大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

どうしてもお金借りたい一覧

どうしてもお金借りたい人の為にある!総量規制オーバーでも借りれる金貸し業者を紹介!

お金に困ったことはありますか?

お早うございます、お金の相談所でございます。

みなさんは、人生の中でお金に困ったことはありますでしょうか?

私は当然ながらお金に困った事ばかりの生活でしたから、物凄く気持ちは分かります。

支払いに追われる…。出来る事なら忘れたい…。支払いの無い生活に戻りたい…。いつもそう思っています。

思い返してみれば、中学生、高校生で実家にいる頃は、支払いなんて考えた事もありませんでしたよね。

それが大学生になってアルバイトをしたり、卒業して就職したら、ほとんどの支払いものが自分にやってくる生活になるわけです。

中には親に甘えて、お小遣いや仕送りをもらっている若者もいるでしょう。しかしそんな人たちはごく一部のお金持ちの人間です。

私のような貧乏出身の人間は、自分の力でお金を稼がなければいけないのです。

金銭感覚の乱れ

そして、苦労人と呼ばれている私たち一般庶民にとって、一番危険な事があります。

それが、金銭感覚の乱れです。

金銭感覚の麻痺と言った方が無難でしょうけど、生活の乱れ・生活水準の乱れ・お金の使い方の乱れ、全てが金銭感覚の乱れです。

金銭感覚が一度崩れてしまったら、もう最悪ですよね…。このサイトに訪れる方の中には、既に金銭感覚の乱れから、借金・金貸し業者からお金を借りる事などを経験している方も多いでしょう。

全ての金貸し業者をひっくるめて、消費者金融からお金を借りてしまっては、生活は常にお金が無い状態になってしまいます。

毎月毎月、月末にいつもお金に悩むのです。これが、本当のお金の悩みと言っても良いかもしれません。

というのも、借金をしなければ、お金を借りる行為をしなければ、お金に悩むことは無かったのです。

自分の身の丈に合ったお金の使い方をしていれば、金貸し業者からお金を借りる必要もなかったと思えば、それはそれは後から悔しいでしょう。まさに後悔です。

お金が無くなると、増やしたくなる

そして「お金をどうにかして増やさないといけない」という気持ちになる方もいます。ここもポイントです。

お金が無くなると、どうにかしてお金を増やさなければならない…!という、あまりにも短絡的な考え方になってしまう人も多いのです。

その短絡的という言うのは、まさにギャンブルです。

宝くじも、競馬も、競艇も、競輪も、全てギャンブルです。

その入り口となるのが、パチンコ・スロットです。

お金が無い時に、例えば友人や先輩からパチンコ屋に連れて行ってもらったとしましょう。

たったの1000円が、5万円になった‥!!!

こんな経験をすると、猿のようにハマってしまうのです。

また行きたくなる、あの快感を味わいたい。そして一人で行ったら終わりです。完全にハマってしまっています。

そして、終いには消費者金融からお金を借りたくなり、色々な金貸し業者を検索しています。

初めてのキャッシングから、お金を借りる人生に…。

まだブラックになってない最初のころは、銀行やクレジットカードのキャッシング枠など、消費者金融からでもたくさんお金を借りられますし、それなりのサービスで審査も甘くしてくれます。

なぜなら、銀行などは金利商売です。初めてのキャッシングなどの客をどんどん掴もうと、様々な金融商品を売りつけてきます。

売りつけるといった表現は少し違いますね、うーん、色んな借金のプランを、提案してくれる?まあそんな感じです。

銀行員の営業の人たちは、優しい高学歴の仮面を被った商売人です。私も騙されたというと違いますが、100万円のローンを年率15%で、10年のリボルビング払いという契約をお勧めされ、3年ほど払っても元金がほとんど無くならないという地獄を喰らわされました。

