大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

コラム一覧

年代別のお金を借りたい人たち!

2018年になりました。本年もお金の相談所は、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれるように、様々な消費者金融を紹介して参ります。

新しい時代になり、日々の生活は変わっていきます。特にここ数年で、本当に様々なものが変わりました。

SNSなんかもそうですよね。数年前に一時的な流行なのかと私は思っておりましたが、今では流行語になるほどの力を持ってしまいました。

便利になりすぎた世の中ですが、消費者金融業界でも同じような事が起きています。

お金の貸し借りなのに、対面せずにネットだけでお金を借りる事ができる時代になったものですから驚きです。

そして時代の変化に伴い、お金を借りる人の事情も変化をしているそうです。

昔は車を買ったり、キャバクラなどにツケ払いをし借金をする人は多かったと思いますが、現代は車離れが進み、草食系男子が増えたと言われています。

これから現代のお金に悩む人たちを、年代別で考えていきたいと思います。

20代でお金を借りたい人たちは?

20代の方々は、借金をしたての若い方々もいれば、お金を借りた事が全くない方も多くいると思います。

そしてお金を借りて遊んだりする方法を覚えてくる時期でもあります。悪い遊びを覚えた若者は、30代に向けて借金を背負う運命になるかもしれませんので、今ピンときた方は気を付けましょう。

そして今は珍しくなった車をローンで無理して買う20代の方も、ローンは借金だという事を肝に銘じてほしいと思います。

一時期の高収入を若くして経験してしまったら、そのお金の魔力にとり憑かれてしまう可能性もあります。つまりは金銭感覚の崩壊が訪れる可能性があるかもしれませんので、注意しましょう。

20代でお金を借りたい人達は、まさに遊び盛り・お金を使いたい盛りの人たちです。

30代のお金を借りたい人たち

30代になると、新し買い物で借金というよりも、20代で積み重ねてきた借金を継続しているという人が多いそうです。収入もある程度安定している方も多く、消費者金融を初めて利用する人も多く見受けられます。

20代で人生が順調に行っていた方でも、新しい何かをキッカケに、消費者金融でお金を借りる事を覚えてしまった人もいます。まさに人生の分岐点です。

日本の成人人口の中で、最もお金を借りている人は30代の方と言っても良いのかもしれません。

30代のお金を借りたい人というのは、自分で何かをやり始める人でしょう。それ以外はギャンブルに没頭した人たちです。

40代のお金を借りている人は…

40代はお金を借りるという概念よりも、既に大きなローン(借金)を背負っている人が多いと思います。

既に家庭を持っている方もそうですし、脱サラして自分で商売を始めている人もいることでしょう。その際にお金を借りている人も多いはずですが、やはり大きな金額を借りるという事になります。

しかし残念ながら、消費者金融では大きな金額は借りれません。ですから40代で消費者金融をいつも利用している人は、基本パチンコや競馬、競艇などの娯楽でしょう。

50代のお金事情は?

50代を超えてくると、つい一見お金を借りてなさそうに見えますよね。しかし意外と、消費者金融からこっそりお金を借りている人は多くいるのです。

私の父もそうでした。私は遅い子供でしたので、両親が50代の頃はまだ高校生だったと思いますが、父は消費者金融からお金を借りていました。もちろん当時は何も知りませんでしたが、大人になった今知った事です。父は普通のサラリーマンでしたが、いつも仕事から帰ってくるのが23時過ぎでした。毎日残業きつそうだな…という印象しかありませんでした。しかし実は、毎日パチンコにハマっていたというのです。気が付けば借金総額600万円…。債務整理をして離婚をしました。

まさに50代のお金事情は、非常に辛いものがあります。これはただの実話の一部ですが、他にももっととんでもないクズ親父は居るのでしょう。

2018年もよろしくお願いします。

以上のように、各年代ごとにお金を借りる事情は違いますが、新しい人生を切り拓くように2018年も頑張っていきたいと思います。

お金の相談所はこれからも、本当にどうしてもお金を借りたい人が借りれる消費者金融を紹介し続けます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

祝3周年!お金の相談所のつぶやき

こんにちは。お金の相談所管理人です。

今日は、ふともの思いにふけたいと思います。

この【お金の相談所】としてブログ的に書いてきて、2017年12月で丁度4回目の12月です。

2014年・2015年・2016年・そして2017年…。

嗚呼、早すぎです…。

アーカイブを見ていたら、2014年12月でした。

もうそんなに時が過ぎたのか…。

18歳だった人は、22歳に。

28歳だった人は、32歳に。

38歳だった人は、42歳に。

48歳だった人は、52歳になりました。

正確に言えば丸3年で、4年目と言ったところでしょうか。

管理人の私も、年代の壁を超えてしまいました…。あー、歳は取りたくない!

