大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

お金借りたい一覧

買わない宝くじは当たらない!多重債務ブラックでもお金を借りれる方法!

ブラックでもお金を借りたい…という気持ちは理解できます。

止められないんです。お金を使う事を…。

これが、本当のブラックの悩みなのかもしれません。

多重債務者

お金が苦しい…という事を分かっているのに、なぜか無意識のようにパチンコ屋に行ってしまったり。まさにギャンブル依存症というものです。

これがブラックの症状とも言えます。

しかし一般的にブラックの場合は、お金を借りることは不可能です。

そもそもブラックは、信用情報機関で信用(金融)事故を起こしている、というレッテルが貼られているため、そういったブラックたちにお金を貸してしまうと、大手銀行や消費者金融など、金貸し業者側の信用問題にも関わってくるからです。

お金を借りたいブラックの立場

さて、そんなブラックでもお金を借りたい!という方。非常に厳しい立場に置かれていることだと思います。

どんな消費者金融に申し込みに行っても、結局は必ずどこも借りれない。どうせ審査落ちしてしまうから、どこにも申込たくない、という後ろ向きな気持ちになりがちです。

確かに、ブラックにはお金を貸してくれない金貸し業者や金融機関ばかりなのは、周知の事実です。

しかし、買わない宝くじは当たらないのと同様に、どこかに申し込みをしない限り、お金を借りることは到底できません。

その「当たり」を理解しておけば、何となく心が楽になってくるのではないでしょうか。

パチンコは天井が無く、いつ当たるか分からない不安が常にあります。

しかし、金貸し業者の審査の申し込みは、必ず当りが存在します。

どんなにどこもお金を借りれない方でも、必ず絶対お金を借りれる場所は存在するのです。

それが金貸し業者なのか、身内や親族なのかはまた別のお話ですけどね。

基本的に、ブラックは肩身が狭いことは理解できます。

ブラック、ということは明らかに悪質なる信用事故を起こしているわけですから

「お金にだらしない人間」

だと世間は理解するでしょう。

しかし、お金を借りていた当時は、とにかくだらしない人間であっても、人間成長していくにつれ、徐々にお金の大切さに気付いていき、結果的に大切にバランス良くお金を利用していけるレベルになっている・・・という事もあるわけです。

人間、何度も同じ失敗を繰り返すことはありますが、そこで真剣に学ぶようになれば、逆に一般的な人たちよりも詳しく、専門的な知識を手に入れることができます。

大手金貸し業者での融資もそうですが、本当に利用の仕方を経験するだけで、ブラックでも借りれる消費者金融を、有意義に使うことができます。

お金に悩む人の、お金の使い方とは?

お金に悩む人は私も含めて、お金の使い方がついつい激しくなってしまいます。

最初の頃は、簡単にお金を借りれると知ってしまっているので、後先考えず財布にあるお金を使ってしまうのです。ダメだと分かっていながらも、体が勝手にお金を使ってしまうんです。

これがまさに、理解しているのにお金の悩みになってしまうのです。

多重債務者となってしまう人たちというのは、借りたお金を自分の給与と勘違いして、どんどん利用してしまうわけです。
もしくは私も同じ症状に苦しんでいますが、辞めたくても辞められないギャンブル依存症から抜け出せず、持っているお金を全部使ってしまう病気です。

本来、必要な分の支払いをするために5万円が必要であれば、5万円だけを借りて、それを3ヶ月くらいかけて返済すれば良いだけの話です。

しかし、5万円だけという小口融資の仕方を大手金貸し業者、ビッグバンクのキャッシングはしてくれません。むしろ20万円程度の融資枠いっぱいのお金を融資してくれます。

そのため、本来利用すべき5万円だけではなく、関係のない15万円を利用して遊んでしまうわけです。

これが、銀行カードローン・消費者金融キャッシングの罠です。

カードローンの罠

そこで味をしめた利用者は、本来使用しなければならない理由も明確では無いのにも関わらず、10万、20万円とどんどん借入を増やしていき、遊びに全て使ってしまうのです。

そこに、パチンコ依存などが絡むと、もう私のように無意識にお金を使ってしまう病気になってしまうのです。

どうせ、お金があるということで、どんどん遊びの予定を入れてしまいますし、事実、収拾がつかなくなっています。

そして、これ以上はお金を貸すことはできません、と消費者金融の審査落ちした時にはじめて、

「あ、俺、多重債務者だ…ブラックになってしまった…」

と気付き、後悔するのです。

多重債務者の特徴

多重債務ブラック

多重債務者のほとんどは、毎月の返済を、別の金貸し業者の借入分から補填しているため、いつかはその残高はゼロになります。

これが、自転車操業です。

自転車操業だと理解はしているんです。

わかっていながらも、「まだいける、俺はまだやれるんや…!」と、その苦しい状況を現実として飲み込むことがどうしてもできず、結果的に最悪な状態になるまで自分を追い込んでしまうわけです。

