大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

お金の相談一覧

ブラックでも借りれる所を探すなら「冷静さ」を忘れずに

ブラックになってしまうと、大手金貸し業者などからは1円も借りることができなくなってしまうため、どうにかしてブラックでも即日融資できるところは無いだろうか、と常に探しまわってしまうようです。

もちろん、ブラックでもお金借りたい!ブラックでも借りれる所!などと検索してお金を貸してくれる場所はありますが、それのほとんどが闇金です。見極めは大切ですので、しっかりと悪質な闇金であるかどうかを見極めてください。

こういったお金の相談所などの消費者金融サイトで紹介している金貸し業者は、信頼に値する業者です。しかしこういった優良キャッシングサイトに辿り着けるような方も少なく、結果的にパッと見た時の甘いキャッチコピーに騙されて、思わず審査をしてしまうのです。

どういったキャッチコピーが危ない?

ブラックでもお金を借りれる!ブラックでも借りれる所!というキャッチコピーは巷に溢れており、実際にはもうほとんど効力は無いのでは?と、業界ではまことしやに囁かれているようです。

しかし、そういった状況の中であっても、まだまだブラックでも即日融資ということは言われ続けられていますし、今後もどんどんそういったキャッチコピーは出回るでしょう。

とはいえ、ブラックでも借りれる所!という見出しだけではインパクトが弱いと思っている金貸し業者は、それに付随して意味の分からない、検挙されても仕方が無いレベルの広告を打ってきます。

例えば、「金利はいただきません!」などのポスティングにあるようなビラです。金利が異様に低い、3%などの広告もよくある話しですが、真実味が無いので騙される方も減少傾向にあるようです。しかし、逆にもう振り切ってしまって、金利自体をいただいていない、という暴走キャッチコピーを出すと騙されてしまう人たちが増えると言われています。

金利がもし無かったとしたら、一体この金貸し業者はどうやってお金を捻出しているのでしょうか。イマドキ、親が子どもにお金を貸す時ですら軽い利子を付けると言われているのにも関わらず、商売人が利子を付けずにお金を貸すというのは理解に苦しみます。

しかし時代は変わり、昔と違ってチラシ広告の金融業者はほとんど見なくなってきましたね。

ネットが当たり前になったお陰で、私たち消費者の知識や知恵も高まってきました。危ない闇金はほとんど淘汰されてきましたし、ネットで全て知識を補えますので闇金も減ってきていると言われています。なので嘘情報には騙されないように心がけていきましょう。

闇金が救世主だと思ってしまう人もいる

さて、ネット情報の日常化によって消費者の知識が高まった今、単純に考えれば闇金は明らかにおかしいことを言っている、とわかるはずなのですが、ブラックの方々にはそれが理解することができない人もいれば、分かっているけど求めている人もいます。

ブラックになると、大手金貸し業者はおろか、クレジットカードすら作ることができなくなります。

つまり、お金に関することでは誰からも(どこからも)相手にされない、強い孤独を感じてしまうようになる、ということなのです。

そうなると、人間というのは不思議と誰でも良いから相手をしてくれる人を探し出します。

よく、暴力を振るう男性(DV・ドメスティックバイオレンス)のニュースを見ますが、なぜこんなDV男に女は付いていってしまうのか?と疑問に思うことがあるでしょう。

しかし、このような女の子たちは往々にして強い孤独を感じており、常に誰にも相手にされることが無いと、どんどん自分を追い込んでいってしまっている状態となります。

心理的にも、疎外感を常に感じている状態であることからも、誰かに優しくしてもらうと、その人だけは自分をわかってくれる人であると勘違いしてしまうわけです。そういった精神状態を利用して、こういった男性たちは女の子を玩具にした挙げ句、自分でも行動を制御できなくなり、残虐に犯罪にまで発展してまうのです。

お金に関して言えば、なぜ闇金から借りるの?と思う方も同じです。

闇金たちはブラックを狙っている

DVとブラックは同じ心理?だとか、何か大げさなイメージだと思われている方もいるかもしれませんが、闇金たちがやっていることは、これと似て非なるような行動であることを知っておくべきでしょう。

どこからもお金を借りることができない、となると人生を否定されているように人は感じるようになります。

しかし、その否定をされ続けられ、心が打ちのめされた状態の自分を受け入れてくれる、そういった金貸し業者があることがわかれば、それは心は晴れるに決まっています。

金利が無い、ということを我々のような一般人は、「この業者、大丈夫か?まだ闇金ってあったのか?」と推測できますが、金貸し業者で審査落ちし続けてしまうブラックな人たちは、「そこまでして…私たち救ってくれるのですね…。マジ、救世主」と、歪んだ認知をしてしまうわけです。

そして、そこに記載されている携帯電話番号に電話をしたら最後、口座を聞かれて即日融資です。

完全に押し貸しレベルなのですが、それでもまだ借主側は気付きません。二週間程度経った時、あまりにも返済期間が短いこと、そして金利が異様に高いことに気がつきます。それで文句を言うと、うまくいいくるめられるか、逆ギレされて嫌がらせの定番「ピザ50人前」が自宅に届くようになるわけです。

ブラックでもお金を借りたいなら冷静に

ブラックでも借りれる所で、本当にどうしてもお金を借りたい…と思っているのであれば、基本は冷静です。

冷静さに勝るもにはありません。

お金を借りたい、どうしよう…

やばい、今月支払いが間に合わない…

でも危ないところには手を出さない!お金は借りない!

まさに、冷静さが大切です。

ブラックでも借りれる所を探すなら「冷静さ」を忘れずに。

この冷静な金銭感覚を常に持ち合わせているのであれば、恐らくヤバい金融業者には引っかかることは無いでしょう。

逆に、こういった感覚を持ち合わせていないからこそ、ブラックになった挙句に騙されるといっても過言ではありません。

麻雀でもパチンコでも、熱くなったら負けです。どんなに調子が悪くても、冷静に考えてください。そうしたら当り牌を振り込まなくなりますし、パチンコもバカらしくなってきます。

ぜひ、どんなにお金に困っても冷静さを失わず、まともな判断をしてブラックでもお金を即日融資できる、優良な金貸し業者を探し出してくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

借金をゼロ!借金を減らせる!とかいう謳い文句の広告

債務整理で借金を減らせる!?
おまとめローンで返済額を一本化!
借金がゼロに!