そんな中で、歳のせいではないですが、近ごろはニュース日本茶が大好きになりました。

そこで今の時代は、銀行融資・消費者金融に制限・様々な法改正などもありました。

消費者も変わり、時代が動いている…。

金融などお金関係も大きく変わってきました。

時代で言えば、この前は衝撃を受けたことがあります…。

私の母の誕生日だったこともあり、景色の良い喫茶店系のレストランに連れていきました。

そこは若者にも人気で、もちろん様々な年齢層にピッタリの洋食がある喫茶店。

ちょっとした知り合いというのもあって、私はよく利用しますが初めて母を連れて行ったのであります。

昼からちょっと贅沢をしながら、コース料理を食べていました。

すると、席の後ろに10人の団体が…。

男女5対5。

お、合コンか?

大学のサークルの集まりか?

でも昼だし、何だろう。ドライブか?集団デートか?

という風に思いながら背にしていました。

しかし会話は全くなく、シーン・・・としていました。

私は振り向きはしませんし、母と会話をしながら食事してます。

トイレに席を立ちました。そして振り返ると・・・!

全員、スマホいじり!

中にはイヤホンして!

バカかおめぇら!!!

これが今時の若者か…。

会話も無く、淡々とスマホを見つめながらパンケーキを食べてました。

これも時代か?

いや、時代で済むお話ではない!

お行儀の問題である!

私の時代は、ゲームボーイがありました。

当然、家族などと外食に行くと、ゲームボーイは禁止。

教育の問題でしょう。スマホも禁止にしないと。何がインスタやねん。アホか。

っと、血圧が上がって脳出血しそうなんで怒りは抑えます。

さて、いつもこうして、このお金の相談所が検索でどんな風に見られているか、どんな検索ワードで見られているのか、そういうことをやっていますが、昔見ていたサイトも様変わりしました。

やはりこのような消費者金融のサイトも、日々変わってきますね。

そんな中で4年も続いたこの「お金の相談所」を褒めてください!グーグル先生!

きちんと真面目に、ブラックの人でも借りれる、総量規制オーバーでも借りれる、真面目な街金を紹介しているんですから!

それにしても、最近は中小消費者金融が台頭してきたと思いませんか?

それこそ、このお金の相談所を作った時、中小系の消費者金融のまとめサイトなどはありませんでした。

(あったかもしれませんが、携帯用の古いヤツでした)

しかし今は、様々な中小系の消費者金融がネットにも出てきています。

とある中小消費者金融は、ここ1年で一気に拡大してきたりなど、それに伴い凄い勢いでサイトもどんどん出来ています。広告費を沢山かけているのでしょうかね。

その消費者金融の業者名の検索が良くされているようですし。

このサイトでは1社しか紹介していませんが、もしももっと沢山の消費者金融が紹介できるようになれば、もっと盛り上がるんですけどね!

ぼちぼち頑張っていきます。これから4年、5年、6年、7年と続くように、お金の相談所を宜しくお願い致しますm(__)m

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金の相談所の、お金と政治の話。

お金の相談所管理人でございます。皆様、昨日の衆議院選挙は行かれましたでしょうか?

『自・公』・「希・維」・【共・立民・社】

この3極で争ったイメージでした。野党が分裂して票が割れたのも、与党の自公が圧勝した要因でしょう。

このまま日本は改憲へと突き進みます。盤石の安定した自民党政治が今後も続いていくことでしょう。

私個人的に言わせて頂くと、この一極集中の結果になったのはマスコミの力が非常に大きく、連日の報道では異様に自民党と立憲民主党を持ち上げ、露骨に希望を叩き、維新を無視。

これでは知るものも知れませんし、そもそもは何のための選挙だったのか?という疑問点ばかりが残っています。

確実に2020年、東京オリンピックまでは安倍が総理で行くぞ!という選挙だったのではないでしょうか。

しかしアベノミクスとか言いましても恩恵を受けているのかは知りませんが、大手企業ばかりだと言っています。

我々普通の人たちは、何も変わらない生活です。お金もないですし、私は不満しかありません。

まあしかし日本人の気質としては、黙っておとなしい感じなので、何も変わらずこのまま安定した自民党政治で良いという結果の表れではないでしょうか。

と、お金の相談所ごときで政治を語るな!という意見が聞こえてきましたので、ここまでにしておきます。

そもそもお金を借りたい、お金を借りる事については、政治家の大金持ちの人間たちには絶対に分からない感覚だと思います。

国民一人一人の借金をどうしていくのか。

自民党政治は、消費税の使い方を教育に回すと言っていますが、このまま消費税10%になるのも今回の選挙で確定しました。

私たちの生活は苦しくなる一方です。

教育の無償化はいいのですが、他にやるべきことがあるだろと言いたいのです。

そもそも消費税は5パーセントで良いと私は思っていますが、8パーセントは本当に中途半端です。だからと言って10%にするのは絶対に反対です。しかしその意見は負けてしまいました。

