大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

お金借りる方法一覧

年末にブラックでもお金を借りれる消費者金融はある。

お金の相談所でございます。2017年最後の更新になります。

歳を重ねれば、その積み重ねた時間が濃い人間こそ時間の流れを早く感じる事でしょう。

私もお金の事ばかり考えてきた1年でしたが、夏が終わってからは非常に早く感じました。

皆さんも2018年は、よい年になりますよう心から願っています。

最後にお金のコラムを少々書きたいと思います。

お金に困っている滞納者のために、消費者金融があります。

お金に困った経験がある私が、分かった事を書きます。

それは、落ち着きが無い人は、支払いを滞納している人が多いということです。

落ち着きが無いというのは、別に常にハイテンションで街中を走り回っているということではなく、「本当に俺は、今のままで良いのだろうか…」というような、そういった思いに常に駆られている方々のことです。

1日を過ごしている時に、無駄な日を過ごしてしまったと思いたくないのかもしれませんが、思わず今日は楽しく過ごすことができたという、証が欲しいのかもしれません。

それが、仕事や友人への感謝、人への優しさで満たされれば良いのですが、それだけと満たされないのがややこしいところです。

その喜びという部分で、なかなか心が満たされないために、思わずその日に高級な料理を食べたり、お酒を飲みまくってしまうのです。

良くいえば、宵越しの金を持たずにその日を思いっきり生きる!といったところでしょう。そいういった人生は悪くないですし、ある意味ではアリです。

しかし、問題はそういった後先考えない人生を歩んでいると、毎日が本気ですのでお金が無くなると突然辛くなってしまい、支払うべきお金を払わずに、平気で滞納をしてしまうということです。

例えば、今月は27日が返済日だから2万円は残しておかなければならないと、頭では分かってるのですが、その日までにお金をガンガン使ってしまうのです。

そして現実問題、支払日当日になると、その支払うべき金額が残っていないために、ちょっとくらいいいかな…ということで、ローンや家賃などを滞納してしまいます。

落ち着きがない=自分に自信がないので、常に自分から動いていて楽しみを見つけようとしてしまい、結果的に大切な部分にぽっかりと穴が空く訳ですね。

これは、私もあります。ついつい飲みに行ってしまってお金を使ってしまう…。どこか心のどこかでさみしいのでしょう。

しかしながら、どこからもお金を借りれないブラックと言われている人には、こういった私と同じような特徴を持っている方は少なくはありません。

そもそもの話、こういったその日その日の生き方をする方は、常にどこか欲求不満に襲われていると思ってよいでしょう。

自分が落ち着きがなく、どこかで思いっきりストレス発散をするために、お金をパーっと使ってしまいます。

どこからもお金を借りれない状態なのにも関わらず、未だ返済できずにブラックとなり、お金に悩まされてしまうのです。

心のどこかでは、それではいけない…!!!

ということは分かっているのですが…。

2017年最後に心が痛い話をして申し訳ないですが、お金の相談所として感じる事を常日頃書いております。

でも、そんな私のような人間でもお金を借りる方法として、ここで紹介している消費者金融も存在します。

日々の生活に落ち着きが無く、何かとお金を使ってしまう、お金に困窮している人たち。このサイトに掲載されている、ブラックでも借りれる消費者金融を利用してみてください。

そこから新しい人生をスタートさせるというテクニックも、捨てたものではないのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

女性でも安心して借りれる消費者金融を教えています!

お金の相談所でございます。

あっという間に年の瀬です。来年、平成30年でいよいよ年号が変わる…というニュースを見て、なんだか少し寂しくなってきます。

さて、近頃は女性の政治家をはじめ、さまざまな女性の問題が取り上げられています。

熊本では市議が方言丸出しで恫喝するパワハラ。

そして議会に赤ちゃんを連れてくるという、日本と北欧や豪州と一緒にしている女性議員。

もう古くて飽きたかもしれませんが、このハゲェー!!!違うだろぉ!!!で秘書を暴行、その後衆議院選挙にまさかの出馬。当然落選、そこからただの人になった元女性国会議員。

