのまま踏み倒してしまおうという、そういった発想の方が少なくはありません。

確かに法律をかいくぐって上手にすれば、借金を踏み倒すことは可能かもしれません。消費者金融でお金を借りている人であれば誰でもできます。

噂によればですが、お金を借りて5年放置しておけば時効となり、返済をしなくても良いということになっています。

しかし、それはできなくもないのですが、ちゃんと相手に時効が来たから支払わなくても良いか?という、裁判をして勝つ必要性があります。

とはいえ、例えば50万円を大手消費者金融で借金をしていたとして、それを逃げ回ってバッくれていたとしましょう。そういったことをしていて、5年以上に逃げており、数百万円を借りて弁護士を格安で雇って戦ってしまえば、かなりお得な商売として成り立ってしまいます。

まぁ、それはなかなか高度なテクニックですが、そこまで面倒な事をして自分の人生を追いつめる必要性も無いので、話半分に聞かなかったことにしてください。

さて、借金を踏み倒す・借金の時効の援用などというテクニックですが、中には「お!ラッキー!そんな技があるんかい!」と、思われた方もいると思います。

ハッキリ言いますが、現実的ではありません。

もし、本当にお金を返すことができない経済状況であり、さらには特別迷惑がかかるような親族も友人、職場も無いという方であれば、住所を変えてしまい引っ越してしまえば分からないということもあるでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのが、闇金には時効が存在していないということです。

仮に、もし返済が無くなるとしたら、裁判で違法な取引をしている闇金と戦うか、その闇金を経営しているグループが反社会的な犯罪をおかしてしまい警察で逮捕されてしまうかどちらかです。

つまり、どれだけ頑張って時効を狙っていたとしても、闇金からは逃げることはできないということなのです。

さらに、闇金のネットワークは半端ではありませんし、相当な嫌がらせをしてきます。何かしらの手段を使って、必ず探し出します。もし、時効を狙ってお金を借りたいという方であれば、お金を借りるということ自体を考え直した方が良いでしょう。踏み倒しができる闇金はありませんので、絶対に手を染めないようにしなければいけません。

おかしいでしょ…。と思う方も居ると思いますが、落ち着いて考えればまず生活を立て直すことが先決です。

もしもどこからもお金をかりれなくなった人がお金を借りるべきは、大手消費者金融ではなく闇金でも無く、非常に使い勝手の良い借りやすいサラ金なのです。

その辺りを理解しておくと、きっとお金のことが分かるようになってきます。これが現実です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

親分肌の人たちは意外とお金が無い…。お金借りたいコラム。

親分肌の男の人というのは、実はけっこう借金癖があることをご存知でしょうか。

さらには、借金癖があるだけでは良いのですが、もっと問題なことに見栄を張り続けて借金まみれのブラックになっていたり、さらには闇金でお金を借りすぎてお金を返済できていない人もいるのです。

その理由は、単純なものです。

親分肌という人は、部下に頼ったり、さらには誰かに頭を下げるということができません。

「僕は今、お金がありません。すみませんが、お金を少しでもいいからお貸しいただけませんでしょうか…」ということが、知り合いの人に頼めないのです。

別に、自分が統括しているようなグループで借りなければ良いのでは?と思われる方が多いようですが、これが難しいところで、どこかで、「○○がうちに金を借りにきた。アイツ、あの時の情けない顔はビックリだよね」というような噂が一気に広まってしまうのです。

そういった噂がもし、統括しているようなグループに知れ渡ってしまったら、自分の威厳を守ることができなくなってしまうのです。

ちょっと、暴力団的なイメージがあるかもしれませんが、これは田舎のガキ大将的な人でも十分にあり得ることなのです。

ブラックになってしまう人のイメージはというと、派遣社員・契約社員などの社会的弱者のような薄給労働者や、ギャンブル依存症の方々を思い浮かべると思います。

そんな人間たちがお金を借りている場所が消費者金融というイメージが大変強いようですが、こういった親方のような、人前ではいかつくて強いけれども、実は優しくいて心は弱いという人物たちも大変お世話になっているのです。

さらに問題は山積です。

何が困るのかというと、結局はブラックとなってしまい誰にも頼ることができないので、誰でもヒミツに借りることができる闇金まがいの消費者金融を利用してしまうのです。

普通のサラ金だったらまだ良いのですが、それが闇金的な消費者金融となってしまうのですから驚きです。

ブラックとなってしまうと、普通の消費者金融で借りることはできなくなります。

基本、ブラックは信用情報機関に登録されていますので消費者金融や銀行からお金を借りることができるのは、滞納もしていない利用限度額内のホワイトな人たちだけなのです。

そのため、ブラックというレッテルを一回でも貼られてしまった方々は、一体いつどのタイミングでその汚名がはらされるのか分からず、とにかく時を待つしかないのです。

そのくらいしないとお金を借りることができない、というのが大変な世界かもしれませんが、これが現実の世界でもあるのです。

さて本来、ブラックとなっていった人たちが次に目指すところは、闇金ではなく、ここで紹介しているようなサラ金です。

さらに、ブラックでも審査が簡単にできる優良といわれるサラ金です。これができる人と、そうで無い人の差がこれからの人生を左右するのです。

良い格好をしているのにもかかわらず、実は裏では誰に相談できずにお金に悩んでいる人は多くいると思います。

私もその経験者ですから気持ちはよくわかります。まずはお金の相談所をよく見て、消費者金融・サラ金を選んでくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!