大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

お金の悩み一覧

ブラックの人が、どうしてもお金の相談するための場所とは?

お金が無いと不安な気持ちになってしまう…という方は多いでしょう。

私もそうです。財布にお金が入っていないと急激に不安になるんです。

「もし、大きな出費の予定があったらどうしよう」とか「月末の支払いが払えないかも」とか「あと500円で3日間飯を食わないといけない…」など、切羽詰まっている方も少なくはないはずです。

ただし問題は、そういった方々の中には「ブラック」である人がいるということです。

ブラックになってしまった場合、一体何が困るかというと、大手消費者金融などでお金を借りることができないのです。

そのため、ブラックになるととにかく精神的不安になってしまい、このまま一生お金を借りれないのか…と思い込み、認知が歪み、心身症になってしまう可能性すらあるのです。

●ストレスを抱えてはいけない

今現在にブラックになってしまった人たちが、目の前のストレスを無くせる方法はただひとつです。

それは、「お金を借りること」だけでしょう。

お金があれば、全てが解決する、という考え方が良いかはわかりませんが、そう思っている人は少なくはありません。

お金がないから支払いものを滞納させブラックになり、そしてお金が借りれなくなった。そういった人たちの中は、貯蓄をすることができず、基本的に自転車操業のような経済サイクルで生活をしています。

頭の中には、「お金を借りたい」「お金を融資してほしい」「もうお金が全て」「お金があれば、自分は全てやり直せる」など、金、金、金ばかりが頭の中をリフレインしています。

しかし、それは根本的に解決になっているのでしょうか。このサイトでは、まずはお金の相談をする、というところから一歩踏み出してほしいと思っています。

●ブラックでもお金の相談ができる場所とは?

ブラックをねじ曲げてしまうと、前述したような、お金がないのに金の亡者になります。すると、周囲が見えなくなってしまい、結果的にヤミ金に手を出してしまうことになります。

ヤミ金業者は、ブラックでもお金を借りる事ができる、最後の手です。というよりも、ブラックだからこそお金を借りさせます。

ヤミ金側も理解できませんが、なぜお金が無くて借りなければならない、という人に法外な金利を請求するのでしょうか。

それは、人間は脅せばどうにかする、という心理を利用しているのです。ブラックの解決法として、お金を借りれば解決する、と思っている人はまずは立ち止まってください。

お金を借りるということは、また借金が増えるということです。

そしてもっと危険なのは、お金を借りても本当にまともな金利でお金を借りれているのか、ということです。

まず、そういった解決法ではなく、「相談」をすべきです。

ブラックの心を和らげるために重要なのは、まずは話をしたり、メールで相談をしたり、自分はこんな状況であるということを、第三者に伝えることです。

このサイトにメールを打つのでも良いですし、このサイトに掲載されている小規模消費者金融に相談だけでもする、ということが重要です。

お金の話はデリケートな問題なので、自分一人で抱え込む人が殆どです。しかしその壁を超えて、当サイトでなくとも誰でも気軽にお金の相談をして欲しいと思います。

●ヤミ金に相談は絶対に自殺行為

ブラックがお金の相談をできる場所は、どこからも借りれないブラックでもお金を借りれる可能性がある消費者金融を知っているサイト、そして直接、そういった優良な消費者金融に相談することです。

しかしながら「今直ぐにお金を借りれないのであればそんな時間は無駄だ!」と思っている方が、ヤミ金に思わず相談してしまうのではないでしょうか。

確かに、その気持ちはわかります。今すぐ、緊急に、明日までに、お金を借りれないと意味がない!と訴える人もいるかもしれません。

しかし、もしもヤミ金に相談したのなら、すぐにあなたの個人情報を抜き取られます。

相談だけで済むわけがありません。

焦っていると、周りが全く見えなくなってしまうのです。

闇金は、「うちであれば、もうそんなブラックとか関係無い。だから、落ち着いてください。口座番号を教えてくれれば、即日で10万円振り込みます。」というような、甘い言葉をかけてきます。

