大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2018年01月一覧

ブラックでもお金を借りたい人が、成功する秘訣!

お金を借りるために、努力を続けることは良いことです。

しかし、そのお金に振り回されては元も子もないので、しっかりと返済する力を身につけ、計画的にお金を借りるように自分のスタイルを変化させていきましょう。

何を言いたいのか?ということですが、ブラックになると、とにかく今お金を借りることに集中してしまいがちである、ということです。

ブラックがお金を借りる方法としては、独自審査を行っている優良な消費者金融を利用するに限ります。

ネットで最近よく見かけるソフト闇金的な消費者金融なども、すぐにお金を貸してくれると話題ではありますが、そういった場所は違法性の高い金利を設定しているので、一歩間違うと返済するだけで人生が終わってしまう、という最悪な結末を迎えてしまいます。

とにかく、まずブラックがお金を借りるためにという精神を心掛けていくために、「返済能力と借入のバランスを知る」ということから始めましょう。

■一体自分は今いくら稼いでいるのか?収入と支出を考える。

ブラックでもお金を即日融資で借りたい!という方は自分がどれだけお金を稼いでいるのか、把握できているでしょうか。

大手消費者金融でお金を借りている、という方は貧乏人というイメージですが、案外そういったわけでも無いので興味深いところです。

例えば、年収の3分の1が総量規制の限界ではありますが、年収が500万円程度ある人であればマックス借りても、170万円くらいは借りれるわけです。

170万円の借金で、結構凄いですね。さらに、年収が800万円を超えている方であれば、260万円程度は借りれます。

案外、年収が高い人たちの方が多重債務者に陥っている、ということもわかるでしょう。

さらに、年収が高ければ高いほど、普段使いしているお金が高くなる傾向があります。

つまりは金銭感覚の麻痺・崩壊から、収入に見合ったお金の使い方ができなくなってしまうのです。

貧乏から這い上がった年収800万円の人が、バイト時代の年収100万円の頃と全く同じアパートに済み、第三の酒を飲み荒らし、そしてたまに電気代を支払い忘れて携帯電話の光で生活する、ということはないでしょう。

それなりに、年収に応じた生活水準になるでしょうし、付き合う仲間のレベルも高まってくるはずです。

さらに、500万円以上の年収を貰っているのであれば、恐らく結婚をして、こどもまでいらっしゃる方もいるかもしれません。

■生活に困ってないのに、お金を借りたい?

このような意外といい生活をしている人たちは、それなりの固定費用がかかります。

月々の家賃が数倍になったり、エンゲル係数が高まったり、一見、普通の生活や「リア充」な連中は、大手消費者金融とは無縁というイメージがあるのですが、案外こういった方々こそお金を借りている、ということが考えられます。