ここまで来ると、明らかにもう多重債務者ブラックとなり、審査を受けること自体が恐怖体験になります。

人から受け入れられないこともショックですが、公的な金融機関からお金を借りられなかった…という事も、それなりにショックです。

知識も、仕事も、家もある。それなのにも関わらず、昔の事故が尾を引いてお金を借りられなかった…、人生を否定されているような、非常に不安な気持ちに苛まれてしまうわけです。

しかし、多重債務からブラックになるくらいですから、その人が元々お金持ちな人間とは言いにくいでしょう。むしろ、貧乏で毎月ギリギリの生活をし続けている、というような状況かもしれません。

やはり、人間いつかはまとまったお金を支払わなければならない、そういった状況になることも少なくはありません。

そういった時、どこからもお金を借りられない以前に、怖いから審査の申し込みをしないのであれば、事態が好転していくことは無いわけです。

冒頭でも説明した通り、買わない宝くじは当たることはありません。

そういった意味からも、どうにかしてお金を借りるしかないのです。

そんな時の為に、お金の相談所では大手銀行カードローンではなく、ブラックでもお金を借りることができる、そういった金貸し業者を紹介しています。

ここで紹介している金貸し業者は、ブラックとか、ブラックでないとか、そういったことにはあまり関係がありません。

大切なのは、その申し込みをした人の返済能力があるか否かなのです。

返済能力が無いということは、10万円を借りて月々1万円の返済が続けられないような経済状況の方です。

逆にいうと、それができるのであれば、小規模な個人の金貸し業者は、お金をブラックでも融資してくれるの可能性があるのですから、これは使わない手はありません。

ブラックの場合、さまざまな不安を抱えてしまっていると思いますが、そこに理解のある金貸し業者が存在しているのです。

ブラックだからと一人でお金の悩みを抱え込まず、まずはお金の相談所に掲載されている金貸し業者に相談してみてください。

きっと、どこからもお金を借りれずに困っている自分の悩みが嘘かのように晴れていき、楽しい日々となっていくはずです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックでもお金を借りたい人が、成功する秘訣!

お金を借りるために、努力を続けることは良いことです。

しかし、そのお金に振り回されては元も子もないので、しっかりと返済する力を身につけ、計画的にお金を借りるように自分のスタイルを変化させていきましょう。

何を言いたいのか?ということですが、ブラックになると、とにかく今お金を借りることに集中してしまいがちである、ということです。

ブラックがお金を借りる方法としては、独自審査を行っている優良な消費者金融を利用するに限ります。

ネットで最近よく見かけるソフト闇金的な消費者金融なども、すぐにお金を貸してくれると話題ではありますが、そういった場所は違法性の高い金利を設定しているので、一歩間違うと返済するだけで人生が終わってしまう、という最悪な結末を迎えてしまいます。

とにかく、まずブラックがお金を借りるためにという精神を心掛けていくために、「返済能力と借入のバランスを知る」ということから始めましょう。

■一体自分は今いくら稼いでいるのか?収入と支出を考える。

ブラックでもお金を即日融資で借りたい!という方は自分がどれだけお金を稼いでいるのか、把握できているでしょうか。

大手消費者金融でお金を借りている、という方は貧乏人というイメージですが、案外そういったわけでも無いので興味深いところです。

例えば、年収の3分の1が総量規制の限界ではありますが、年収が500万円程度ある人であればマックス借りても、170万円くらいは借りれるわけです。

170万円の借金で、結構凄いですね。さらに、年収が800万円を超えている方であれば、260万円程度は借りれます。

案外、年収が高い人たちの方が多重債務者に陥っている、ということもわかるでしょう。

さらに、年収が高ければ高いほど、普段使いしているお金が高くなる傾向があります。

つまりは金銭感覚の麻痺・崩壊から、収入に見合ったお金の使い方ができなくなってしまうのです。

貧乏から這い上がった年収800万円の人が、バイト時代の年収100万円の頃と全く同じアパートに済み、第三の酒を飲み荒らし、そしてたまに電気代を支払い忘れて携帯電話の光で生活する、ということはないでしょう。

それなりに、年収に応じた生活水準になるでしょうし、付き合う仲間のレベルも高まってくるはずです。

さらに、500万円以上の年収を貰っているのであれば、恐らく結婚をして、こどもまでいらっしゃる方もいるかもしれません。

■生活に困ってないのに、お金を借りたい?

このような意外といい生活をしている人たちは、それなりの固定費用がかかります。

月々の家賃が数倍になったり、エンゲル係数が高まったり、一見、普通の生活や「リア充」な連中は、大手消費者金融とは無縁というイメージがあるのですが、案外こういった方々こそお金を借りている、ということが考えられます。