W不倫疑惑で年下男性弁護士とイチャイチャしている、性欲のバケモノかと思われる女性議員。

もっと古く言えば、伝説になるかもしれないあの細胞を発見し、国から消されたオボちゃんなどなど…。

女性が社会進出をし始めている今の時代、なかなかこういった悪い見本が出てくると、マスゴミどもが調子に乗るのでやめてほしいところです。

ただ、やはり日本の社会を見ると、女性の地位が高くなればなるほど、風当たりが強くなる傾向があるように感じます。

同様以上の悪さをしている男性の方は、政治家にも民間企業の役員の中にも腐るほどいるようですが、やはり男性同士の「アレ」でカバーし合っているというほかありません。

お前の気持ちは分かる…と言わんばかりに、まぁ余程の相当な悪事がない限りは、追求はしないでいておこうといったところでしょう。

しかし、女性の地位が上がった途端に、男性の阿吽の呼吸で済んでいた事例への追求が厳しくなり、この女は生意気だ!という理由からか、常にあら探しをさせられて休職に追い込むという、そういった傾向がまだまだなきにしもあらずです。

女性は余計なことをしないでいいから、可愛く家庭へのサポートにまわってくれている方がいい。これが、男性たちの本音なのかもしれません。

さて、そのような政治家のみなさんはさすがに、大手消費者金融や中小金融でお金を借りているとは思えません。しかも返済を滞納をしているとは思えません。

しかしこのはげぇ!議員は一般人になりましたし、オボちゃんも今は何をしているのか分かりません。

性欲のバケモノ議員も、もしも選挙に落ちていたらただの人。そうなれば、いつ女性が消費者金融を利用するのか、分からない時代です。

そこそこのキャリアを積み重ね、そこそこいい年齢になってから、急転直下で無職になってしまうということは、要するに貯金で生活する。もしくは再就職するかまたアルバイトに戻るしかありません。

さらに、若い頃であればまだまだ這い上がることができそうですが、30代も半ばに差し掛かるとそこから立ち上がるということは、かなり難しくなっていきます。

こういった中、とりあえずの時間を大手消費者金融でお金を借りたり、貯蓄を切り崩すわけですが、仮に病気になったとして通院などを繰り返していれば、確実に収入は減り気持ちも滅入ってしまい、そのうち借りたお金も返済しなくなってくる可能性もあるわけです。

こうなると、ずばり人生終了です。あれだけ、エリートと言われている人たちも結果的に一度沈むとなかなか浮き上がれず、結果的に借金まみれな人間になるわけです…。

さて、その人たちの人生はよくわかりませんが、最悪だからと言ってどこからでもお金を借りればいい!というわけではありません。

例えばソフト闇金とか言われる金融屋を聞いたことがありますが、そのような場所は闇金ですから、最悪だからと言ってそこでお金を借りるのは要注意と言えます。いや、絶対にやめてください。

その理由ですが、金利が高利過ぎて激し過ぎるため、今度こそ人生が奈落の底に落ちていきます。

そうなったら最後も、もう誰もカバーしてくれる人はいなくなります。

このサイトでは、ひとまずそんな闇金みたいなヤバいことを避けるために、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りることができる、きちんとしたサラ金を用意しています。

お金の相談所が長い付き合いの中で見てきた、ブラックでも借りれる消費者金融の一つです。

どこからもお金を借りれない状況でも、ここのサラ金ならお金を借りれる場所として人気があります。

もしもお金に困っていたとしても、闇金からお金を借りたらいけません。ここで人生を立て直していきましょう。

お金の相談所では、女性でも安心して借りれる優良な消費者金融を教えています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

2017~18年・新時代にブラックがお金を借りる方法!

おはようございます。お金の相談所管理人です。あっという間に年の瀬を迎えようとしております。

皆様体調管理などには十分にお気をつけ頂いて、お金の使い方もお気をつけ頂きたいと思います。

これからはお金がどんどん必要になってくるシーズンでしょうから、お金を借りなくて済むように今の内から計画をしていきたいものです。

さて、2017年11月を終わりますと、当サイトが丸3年継続達成という事になります。12月からは4年目を迎え、2018年になってゆきます。

最初にこのサイトを作った時は、こんなに長い年数続くなんて全く想像もしていませんでした。

とにかく、お金を借りたい…。どうしてもお金を借りたい…。

総量規制でもお金を借りれる消費者金融だったり、未成年でもお金を借りる方法や、ブラックがお金を借りる方法など、お金を借りる事についての体験談やブログなどを書いてきました。