彼女が出来たり、良い車を買ったり、ナイスな家電を購入してローンを組んでいた場合は、どんどんお金が流れていってしまいます。

そして、人間同士の交流や付き合いも増え、そこそこのお店に毎週のように遊びに行くようになるのですから、お金がいくらあっても足りないわけです。

そんな時、遊ぶ金が欲しいということで、ついつい大手消費者金融に手を出してしまう…!という構図です。

生活には一切困っていないのですが、もっと周囲の金持ちたちと同じ行動をしたい、ということで思わず借金してしまうんです。

生活に困ってないのにお金を借りたい!と思う方は、物凄く多くいるのです。

●最悪は、悪質な闇金に手を染めてしまう…。

もしも、毎月必ず発生する固定費用として、15万円かかってくるとします。

家賃からクレジットカードでの支払い、光熱費用、さらには保険やスマホ代など、とにかく毎月の必要経費、つまりお金がかかります。

そんな中、消費者金融でお金を借りていたら、月々プラス固定費用として2万、3万円を返済していかなければなりません。

すると、段々返済が厳しくなってきて、自分が嫌になってきます。

そこから現実逃避するために、パチンコにハマったり、競馬にハマったり。ギャンブルが心のよりどころになってしまうのです。

さらに、大問題を引き起こしてしまうのが、人間の付き合いです。

お金が無くなってくるので、今までの付き合いが悪くなったり、安居酒屋、そして彼女に対してケチになります。

その人たちも、付き合いが悪くなってくれば嫌な気分でしょうし、もう誰も相手にしなくなってくるかもしれません。

しかし、それは嫌だ…ということで、自分のステイタスを維持するためだけに、怪しい闇金に手を染めてしまう人もいます。

これは最悪なパターンですが、絶対にそのようにならないようにしましょう。

●収支のバランスを考えてお金を借りる

ブラックでも即日融資でお金を借りる事ができる、そういった消費者金融はあります。

しかし、そういった消費者金融でお金を借りたいのであれば、まずは稼ぎと収支のバランスをしっかりと頭に刻み込む、ということを忘れないでください。

当たり前のことかもしれません。ただ、遊ぶお金が欲しいから、ということで暴走してしまうと、月々の支払いがどんどん増えていくだけです。

自由に使えるお金が、月々1万円になってしまったら、アナタの人生はどうなってしまうのでしょうか。

普通に考えて、年収が700万円以上あるのに月々自由に使えるお金が1万以下となるのは、かなり生活がヘタクソである、と言えます。ブラックとなっているのであれば、尚更です。

まず、根本的に収支のバランスを整えてから、お金については借りる、借りないを考えてほしいと思います。

ブラックの方は、まずは節約して利用できるお金を増やすことを考え、そこから意味のある融資をしてもらう、ということを考えなければなりません。

恐らく、多くのブラックの人は自分の稼ぎと出て行くお金の計算をしたら、ショックで寝込んでしまう可能性があります。

そのくらい、恐らくは出費が多いでしょう。現実を知ることもひとつです。

それが、ブラックでもお金を借りたい人が、成功する秘訣です。ぜひ、このことを忘れずに人生を歩み続けてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたい時!借りやすい金貸し業者は?

皆さんは、本当にお金に困ったことがあるでしょうか?

お金を借りたい!と強く思い、金貸し業者などからお金を借りたい!と思ったことはあるでしょうか?

消費者金融などの金貸し業者からお金を借りるということは、そのほとんどの方が、友人や親などから小さなお金の貸し借りを行っていたはずです。

缶コーヒー代で100円貸して!だとか、電車賃で10円足りないから貸しといて!とか、そういった小さなお金を貸し借りしたことがある人は多いでしょう。

しかし、弁当代が無いから1000円貸して!や、給料日に返すから10000円借りたい!など、金額が多くなってくれば、それはまた違ったお金の貸し借りになってしまいますよね。

まさに信用問題・人間関係に関わってくることなのです。

1円も10円も、1000円も10000円も、お金の価値は同じです。

その中で、幾らお金に困っている!幾らお金が足りない…!という状況は、人それぞれ経験したことは大きく違ってくるはずです。

これが金額が大きくなってしまったり、恥ずかしいから誰にも相談できなくなってしまった…。そんな方が、消費者金融などの金貸し業者からお金を借りてしまう訳です。

金利を払う事は非常に勿体ないことであり、本来ならば金貸し業者などからお金を借りるべきではないのです。

これから、お金の相談所管理人の私が感じてきた・経験してきた、お金に困った状況を紹介していきます。

あり得ないお話から、ウンウン、あるある!という体験まであるかと思いますが、共感していきましょう。もちろん、お金を借りないように自分に言い聞かせてほしいとも思います。

1円足りない!1円のお金を借りたい時。

まずは1円あるある。これは誰もがあるでしょう。コンビニで151円の買い物をした時、200円しかない場合ですね。

友人が隣にいたら必ず、「1円貸してくれ!」や、もしくは友人から「1円あげるよ」といった心優しい言葉が出てきます。

お金の価値観・友人などの信頼関係は、たったの1円と言ったら1円に失礼ですが、たったの1円では全く揺るがないものです。

つまり、1円レベル程度のお金の貸し借りは、仮に1円返さなくても全く何の問題もありません。

10円‥貸して?10円のお金を借りたい時。

さて、1円の次は10円です。

1円借りる事はあっても、10円借りる事って、思い返してみてもあまりないですよね。

コンビニで、「うまい棒を食べたいから、10円貸してくれない?」といった大人は見た事ないです。

カウンターにあるチロルチョコを買う時に、20円追加で借りる事はあり得るかもしれません。もちろん10円貸してくれる金貸し業者は存在しません。

10円借りる場合は、1円と同じようなところです。つまり、10円でも家族や友人の「信用・信頼」は揺るぎません。

10円返さなくても特に問題にはならないでしょう。

100円ツケといてね。今度返すから!100円のお金を借りたい時。

1円・10円と見てきましたが、100円となると、少し勝手が変わってきます。

1円・10円ではそこまでお買い物は出来ませんが、100円となると「お買い物」が出来ます。

缶コーヒー・アイス・シュークリームなどがスーパーやコンビニで買えます。

今月残り2000円しかない場合、100円奢ったりすると致命傷になります。お金に余裕がある時の100円は可愛いものですが、100円貸すことは少し信用問題に繋がるかもしれません。