彼女が出来たり、良い車を買ったり、ナイスな家電を購入してローンを組んでいた場合は、どんどんお金が流れていってしまいます。

そして、人間同士の交流や付き合いも増え、そこそこのお店に毎週のように遊びに行くようになるのですから、お金がいくらあっても足りないわけです。

そんな時、遊ぶ金が欲しいということで、ついつい大手消費者金融に手を出してしまう…!という構図です。

生活には一切困っていないのですが、もっと周囲の金持ちたちと同じ行動をしたい、ということで思わず借金してしまうんです。

生活に困ってないのにお金を借りたい!と思う方は、物凄く多くいるのです。

●最悪は、悪質な闇金に手を染めてしまう…。

もしも、毎月必ず発生する固定費用として、15万円かかってくるとします。

家賃からクレジットカードでの支払い、光熱費用、さらには保険やスマホ代など、とにかく毎月の必要経費、つまりお金がかかります。

そんな中、消費者金融でお金を借りていたら、月々プラス固定費用として2万、3万円を返済していかなければなりません。

すると、段々返済が厳しくなってきて、自分が嫌になってきます。

そこから現実逃避するために、パチンコにハマったり、競馬にハマったり。ギャンブルが心のよりどころになってしまうのです。

さらに、大問題を引き起こしてしまうのが、人間の付き合いです。

お金が無くなってくるので、今までの付き合いが悪くなったり、安居酒屋、そして彼女に対してケチになります。

その人たちも、付き合いが悪くなってくれば嫌な気分でしょうし、もう誰も相手にしなくなってくるかもしれません。

しかし、それは嫌だ…ということで、自分のステイタスを維持するためだけに、怪しい闇金に手を染めてしまう人もいます。

これは最悪なパターンですが、絶対にそのようにならないようにしましょう。

●収支のバランスを考えてお金を借りる

ブラックでも即日融資でお金を借りる事ができる、そういった消費者金融はあります。

しかし、そういった消費者金融でお金を借りたいのであれば、まずは稼ぎと収支のバランスをしっかりと頭に刻み込む、ということを忘れないでください。

当たり前のことかもしれません。ただ、遊ぶお金が欲しいから、ということで暴走してしまうと、月々の支払いがどんどん増えていくだけです。

自由に使えるお金が、月々1万円になってしまったら、アナタの人生はどうなってしまうのでしょうか。

普通に考えて、年収が700万円以上あるのに月々自由に使えるお金が1万以下となるのは、かなり生活がヘタクソである、と言えます。ブラックとなっているのであれば、尚更です。

まず、根本的に収支のバランスを整えてから、お金については借りる、借りないを考えてほしいと思います。

ブラックの方は、まずは節約して利用できるお金を増やすことを考え、そこから意味のある融資をしてもらう、ということを考えなければなりません。

恐らく、多くのブラックの人は自分の稼ぎと出て行くお金の計算をしたら、ショックで寝込んでしまう可能性があります。

そのくらい、恐らくは出費が多いでしょう。現実を知ることもひとつです。

それが、ブラックでもお金を借りたい人が、成功する秘訣です。ぜひ、このことを忘れずに人生を歩み続けてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたい時!借りやすい金貸し業者は?

皆さんは、本当にお金に困ったことがあるでしょうか?

お金を借りたい!と強く思い、金貸し業者などからお金を借りたい!と思ったことはあるでしょうか?

消費者金融などの金貸し業者からお金を借りるということは、そのほとんどの方が、友人や親などから小さなお金の貸し借りを行っていたはずです。

缶コーヒー代で100円貸して!だとか、電車賃で10円足りないから貸しといて!とか、そういった小さなお金を貸し借りしたことがある人は多いでしょう。

しかし、弁当代が無いから1000円貸して!や、給料日に返すから10000円借りたい!など、金額が多くなってくれば、それはまた違ったお金の貸し借りになってしまいますよね。

まさに信用問題・人間関係に関わってくることなのです。

1円も10円も、1000円も10000円も、お金の価値は同じです。

その中で、幾らお金に困っている!幾らお金が足りない…!という状況は、人それぞれ経験したことは大きく違ってくるはずです。

これが金額が大きくなってしまったり、恥ずかしいから誰にも相談できなくなってしまった…。そんな方が、消費者金融などの金貸し業者からお金を借りてしまう訳です。

金利を払う事は非常に勿体ないことであり、本来ならば金貸し業者などからお金を借りるべきではないのです。

これから、お金の相談所管理人の私が感じてきた・経験してきた、お金に困った状況を紹介していきます。

あり得ないお話から、ウンウン、あるある!という体験まであるかと思いますが、共感していきましょう。もちろん、お金を借りないように自分に言い聞かせてほしいとも思います。

1円足りない!1円のお金を借りたい時。

まずは1円あるある。これは誰もがあるでしょう。コンビニで151円の買い物をした時、200円しかない場合ですね。

友人が隣にいたら必ず、「1円貸してくれ!」や、もしくは友人から「1円あげるよ」といった心優しい言葉が出てきます。

お金の価値観・友人などの信頼関係は、たったの1円と言ったら1円に失礼ですが、たったの1円では全く揺るがないものです。

つまり、1円レベル程度のお金の貸し借りは、仮に1円返さなくても全く何の問題もありません。

10円‥貸して?10円のお金を借りたい時。

さて、1円の次は10円です。

1円借りる事はあっても、10円借りる事って、思い返してみてもあまりないですよね。

コンビニで、「うまい棒を食べたいから、10円貸してくれない?」といった大人は見た事ないです。

カウンターにあるチロルチョコを買う時に、20円追加で借りる事はあり得るかもしれません。もちろん10円貸してくれる金貸し業者は存在しません。

10円借りる場合は、1円と同じようなところです。つまり、10円でも家族や友人の「信用・信頼」は揺るぎません。

10円返さなくても特に問題にはならないでしょう。

100円ツケといてね。今度返すから!100円のお金を借りたい時。

1円・10円と見てきましたが、100円となると、少し勝手が変わってきます。

1円・10円ではそこまでお買い物は出来ませんが、100円となると「お買い物」が出来ます。

缶コーヒー・アイス・シュークリームなどがスーパーやコンビニで買えます。

今月残り2000円しかない場合、100円奢ったりすると致命傷になります。お金に余裕がある時の100円は可愛いものですが、100円貸すことは少し信用問題に繋がるかもしれません。