2014年、15年、16年、17年…そして2018年です。

時代は目まぐるしく変わります。特にここ2年ほどで、時代が大きく変わったと思っています。

やはりソーシャルネットワークサービス(SNS)が浸透し、ITユーザーの若年化、動画配信、インターネット通販など、私には理解ができない時代に突入しました。

その反面、消費者金融など金融業界では利用者が急増。2018年は金融規制が入り、お金を借りる事が厳しく制限されるという政策も決まりました。

つまり、ITユーザーが増え続けたものの、金銭感覚が分からなくなってしまい、通販などでお金を使いすぎてしまったり、ネットギャンブル(競馬や競艇などのネット投票)で金銭感覚を崩してしまうような、そんな若年層が急増しているという事態になっています。

パチンコやパチスロで言うと、パチンコ店内でのイベント告知などが制限されたのが2012年ごろでしょうか。そしてまた最近は、ユーチューバーなどの会社の来店イベントなどが規制される決議が発案されたそうです。

確かにおかしな話で、結局は隙間産業でやってきたものに目を付けられたといったところでしょう。

それだけ、お金を借りている人たちが急増しているという事実があるのです。

お金の相談所でも長年、消費者金融とギャンブルの関係などを見てきました。

どうして私たちはお金を借りるのか?一体何の事情があって、消費者金融からお金を借りなければいけなくなったのか?

なぜ、お金を借りてブラックになってしまったのか?

様々なお金の相談を見てきました。私も身を持って聞き取り調査などをしてきました。

これからは時代も変わってきます。2018年は新時代と言われています。

2017~18年にかけての新時代。消費者金融でお金を借りすぎてブラックになってしまい、どうしようもない状況になる人のために、当サイトは在り続けます。

これからはブラックでもお金を借りる方法がある、そんなサラ金系の消費者金融が必要不可欠になります。

ここで紹介しているサラ金系の消費者金融が、まさにブラックでもお金を借りる方法として、注目される金融機関です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

子供の頃からお金を考えさせましょう!

こんにちは。お金の相談所管理人です。

大人になると、子どもの頃よりもお金がかかるといわれています。

当たり前の話ではありますが、だからこそ親は子どもに小さな頃から、「この家の家賃は○○、ローンは○○、光熱費用は○○。」など、教えておくべきです。

しかし最近の大人たちはキラキラネームを付けるほど知能が低下しています。

読めないような名前を付けたがる人たちが多いようですし、そんな人たちはどこからもお金を借りれない人となってしまうほどにお金が無い人がいますが、それは全て教養が無いからです。

その親がきちんと教えてあげていれば、借金まみれにならずに済んだわけです。やはり遺伝なのでしょうか。

なぜ、親の知能が低下したのかを説いていきますが、その理由はずばり「タダで住める」というような環境を与えてしまっていたからです。

子どもの本業は遊ぶことや、勉強である、ということをいう有識者がいますが、それはその先の話です。

まず、毎月どのくらいのお金を使えば普通の生活をしていけるのか、ということをしっかりと叩き込む必要性があります。

そして、インターンなどのように、アルバイトをさせて1日でどの程度のお金がもらうことができるのかも、子どもに分からせるべきでしょう。

今、どこからもお金を借りれない人は、借金の返済に苦しい生活をしていることと思いますが、昔は収支のバランスが取れない金銭感覚であったことだろうと思います。

例えば、家賃が6万円で光熱費用が1万円、携帯代金などを合わせて11万円程度の出費があったとしましょう。

そして、食費もあるでしょうから15万円以上は支出があるはずです。手取りが20万円といった方の場合、残るお金が殆どありませんが、それにも関わらず5万円のバッグやコートを購入するわけです。

明らかに、収支のバランスがおかしいですよね。この感覚は親がきちんと教えなかったからです。

まず、今の住まいは無料で住めて当たり前…、だと勘違いしています。

普通に真っ当な人ならば、少しでもアルバイトをして親の為に家賃を入れよう!親に楽をさせたいから仕事を頑張ろう!などと感じるはずです。

しかし親がきちんとお金の大切さを教えなかった倍、家にお金を払うべきところがなぜか毎日の生活ではなく、自分の欲望を満たすお金の使い方という方向性になってしまうのです。

