大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

どこも借りれない一覧

どこからもお金を借りれない人に朗報です!

お金の相談所管理人でございます。

友人の話なのですが、大手消費者金融でお金を借り過ぎてブラックになってしまっているお金にルーズな人が居ます。

その借金を、未だに親が支払ってあげているという、本当にクズ中のクズなのです。

その人は、もうすでに32歳を超えているのにも関わらず、なぜかこのようにお金にルーズであり、親に甘えているという何とも悲しい昔からの同級生です。

もちろん仕事はきちんとして働いているのですが、なぜかお金を借りまくっているのです。それが限度が凄すぎたのか、どこからもお金を借りれない人になっているそうです。確かに地元のパチンコ屋に毎日見ていました。え?つまりは私も毎日行っていましたw

その友人はブラックだったので、中小金融でもお金を借りることができませんでした。

つまり、親に頼るしかなくなってしまうわけです。

情けないというよりは、危険です。幾ら親子でも、金銭の悩みは根深いものであります。

さらに、田舎を飛び出して一人暮らしをしているのですが、その理由もあさはかで「田舎にいたら、ダサくなる」からだそうです。

今のあなたが十分に人として底辺でダサ過ぎなのですが、それも分かっていません。

そして、一人暮らしの家賃もバッチリと払えていません。もちろん、親名義で家を借りていることもあり、不動産会社から親に支払いの催促がやってくるそうです。怖くてちびりそうですね。

さらに、もっと凄まじい悪行としては、実家を指定して通販サイトで化粧品や服を購入するようです。

実家の親は、お金を支払わなければ良いというレベルですが、催促がやってきて電話も頻繁にかかってくるのだそうです。

そして、「子供のやっていることですから、知りません」といっても、「そんなことは、関係無い」の一点張りで終了です。

一体、この親子は何をしているのでしょうか。理解に苦しみまくります。人生が絶対ダメになり、このままエスカレートしていったら、一家離散の恐れも出てきます。

どうすれば、解決するのか…。ここで、弁護士を連れてくるのも良いですが、問題は大手消費者金融が徐々にお金を貸さなくなっている…ということです。

どこからもお金を借りれないブラックだからといって、一家がぶちこわされようとしているところを見放ということは、もうお金の融通=金融会社ではありません。

まぁ人が経営しているわけではなく、ある意味機械が経営しているのが銀行系の消費者金融ですので、審査が厳しくなるのは仕方はありませんが…。

そもそもが、こういった人たちが借金の悪循環へと繋がっていく理由は、お金を簡単に借りることができないからです。ここで、消費者金融から数十万円を簡単に借りれるのであれば、何も問題は起こりません。つまりは自己責任、まさに自業自得。個人のせいですので、どうにもならないのです。

大手消費者金融で、中小金融で、闇金で…と、人間は考え方が変わってきます。

どこからもお金を借りれない人で、ブラックでもお金を借りたいと思っているのならば、このサイトしかありません。

ここでは、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りれるサイトを紹介中です。ぜひ、チェックしてみてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どこもお金を借りれない人のお話。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