しかし100円も、もしも返さなくても大きな問題にはならないと思います。

1000円お金を借りれば、必ず返さなければならない。

いよいよ小銭から、紙幣に変わりました。ここで大台の1000円のお金の貸し借りについてです。

もしもあなたが、「1000円借りたい。頼む」と友人に言われたら、どう言葉を返すでしょうか?

私なら「わかった。いつ返せるの?返済日を決めたら貸すから。」と言うかもしれません。

そしてなぜ1000円だけ借りるのかを聞きます。生活に困っているのなら、何らかのアドバイスをするでしょう。1000円を借りてくる人は、人間性に問題があるかもしれません。

私の地元の先輩に、とても悪い人が居ました。会うたびに「おい、1000円貸してくれ」と言ってくる、ギャンブラーの先輩でした。

現代の言葉で言う「DQN・ドキュン」といったところでしょうか。昔から親がヤンキーのようなヤクザのような、毎日パチンコ屋にいるような種族でした。

これらの下級民族に私は今までいくらカツアゲされたか分かりません。しかももちろん返って来たことは一度もありません。

1000円は、借りる場合にちょうどいいお金なのです。1000円位返さなくてもいいだろう。そう思っている人が多いのです。塵も積もれば…。チリツモです。

10000円借りるなら、金貸し業者からお金を借りよう。

5000円を飛ばして、いよいよ10000円です。こうなれば、銀行・クレジットカードのキャッシング・消費者金融のような、きちんとした金貸し業者からお金を借りるべきでしょう。

金貸し業者からお金を借りた場合は、必ず金利というものが発生します。この金利が勿体ないのですが、やはり10000円は大金です。

つまりお金を貸す側も、もしかしたらお金が返ってこないかもしれないというリスクを背負っているので、金利を払わなければいけないのです。

まとめると、10000円以上のお金を借りたい時は、きちんとした金利を払って金貸し業者からお金を借りましょう。

当サイトが紹介している消費者金融は、10000円からの少額融資も行っている金貸し業者です。

ここの金融会社のポイントは、今流行の総量規制などで、どこからもお金を借りれなくなってしまった人でも借りれる可能性が高い、借りやすい金貸し業者なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

平成30年・現代のサラ金でお金借りたい人の想い。

お早うございます。お金の相談所管理人です。

時は2018年、平成30年になりました。

これまでの時代も、お金を借りる方法が様々にある中で、そのお金を借りる方法・形式も年々変化してきています。

まさに超情報化社会・科学技術の進歩が急加速の時代と色々言っておりますが、その中で「お金」の価値観も大きく変わってきていますね。

最近よく聞かれるのが「ビットコイン」です。仮想通貨ですね。

これは今さら始めても何にも意味がありませんので、変な悪徳商法に騙されないようにしましょう。

昔に「ビットコインが今後こうなる!」と信じて買っていた人の勝利という話なだけであって、今その市場に熱中・参加しようとしている人たちは、ただの金魚のフン状態なのです。

いつかは必ず暴落するので、それがいつになるのかを見ているだけで楽しいギャンブルとして見ていいでしょう。

しかし最近は若者が仮想通貨や株・外国為替などで一儲け。そして調子に乗ってテレビに出まくっている番組をよく目にします。これは非常に良くないことです。貧困の格差は、こういった金融資本主義から生まれています。まさに運・ギャンブル・賭博です。資本主義自体がギャンブルの原理と同じです。商売もギャンブルだ!という社長さんが多いのもその一つです。

むしろギャンブルで無い商売は、何でしょうか?お国の仕事でしょうか?それなら公務員です。つまりは安定。これは資本主義ではないのです。

今の日本社会、この金融資本主義にある中で、消費者金融・サラ金が存在しています。

お金を貸して、その見返りにお金を上乗せして返してもらうというものです。まさに金が金を生む商売です。

普通と言っていいのか分かりませんが、普通に生活していたならば、サラ金からお金を借りるような事は無いはずでしょう。

しかしさっきも言いました、金融資本主義。貧困の格差。

一部の若者がIT情報化社会で儲け、それをテレビでどんどん垂れ流し、それに感化された夢を見る人間が大失敗し、お金が無くなってしまう…。

完全に喰われる身となっている人口が圧倒的に多い中、ねずみ講のように仮想通貨やFX・株式投資などにのめり込んでしまうのです。

喰うか・喰われるか。

これが恐ろしい金融資本主義なのです。

相手は世界中の大金持ちです。ウン億・ウン兆ドル・円相手に、数百万円・数千万円でかなう筈がありません。勝ったとしたら、たまたま勝ち組に乗っかっただけです。

それを自分のチカラだと勘違いした若者が非常に多いだけなのです。

現金に勝るものはありません。

その超情報化・IT社会で失敗した人たちが、サラ金や消費者金融でお金を借りる。まさに平成30年、現代版の消費者金融・サラ金でお金を借りたい人の想いは、そこにあるのではないでしょうか。

どうしてもお金を借りたい人の為に、お金の相談所が紹介する消費者金融とサラ金があるのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

年代別のお金を借りたい人たち!