政策も知らないのに自民党に投票した人間は絶対に文句を言うなと言いたいですね。

もっとお金持ちから税金を取るべきなのです。

しかしアベノミクスとかいうものはお金持ちに優遇、まさにアベの友達にプラスになるだけの政策です。利権や既得権益の為だけにやさしい政治なのです。

このまま貧困の格差は広がり続けること間違いなし。お金の相談所はそれを危惧して皮肉って伝えたく思っています。

だってですよ?消費税って、全ての国民に付いてくるものですよね。うまい棒を買おうが、ラーメンを食べようが、家電を買おうが、車を買おうが、全ての商品に税金がかかるんです。

これは貧困層の人たちからすれば、大きなお金です。

しかし平均年収以上の富裕層からすれば、小さなお金です。

貧困の格差が広がって当たり前なのです。

それなのに、法人税や高額所得者の税金などは優遇されています。

なのに貧困層の年収からでも、きっちり所得税が引かれます。

どっちが苦しいのかは一目瞭然です。選んだのは日本国民です。格差社会は広がるままで良いと選んだわけです。どんどんお金を借りて、生活すればいいわけです。

まあ私も消費者金融からお金を借りていますから、今のままでお金を借りまくって生きていきます。

というよりも、無利息・金利無しの金貸し業者というか、国民にお金を無償で貸してくれるような機関を国が作れば、私は応援したいと思うのですがね。

ブラックとかの概念を無くし、ブラックでも借りれる所をどんどん認めて設置してほしいです。

どこもお金を借りれない人は沢山日本中にいることを、政治家の人間たちに知って欲しい願っています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

子供の頃からお金を考えさせましょう!

こんにちは。お金の相談所管理人です。

大人になると、子どもの頃よりもお金がかかるといわれています。

当たり前の話ではありますが、だからこそ親は子どもに小さな頃から、「この家の家賃は○○、ローンは○○、光熱費用は○○。」など、教えておくべきです。

しかし最近の大人たちはキラキラネームを付けるほど知能が低下しています。

読めないような名前を付けたがる人たちが多いようですし、そんな人たちはどこからもお金を借りれない人となってしまうほどにお金が無い人がいますが、それは全て教養が無いからです。

その親がきちんと教えてあげていれば、借金まみれにならずに済んだわけです。やはり遺伝なのでしょうか。

なぜ、親の知能が低下したのかを説いていきますが、その理由はずばり「タダで住める」というような環境を与えてしまっていたからです。

子どもの本業は遊ぶことや、勉強である、ということをいう有識者がいますが、それはその先の話です。

まず、毎月どのくらいのお金を使えば普通の生活をしていけるのか、ということをしっかりと叩き込む必要性があります。

そして、インターンなどのように、アルバイトをさせて1日でどの程度のお金がもらうことができるのかも、子どもに分からせるべきでしょう。

今、どこからもお金を借りれない人は、借金の返済に苦しい生活をしていることと思いますが、昔は収支のバランスが取れない金銭感覚であったことだろうと思います。

例えば、家賃が6万円で光熱費用が1万円、携帯代金などを合わせて11万円程度の出費があったとしましょう。

そして、食費もあるでしょうから15万円以上は支出があるはずです。手取りが20万円といった方の場合、残るお金が殆どありませんが、それにも関わらず5万円のバッグやコートを購入するわけです。

明らかに、収支のバランスがおかしいですよね。この感覚は親がきちんと教えなかったからです。

まず、今の住まいは無料で住めて当たり前…、だと勘違いしています。

普通に真っ当な人ならば、少しでもアルバイトをして親の為に家賃を入れよう!親に楽をさせたいから仕事を頑張ろう!などと感じるはずです。

しかし親がきちんとお金の大切さを教えなかった倍、家にお金を払うべきところがなぜか毎日の生活ではなく、自分の欲望を満たすお金の使い方という方向性になってしまうのです。