など、訳の分からぬ事を広告している、金融専門の法律事務所。

今までこのような広告などを見てきた方は多いでしょう。

本当に見飽きましたね。

このような過大広告を打ってでも、広告料などの元が取れるような世界ですから信じられません。

借金をしている人、お金を借りていてお金に困っている人、本当に苦しみお金の相談をしたい人の心理に目を付け、そこから手数料・成功報酬などを搾取するのですから、弁護士や法律家に、正義も悪も糞もないのです。

お金の相談所管理人の私も、債務整理一歩手前までいったんです…

実際に、お金の相談所管理人も、過去に債務整理の相談に行った事があります。

しかしその対応は悲惨なものでした。

親方日の丸殿様商売か?と言わんばかりの態度で、300万円を「たったの」と言うのですから。

私にとって300万円は非常に大きな金額で、生活にとっても死活問題。

金利の返済に悩んでいたのにもかかわらず、たったの300万円なら自力で仕事をして返しなさいとのことでした。

まさにそれは親から言われたことだったのですが…。もちろん、今までお金を借りて遊んできた、自業自得なのは言うまでもありません。はい、自分が悪いんです…。私はクズ人間です。

債務整理一歩手前まで行った、管理人のお話でした。

借金ゼロも夢じゃない?嘘つけ!債務整理の広告なんかするな!

しかし思う訳です。

それなら、債務整理の広告なんかするな!という事です。

借金に悩む人間を、ブラックにさせる為だけの行為。それが債務整理です。

例えばこのようなバナーをよく見かけます。

債務整理とか、お金の悩みなどで検索をしていくと出てくる時があります。

ハッキリ言って

借金がゼロになることなんて、有り得ません

そんな夢のような、魔法のようなことがある訳がありません。

しかし広告では、そんな夢物語ばかりを語らせ、私たちお金に悩むクズ人間にクリックをさせようとしています。

そして、その売り上げで贅沢な生活をしています。

弁護士は相談手数料などをお金に悩む人たちから搾取します。そして2000円の高級黒豚ロースかつ定食をお昼に食べています。

借金0円も夢じゃない!

夢です。

今までの借金がゼロになるなんて、嘘をつくな!

そんなんだったら、全員借金チャラにしとるわ!

すみません、熱くなりました…。

ここはひとつ冷静に…

なぜ借金ゼロが夢なのかという所を、お金の相談所管理人が語らせて頂きます。

借金ゼロは、昔の消費者金融から借りていた人だけ

借金がゼロになるという事には、カラクリがあります。

もう知っている方も多いかもしれませんが、簡単に言うと

「昔の消費者金融からお金を借りていた」場合に適用されるかも?

ということです。

今の30代の方なら知っているでしょうけど、消費者金融の武富士が全盛期を迎えていた時代、当時の消費者金融は、グレーゾーン金利と呼ばれれる金利で、個人に対してお金を貸していました。

今では金利が年率、最大で20パーセントが上限となっています。

詳しくはWikipediaなどにも改正貸金業法について掲載されていますから、それを見れば一目瞭然です。

ざっくり言うと、平成18年に貸金業法が改正されています。

今の金利などは、ここ10年のものであり、ここ10年で借金をした人は当たり前の金利を払い、これをゼロにするなんて言う事は不可能なのです。

借りたお金は返す、当たり前のお話です。

ですから「借金がゼロ!」なんてことは夢です。

しかしながら、昔の消費者金融からお金を借りていた人に限り、年率20パーセント以上の金利を払っていた場合にのみ、その返済した分を戻すことが出来る…ということです。

これが、過払い金請求です。

この過払い金請求で、武富士は倒産しました。

そして、アイフルも経営難に。アコム、レイク、プロミスは、大手銀行が買収しました。

そもそもこの原因には、弁護士広告の規制緩和があります。

2000年に、弁護士広告の規制緩和が実施されたのです。

それまでは、弁護士とは広告するべきではない、紳士なものなのだから営業や広告は違う、とされてきました。これは外国でも同じです。

その中で日本は、この法律家である弁護士の広告の規制緩和を行いました。

弁護士がタレントとしてテレビにも出るようにもなり、身近な存在となりました。

例えばチンピラ同士が何かお金の揉め事で喧嘩をした場合、昔はヤクザ屋さんを呼んで解決していたりもしました。しかし今では、ヤクザ屋さんではなく弁護士屋さんを呼んで解決する時代です。

そこに、ヤクザ屋さんまがいの悪徳弁護士がたくさん現れるようになり、秩序の乱れに繋がったのです。

まさに弁護士法改正・貸金業法の改正で、消費者金融業界だけではなく、金融業界・経済業界・日本の社会秩序自体がボロボロになっていってしまったわけです。

話がそれてしまいましたが、その流れは今でも変わっていません。

法律事務所が、一般庶民を食い物にする時代です。

借金をゼロに!借金の悩みは当事務所に!など、その広告こそが、まさにおかしな話なのです。

お金の相談所からアドバイス

では私たちお金に悩む人は、今後どうすればいいのでしょうか?

やはり一番手っ取り早いのが、仕事を頑張って収入を増やすしかありません。

そして贅沢を全て絶ち、借金を完済するまで自由を失わせます。

贅沢を辞めれば、毎月の支出が減ります。それが出来ない人は病気です。何らかの依存症になっています。

なぜ分かるのかって?私がそうでしたから。

私の経験を元にすべてを語っていますが、私も借金が家計を圧迫していました。

車を売って自転車に。携帯電話代も通話代のみ。食事は昨日のおかずをオニギリに突っ込み、98円で12個入りの、マルコメみそ汁(わかめ)。

どうしてもパチンコで遊びたい時は、1円パチンコを1000円だけ。

こうやって生活を切り詰めて行って、300万円の借金を返すことに成功しました。

贅沢が、借金の全てです。

生活水準を下げる事は難しいです。

金銭感覚を戻すことも難しいです。

しかし、債務整理なんて馬鹿な事は絶対にしたらいけません。

甘えたらだめなんです。自己破産をする若者が増えているようですが、その考え方やギャンブル依存症を治さない限り、債務整理や自己破産をした若者は、まだ借金をすることでしょう。

その末路は、強盗などの犯罪に走る思考回路になり、その家族や身内回り全ての人が、不幸になるのです。

これを読んで、一歩踏みとどまってください。

もしも、債務整理後、自己破産後のブラックの方で、お金を借りたい…どうしてもお金を借りなければならない…、そんな状況になってしまった方もいると思います。

そのブラックの方でも借りれる、金貸し業者をお金の相談所では紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

人間の7つの欲求・お金を借りたい欲求

お早うございます。お金の相談所管理人です。

皆さんは、ラスベガスのようなデイサービスがあることをご存知でしょうか?

