大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

どうしてもお金が必要一覧

債務整理をしたブラックでもチャンスがある!どうてもお金が必要な時は誰でもある。

銀行や消費者金融からお金を借りて、返済に困ってしまった時の手段の一つに、債務整理という方法があります。

これは、借金をチャラにするというイメージがある人もいると思いますが、実際はそうではありません。

借金はチャラにはなりません。

ただ単に、弁護士にお願いをして、金利を減らして分割返済をするということです。

ハッキリ言って、ただの泣き言なのです。

そして債務整理をした場合、多くのサイトなどで言われているブラックとなります。

債務整理自体、悪いことをしているわけではないのですが、信用情報の事故という扱いとなってしまうために、一般的な貸金業者や信販会社からお金を借りる、ということが困難になります。

ブラックとなってしまった後、困るのがお金が借りれなくなってしまい、路頭に迷う人々が増加することです。

例えば、このサイトに訪れているということはブラックだけれども、お金を借りたい」という意識を持っているからでしょう。

なぜ、即日融資が必要なのかは人それぞれなのですが、とにかく「どうしてもお金が必要である」という部分は、皆共通するポイントになっています。

しかし、そもそもなぜ債務整理をしてブラックとなると、お金を借りれなくなるのでしょうか?

その秘密は、株式会社日本信用情報機構(JICC)という場所が握っています。

債務整理などを含め、株式会社日本信用情報機構では、我々日本国民の消費者金融などからの借入金額を掌握しています。

「信用事故」として、お伝えしましたが、株式会社日本信用情報機構に登録されるということが、この「事故」と呼ばれることに直結しているので、いわば信用情報の「犯罪者リスト」とでも言った方が良いかもしれません。

債務整理を今回はベースとしたお話ですが、実際には消費者金融に融資を申込む、審査される、借りる、延滞するなどの全ての情報が盛り込まれます。

例えば、Aという消費者金融でお金を借りていた場合、1月25日が返済日であるにも関わらず、3月以降も滞納してしまった場合、株式会社日本信用情報機構に登録されてしまいます。

その登録機関ですが、この延滞をしている期間中はずっとです。

言い換えると、延滞・滞納を3ヶ月以上している状態の場合、信用事故を起こしている、ということになりますので、お金を別の消費者金融で借りることが困難になります。それがブラックと言われる由縁です。

また、こういった延滞はマズいだろう、ということで全額延滞分を支払ったとしても、株式会社日本信用情報機構ではまだ延滞をしていた、という情報が残ってしまうので注意です。

基本的には、延滞をしてから1年あまり株式会社日本信用情報機構に事故記録が残される、と考えて良いでしょう。

そして、今回の債務整理なのですが、事故記録としては株式会社日本信用情報機構へ5年は残されてしまうので注意です。

ある意味では、7年とも言われており、この辺りは不明です。

自己破産や個人再生申立に関しても5年と言われていますが、一説によると10年とも言われているので、かなりの年数、ブラックとしてい続けなければならない、ということなります。

こういった債務整理などでブラックとなってしまった人の場合、もしお金を借りたいと思っても、普通の大手消費者金融では借りることが極めて困難です。

大手消費者金融やクレジットカードなど、そういった金貸しを生業としている業者は、審査でこの株式会社日本信用情報機構に、必ず問い合わせを行います。

信用事故がある、ということは大手消費者金融など、金融業者からしてみればリスクとなります。

延滞の可能性、さらには債務整理や自己破産などをしていた場合、どういった理由があっても、借金を無いことにされてしまったら話になりません。

「お金にルーズな超危険人物」としてレッテルが貼られてしまい、結果的にどこからもお金を借りることができない、ブラックとして生き続けるしか無いのです。

とはいえ、本当にお金を借りれる場所がどこにも無くなり、それでもお金を借りなければならない、というシチュエーションとなった方はどうすれば良いのでしょうか?

