【消費者金融】どうしてもお金借りたいお金の相談所

消費者金融でお金を借りたくてもどこも借りれない…。どうしてもお金を借りたいのに、お金を借りれない悩みは誰にもあります。そんな消費者金融のお金の相談所をよろしくお願いいたします。

大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。

ブラックリストについて

◆ブラックリストってよく言うけど、そもそも何??

皆さんも聞いたことはあるとは思いますが、「ブラックリスト」というリストそのものはありません。
金融機関が加盟する、信用情報機関という団体(株式会社)があります。大きく分けて言えば3団体あります。
省略して書きますが、JBC・CIC・JICCという情報機関です。
この各信用情報機関に名前が刻まれた人を総称して「ブラック」と呼びます。
白か黒か・・・ブラックと聞くとイメージは良くありません。カラス・ゴキブリ・ガン細胞・ウ○コなど嫌なイメージがつきものです。ですからブラックリストという名前が付いたのです。
ホワイトといえば、雪・妖精・米・歯など健康で柔らかいイメージですからね。ホワイトリストという名の情報もあるようです。

◆どうやったらブラックリストになるの??

当たり前ですがブラックになるのは、普通に生活していてもなりません。すべては「借金」から始まります。
借金とは自動車ローン・住宅ローン・消費者金融ローン・クレジットカード決済・給料の前借り・キャッシュカードのキャッシング枠・事業の起業資金を銀行・信用金庫から借入・・・などまだまだたくさん種類があります。
ここではそんな「借金」で、どうやったらブラックになるかをわかりやすく説明したいと思います。

①破産申告などの法的手続きによるブラック

借金が大きな金額になると、自己破産・債務整理などの法的措置で返済する方法があります。簡単に言うと、金利をゼロにして元金だけを分割で返済することです。しかしこのような法的措置をとってしまうと、一発でブラックです。なぜなら、金利という貸し付けている側の利益を損なわしてしまうからです。貸す側もボランティアではありません。金利が利益ですから、それを破棄されたらもう貸したくないですよね。しかしながらこの例は、借金返済の最終手段なのであまり考えないで良いでしょう。ここまで行くと、人生が変わってしまいますよ。この事故情報(ブラック情報)は7~10年間は消えません。

②支払いの延滞・滞納によるブラック

昔からローンは組むなと親に言われたものです。でも若いときは見栄を張って高級者に乗ってみたり、カードで支払いをしてみたりと散々やってきました。しかしローンもキッチリきれいに返済していくと「信用度」が上がって、いざ事業資金などで大金を借りたい時に、融資に有利な状況にもなります。これが一歩間違えた途端、「ブラック」になるのです。
例えば、自動車のローンで毎月27日引き落としに間に合わない・・・これが「3ヶ月」続くと、軽いブラックとして信用情報機関に登録されます。その後に6ヶ月遅れずに払えば問題ありません。仮に「滞納」してしまうと、2ヶ月滞納でブラックになってしまいます。ローンなど、決められた期日に払わなければいけないものは必ず期日内に払いましょう。この事故情報(ブラック情報)は消費者金融系なら1年間、それ以外は5年間は消えません。

③代位弁済によるブラック

「代位弁済」とは、延滞が長期に渡った場合に、金融機関があなたから返済してもらうのではなく、その金融機関が契約している「保証会社」に一括で代理返済することです。しかしそうなってしまった=延滞・滞納をずっとしていた事なので、まさにブラックの中のブラック。この事故情報(ブラック情報)は5年間は消えません。

④強制解約によるブラック

これはもう・・・ブラックの中のブラック、男の中の男。ローン会社・消費者金融・クレジットカード全て解約させられることです。これは債務整理したとき、代位弁済したときに金融機関のほうから一方的に突きつけられる事実。完全に終わった時です。これも7~10年間は消えません。

◆これは本当に伝えたい支払いの注意点!

先ほどブラックになる経緯を説明しましたが、近年増加している危険なブラック情報があります。
それは「携帯電話の支払いの遅れ」です。
昔は携帯電話代が遅れてもまとめて払ったり、止められてから払ったりと出来ました。しかし今は、携帯電話の遅れも信用情報に登録されるのです。信用度的には小さいのですが、これはかなり審査に響くようです。特に気を付けなければならないのが、「端末代」を通信料と共に分割で支払いをしている人。この端末代は、要は分割なのでローン(借金)なわけです。
この支払いが3ヶ月延滞するようならば、あなたはもうブラックかもしれません。

◆自分のブラックリスト情報は、教えてもらえる!

少しでも不安な方や、ローンの審査にギリギリだった、え?まさか自分が審査に落ちた?といった経験があるかたは、電話や郵送などで信用情報を聞くことができます。
どの信用情報期間かは契約書に書いてます。その信用機関のHPから確認もできます。


投稿日:2015年3月17日 更新日:

執筆者:

ブラックでもお金借りたい!