大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2017年12月一覧

年末にブラックでもお金を借りれる消費者金融はある。

お金の相談所でございます。2017年最後の更新になります。

歳を重ねれば、その積み重ねた時間が濃い人間こそ時間の流れを早く感じる事でしょう。

私もお金の事ばかり考えてきた1年でしたが、夏が終わってからは非常に早く感じました。

皆さんも2018年は、よい年になりますよう心から願っています。

最後にお金のコラムを少々書きたいと思います。

お金に困っている滞納者のために、消費者金融があります。

お金に困った経験がある私が、分かった事を書きます。

それは、落ち着きが無い人は、支払いを滞納している人が多いということです。

落ち着きが無いというのは、別に常にハイテンションで街中を走り回っているということではなく、「本当に俺は、今のままで良いのだろうか…」というような、そういった思いに常に駆られている方々のことです。

1日を過ごしている時に、無駄な日を過ごしてしまったと思いたくないのかもしれませんが、思わず今日は楽しく過ごすことができたという、証が欲しいのかもしれません。

それが、仕事や友人への感謝、人への優しさで満たされれば良いのですが、それだけと満たされないのがややこしいところです。

その喜びという部分で、なかなか心が満たされないために、思わずその日に高級な料理を食べたり、お酒を飲みまくってしまうのです。

良くいえば、宵越しの金を持たずにその日を思いっきり生きる!といったところでしょう。そいういった人生は悪くないですし、ある意味ではアリです。

しかし、問題はそういった後先考えない人生を歩んでいると、毎日が本気ですのでお金が無くなると突然辛くなってしまい、支払うべきお金を払わずに、平気で滞納をしてしまうということです。

例えば、今月は27日が返済日だから2万円は残しておかなければならないと、頭では分かってるのですが、その日までにお金をガンガン使ってしまうのです。

そして現実問題、支払日当日になると、その支払うべき金額が残っていないために、ちょっとくらいいいかな…ということで、ローンや家賃などを滞納してしまいます。

落ち着きがない=自分に自信がないので、常に自分から動いていて楽しみを見つけようとしてしまい、結果的に大切な部分にぽっかりと穴が空く訳ですね。

これは、私もあります。ついつい飲みに行ってしまってお金を使ってしまう…。どこか心のどこかでさみしいのでしょう。

しかしながら、どこからもお金を借りれないブラックと言われている人には、こういった私と同じような特徴を持っている方は少なくはありません。

そもそもの話、こういったその日その日の生き方をする方は、常にどこか欲求不満に襲われていると思ってよいでしょう。

自分が落ち着きがなく、どこかで思いっきりストレス発散をするために、お金をパーっと使ってしまいます。

どこからもお金を借りれない状態なのにも関わらず、未だ返済できずにブラックとなり、お金に悩まされてしまうのです。

心のどこかでは、それではいけない…!!!

ということは分かっているのですが…。

2017年最後に心が痛い話をして申し訳ないですが、お金の相談所として感じる事を常日頃書いております。

でも、そんな私のような人間でもお金を借りる方法として、ここで紹介している消費者金融も存在します。

日々の生活に落ち着きが無く、何かとお金を使ってしまう、お金に困窮している人たち。このサイトに掲載されている、ブラックでも借りれる消費者金融を利用してみてください。

そこから新しい人生をスタートさせるというテクニックも、捨てたものではないのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

債務整理をしたブラックでもチャンスがある!どうてもお金が必要な時は誰でもある。

銀行や消費者金融からお金を借りて、返済に困ってしまった時の手段の一つに、債務整理という方法があります。

これは、借金をチャラにするというイメージがある人もいると思いますが、実際はそうではありません。

借金はチャラにはなりません。

ただ単に、弁護士にお願いをして、金利を減らして分割返済をするということです。

ハッキリ言って、ただの泣き言なのです。

そして債務整理をした場合、多くのサイトなどで言われているブラックとなります。

債務整理自体、悪いことをしているわけではないのですが、信用情報の事故という扱いとなってしまうために、一般的な貸金業者や信販会社からお金を借りる、ということが困難になります。

ブラックとなってしまった後、困るのがお金が借りれなくなってしまい、路頭に迷う人々が増加することです。

例えば、このサイトに訪れているということはブラックだけれども、お金を借りたい」という意識を持っているからでしょう。

なぜ、即日融資が必要なのかは人それぞれなのですが、とにかく「どうしてもお金が必要である」という部分は、皆共通するポイントになっています。

しかし、そもそもなぜ債務整理をしてブラックとなると、お金を借りれなくなるのでしょうか?