そうなったら残念過ぎて、かける言葉が見当たりません。寂しさマックスバカ丸出しです。

こういった人たちがいるために、消費者金融からお金を借りる人々が増加していき、債務整理をする弁護士たちが儲けてしまうわけです。

残念な人生にならないよう、子供の頃からお金について考えさせましょう。

まぁわたくし管理人としても、お金に困り続けてきた人生ですのでバカ遺伝なんです。

今日はある意味、自分への戒(いまし)めの為にお伝えしました。

どこからもお金を借りれない人にとっては耳が痛い話だったと思います。

しかし前を向いていきましょう、何事もプラス思考です。

このサイトでは基本的に大人になるためにお金のコラムを書いています。

ブラックでも借りれる可能性がある、優良な消費者金融を掲載しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

イライラの悪循環。どこもお金借りれない人がお金を借りる方法!

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

北朝鮮問題がまた再燃してきていますね…。

一昨日なんて、北海道の道南地方沖に北のミサイルが落ちた…なんて恐ろしいニュースが…。

そして安保理で北に対する制裁に、中国ロシアは反発…。いつもと同じことの繰り返しです。

結局は北朝鮮はロシアと中国に使われているだけ、飼われているだけのかませ犬のような国なのでしょう。

それにしてもなにも出来ない政治家たちにはイライラしますよね。

このサイトではお金に関しての記事の中でいつもイラついていますが、毎日イライラして過ごしている人たちは日本中にも多いと思います。

一体なぜイライラしてしまうかは分かりませんが、自分の中の何か脅かされていたり、恐怖心、不安感で押しつぶされているのかもしれませんね。

日本人というのは時間を気にせずに、ノンビリと過ごすことが殆どできない状態で生きています。

“のんびり、猫のように生きる”とか、ゆる~い雰囲気のコピーの本が売れるようですが、猫には税金を支払う義務はありません。

また、光熱費用もかかりませんし、年金や保険も支払い免除です。また、ごろにゃーんと言っていれば、可愛い可愛いと近所の腐敗臭をまき散らすオバさんが餌をくれます。

また、猫の習性としては殆ど昼間は寝ているので、生産性はゼロと言えるでしょう。

“猫のように生きよう”と実践としたら、まぁホームレスになるしかありません。本当に、そうなのです。

そこまでしてやっとイライラしない生活を手に入れられるのですから、人間として普通に生きていたら、イライラしないで生きるのは不可能なのです。

しかし、このイライラを誘発しているのは、全てがお金となります。

金持ち喧嘩せずとはよくいったもので、金があれば全くイライラしません。

例えば、寝坊してしまって会社に遅れそうになることがあります。

そういった時、電車でちょっと嫌なヤツがいたら、普段以上にぶっ飛ばしたくなるはずです。イライラしていますねぇ。

ただし、もし金が腐るほどあり、使い道に困ってしまっているのであれば、さほどイライラしません。

「ま、ゆっくり行こうかな。怒られたら辞めればいいし。金あるからね。」で、終わりです。

上司から

「今、何時だと思っているんだ!時間にルーズな奴なんか辞めちまえ!」

と言われても、

「あ、そうですか。では、本日限りで退職いたします。アナタが辞めろと言ったので、従うまでです」

と開き直ることができ、結果的に会社に通達したことでパワハラ上司はクビ、慰謝料まで手に入れられるチャンスなのです。

金持ちの余裕は、結果的に金を生み出します。

しかし絶対に仕事は辞められない。お金が無いから耐えなければいけない…。

そんな、貧乏人のイライラは余計に貧乏生活を深堀りさせる要因となるのです。

どこからもお金を借りれない人もそうですが、イライラして返済しないから、余計貧乏になるのです。

余裕を持って返済ができていれば、今頃は貯金だってあったかもしれません。

人生をやり直すために、ここではどこからもお金を借りれない人やブラックの人でも、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人というのは、ロクなことが起こりません。今のうちに、アナタの人生のイライラを消し去りましょう。

お金の相談所では、どこもお金を借りれない人を応援しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

貧乏人は金の使い方が下手!総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はココ!