誰だって、相談したらお金を借りたくなるものです。そこで甘えるともう終わりです。

さらに、ブラックだからこそ大手消費者金融、銀行などのキャッシング全てに断られていたとしたら、借りたくなるのも当然です。だからこそ、注意しなければならないのです。

●相談で聞くべきこと

ブラックでもお金を借りれるかもしれない、という期待を込めてお金の相談することのメリットは、まずは精神的に楽になることです。

自分の現状を誰でも良いから伝えることができる、ということは精神的に大きなゆとりをもたらすことができます。

ああ、今すぐお金を借りたい、やばいやばい、どうしよう。という焦りの意識が遠のいていきますのでおすすめです。

そして、もしもお金を借りれない場合でも、何が審査に重要なのか、ということも聞くことが出来ます。

もしもブラックの場合、今現在の稼ぎの量や全体でどの程度債務があるのかなどは、審査対象としては二の次です。

まずは、信用情報機関にどんな情報が入っているのか、ということだけが注視されます。

結果、揃えるべき書類であったり、どうやったらブラックでもお金を借りる事ができるのか、細かな部分まで聞くことが出来るのです。

お金の相談だけであれば、信用情報機関には別に登録されません。

そもそも、個人情報を出していないのですから、当然です。

仮に、辺り構わず融資を得ようと、片っ端から審査を受け続けてしまった場合、「申込ブラック」というレッテルが貼られてしまうために、さらに信用情報に傷がついてしまうわけです。

そうなったら最悪で、信用事故情報が消える期間がぐっと伸びてしまうのです。

せっかく、あと1ヶ月で滞納ブラックとしての履歴が消えるかもしれないのに、審査を無理に受けてしまったがために、また1年に振り出し…。こういったことも、起こりかねません。

まずは、ブラックでもお金の相談ができる、信頼の消費者金融。

当サイトが紹介している優良なサラ金系消費者金融こそ、本当の借りやすい場所なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金が無い頃の方が楽しかった…。お金の価値観と金銭感覚。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

お金の価値観と、金銭感覚。

これはとても重要ですね。

何も今さら考えなくても…って話なんですけど、これは本当に大事というか、今一度自分に言い聞かせたいと思っています。

例えばカップルでも夫婦でも、お金の価値観は当たり前ですが、金銭感覚は本当に重要です。

お金の問題で別れたり離婚したりと、お金が原因での問題は数知れません。

まあ二人の問題はどうでも良いのです。付き合っているだけでも幸せなんですから。

世の中には私のような、ブサメン男子で彼女もいない人間も多くいます。

趣味は基本的にギャンブルで、パチンコやスロットが趣味ですね。競艇も競馬もやります。

これは男の遊びとして、至って普通な事だと思います。

平日は当たり前のように普通に仕事をします。夜は家に帰って、ご飯を食べて寝ます。

たまに仕事の帰り道に、パチンコ屋に寄ります。競艇のナイター場外向け売り場も行くときは行きます。

そこで、ふと最近思ったことがあるのです。

「お金に困っていた時の方が、なんか楽しかったな…」と。

いや、普通に考えておかしいですし、お金があったほうが楽しいに決まっています。

今私の懐事情はどうなのかというと、このサイトを立ち上げた2014年よりは余裕が出来ています。というよりも、借金を返済して完済しました。少し貯金をしながらの生活です。

しかし、違うんです。

お金と幸せは、別のものなのです。

これは、誰かの名言で見た気がします。

軍資金で言うと、お金が無い時は、本当に1円でも10円でも惜しく、1万円の博打でもハラハラドキドキだったのです。

しかしお金に少し余裕が出来てしまうと、金銭感覚が変わってしまいました。

競艇でも1万円だけだとおもしろくない。パチスロも5スロなんかでは面白くない。1パチもヌルい。

そんな調子にのった事ばかり言っていると、負ける金額も大きくなります。

そしてまた一カ月するとそれなりの給料が入ってきます。しかしまたその分負けてしまうので、結局は何も変わらない…。

お金を持っていても、お金を持っていなくても、やることは変わらないのです。

それなのに、充実感は雲泥の差くらいに違います。

お金が無かった時の方が、喜びは大きいのです。同じ倍率で勝っても、お金に余裕がある時は、全く満足が出来なくなってしまっています。

これが、金銭感覚の麻痺と言えるでしょう。

今私はまさにこの状態です。

お金が無い当時。

1万円を握りしめ、軍資金片手に競艇場に。

1日賭けて、マックスで7万円まで財布の中が膨れた時もありました。

今では5万円勝とうが7万円勝とうが、楽しくないのです。

今よりも、お金が無いあの頃の方が楽しかったのです…。

今はお金はあるのに、なんでこんなに楽しくないのだろうか。

これがお金の悩みでもあり、私たち人間の悩みでもあります。

お金の相談所では、どこからも借りれないけど、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?