2018年になりました。本年もお金の相談所は、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれるように、様々な消費者金融を紹介して参ります。

新しい時代になり、日々の生活は変わっていきます。特にここ数年で、本当に様々なものが変わりました。

SNSなんかもそうですよね。数年前に一時的な流行なのかと私は思っておりましたが、今では流行語になるほどの力を持ってしまいました。

便利になりすぎた世の中ですが、消費者金融業界でも同じような事が起きています。

お金の貸し借りなのに、対面せずにネットだけでお金を借りる事ができる時代になったものですから驚きです。

そして時代の変化に伴い、お金を借りる人の事情も変化をしているそうです。

昔は車を買ったり、キャバクラなどにツケ払いをし借金をする人は多かったと思いますが、現代は車離れが進み、草食系男子が増えたと言われています。

これから現代のお金に悩む人たちを、年代別で考えていきたいと思います。

20代でお金を借りたい人たちは?

20代の方々は、借金をしたての若い方々もいれば、お金を借りた事が全くない方も多くいると思います。

そしてお金を借りて遊んだりする方法を覚えてくる時期でもあります。悪い遊びを覚えた若者は、30代に向けて借金を背負う運命になるかもしれませんので、今ピンときた方は気を付けましょう。

そして今は珍しくなった車をローンで無理して買う20代の方も、ローンは借金だという事を肝に銘じてほしいと思います。

一時期の高収入を若くして経験してしまったら、そのお金の魔力にとり憑かれてしまう可能性もあります。つまりは金銭感覚の崩壊が訪れる可能性があるかもしれませんので、注意しましょう。

20代でお金を借りたい人達は、まさに遊び盛り・お金を使いたい盛りの人たちです。

30代のお金を借りたい人たち

30代になると、新し買い物で借金というよりも、20代で積み重ねてきた借金を継続しているという人が多いそうです。収入もある程度安定している方も多く、消費者金融を初めて利用する人も多く見受けられます。

20代で人生が順調に行っていた方でも、新しい何かをキッカケに、消費者金融でお金を借りる事を覚えてしまった人もいます。まさに人生の分岐点です。

日本の成人人口の中で、最もお金を借りている人は30代の方と言っても良いのかもしれません。

30代のお金を借りたい人というのは、自分で何かをやり始める人でしょう。それ以外はギャンブルに没頭した人たちです。

40代のお金を借りている人は…

40代はお金を借りるという概念よりも、既に大きなローン(借金)を背負っている人が多いと思います。

既に家庭を持っている方もそうですし、脱サラして自分で商売を始めている人もいることでしょう。その際にお金を借りている人も多いはずですが、やはり大きな金額を借りるという事になります。

しかし残念ながら、消費者金融では大きな金額は借りれません。ですから40代で消費者金融をいつも利用している人は、基本パチンコや競馬、競艇などの娯楽でしょう。

50代のお金事情は?

50代を超えてくると、つい一見お金を借りてなさそうに見えますよね。しかし意外と、消費者金融からこっそりお金を借りている人は多くいるのです。

私の父もそうでした。私は遅い子供でしたので、両親が50代の頃はまだ高校生だったと思いますが、父は消費者金融からお金を借りていました。もちろん当時は何も知りませんでしたが、大人になった今知った事です。父は普通のサラリーマンでしたが、いつも仕事から帰ってくるのが23時過ぎでした。毎日残業きつそうだな…という印象しかありませんでした。しかし実は、毎日パチンコにハマっていたというのです。気が付けば借金総額600万円…。債務整理をして離婚をしました。

まさに50代のお金事情は、非常に辛いものがあります。これはただの実話の一部ですが、他にももっととんでもないクズ親父は居るのでしょう。

2018年もよろしくお願いします。

以上のように、各年代ごとにお金を借りる事情は違いますが、新しい人生を切り拓くように2018年も頑張っていきたいと思います。

お金の相談所はこれからも、本当にどうしてもお金を借りたい人が借りれる消費者金融を紹介し続けます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?