しかし100円も、もしも返さなくても大きな問題にはならないと思います。

1000円お金を借りれば、必ず返さなければならない。

いよいよ小銭から、紙幣に変わりました。ここで大台の1000円のお金の貸し借りについてです。

もしもあなたが、「1000円借りたい。頼む」と友人に言われたら、どう言葉を返すでしょうか?

私なら「わかった。いつ返せるの?返済日を決めたら貸すから。」と言うかもしれません。

そしてなぜ1000円だけ借りるのかを聞きます。生活に困っているのなら、何らかのアドバイスをするでしょう。1000円を借りてくる人は、人間性に問題があるかもしれません。

私の地元の先輩に、とても悪い人が居ました。会うたびに「おい、1000円貸してくれ」と言ってくる、ギャンブラーの先輩でした。

現代の言葉で言う「DQN・ドキュン」といったところでしょうか。昔から親がヤンキーのようなヤクザのような、毎日パチンコ屋にいるような種族でした。

これらの下級民族に私は今までいくらカツアゲされたか分かりません。しかももちろん返って来たことは一度もありません。

1000円は、借りる場合にちょうどいいお金なのです。1000円位返さなくてもいいだろう。そう思っている人が多いのです。塵も積もれば…。チリツモです。

10000円借りるなら、金貸し業者からお金を借りよう。

5000円を飛ばして、いよいよ10000円です。こうなれば、銀行・クレジットカードのキャッシング・消費者金融のような、きちんとした金貸し業者からお金を借りるべきでしょう。

金貸し業者からお金を借りた場合は、必ず金利というものが発生します。この金利が勿体ないのですが、やはり10000円は大金です。

つまりお金を貸す側も、もしかしたらお金が返ってこないかもしれないというリスクを背負っているので、金利を払わなければいけないのです。

まとめると、10000円以上のお金を借りたい時は、きちんとした金利を払って金貸し業者からお金を借りましょう。

当サイトが紹介している消費者金融は、10000円からの少額融資も行っている金貸し業者です。

ここの金融会社のポイントは、今流行の総量規制などで、どこからもお金を借りれなくなってしまった人でも借りれる可能性が高い、借りやすい金貸し業者なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

平成30年・現代のサラ金でお金借りたい人の想い。

お早うございます。お金の相談所管理人です。

時は2018年、平成30年になりました。

これまでの時代も、お金を借りる方法が様々にある中で、そのお金を借りる方法・形式も年々変化してきています。

まさに超情報化社会・科学技術の進歩が急加速の時代と色々言っておりますが、その中で「お金」の価値観も大きく変わってきていますね。

最近よく聞かれるのが「ビットコイン」です。仮想通貨ですね。

これは今さら始めても何にも意味がありませんので、変な悪徳商法に騙されないようにしましょう。

昔に「ビットコインが今後こうなる!」と信じて買っていた人の勝利という話なだけであって、今その市場に熱中・参加しようとしている人たちは、ただの金魚のフン状態なのです。

いつかは必ず暴落するので、それがいつになるのかを見ているだけで楽しいギャンブルとして見ていいでしょう。

しかし最近は若者が仮想通貨や株・外国為替などで一儲け。そして調子に乗ってテレビに出まくっている番組をよく目にします。これは非常に良くないことです。貧困の格差は、こういった金融資本主義から生まれています。まさに運・ギャンブル・賭博です。資本主義自体がギャンブルの原理と同じです。商売もギャンブルだ!という社長さんが多いのもその一つです。