お金を借りる…。これは人にとっての永遠のテーマです。

昨日とあるテレビ番組を見ておりましたが、人間の脳についての討論でした。

神奈川県座間市であった、猟奇的殺人事件。

この犯人は、人を殺すことに快感を覚え、次々と殺人を犯しました。

これを医学的に見て、現役のお医者さんたちが討論するというものでした。

そのほとんどの方の意思が、こういったキチガイ的な殺人犯は病気ではなく、嗜好の問題である…と。そう答えていました。

つまりは数百人、数千人、数千万人に一人、先天的に遺伝子がおかしくなり、快楽を覚えるドーパミン分泌に異常がある。なので人を殺して快感を覚えてまた繰り返すことは、至って自然なことなのだ。という意見もあったわけです。納得です。

強姦・児童性愛(ペドフィリア)も同じであり、先天的なものと後天的なものがある。どちらかかというと、ペドフィリアは後天性か。

ある医師は、「これらの人間は、隔離させてるべきである。ノーマルな人間と共存は出来ない。」と声を大にして行っておりました。

つまりは「性的被害者が必ず居る。だからそんな性犯罪者との共存を認める事は、到底できない。」ということです。

確かに私も、人権派だとかいう人は偽善者にしか見えません。自分の身内がとんでもないレイプ被害を受けても、人権と言って加害者を守れるのか?という事ですね。

そもそもは、社会的秩序の問題です。

ちつ‐じょ【秩序】の意味
出典:デジタル大辞泉(小学館)

1 物事を行う場合の正しい順序・筋道。「秩序を立てて考える」

2 その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。「学校の秩序を乱す」

近年はグローバル化と言われていますが、ここは日本であり、日本の文化というものがあります。

日本の秩序も当然ながらあります。しかし今は、超情報化社会になってしまい、世界運命共同体のような考えを持った人が多くなってしまいました。

そして近年は、トランスジェンダー(ホモ・オカマ・ゲイ・レズなど)に寛容になってしまってことで、社会的秩序の乱れが起きている。

同性愛の性交渉から性病の蔓延にもつながる。その医師は、そのようにも言っていたのです。

私も同意見でした。物凄く納得しました。

しかし、そんな考え方すらも、「こんな過激な意見を言ったらいけない!」という社会論調。風潮。

そんなマスコミもダメだと、その医師は言っていました。その医師は、特別に過激な思想ではありません。純粋な日本の誇りを持った考えです。

ダメなものは、ダメ。

道徳的・生理的な順序がある。

日本古来特有の伝統がある。

寛容になりすぎてはダメなんです。

少し熱くなってしまいましたが、お金・キャッシング・消費者金融にも、同じような事が言えると思うんです。

タイトルにある通り、「どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?」という所です。

まあ「遊ぶ」っていう事は、早い話「博打」です。

他にもキャバクラやダンスクラブなど女にハマってキャッシングをする人も多いです。

そしてそれには全て、お酒が付いてきます。

「飲む・打つ・買う」

これは、昔から言われてきた男が遊ぶための言葉です。

「お酒を飲む。賭博を打つ。女を買う。」

うーん、最高です。

お酒は飲まない男性もいるでしょう。博打をしない男性もいるでしょう。女が嫌いな男性はほとんど居ません。

私は全て好きです。

これをする為には、どうしてもお金が必要です。

遊びたい=お金が無いから遊べない=我慢できない=お金を借りたい。

このように、自分の欲求を満たす為に、人はお金を借りたいと思うのではないでしょうか?

今の私も、お酒を飲んで遊びたい・パチンコがしたい・ギャルと遊びたい…。そういう想いは常にあります。

思い返せば、確かにその気持ちでお金を借りました。

とにかく、お金を借りて、遊びたい。

そんな気持ちを持った人が、どうしてもお金を借りたいお金の相談所管理人です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたい相談をするなら、街金・サラ金!

今後、私たちの社会の中で「お金を借りたい」と相談する人口は増加する傾向にあると言われています。

まさに貧困の格差や連鎖が歯止めがかからない状態にあります。それは時代の流れとでもいうのでしょうが、時代の流れで話を済ませているから歯止めがかからないのです。

少子高齢化、人口の減少、若手労働者の不足など、どこの業界に話を聞いても「人手不足」という言葉をよく耳にします。

都会の夜中のコンビニに行けば、日本人店員を探すほうが難しい状況です。しかし働き口は沢山あります。現代人は仕事を選びすぎているのではないか?そう思える時もあるのです。

そして、やはり楽してお金を稼ごうと思っている人たちも多くいるのではないでしょうか。

ユーチューバーやブロガーなど、ソーシャルネットワークで広告収入を得ているニュースなどを若者が読み、億万長者を夢見てロクに働きもしないままお金を稼ごうとしている…。だから消費者金融などでキャッシングをして、お金を借りている人たちが多いのではないでしょうか。

そして今やIT関係の大企業などでも、インフルエンサーマーケティングなどといった、SNSフォロワー数や影響力を加味した面接が行われるなど、とんでもない時代になってきていると思います。

インフルエンサーとは、インフルエンザと同じ語源で、ラテン語です。Influxibusque。英語ではInfluencesです。

意味は、影響・影響力などです。インフルエンザは流行性の感染などです。つまりは影響力がある人材を起業は求めている・・・当たり前のことです。

インターネットが発達していなかった私たちの時代にも、影響力のある人はクラスに一人くらいは居ましたよね?カリスマ的にモテモテだったイケメンやマドンナ的人達。まさに今の時代ならばインフルエンサーなのかもしれません。