そのまま、人間関係も崩壊させ、家族離散し、何もかもを失っても、国は平気な顔で「自己都合ですよね?」と、厳しい対応をし続けるのでしょうか。

実は、このサイトで紹介している消費者金融は、ブラックでもお金を借りる事ができる、そういった優良な消費者金融だけを集めています。

本来、消費者金融ではお金をブラックには簡単に貸すことはありません。

ここで紹介している消費者金融は、確かにJICCなどにも問い合わせをすることはあります。

しかし、大きく違っているのが、個人の返済能力の有無を重視して、お金を融資するか否かを決めている、という部分です。

ブラックであっても、社会人として努力しながら生き続けている、そういった方は少なくはありません。

返済する能力がありながらも、1円も借りれない、というのはある意味では人権損害です。

ブラックでもお金を貸してくれるサイトの場合、データだけに縛られた、無慈悲なやり方は一切しません。

その人となりをしっかりと見つめてくれ、返済ができる能力がある、ということが見なされるのであればブラックであっても、お金を即日融資してもらえるのです。

ブラックだろうが、何だろうが、お金が重要になることは長い人生の中で多々あります。

そんな時、昔返済が滞ったとか、借金の知識が少なかったために債務整理をしてしまった、という人たちに再起の手を差し伸べれない、というのは金融業者としていかがなものか、というのが筆者の意見です。

ブラックだからこそ、今後を期待してお金を借りれる、そんな消費者金融を選んでいきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?

お金を借りる…。これは人にとっての永遠のテーマです。

昨日とあるテレビ番組を見ておりましたが、人間の脳についての討論でした。

神奈川県座間市であった、猟奇的殺人事件。

この犯人は、人を殺すことに快感を覚え、次々と殺人を犯しました。

これを医学的に見て、現役のお医者さんたちが討論するというものでした。

そのほとんどの方の意思が、こういったキチガイ的な殺人犯は病気ではなく、嗜好の問題である…と。そう答えていました。

つまりは数百人、数千人、数千万人に一人、先天的に遺伝子がおかしくなり、快楽を覚えるドーパミン分泌に異常がある。なので人を殺して快感を覚えてまた繰り返すことは、至って自然なことなのだ。という意見もあったわけです。納得です。

強姦・児童性愛(ペドフィリア)も同じであり、先天的なものと後天的なものがある。どちらかかというと、ペドフィリアは後天性か。

ある医師は、「これらの人間は、隔離させてるべきである。ノーマルな人間と共存は出来ない。」と声を大にして行っておりました。

つまりは「性的被害者が必ず居る。だからそんな性犯罪者との共存を認める事は、到底できない。」ということです。

確かに私も、人権派だとかいう人は偽善者にしか見えません。自分の身内がとんでもないレイプ被害を受けても、人権と言って加害者を守れるのか?という事ですね。

そもそもは、社会的秩序の問題です。

ちつ‐じょ【秩序】の意味
出典:デジタル大辞泉(小学館)