むしろギャンブルで無い商売は、何でしょうか?お国の仕事でしょうか?それなら公務員です。つまりは安定。これは資本主義ではないのです。

今の日本社会、この金融資本主義にある中で、消費者金融・サラ金が存在しています。

お金を貸して、その見返りにお金を上乗せして返してもらうというものです。まさに金が金を生む商売です。

普通と言っていいのか分かりませんが、普通に生活していたならば、サラ金からお金を借りるような事は無いはずでしょう。

しかしさっきも言いました、金融資本主義。貧困の格差。

一部の若者がIT情報化社会で儲け、それをテレビでどんどん垂れ流し、それに感化された夢を見る人間が大失敗し、お金が無くなってしまう…。

完全に喰われる身となっている人口が圧倒的に多い中、ねずみ講のように仮想通貨やFX・株式投資などにのめり込んでしまうのです。

喰うか・喰われるか。

これが恐ろしい金融資本主義なのです。

相手は世界中の大金持ちです。ウン億・ウン兆ドル・円相手に、数百万円・数千万円でかなう筈がありません。勝ったとしたら、たまたま勝ち組に乗っかっただけです。

それを自分のチカラだと勘違いした若者が非常に多いだけなのです。

現金に勝るものはありません。

その超情報化・IT社会で失敗した人たちが、サラ金や消費者金融でお金を借りる。まさに平成30年、現代版の消費者金融・サラ金でお金を借りたい人の想いは、そこにあるのではないでしょうか。

どうしてもお金を借りたい人の為に、お金の相談所が紹介する消費者金融とサラ金があるのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

債務整理の相談・ブラックには変わりはない。

お金の相談所でございます。

現代の日本社会の中で、お金に困り、お金を借りたいけど借りれないと思っている人たちが悩んでいることのひとつに

「今後ずっと返済をしなければいけないのか」

ということと

「思い切って債務整理をするかしないか」

ということがあります。

どちらにしろ返済をしなくてはいけませんし、多重債務者としては、思い切って返済をしなくても良くなる後者を選びたい、と思うことでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのが、どう言ったシチュエーションで消費者金融でお金を借りていたのか?ということです。

さらに、どうせブラックだから…ということで、安易に債務整理をしてしまうと、大損する可能性があります。

ブラックでもお金を借りる事ができる消費者金融はまだまだありますので、本来は自力で返済し続けていく方が得策でしょう。

今回、お金に悩めるブラックが債務整理をするべきか否かについてを確認していきます。

◆債務整理は無駄である

ブラックでどこからもお金を借りれない。さらに、毎月半端ではない返済額であり、パンク寸前である。

こういった方々は、債務整理をするか否か悩んでいるはずです。

債務整理は、要するに任意整理と同様に、弁護士を介入させることで金利分を支払わずに、元金だけを分割返済し続けることができる、という画期的なものです。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

まず、10年以上前。つまり、グレーゾーン金利の頃にお金を借り続けていた、という方でなければ損をしてしまう可能性があります。いや、確実に損をします。

以前、貸金業法が改正する前は、およそ年率29%近い金利を大手消費者金融は貪っていました。

そのため、返済を数年以上しているのに、なかなか元金が減らず、それで困った人たちが別の消費者金融で借り続け、多重債務者となってしまった、ということがありました。これは社会問題にも発展したのです。

この現状を打破しようと国が立ち上がり、上限金利を20%程度に改定。

その差額である金利分を、債務整理をすれば返還要求することができ、結果的に債務整理で戻ってくるお金で相殺、ないし逆にお金が戻ってくるということで、債務整理が注目されたわけです。

これには弁護士法の改正もありました。それはあまり知られていないのです。

弁護士自体、広告をする事は間違っている。これは世界の常識で、弁護士や法律家の広告は、日本でも禁止されていたのです。

その中で弁護士法の改正。そして今では当たり前になった、法律事務所などの広告ができるようになりました。債務整理を法的に行ったことで、数々の消費者金融が倒産・破産しました。

この当時のグレーゾーン金利に当てはまっていない、最近の多重債務の方は、お金が戻ってくることは絶対にありません。

消費者金融としては、一切落ち度が無いからです。

もちろん、銀行のキャッシングも同様。

法律が守られた金利で借りていたのであれば、ただただ元金を支払うことになるだけです。

つまり、現状では債務整理は全くの無意味なわけです。もちろん利息を払わなくて良くなる可能性がありますが、その代わりに弁護士に報酬を支払わなければならないのです。その金額は10万円~30万円といわれています。次にその説明をします。

◆元金だけならお得なのか?