どこもお金を借りれない人のお話をします。

私の実家の近くに、昔からある団地があります。

団地と言えば、貧困層の家庭が住むイメージですが、まさにそうです。

市営や県営、府営都営住宅など国が管理している住居です。

その団地出身の友人がいましたが、やはりこう言ってはむごいのですが、負の連鎖は止まらないということです。

久しぶりにその友人と再会しました。出会った場所はパチンコ屋です。

30歳を超え、40歳に向かおうとしている私ですが、未だにパチンコ屋にいる友人を見てびっくりしました。

見事に白髪まみれになっていたのです。

話を聞くと、借金まみれで苦労しているということです。

そして今だに実家の団地に住んでいるということ。

負の連鎖です。

仕事は建築と言っていましたが、雨が降ってその日は休み。もう既に5万円負けていました。

そいつは昔から頭が悪いので、ゴッドかハーデスしか打ちません。とにかくGOD揃いをする為にだけ打つ。そんなタイプの人間です。

消費者金融からは既にお金を借りているそうです。30万円の枠で3社ほど。およそ90万円です。

毎月その返済に追われているそうで、借りては返し、借りては使い、パチンコで勝ったら返済。この繰り返しだそうです。

しかしこのような人間は少なくはないはずです。

今はお金を借りすぎているので、どこからもお金を借りれなくなったということを言っていました。

もう歳も歳なので、私から何もいう事はありませんでしたね…。小学校時代から知っている友人でしたので、なんとなく哀しく感じました。

やはり貧乏な人、貧困層にはそれなりの理由があるのです。頭が弱い人がパチンコに没頭してしまい、取り返そうと借金をしてしまう訳です。

本人の意志の弱さもありますが、何を恨むにもパチンコを認可している国の体制が全てです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どこも借りれない、ブラックでも借りれる所って?

本当にどこからもお金を借りれない…という人は、本当に存在するのでしょうか?

楽しみもなく、毎日をただダラダラと過ごしているような、そういった人たちには未来はやってこない。

こう言い切っていたオジさんがいましたが、個人的にもその意見には賛成です。

どこもお金を借りられなくなるような、お金に本当にルーズな人っているんです。そういう人に限って、ブラックになっても借りれる所を探し続けています。

つまりは幾つになっても、どんな状況になっても、お金に対する考え方は何も変わらないという事でしょう。

少し話をしたら直ぐにわかります。そのような方は、基本的にのんびりしている人が多いです。

その他にも、喋りまくってすぐに他人の悪口を出してしまうような、そういったレベルの低い方が多いと思います。

陰で悪口を言うくらいなら、直接言って欲しいですよね。職場であれば、環境を変化させれば済むわけですし。

それなのにも関わらず、愚痴ばかりを言って誰だかを批判し続ける。

こういったことをしていては、まったくもってお先真っ暗としか言いようが無いのです。

まぁこういった人生で構わないという人もいるようですが、こういった人たちは結局はお金に困る人が多いように感じます。

月末の支払いを全うすることができず、間違いなく支払いを滞納をしてしまいます。

それは、自分のせいということではなく、相手のせいにするようなクセができてしまっているからです。

相手のせいにしておけば、問題は軽く解決できるという発想ですので悲しいですが、返済できないのも自分のせいではないと言い切ることができるわけです。

だからお金に困っても、誰も助けてくれない、どこも借りれない人になるのです。

そして、大手消費者金融でお金を借りている人たちの中には、ギャンブル癖が強い方だけではなく、何となく今生きている人生がつまらないから、という理由だけで借りている人もいます。

何にお金を使うこともないのですが、何となくストレス発散のためにお金を借りては使い続けているだけであり、身にならないようなお金の借り方をしているのです。

そうなると、返済する気力も無くなります。

仮に、自分で本当に夢に向かっていく人がお金を借りていたら、そのお金は本当に夢達成への大切なお金になるために、しっかりと返金をすることでしょう。

しかし、意味もなく世の中が不満ということだけでお金を借りる人は、返済できなくなっても、それは世の中が悪いというような、矛先を一気に変えてしまうのです。

消費者金融でお金を借りる理由に、こんなことがあって良いのでしょうか。

普通は誰が考えてもダメに決まっているのですが、これがまかり通ってしまうのが、今の世の中ということになるのです。

さて、どこからもお金を借りれない人が借金のお金を返済しないのは、その方の勝手ですから別にいいですが、問題はそういった人たちはもうどこからもお金を借りることができない、というジレンマにブチ当たります。

当然、お金にルーズだったらどこも借りれませんし、ブラックでも借りれる所でも下手したらお金を借りれない可能性すらあります。

このサイトでは、どこからもお金を借りれないブラックの人たちでも借りれる、そんな消費者金融を揃えています。

本当に返済できる人だけが申込してください。

基本的には土曜日でも日曜日でも審査の受付をしているようです。月曜日の振り込み融資になると聞いたことがあります。

ですが、不真面目で無職で、収入も無いやばそうな人にはお金を貸してくれないですよ。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

イライラの悪循環。どこもお金借りれない人がお金を借りる方法!