私は日曜お昼のワイドナショーという番組を見ていて、初めて知りました。

ラスベガス

そもそもデイサービスとは?

 デイサービス(通所介護)は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。

生活機能向上グループ活動などの高齢者同士の交流もあり、施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。

店舗名が「デイサービスLas Vegas」というもので、デイケアの基本的な事はもちろん、ラスベガスのカジノをモデルにしたカードゲーム、その他にも麻雀などのテーブルゲーム、パチンコやスロット台も完備、まさに至福のレクレーションを行うというものです。

経営者の方は、「ゲーミング」と名付けて熱い思いで運営されています。

店舗の造りもラグジュアリーな雰囲気だそうで、利用者の方たちも自然と「おめかし」をして出かけていくそうです。

おめかし

率直に、これは非常に画期的なサービスだと思います。出来る事なら私も毎日麻雀がしたいですし、カジノもパチンコも大好きです。

デイサービス・ラスベガスの公式サイトはこちら

ギャンブル嫌いも存在する

仮想通貨

このゲーミングレクレーションでは、施設内で使える仮想通貨を発行し、それをチップに変えて勝負事をするなど、まさに庶民の男心をくすぐるシステムですが、その中には反対意見もあるようです。

その反対意見の理由としては、「ギャンブル依存を助長する」といった事だそうです。

私がハッキリ言いますが、反対意見を言っている人間は、ただの偽善者です。

それか、頭のおかしいキチガ○クレーマーです。

もしくは、ラスベガスの経営者や誰かに恨みを持っている人間でしょう。

こんな素晴らしいサービスを批判するなんて、どうかしています。

ギャンブルが嫌いな人もいるのは知っています。その人はその人の感性があり、別にギャンブルが嫌いなら嫌いで良いと思います。

しかしその意見があたかも一般的かのように、クレーマーと化すのは単なる偽善者。

私がもし高齢者だとしたら、絶対に行きたいデイケアですし、今は引退していますが昔バリバリの麻雀好きだった父に勧めたいですし。(私の地域にはラスベガスがありませんので)

というのも、私たち日本人の一般庶民の多くは、「心のよりどころ」を求めてパチンコや競馬、競艇などをします。まさに、息抜きであり、賭け事をするという行為がストレス解消でもあるわけです。常人という名の偽善者には理解ができないかもしれませんね。

もちろんギャンブルをするイコール、お金が欲しいという気持ちもありますし、ゲームが好きで1円パチンコをする高齢者も多くいます。競艇場なんて、外向発売所など休日に行けばまさに老人ホームのような賑わいです。

競馬競艇

おじいちゃんの匂いが凝縮しているのですから、匂いフェチの方には堪りません。

このデイサービス・ラスベガスさんは、まさに一般庶民の感情・人間本来が持つ欲求を上手に突いた、本当に画期的な発想です。私は心底尊敬します。

何度も言いますが、これらを批判する方々は、単にギャンブルが嫌い、ギャンブルは悪という思想の元に育ってしまった偽善者か、パチンコ店の関係者か?(年金を食い物にするパチンコ店)

ギャンブル嫌い偽善者のそもそもは、お金持ち出身で、お金に困ったことが無い人間でしょう。そのような方には、庶民の感覚が分かるはずもありません。

日本の人口の9割は、庶民派です。数少ない富裕層の方の意見が、まさにクレームと化していると思います。

※ちなみに私の母もギャンブルが嫌いです。理由は父のギャンブルでの借金が原因でした。そんな母のような人も必要だという事は理解しております。

お金を借りたい欲求

この「お金を増やしたい、欲しい」「勝ちたい」という事も、一つの欲求です。

お金を借りたい!という欲求から、銀行や消費者金融が存在します。

他にも信販系のローン会社・クレジット会社・サラ金・街金・闇金・・・

色々な種類の「金貸し業者」と呼ばれる、消費者金融が存在しています。

全ては、人生に敗北した、博打に敗北した私たち一般庶民が、お金を借りる為にある絶対的存在です。全ては欲望を叶える為に存在します。

消費者金融でも、お金の悩みでも、実際に借金やローンに苦しんだ人じゃなければこのサイトは書けません。この観点では書けないと思います。私はまさに、現役キャッシング利用者である一般庶民なのですから。

人間の欲求・欲望

人間には欲があります。少し調べてみました。

欲と聞いたら、3大欲求とか聞いたことあるかもしれません。

睡眠欲・性欲・食欲です。

これは字の通り、眠いから寝たい。可愛いあの子とセックスしたい。腹減ったから食べたい。です。

実はその他にも、7大欲求と呼ばれるものがあることが分かりました。

(ある方のブログから後で紹介します)

その方がブッダ(仏様の最高位)にまつわる本を読まれていた時に書いてあったそうです。

ブッダ

その本に、人間が「求める心」は7つに分けられるということが書いてあったそう。

つまりは残り4欲求です。これを紹介したいと思います。

怠惰欲

【タイダ】なまけること。なまけてだらしないこと。また、そのさま。

・これの怠惰欲が一番、庶民感覚ではないでしょうか?というよりも、一番の幸せの追求ではないかと思っています。宝くじを買って、一攫千金。そして国内や海外で悠々自適に過ごしたい。年末ジャンボを買う人は、みんなそう思って買っているでしょう。つまり、働きたくない。でもお金が欲しい。欲求のすべてといっても良いかもしれません。