元金だけを返済し続けるのであれば、それはそれでラッキーです。

地獄から、開放されると思いますよね。しかし借金は借金です。借金が消える事は絶対にあり得ない事です。ここに落とし穴が待っているのです。

まず、元金だけ…ということですが、弁護士を介入させてしまうことで、平均で1社の費用として32,400円 (税込)がかかってきます。

2社以上ではお得なるようですが、5社以上あれば10万円を超えていきます。

さらに、成功報酬などがあるため、追加料金も発生する可能性があるのです。

それでもまだ、お得なのではないか、と思われている方もいると思いますが、ここからが地獄なのです。

◆長期間ブラック人生が続く

多重債務、延滞・滞納などで、もしもブラックになってしまった方々は、実は早い段階でブラックを抜けることができます。

JICCなどの信用情報機関は、消費者金融系のブラック情報が載ってしまう場所です。

しかし、滞納の場合はその滞納先にしっかりと返済した後、1年間が過ぎれば普通にお金を借りることができます。

多重債務者に関しても、当たり前ですが返済して余裕が出てくれば、多くの消費者金融などに融資枠が生まれて、ブラックが卒業できるわけです。

しかし、債務整理をしてしまった場合は別の話です。

最低でも、5年から7年は完全にブラックです。年収が、5,000万円を超えたところで、1円もブラックなのでお金を借りることができません。

借金を返済し、真面目にずっと改心してきて、来週までに10万円をどうにかして借りなければならない…ということがあっても、債務整理後は絶対にどこからもお金を借りれません。

さらにブラックとしてまた掲載されてしまうことがあるのです。その場凌ぎの癒しが、一生を棒に振ってしまうことがあるのが、この債務整理の恐ろしさ…ということなのです。

◆ブラックでもお金を借りれる消費者金融!

ただ、債務整理をするもしないも、多重債務者、滞納者のブラックたちはその期間中はお金を借りることはできません。

大手消費者金融、銀行、クレジットカード、全ての貸金業者に相手にされません。だからと言ってヤミ金は危険です。

しかし、金融会社の中には小規模なサラ金系の消費者金融があります。

サラ金は信用情報だけではなく、現在の個人の返済能力など、独自の審査をできる場所があるのです。

もし、どうしてもお金を借りたい、という時には強い味方になってくれることは間違いありません。

逆にいうと、下手に別の場所にお願いし続けてしまうと、申し込み審査ブラックとして名を連ねてしまい、どんどんブラック期間が延びてしまいます。

このサイトお金の相談所には、ブラックでもお金を借りる事ができる、真面目な経営をしているサラ金系の消費者金融が沢山掲載されています。

ぜひ参考にして頂き、自分だけの新しい未来を築き上げてみてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックの人が、どうしてもお金の相談するための場所とは?

お金が無いと不安な気持ちになってしまう…という方は多いでしょう。

私もそうです。財布にお金が入っていないと急激に不安になるんです。

「もし、大きな出費の予定があったらどうしよう」とか「月末の支払いが払えないかも」とか「あと500円で3日間飯を食わないといけない…」など、切羽詰まっている方も少なくはないはずです。

ただし問題は、そういった方々の中には「ブラック」である人がいるということです。

ブラックになってしまった場合、一体何が困るかというと、大手消費者金融などでお金を借りることができないのです。

そのため、ブラックになるととにかく精神的不安になってしまい、このまま一生お金を借りれないのか…と思い込み、認知が歪み、心身症になってしまう可能性すらあるのです。

●ストレスを抱えてはいけない

今現在にブラックになってしまった人たちが、目の前のストレスを無くせる方法はただひとつです。

それは、「お金を借りること」だけでしょう。

お金があれば、全てが解決する、という考え方が良いかはわかりませんが、そう思っている人は少なくはありません。

お金がないから支払いものを滞納させブラックになり、そしてお金が借りれなくなった。そういった人たちの中は、貯蓄をすることができず、基本的に自転車操業のような経済サイクルで生活をしています。

頭の中には、「お金を借りたい」「お金を融資してほしい」「もうお金が全て」「お金があれば、自分は全てやり直せる」など、金、金、金ばかりが頭の中をリフレインしています。

しかし、それは根本的に解決になっているのでしょうか。このサイトでは、まずはお金の相談をする、というところから一歩踏み出してほしいと思っています。

●ブラックでもお金の相談ができる場所とは?