1 物事を行う場合の正しい順序・筋道。「秩序を立てて考える」

2 その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。「学校の秩序を乱す」

近年はグローバル化と言われていますが、ここは日本であり、日本の文化というものがあります。

日本の秩序も当然ながらあります。しかし今は、超情報化社会になってしまい、世界運命共同体のような考えを持った人が多くなってしまいました。

そして近年は、トランスジェンダー(ホモ・オカマ・ゲイ・レズなど)に寛容になってしまってことで、社会的秩序の乱れが起きている。

同性愛の性交渉から性病の蔓延にもつながる。その医師は、そのようにも言っていたのです。

私も同意見でした。物凄く納得しました。

しかし、そんな考え方すらも、「こんな過激な意見を言ったらいけない!」という社会論調。風潮。

そんなマスコミもダメだと、その医師は言っていました。その医師は、特別に過激な思想ではありません。純粋な日本の誇りを持った考えです。

ダメなものは、ダメ。

道徳的・生理的な順序がある。

日本古来特有の伝統がある。

寛容になりすぎてはダメなんです。

少し熱くなってしまいましたが、お金・キャッシング・消費者金融にも、同じような事が言えると思うんです。

タイトルにある通り、「どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?」という所です。

まあ「遊ぶ」っていう事は、早い話「博打」です。

他にもキャバクラやダンスクラブなど女にハマってキャッシングをする人も多いです。

そしてそれには全て、お酒が付いてきます。

「飲む・打つ・買う」

これは、昔から言われてきた男が遊ぶための言葉です。

「お酒を飲む。賭博を打つ。女を買う。」

うーん、最高です。

お酒は飲まない男性もいるでしょう。博打をしない男性もいるでしょう。女が嫌いな男性はほとんど居ません。

私は全て好きです。

これをする為には、どうしてもお金が必要です。

遊びたい=お金が無いから遊べない=我慢できない=お金を借りたい。

このように、自分の欲求を満たす為に、人はお金を借りたいと思うのではないでしょうか?

今の私も、お酒を飲んで遊びたい・パチンコがしたい・ギャルと遊びたい…。そういう想いは常にあります。

思い返せば、確かにその気持ちでお金を借りました。

とにかく、お金を借りて、遊びたい。

そんな気持ちを持った人が、どうしてもお金を借りたいお金の相談所管理人です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【お金の相談】どうしてもお金が必要な友人の話

お金の相談所管理人でございます。現在の日本列島はとても梅雨とは思えないくらいに熱波と豪雨で二分化されているような感じです。

私はというと何も変わらない日常で、週末は自宅でのんびりと過ごしていました。

そこで久しぶりの友人と連絡を取ることがあり、少し食事に行くことに。

お金の相談所っぽくなりお金の話をしたのですが、今日はまともにお金を考えていきたいと思います。

やはりみなさんにも聞きたいのですが、久しぶりの連絡って「お金貸してください」的な話が多くないですか?

皆さんも経験があるかと思いますが、滅多に電話をかけてこないような友人から電話が掛かってくると、大体は「お金を貸してくれないか?」といった内容です…。

それか最初に探りのトークから入ります。

「最近は仕事は上手くいっているのか?」

「博打は勝っているのかどうか?」

「お金に余裕があるのかどうか?」

まあ最後はストレートすぎる質問ですが、このような話を振ってきた時は大体「お金を貸してください」という内容になります。

私も今までお金に困って苦労してきた人間です。どうしてもお金を借りたいと思っている人を見抜ける力が私にはついたのではないかと思っています…。別に必要な能力ではありませんけどね。