生存欲

【セイゾン】生きてこの世にいること。生命を存続すること。

・これはコントロールできませんね。みんな死にたくないから健康管理をするわけです。しかしこの生存欲が無くなった人たちが、自殺をするんでしょうか…。

感楽欲

【カンラク】視覚(ルックス)・聴覚(音楽)など、感覚の快楽を味わいたいこと。

・今の私にはこの考え方は無いかもしれません…。というのも、好きな音楽は特にないですし、最近の音楽なんかも聞きたいとも思いません。見た目も気にしなくなったので、終わりですね…。しかしパチンコのトキオデラックスの16Rの音楽はいつでも聴きたいという欲望はあります。完全にパチンコ依存ですから。

承認欲

【ショウニン】その事柄が正当だと認めること。もっともだと認めること。

・これは最近で言えばみんなのご存知のインスタ蠅です。承認欲の塊です。私はしたことありません。みんなバカみたいに思えます。芸能人やアイドルの女性が商売の為にするのなら理解できます。なんで一般人、しかも男がキャメラを撮ってんの?定食屋で、一人焼肉定食をパシャっとしているオジサンを見ると、食欲が失せます。趣味でやっているだけかもしれませんし、彼女や嫁さんに送っているのだけかもしれないので、一概に批判は出来ませんが、やめていただきたい。

このように、人間にが色々な欲望・欲求があります。色々調べて、本当に勉強になりました。

このブログのお陰です。感謝します⇒ 話し相手がいないからここに書く。

私たち人間は、欲求・欲望の中で生きている

この欲望の中で、限度を超えないように自分をコントロールしなくてはいけません。

その欲求が爆発してしまうと、色々な犯罪や、借金に見舞われます。

犯罪者

こうなってしまえば人生は終わりです。我慢するという力…。人間の感情とは、非常に難しいものです。

話が創大になってきましたが、最初に戻ります。

デイサービス・ラスベガスは、まさに至高のデイケアです。いくつになっても、全ての欲求を満たせるかもしれない、そんな画期的なサービスです。

お金に悩む私が、小さく見えました。

お金に悩んだり、仕事に悩んだり、人間関係に悩んだり…。

苦しんでいるからこそ、この興味ある記事を一生懸命書けたのかもしれません。

今、様々な悩みを抱えている方。私も同じです。一人ではありません。

人間の欲望が無くなることはありませんし、何かをしたい!勝ちたい!ヤリたい!眠い!といった欲望の渦の中で私たちは生きているんです。

ここは私が長年お金の記事を書いてきた、お金の相談所です。

お金を借りたい!という欲求もあるからこそ、当サイトが紹介するサラ金のような場所も存在するんです。

お金を借りたい欲求に見舞われ、どうしてもお金を借りたいけど、借りれない…。そんな方の為にある、優しい金貸し業者です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!


債務整理の相談・ブラックには変わりはない。

お金の相談所でございます。

現代の日本社会の中で、お金に困り、お金を借りたいけど借りれないと思っている人たちが悩んでいることのひとつに

「今後ずっと返済をしなければいけないのか」

ということと

「思い切って債務整理をするかしないか」

ということがあります。

どちらにしろ返済をしなくてはいけませんし、多重債務者としては、思い切って返済をしなくても良くなる後者を選びたい、と思うことでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのが、どう言ったシチュエーションで消費者金融でお金を借りていたのか?ということです。

さらに、どうせブラックだから…ということで、安易に債務整理をしてしまうと、大損する可能性があります。

ブラックでもお金を借りる事ができる消費者金融はまだまだありますので、本来は自力で返済し続けていく方が得策でしょう。

今回、お金に悩めるブラックが債務整理をするべきか否かについてを確認していきます。

◆債務整理は無駄である

ブラックでどこからもお金を借りれない。さらに、毎月半端ではない返済額であり、パンク寸前である。

こういった方々は、債務整理をするか否か悩んでいるはずです。

債務整理は、要するに任意整理と同様に、弁護士を介入させることで金利分を支払わずに、元金だけを分割返済し続けることができる、という画期的なものです。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

まず、10年以上前。つまり、グレーゾーン金利の頃にお金を借り続けていた、という方でなければ損をしてしまう可能性があります。いや、確実に損をします。

以前、貸金業法が改正する前は、およそ年率29%近い金利を大手消費者金融は貪っていました。

そのため、返済を数年以上しているのに、なかなか元金が減らず、それで困った人たちが別の消費者金融で借り続け、多重債務者となってしまった、ということがありました。これは社会問題にも発展したのです。

この現状を打破しようと国が立ち上がり、上限金利を20%程度に改定。

その差額である金利分を、債務整理をすれば返還要求することができ、結果的に債務整理で戻ってくるお金で相殺、ないし逆にお金が戻ってくるということで、債務整理が注目されたわけです。

これには弁護士法の改正もありました。それはあまり知られていないのです。

弁護士自体、広告をする事は間違っている。これは世界の常識で、弁護士や法律家の広告は、日本でも禁止されていたのです。

その中で弁護士法の改正。そして今では当たり前になった、法律事務所などの広告ができるようになりました。債務整理を法的に行ったことで、数々の消費者金融が倒産・破産しました。

この当時のグレーゾーン金利に当てはまっていない、最近の多重債務の方は、お金が戻ってくることは絶対にありません。

消費者金融としては、一切落ち度が無いからです。

もちろん、銀行のキャッシングも同様。

法律が守られた金利で借りていたのであれば、ただただ元金を支払うことになるだけです。

つまり、現状では債務整理は全くの無意味なわけです。もちろん利息を払わなくて良くなる可能性がありますが、その代わりに弁護士に報酬を支払わなければならないのです。その金額は10万円~30万円といわれています。次にその説明をします。

◆元金だけならお得なのか?