お金を借りる…。これは人にとっての永遠のテーマです。

昨日とあるテレビ番組を見ておりましたが、人間の脳についての討論でした。

神奈川県座間市であった、猟奇的殺人事件。

この犯人は、人を殺すことに快感を覚え、次々と殺人を犯しました。

これを医学的に見て、現役のお医者さんたちが討論するというものでした。

そのほとんどの方の意思が、こういったキチガイ的な殺人犯は病気ではなく、嗜好の問題である…と。そう答えていました。

つまりは数百人、数千人、数千万人に一人、先天的に遺伝子がおかしくなり、快楽を覚えるドーパミン分泌に異常がある。なので人を殺して快感を覚えてまた繰り返すことは、至って自然なことなのだ。という意見もあったわけです。納得です。

強姦・児童性愛(ペドフィリア)も同じであり、先天的なものと後天的なものがある。どちらかかというと、ペドフィリアは後天性か。

ある医師は、「これらの人間は、隔離させてるべきである。ノーマルな人間と共存は出来ない。」と声を大にして行っておりました。

つまりは「性的被害者が必ず居る。だからそんな性犯罪者との共存を認める事は、到底できない。」ということです。

確かに私も、人権派だとかいう人は偽善者にしか見えません。自分の身内がとんでもないレイプ被害を受けても、人権と言って加害者を守れるのか?という事ですね。

そもそもは、社会的秩序の問題です。

ちつ‐じょ【秩序】の意味
出典:デジタル大辞泉(小学館)

1 物事を行う場合の正しい順序・筋道。「秩序を立てて考える」

2 その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。「学校の秩序を乱す」

近年はグローバル化と言われていますが、ここは日本であり、日本の文化というものがあります。

日本の秩序も当然ながらあります。しかし今は、超情報化社会になってしまい、世界運命共同体のような考えを持った人が多くなってしまいました。

そして近年は、トランスジェンダー(ホモ・オカマ・ゲイ・レズなど)に寛容になってしまってことで、社会的秩序の乱れが起きている。

同性愛の性交渉から性病の蔓延にもつながる。その医師は、そのようにも言っていたのです。

私も同意見でした。物凄く納得しました。

しかし、そんな考え方すらも、「こんな過激な意見を言ったらいけない!」という社会論調。風潮。

そんなマスコミもダメだと、その医師は言っていました。その医師は、特別に過激な思想ではありません。純粋な日本の誇りを持った考えです。

ダメなものは、ダメ。

道徳的・生理的な順序がある。

日本古来特有の伝統がある。

寛容になりすぎてはダメなんです。

少し熱くなってしまいましたが、お金・キャッシング・消費者金融にも、同じような事が言えると思うんです。

タイトルにある通り、「どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?」という所です。

まあ「遊ぶ」っていう事は、早い話「博打」です。

他にもキャバクラやダンスクラブなど女にハマってキャッシングをする人も多いです。

そしてそれには全て、お酒が付いてきます。

「飲む・打つ・買う」

これは、昔から言われてきた男が遊ぶための言葉です。

「お酒を飲む。賭博を打つ。女を買う。」

うーん、最高です。

お酒は飲まない男性もいるでしょう。博打をしない男性もいるでしょう。女が嫌いな男性はほとんど居ません。

私は全て好きです。

これをする為には、どうしてもお金が必要です。

遊びたい=お金が無いから遊べない=我慢できない=お金を借りたい。

このように、自分の欲求を満たす為に、人はお金を借りたいと思うのではないでしょうか?

今の私も、お酒を飲んで遊びたい・パチンコがしたい・ギャルと遊びたい…。そういう想いは常にあります。

思い返せば、確かにその気持ちでお金を借りました。

とにかく、お金を借りて、遊びたい。

そんな気持ちを持った人が、どうしてもお金を借りたいお金の相談所管理人です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたいと思う事は当たり前のこと。

どうしても、お金を借りたい…。お金借りれる所を探したい。日曜日でも、サラ金でお金を借りたい。どこも借りれないけど、お金を借りたい。

消費者金融でお金を借りたいと思っている人は、このように様々な想いを持っていることだと思います。

ついさっきの事なのですが、ヤフーニュースで「年収800~900万円超したら増税」という記事を読みました。

私は当然そんな大金を稼いだこともありませんが、ヤフコメでは意外と「世界では5000万円以上が高収入」とか「年収800万円の少ないとこから取るな」とか言われています。

ここでちょっとヤフコメを見てみましょう。

うーん、この金銭感覚は、本当に個人差があり何とも言えないところなのですが、よく考えていただきたいことがあります。

まず、日本国民のほとんどが、平均年収以下だという事を。

年代別にもよりますが、平均年収はおよそ400万円~500万円だとしましょう。

一カ月30万円支給の給料で、年収は30×12=360万円です。ボーナスはある会社とない会社がありますので外します。

税金などを引かれても手取りは20万円超え。これでも平均年収以下ですが、地方などで普通に苦労をしてきた人たちにとっては十分貰っている金額だと私は思います。

地方での話ですが、公務員をしている後輩や、そこそこ良い会社に勤めている友人に話を聞いても平均年収以下です。

しかし平均年収以下でも、贅沢しなければ、普通に生活に問題のない金額なのです。

首都圏などではもっとサラリーマンでも給料が多いのかは分かりませんが、年収800万円で「大してもらっていない」というコメントにはびっくりです。

金銭感覚の問題でもあるとは思いますが、やはり国会議員の給料は絶対に下げるべきであり、国会議員が特別な仕事とか言う感覚を無くさなければなりません。

北欧などは公務員や国会議員と言っても、一般庶民と同じです。つまりは庶民が政治を行う、まさに理想的な国家なのです。

しかし日本は古くからの伝統・武家社会の名残があるのか、国会議員とかは「先生」と呼ばれています。

アホちゃうか?と私は思っています。何が先生や!