そんな感じで、久しぶりの友人と軽く食事をしながら話をしました。

やはり、お金に困っているという話の内容でした。

「なぜお金に困っているのか」

「何が原因でお金が無くなったのか」

「何にお金を使ったのか」

色々と問い詰めました。

やはりお金に困っている人たちは、正直に言いません。

見栄を張ろうとしているのか、恥ずかしくて言えないのか分かりませんが。

大体わかっています、何にお金を使いどのようにしてお金に困ってしまったのかは…。

私も過去に物凄くどうしてもお金に困った時でも、正直に話せませんでしたからね。

そこで腹を割って何でも話せる人間に相談する勇気があれば、人生は大きく変わると思っています。

私はその友人に言いました。

全てを正直に話すんだと。何も恥ずかしいことは無いんだと。

すると徐々に話し始めました。

その友人は、自分で商売をやり始めましたが、上手くいっておらず支払いだけが多くもうどうしようもない状況に陥ったそうなのです。

銀行融資も既にマックス近くまで借りており、消費者金融も過去に借りていたので借りれない状況だそうです。

そこで私は言いました。

「そんなに大金が必要なのか…。私は3万とか5万なら貸せるけど、そこで少しのお金を貸したところで何も変わらないだろ?」

まさにそうですよね。

商売人に小金を貸しても何も変わるわけないのですからね。

もうどうしようもないその友人。残された道は、債務整理か自己破産しかなくなりますよね。

でも思い返してください。

何が原因で、お金が無くなったのか。何にお金を使ってしまったのかを。

絶対に商売を始めた頃は、お金は余裕があったはずなのです。

しかし金銭感覚がマヒしてしまい、後先考えずにお金を使いこんでしまったのです。

そしていざ上手くいかなくなった時に、ギャンブルにハマってしまう訳です。

こんな話って、昔からよくあることです。

時代は変わっても、人間の本質は変わらないものです。

「飲む打つ買う」、お酒を飲み賭博を打ち女を買う。

昔から男を極める遊びは、こんなものなのです。

私も大好きですが、男が面白いと思うことはこの「飲む打つ買う」にすべて入っています。

究極の楽しみの本質にはこの3点が昔からあり、それが現代でも変わらないのです。

これらを新しいものに表現していくと、また新しい楽しみが生まれ、新しいサービスが生まれてくるものなのです。

例えば、飲む。

男が満足できる「飲む」で最近の流行りで言えば「出会いバー」でしょう。

打つ。

これは変わらないギャンブルですが、最近ではカジノ法案が注目ですね。

買う。

日本は売春の先進国です。AVや性風俗は世界的に見ても批判されています。

このように、お金を使い男の遊びにハマってしまうと、必然的にお金に困ってしまうものなのです。

どうしてもお金が必要な友人は、これにハマってしまったのではないでしょうか?

もちろん我々も他人事ではありません。

金銭感覚と、究極の遊び。これを上手に持ち合わせて回しながら、生活を考えていけば明るい人生になると思います。

少しまともにお金の相談所っぽくなりましたが、どうしてもお金が必要な人はお金を借りる前に、自分の本質をとらえてお金の使い方を見直していきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもサラ金でお金を借りたい場合は、まず働くこと。

お金無い…という事は、誰にでも起きうることです。

どうしてもお金を借りたいと思ってても、お金借りれるところが無ければ何も意味がありません。

ではお金が無い時は、一体どうすればいいのでしょうか?

答えは当たり前ですが、お金が無い時はまず稼ぐことです。お金を借りるのではなく、稼ぐことが大切です。

本日のお金の相談所では、個人事業主の方でもサラリーマンの方でもベンチャー企業の会社員の方でも、お金を借りないで済む方法を考えました。参考にされてください。

週一回だけでもアルバイトをすれば、お金に余裕が出来る

お金に困っているのは、ただただ無職、貧乏で生活が苦しいという方々だけではありません。それは、個人事業主の方もサラリーマンも一緒です。

個人事業主といっても、今はさまざまな仕事があります。

農家や自営業で小さな事業を起ち上げているとか、プログラマーとしてフリーで生きているとか、まぁ人それぞれの状況があります。

近頃では、フリーライターやブロガー、ある意味ではユーチューバーなども、個人事業主に分類されているようです。

関係ありませんが、はじめしゃちょーとか言ったゴミ以下の動画を上げているいる男は、二股、三股だか分かりませんが炎上をして困っていました。

その裏で、ヒカキンという変な顔をして小学生や中学生を騙し、数億円を稼いでいるバカはのうのうと、まだまだお金を稼ぎまくっています。

うどんの、どんべえを食っただけで40万円を稼いだといわれており、貧乏でお金に困っている個人事業主からしてみたら、こんな世の中消えてなくなれと思ってしまうような、クソにまみれた世界となっているのです。

さて、話しがブレまくってしまいましたが置いといて、ここでの問題は個人事業主がお金をサラ金で借りられるかどうかです。

問題としてはどこかの組織に所属している個人事業主だとしたら、お金を借りられるチャンスあるのですが、完全にド・フリーの場合はどうしてもお金を借りれない可能性があるかも、といっておきます。

不思議なことなのですが、個人事業主の場合はサラ金でお金を借りる時に、収入証明をしなければなりません。

それは、昨年の確定申告所のコピーを提出することが殆どですが、それを提出するまでもなく、審査に落とされることがあります。

それは一体何故なのかというと、働いていないニートと見なされてしまうのです。要は無職ですから、無職は本当に社会的に見て厳しいのです。

例えば、収入が1000万円ある個人事業主と、週に数回だけ近所の大手デパートで便所掃除をしている、年収200万円の大手企業の委託清掃会社のおばちゃんがいたとします。