その秘密は、株式会社日本信用情報機構(JICC)という場所が握っています。

債務整理などを含め、株式会社日本信用情報機構では、我々日本国民の消費者金融などからの借入金額を掌握しています。

「信用事故」として、お伝えしましたが、株式会社日本信用情報機構に登録されるということが、この「事故」と呼ばれることに直結しているので、いわば信用情報の「犯罪者リスト」とでも言った方が良いかもしれません。

債務整理を今回はベースとしたお話ですが、実際には消費者金融に融資を申込む、審査される、借りる、延滞するなどの全ての情報が盛り込まれます。

例えば、Aという消費者金融でお金を借りていた場合、1月25日が返済日であるにも関わらず、3月以降も滞納してしまった場合、株式会社日本信用情報機構に登録されてしまいます。

その登録機関ですが、この延滞をしている期間中はずっとです。

言い換えると、延滞・滞納を3ヶ月以上している状態の場合、信用事故を起こしている、ということになりますので、お金を別の消費者金融で借りることが困難になります。それがブラックと言われる由縁です。

また、こういった延滞はマズいだろう、ということで全額延滞分を支払ったとしても、株式会社日本信用情報機構ではまだ延滞をしていた、という情報が残ってしまうので注意です。

基本的には、延滞をしてから1年あまり株式会社日本信用情報機構に事故記録が残される、と考えて良いでしょう。

そして、今回の債務整理なのですが、事故記録としては株式会社日本信用情報機構へ5年は残されてしまうので注意です。

ある意味では、7年とも言われており、この辺りは不明です。

自己破産や個人再生申立に関しても5年と言われていますが、一説によると10年とも言われているので、かなりの年数、ブラックとしてい続けなければならない、ということなります。

こういった債務整理などでブラックとなってしまった人の場合、もしお金を借りたいと思っても、普通の大手消費者金融では借りることが極めて困難です。

大手消費者金融やクレジットカードなど、そういった金貸しを生業としている業者は、審査でこの株式会社日本信用情報機構に、必ず問い合わせを行います。

信用事故がある、ということは大手消費者金融など、金融業者からしてみればリスクとなります。

延滞の可能性、さらには債務整理や自己破産などをしていた場合、どういった理由があっても、借金を無いことにされてしまったら話になりません。

「お金にルーズな超危険人物」としてレッテルが貼られてしまい、結果的にどこからもお金を借りることができない、ブラックとして生き続けるしか無いのです。

とはいえ、本当にお金を借りれる場所がどこにも無くなり、それでもお金を借りなければならない、というシチュエーションとなった方はどうすれば良いのでしょうか?

そのまま、人間関係も崩壊させ、家族離散し、何もかもを失っても、国は平気な顔で「自己都合ですよね?」と、厳しい対応をし続けるのでしょうか。

実は、このサイトで紹介している消費者金融は、ブラックでもお金を借りる事ができる、そういった優良な消費者金融だけを集めています。

本来、消費者金融ではお金をブラックには簡単に貸すことはありません。

ここで紹介している消費者金融は、確かにJICCなどにも問い合わせをすることはあります。

しかし、大きく違っているのが、個人の返済能力の有無を重視して、お金を融資するか否かを決めている、という部分です。

ブラックであっても、社会人として努力しながら生き続けている、そういった方は少なくはありません。

返済する能力がありながらも、1円も借りれない、というのはある意味では人権損害です。

ブラックでもお金を貸してくれるサイトの場合、データだけに縛られた、無慈悲なやり方は一切しません。

その人となりをしっかりと見つめてくれ、返済ができる能力がある、ということが見なされるのであればブラックであっても、お金を即日融資してもらえるのです。

ブラックだろうが、何だろうが、お金が重要になることは長い人生の中で多々あります。

そんな時、昔返済が滞ったとか、借金の知識が少なかったために債務整理をしてしまった、という人たちに再起の手を差し伸べれない、というのは金融業者としていかがなものか、というのが筆者の意見です。

ブラックだからこそ、今後を期待してお金を借りれる、そんな消費者金融を選んでいきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を貯めたいけど、貯まらない…。