こんな状況だから、日本は何も変わらないと思うのです。

お金を借りたいと思っている人々がいる限り、やるべきことは沢山あります。

どうしてもお金を借りたい、お金を借りる場所を探す。この気持ちは我々国民にとって当たり前の事なのです。

お金の相談所では、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金の相談所の、お金と政治の話。

お金の相談所管理人でございます。皆様、昨日の衆議院選挙は行かれましたでしょうか?

『自・公』・「希・維」・【共・立民・社】

この3極で争ったイメージでした。野党が分裂して票が割れたのも、与党の自公が圧勝した要因でしょう。

このまま日本は改憲へと突き進みます。盤石の安定した自民党政治が今後も続いていくことでしょう。

私個人的に言わせて頂くと、この一極集中の結果になったのはマスコミの力が非常に大きく、連日の報道では異様に自民党と立憲民主党を持ち上げ、露骨に希望を叩き、維新を無視。

これでは知るものも知れませんし、そもそもは何のための選挙だったのか?という疑問点ばかりが残っています。

確実に2020年、東京オリンピックまでは安倍が総理で行くぞ!という選挙だったのではないでしょうか。

しかしアベノミクスとか言いましても恩恵を受けているのかは知りませんが、大手企業ばかりだと言っています。

我々普通の人たちは、何も変わらない生活です。お金もないですし、私は不満しかありません。

まあしかし日本人の気質としては、黙っておとなしい感じなので、何も変わらずこのまま安定した自民党政治で良いという結果の表れではないでしょうか。

と、お金の相談所ごときで政治を語るな!という意見が聞こえてきましたので、ここまでにしておきます。

そもそもお金を借りたい、お金を借りる事については、政治家の大金持ちの人間たちには絶対に分からない感覚だと思います。

国民一人一人の借金をどうしていくのか。

自民党政治は、消費税の使い方を教育に回すと言っていますが、このまま消費税10%になるのも今回の選挙で確定しました。

私たちの生活は苦しくなる一方です。

教育の無償化はいいのですが、他にやるべきことがあるだろと言いたいのです。

そもそも消費税は5パーセントで良いと私は思っていますが、8パーセントは本当に中途半端です。だからと言って10%にするのは絶対に反対です。しかしその意見は負けてしまいました。

政策も知らないのに自民党に投票した人間は絶対に文句を言うなと言いたいですね。

もっとお金持ちから税金を取るべきなのです。

しかしアベノミクスとかいうものはお金持ちに優遇、まさにアベの友達にプラスになるだけの政策です。利権や既得権益の為だけにやさしい政治なのです。

このまま貧困の格差は広がり続けること間違いなし。お金の相談所はそれを危惧して皮肉って伝えたく思っています。

だってですよ?消費税って、全ての国民に付いてくるものですよね。うまい棒を買おうが、ラーメンを食べようが、家電を買おうが、車を買おうが、全ての商品に税金がかかるんです。

これは貧困層の人たちからすれば、大きなお金です。

しかし平均年収以上の富裕層からすれば、小さなお金です。

貧困の格差が広がって当たり前なのです。

それなのに、法人税や高額所得者の税金などは優遇されています。

なのに貧困層の年収からでも、きっちり所得税が引かれます。

どっちが苦しいのかは一目瞭然です。選んだのは日本国民です。格差社会は広がるままで良いと選んだわけです。どんどんお金を借りて、生活すればいいわけです。

まあ私も消費者金融からお金を借りていますから、今のままでお金を借りまくって生きていきます。

というよりも、無利息・金利無しの金貸し業者というか、国民にお金を無償で貸してくれるような機関を国が作れば、私は応援したいと思うのですがね。

ブラックとかの概念を無くし、ブラックでも借りれる所をどんどん認めて設置してほしいです。

どこもお金を借りれない人は沢山日本中にいることを、政治家の人間たちに知って欲しい願っています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

子供の頃からお金を考えさせましょう!

こんにちは。お金の相談所管理人です。

大人になると、子どもの頃よりもお金がかかるといわれています。

当たり前の話ではありますが、だからこそ親は子どもに小さな頃から、「この家の家賃は○○、ローンは○○、光熱費用は○○。」など、教えておくべきです。

しかし最近の大人たちはキラキラネームを付けるほど知能が低下しています。

読めないような名前を付けたがる人たちが多いようですし、そんな人たちはどこからもお金を借りれない人となってしまうほどにお金が無い人がいますが、それは全て教養が無いからです。