アナタだったら確実に前者へとお金を貸したくなるでしょうが、公的な銀行や消費者金融は、絶対に後者にお金を貸します。

それは全てにおいてどこかの企業に在籍しているという、そういった信用や安心感が無いと、消費者金融はお金を貸してくれないのです。それは、サラ金でも同様です。

つまり、どこか大手企業が絡んでいるアルバイトを、週に1回でもすることにより、信用度が一気に増します。

吉野家やマックでもいいですし、スタバなどの大手カフェ、イオンやセブンなどのスーパーやコンビニでも信用は凄くあります。

副業を禁止されていても、意外とみんなバイトをしている人は多いのです。そこのバイト代で生活は少しは楽になりますし、いざという時にお金を借りる事も出来ます。

週一回だけでもアルバイトをすれば、お金に余裕が出来るという事です。

いざという時はザラ金でお金を借りる

上記の通りとは言え、お金に困る場合は誰でもあります。

お金の相談所で紹介しているここのサラ金でお金を借りる場合は、きちんと申し込みをして相談をすると借りれる可能性はあります。

ただし仕事をしていなければ、お金を借りれない場合が殆どです。

たとえブラックでも借りれるサラ金で個人事業主の方がお金を借りたいのであれば、とにかく収入が大切なのです。

どうしてもお金を借りたい場合は、必ずどこかでアルバイトをしてください。それがなければ絶対にお金を借りれないでしょう。

アルバイトでの収入を担保にすれば、必ずサラ金でお金を借りれますから。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもお金を借りなければいけない心境

どうしても、お金を借りなければいけない…。

お金が無いどうしよう…。

どうしてもお金が必要な主婦。

どこもお金借りれない…。

とにかく、お金を借りたい…。

お金借りれる所を探したい。

このように、お金に困って、お金に詰まってしまった人の心境は、とてもじゃないけど言い表せません。

そもそもなぜ私がこのような心境を記事に書いているのかというと、新しいキーワードを探すためです。

バカ正直に言ってしまいましたが、お金に困っている人、今すぐお金を借りたい人、マジで借金ヤベぇ人、色んな人がスマホやパソコンで検索しますが、どんな感じで検索してんのやろ?と思っているからです。

そうでなければこんな記事書きません。

無駄です。時間が。

私は、このサイトを作ってきて3年になりますが、ここまで来るのには相当な時間がかかりました。

当時は借金が数百万あり、私自身「お金が無いどうしよう」「マジでお金借りたい、お金を借りないと生活できない」状況でした。

むしろ、消費者金融からキャッシングしまくって、毎日パチンコをしていました。

ハッキリ言ってカス人間でした。

そんな時に、このサイト(ブログ)を書き始め、今に至ります。

3年経った今では、私のお金のなさ、お金に対する気持ちをグーグル検索大先生が認めてくれたのか、お金借りたい・○○では上位に食い込んできています。

これは私のお金が無さ過ぎて、どうしてもお金を借りなければいけない心境を延々と書き綴った努力の賜物です。

自分で言うのもアレですけど、これがアフィリエイターたちにとってのアドバイスになると思います。

気持ちですね。

まあお金に困ったことが無い人、消費者金融からお金を借りた事のない人は、キャッシングサイト、消費者金融サイトを作ることは難しいです。

私には勝てないでしょう。

借金の金額も。

これが、どうしてもお金を借りたいお金の相談所の存在意義です。

お金に困った人は、過去記事を色々と見てみてください。

私の思いが詰まった文章を見る事ができるでしょう。

キャッシングに悩み、借金に悩み、消費者金融からお金を借りすぎて返済が出来なくなり、債務整理まで考えたけれども、思いとどまった2014年から始まります。

本当にお金に困りすぎてどうしようもない時もあった私の、今の気持ちでした!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