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

北朝鮮問題がまた再燃してきていますね…。

一昨日なんて、北海道の道南地方沖に北のミサイルが落ちた…なんて恐ろしいニュースが…。

そして安保理で北に対する制裁に、中国ロシアは反発…。いつもと同じことの繰り返しです。

結局は北朝鮮はロシアと中国に使われているだけ、飼われているだけのかませ犬のような国なのでしょう。

それにしてもなにも出来ない政治家たちにはイライラしますよね。

このサイトではお金に関しての記事の中でいつもイラついていますが、毎日イライラして過ごしている人たちは日本中にも多いと思います。

一体なぜイライラしてしまうかは分かりませんが、自分の中の何か脅かされていたり、恐怖心、不安感で押しつぶされているのかもしれませんね。

日本人というのは時間を気にせずに、ノンビリと過ごすことが殆どできない状態で生きています。

“のんびり、猫のように生きる”とか、ゆる~い雰囲気のコピーの本が売れるようですが、猫には税金を支払う義務はありません。

また、光熱費用もかかりませんし、年金や保険も支払い免除です。また、ごろにゃーんと言っていれば、可愛い可愛いと近所の腐敗臭をまき散らすオバさんが餌をくれます。

また、猫の習性としては殆ど昼間は寝ているので、生産性はゼロと言えるでしょう。

“猫のように生きよう”と実践としたら、まぁホームレスになるしかありません。本当に、そうなのです。

そこまでしてやっとイライラしない生活を手に入れられるのですから、人間として普通に生きていたら、イライラしないで生きるのは不可能なのです。

しかし、このイライラを誘発しているのは、全てがお金となります。

金持ち喧嘩せずとはよくいったもので、金があれば全くイライラしません。

例えば、寝坊してしまって会社に遅れそうになることがあります。

そういった時、電車でちょっと嫌なヤツがいたら、普段以上にぶっ飛ばしたくなるはずです。イライラしていますねぇ。

ただし、もし金が腐るほどあり、使い道に困ってしまっているのであれば、さほどイライラしません。

「ま、ゆっくり行こうかな。怒られたら辞めればいいし。金あるからね。」で、終わりです。

上司から

「今、何時だと思っているんだ!時間にルーズな奴なんか辞めちまえ!」

と言われても、

「あ、そうですか。では、本日限りで退職いたします。アナタが辞めろと言ったので、従うまでです」

と開き直ることができ、結果的に会社に通達したことでパワハラ上司はクビ、慰謝料まで手に入れられるチャンスなのです。

金持ちの余裕は、結果的に金を生み出します。

しかし絶対に仕事は辞められない。お金が無いから耐えなければいけない…。

そんな、貧乏人のイライラは余計に貧乏生活を深堀りさせる要因となるのです。

どこからもお金を借りれない人もそうですが、イライラして返済しないから、余計貧乏になるのです。

余裕を持って返済ができていれば、今頃は貯金だってあったかもしれません。

人生をやり直すために、ここではどこからもお金を借りれない人やブラックの人でも、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人というのは、ロクなことが起こりません。今のうちに、アナタの人生のイライラを消し去りましょう。

お金の相談所では、どこもお金を借りれない人を応援しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

雑誌は借金の元凶!どこからもお金を借りれない人たちを救う消費者金融を紹介しています!

趣味にお金を投じることは、決して悪いことではありません。

車やバイク、楽器、インテリアなど、好きなことに夢中になることは本当に人生の充実を感じるはずです。

ただ、問題もあります。それが、思わずお金を多く使ってしまうということです。

お金の相談所管理人は、パチンコ以外お金のかかる趣味がさほど無いので、ギャンブル以外にお金を使ってしまうことはありませんが、一時期楽器にはハマってしまったことがあります。

まぁ、楽器というか、音楽関係の機材です。お金も無いくせに、大手消費者金融でお金を借りては購入を繰り返し、どんどん借金を重ねてお金を借りたいブラックになっていました。