まあ銀行の愚痴を言っても何も変わりませんが、お金を借りたい私たちにとって、金貸し業者とは切っても切れない関係なのです。

その中で、ある程度お金を借りる事に慣れてしまうと、どうしてもお金を借りたい時でも、お金を借りられない時もあります。

それがまさにブラックと呼ばれる、お金を借りられない状態なわけです。

なぜそうなるのかというと、まずお金の借り過ぎ。

今は、総量規制と言って、年収の三分の一までの金額しかお金を借りれません。これを超えるとブラック扱いになってしまうんです。

次に支払いの遅延。私も何度も経験しています。

引き落とし口座に、お金を入れ忘れた…!ことや、マジでお金が無くて、電話して謝ったり…。

これが3カ月ほど続くと、どこからもお金を借りられなくなってしまうのです。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融がある!

もしも、どこも借りれない状況になった場合、どうしてもお金が必要な時は、当サイトがおすすめしている金貸し業者があります。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融として有名な、金貸し業者です。

まずは無料で審査から始められますので、どこからもお金を借りられずにお金に困った方は、ここに相談してみましょう!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

『どうしてもお金を借りたい時』の気持ちを集めました。

 

お金を借りたいと思う事は、日本社会に生きている私たちにとって日常のことだと思います。

お金を借りたくないという人は、富裕層に位置付けされる人たちでしょうからそれはそれで幸せな方々だと思います。

どうしてもお金を借りたい…。

お金の相談所が集めた、『どうしてもお金を借りたい時』の気持ちをこれから書いていきたいと思います。


離婚した俺がどうしてもお金を借りたい時の気持ち。

 

俺は高校を中退して、そのまま建設現場で働きましたが、2年頑張って辞めました。その後は左官工事の職人になりました。そんで20歳の時にコーキングの親方に誘われれて左官を辞めて働きました。22の時に子供が出来て出来ちゃった結婚をしました。そこから3年はきつかったです。お金が全く無くて、消費者金融で借り入れをしながら子供を養いました。嫁も働きに行かずだったのでお金が全く足りなくなりました。その後はケンカして離婚しました。揉めましたが、慰謝料とかは払わなくてよかったです。でもそっから借金の返済の為だけに仕事をしているようなものです。たまにはお金を借りて、パーッと遊びたい。俺がどうしてもお金を借りたい時の気持ちこれくらいですね。やっぱり無計画な結婚はするべきじゃないです。今では後悔しています。


お金を借りたかった、あの日

こんにちは。僕は一時期キャバクラとデリヘルにダブルでハマっていた日がありました。皆さんもありませんか?飲みすぎて記憶を無くすまで飲んだ日々や、または遊んだ青春…。今思うとこれはぼくの青春です。

もう10年近く前ですが、まだ24歳くらいだった僕は、地元のお店で働いていました。その近所には幼馴染の仲間も別のお店で働いていたので、夜12時くらいに仕事が終わったら良く飲みに行っていました。電車も無いので近所かタクシーで行くかって感じでした。そこでお気に入りのお店があったんです。武蔵だったかな?そんな名前の居酒屋です。朝5時まででした。焼酎をキープしてお湯割りです。銀杏と豚の角煮でもつまみながら、朝まで語り合いました。しかし僕はパチンコハマりにハマり、休みの日は毎日朝から並んでいましたね。二日酔いで。

もうお金が無くなるはあっという間ですよ。給料も安かったので、いよいよお金が無くなりましたね。パチンコで勝った時は、キャバクラにハマっていました。もう最悪でしょ?

それから僕はどうしてもお金を借りないとヤバい…、生活が出来ない状況になってしまいました。それからお金を借りたのです。初めての消費者金融でした。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもお金借りたいと思う人。

こんにちは。お金の相談所でございます。

今日は私がどうしてもお金借りたいと思う人になって、このテーマを書いてみようと思います。

まず、お金を借りたい時の気持ちを思い出してみます。

そしてどうしてもお金借りたい人間になります。

まず、私の人生の中で、いつからお金を意識して考えるようになったのか?今一度考えてみます。

みなさんにも共通することもあるかもしれません。

まず、自分の力でお金を稼いだのはいつなのか?