そうなったら残念過ぎて、かける言葉が見当たりません。寂しさマックスバカ丸出しです。

こういった人たちがいるために、消費者金融からお金を借りる人々が増加していき、債務整理をする弁護士たちが儲けてしまうわけです。

残念な人生にならないよう、子供の頃からお金について考えさせましょう。

まぁわたくし管理人としても、お金に困り続けてきた人生ですのでバカ遺伝なんです。

今日はある意味、自分への戒(いまし)めの為にお伝えしました。

どこからもお金を借りれない人にとっては耳が痛い話だったと思います。

しかし前を向いていきましょう、何事もプラス思考です。

このサイトでは基本的に大人になるためにお金のコラムを書いています。

ブラックでも借りれる可能性がある、優良な消費者金融を掲載しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ストレスを溜めないこと=お金に悩まないこと。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

お金に悩んでいる生活が続いてしまうと、ストレスが重なり10円ハゲが出来てしまう人も多くいます。

やはりお金の悩みは私たち日本人には常に身近にあるものであり、その悩みは我々人類にとって最重要なことでもあります。

この前、生命38億年スペシャルというテレビ番組を録画していて、やっと先日見る事ができました。

それがとっても興味深い内容だったので、見ていない人の為に簡単に書いていきたいと思います。

まず、長寿とはどういうことなのか?という話でした。

きんさんぎんさんをご存知の方は、私と同世代かそれ以上の方だと思います。知らない方は、子供でしょう。残念です。

双子の100歳、しかも健康ということで、国民的なおばあちゃんでした。

その娘さんが4姉妹の末っ子で93歳、今でも自転車にバリバリのり、毎朝料理を作り、93歳とは思えない元気な方でした。見た目も70代に見える若々しさです。

長寿の秘訣はと聞かれると明確な答えはなく、とにかく自由に好きな事をやっているということです。

そして長寿は、遺伝が3割・生活習慣が7割という科学的根拠が言われているそうです。

その両方が合わされば、とても健康で長生きという事ですね。

話が少しそれてしまいましたが、つまりはストレスを溜めない生活を送ることが大切なんです。

お金に悩むこともストレスになります。

ですからお金には悩まないようにしていきたいものです。

しかしストレスはどうしても溜まってしまうもの…、困りました。

無理してダイエットなんてしたらいけません。

最新の医学では、毛嫌いされてる脂肪が老化の防止に役に立つという研究結果がでていました。

ですから痩せすぎている人は老化が早く進み、短命になる確率も必然的にアップするといったものです。

ムリしてジムに通ってダイエットしている人も多いとは思いますが、ボクシングなどのアスリート以外に、体脂肪率を落とさなくても良いという訳です。

流行かもわかりませんが、無理ジム通いやダイエットなども、肉体的には非常に大きな負荷を与え、ストレスを与えている事になるわけですから。

○○ザップかボブサップか知りませんけど、あれも過剰広告だと思っています。

まああんなに広告費を賭けても儲かるのなら、まあ別に個人の自由ですし、資本主義社会ですからどうでもいいのですが。

しかし本当に医学的・科学的に健康を考えているのであれば、適度な脂肪の素晴らしさも伝えるべきであり、過度な食事制限をして、ムリして痩せて、脂肪を減らすことが美学だー!とかいうだけなら、ただのバカな客からお金をもらっているだけという構図なわけです。

本当に病気が出てしまい、絶対に痩せなければいけないような人は、お金を出さなくても痩せます。

単なる甘えであり、今までの不摂生で太っただけなのです。

自覚すればわかることなのですが、○○ザップかボブサップかわかりませんけど、そこに行く客は計画性のないただのお金に余裕があるバカなのです。

お金に余裕がない人は、わざわざお金を払ってまで筋トレやダイエットはしません。

ま、この○○ラップは金持ちの道楽なのでしょう。

タレントたちもお金の為にコマーシャルに出ているわけですし、ただの人間商品ですからね。

その後のことなんて誰も考えないのでしょうね。地獄ですよ。

短期間に痩せて、短期間に体脂肪率を絞ったのなら、それを継続していかなければいけないのですから…。

今の自分を継続させていかなければいけない・・・

この痩せた状態を、ずっと保たなければいけない・・・

せっかく高いお金を払ったのだから、永遠とこのペースを守らなければ勿体ない・・・

このように、何らかのプレッシャーや使命感に襲われ、それが今度はストレス・悲壮感になっていくのです。

そんなことよりも、太るなら太った時期もある。気になったら自力の努力で痩せて、自由奔放に好き勝手笑って生きていたほうがいいです。

どっちが良いのかは、一目瞭然と思うのですが…。

また、その○○サップの後に続ける運動をすること自体も、スポーツがそもそも苦手な人にとっては運動をすることが大きなストレスになりますから、ムリして運動する必要なんてそもそもないわけです。

