大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

お金を借りる一覧

(みんなのこえ)サラ金でお金を借りるお話

イライラしたらどうしてもお金を借りたい!サラ金が良い!

(東京都狛江市/定食屋勤務)

どうしてもお金を借りたい時って、みんな一緒なんですよ。私は狛江市内でとある定食屋で働いていますが、最近イライラすることばかりです。まず、お客さんがみんなスマホいじり!

食事中くらい、スマホいじりをやめたらどうですか!って言いたいです。しかも御馳走さまも言わずに帰っていく。おかしいですよ今の日本は。

せめて、定食が出来上がるまでの時間、待っている時間に少しこっそりとニュース記事を見るくらいなら、まあまだ分かりますよ。

でも、定食を「お待たせしましたー!」って持って行った時も、何も言わずにスマホに夢中・・・

これって、私の店だけじゃないですよね?

そしてご飯を食べる時、犬食いのような恰好でスマホを見ながら食事!あーーーー!!!イライラする!親のしつけはどうなってんだ?ゲームボーイしながらご飯食べてたのか?おい!!!

私はイライラしてから、精神的におかしくなったように思います。というのも、ストレスが取れずにお金をパーっと使ってしまう事が趣味になってしまったんです…。

例えば、土日は電車に乗って東京競馬場へ。たまに多摩川競艇にも行きます。狛江から登戸で乗り換えて、府中まですぐです。そしてたまに大勝したら、渋谷あたりまで出て遊びます。

こんな生活をしていたら、お金が無くなるのは当然ですよね…。だから私はここのサラ金でお金を借りています。ま、サラ金最高!!!って感じですね!

私でもサラ金でお金を借りれました!

(愛知県名古屋市/OL)

こんにちは!私は名古屋市内の商社で働いていますが、この前お金を借りないといけなくなったんです…。これってあるあるかと思うんですけど、結婚式が続いたらキツくないですか?

私も先月、結婚式が4回あったんです。ほぼ毎週ですよ!最低でも3万円はご祝儀に包むので、12万円…。もう破綻です。断る勇気ってのもありましたが、私の性格では断れませんでした。でも幸せをお裾分けしてもらったんでいいの♪

給料の殆どが祝儀で消えましたので、消費者金融でお金を借りようかなと思ってたんです。でも私はクレカのキャッシングを3社使ってて…。しかも無人契約機に入る勇気も無くて。だからネットのサラ金でお金を借りようと思ったんです。こんな私でも、サラ金だったら誰にもバレずにお金を借りれました!今度は私が結婚する番ですね!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

女性でも安心して借りれる消費者金融を教えています!

お金の相談所でございます。

あっという間に年の瀬です。来年、平成30年でいよいよ年号が変わる…というニュースを見て、なんだか少し寂しくなってきます。

さて、近頃は女性の政治家をはじめ、さまざまな女性の問題が取り上げられています。

熊本では市議が方言丸出しで恫喝するパワハラ。

そして議会に赤ちゃんを連れてくるという、日本と北欧や豪州と一緒にしている女性議員。

もう古くて飽きたかもしれませんが、このハゲェー!!!違うだろぉ!!!で秘書を暴行、その後衆議院選挙にまさかの出馬。当然落選、そこからただの人になった元女性国会議員。

W不倫疑惑で年下男性弁護士とイチャイチャしている、性欲のバケモノかと思われる女性議員。

もっと古く言えば、伝説になるかもしれないあの細胞を発見し、国から消されたオボちゃんなどなど…。

女性が社会進出をし始めている今の時代、なかなかこういった悪い見本が出てくると、マスゴミどもが調子に乗るのでやめてほしいところです。

ただ、やはり日本の社会を見ると、女性の地位が高くなればなるほど、風当たりが強くなる傾向があるように感じます。

同様以上の悪さをしている男性の方は、政治家にも民間企業の役員の中にも腐るほどいるようですが、やはり男性同士の「アレ」でカバーし合っているというほかありません。

お前の気持ちは分かる…と言わんばかりに、まぁ余程の相当な悪事がない限りは、追求はしないでいておこうといったところでしょう。

しかし、女性の地位が上がった途端に、男性の阿吽の呼吸で済んでいた事例への追求が厳しくなり、この女は生意気だ!という理由からか、常にあら探しをさせられて休職に追い込むという、そういった傾向がまだまだなきにしもあらずです。