しかし勘違いしている人間が多くなっているのも、今の時代の最悪な所ではないでしょうか。

芸能人やカリスマモデルなどがSNSをするなら分かりますが、一般市民が真似したところで自己満足の世界です。

これからはタレントの形態も変わってくると言われています。ユーチューバーやブロガーなどのインフルエンサーが、タレントと化してしまう時代だそうです。

このように時代はめまぐるしく変わります。その中で、お金に関する事が一番の問題です。

そもそもあのようなユーチューバーやブロガーなどは、お金はどこから捻出しているのか?

実家が金持ちな人が殆どと言われていますが、中には自分でビジネスをし、儲かったお金を費やしている人も居るでしょう。

しかし売れない底辺ユーチューバーなどにも象徴されるように、消費者金融や銀行などでお金を借りなければ生活していけない人たちも多くいます。

来年には消費者金融の審査が厳しくなるともいわれていますから、これからはお金を借りたい相談をしていく人々が増えると思います。

もしも消費者金融の審査に落ちてしまって、それでもお金を借りなければいけない、お金を借りる相談をしたい人は、どこにお金の相談をすればいいでしょうか?

親や兄弟にお金を借りたほうが一番良いのですが、もしも自分が売れない底辺ユーチューバーやブロガーなどだと知ったら、どれだけ悲しむでしょうか。もしくは勘当されるかもしれません。

そんな時にお金の相談に寄り添ってくれるのが、街金やサラ金などの消費者金融です。

当サイト「お金の相談所」で紹介している消費者金融は、街金・サラ金と呼ばれている種類の消費者金融です。

どこからもお金を借りる事ができない人でも、お金を借りれる可能性があります。

どうしてもお金が必要ならば、お金の相談をしてみたらいいでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ストレスを溜めないこと=お金に悩まないこと。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

お金に悩んでいる生活が続いてしまうと、ストレスが重なり10円ハゲが出来てしまう人も多くいます。

やはりお金の悩みは私たち日本人には常に身近にあるものであり、その悩みは我々人類にとって最重要なことでもあります。

この前、生命38億年スペシャルというテレビ番組を録画していて、やっと先日見る事ができました。

それがとっても興味深い内容だったので、見ていない人の為に簡単に書いていきたいと思います。

まず、長寿とはどういうことなのか?という話でした。

きんさんぎんさんをご存知の方は、私と同世代かそれ以上の方だと思います。知らない方は、子供でしょう。残念です。

双子の100歳、しかも健康ということで、国民的なおばあちゃんでした。

その娘さんが4姉妹の末っ子で93歳、今でも自転車にバリバリのり、毎朝料理を作り、93歳とは思えない元気な方でした。見た目も70代に見える若々しさです。

長寿の秘訣はと聞かれると明確な答えはなく、とにかく自由に好きな事をやっているということです。

そして長寿は、遺伝が3割・生活習慣が7割という科学的根拠が言われているそうです。

その両方が合わされば、とても健康で長生きという事ですね。

話が少しそれてしまいましたが、つまりはストレスを溜めない生活を送ることが大切なんです。

お金に悩むこともストレスになります。

ですからお金には悩まないようにしていきたいものです。

しかしストレスはどうしても溜まってしまうもの…、困りました。

無理してダイエットなんてしたらいけません。

最新の医学では、毛嫌いされてる脂肪が老化の防止に役に立つという研究結果がでていました。

ですから痩せすぎている人は老化が早く進み、短命になる確率も必然的にアップするといったものです。

ムリしてジムに通ってダイエットしている人も多いとは思いますが、ボクシングなどのアスリート以外に、体脂肪率を落とさなくても良いという訳です。

流行かもわかりませんが、無理ジム通いやダイエットなども、肉体的には非常に大きな負荷を与え、ストレスを与えている事になるわけですから。

○○ザップかボブサップか知りませんけど、あれも過剰広告だと思っています。

まああんなに広告費を賭けても儲かるのなら、まあ別に個人の自由ですし、資本主義社会ですからどうでもいいのですが。

しかし本当に医学的・科学的に健康を考えているのであれば、適度な脂肪の素晴らしさも伝えるべきであり、過度な食事制限をして、ムリして痩せて、脂肪を減らすことが美学だー!とかいうだけなら、ただのバカな客からお金をもらっているだけという構図なわけです。