運動は日常で取り入れる事が大切で、例えば意識して普段よりも少し速足で歩くだけで、運動になるという科学的根拠も出ています。

駅でもエスカレーターを使わずに、階段を徹底して歩くことや、風呂上がりに2~3分間ストレッチをするなどで十分だそうです。

もちろん太ったほうが全てにおいて良い!という訳ではないので、なんでもやりすぎないようにすることが大切なんです。

そして、過度な芸能人の広告に騙されないようにする心や、インスタグラムのようなSNSに依存症にならないような心を持つことが、なによりのストレス解消法になるのです。

話が長くなりましたが、つまり幸せな生活、健康で長生きするということは、ストレスを溜めない生活を送るということです。

常に楽しいことを考え、笑う時間が多くなればいいのです。

そして、そのためにはお金も必要不可欠なんです。

ストレスを溜めない=お金に悩まない。

これが、本日お金の相談所が熱く語りたいことです。

もしもお金に悩んだら、お金の相談所にも消費者金融の相談をしてみてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

飲食店とお金のお話です。

こんにちは、お金の相談所管理人でございます。

今日は飲食店のお金の話を書いていきたいと思います。

先日、何かの動画でホリエモンが「飲食店をして儲ける」ってのは、軽々しく言うんじゃねえ!と、ブチ切れていました。

本当に美味しいものを提供することが大前提であるのに、儲けのことを先に考えている、ということ自体が商売失敗のポイントなんだと言っていました。

同感です。ホリエモンは間違っていません。

確かに、芸能人が焼肉店やダイニングキッチンなどをオープンしていますが、一時期ブームになりましたよね。

クソみたいな食材を使用していながら、知名度とお酒の力でどうにか営業が出来ている飲食店もあるようですが、確かにきちんとした志で商売をしないと、明らかにいつかはダメになってしまいます。

私も実は飲食店歴はそこそこ長かったので、わかるのです。だからこうして語れるのです。

私は大手のフランチャイズチェーンなどではなく、個人経営の小さな一店舗しかないお店でした。本当においしくて、予約必須の人気店でした。

私は独立する気などさらさらなく、料理人ではなく接客や経営でオーナーを支えていく立場でしたので、客観的に現実を見ることが出来ていました。

しかし私の周りの飲食店の仲間は独立志向が強く、ただ単に「飲食で儲かってやる!」という社長かぶれになりたいような奴らしかいませんでした。

やはり私は思うのですが、当時から現実を甘く見過ぎていると思いました。

ブームなのかは分かりませんが、特に10年ほど前はそのような若手が多かったです。

今では私も飲食店は引退し、ネットの仕事に転職。このようなサイト管理くらいしかしていませんが、当時にイキっていたやつらたちは、自分で店を出して数年で潰れ、今では借金まみれになっているようです。

風の便りで耳にしたのですが、若くしてお店を出した人たちはお金に困り、おそらくはどこからもお金を借りれないブラックになっていることでしょう。

本当に良い食材を、手間暇かけて調理し、きちんと提供する。

本当に季節の旬の良いものはそれなりの仕入れ値がしますから、当然いい値段を頂き、本当に安く仕入れられたものは、安くおいしく提供する。

そしてオーナー自らお店に立ち続ける事が、お客様に対するおもてなしだと私は思います。

しかしどうでしょう。

儲けに走る連中は、誰かにお店を任せるだけ。お金を出すだけ。単なるビジネスとしか思っていない資産家のような人間でしょうか。

そんなお店は絶対に長く持ちません。余程のスタッフに恵まれなければ…の話です。

しかし自分のお店ではないスタッフは、質が全く違いますよね。今では外国人だらけですし。

この状況、飲食店だけではなく、大手消費者金融にも言えるのではないでしょうか。

そもそも、大手消費者金融でお金を借りる目的がある方は、どういった気持ちでお金を借りているのでしょうか。

私が思うに、大手消費者金融でお金を借りている人のほとんどが、遊ぶ金欲しさにお金を借りているのだと思います。

30分程度の審査を受けただけで、あっという間にお金を借りることができるのですから、それは人生がおかしくなってしまうような人が出てきても、何ら不思議ではありません。

むしろ、それが当たり前かもしれませんね。

しかし、お金を借りる目的として、本気で遊んで人生最高の思い出つくろうという人は少ないはずです。

思いっきり人に喜んでもらえるような、ぶっ飛んだイベントを企画してやる!ということで、相手の喜ぶ顔を思い浮かべて借りたお金であれば、こういってはあれですが、融資してくれて有り難いという気持ちに満ちあふれるために、返済をすることもさほど苦には感じないはずです。