何かにハマると、どうしてもお金が必要になります。

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

どうしてもお金が必要になる時は、誰にでも起こり得ることです。お金が必要ならば、お金を借りる事で解決しますが、必ず返済をしなくてはいけません。

お金を借り続けてしまう人は、基本的に返済の事は深く考えない人が多いと言われています。

今だけを考えてしまう…、だから借りた時はいいものの、後からきつくなってしまう…、そしてまた今だけ楽をするためにお金を借りるという悪循環に陥ってしまいます。

そもそもの原因を考えてみると、「何かにハマる」という事で、どうしてもお金が必要になってしまうのだと私は思っています

ここでは何かにハマる事例を、お金の相談所管理人独自の視点で捉えて書いていきたいと思います。

○○にハマる=理由=どうしてもお金が必要

①パチンコにハマる、パチスロにハマる=毎回勝てるはずがなく、負けが込む=どうしてもお金が必要。

②釣りにハマる=いいリールなど道具を買いたい、船などを借りて海釣りをしたい=どうしてもお金が必要。

③競馬にハマる=有料情報を買いたい、いや自力で当てたい。でも当たらないし当たってもトリガミ=どうしてもお金が必要。

④競艇にハマる=インから大きく買いたい、穴も買っておきたい。でも当たらない。=どうしてもお金が必要。

⑤ゲームにハマる=最新ゲームを買いたい=どうしてもお金が必要。

以上、とりあえず私が思い浮かんだ事を書いてみましたが、これは私個人的に経験したことを踏まえての事例です。

他にも何かにハマって、どうしてもお金が必要になるということがあると思います。

女性なら美容関係だったり、良く分かりませんが女性ならではのお金が必要な時というものがあるでしょう。

何かにハマることは悪いことではありませんが、はまりすぎずにお金を大切に考えていけばこういうことは無いと思います。

基本的に、お金を借りないで生活していけるような金銭事情に戻せるように努力していきたいものです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもお金が必要な時、お金借りれるところは?

貴方が消費者金融でお金を借りる場合に、もしもお金を借りる事ができなかったらどうしましょう?

当然、お金を借りれるもんと思い込み、その借りたお金を目当てにしていたはずです。

借りたお金で支払いを済ませて、残ったお金で生活費に回し、楽になった気分になります。しかしそれができない。

かなり焦ると思います。もちろん返済は必ずしなければいけませんから、楽な気持になるのは一時期だけでしょうけど。

まさにそんな、どうしてもお金が必要な時にお金を借りれない。危機的状況です。

私も経験があります。どうにかしてお金を借りたい。私の体験談を語ります。

私は当時、消費者金融2社からお金を借りていた状態で、信販会社のカードキャッシングに審査申し込みをしました。

家にダイレクトメール、封筒で実家に案内が来ていたんです。

大分昔に自動車ローンを組んだことがあったので、その信販会社からの案内でした。

今まではお金に困ってなかったのもあり、その封筒は捨てていました。

しかし究極にお金に困っていた当時の私は、どうしてもお金を借りたい、どうしてもお金が必要だったのを覚えています。

いつもは捨てていたその封筒を開け、案内の広告に目が留まります。

「誰でも簡単に使える、フリーローン!カード1枚ですぐキャッシング!」

こんな内容だったと思います。

私は思い切って、そのフリーローンに申し込みをしました。

しかし結果は、審査に落ちてしまいました…。

その時のショッキングさは今でも覚えています。

トイレで呆然としていました。

理由を聞いても答えてくれず、たぶん総量規制だと思いました。

消費者金融でお金を借りている以外にも、銀行からも借入が幾らかあったのです。

そこまで簡単に見透かされている私は、もう人生終わったと悟りました。

これが当時の私の、最悪な状況になった時の記憶です。

どうしてもお金が必要な時、もしもお金を借りれなかったら・・・

考えただけでも恐ろしいですね。

しかしここお金の相談所では、そんな私でもお金を借りる事ができた消費者金融を掲載しています。

どうしてもお金が必要なときに実際にお金借りれるところがあれば、生活も気持ちもとても楽になります。

まずはここの消費者金融に相談してみる方法はいかがでしょうか。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