こんなことをいうのは心苦しいですが、お金が無い貧乏人というのは、お金の使い方がヘタクソだと思っています。

もちろん、お金の相談所管理人としても自分が貧乏人であり、さらには多重債務者として苦しんだ経験があるために、こういったことを言えるのです。

お金関係の仕事をしている方たちが、いろいろと上から言ってきますが、あんなものは机上の空論です。

パパやママのお金で大きくなっているので我々の気持ちなんてのは、1ミリも分かってくれないのです。

ところが、管理人はパパとママも生粋の貧乏人ですので、本当にお金の大切さを知っています。

だから、敢えて苦言を呈させてもらおうと思っているのです。

まず、大手消費者金融でお金を借りようと思っている方たちは、ストレスの発散方法が少な過ぎます。

いきなり、何を言っているの?と、思われた方も少なくはないでしょうが、これが現実です。

人それぞれ大手消費者金融でお金を借りる目的は違うでしょうが、基本的には固まったお金で、何か目的を達成するためにお金を借りるはずです。

例えば、20万円無いと行動に移せないことがあったとします。

旅行なのか、運転免許なのか、超高級バッグなのか分かりませんが、その20万円を貯めて購入しようという発想がありません。

クレジットカードでお金をつかって、お金を借りている実感がないままお金を借りてしまう人もそうですが、貯めるべきお金を遊びに使ってしまうんです。

ストレスが溜まると、人間というのは何かしら方法で、そこから逃げようと努力します。

それは映画を見るとか、寝るとか、まぁそれも人それぞれです。しかし貧乏人というのは、パチンコで増やそうと考えたり、酒をかなり飲んだり、高級な服を購入したり、ゲーム機を思い切って買ったり、意味の分からない車のパーツを購入したりと、数万円かかる方法で発散するわけです。

当然、パチンコで負けてもストレスは毎日溜まるので、こういった方法で発散しても、次から次へとお金を使うことになります。

ギリギリな生活のなか、さらに20万円の何かをしようとする時点で、頭が狂っているとしか言いようが無いのです。

貯めるべき金を、数万円もかかる趣味に投じる訳ですから救いようの無い能無しです。私も同じです。

結果、返済をすることもできなくなり、お金を借りすぎて総量規制となります。総量規制オーバーは、どんな審査が甘い中小金融でもどこもお金を貸してくれません。

こうなると、最悪な結果としては闇金しか無くなるわけです…。それは、いけません。

だからこそ、このお金の相談所でブラックでも総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を利用することを考えてみてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【お金の相談話】絵に没頭して借金へ。

お金の相談所管理人でございます。

季節は真夏で、熱さというよりも熱波が襲っています。台風5号も日本列島を縦断しています。

そんな中、お金の相談所らしくお金の相談話を掲載したいと思います。どうしてもお金を借りたい方の話をご覧ください。

自分の才能に溺れた結果、お金を借りまくってしまった!

こんにちは。どうしてもお金を借りたい僕です。

何故、人間は金のことばかりを考えて生きているのでしょうか。

僕には、そのことが全く理解できない時期が長くありました。

やりがいを求めて、絵描きを目指していたのが高校生で、受験戦争もバカらしくなり自宅で油絵に没頭していました。

僕が傾倒していたのが、「印象派」と呼ばれるものです。

印象派は、ルソーやモネ、ゴーギャンなどがいた場所ですが、僕も彼らと一緒で写実的ではありますが、光を大切にした作品を多く描いていました。

ただ、問題が勃発したんですよね…。それは、画材道具がめっちゃ高いということでした。

さらには、このまま自宅の殻に閉じこもっていたら、絶対にいつか引きこもりになり地獄に落ちると確信していたので、思い切って個展を開こうと決心しました。

父の知り合いである小さな喫茶店を貸し切って、3日間行ったのです。

少しは安くしてくれましたが、3日間で30万円でお店を貸し切りました。

入場料は、一人1,000円。

作品が気に入ってもらえたら購入も出来ます。

大体1点5万円かなぁ。僕の実力では。

でも僕の芸術に触れる機会なんて、そうそう無いわけですし、開催前日には大盛況&美術界のお偉いさんたちからの熱いインタヴューの嵐で、世界が一気に変わることを想像していたのです。