女性は余計なことをしないでいいから、可愛く家庭へのサポートにまわってくれている方がいい。これが、男性たちの本音なのかもしれません。

さて、そのような政治家のみなさんはさすがに、大手消費者金融や中小金融でお金を借りているとは思えません。しかも返済を滞納をしているとは思えません。

しかしこのはげぇ!議員は一般人になりましたし、オボちゃんも今は何をしているのか分かりません。

性欲のバケモノ議員も、もしも選挙に落ちていたらただの人。そうなれば、いつ女性が消費者金融を利用するのか、分からない時代です。

そこそこのキャリアを積み重ね、そこそこいい年齢になってから、急転直下で無職になってしまうということは、要するに貯金で生活する。もしくは再就職するかまたアルバイトに戻るしかありません。

さらに、若い頃であればまだまだ這い上がることができそうですが、30代も半ばに差し掛かるとそこから立ち上がるということは、かなり難しくなっていきます。

こういった中、とりあえずの時間を大手消費者金融でお金を借りたり、貯蓄を切り崩すわけですが、仮に病気になったとして通院などを繰り返していれば、確実に収入は減り気持ちも滅入ってしまい、そのうち借りたお金も返済しなくなってくる可能性もあるわけです。

こうなると、ずばり人生終了です。あれだけ、エリートと言われている人たちも結果的に一度沈むとなかなか浮き上がれず、結果的に借金まみれな人間になるわけです…。

さて、その人たちの人生はよくわかりませんが、最悪だからと言ってどこからでもお金を借りればいい!というわけではありません。

例えばソフト闇金とか言われる金融屋を聞いたことがありますが、そのような場所は闇金ですから、最悪だからと言ってそこでお金を借りるのは要注意と言えます。いや、絶対にやめてください。

その理由ですが、金利が高利過ぎて激し過ぎるため、今度こそ人生が奈落の底に落ちていきます。

そうなったら最後も、もう誰もカバーしてくれる人はいなくなります。

このサイトでは、ひとまずそんな闇金みたいなヤバいことを避けるために、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りることができる、きちんとしたサラ金を用意しています。

お金の相談所が長い付き合いの中で見てきた、ブラックでも借りれる消費者金融の一つです。

どこからもお金を借りれない状況でも、ここのサラ金ならお金を借りれる場所として人気があります。

もしもお金に困っていたとしても、闇金からお金を借りたらいけません。ここで人生を立て直していきましょう。

お金の相談所では、女性でも安心して借りれる優良な消費者金融を教えています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたいと思う事は当たり前のこと。

どうしても、お金を借りたい…。お金借りれる所を探したい。日曜日でも、サラ金でお金を借りたい。どこも借りれないけど、お金を借りたい。

消費者金融でお金を借りたいと思っている人は、このように様々な想いを持っていることだと思います。

ついさっきの事なのですが、ヤフーニュースで「年収800~900万円超したら増税」という記事を読みました。

私は当然そんな大金を稼いだこともありませんが、ヤフコメでは意外と「世界では5000万円以上が高収入」とか「年収800万円の少ないとこから取るな」とか言われています。

ここでちょっとヤフコメを見てみましょう。

うーん、この金銭感覚は、本当に個人差があり何とも言えないところなのですが、よく考えていただきたいことがあります。

まず、日本国民のほとんどが、平均年収以下だという事を。

年代別にもよりますが、平均年収はおよそ400万円~500万円だとしましょう。

一カ月30万円支給の給料で、年収は30×12=360万円です。ボーナスはある会社とない会社がありますので外します。

税金などを引かれても手取りは20万円超え。これでも平均年収以下ですが、地方などで普通に苦労をしてきた人たちにとっては十分貰っている金額だと私は思います。

地方での話ですが、公務員をしている後輩や、そこそこ良い会社に勤めている友人に話を聞いても平均年収以下です。

しかし平均年収以下でも、贅沢しなければ、普通に生活に問題のない金額なのです。

首都圏などではもっとサラリーマンでも給料が多いのかは分かりませんが、年収800万円で「大してもらっていない」というコメントにはびっくりです。

金銭感覚の問題でもあるとは思いますが、やはり国会議員の給料は絶対に下げるべきであり、国会議員が特別な仕事とか言う感覚を無くさなければなりません。

北欧などは公務員や国会議員と言っても、一般庶民と同じです。つまりは庶民が政治を行う、まさに理想的な国家なのです。

しかし日本は古くからの伝統・武家社会の名残があるのか、国会議員とかは「先生」と呼ばれています。

アホちゃうか?と私は思っています。何が先生や!