消費者金融でお金を借りた事がある主婦の話

こんにちは。お金の相談所でございます。

どうしてもお金が必要な人は、消費者金融でお金を借りたことがある人も多いと思いますが、その実体験のお話というのはそうそう簡単に聞けるものではありません。

例えば主婦の場合、どうしてもお金が必要な主婦の方がお金の話などすることはほとんどないと言っていいでしょう。

自分がサラ金などの消費者金融でお金を借りているなんて、恥ずかしくて言えないものです。

だからこそこうしてネットで検索して、少しでも共感できる話があれば、妙に納得してしまうものなのであります。

でも、主婦の方が消費者金融でお金を借りるシチュエーションというのは、どんな感じなのでしょうか?

私が聞いた体験談を紹介したいと思います。

どうしてもお金が必要な主婦の話

(神奈川県川崎市/主婦)

私は主人とは職場で知り合い結婚しました。当時は職場恋愛は禁止でしたのでとても後ろめたい気持ちで付き合っていました。

そのまま無事に結婚して私は会社を辞め、主婦として家庭を支えていました。

主人はとてもお金にシビアな人で、私の方が浪費家だったのです。そこで家計は主人がすることになり、基本的に私には決められたお金を渡されて生活するような感じでした。

まあ私もキャリアウーマンだったので、そこそこ貯金もありましたし好きなことにお金を使ってストレス解消をしていたんですね。

家賃などの絶対的な支払いは主人が全てやってくれて、食費などは私が基本見ていました。

今まで仕事をしていた分、遊ぶことに目覚めた私は主人が出張の時はナイトクラブによく行っていました。

それがストレス解消になっていたんです。でもいつしか主人に渡されたお金が1日でなくなってしまったんです。

これがバレるとやばいので、私はどうにか資金繰りをしなければいけませんでした。せめて次の給料日までには、食費を持たさなければいけません。

誰かに頼るあてもなく、私はどうしてもお金が必要でした。

そんな時にネットで見つけたお金の相談所、ここで5万円ほど借りました。

次の給料で一括で返せると約束したので、金利も数千円で借りる事が出来ました。

面倒な書類も無く、振り込みの融資だったんで絶対に主人にはバレませんし。

きちんと世帯収入があれば、専業主婦の私でもお金を借りる事ができたんです!

でも、今までの私の遊びは反省しています。もうナイトクラブに入っていませんし、お酒も控えています。

そしてお金も落ち着いてきたので、今はパートで健康保険の代理店で働いていますよ!みなさんも保険の見直し、してみませんか?

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

未成年10代のどうしてもお金が必要なとき!

こんにちは、お金の相談所管理人です。

どうしてもお金が必要な時に、各世代に皆様は何を考えるでしょうか?

まず、どうしてもお金が今すぐ必要になる時の状況とは、どのような場面の時があるのか私なりに考えてみたいと思います。

管理人の私だって、消費者金融の利用歴は10年を越えていますから、お金に苦労していない方よりも理解力はあると自負しております。

世代別で、どうしてもお金が必要なときを考えていきたいと思います。

未成年!10代のどうしてもお金が必要なとき

18歳以上の社会人なら、お金を借りる事ができます。お酒とたばこは20歳からですが、社会的な成人扱いは、高校生を除く18歳以上です。パチンコ店も18歳以上、風俗店も18歳以上です。昨年から選挙投票も18歳以上に引き下げられました。

私が初めてお金を借りたのは、まさに19歳だったと思います。若いころから遊びを覚えてしまったら、その金銭感覚は大変なことになります。私も身を持って経験しています。

私は高校を卒業後、会社に就職しました。3年弱で退職しましたが、やはり社会人の世界は魅力と誘惑で溢れています。

私は先輩に色んな遊びを教えてもらい、初めてのギャンブル、初めてのキャバクラ、初めての花見宴会など、お金を使って過ごしてきた10代でしたね。懐かしいです。

しかし、どうしてもお金が必要な時がありました。

それが、キャバクラにハマって一人で行くようになったことです。

お気に入りの女の子にハマってしまって、それがまさかの19歳の男子ですから、キャバクラの思うつぼです。

シングルチャージで2000円多くとられるし、指名指名の繰り返しで一人で2万円とか平気で使っていました。まだ19歳ですよ!給料が15万そこらで。まあハマっちゃいましたね…。