お金を貯めたいけど、貯まらない…。なぜなのでしょうか。

「お金が貯められない」という方は、消費者金融を頼る機会が多くなると思います。

急な出費…、結婚式に出席、飲み会に誘われて…、パチンコでつい熱くなって…。という言葉を良く耳にしますが、数万円の支払いがドッと来た時に対応をできない場合は、もう消費者金融に頼るしかないのです。

この日本社会には、さまざまな人たちがいます。お金が貯まらない人種というのは、やはりちょくちょくお金を使っているから…と言われています。

しかし、実際はそうではありません。

例えば、誰が見ても高級といわれる家やマンションに住んでおり、明らかにローン額がぶっ飛んだような車に乗り、ロレックスレベルの時計をしていたのであれば、それは貯蓄はないでしょう。

というか、あったら怖いです。どんな仕事をしているのか、どれだけママやパパがお金持ちであるので、教えてちょんまげ…です。

さて、話を戻しますが、貯蓄ができなくて消費者金融やクレジットカードなどでお金を借りている人の場合、生活自体はさほど派手というわけではありません。

身につけている服に関しても普通ですし、それほど変な格好をしているわけでもありません。

さらに、高級マンションとか言うわけではなく普通の暮らしですし、何か特別高級なものを購入しているということでもなさそうです。

一体、なぜお金が貯まらないのでしょうか。その理由は、もうこれしかありません。

ずばり、浪費癖です。浪費のクセがある方というのは、まず根本的にお金を貯めることができません。

浪費をしていれば、逆にお金が返ってくる…なんて言う方も居ます。

お金を使えば、回り回って自分に返ってくるから。と。

それは、人脈があるタニマチ気質のある方が言うセリフです。

人の為にお金を使えば、いづれ自分が儲かるような気もするものですが、案外そうでもないのです。

一般人に多いお金が貯まらずに悩んでいる方は、自分がどれだけのレベルの人間かが分かっているので、お金を使わずにせっせと貯蓄をしようという気持ちになっています。

しかし、貯まった頃にいきなり数万円の支払い請求がドンッと来てしまうものですから、手も足も出なくなってしまうわけです。10万円がやっと貯まったと思ったら、8万円くらいの何かの支払いの一括請求がやってくる…。これでは、地獄を繰り返していると変わりがありません。鬼です。

そういったことをしているので、それをまかなうために大手消費者金融や中小金融で滞納をしてしまい、ブラックな身となってしまい、どこからもお金を借りれなくなるわけです。

ブラックですので、お金を借りたくても確実にお金を借りることはできませんよね。これが、現実なのです。

お金の相談所では、どこからもお金を借りれないブラックな人でも借りれる消費者金融を紹介しています。

お金の相談所が考える、お金を貯める方法の秘訣。

まずはお金を貯める事を考えていきましょう。

ここで、お金の相談所管理人の私が、人生の師と仰ぐ方から頂いた言葉を紹介します。

『お金は、人生の目標・目的がないと、貯まらない。』

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金が無い頃の方が楽しかった…。お金の価値観と金銭感覚。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

お金の価値観と、金銭感覚。

これはとても重要ですね。

何も今さら考えなくても…って話なんですけど、これは本当に大事というか、今一度自分に言い聞かせたいと思っています。

例えばカップルでも夫婦でも、お金の価値観は当たり前ですが、金銭感覚は本当に重要です。

お金の問題で別れたり離婚したりと、お金が原因での問題は数知れません。

まあ二人の問題はどうでも良いのです。付き合っているだけでも幸せなんですから。

世の中には私のような、ブサメン男子で彼女もいない人間も多くいます。

趣味は基本的にギャンブルで、パチンコやスロットが趣味ですね。競艇も競馬もやります。

これは男の遊びとして、至って普通な事だと思います。

平日は当たり前のように普通に仕事をします。夜は家に帰って、ご飯を食べて寝ます。

たまに仕事の帰り道に、パチンコ屋に寄ります。競艇のナイター場外向け売り場も行くときは行きます。

そこで、ふと最近思ったことがあるのです。

「お金に困っていた時の方が、なんか楽しかったな…」と。

いや、普通に考えておかしいですし、お金があったほうが楽しいに決まっています。

今私の懐事情はどうなのかというと、このサイトを立ち上げた2014年よりは余裕が出来ています。というよりも、借金を返済して完済しました。少し貯金をしながらの生活です。