こんな状況だから、日本は何も変わらないと思うのです。

お金を借りたいと思っている人々がいる限り、やるべきことは沢山あります。

どうしてもお金を借りたい、お金を借りる場所を探す。この気持ちは我々国民にとって当たり前の事なのです。

お金の相談所では、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金の相談所の、お金と政治の話。

お金の相談所管理人でございます。皆様、昨日の衆議院選挙は行かれましたでしょうか?

『自・公』・「希・維」・【共・立民・社】

この3極で争ったイメージでした。野党が分裂して票が割れたのも、与党の自公が圧勝した要因でしょう。

このまま日本は改憲へと突き進みます。盤石の安定した自民党政治が今後も続いていくことでしょう。

私個人的に言わせて頂くと、この一極集中の結果になったのはマスコミの力が非常に大きく、連日の報道では異様に自民党と立憲民主党を持ち上げ、露骨に希望を叩き、維新を無視。

これでは知るものも知れませんし、そもそもは何のための選挙だったのか?という疑問点ばかりが残っています。

確実に2020年、東京オリンピックまでは安倍が総理で行くぞ!という選挙だったのではないでしょうか。

しかしアベノミクスとか言いましても恩恵を受けているのかは知りませんが、大手企業ばかりだと言っています。

我々普通の人たちは、何も変わらない生活です。お金もないですし、私は不満しかありません。

まあしかし日本人の気質としては、黙っておとなしい感じなので、何も変わらずこのまま安定した自民党政治で良いという結果の表れではないでしょうか。

と、お金の相談所ごときで政治を語るな!という意見が聞こえてきましたので、ここまでにしておきます。

そもそもお金を借りたい、お金を借りる事については、政治家の大金持ちの人間たちには絶対に分からない感覚だと思います。

国民一人一人の借金をどうしていくのか。

自民党政治は、消費税の使い方を教育に回すと言っていますが、このまま消費税10%になるのも今回の選挙で確定しました。

私たちの生活は苦しくなる一方です。

教育の無償化はいいのですが、他にやるべきことがあるだろと言いたいのです。

そもそも消費税は5パーセントで良いと私は思っていますが、8パーセントは本当に中途半端です。だからと言って10%にするのは絶対に反対です。しかしその意見は負けてしまいました。

政策も知らないのに自民党に投票した人間は絶対に文句を言うなと言いたいですね。

もっとお金持ちから税金を取るべきなのです。

しかしアベノミクスとかいうものはお金持ちに優遇、まさにアベの友達にプラスになるだけの政策です。利権や既得権益の為だけにやさしい政治なのです。

このまま貧困の格差は広がり続けること間違いなし。お金の相談所はそれを危惧して皮肉って伝えたく思っています。

だってですよ?消費税って、全ての国民に付いてくるものですよね。うまい棒を買おうが、ラーメンを食べようが、家電を買おうが、車を買おうが、全ての商品に税金がかかるんです。

これは貧困層の人たちからすれば、大きなお金です。

しかし平均年収以上の富裕層からすれば、小さなお金です。

貧困の格差が広がって当たり前なのです。

それなのに、法人税や高額所得者の税金などは優遇されています。

なのに貧困層の年収からでも、きっちり所得税が引かれます。

どっちが苦しいのかは一目瞭然です。選んだのは日本国民です。格差社会は広がるままで良いと選んだわけです。どんどんお金を借りて、生活すればいいわけです。

まあ私も消費者金融からお金を借りていますから、今のままでお金を借りまくって生きていきます。

というよりも、無利息・金利無しの金貸し業者というか、国民にお金を無償で貸してくれるような機関を国が作れば、私は応援したいと思うのですがね。

ブラックとかの概念を無くし、ブラックでも借りれる所をどんどん認めて設置してほしいです。

どこもお金を借りれない人は沢山日本中にいることを、政治家の人間たちに知って欲しい願っています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

イライラの悪循環。どこもお金借りれない人がお金を借りる方法!