本当に病気が出てしまい、絶対に痩せなければいけないような人は、お金を出さなくても痩せます。

単なる甘えであり、今までの不摂生で太っただけなのです。

自覚すればわかることなのですが、○○ザップかボブサップかわかりませんけど、そこに行く客は計画性のないただのお金に余裕があるバカなのです。

お金に余裕がない人は、わざわざお金を払ってまで筋トレやダイエットはしません。

ま、この○○ラップは金持ちの道楽なのでしょう。

タレントたちもお金の為にコマーシャルに出ているわけですし、ただの人間商品ですからね。

その後のことなんて誰も考えないのでしょうね。地獄ですよ。

短期間に痩せて、短期間に体脂肪率を絞ったのなら、それを継続していかなければいけないのですから…。

今の自分を継続させていかなければいけない・・・

この痩せた状態を、ずっと保たなければいけない・・・

せっかく高いお金を払ったのだから、永遠とこのペースを守らなければ勿体ない・・・

このように、何らかのプレッシャーや使命感に襲われ、それが今度はストレス・悲壮感になっていくのです。

そんなことよりも、太るなら太った時期もある。気になったら自力の努力で痩せて、自由奔放に好き勝手笑って生きていたほうがいいです。

どっちが良いのかは、一目瞭然と思うのですが…。

また、その○○サップの後に続ける運動をすること自体も、スポーツがそもそも苦手な人にとっては運動をすることが大きなストレスになりますから、ムリして運動する必要なんてそもそもないわけです。

運動は日常で取り入れる事が大切で、例えば意識して普段よりも少し速足で歩くだけで、運動になるという科学的根拠も出ています。

駅でもエスカレーターを使わずに、階段を徹底して歩くことや、風呂上がりに2~3分間ストレッチをするなどで十分だそうです。

もちろん太ったほうが全てにおいて良い!という訳ではないので、なんでもやりすぎないようにすることが大切なんです。

そして、過度な芸能人の広告に騙されないようにする心や、インスタグラムのようなSNSに依存症にならないような心を持つことが、なによりのストレス解消法になるのです。

話が長くなりましたが、つまり幸せな生活、健康で長生きするということは、ストレスを溜めない生活を送るということです。

常に楽しいことを考え、笑う時間が多くなればいいのです。

そして、そのためにはお金も必要不可欠なんです。

ストレスを溜めない=お金に悩まない。

これが、本日お金の相談所が熱く語りたいことです。

もしもお金に悩んだら、お金の相談所にも消費者金融の相談をしてみてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金の悩み相談所【ギャンブルでお金を使い果たした人】

こんにちは。お金の悩み相談所でございます。

日本社会で生活していく中において、成人であれば誰でも簡単にギャンブルに手を染める事が可能です。

日常にお金を使って遊ぶことが当たり前の世の中になっています。しかしお金の悩みは後を絶ちません。

特に最近私が感じるのが、外国人の増加です。

もちろんパチンコ屋には日本人が多いですが、最近は在留外国人が多く見受けられます。

中国人をはじめ、インド系が多くいるように思えます。

あのインド系の人たちは、一体何をしに日本に来ているのでしょうか?

いつも集団で自転車に乗り、交通ルールを守りません。

あれは一昔前の暴走族よりもタチが悪いと私は思います。

暴走族は夜中にある程度決まった場所でブンブン鳴らして走っていただけで、特に私は邪魔とは思いませんでした。

しかし最近のインド人自転車暴走族は、歩道をふさぎ、香辛料の臭いをまき散らしています。

信号無視は当たり前です。そんなインド人が最近増えたように思えます。

昔は外国人は珍しかったのですが、今では多すぎて嫌気がさしている…、これが日本人のリアルな感情ではないでしょうか?

さて、前置きが長くなりましたが、今日はギャンブルでお金を使い果たした人の、お金の相談話を掲載したいと思います。

【お金の相談所】パチスロAKBにお金を使い果たして、どうしようもない私。

私はお金を使いすぎました。

原因は、パチスロです。完全に回収されました。

絶対に勝てません。最近のスロットは終わってます。

私は仕事帰りの夕方にパチンコ屋に寄ったのですが、新台のAKB48勝利の女神が空いていました。

右肩上がりのグラフで、絶対に高設定でしょ?と思えるグラフです。

しかもそのお店は7が付く日が激熱で有名で、私が座ったAKBは台番号末尾7だったんです!

しかも差枚は+3500枚、夕方17時の時点でです。

一撃ではなく、初当りが軽いグラフだったので、これは完全にツモッたと確信しました。

早速実践開始です。

ART終了後、即ヤメ台だったので、チャンスゾーンまで約200でした。

この台は、200ゲームで必ずチャンスゾーンに入ります。ART期待度は30パーセントと言われています。

天井は1000ゲームですが、まあ高設定ですから中々行かないでしょう。

しかし・・・

なぜ私が打つと、嵌まるのでしょうか・・・

チャンスゾーンも5回スルー、天井に行きました。

コイン持ちは悪く、3万円かかりました。

結果は単発で80枚も行きませんでした。

しかしあきらめずに、追い銭しました。

また天井に行きました。

また単発でした。50枚でした。

心が折れてやめました。

完全に、逆ブイの字、ギザギザの山でした。

私が打って、なんでマイナス3000枚なんですか?ねぇ?教えてよ誰か!!!!