しかし、違うんです。

お金と幸せは、別のものなのです。

これは、誰かの名言で見た気がします。

軍資金で言うと、お金が無い時は、本当に1円でも10円でも惜しく、1万円の博打でもハラハラドキドキだったのです。

しかしお金に少し余裕が出来てしまうと、金銭感覚が変わってしまいました。

競艇でも1万円だけだとおもしろくない。パチスロも5スロなんかでは面白くない。1パチもヌルい。

そんな調子にのった事ばかり言っていると、負ける金額も大きくなります。

そしてまた一カ月するとそれなりの給料が入ってきます。しかしまたその分負けてしまうので、結局は何も変わらない…。

お金を持っていても、お金を持っていなくても、やることは変わらないのです。

それなのに、充実感は雲泥の差くらいに違います。

お金が無かった時の方が、喜びは大きいのです。同じ倍率で勝っても、お金に余裕がある時は、全く満足が出来なくなってしまっています。

これが、金銭感覚の麻痺と言えるでしょう。

今私はまさにこの状態です。

お金が無い当時。

1万円を握りしめ、軍資金片手に競艇場に。

1日賭けて、マックスで7万円まで財布の中が膨れた時もありました。

今では5万円勝とうが7万円勝とうが、楽しくないのです。

今よりも、お金が無いあの頃の方が楽しかったのです…。

今はお金はあるのに、なんでこんなに楽しくないのだろうか。

これがお金の悩みでもあり、私たち人間の悩みでもあります。

お金の相談所では、どこからも借りれないけど、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?

お金を借りる…。これは人にとっての永遠のテーマです。

昨日とあるテレビ番組を見ておりましたが、人間の脳についての討論でした。

神奈川県座間市であった、猟奇的殺人事件。

この犯人は、人を殺すことに快感を覚え、次々と殺人を犯しました。

これを医学的に見て、現役のお医者さんたちが討論するというものでした。

そのほとんどの方の意思が、こういったキチガイ的な殺人犯は病気ではなく、嗜好の問題である…と。そう答えていました。

つまりは数百人、数千人、数千万人に一人、先天的に遺伝子がおかしくなり、快楽を覚えるドーパミン分泌に異常がある。なので人を殺して快感を覚えてまた繰り返すことは、至って自然なことなのだ。という意見もあったわけです。納得です。

強姦・児童性愛(ペドフィリア)も同じであり、先天的なものと後天的なものがある。どちらかかというと、ペドフィリアは後天性か。

ある医師は、「これらの人間は、隔離させてるべきである。ノーマルな人間と共存は出来ない。」と声を大にして行っておりました。

つまりは「性的被害者が必ず居る。だからそんな性犯罪者との共存を認める事は、到底できない。」ということです。

確かに私も、人権派だとかいう人は偽善者にしか見えません。自分の身内がとんでもないレイプ被害を受けても、人権と言って加害者を守れるのか?という事ですね。

そもそもは、社会的秩序の問題です。

ちつ‐じょ【秩序】の意味
出典:デジタル大辞泉(小学館)

1 物事を行う場合の正しい順序・筋道。「秩序を立てて考える」

2 その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。「学校の秩序を乱す」

近年はグローバル化と言われていますが、ここは日本であり、日本の文化というものがあります。

日本の秩序も当然ながらあります。しかし今は、超情報化社会になってしまい、世界運命共同体のような考えを持った人が多くなってしまいました。

そして近年は、トランスジェンダー(ホモ・オカマ・ゲイ・レズなど)に寛容になってしまってことで、社会的秩序の乱れが起きている。

同性愛の性交渉から性病の蔓延にもつながる。その医師は、そのようにも言っていたのです。

私も同意見でした。物凄く納得しました。

しかし、そんな考え方すらも、「こんな過激な意見を言ったらいけない!」という社会論調。風潮。

そんなマスコミもダメだと、その医師は言っていました。その医師は、特別に過激な思想ではありません。純粋な日本の誇りを持った考えです。

ダメなものは、ダメ。

道徳的・生理的な順序がある。

日本古来特有の伝統がある。

寛容になりすぎてはダメなんです。

少し熱くなってしまいましたが、お金・キャッシング・消費者金融にも、同じような事が言えると思うんです。

タイトルにある通り、「どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?」という所です。

まあ「遊ぶ」っていう事は、早い話「博打」です。

他にもキャバクラやダンスクラブなど女にハマってキャッシングをする人も多いです。

そしてそれには全て、お酒が付いてきます。

「飲む・打つ・買う」

これは、昔から言われてきた男が遊ぶための言葉です。

「お酒を飲む。賭博を打つ。女を買う。」

うーん、最高です。

お酒は飲まない男性もいるでしょう。博打をしない男性もいるでしょう。女が嫌いな男性はほとんど居ません。

私は全て好きです。

これをする為には、どうしてもお金が必要です。

遊びたい=お金が無いから遊べない=我慢できない=お金を借りたい。

このように、自分の欲求を満たす為に、人はお金を借りたいと思うのではないでしょうか?