最終的には、債務整理という地獄にまで落とされた経験を持つ低能です。

まぁ、自分を卑下しまくっても無意味なので、この辺りにしておきますが、なぜ分かっているのに借金を増やし続けてしまうのでしょうか。

近頃、そのヒミツが分かってきました。それは、ずばり趣味系の雑誌です。

近頃は、ネットが発達しているのでさほど見なくなりましたが、昔は趣味系の雑誌が多くありました。

もちろん現在でもありますが、あれは散財を助長する悪魔が取り憑いた本だと思います。

その筋で有名な人たちや、お部屋訪問などのコーナーがあり、そういった連中の自宅は機材まみれなのです。

また、何故そんなことをあの時思ったのか分かりませんが、格好よく見えたのです。

今考えると、9割使うことが無い機材に金をかけて、「俺、マジやべえ!格好よくね!?格好よくねぇぇ!」と、イキガッているだけなのですが、ズルく見えるのです。

釣り雑誌なども同様です。

ルアーや竿など、道具を揃えたところで釣りが下手な人は下手です。

それなのにも関わらず、○○プロが使って湘南の海を制覇!などの、アホ丸出しのコピーに踊らされて数万円もする竿を買うのです。

先日、知り合いのオッサンが魚群探知可能な10万円のサングラスを購入したと言っていました。

嘘ではなく、本当にあるそうです。

こういった、レベルの低い人たちを騙すのが雑誌の仕事ですので、結果的に付いていけずに借金まみれになるのです。

どうしてもお金を借りたい!と思ったときには、大手消費者金融、中小金融、片っ端からどこからもお金を借りれない人になっているはずです。

ブラックとなると、普通の場所ではお金を借りれなくなるために、闇金に行く人すらもいます。地獄まっただ中です。

このサイトでは、こういった趣味本に騙された方たちのための、救済的な消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人でも、お金を借りれるのですからおすすめです。ぜひ、地獄から脱出してくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どこも借りれない人がキャッシングをする場合。

キャッシングは、現金を手に入れるという意味です。

どこも借りれないキャッシングというのは、現金が今すぐ欲しいのに、現金を手に入れる事ができない人のことを言います。

本当にどこからもお金を借りれなくなってしまったら、生活できなくなるのではないでしょうか?

なぜどこからもお金を借りれなくなるのかというと、今までお金にルーズな部分があったという事は否めないでしょう。

やはり原因があって結果があるのですから、何らかのお金の支払いに関する事がないと、どこも借りれないという状況にはならないはずです。

しかしきちんと真面目に生活しているのに、支払いも真面目にやっているのに、どこも借りれない状況になる人も居ます。

原因はいくつかあるのですが、その中でも最近多くあるのが、「総量規制」という制度のせいでどこも借りれないブラックになる人です。

当サイトお金の相談所でも数々説明してきていますが、簡単に言うと年収の1/3までに借り入れが制限されるというもの。

ですからキャッシングをしようとしても、どこも借りれなくなった・・・!とういう声が相次いでいます。

私は規制緩和されるべきだと思いますが、まだまだ規制緩和はないでしょう。

だったら、どこも借りれない人がキャッシングできる消費者金融を、探そうではありませんか!

だからこそお金の相談所としてのサイトを運営しているわけですが、もう3年目を迎えました。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を、今までいくつも紹介してきました。

どこも借りれない人が増えているのは、国の制度によるものという理由も一理ありますから、そこまで気にすることではありません。むしろこの状況が普通なわけです。

だからこそブラックでも借りれる消費者金融がある、この事実は変えようにも変えれません。なぜなら真実だからです。

どこも借りれない人がキャッシングをするなら、当サイトから消費者金融を探してみてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金が無い…!どこもお金借りれない…。そんな時に借りれる消費者金融