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

北朝鮮問題がまた再燃してきていますね…。

一昨日なんて、北海道の道南地方沖に北のミサイルが落ちた…なんて恐ろしいニュースが…。

そして安保理で北に対する制裁に、中国ロシアは反発…。いつもと同じことの繰り返しです。

結局は北朝鮮はロシアと中国に使われているだけ、飼われているだけのかませ犬のような国なのでしょう。

それにしてもなにも出来ない政治家たちにはイライラしますよね。

このサイトではお金に関しての記事の中でいつもイラついていますが、毎日イライラして過ごしている人たちは日本中にも多いと思います。

一体なぜイライラしてしまうかは分かりませんが、自分の中の何か脅かされていたり、恐怖心、不安感で押しつぶされているのかもしれませんね。

日本人というのは時間を気にせずに、ノンビリと過ごすことが殆どできない状態で生きています。

“のんびり、猫のように生きる”とか、ゆる~い雰囲気のコピーの本が売れるようですが、猫には税金を支払う義務はありません。

また、光熱費用もかかりませんし、年金や保険も支払い免除です。また、ごろにゃーんと言っていれば、可愛い可愛いと近所の腐敗臭をまき散らすオバさんが餌をくれます。

また、猫の習性としては殆ど昼間は寝ているので、生産性はゼロと言えるでしょう。

“猫のように生きよう”と実践としたら、まぁホームレスになるしかありません。本当に、そうなのです。

そこまでしてやっとイライラしない生活を手に入れられるのですから、人間として普通に生きていたら、イライラしないで生きるのは不可能なのです。

しかし、このイライラを誘発しているのは、全てがお金となります。

金持ち喧嘩せずとはよくいったもので、金があれば全くイライラしません。

例えば、寝坊してしまって会社に遅れそうになることがあります。

そういった時、電車でちょっと嫌なヤツがいたら、普段以上にぶっ飛ばしたくなるはずです。イライラしていますねぇ。

ただし、もし金が腐るほどあり、使い道に困ってしまっているのであれば、さほどイライラしません。

「ま、ゆっくり行こうかな。怒られたら辞めればいいし。金あるからね。」で、終わりです。

上司から

「今、何時だと思っているんだ!時間にルーズな奴なんか辞めちまえ!」

と言われても、

「あ、そうですか。では、本日限りで退職いたします。アナタが辞めろと言ったので、従うまでです」

と開き直ることができ、結果的に会社に通達したことでパワハラ上司はクビ、慰謝料まで手に入れられるチャンスなのです。

金持ちの余裕は、結果的に金を生み出します。

しかし絶対に仕事は辞められない。お金が無いから耐えなければいけない…。

そんな、貧乏人のイライラは余計に貧乏生活を深堀りさせる要因となるのです。

どこからもお金を借りれない人もそうですが、イライラして返済しないから、余計貧乏になるのです。

余裕を持って返済ができていれば、今頃は貯金だってあったかもしれません。

人生をやり直すために、ここではどこからもお金を借りれない人やブラックの人でも、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人というのは、ロクなことが起こりません。今のうちに、アナタの人生のイライラを消し去りましょう。

お金の相談所では、どこもお金を借りれない人を応援しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りても返済しない人に勧告!きちんと律儀に考えてほしい。

こんにちは。お金の相談所でございます。

夏もお盆が終わり、涼しくなっている地域もあるようですね。秋のかおりがしてくる季節に突入です。

さて、そんなお金の相談所、本日はお金を返済できない人に向けてのお話をしたいと思います。

なぜ、借りたお金を返済できない人たちが増えているのでしょうか。

実際問題、お金を返済するというのは、難しいことではありません。

例えば、友人に10000円を借りた場合、次に出会う時に、「この間は悪かった。これ、金利としてタバコだよ」と、返済することは大して苦ではないはずです。

まぁ、金額が少ないということもあるでしょうが、友人にお金を返済する時でも、こうやって返済した方が後々カドが立たず、本当に気分よく返済できるはずなのです。

それなのに、どうでしょうか。大手消費者金融でお金を借りた場合、気持ちよく返済日に、「今月も助かりました!これ、気持ちとして金利だよ!」と、返済することが困難なのでしょうか。