今の時代はツイッターやFacebookがありますから、僕の個展にきてくれた人が沢山ツウィートしてくれて口コミでざわちんの様に有名人に成れると想像もしていました。

さあ、個展の開始です。

・・・

しかしフタを開けてみると、現実の厳しさを目の当たりに…。

3日間で来た人数は、僕の弟、両親、喫茶店のマスターの息子さん、そしてポマード臭い喫茶店常連のオッサン2人…。合計6人でした。

大手消費者金融で30万円、お金を借りれるだけ借りて、奮発して間借りしたのにも関わらず、赤字とか黒字以前に人として失格の烙印を押されてしまった結果で終了しました。

さらに弟からは、「こんな絵、ゴミの日に出した方が良くない?」といわれ、オッサンからは「俺でも書けそうだな」としか言われませんでした。

当然、自信喪失してしまい、1ヶ月間は仕事もできずに鬱状態。生活が苦しくなるわけですから、当然大手消費者金融では延滞です。これが続くとブラックになります。

その後少しでも社会貢献するためにアルバイトを始めて、中小金融でもお金を借りました。

その中小金融もお金を返すのがイヤになって、延滞しています。今はトータルで50万円の借金があり、30万円は延滞中です。

あの頃、僕の芸術は世界的な物さ!とかいって友人たちに豪語していたのが恥ずかし過ぎて、もう外も歩きたくありません。

でも、お金を借りたのに返済に遅れるということは良くありません。

僕は現在、総菜屋でアルバイトをしているのですが、先日パートの杉下さんに、「○○君さぁ。すっごく、つくねを丸める能力高いね!」と言われました。

もういっそのこと「つくね専門店」で働きたいです。つくね…。

人生で初めて褒められたのですから、笑わないでください。

僕は、つくねがあれば今は生きていけるのです。

つくねでお金も稼げます。

ブラックなのにお金を借りたいときにでもお金を借りれる場所がある。そうつくねから教わりました。

つくねは生きています。

簡単にお金を借りることができる場所もつくねから教えてもらえそうですので、一からつくねと歩み始めます。

苗字も築根に変えたいと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

日曜でも借りれる金融は?【お金の相談所】

こんにちは、お金の相談所管理人です。

よくあるお金の検索エンジンでは、「土曜や日曜に、借りれる消費者金融は?」という内容が多く感じられます。

そこで勝手ながら、お金の相談所管理人の私が解説したいと思います。

まず、審査の申し込みなどは24時間365日、インターネットなどで行ってくれます。無人契約機は21時までだったと思います。

しかし、お金のやり取り(入出金)などは、基本的に土日は行っていません。

振り込みの融資である、街金融や銀行ローンなどは、銀行営業日にしかお金を借りることは出来ません。

日曜でも借りれる消費者金融となると、すでに契約しているキャッシング、消費者金融のカードを持っているのなら、コンビニのATMで日曜日でも祝日でも、お金を借りることは出来ます。

私自身、恥ずかしい情けない思い出ですが、大晦日に当時あった闇カジノに行き、大負けして正月にコンビニでキャッシングをしました。

ですから、新規の契約事態は土日は厳しいと思いますが、既に契約している人は日曜でも借りれる消費者金融カードがあれば可能ですね。

ここで紹介している街金融は、カードの発行は多分無いハズなので、日曜日は審査の申し込みだけは受け付けているでしょう。月曜日に融資が出来ると思います。

そもそもは、やはりサラ金でお金を借りるべきではないので、出来るだけお金を借りないで生活ができるように心がけていくべきです。

どうしてもお金が必要になった場合のみ、総量規制オーバーでもブラックでも借りれる、日曜に審査が出来る消費者金融にお願いするのもアリでしょう。

お金に焦ってしまうと、精神的におかしくなってしまいます。生活に支障が出ない程度に金銭感覚を元に戻して行くべきです。

ブラックでも借りれる消費者金融は、最後の手段として考えてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【お金のニュース】総量規制でも借りれる消費者金融