お金が無い時は本当に困ります。頭が痛いです。

そして何よりも、お金に困っている状況の時は、精神的に追いつめられてしまいます。

どうしてもお金が必要なのに、どこもお金を借りれない、どこもお金を貸してくれない。

その原因としては、やはり過去の信用履歴、信用状況などに問題があるとしか言えません。

しかしそうなってしまっていることは、本人が一番理解しているでしょうから仕方がありませんし、それはもう変えられない事実です。

そんな状況もわかっているはずですが、どうしてもお金が必要な状況に陥ってしまいます。

そんな時に借りれる消費者金融があれば、本当に生活が楽になる事でしょう。

当サイトお金の相談所では、そんなお金に困ったブラックでも借りれる所を紹介しています。

ブラックでも安心して利用できる消費者金融ですから、どこも借りれない人でもお金を借りれるチャンスがあります。

人間、一度や二度の失敗は必ずあります。

その失敗がお金であっても、悲観することはありません。

私もお金に大失敗し、人生という貴重な時間を無駄にし、情けないお金に困った数年間を経験しています。

だからこそ同じような境遇の人が、共感できるような言葉でサイト作りを心掛け、ブラックでも借りれる消費者金融を探してきました。

お金が無い、どうしよう…と、悩みに悩んで変な闇金からお金を借りてしまわないよう、闇金の一歩手前のきちんとした真面目な街金融を紹介しています。

お金の悩みは長い人生で尽きませんが、まずは1日1日を大切にして過ごしていきましょう。何度も言いますが、お金が無い、どこも借りれないからと言ってゼッタイに悲観しないでくださいね。何事もプラス思考で!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制関係なく、お金を借りるためには。

こんにちは、お金の相談所です。

今の金融業界の中で一番の問題は、やはり「総量規制」だと思います。

当サイトでも何度も取り上げているように、総量規制とは自分の年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ない制度です。

これはハッキリ言って、お金持ちの人が勝手に決めた制度としか言えません。

私たちの平均年収は350万~500万円と言われています。

これって、多いと思いますか?少ないと思いますか?

私は、多いと思います。

そもそも誰がどこで調べたのか?と言いたくなる数字です。

私はサラリーマン時代は月給20万そこそこから引かれて手取り18万くらいでした。

ざっと計算しても年収240万そこそこです。

もう辞めましたが、今でも続けていた場合、上がっても月給25万くらいだったはずです。

それでも年収300万。平均よりはるかに低いです。まあボーナスなどは加味していませんが、契約社員だったらボーナスなんて出ません。

これで総量規制なんて、車一台ローンで買っただけで総量規制オーバーです。

お金持ちのエリート大卒官僚どもが勝手に決めた制度でしょう。

年収500万の人で、1/3は180万くらいですね。そもそも年収500万あって、お金に困るわけないでしょう。この総量規制なんて、知らない人がほとんどだと思いますよ。全く。

収入が低い人がお金の為に借りる消費者金融なのに、お金に余裕がある人が決めた制度で上限が決まるなんて、おかしな話です。

しかしこの総量規制、実は普通に信用機関のみが調査することであり、普通の消費者金融、クレジットカードのローン、信販会社が主に活用する制度なのです。

実は、銀行でお金を借りたほうが、総量規制なんて関係なくお金を借りれたりするわけです。

実は私も経験者で、消費者金融の審査に落ちてしまった後に、銀行のフリーローンと言う商品の審査には通ったんです。これはマジバナです。

銀行融資の方が、審査が甘いのです。これは現役銀行員の友人も言っていました。だから転勤が多くなるとも言えます。(情が出るため)

銀行系傘下の金融機関こそが、審査が非常に厳しくなっているとも言えますね。

そこで、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融が出てくるのですが、実はこの消費者金融、銀行系ではない場所の事を言っています。

お金の相談所で紹介している消費者金融は、銀行など関係ない個人の消費者金融なのです。

だから総量規制オーバーでも借りれる、最後の場所とも言えますね。是非、どこからもお金を借りれない人は、ここに相談してみてもいいでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【消費者金融業界も規制が…。】

こんにちは。世の中不満ばかり溜まりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

お金の相談所では、本当にどこも借りれない方でもお金を借りれるかもしれない、審査が甘い消費者金融を紹介していますので参考にしてほしいと思います。

そんな中私が感じることがありますが、規制についてです。

テレビ業界とか教育の現場などで特に、規制ばかりでうんざりだなぁ…と感じている方も多いと思います。この前もテレビで芸人の裸が嫌だとか、低俗な発想だとか批判がありましたが、これって単なる嫌がらせのクレーマーとしか思えませんよね。それで規制をさせられるテレビ制作会社はたまったもんじゃありません。