今の私も、お酒を飲んで遊びたい・パチンコがしたい・ギャルと遊びたい…。そういう想いは常にあります。

思い返せば、確かにその気持ちでお金を借りました。

とにかく、お金を借りて、遊びたい。

そんな気持ちを持った人が、どうしてもお金を借りたいお金の相談所管理人です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

祝3周年!お金の相談所のつぶやき

こんにちは。お金の相談所管理人です。

今日は、ふともの思いにふけたいと思います。

この【お金の相談所】としてブログ的に書いてきて、2017年12月で丁度4回目の12月です。

2014年・2015年・2016年・そして2017年…。

嗚呼、早すぎです…。

アーカイブを見ていたら、2014年12月でした。

もうそんなに時が過ぎたのか…。

18歳だった人は、22歳に。

28歳だった人は、32歳に。

38歳だった人は、42歳に。

48歳だった人は、52歳になりました。

正確に言えば丸3年で、4年目と言ったところでしょうか。

管理人の私も、年代の壁を超えてしまいました…。あー、歳は取りたくない!

そんな中で、歳のせいではないですが、近ごろはニュース日本茶が大好きになりました。

そこで今の時代は、銀行融資・消費者金融に制限・様々な法改正などもありました。

消費者も変わり、時代が動いている…。

金融などお金関係も大きく変わってきました。

時代で言えば、この前は衝撃を受けたことがあります…。

私の母の誕生日だったこともあり、景色の良い喫茶店系のレストランに連れていきました。

そこは若者にも人気で、もちろん様々な年齢層にピッタリの洋食がある喫茶店。

ちょっとした知り合いというのもあって、私はよく利用しますが初めて母を連れて行ったのであります。

昼からちょっと贅沢をしながら、コース料理を食べていました。

すると、席の後ろに10人の団体が…。

男女5対5。

お、合コンか?

大学のサークルの集まりか?

でも昼だし、何だろう。ドライブか?集団デートか?

という風に思いながら背にしていました。

しかし会話は全くなく、シーン・・・としていました。

私は振り向きはしませんし、母と会話をしながら食事してます。

トイレに席を立ちました。そして振り返ると・・・!

全員、スマホいじり!

中にはイヤホンして!

バカかおめぇら!!!

これが今時の若者か…。

会話も無く、淡々とスマホを見つめながらパンケーキを食べてました。

これも時代か?

いや、時代で済むお話ではない!

お行儀の問題である!

私の時代は、ゲームボーイがありました。

当然、家族などと外食に行くと、ゲームボーイは禁止。

教育の問題でしょう。スマホも禁止にしないと。何がインスタやねん。アホか。

っと、血圧が上がって脳出血しそうなんで怒りは抑えます。

さて、いつもこうして、このお金の相談所が検索でどんな風に見られているか、どんな検索ワードで見られているのか、そういうことをやっていますが、昔見ていたサイトも様変わりしました。

やはりこのような消費者金融のサイトも、日々変わってきますね。

そんな中で4年も続いたこの「お金の相談所」を褒めてください!グーグル先生!

きちんと真面目に、ブラックの人でも借りれる、総量規制オーバーでも借りれる、真面目な街金を紹介しているんですから!

それにしても、最近は中小消費者金融が台頭してきたと思いませんか?

それこそ、このお金の相談所を作った時、中小系の消費者金融のまとめサイトなどはありませんでした。

(あったかもしれませんが、携帯用の古いヤツでした)

しかし今は、様々な中小系の消費者金融がネットにも出てきています。

とある中小消費者金融は、ここ1年で一気に拡大してきたりなど、それに伴い凄い勢いでサイトもどんどん出来ています。広告費を沢山かけているのでしょうかね。

その消費者金融の業者名の検索が良くされているようですし。

このサイトでは1社しか紹介していませんが、もしももっと沢山の消費者金融が紹介できるようになれば、もっと盛り上がるんですけどね!