元金だけを返済し続けるのであれば、それはそれでラッキーです。

地獄から、開放されると思いますよね。しかし借金は借金です。借金が消える事は絶対にあり得ない事です。ここに落とし穴が待っているのです。

まず、元金だけ…ということですが、弁護士を介入させてしまうことで、平均で1社の費用として32,400円 (税込)がかかってきます。

2社以上ではお得なるようですが、5社以上あれば10万円を超えていきます。

さらに、成功報酬などがあるため、追加料金も発生する可能性があるのです。

それでもまだ、お得なのではないか、と思われている方もいると思いますが、ここからが地獄なのです。

◆長期間ブラック人生が続く

多重債務、延滞・滞納などで、もしもブラックになってしまった方々は、実は早い段階でブラックを抜けることができます。

JICCなどの信用情報機関は、消費者金融系のブラック情報が載ってしまう場所です。

しかし、滞納の場合はその滞納先にしっかりと返済した後、1年間が過ぎれば普通にお金を借りることができます。

多重債務者に関しても、当たり前ですが返済して余裕が出てくれば、多くの消費者金融などに融資枠が生まれて、ブラックが卒業できるわけです。

しかし、債務整理をしてしまった場合は別の話です。

最低でも、5年から7年は完全にブラックです。年収が、5,000万円を超えたところで、1円もブラックなのでお金を借りることができません。

借金を返済し、真面目にずっと改心してきて、来週までに10万円をどうにかして借りなければならない…ということがあっても、債務整理後は絶対にどこからもお金を借りれません。

さらにブラックとしてまた掲載されてしまうことがあるのです。その場凌ぎの癒しが、一生を棒に振ってしまうことがあるのが、この債務整理の恐ろしさ…ということなのです。

◆ブラックでもお金を借りれる消費者金融!

ただ、債務整理をするもしないも、多重債務者、滞納者のブラックたちはその期間中はお金を借りることはできません。

大手消費者金融、銀行、クレジットカード、全ての貸金業者に相手にされません。だからと言ってヤミ金は危険です。

しかし、金融会社の中には小規模なサラ金系の消費者金融があります。

サラ金は信用情報だけではなく、現在の個人の返済能力など、独自の審査をできる場所があるのです。

もし、どうしてもお金を借りたい、という時には強い味方になってくれることは間違いありません。

逆にいうと、下手に別の場所にお願いし続けてしまうと、申し込み審査ブラックとして名を連ねてしまい、どんどんブラック期間が延びてしまいます。

このサイトお金の相談所には、ブラックでもお金を借りる事ができる、真面目な経営をしているサラ金系の消費者金融が沢山掲載されています。

ぜひ参考にして頂き、自分だけの新しい未来を築き上げてみてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックの人が、どうしてもお金の相談するための場所とは?

お金が無いと不安な気持ちになってしまう…という方は多いでしょう。

私もそうです。財布にお金が入っていないと急激に不安になるんです。

「もし、大きな出費の予定があったらどうしよう」とか「月末の支払いが払えないかも」とか「あと500円で3日間飯を食わないといけない…」など、切羽詰まっている方も少なくはないはずです。

ただし問題は、そういった方々の中には「ブラック」である人がいるということです。

ブラックになってしまった場合、一体何が困るかというと、大手消費者金融などでお金を借りることができないのです。

そのため、ブラックになるととにかく精神的不安になってしまい、このまま一生お金を借りれないのか…と思い込み、認知が歪み、心身症になってしまう可能性すらあるのです。

●ストレスを抱えてはいけない

今現在にブラックになってしまった人たちが、目の前のストレスを無くせる方法はただひとつです。

それは、「お金を借りること」だけでしょう。

お金があれば、全てが解決する、という考え方が良いかはわかりませんが、そう思っている人は少なくはありません。

お金がないから支払いものを滞納させブラックになり、そしてお金が借りれなくなった。そういった人たちの中は、貯蓄をすることができず、基本的に自転車操業のような経済サイクルで生活をしています。

頭の中には、「お金を借りたい」「お金を融資してほしい」「もうお金が全て」「お金があれば、自分は全てやり直せる」など、金、金、金ばかりが頭の中をリフレインしています。

しかし、それは根本的に解決になっているのでしょうか。このサイトでは、まずはお金の相談をする、というところから一歩踏み出してほしいと思っています。

●ブラックでもお金の相談ができる場所とは?

ブラックをねじ曲げてしまうと、前述したような、お金がないのに金の亡者になります。すると、周囲が見えなくなってしまい、結果的にヤミ金に手を出してしまうことになります。

ヤミ金業者は、ブラックでもお金を借りる事ができる、最後の手です。というよりも、ブラックだからこそお金を借りさせます。

ヤミ金側も理解できませんが、なぜお金が無くて借りなければならない、という人に法外な金利を請求するのでしょうか。

それは、人間は脅せばどうにかする、という心理を利用しているのです。ブラックの解決法として、お金を借りれば解決する、と思っている人はまずは立ち止まってください。

お金を借りるということは、また借金が増えるということです。

そしてもっと危険なのは、お金を借りても本当にまともな金利でお金を借りれているのか、ということです。

まず、そういった解決法ではなく、「相談」をすべきです。

ブラックの心を和らげるために重要なのは、まずは話をしたり、メールで相談をしたり、自分はこんな状況であるということを、第三者に伝えることです。

このサイトにメールを打つのでも良いですし、このサイトに掲載されている小規模消費者金融に相談だけでもする、ということが重要です。

お金の話はデリケートな問題なので、自分一人で抱え込む人が殆どです。しかしその壁を超えて、当サイトでなくとも誰でも気軽にお金の相談をして欲しいと思います。

●ヤミ金に相談は絶対に自殺行為

ブラックがお金の相談をできる場所は、どこからも借りれないブラックでもお金を借りれる可能性がある消費者金融を知っているサイト、そして直接、そういった優良な消費者金融に相談することです。

しかしながら「今直ぐにお金を借りれないのであればそんな時間は無駄だ!」と思っている方が、ヤミ金に思わず相談してしまうのではないでしょうか。

確かに、その気持ちはわかります。今すぐ、緊急に、明日までに、お金を借りれないと意味がない!と訴える人もいるかもしれません。

しかし、もしもヤミ金に相談したのなら、すぐにあなたの個人情報を抜き取られます。

相談だけで済むわけがありません。

焦っていると、周りが全く見えなくなってしまうのです。

闇金は、「うちであれば、もうそんなブラックとか関係無い。だから、落ち着いてください。口座番号を教えてくれれば、即日で10万円振り込みます。」というような、甘い言葉をかけてきます。