そのひとつの理由が、「借りてやってんだろ、バーロー!」という気持ちだから…ということなのです。

アホ過ぎますが、なぜか大手消費者金融などの民間企業の貸金業者からお金を借りる場合、確実にこちらが上の立場だと思ってしまうのです。

日焼けし過ぎて(こういった仕事以外雇ってもらえない)色合いが赤色の肌になってしまったオッサンがいますが、こういった人たちは大手消費者金融の最上顧客です。

基本的にパチンコ屋でよく見かけると思いますが、大体負けていますよね。

最初にお金を借りる時、無人契約機に入って申込む時は何ともおとなしく、「僕、お、お金借りれますぅぅ?」と、体を収縮させて頼んでいるくせに、借りた後は「ったりめえよ!バーロー!」の態度です。そして意気揚々とパチンコ屋に繰り出します。性懲りもないです。

冒頭の話のように、仮に友人からお金を借りているのであれば、借りた後も気分が落ち着かないはずです。

「あいつに悪いことをした。かっこわりぃな俺…」ということです。

だからこそ金利をつけて返済して、名誉挽回したくなるわけです。これが人としての、大人としての最低限の行為です。

ところがどうでしょうか…。

大手消費者金融や中小金融で借りた時は、恥ずかしいなんて気持ちは微塵も無く

「天下の俺さまにお金を貸すなんて、大手消費者金融も分かってらぁ!」ですからね。

本当に恥ずかしいですよ、こういった発想のパチンコ屋で見かけるおっさんたち。

とにかくそういった態度ですから、返済が難しい(本当はできるが、調子に乗って大五郎プレミアムを箱買い)月には、勝手に自分の都合で借りたお金を返さないのです。

さらに後日、気が付くと別の消費者金融などの場所でお金を借りようとしているのですから…。

そんな方はお金を借りる資格はないのです。きちんと約束を守って、お金を大切に考えてほしいと切に願います。

少々口が悪くなりましたが、気分を悪くした方はスミマセン。

しかし当サイトでは、そんなお金にルーズな方でも借りれる可能性がある消費者金融が掲載されています。

最終手段としてでしょうが、知っておくと便利な事もあるでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

「どうしてもお金を借りたい」この気持ちを考えよう。

お金借りたい…。

どうしてもお金借りたい…。

ブラックがお金借りる。

どうしてもお金が必要な時は、誰でも必ずあります。

そんな時に、お金借りれるところを知っておくと非常に便利なのは言うまでもありませんが、今の時代はどうしてもお金を借りたいときに借りれる消費者金融が減ってきています。

様々な規制規制で、商売がやりにくくなってきているという日本社会が原因でもあります。

税金税金でお金はすぐに消えてしまいます。一体お金とは一体何なのでしょうか?考えても答えは出ないでしょう。

お金を借りたいと思っても、お金を借りれない人がいます。

そんな方が「どうしてもお金を借りたい」と思う事は当然の話です。

お金借りたい人がお金借りれない=ブラックになってしまっているという事です。

ブラックがお金借りる方法は、とても限られています。

ブラックの方がどうしてもお金が必要な時に、お金借りれるところ、それはここのお金の相談所で紹介している消費者金融です。

お金借りたいという気持ちが伝わります。

どうしてもお金借りたいと念じて念じて、インターネット検索に「お金借りたい!」という気持ちが伝われば、このお金の相談所に出会えるでしょう。

消費者金融でどうしてもお金を借りたいなら、ブラックでもお金を借りれる可能性があるところに相談してみましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックでも借りれるサラ金!総量規制関係ない?