それなのにも関わらず、どっちでも良いような自分が楽しければ良いという発想の人の場合、思いっきり大失敗人生を歩むことになります。

返済をする、そういった意味が無いからです。

ただ、遊びでお金を使い、自分のためだけに使ってしまったので、まったく喜びもクソもありません。

むしろ、もっとお金を借りて自分自身を満足させたい…と、欲が出てきてしまいます。病気であります。

これが、キャッシング依存症なのです。

いくらお金を借りたら、返済総額はいくらになるか…なんてことは、一切頭の中では計算できていません。

当然遊びの為だけに、自分の欲求だけの為だけにお金を使ってしまっては、お金の価値がありません。

こういった自分中心天動説を唱えているような方こそ、どこからもお金を借りれない状況に陥ってしまうのです。

飲食店でもそうですが、相手のことをきちんと考えることができる、そういった志を持った人こそが、有意義な消費者金融の利用が出来るのです。

簡単な気持ちではなく、目標を持ってお金を借りてほしいものです。

お金の相談所では、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りれる可能性がある消費者金融を紹介していますが、全ては自分自身の考え方ひとつで人生は変わります。是非参考になればと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【サラ金の存在】上手に利用すると生活の幅が広がります。

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

今日からもう8月です。あっという間に真夏を迎えました。

皆さんのお金の都合はいかがでしょうか。私はお金は貯まらず、増やそう増やそうと思い博打に失敗し続けています。

そんな日常生活の中で、「サラ金を上手く利用すると生活の幅が広がる」という内容で書こうと思っていますが、下手にサラ金を使ってはいけません。

私は過去に、サラ金を下手に使ってきました。ですからこうして消費者金融のネタをブログに書いているわけですが…。

やはりお金の使い方は人それぞれ違います。消費者金融やサラ金の使い方も、人それぞれ違います。

しかし友人と飲んでいて、お金の使い方の話は良くしますが、消費者金融や銀行、ましてやサラ金でお金を借りている・・・なんて話はそう簡単には出来ないものです。

同級生だったらプライドもあります。心のどこかに、コイツよりかは稼ぎたい!頑張りたい!というメラメラした負けん気もあるはずです。

そこでお金を借りている・・・なんていう話はしないのです。お金の話、お金の相談話は、なかなか言いにくいものです。

それよりも若い時は、どこどこの風俗に行ってきた!とか、どこどこのパチンコ屋で万枚出てた!とか、そういうお金の使い方の話はするかもしれません。

車やバイクの話、大人になってくれば保険の話、家族の話。お金の話とかではそういった内容が多いでしょう。

しかし消費者金融などからお金を借りている・・・という人は意外にも多いのです。

銀行などから借り入れをしている・消費者金融からキャッシングでお金を借りている・車や住宅のローンを組んでいる、これらすべての人は、借金なのです。

借金を借金と思っていないのです。だから徐々に借入金額が増えていったり、返済が間に合わなかったりと、様々な障害が生まれてくるのであります。

お金で悩む人はあなた一人ではありません。みんな誰にも相談できないまま生活をしているのです。

そんな世の中ですが、上手にサラ金を使っている人もいるのです。

消費者金融=サラ金ですが、ここで紹介しているサラ金は皆さんのイメージと少し違います。

大手銀行傘下の、大手消費者金融が運営しているサラ金は、皆さんが良く知っているあの会社です。

ここで紹介しているサラ金は、どこの銀行からも援助を受けていない、どの消費者金融ともつながりのない、個人経営の小さな街金=サラ金なのです。

普通のサラ金の審査に落された、どこのキャッシングも借りれない、どこもお金借りれない、そんな方が借りれる消費者金融の一種です。

気になる金利は法律に定められた範囲での融資になると思います。しかし数万円単位での少額融資です。

だからこそ金利に悩まされることも少ないと言われています。単発単発でお金を借りる事ができますので、本当にお金に困った時にお金を借りる事ができるのです。

このサラ金を、上手く利用すると生活の幅が広がります。そうやって日常生活の役に立っているのも、サラ金の存在意義なのかもしれません。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金の相談所管理人、このサイトの発祥を語る!

おはようございます。どうしてもお金借りたいお金の相談所管理人です。

毎朝、パソコンを開いてこのサイトを見ている私ですが、いつも使っているパソコンが再起動の表示で、「更新プログラムを構築しています」の表示が出ていました。

これって時間がかかりますよね。なのでいつもと違うパソコンでこれを書いています。

そしてこのサイトを検索してみようと思い、まさにSEOでこのサイトがどんな表示がされるかを見ていました。

「お金の相談所」で検索して、上位にきていました。

その検索で気になったのが

「危険!お金の相談所は闇金紹介サイトです!」

というサイトがあったので見てみました。

私のこのサイトが批判されているのではないか…?と思い見てみたのですが、実際は違いました。

まさに私も注意を促していた「申込みサイト」と呼ばれるものでした。

もうその怪しいお金の相談所というサイトは消滅しているようですが、やはり申込みサイトでした。

様々な闇金軍団がいろいろな手を使って、本当にお金に困っている人をターゲットしているのです。

まあそのような闇サイトはすぐ無くなるので、今は安心してください。

逆に私が書いている「お金の相談所」はどんなサイトなのか?というところは気になるところでしょう。

正直言って、ただの

私の個人的なブログサイト

です。(笑)