ブラックをねじ曲げてしまうと、前述したような、お金がないのに金の亡者になります。すると、周囲が見えなくなってしまい、結果的にヤミ金に手を出してしまうことになります。

ヤミ金業者は、ブラックでもお金を借りる事ができる、最後の手です。というよりも、ブラックだからこそお金を借りさせます。

ヤミ金側も理解できませんが、なぜお金が無くて借りなければならない、という人に法外な金利を請求するのでしょうか。

それは、人間は脅せばどうにかする、という心理を利用しているのです。ブラックの解決法として、お金を借りれば解決する、と思っている人はまずは立ち止まってください。

お金を借りるということは、また借金が増えるということです。

そしてもっと危険なのは、お金を借りても本当にまともな金利でお金を借りれているのか、ということです。

まず、そういった解決法ではなく、「相談」をすべきです。

ブラックの心を和らげるために重要なのは、まずは話をしたり、メールで相談をしたり、自分はこんな状況であるということを、第三者に伝えることです。

このサイトにメールを打つのでも良いですし、このサイトに掲載されている小規模消費者金融に相談だけでもする、ということが重要です。

お金の話はデリケートな問題なので、自分一人で抱え込む人が殆どです。しかしその壁を超えて、当サイトでなくとも誰でも気軽にお金の相談をして欲しいと思います。

●ヤミ金に相談は絶対に自殺行為

ブラックがお金の相談をできる場所は、どこからも借りれないブラックでもお金を借りれる可能性がある消費者金融を知っているサイト、そして直接、そういった優良な消費者金融に相談することです。

しかしながら「今直ぐにお金を借りれないのであればそんな時間は無駄だ!」と思っている方が、ヤミ金に思わず相談してしまうのではないでしょうか。

確かに、その気持ちはわかります。今すぐ、緊急に、明日までに、お金を借りれないと意味がない!と訴える人もいるかもしれません。

しかし、もしもヤミ金に相談したのなら、すぐにあなたの個人情報を抜き取られます。

相談だけで済むわけがありません。

焦っていると、周りが全く見えなくなってしまうのです。

闇金は、「うちであれば、もうそんなブラックとか関係無い。だから、落ち着いてください。口座番号を教えてくれれば、即日で10万円振り込みます。」というような、甘い言葉をかけてきます。

誰だって、相談したらお金を借りたくなるものです。そこで甘えるともう終わりです。

さらに、ブラックだからこそ大手消費者金融、銀行などのキャッシング全てに断られていたとしたら、借りたくなるのも当然です。だからこそ、注意しなければならないのです。

●相談で聞くべきこと

ブラックでもお金を借りれるかもしれない、という期待を込めてお金の相談することのメリットは、まずは精神的に楽になることです。

自分の現状を誰でも良いから伝えることができる、ということは精神的に大きなゆとりをもたらすことができます。

ああ、今すぐお金を借りたい、やばいやばい、どうしよう。という焦りの意識が遠のいていきますのでおすすめです。

そして、もしもお金を借りれない場合でも、何が審査に重要なのか、ということも聞くことが出来ます。

もしもブラックの場合、今現在の稼ぎの量や全体でどの程度債務があるのかなどは、審査対象としては二の次です。

まずは、信用情報機関にどんな情報が入っているのか、ということだけが注視されます。

結果、揃えるべき書類であったり、どうやったらブラックでもお金を借りる事ができるのか、細かな部分まで聞くことが出来るのです。

お金の相談だけであれば、信用情報機関には別に登録されません。

そもそも、個人情報を出していないのですから、当然です。

仮に、辺り構わず融資を得ようと、片っ端から審査を受け続けてしまった場合、「申込ブラック」というレッテルが貼られてしまうために、さらに信用情報に傷がついてしまうわけです。

そうなったら最悪で、信用事故情報が消える期間がぐっと伸びてしまうのです。

せっかく、あと1ヶ月で滞納ブラックとしての履歴が消えるかもしれないのに、審査を無理に受けてしまったがために、また1年に振り出し…。こういったことも、起こりかねません。

まずは、ブラックでもお金の相談ができる、信頼の消費者金融。

当サイトが紹介している優良なサラ金系消費者金融こそ、本当の借りやすい場所なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

年代別のお金を借りたい人たち!