こんにちは。お金の相談所管理人です。

サラ金では総量規制関係なく借りれるのか?という事を求めていますが、そもそもブラックはサラ金から借りれるのか?という事を書きたいと思います。

まずはじめに、どんなにブラックでお金に困っていても、闇金からは絶対にお金を借りてはいけません。

確かにそれは間違いがありません。管理人の私もこのサイトで耳にタコができるほど、訪問者に訴えかけ続けています。

しかしながら、時はもう既に遅し…。という方も少なくないかもしれません。

一度も借りた事が無い人からするとびっくりするのですが、闇金から大量にお金を借りてしまっている方は、実際には少なく無かったりするのです。

そういった方々は心の動悸が止まることがなく、どうすればお金を返すことができるのか不安で不安で仕方ないない状況だと思います。

まず結論からいうと、ブラックということですので大手消費者金融や大手銀行でお金を借りるということはできないと思ってください。

恐らくお金を借りれなかったから、闇金に手を出してしまったのだと思いますが、とにかくもう一度借りたら全額返すまでは大分道のりが遠いので注意が必要となります。

そんな時にここでおすすめしているのが、総量規制も関係ないブラックでも借りれるサラ金です。

サラ金は、見た目であったり印象が衝撃的に悪いのですが、やっていることは別に悪いことをしているわけではありません。

むしろ、悪いというよりはブラックで借りれなくなった方々を救済しているというイメージでいた方が正しいような気がします。

そもそもですが、総量規制は改正貸金業法で決められたものの、銀行融資は適応外…、なんとも銀行だけズルいといったような内容なのです。

中小系の消費者金融にとっては大打撃で、経営難に陥った消費者金融も多くあります。しかし銀行融資の総量規制に関する事が、最近ではニュースになりました。要は銀行もお金を貸し過ぎていたわけです。

結局ブラックになってしまった国民が多くいるのです。

そんなブラックになってしまった方は、普通は直ぐに消費者金融からお金を借りることができませんが、ここで紹介するサラ金では、ブラックの方でも問題なく申込むことができます。

さらには仮審査などは直ぐに通りますし、そうなったら即日融資はすぐ目の前です。

このくらい気楽で安心してお金を借りれる場所があるなんて、闇金からお金を借りる前に知りたかったといったところでしょう。

しかし、ここでサラ金からお金を借りてからの行動に注意が必要となっていきます。

それが、借りれた分はもう直ぐに以前から借りていた場所、つまり闇金に返済してしまう、ということなのです。自転車操業です。

そしてお金をある程度手に入れてしまった人は気持ちが大きくなってしまうので、明らかに無駄遣いをしようとします。

10万円の借金が闇金にあり、15万円をサラ金で借りれたとしても、いきなりそれを遊びなどに使ってしまうのです。

さらに、闇金には5万円だけを返済して、残りはまた完済できる時にしようという甘い考えの方もいます。

その気持ちは痛いくらい分かるのですが、闇金という場所は完済できなければ、金利をいくらでもふっかけてきます。

むしろ、中途半端に5万円なんて返してしまったら、もっとお金を借りさせられる…と思われてしまいます。

せっかく総量規制関係なく借りれるサラ金に申込んだのにも関わらず、逆に闇金への返済総額が飛び上がってしまうことがあるのです。

仮にここのサラ金からお金を借りれたとしたら、まずは落ち着いて全額返済を目指していきましょう。

そして最終的には、キレイにお金をスッキリさせていくのです。そうなれば明るい未来が待っているのですから。

総量規制に引っかかったとしても、お金を借りる場所を十分に吟味し、自分を信じて選んでいきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金借りる時の気持ちを思い出す。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

梅雨なのに、何故か涼しく感じます。例年はジメジメして過ごしにくい時期なのですが、なぜか過ごしやすいシーズンになっていますね。

今回は、お金に困っていた時の気持ちを思い出しながら、お金を借りたい時期の自分の気持ちになり、お金借りる時の気持ちを思い出す…。そんなタイムスリップ的な事を書きたいなと思っています。