親への肩たたきや風呂掃除で貰うお小遣いではありません。

小さな金額ではなく、きちんとしたアルバイトでの話です。

私は高校時代に初めてアルバイトをしました。その時にはもう自力でお金をどうにかするぞ!という考え方でした。当然、この時はまだ「どうしてもお金借りたい」と思う人ではありませんでした。

考えてみたら、この時はとってもお金持ちでした。高校生で月収5万円近くはあったと思います。学食では神のように陣取って美味しいものを食べられました。

しかし中には強者も居ます。仲間の中には、4号機のパチスロを打って高校生ながらウン十万円稼いでいる人も居ました。

実際、若くして金銭感覚が壊れてしまった仲間たちは、私以上の借金地獄に陥ってしまっています。私の借金はまだ可愛いものでした。

もうこの時から「どうしてもお金を借りたい」と思う気持ちは強かったのかもしれません。

そして高校を卒業し、会社に就職します。

思い出します。

確か初任給は、手取りで14万円だったと思います。

考えたら約2年務めましたがずっと変わらない給料でした。

残業代で上乗せしなければ、給料は増えないシステムでした。

これでは必然的に労働時間が長くなります。

結局、長く働いた方がエライ的な、日本人特有の社風に付いていけませんでした。

自分はもっと実力で稼げるんだ!稼ぐんだ!という強い気持ちでした。

20歳そこそこで会社を辞め、まずはアルバイトを掛け持ちします。

失業保険を貰いながら。アルバイトの掛け持ちをしていたほうがお金持ちになった気分でした。

この時はまだお金を借りたい!という気持ちは薄かったです。というよりも、どうしてもお金を借りたいという発想にはなっていません。

そこからアルバイト先で知り合ったお客さんの伝手で、ある仕事を紹介されました。それが夜のお仕事でした。どのような夜のお仕事かはご想像にお任せします。

しかし私は、会社を辞めた時から「絶対にこいつらよりお金稼いでやる!」という気持ちが強かったので、どんな仕事でも率先してしました。

そして夜の仕事は、自分の実力があればどんどんお金を貰えるシステムでしたので、私は若くしてそこそこお金を稼げるようになりました。

この時もまだ、どうしてもお金を借りたい!とは思っていませんでしたね。

しかし調子に乗っていたのか、若くしてお金を稼ぐと、何かがおかしくなってしまうものです。

つい調子に乗り車をぶつけて修理代が高くついてしまったり、お金を増やそうとギャンブルをやってみたり…。

ここから私はどうしてもお金借りたい人間になっていきます。

夜の仕事は安定するわけではなく、一時期はいいものの悪い時もありました。

しかし豪遊してお金をつかっていた私は、とうとうお金が足りなくなってしまいます。

この時はまだお金を借りたいと思っていたわけではありません。

遊ぶお金を確保するために、ギャンブルにハマってしまうのでした。

パチンコパチスロよりも、闇カジノや闇の賭博に手を出すようになります。競馬や競艇ももちろんです。

勝つときもありましたが、今思うとかなりの金額を負けています。

これが、どうしてもお金借りたいと思う人です。

私だけではなく、人それぞれ経験は違います。しかしどうしてもお金を借りたいと思うキッカケは、日常生活に潜んでいるのです。

生活習慣が全ての元凶になります。まだお金に困っていない方は、自分は絶対にお金を借りないんだ!という強い気持ちを持っていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【キャッシング依存症】どうしてもお金借りたい時の気持ちを思い出す。

こんにちは。どうしてもお金借りたいお金の相談所管理人です。

今日は、キャッシング依存症について語りたいと思います。

つたない文章ですが、お付き合いくださいませ。

消費者金融やサラ金でお金を借りたいと思う事は、私だけではなく皆さんも思ったことはあると思います。

このお金の相談所サイトも、作り始めてあっという間に3年が経ちました。あっという間の3年間です。

3年前当時の私の感情と、今の私の感情は全く違ったものであります。

3年ほど前からお金に困っていて、どうしても消費者金融からお金を借りなくてはいけない…という状況を経験して、このお金の相談所を書き続けてきたわけですが、実は今現在もまた、お金に困ってしまいました…。

やはり借金というものは、一生付いてくるものなのでしょうか?