その親がきちんと教えてあげていれば、借金まみれにならずに済んだわけです。やはり遺伝なのでしょうか。

なぜ、親の知能が低下したのかを説いていきますが、その理由はずばり「タダで住める」というような環境を与えてしまっていたからです。

子どもの本業は遊ぶことや、勉強である、ということをいう有識者がいますが、それはその先の話です。

まず、毎月どのくらいのお金を使えば普通の生活をしていけるのか、ということをしっかりと叩き込む必要性があります。

そして、インターンなどのように、アルバイトをさせて1日でどの程度のお金がもらうことができるのかも、子どもに分からせるべきでしょう。

今、どこからもお金を借りれない人は、借金の返済に苦しい生活をしていることと思いますが、昔は収支のバランスが取れない金銭感覚であったことだろうと思います。

例えば、家賃が6万円で光熱費用が1万円、携帯代金などを合わせて11万円程度の出費があったとしましょう。

そして、食費もあるでしょうから15万円以上は支出があるはずです。手取りが20万円といった方の場合、残るお金が殆どありませんが、それにも関わらず5万円のバッグやコートを購入するわけです。

明らかに、収支のバランスがおかしいですよね。この感覚は親がきちんと教えなかったからです。

まず、今の住まいは無料で住めて当たり前…、だと勘違いしています。

普通に真っ当な人ならば、少しでもアルバイトをして親の為に家賃を入れよう!親に楽をさせたいから仕事を頑張ろう!などと感じるはずです。

しかし親がきちんとお金の大切さを教えなかった倍、家にお金を払うべきところがなぜか毎日の生活ではなく、自分の欲望を満たすお金の使い方という方向性になってしまうのです。

そうなったら残念過ぎて、かける言葉が見当たりません。寂しさマックスバカ丸出しです。

こういった人たちがいるために、消費者金融からお金を借りる人々が増加していき、債務整理をする弁護士たちが儲けてしまうわけです。

残念な人生にならないよう、子供の頃からお金について考えさせましょう。

まぁわたくし管理人としても、お金に困り続けてきた人生ですのでバカ遺伝なんです。

今日はある意味、自分への戒(いまし)めの為にお伝えしました。

どこからもお金を借りれない人にとっては耳が痛い話だったと思います。

しかし前を向いていきましょう、何事もプラス思考です。

このサイトでは基本的に大人になるためにお金のコラムを書いています。

ブラックでも借りれる可能性がある、優良な消費者金融を掲載しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

任意整理って何?ブラックでもサラ金でお金借りたい!

ブラックとなっている方がお金を借りる時、中小金融で借りれるというサイトが多数散見されます。

確かに、ブラックとなってしまえば、大手消費者金融などでは借りることができないと思います。

なかには、中小金融であってもブラックでも借りれると謳っている場所があるのですが、やはりそこは難しいところ…。

大手消費者金融でダメであれば、中小金融も信用情報機関をチェックして貸すか貸さないかを決めているので、その辺りはグレーゾーンと言わざるを得ません。

では、ブラックとなってしまった方々はどういった消費者金融でお金を借りるのが良いのでしょうか。

それが、ブラックでも借りれるサラ金です。消費者金融の種類の中の一つですが、サラ金はとても借りやすい消費者金融として知る人には良く知られています。

しかしそのサラ金の中には、闇金のような悪い金融も潜っています。

誰でも絶対に借りれるという条件を出して、あり得ない金利で多くの人たちかお金をゲットし続けています。やり方が非常に汚らしいのですが、まだまだ被害が無くなることが無い…ということは、闇金を借りたいと思っている人が、まだまだこの日本には多いということなのです。

このどこからもお金を借りる事ができない「ブラック」となってしまっている方の多くが、債務整理や任意整理をしている方です。

任意整理とは弁護士などが債権者と任意で返済方法を相談して、そこから決められた結果に従って今後の返済計画を進めていくという取引です。

要するに、債務整理と同じような流れではあるのですが、これをすることで毎月の返済の金額を減らすことができたり、将来支払わなければいけない利息を払わなくてもよい、元本だけの返済となるのです。

こういったことがあれば、もし借金が増えて過ぎて苦しんでいても、いつか借金が終わるということで安堵して返済をすることができるのです。

さて、この任意整理なのですが、社会的信用では完全にブラックリストとなってしまうので、実行次第先の5年間はどこからもお金を借りることができません。クレジットカードも作れませんし、銀行の商品とは縁を切る事ができます。

もちろん減額されるだけであって、支払いが無くなるわけではありません。昔のグレーゾーン金利の時代にかぶっていない方の場合、利息を支払い過ぎているということはないので、結果的にも元本分は返済を続けていかないといけないこととなります。

つまるところ、生活の厳しさは大きく変化することはなく、一応まだまだ辛い状況は続く…ということになるのです。

ただブラックになってしまっただけになるという苦悩に見舞われます。この債務整理の制度が有効なのは、まさに40代から50代の方々でしょう。若い方でお金に悩み、僅かな借金だけで債務整理をする人が多いそうですが、それは絶対にやめてください。人に頼るのではなく、自力で借金返済する方法は沢山ありますから。

もしもブラックになってしまった時、何が困ってしまうかというと、お金を借りる場所に困るのです。

今、このサイトでは闇金ではなく、ブラックでもお金を借りることができる普通の個人のサラ金をオススメしています。

個人のサラ金であれば、金利も消費者金融並みに安いですし、手軽にお金を借りることができます。お金の相談にも乗ってくれますから、人生を諦めずに頑張ってほしいと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!