「お金の相談所」と名付けたのは、サイトを作って1年ぐらい経ってからです。

それまでは検索でも全然結果が出ませんでしたし、だれが何のためにやってんだ?という意味不明なサイトでした。

初めはこのお金の相談所でも、様々な大手から中小の消費者金融業者を掲載していました。

というのも先輩とネットの仕事の話をしている時に、個人のブロガーとかがアフィリエイトをやっている時代だよ!と言われて、私も乗っかってみただけでした。

しかし甘くはありませんでした。当然です。

一番つらかったのが、ASP(アフィリエイトサイト)に登録して、それなりに申し込み的なものはあったのですが、報酬が支払われないというものです。

大手消費者金融の場合は、使ってはいけない文言が多すぎて規制規制のオンパレード…。

中小消費者金融の場合は、文言の規制は厳しくはないですが、お金が支払われない…。

もう何をやっているのかがわかりませんよね。

このサイトも検索表示されるのに半年以上かかったというのに、努力が無駄と言いますか、時間と労力のムダになるわけです。

だから個人ブロガーと言っても数ヶ月で断念してしまう訳ですね。

それでも私は諦めずに、どうにかならないものかと思い書き続けてきたのです。

そこでとある中小系の消費者金融会社の広告代理店みたいな方と、たまたまスナックで知り合いました。

それから、どこもお金借りれない人向けの街金系のサラ金を紹介できるようになったわけなんです。

なのでこの私のお金の相談所は、闇金紹介などとは違いますので安心してほしいと思います。

そもそもなぜ私が、このお金のサイトをしようと思ったのかというと、簡単な話です。

「めちゃくちゃ借金があって、マジでお金に困っていた。」

からです。

尋常じゃない位に、アホみたいに借金まみれでした。

読み返したら2014年に一発目の記事を書いていますが、私が初めて消費者金融からお金を借りたのはたぶん2009年頃だったはずです。

約5年間も、消費者金融の金利を払い続けてお金に悩んでいましたね。

もちろんお金の相談所を書いているときも借金返済をし続けていましたので、実際は7年以上借金返済をし続けました。

だからこそお金を借りる人の気持ちがわかりますし、お金に困る心情も分かるのです。

それを活かせないか?と思って「お金の相談所」というネーミングに切り替えたわけです。

私もいろいろサイトを調べましたよ。

でもほとんど似たような体験談でしたし、完全な利益を狙っただけのアフィリエイトサイトばかりです。

大手消費者金融ばかりのサイトです。面白味もありません。

なのでこの借金まみれだった叩き上げ人生貧乏出身の私が書いた記事が、一部の人にだけウケたのではないかと思っています。

そう思うのは私の自由ですが、お金を借りるのも本人の自由です。

お金に困ってなくても不幸な人生の人間もいます。

お金に困りながらも幸せな人もいます。

借金も程よく必要なのかもしれません。

これを読んでいる皆さんは、どうかお金に困らない生活を送って頂きたいと思っております。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

親分肌の人たちは意外とお金が無い…。お金借りたいコラム。

親分肌の男の人というのは、実はけっこう借金癖があることをご存知でしょうか。

さらには、借金癖があるだけでは良いのですが、もっと問題なことに見栄を張り続けて借金まみれのブラックになっていたり、さらには闇金でお金を借りすぎてお金を返済できていない人もいるのです。

その理由は、単純なものです。

親分肌という人は、部下に頼ったり、さらには誰かに頭を下げるということができません。

「僕は今、お金がありません。すみませんが、お金を少しでもいいからお貸しいただけませんでしょうか…」ということが、知り合いの人に頼めないのです。

別に、自分が統括しているようなグループで借りなければ良いのでは?と思われる方が多いようですが、これが難しいところで、どこかで、「○○がうちに金を借りにきた。アイツ、あの時の情けない顔はビックリだよね」というような噂が一気に広まってしまうのです。