まさかパチスロAKBで、お金が全部なくなるとは思いもしませんでした。

財布に入れていた5万円ではたりずに、私は消費者金融からお金を借りました。

今後は給料日まで生活できないので、お金の相談所からお金を借りようと思います。

私はAKBを一生恨むと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

副業・副収入で失敗する人が多発!お金が無い時の最後の手段は消費者金融!

お金の相談所でございます。9月に入りましたね。1日から週末だったということで、お金を使う機会も多くあったのではないでしょうか?

このお金を借りたい人が集まる、どうしてもお金借りたいサイトにたどり着いたということは、借金まみれで困っているということだと理解しています。

まあ人様の事情は本人にしかわからないので、的確なアドヴァイスは難しいものです。ましてやお金のお話となると、それぞれの価値観や生きてきた環境も違いますし、本当に難しい問題なのであります。

しかし私が少し思うことがありますが、最近の流行なのかどうなのかは分かりませんが、お金に困っている人というのは意外と不動産投資などの一攫千金を心のどこかで夢見ているのではないでしょうか。

FXだったり、バイナリーオプションだったり、株だったり…。一時期の流行などで、サラリーマンが副業で簡単に手を出す人が多いですよね。

ここ数年、日銀のマイナス金利政策が話題となっていますが、いっこうに市場が良くなる気配はなく、日本沈没も時間の問題なのではないかともいわれているほどです。

そんな面倒な問題に、サラリーマンが小銭欲しさに投資などをやったとしても、ムリに決まっています。もっと現実を見て着実にするべきです。

そして来たる2020年にオリンピックが待っていますが、それも無事開催できるか眉唾物となりつつあり、我々日本人は虫けらのようにアメリカにこき使われる奴隷となる人生しか待っていない、お先真っ暗な時代に突入しています。

さて、絶望的なイントロで気分も滅入ったと思いますが、要するに

“うまい話は無い”

ということなのです。

不動産投資や株式投資、さらにはFX、ビットコインといった、新しいマネーマネジメントを促す情報が錯乱していますが、儲けられるのはそもそものお金持ちだけなのです。

または一部の大手金融企業の担当者だけです。

そもそも、トランプが勝つなんて誰も分かりませんでしたし、北朝鮮問題もリアルタイムに進んでいます。

FXに関しても知的なギャンブルなだけで、一切オシャレではありません。

こういったうまい話に惑わされるのが、大抵は消費者金融や銀行から借金まみれで、どこからもお金を借りれない人の方々です。

そうです、ぐさッっときた、アナタたちです。

少し過激に言い過ぎましたが、そもそも数十万円を月々1、2万円返済するだけのことができず、結果的にお金のことで家計が火だるまになっているのですから、計画性が無さ過ぎるということになります。

そういった人たちが、根気づよくしなくてはならない不動産投資や外国為替、株などでお金を稼ぐことができるとは思えません。

さらにこういった投資系の話ですが

“1万円からでも投資可能!”

“会社員でもできる簡単な副業!”

とラフな感じで記載されています。

1円パチンコより内容は薄く、儲けどころか手数料を取り戻すことすらも難しいのです。

やはりお金を増やすのであれば、1000万円、いや1億円以上は投資しないと意味がありません。

増える金額が、数千円とかで何ができるのでしょうか。

さらに、その翌月には数千円下がる可能性もあるわけです。

1億円の軍資金ならそれなりに稼げる可能性がありますが、そんな金を一般のサラリーマンは持ちません。

そしてどこからもお金を借りれない人達が用意できるわけがありません。簡単な副業で高収入!なんて、夢物語も甚だしいわけです。

まずどこからもお金を借りれない人は仕事に対して真面目になってから、まずは汗をかいてお金を稼ぐ方法を考えるべきです。

もしもどこからもお金を借りれない人は、このサイトで新しい消費者金融を探してみてください。それが、まず得策としてあります。

ブラックであっても、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りれる場所です。

とにかく働く以外、副収入や副業などの脇目をふってはいけないのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

リアルガチな、後輩からのお金の相談話です。

こんにちは、お金の相談所管理人でございます。

今日はリアルなお金の相談話を書きたいと思います。

正直言います。これからの話は嘘ではありません、リアルガチです。

つい数日前でした。

私に一本の電話が入ります。

お金の相談でした。

1個下の後輩で、知り合ってからは2年くらいのちょっとした趣味仲間です。地元が近いのもあったので繋がりは沢山あり、すぐに意気投合し食事に行ったりもする仲になりました。

そんな後輩から電話が掛かってきて、お金の相談…。

普通であれば、人間性を疑うような内容です。私もバカではありませんし、後輩に舐められるようなタイプではありません。

しかしその後輩は、本当にお金に困っているような様子でした。そもそも真面目な優しいタイプの人なので、金遣いが荒そうな感じではないのです。お酒も飲みませんし、どちらかと言えば草食系とでも言うのでしょうか?