誰だって、相談したらお金を借りたくなるものです。そこで甘えるともう終わりです。

さらに、ブラックだからこそ大手消費者金融、銀行などのキャッシング全てに断られていたとしたら、借りたくなるのも当然です。だからこそ、注意しなければならないのです。

●相談で聞くべきこと

ブラックでもお金を借りれるかもしれない、という期待を込めてお金の相談することのメリットは、まずは精神的に楽になることです。

自分の現状を誰でも良いから伝えることができる、ということは精神的に大きなゆとりをもたらすことができます。

ああ、今すぐお金を借りたい、やばいやばい、どうしよう。という焦りの意識が遠のいていきますのでおすすめです。

そして、もしもお金を借りれない場合でも、何が審査に重要なのか、ということも聞くことが出来ます。

もしもブラックの場合、今現在の稼ぎの量や全体でどの程度債務があるのかなどは、審査対象としては二の次です。

まずは、信用情報機関にどんな情報が入っているのか、ということだけが注視されます。

結果、揃えるべき書類であったり、どうやったらブラックでもお金を借りる事ができるのか、細かな部分まで聞くことが出来るのです。

お金の相談だけであれば、信用情報機関には別に登録されません。

そもそも、個人情報を出していないのですから、当然です。

仮に、辺り構わず融資を得ようと、片っ端から審査を受け続けてしまった場合、「申込ブラック」というレッテルが貼られてしまうために、さらに信用情報に傷がついてしまうわけです。

そうなったら最悪で、信用事故情報が消える期間がぐっと伸びてしまうのです。

せっかく、あと1ヶ月で滞納ブラックとしての履歴が消えるかもしれないのに、審査を無理に受けてしまったがために、また1年に振り出し…。こういったことも、起こりかねません。

まずは、ブラックでもお金の相談ができる、信頼の消費者金融。

当サイトが紹介している優良なサラ金系消費者金融こそ、本当の借りやすい場所なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金が無い頃の方が楽しかった…。お金の価値観と金銭感覚。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

お金の価値観と、金銭感覚。

これはとても重要ですね。

何も今さら考えなくても…って話なんですけど、これは本当に大事というか、今一度自分に言い聞かせたいと思っています。

例えばカップルでも夫婦でも、お金の価値観は当たり前ですが、金銭感覚は本当に重要です。

お金の問題で別れたり離婚したりと、お金が原因での問題は数知れません。

まあ二人の問題はどうでも良いのです。付き合っているだけでも幸せなんですから。

世の中には私のような、ブサメン男子で彼女もいない人間も多くいます。

趣味は基本的にギャンブルで、パチンコやスロットが趣味ですね。競艇も競馬もやります。

これは男の遊びとして、至って普通な事だと思います。

平日は当たり前のように普通に仕事をします。夜は家に帰って、ご飯を食べて寝ます。

たまに仕事の帰り道に、パチンコ屋に寄ります。競艇のナイター場外向け売り場も行くときは行きます。

そこで、ふと最近思ったことがあるのです。

「お金に困っていた時の方が、なんか楽しかったな…」と。

いや、普通に考えておかしいですし、お金があったほうが楽しいに決まっています。

今私の懐事情はどうなのかというと、このサイトを立ち上げた2014年よりは余裕が出来ています。というよりも、借金を返済して完済しました。少し貯金をしながらの生活です。

しかし、違うんです。

お金と幸せは、別のものなのです。

これは、誰かの名言で見た気がします。

軍資金で言うと、お金が無い時は、本当に1円でも10円でも惜しく、1万円の博打でもハラハラドキドキだったのです。

しかしお金に少し余裕が出来てしまうと、金銭感覚が変わってしまいました。

競艇でも1万円だけだとおもしろくない。パチスロも5スロなんかでは面白くない。1パチもヌルい。

そんな調子にのった事ばかり言っていると、負ける金額も大きくなります。

そしてまた一カ月するとそれなりの給料が入ってきます。しかしまたその分負けてしまうので、結局は何も変わらない…。

お金を持っていても、お金を持っていなくても、やることは変わらないのです。

それなのに、充実感は雲泥の差くらいに違います。

お金が無かった時の方が、喜びは大きいのです。同じ倍率で勝っても、お金に余裕がある時は、全く満足が出来なくなってしまっています。

これが、金銭感覚の麻痺と言えるでしょう。

今私はまさにこの状態です。

お金が無い当時。

1万円を握りしめ、軍資金片手に競艇場に。

1日賭けて、マックスで7万円まで財布の中が膨れた時もありました。

今では5万円勝とうが7万円勝とうが、楽しくないのです。

今よりも、お金が無いあの頃の方が楽しかったのです…。

今はお金はあるのに、なんでこんなに楽しくないのだろうか。

これがお金の悩みでもあり、私たち人間の悩みでもあります。

お金の相談所では、どこからも借りれないけど、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?

お金を借りる…。これは人にとっての永遠のテーマです。

昨日とあるテレビ番組を見ておりましたが、人間の脳についての討論でした。

神奈川県座間市であった、猟奇的殺人事件。

この犯人は、人を殺すことに快感を覚え、次々と殺人を犯しました。

これを医学的に見て、現役のお医者さんたちが討論するというものでした。

そのほとんどの方の意思が、こういったキチガイ的な殺人犯は病気ではなく、嗜好の問題である…と。そう答えていました。

つまりは数百人、数千人、数千万人に一人、先天的に遺伝子がおかしくなり、快楽を覚えるドーパミン分泌に異常がある。なので人を殺して快感を覚えてまた繰り返すことは、至って自然なことなのだ。という意見もあったわけです。納得です。

強姦・児童性愛(ペドフィリア)も同じであり、先天的なものと後天的なものがある。どちらかかというと、ペドフィリアは後天性か。

ある医師は、「これらの人間は、隔離させてるべきである。ノーマルな人間と共存は出来ない。」と声を大にして行っておりました。

つまりは「性的被害者が必ず居る。だからそんな性犯罪者との共存を認める事は、到底できない。」ということです。

確かに私も、人権派だとかいう人は偽善者にしか見えません。自分の身内がとんでもないレイプ被害を受けても、人権と言って加害者を守れるのか?という事ですね。

そもそもは、社会的秩序の問題です。

ちつ‐じょ【秩序】の意味
出典:デジタル大辞泉(小学館)