というのも、このサイトを作って今年の12月でまる3年になります。

本当にあっという間の3年間でしたが、この3年で私のお財布事情や収入も大きく変わってきました。

ですから当時に書いていた記事と、最近書いてきた記事の内容は、かなり変わってきたんじゃないかと思っています。

気になる方は見比べてみると面白いのではないかと思います。まあ恥ずかしいですが、どちらにしても金に困ってどうしようもない話ですが…。

2014年12月の記事はコチラ

2015年12月の記事はコチラ

2016年12月の記事はコチラ

私も今見返しましたが、やはり2015年の記事が一番熱かったですね。すごく思いが詰まった記事です。

それに比べて2016年は、少し熱意が冷めているように感じます。

それを書いている私本人が今言っているんですから、そうなのでしょう。

というのも、このサイトを作り始めた頃は、どうしようもない貧乏でお金に困っていましたし、そのパワーがみなぎっていたんです。

それに対して今現在2017年6月ですが、そこそこお金を稼げるようになりました。

というよりも、本当のことを言いますと、2014年、2015年は、借金が300万円近くありました。

そのパワーをこのサイトにぶつけていました。

この「お金の相談所」と題した私個人のブログが、想いのはけ口になっていました。

当時は月収20万円の昼の仕事をし、飲食店のアルバイトで8万円位でした。毎月の返済は15万円が借金でしたね。

しかし昼の仕事が2016年に入って業績アップで上手くいき、給料が大きく上がりました。バイトも継続していまして、本当に頑張って1年半で300万円を返したわけです。

15キロ痩せましたし、本当に頑張りました。

しかし2017年になり熱意が一旦ストップしたような感じになったのかもしれません。

貯金は50万円できましたが、相変わらずパチンコスロットで相当負けています。

お金借りる時の気持ちを思い出すことが、また私の熱い気持ちを取り戻すことなのではないかと思います。

今、ギャンブルでお金を使いすぎたり、どうしてもお金が必要だったり、どうしてもお金を借りたいと思う方は、私の過去の記事を見てみてください。

何か共感できる部分があればいいなと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制オーバーで悩む人が即日融資を考える時

総量規制でお金に悩む人は日本中に多くいると思います。お金に悩む方は、様々な事情がありお金に悩むと思います。

今の日本に、お金を借りる人はおよそ3000万人居ると言われていますが、それは銀行であってもローンであってもクレジットカードであっても同類です。

それはたとえ消費者金融や街金融からお金を借りている人であっても同じ意味を言います。

しかし困ったことに、総量規制という制度がある為に、借入限度額が限定されてしまう訳です。

その限定を解除するために、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融が今必要とされているのです。

総量規制オーバーで悩む人が即日融資を考える時、どのようにしてお金を借りるようにするのでしょうか?お金の相談所で考えていきたいと思います。

まず、総量規制でお金が借りられなくなるのは、基本的に消費者金融でお金を借りる場合に起きる現象です。

銀行でお金を借りる場合は、様々な商品がありますので総量規制が関係ない商品もあるのです。

消費者金融の場合は個人的貸し付けに近いものであるために、信用問題が一番関わってきます。ですから総量規制の基準が重要視されるわけです。イメージで言えば、銀行からお金を借りる場合は、銀行の商品を買うイメージ。借りるのではないために総量規制にかからないという感じです。

もしも消費者金融でお金を借りれない場合、総量規制オーバーで悩んだ場合は、第一に銀行融資を考える事が一番だと思います。

やはり日本の、我々一般市民の金融の味方は銀行です。

と、普通の話ではこれで終了・・・なのですが、ここでは更に一歩深く足を踏み入れたいと思います。

まず、消費者金融でも銀行でも、どこからもお金を借りれなくなった場合です。

総量規制が関係ない銀行ローンでさえも、お金を借りれなかった場合です。

これは本当にヤバいことです。完全にブラックになってしまった証拠です。

ここから先は、そんな完全ブラックな人が読むべきであり、普通の方は銀行でお金を借りれば済む話です。

お金の相談所たるもの、本当にどこからもお金を借りれなくなった人の為にあるものと思っております。

早い話です、消費者金融でもなく、銀行でもなく、信販系クレジット会社でもなく、総量規制オーバーでも関係なくお金を借りれる可能性があるのは、ここで紹介している会社です。

いわゆる個人経営の街金と言われている業種ですが、長年培ってきた実績と信頼のある金融会社です。

最初に借りれる金額は多くはありませんが、本当にお金を借りなければいけない方にとっては救世主でもあります。

これが個人向け金融会社の大きなメリットです。

デメリットとしてよく思われるのは、高利貸しなどの闇金融のような事をされるのではないか?ということです。

安心して頂きたいのは、ここは日本ということです。法治国家であり、明らかなる悪質な行為は理由はどうであれ法的に罰せられます。

ですからいくら個人系の街金でも、あからさまな高金利などを取って運営していれば、長年続くどころか直ぐに消える事でしょう。

要は、消費者金融でお金を借りる場合とそこまで変わらない金利でお金を借りれるわけですから、本当に総量規制オーバーでも借りれる、即日融資可能な金融という事なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!