もちろん私もその優しい人間性を買って付き合っていたのです。

そんな後輩からの、お金の相談。

私は問い詰めました。

「いや、気持ちはわかる。俺もお金に困ったたことはあるし、消費者金融からもお金借りまくってたからね。男として、恥ずかしくて誰にも相談なんかできないもんな。お金は。でもな、他人にお金を借りるって相当な事だぞ。まずは親に相談するべきじゃねぇか?まあお前がお金に困ってる様子はわかんなかったな。一体何があって、なぜお金に困って、いくら必要なのか正直に言ってごらんなさい。」

後輩の理由はこんな感じでした。

「先輩、本当にすみません…。実は僕、消費者金融から借り入れがあります。

2社から15万ずつです。

そして銀行からも3行250万円ほどあります。

今月仕事が変わったのもあって、支払いが足りなくて…。

利息が勿体なくて、正直消費者を全部終わらせたく思っています。

親には消費者金融の借り入れは言っていません。

銀行融資は知っています。

月に3万円・2万円・3万円の返済です。

でも半分は利息です。本当にバカなことをしたなと思っています。

実は、10年ほど前に流行ったねずみ講の商品を買わされ、そこで初めて銀行からお金を借りました。

ダメな友達を信じてしまった僕がバカでした。反省しています。」

こんな感じの内容でした。

嘘か本当かは分かりませんが、確かに色んな後輩から話は聞いたりはしていました。ねずみ講、ネットワークビジネスという詐欺商法にハマった話など、色々ありましたね。

ただし、まあデカい。銀行融資はデカいですね。

みんな銀行のローンだからと言って安心して契約する人がいますが、ハッキリ言って銀行は鬼ですよ。

優しい顔した地獄の門番です。

私も銀行融資、おおきなローンの経験があります。なんとその後輩も、私と同じ銀行から同じ金額を借りていました。

その額は100万円!

返済は、月々に3万円。

年率は13パーセント。

約5年払い計算。内、利息が13000円くらい?元金が17000。

バカらしくなります。

そもそも100万円借りて、165万円返済する流れだったような気がします。

いくら銀行ローンとはいえ、酷すぎます。

この金利のカラクリ、酷すぎです。ユダヤ人の真似をしすぎです。ここは日本です。利息なんかビール1ケースで良いのです。

なので私も気持ちはわかります。

全額立て替えてあげたい気持ちはありますが、お金を持っていません。

ですからまずは、消費者金融の30万円を立て替えてあげました。

もう捨てる気持ちです。そして月に2万円、15回払いで返済するように約束をしました。

裏切ったらどうなっても知らないよと、伝えています。

銀行や消費者に利息を払うくらいなら、私がビールとかタバコをもらった方が良いです。

このようにやさしい私は、後輩からお金の相談をされてあっさりとお金を貸してしまいました。

しかしリアルガチな他人の借金体験談、滅多に見れませんし聞けません。

みなさんもお金は大切にしていきましょう。お金は人間の生き様を司っています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

雑誌は借金の元凶!どこからもお金を借りれない人たちを救う消費者金融を紹介しています!

趣味にお金を投じることは、決して悪いことではありません。

車やバイク、楽器、インテリアなど、好きなことに夢中になることは本当に人生の充実を感じるはずです。

ただ、問題もあります。それが、思わずお金を多く使ってしまうということです。

お金の相談所管理人は、パチンコ以外お金のかかる趣味がさほど無いので、ギャンブル以外にお金を使ってしまうことはありませんが、一時期楽器にはハマってしまったことがあります。

まぁ、楽器というか、音楽関係の機材です。お金も無いくせに、大手消費者金融でお金を借りては購入を繰り返し、どんどん借金を重ねてお金を借りたいブラックになっていました。