無意識で自然と飲み屋に行っていました。記憶が無くなっていた時期もありました。

そんな時にクレジットカードが役に立ち、無意識にカード払いなどでやってました。そしてそのクレカにキャッシング枠が付いていて、1カ月で10万円飲みに行ってしまったときに、会社の先輩から教えてもらいました。

現金が欲しいとき、このクレカをATMに入れて暗証番号を押したら5万円がでてきたもんですから!

これにハマってしまい私は未成年の頃、10代の若さでキャッシング、お金を借りる事を覚えてしまったのです。

次回は20代に続きます!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

サラ金でお金借りれるところを相談!

お金を借りる為に、サラ金でお金を借りれるところを知っておくことが非常に重要なのでありますが、まずはお金がある日突然必要になってしまうことがある!ということをお伝えしたいと思います。

どうしてもお金が必要な時は、誰にでも必ずあります。事情は様々でしょうが、緊急にお金が必要になるのは非常に辛いことです。

お金が必要になる場合、例えば・・・

・身内の誰かが事故に遭い、入院してしまった…。

・交通事故を起こしてしまい、自分が加害者になってしまった…。

・突然リストラ宣告をされて、職を失ってしまった…。

・給料日に、パチンコに一撃10万円使ってしまった…。

・大金を引き出して財布に入れてたが、落としてしまった…。

・彼女に振られて、むしゃくしゃしてキャバクラで10万円使ってしまった…。

・車やバイクを壊してしまい、修理に20万円かかる…。

・税金が高くて滞納、結局まとめて大きな金額の請求が来た…。

・酔っぱらってケンカしてしまい、気が付いたら警察署、示談金でお金が無い…。

・魚釣りに行って、高級電動リールダイワシーボーグを盗まれてしまった…。

・競艇で1号艇から買い続けたのに、荒れまくって負けまくり…。

・競馬で人気馬を軸に買っているのに、レースが荒れ放題…。

・優しすぎて、友人にお金を貸しているが返ってこない。

・そしてその友人と連絡が取れない。

このように、お金の悩みや相談は尽きません。人それぞれに、色々な事情があるんです。中には情けない小話もあります。そんな事情かよッ!!!って。

でも、人生いつどこでトラブルに巻き込まれる可能性は、誰にでもあります。

常に危機管理をーなどと言いますが、トラブルは予知できません。分かってたらトラブルになりませんからね。

そんな時に貯金があれば、消費者金融やサラ金なんかでお金を借りずに済む話ですが、そんなに一般庶民、貯金がある人たちばかりではありません。仮に貯金があっても10万円とかくらいです。(私の話です笑)

ですから、「お金を借りること」というのは、一国民として、致し方ないものなのであります。

ここお金の相談所で説いている、ブラックでも借りれる消費者金融というのは、結局どこの消費者金融やサラ金からもお金を借りれなくなってしまった人の為に、本当にブラックで借りれるサラ金を紹介している訳であります。

社会保険でお金を借りる事は簡単ですし、どうしてもお金が必要な時は、サラ金に社会保険を提示してすぐお金を借りる事が出来ます。

その後のお金の使い方は自由です。しかしそのお金の使い方が大切なんですね。

いきなりアッと驚く大金が入ってきたら、金銭感覚を冷静に考える事は簡単ではありません。人間どこかで甘えが出ると、借りたお金をすぐに他の事に使ってしまうのです。

お金を借りる事は、精神的に弱者になってしまいます。そこでどれだけ冷静に居られるかが重要です。

以上、サラ金でどうしてもお金を借りたいお金の相談所がお送りしました。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!