1 物事を行う場合の正しい順序・筋道。「秩序を立てて考える」

2 その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。「学校の秩序を乱す」

近年はグローバル化と言われていますが、ここは日本であり、日本の文化というものがあります。

日本の秩序も当然ながらあります。しかし今は、超情報化社会になってしまい、世界運命共同体のような考えを持った人が多くなってしまいました。

そして近年は、トランスジェンダー(ホモ・オカマ・ゲイ・レズなど)に寛容になってしまってことで、社会的秩序の乱れが起きている。

同性愛の性交渉から性病の蔓延にもつながる。その医師は、そのようにも言っていたのです。

私も同意見でした。物凄く納得しました。

しかし、そんな考え方すらも、「こんな過激な意見を言ったらいけない!」という社会論調。風潮。

そんなマスコミもダメだと、その医師は言っていました。その医師は、特別に過激な思想ではありません。純粋な日本の誇りを持った考えです。

ダメなものは、ダメ。

道徳的・生理的な順序がある。

日本古来特有の伝統がある。

寛容になりすぎてはダメなんです。

少し熱くなってしまいましたが、お金・キャッシング・消費者金融にも、同じような事が言えると思うんです。

タイトルにある通り、「どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?」という所です。

まあ「遊ぶ」っていう事は、早い話「博打」です。

他にもキャバクラやダンスクラブなど女にハマってキャッシングをする人も多いです。

そしてそれには全て、お酒が付いてきます。

「飲む・打つ・買う」

これは、昔から言われてきた男が遊ぶための言葉です。

「お酒を飲む。賭博を打つ。女を買う。」

うーん、最高です。

お酒は飲まない男性もいるでしょう。博打をしない男性もいるでしょう。女が嫌いな男性はほとんど居ません。

私は全て好きです。

これをする為には、どうしてもお金が必要です。

遊びたい=お金が無いから遊べない=我慢できない=お金を借りたい。

このように、自分の欲求を満たす為に、人はお金を借りたいと思うのではないでしょうか?

今の私も、お酒を飲んで遊びたい・パチンコがしたい・ギャルと遊びたい…。そういう想いは常にあります。

思い返せば、確かにその気持ちでお金を借りました。

とにかく、お金を借りて、遊びたい。

そんな気持ちを持った人が、どうしてもお金を借りたいお金の相談所管理人です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

祝3周年!お金の相談所のつぶやき

こんにちは。お金の相談所管理人です。

今日は、ふともの思いにふけたいと思います。

この【お金の相談所】としてブログ的に書いてきて、2017年12月で丁度4回目の12月です。

2014年・2015年・2016年・そして2017年…。

嗚呼、早すぎです…。

アーカイブを見ていたら、2014年12月でした。

もうそんなに時が過ぎたのか…。

18歳だった人は、22歳に。

28歳だった人は、32歳に。

38歳だった人は、42歳に。

48歳だった人は、52歳になりました。

正確に言えば丸3年で、4年目と言ったところでしょうか。

管理人の私も、年代の壁を超えてしまいました…。あー、歳は取りたくない!

そんな中で、歳のせいではないですが、近ごろはニュース日本茶が大好きになりました。

そこで今の時代は、銀行融資・消費者金融に制限・様々な法改正などもありました。

消費者も変わり、時代が動いている…。

金融などお金関係も大きく変わってきました。

時代で言えば、この前は衝撃を受けたことがあります…。

私の母の誕生日だったこともあり、景色の良い喫茶店系のレストランに連れていきました。

そこは若者にも人気で、もちろん様々な年齢層にピッタリの洋食がある喫茶店。

ちょっとした知り合いというのもあって、私はよく利用しますが初めて母を連れて行ったのであります。

昼からちょっと贅沢をしながら、コース料理を食べていました。

すると、席の後ろに10人の団体が…。

男女5対5。

お、合コンか?

大学のサークルの集まりか?

でも昼だし、何だろう。ドライブか?集団デートか?

という風に思いながら背にしていました。

しかし会話は全くなく、シーン・・・としていました。

私は振り向きはしませんし、母と会話をしながら食事してます。

トイレに席を立ちました。そして振り返ると・・・!

全員、スマホいじり!

中にはイヤホンして!

バカかおめぇら!!!

これが今時の若者か…。

会話も無く、淡々とスマホを見つめながらパンケーキを食べてました。

これも時代か?

いや、時代で済むお話ではない!

お行儀の問題である!

私の時代は、ゲームボーイがありました。

当然、家族などと外食に行くと、ゲームボーイは禁止。

教育の問題でしょう。スマホも禁止にしないと。何がインスタやねん。アホか。

っと、血圧が上がって脳出血しそうなんで怒りは抑えます。

さて、いつもこうして、このお金の相談所が検索でどんな風に見られているか、どんな検索ワードで見られているのか、そういうことをやっていますが、昔見ていたサイトも様変わりしました。

やはりこのような消費者金融のサイトも、日々変わってきますね。

そんな中で4年も続いたこの「お金の相談所」を褒めてください!グーグル先生!

きちんと真面目に、ブラックの人でも借りれる、総量規制オーバーでも借りれる、真面目な街金を紹介しているんですから!

それにしても、最近は中小消費者金融が台頭してきたと思いませんか?

それこそ、このお金の相談所を作った時、中小系の消費者金融のまとめサイトなどはありませんでした。

(あったかもしれませんが、携帯用の古いヤツでした)

しかし今は、様々な中小系の消費者金融がネットにも出てきています。

とある中小消費者金融は、ここ1年で一気に拡大してきたりなど、それに伴い凄い勢いでサイトもどんどん出来ています。広告費を沢山かけているのでしょうかね。

その消費者金融の業者名の検索が良くされているようですし。

このサイトでは1社しか紹介していませんが、もしももっと沢山の消費者金融が紹介できるようになれば、もっと盛り上がるんですけどね!

ぼちぼち頑張っていきます。これから4年、5年、6年、7年と続くように、お金の相談所を宜しくお願い致しますm(__)m

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

女性でも安心して借りれる消費者金融を教えています!