最終的には、債務整理という地獄にまで落とされた経験を持つ低能です。

まぁ、自分を卑下しまくっても無意味なので、この辺りにしておきますが、なぜ分かっているのに借金を増やし続けてしまうのでしょうか。

近頃、そのヒミツが分かってきました。それは、ずばり趣味系の雑誌です。

近頃は、ネットが発達しているのでさほど見なくなりましたが、昔は趣味系の雑誌が多くありました。

もちろん現在でもありますが、あれは散財を助長する悪魔が取り憑いた本だと思います。

その筋で有名な人たちや、お部屋訪問などのコーナーがあり、そういった連中の自宅は機材まみれなのです。

また、何故そんなことをあの時思ったのか分かりませんが、格好よく見えたのです。

今考えると、9割使うことが無い機材に金をかけて、「俺、マジやべえ!格好よくね!?格好よくねぇぇ!」と、イキガッているだけなのですが、ズルく見えるのです。

釣り雑誌なども同様です。

ルアーや竿など、道具を揃えたところで釣りが下手な人は下手です。

それなのにも関わらず、○○プロが使って湘南の海を制覇!などの、アホ丸出しのコピーに踊らされて数万円もする竿を買うのです。

先日、知り合いのオッサンが魚群探知可能な10万円のサングラスを購入したと言っていました。

嘘ではなく、本当にあるそうです。

こういった、レベルの低い人たちを騙すのが雑誌の仕事ですので、結果的に付いていけずに借金まみれになるのです。

どうしてもお金を借りたい!と思ったときには、大手消費者金融、中小金融、片っ端からどこからもお金を借りれない人になっているはずです。

ブラックとなると、普通の場所ではお金を借りれなくなるために、闇金に行く人すらもいます。地獄まっただ中です。

このサイトでは、こういった趣味本に騙された方たちのための、救済的な消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人でも、お金を借りれるのですからおすすめです。ぜひ、地獄から脱出してくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りても返済しない人に勧告!きちんと律儀に考えてほしい。

こんにちは。お金の相談所でございます。

夏もお盆が終わり、涼しくなっている地域もあるようですね。秋のかおりがしてくる季節に突入です。

さて、そんなお金の相談所、本日はお金を返済できない人に向けてのお話をしたいと思います。

なぜ、借りたお金を返済できない人たちが増えているのでしょうか。

実際問題、お金を返済するというのは、難しいことではありません。

例えば、友人に10000円を借りた場合、次に出会う時に、「この間は悪かった。これ、金利としてタバコだよ」と、返済することは大して苦ではないはずです。

まぁ、金額が少ないということもあるでしょうが、友人にお金を返済する時でも、こうやって返済した方が後々カドが立たず、本当に気分よく返済できるはずなのです。

それなのに、どうでしょうか。大手消費者金融でお金を借りた場合、気持ちよく返済日に、「今月も助かりました!これ、気持ちとして金利だよ!」と、返済することが困難なのでしょうか。

そのひとつの理由が、「借りてやってんだろ、バーロー!」という気持ちだから…ということなのです。

アホ過ぎますが、なぜか大手消費者金融などの民間企業の貸金業者からお金を借りる場合、確実にこちらが上の立場だと思ってしまうのです。

日焼けし過ぎて(こういった仕事以外雇ってもらえない)色合いが赤色の肌になってしまったオッサンがいますが、こういった人たちは大手消費者金融の最上顧客です。

基本的にパチンコ屋でよく見かけると思いますが、大体負けていますよね。

最初にお金を借りる時、無人契約機に入って申込む時は何ともおとなしく、「僕、お、お金借りれますぅぅ?」と、体を収縮させて頼んでいるくせに、借りた後は「ったりめえよ!バーロー!」の態度です。そして意気揚々とパチンコ屋に繰り出します。性懲りもないです。

冒頭の話のように、仮に友人からお金を借りているのであれば、借りた後も気分が落ち着かないはずです。

「あいつに悪いことをした。かっこわりぃな俺…」ということです。

だからこそ金利をつけて返済して、名誉挽回したくなるわけです。これが人としての、大人としての最低限の行為です。

ところがどうでしょうか…。

大手消費者金融や中小金融で借りた時は、恥ずかしいなんて気持ちは微塵も無く

「天下の俺さまにお金を貸すなんて、大手消費者金融も分かってらぁ!」ですからね。

本当に恥ずかしいですよ、こういった発想のパチンコ屋で見かけるおっさんたち。

とにかくそういった態度ですから、返済が難しい(本当はできるが、調子に乗って大五郎プレミアムを箱買い)月には、勝手に自分の都合で借りたお金を返さないのです。

さらに後日、気が付くと別の消費者金融などの場所でお金を借りようとしているのですから…。

そんな方はお金を借りる資格はないのです。きちんと約束を守って、お金を大切に考えてほしいと切に願います。

少々口が悪くなりましたが、気分を悪くした方はスミマセン。

しかし当サイトでは、そんなお金にルーズな方でも借りれる可能性がある消費者金融が掲載されています。

最終手段としてでしょうが、知っておくと便利な事もあるでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!