こんにちは。お金の相談所管理人です。

ふとニュースを見ていると、お金に関する気になるニュースを見ました。ここでは私の勝手な主観を述べたいと思います。

まずそのお金のニュースのタイトルなのですが、「銀行カードローンが19年ぶりの高水準(5兆6千億円)」というものです。

ケタ外れな金額です。

しかも消費者金融、街金融などの、貸金業者の貸出金額は別です。これとは別で、消費者金融業者の貸出金額は4兆円だそうです。

合わせて約10兆円弱ものお金を、日本国民全員で借りているという状況です。

ビックリ仰天です。

私個人で言えば、一番多い時で300万円の借金がありましたが・・・

日本国民の成人の数で言えば約1億人です。

ざっくり計算して、10兆÷1億=成人1人単価10000円の借金です。

こう計算すれば、全然ですね。

借金大国日本と言われるのも頷けます。

この銀行カードローンは、総量規制対象外です。

なので、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融として、銀行もどんどん営業してきていますね。

私にもよく銀行から電話が掛かってきます。

「○○銀行の佐藤と申します。○○様の携帯電話でいらっしゃいますでしょうか?」

「はい、そうですよ。」

「この度、ご融資の案内で連絡させて頂いておりますが、融資などはいかがでしょうか?」

「今は間に合ってるんで、大丈夫です。」

こんなやり取りをしました。みなさんも経験があると思います。

特に今は、サラリーマンが不動産経営などを副業にしている人が多いみたいで、銀行から借入をしてまで副業をやっているそうです。

その貸出金額は、上記の銀行カードローン、消費者金融の貸出金額とは別で、なんと22兆4388億円にも上るそうです!

やばすぎます。合わせて30兆円を銀行は貸しているという事です。利回り年間0.1%でも3000億円です。金利って凄い。

その他、法人などへの貸し出しも併せて銀行の貸出残高は…

「482兆7598億円!!!」

もう知りません。

成人1億人に対して1人当たり、48万円です。

もう訳が分かりません。

しかし、日本国民一人当たりの貯金額は600万円?というデータもあるようですが…。

こうなってくれば、総量規制って全く意味がない制度なんです。

なぜ銀行だけ総量規制がなくて、消費者金融は総量規制があるのか・・・

やはりそれはお金の借りすぎ、貸しすぎに注意しなさいよっていう事なんですね。

人間の欲求は止められないものですが、その欲求の多くが私はギャンブルと思っています。

つまりこの借金の殆どが、ギャンブルをするための借金ということなのです。

日本は誰でも簡単にギャンブルが出来る環境にあります。

競馬も競艇も競輪も、ネットで誰でもかける事ができます。

友人は中学の頃から競馬をやっています。

パチンコ屋も簡単なギャンブルの入り口で、誰でも簡単にすぐお金を賭ける事ができます。

この日本独特のギャンブル制度が、借金大国の礎になってきたのです。

それなのに総量規制などを設け、一般人を苦しめるような制度ばかりが進められていて、そもそもの入り口は何も規制されないのです。

それには利権が絡んでいるので、崩されない所なのでしょうね。(やっとカジノ法案が通りましたが、パチンコは変わりません)

もっと総量規制でも借りれる消費者金融を作るべきであり、貸し出しの金額を抑えれば、総量規制オーバーでもお金を貸してくれる、そんな消費者金融を応援するべきです。

ここでは街金融という消費者金融を紹介していますが、総量規制オーバーでも借りれます。しかし借りれる金額は少ないので、自分に合ったお金の使い方をしていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【ブラックでも借りれる所を教えます】

ブラックでも借りれる所を知りたい方は、今の時期には多くはありません。やはり1年の終わりである12月末、最後にお金を借りて借金して新年を迎えるなんて、結構きついですからね。

しかしそんなの関係ないくらいに、お金を借りたいと思っている方も、少なからずはいると思います。

ただしブラックになってしまった方ならば、どこからもお金を借りれないという状況にあるでしょう。

そもそもなぜブラックになってしまったのか…、そこから考えていきましょう。

やはり一般庶民のお金の問題で言えば、パチンコやスロットでのお金の使いすぎでしょう。

小さなギャンブルは、徐々に大きくなっていきます。小さな借金から大きな借金になります。

男だったらバクチの一つくらい、やっていいものです。私はそう思います。

嫌なことから逃げ出したい、現実逃避をするために、パチンコ屋に行くのです。

全ては言い訳なのです。本当に我を忘れてパチンコをする、これが男なのです。

私の場合はそれが行き過ぎてしまって、結局はお金を借りまくってブラックになってしまいました。

もう返済してますが、ブラックになってしまった方の気持ちは良く分かります。

だからこそ、ここのお金の相談所で紹介しているところ、それがブラックでも借りれる所なんです。

今の時代は総量規制などの制度により、お金が借りにくくなっています。そんな中でも当サイトが紹介している消費者金融は、個人経営の消費者金融になります。

だからこそ総量規制オーバーでもお金を借りることができ、ブラックでも借りやすくお金を借りれる所なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!