ぼちぼち頑張っていきます。これから4年、5年、6年、7年と続くように、お金の相談所を宜しくお願い致しますm(__)m

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

女性でも安心して借りれる消費者金融を教えています!

お金の相談所でございます。

あっという間に年の瀬です。来年、平成30年でいよいよ年号が変わる…というニュースを見て、なんだか少し寂しくなってきます。

さて、近頃は女性の政治家をはじめ、さまざまな女性の問題が取り上げられています。

熊本では市議が方言丸出しで恫喝するパワハラ。

そして議会に赤ちゃんを連れてくるという、日本と北欧や豪州と一緒にしている女性議員。

もう古くて飽きたかもしれませんが、このハゲェー!!!違うだろぉ!!!で秘書を暴行、その後衆議院選挙にまさかの出馬。当然落選、そこからただの人になった元女性国会議員。

W不倫疑惑で年下男性弁護士とイチャイチャしている、性欲のバケモノかと思われる女性議員。

もっと古く言えば、伝説になるかもしれないあの細胞を発見し、国から消されたオボちゃんなどなど…。

女性が社会進出をし始めている今の時代、なかなかこういった悪い見本が出てくると、マスゴミどもが調子に乗るのでやめてほしいところです。

ただ、やはり日本の社会を見ると、女性の地位が高くなればなるほど、風当たりが強くなる傾向があるように感じます。

同様以上の悪さをしている男性の方は、政治家にも民間企業の役員の中にも腐るほどいるようですが、やはり男性同士の「アレ」でカバーし合っているというほかありません。

お前の気持ちは分かる…と言わんばかりに、まぁ余程の相当な悪事がない限りは、追求はしないでいておこうといったところでしょう。

しかし、女性の地位が上がった途端に、男性の阿吽の呼吸で済んでいた事例への追求が厳しくなり、この女は生意気だ!という理由からか、常にあら探しをさせられて休職に追い込むという、そういった傾向がまだまだなきにしもあらずです。

女性は余計なことをしないでいいから、可愛く家庭へのサポートにまわってくれている方がいい。これが、男性たちの本音なのかもしれません。

さて、そのような政治家のみなさんはさすがに、大手消費者金融や中小金融でお金を借りているとは思えません。しかも返済を滞納をしているとは思えません。

しかしこのはげぇ!議員は一般人になりましたし、オボちゃんも今は何をしているのか分かりません。

性欲のバケモノ議員も、もしも選挙に落ちていたらただの人。そうなれば、いつ女性が消費者金融を利用するのか、分からない時代です。

そこそこのキャリアを積み重ね、そこそこいい年齢になってから、急転直下で無職になってしまうということは、要するに貯金で生活する。もしくは再就職するかまたアルバイトに戻るしかありません。

さらに、若い頃であればまだまだ這い上がることができそうですが、30代も半ばに差し掛かるとそこから立ち上がるということは、かなり難しくなっていきます。

こういった中、とりあえずの時間を大手消費者金融でお金を借りたり、貯蓄を切り崩すわけですが、仮に病気になったとして通院などを繰り返していれば、確実に収入は減り気持ちも滅入ってしまい、そのうち借りたお金も返済しなくなってくる可能性もあるわけです。

こうなると、ずばり人生終了です。あれだけ、エリートと言われている人たちも結果的に一度沈むとなかなか浮き上がれず、結果的に借金まみれな人間になるわけです…。

さて、その人たちの人生はよくわかりませんが、最悪だからと言ってどこからでもお金を借りればいい!というわけではありません。

例えばソフト闇金とか言われる金融屋を聞いたことがありますが、そのような場所は闇金ですから、最悪だからと言ってそこでお金を借りるのは要注意と言えます。いや、絶対にやめてください。

その理由ですが、金利が高利過ぎて激し過ぎるため、今度こそ人生が奈落の底に落ちていきます。

そうなったら最後も、もう誰もカバーしてくれる人はいなくなります。

このサイトでは、ひとまずそんな闇金みたいなヤバいことを避けるために、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りることができる、きちんとしたサラ金を用意しています。

お金の相談所が長い付き合いの中で見てきた、ブラックでも借りれる消費者金融の一つです。

どこからもお金を借りれない状況でも、ここのサラ金ならお金を借りれる場所として人気があります。

もしもお金に困っていたとしても、闇金からお金を借りたらいけません。ここで人生を立て直していきましょう。

お金の相談所では、女性でも安心して借りれる優良な消費者金融を教えています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!