お金の相談所でございます。

あっという間に年の瀬です。来年、平成30年でいよいよ年号が変わる…というニュースを見て、なんだか少し寂しくなってきます。

さて、近頃は女性の政治家をはじめ、さまざまな女性の問題が取り上げられています。

熊本では市議が方言丸出しで恫喝するパワハラ。

そして議会に赤ちゃんを連れてくるという、日本と北欧や豪州と一緒にしている女性議員。

もう古くて飽きたかもしれませんが、このハゲェー!!!違うだろぉ!!!で秘書を暴行、その後衆議院選挙にまさかの出馬。当然落選、そこからただの人になった元女性国会議員。

W不倫疑惑で年下男性弁護士とイチャイチャしている、性欲のバケモノかと思われる女性議員。

もっと古く言えば、伝説になるかもしれないあの細胞を発見し、国から消されたオボちゃんなどなど…。

女性が社会進出をし始めている今の時代、なかなかこういった悪い見本が出てくると、マスゴミどもが調子に乗るのでやめてほしいところです。

ただ、やはり日本の社会を見ると、女性の地位が高くなればなるほど、風当たりが強くなる傾向があるように感じます。

同様以上の悪さをしている男性の方は、政治家にも民間企業の役員の中にも腐るほどいるようですが、やはり男性同士の「アレ」でカバーし合っているというほかありません。

お前の気持ちは分かる…と言わんばかりに、まぁ余程の相当な悪事がない限りは、追求はしないでいておこうといったところでしょう。

しかし、女性の地位が上がった途端に、男性の阿吽の呼吸で済んでいた事例への追求が厳しくなり、この女は生意気だ!という理由からか、常にあら探しをさせられて休職に追い込むという、そういった傾向がまだまだなきにしもあらずです。

女性は余計なことをしないでいいから、可愛く家庭へのサポートにまわってくれている方がいい。これが、男性たちの本音なのかもしれません。

さて、そのような政治家のみなさんはさすがに、大手消費者金融や中小金融でお金を借りているとは思えません。しかも返済を滞納をしているとは思えません。

しかしこのはげぇ!議員は一般人になりましたし、オボちゃんも今は何をしているのか分かりません。

性欲のバケモノ議員も、もしも選挙に落ちていたらただの人。そうなれば、いつ女性が消費者金融を利用するのか、分からない時代です。

そこそこのキャリアを積み重ね、そこそこいい年齢になってから、急転直下で無職になってしまうということは、要するに貯金で生活する。もしくは再就職するかまたアルバイトに戻るしかありません。

さらに、若い頃であればまだまだ這い上がることができそうですが、30代も半ばに差し掛かるとそこから立ち上がるということは、かなり難しくなっていきます。

こういった中、とりあえずの時間を大手消費者金融でお金を借りたり、貯蓄を切り崩すわけですが、仮に病気になったとして通院などを繰り返していれば、確実に収入は減り気持ちも滅入ってしまい、そのうち借りたお金も返済しなくなってくる可能性もあるわけです。

こうなると、ずばり人生終了です。あれだけ、エリートと言われている人たちも結果的に一度沈むとなかなか浮き上がれず、結果的に借金まみれな人間になるわけです…。

さて、その人たちの人生はよくわかりませんが、最悪だからと言ってどこからでもお金を借りればいい!というわけではありません。

例えばソフト闇金とか言われる金融屋を聞いたことがありますが、そのような場所は闇金ですから、最悪だからと言ってそこでお金を借りるのは要注意と言えます。いや、絶対にやめてください。

その理由ですが、金利が高利過ぎて激し過ぎるため、今度こそ人生が奈落の底に落ちていきます。

そうなったら最後も、もう誰もカバーしてくれる人はいなくなります。

このサイトでは、ひとまずそんな闇金みたいなヤバいことを避けるために、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りることができる、きちんとしたサラ金を用意しています。

お金の相談所が長い付き合いの中で見てきた、ブラックでも借りれる消費者金融の一つです。

どこからもお金を借りれない状況でも、ここのサラ金ならお金を借りれる場所として人気があります。

もしもお金に困っていたとしても、闇金からお金を借りたらいけません。ここで人生を立て直していきましょう。

お金の相談所では、女性でも安心して借りれる優良な消費者金融を教えています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたいと思う事は当たり前のこと。

どうしても、お金を借りたい…。お金借りれる所を探したい。日曜日でも、サラ金でお金を借りたい。どこも借りれないけど、お金を借りたい。

消費者金融でお金を借りたいと思っている人は、このように様々な想いを持っていることだと思います。

ついさっきの事なのですが、ヤフーニュースで「年収800~900万円超したら増税」という記事を読みました。

私は当然そんな大金を稼いだこともありませんが、ヤフコメでは意外と「世界では5000万円以上が高収入」とか「年収800万円の少ないとこから取るな」とか言われています。

ここでちょっとヤフコメを見てみましょう。

うーん、この金銭感覚は、本当に個人差があり何とも言えないところなのですが、よく考えていただきたいことがあります。

まず、日本国民のほとんどが、平均年収以下だという事を。

年代別にもよりますが、平均年収はおよそ400万円~500万円だとしましょう。

一カ月30万円支給の給料で、年収は30×12=360万円です。ボーナスはある会社とない会社がありますので外します。

税金などを引かれても手取りは20万円超え。これでも平均年収以下ですが、地方などで普通に苦労をしてきた人たちにとっては十分貰っている金額だと私は思います。

地方での話ですが、公務員をしている後輩や、そこそこ良い会社に勤めている友人に話を聞いても平均年収以下です。

しかし平均年収以下でも、贅沢しなければ、普通に生活に問題のない金額なのです。

首都圏などではもっとサラリーマンでも給料が多いのかは分かりませんが、年収800万円で「大してもらっていない」というコメントにはびっくりです。

金銭感覚の問題でもあるとは思いますが、やはり国会議員の給料は絶対に下げるべきであり、国会議員が特別な仕事とか言う感覚を無くさなければなりません。

北欧などは公務員や国会議員と言っても、一般庶民と同じです。つまりは庶民が政治を行う、まさに理想的な国家なのです。

しかし日本は古くからの伝統・武家社会の名残があるのか、国会議員とかは「先生」と呼ばれています。

アホちゃうか?と私は思っています。何が先生や!

こんな状況だから、日本は何も変わらないと思うのです。

お金を借りたいと思っている人々がいる限り、やるべきことは沢山あります。

どうしてもお金を借りたい、お金を借りる場所を探す。この気持ちは我々国民にとって当たり前の事なのです。

お金の相談所では、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!