いちいち消費者が反応してクレームするからダメなんですよね。見たくないならチャンネル変えろっつー話ですから。

学校でもそうですが、行き過ぎた体罰は確かにありました。私の時代も鬼教師はいました。中には変な教師もいましたけど、これも規制するのはおかしいですよね。過保護な保護者1人のせいで、学校教育がヒックリ返された、まさに天変地異です。まあ私は体罰教師嫌いでしたけどね。それにしても規制規制でひどい状況ですよ日本は。

そしてお金の相談所の専門業である消費者金融業界の中でも、規制、規制…で色々な制度に縛られてきています。もちろん審査も規制でどんどん縛られてきています。

一昔前は規制も甘く、よくよく考えればお金を使う方の自業自得のような感じでした。因果応報とも言いますか、海外では「ベッドメイキングが下手くそな人は、そこに自分で寝ろ。」と言うそうです。

結局は使う側が、激しく使いすぎて規制がかかってしまったと思うのです。だからお金を貸す側は何も悪くはないと思うんです。

まあ確かに事実として、高額な金利を取りすぎていたという事実があるので、そのようなボッタクリな殿様営業である消費者金融には、規制がかかっても仕方がないと思います。

でも、真面目にお客さんの為に融資をきちんと行っていた消費者金融は、本当にいい迷惑ですよね。時代の流れもう終わったことではありますが。

特にここ数年で出来た、金融業界の規制で有名なものと言えば、「総量規制(そうりょうきせい)」でしょう。

年収の1/3までしか融資を受ける事が出来ないという事です。従ってすでにお金をかなり借りている人は、新規に自動車ローンは組めないんです。私は実際に総量規制で車の審査に落ちました。

車屋は関係なく、ローン会社の審査に通らなかったんですよ。今ではオリコだとか全日信販、SMBC、ジャックス、アプラスなどが有名ですよね。

しかし中には総量規制対象外のローンもあるそうなので、ローン会社に相談すれば何らかの活路が見いだせるかもしれません。

※やはり現金が一番強いです!

そんなこんなで世の中に対する規制についての愚痴でした!

ちなみに当サイトお金の相談所では、信販会社やローン会社の審査に落ちた人でもお金を借りれる可能性がある消費者金融を紹介しています。どうしてもお金を借りたいなら、相談する価値はあると思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【金貸し業者】の選択ミスをしないために!

金貸し業者は日本全国にありふれてはいますが、その実態を詳しく解析出来てはいませんよね。

どこも借りれない…。他にお金を借りているし、お金を借りたいけど借りられないかもしれない。こんな悩みを持った方も多くいます。

金貸し業者は、一つは銀行系、もう一つは個人系の2種類があります。

よく言われる消費者金融などは銀行系で、信販会社のローン商品もその種類です。

ではもう一つの個人系の金貸し業者は、一体どのような業者なのでしょうか?

やはり個人系の金貸し業者となれば、広告を目にする機会もほとんどありません。従って、イメージ的言えば「闇金融」のような金貸し業者のイメージになってしまうのではないでしょうか。

しかし実際はそうではありません。闇金と言えば暴利で悪質な詐欺師グループですが、個人の金貸し業者の場合は普通にお金を貸してくれます。

当然ながら金利は発生しますから、お金を借りるうえで返済計画が大切になってきます。

審査で言うならば、きちんと仕事をしているのかが重要ポイントです。

無職の場合はブラックのようにお金を借りれない可能性が高いのです。それは街金と言われる金貸し業者でも同じ条件でしょう。

しかし審査基準は銀行系消費者金融よりも格段に甘くなっていますので、本当に優良な金貸し業者ならば、どこも借りれない方でもお金を借りれる可能性がありますね。

やはり、金貸し業者の中でも選択ミスさえしなければ、ブラックの方でもお金を借りれる可能性が十分に残されているということを、知ってもらえればと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!