もうお金の感情(勘定)が、わけわからなくなってしまっています。

お金の使い方って、本当に分からないものです。

昔よく聞きませんでしたか?

「俺は現金持たない主義、だって使うから」

親からも言われた気がします。

必要以上の現金を持つな!と。

しかし当時の私は反抗していました。

「手持ちが少ない奴はカッコ悪い!」

「俺は財布に10万円以上は入ってないとだめだ!」

「お前5000円しか持ってないのか?カッコワリぃ!」

こんな生意気な人間になってしまっていたんです。

お金は人格をも変えてしまう、危険なものなのか…。

やはり、現金(現ナマ)を持っていると、本当にお金をすぐに使ってしまうんだという事は本当でした。

今までの私は、自分の理性・自制心が絶対にある、だからいくらお金を多く持ってても大丈夫、そう思い込んでいたんです。

しかし理想と現実は違います。

この6月なんて、給料もらってすぐに競艇で10万円使い込んでしまいました。

完全に無意識でした。

でもまだ余裕だと思っていました。

そこそこ収入は多くあり、今までの苦労を思い出すことなくまたギャンブルにハマり、外食での飲み食いを繰り返し、結局は月末にお金に困ってどうしてもお金借りたい人になってしまいました。

そんな金銭感覚がまた狂ってしまった私は、久しぶりに消費者金融(サラ金)から10万円キャッシングしてしまったのです。

3年前を思い出すと今までの私は、キャッシングしたくてもどこも借りれない状況でしたが、今回は数年経っていたので簡単にサラ金からお金を借りれました。

そうです。

そこで「どうしてもお金借りたい時の気持ち」を思い出し、今このように書き留めているのです。

このキャッシングにハマってしまったら、また借金の振出しに戻ってしまいます。

やはりギャンブルの依存症は、そう簡単に消える事のない脳みその異常なのだと思います。

3年経ってもいまだに興奮作用があるのですからね。

それまではどうにか抑えてきていましたが、一度大きなお金を使いこんでしまうと、取り戻さねば!絶対に取り戻さないと!という焦った気持ちに支配されてしまいます。

今まで何度も経験した気持ちです。

わかっているんです。

でも依存症なんです。

病気なんです。

辛いものも同じです。

私は辛い物が好きでもなく嫌いでもない人でしたが、一時期ハマってた時がありました。

私は余程辛い物を食べると、お腹が痛くなります。

会社を遅刻するくらいに、トイレにこもってしまい肛門が痛くなります。

ちなみに今も、めちゃくちゃお腹が痛いです・・・

思い出したら昨日、初めて来来亭の旨辛麺というのを食べました。

ニンニクが効いており、脂が凄く浮いていました。

でも癖になる辛さ、味が濃いのもあり喉が渇く。

そしてお腹が痛くなる。

食べた後いつも後悔するのに、なぜか繰り返し食べてしまうのです。

これは、脳みそが完全に依存症になってしまっているからなのです。中毒です。

まさにお金、消費者金融、サラ金でお金を借りた時も同じような作用があります。

現金が目の前に簡単に手に入れられるという興奮から、依存症になってしまう訳です。

これが「キャッシング依存症」です。

簡単、即日、現金ゲット

これが依存症になるソースです。

人間の欲望を満たす素材なわけです。

人間の欲求は一歩間違えたら恐ろしいものです。

そして我々日本人の脳は、洗脳されやすいのです。

すぐパチンコ依存症にもなりますし、競馬・競艇なんて依存症の塊です。

そこに付いてくるのがまさにキャッシング依存症なのですから。

久しぶりに私もキャッシングをしてしまい、思い出したこの感情は間違っていないでしょう。

もちろん上手に使いこなせば、依存症ではなくなるはずです。

どうしてもお金借りたい時の気持ちを思い出すことができた今、こうして伝えれることもあります。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!