2018年になりました。本年もお金の相談所は、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれるように、様々な消費者金融を紹介して参ります。

新しい時代になり、日々の生活は変わっていきます。特にここ数年で、本当に様々なものが変わりました。

SNSなんかもそうですよね。数年前に一時的な流行なのかと私は思っておりましたが、今では流行語になるほどの力を持ってしまいました。

便利になりすぎた世の中ですが、消費者金融業界でも同じような事が起きています。

お金の貸し借りなのに、対面せずにネットだけでお金を借りる事ができる時代になったものですから驚きです。

そして時代の変化に伴い、お金を借りる人の事情も変化をしているそうです。

昔は車を買ったり、キャバクラなどにツケ払いをし借金をする人は多かったと思いますが、現代は車離れが進み、草食系男子が増えたと言われています。

これから現代のお金に悩む人たちを、年代別で考えていきたいと思います。

20代でお金を借りたい人たちは?

20代の方々は、借金をしたての若い方々もいれば、お金を借りた事が全くない方も多くいると思います。

そしてお金を借りて遊んだりする方法を覚えてくる時期でもあります。悪い遊びを覚えた若者は、30代に向けて借金を背負う運命になるかもしれませんので、今ピンときた方は気を付けましょう。

そして今は珍しくなった車をローンで無理して買う20代の方も、ローンは借金だという事を肝に銘じてほしいと思います。

一時期の高収入を若くして経験してしまったら、そのお金の魔力にとり憑かれてしまう可能性もあります。つまりは金銭感覚の崩壊が訪れる可能性があるかもしれませんので、注意しましょう。

20代でお金を借りたい人達は、まさに遊び盛り・お金を使いたい盛りの人たちです。

30代のお金を借りたい人たち

30代になると、新し買い物で借金というよりも、20代で積み重ねてきた借金を継続しているという人が多いそうです。収入もある程度安定している方も多く、消費者金融を初めて利用する人も多く見受けられます。

20代で人生が順調に行っていた方でも、新しい何かをキッカケに、消費者金融でお金を借りる事を覚えてしまった人もいます。まさに人生の分岐点です。

日本の成人人口の中で、最もお金を借りている人は30代の方と言っても良いのかもしれません。

30代のお金を借りたい人というのは、自分で何かをやり始める人でしょう。それ以外はギャンブルに没頭した人たちです。

40代のお金を借りている人は…

40代はお金を借りるという概念よりも、既に大きなローン(借金)を背負っている人が多いと思います。

既に家庭を持っている方もそうですし、脱サラして自分で商売を始めている人もいることでしょう。その際にお金を借りている人も多いはずですが、やはり大きな金額を借りるという事になります。

しかし残念ながら、消費者金融では大きな金額は借りれません。ですから40代で消費者金融をいつも利用している人は、基本パチンコや競馬、競艇などの娯楽でしょう。

50代のお金事情は?

50代を超えてくると、つい一見お金を借りてなさそうに見えますよね。しかし意外と、消費者金融からこっそりお金を借りている人は多くいるのです。

私の父もそうでした。私は遅い子供でしたので、両親が50代の頃はまだ高校生だったと思いますが、父は消費者金融からお金を借りていました。もちろん当時は何も知りませんでしたが、大人になった今知った事です。父は普通のサラリーマンでしたが、いつも仕事から帰ってくるのが23時過ぎでした。毎日残業きつそうだな…という印象しかありませんでした。しかし実は、毎日パチンコにハマっていたというのです。気が付けば借金総額600万円…。債務整理をして離婚をしました。

まさに50代のお金事情は、非常に辛いものがあります。これはただの実話の一部ですが、他にももっととんでもないクズ親父は居るのでしょう。

2018年もよろしくお願いします。

以上のように、各年代ごとにお金を借りる事情は違いますが、新しい人生を切り拓くように2018年も頑張っていきたいと思います。

お金の相談所はこれからも、本当にどうしてもお金を借りたい人が借りれる消費者金融を紹介し続けます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!