そういった噂がもし、統括しているようなグループに知れ渡ってしまったら、自分の威厳を守ることができなくなってしまうのです。

ちょっと、暴力団的なイメージがあるかもしれませんが、これは田舎のガキ大将的な人でも十分にあり得ることなのです。

ブラックになってしまう人のイメージはというと、派遣社員・契約社員などの社会的弱者のような薄給労働者や、ギャンブル依存症の方々を思い浮かべると思います。

そんな人間たちがお金を借りている場所が消費者金融というイメージが大変強いようですが、こういった親方のような、人前ではいかつくて強いけれども、実は優しくいて心は弱いという人物たちも大変お世話になっているのです。

さらに問題は山積です。

何が困るのかというと、結局はブラックとなってしまい誰にも頼ることができないので、誰でもヒミツに借りることができる闇金まがいの消費者金融を利用してしまうのです。

普通のサラ金だったらまだ良いのですが、それが闇金的な消費者金融となってしまうのですから驚きです。

ブラックとなってしまうと、普通の消費者金融で借りることはできなくなります。

基本、ブラックは信用情報機関に登録されていますので消費者金融や銀行からお金を借りることができるのは、滞納もしていない利用限度額内のホワイトな人たちだけなのです。

そのため、ブラックというレッテルを一回でも貼られてしまった方々は、一体いつどのタイミングでその汚名がはらされるのか分からず、とにかく時を待つしかないのです。

そのくらいしないとお金を借りることができない、というのが大変な世界かもしれませんが、これが現実の世界でもあるのです。

さて本来、ブラックとなっていった人たちが次に目指すところは、闇金ではなく、ここで紹介しているようなサラ金です。

さらに、ブラックでも審査が簡単にできる優良といわれるサラ金です。これができる人と、そうで無い人の差がこれからの人生を左右するのです。

良い格好をしているのにもかかわらず、実は裏では誰に相談できずにお金に悩んでいる人は多くいると思います。

私もその経験者ですから気持ちはよくわかります。まずはお金の相談所をよく見て、消費者金融・サラ金を選んでくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

サラ金は不倫をするための道具ではない!お金借りたい人たちの為にある!

こんにちは。どうしてもお金借りたい人たちの味方、お金の相談所でございます。

石器時代のような生活をして、一夫多妻制で自分の周囲の民族のことしか知らない生活をしている人でなければ、近頃の不倫ブームに首を傾げたくなる人が多いと思います。

そもそもこの不倫ブームですが、昼ドラで火が付き、さらには多くの芸能人が不倫をすっぱ抜かれて話題をさらっていきました。

確かに不倫は絶対に人としてダメですが、どうもハマってしまう要素が多過ぎて抜け出せない方も多いようです。

そんな不倫をし続けてしまう女性の特徴として、消費者金融でブラックであったり、闇金でお金を借りてしまって自転車操業中という、火の車と表現できるような女性が多いといわれています。

不倫をしてブラックというのは、男性がテッパンだと思っている方がいますが、男性はお金を持っているから不倫をしているのです。

お金に余裕が無い男性はすぐに見限られてしまうため、結果的に借金をするまでもなく、不倫を継続することが難しいといわれています。

逆に、お金が無い男性の場合は非常にイケメンで可愛いので、お金を持っている女性が放っておけない、という謎の現象が起きているのです。

さて、話を戻しますが、この前者の女性たちが消費者金融などから抜け出せなくなり、隠れ貧困となっているようです。

例えば、お金を持っている女性であっても、相手に貢ぎ過ぎてしまえばお金は無くなっていきます。

そして、そういった男性もクズの極みですので、ヒモとしてしっかりとベタつくわけです。

女性にとってみて、可愛い子犬君を手放すことは痛手です。

さらに、不倫仲間といった感じで多くの人たちと繋がっており、自分のペットを自慢し合っているので、まさか金が無いから振られてしまったなんてのは口が避けても言えないわけです。

女性のマウンティングレベルには驚愕しますが、これがポイントなのです。

そこで、最初は消費者金融でガンガンお金を借りていくのですが、滞納などを繰り返してブラックに。まだお金を借りたいと思っても、中小金融でも借りれなくなります。

最終的には誰でも借りれるような悪い闇金に電話をかけます。ブラックでもお金を借りれるとなれば、そこは張り切って申し込みです。

でも、誰でも借りれるというようなうまい話は世の中にはありませんので、苦しい経済状況へと陥っていきます。

その結果、ブラックでも借りれる優良なサラ金にたどり着くということです。

消費者金融の中でもここで紹介しているサラ金は、返済能力があれば不倫女でもお金を貸してくれます。

とはいえ浪費家の方たちは、サラ金を利用する前に生活を立て直すべきでしょう。サラ金は、贅沢するためや不倫のためにつくられている消費者金融ではありません。

このサラ金は、どうしてもお金を借りたい人たちの為にあるのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!