大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2017年11月一覧

お金を借りたいと思う事は当たり前のこと。

どうしても、お金を借りたい…。お金借りれる所を探したい。日曜日でも、サラ金でお金を借りたい。どこも借りれないけど、お金を借りたい。

消費者金融でお金を借りたいと思っている人は、このように様々な想いを持っていることだと思います。

ついさっきの事なのですが、ヤフーニュースで「年収800~900万円超したら増税」という記事を読みました。

私は当然そんな大金を稼いだこともありませんが、ヤフコメでは意外と「世界では5000万円以上が高収入」とか「年収800万円の少ないとこから取るな」とか言われています。

ここでちょっとヤフコメを見てみましょう。

うーん、この金銭感覚は、本当に個人差があり何とも言えないところなのですが、よく考えていただきたいことがあります。

まず、日本国民のほとんどが、平均年収以下だという事を。

年代別にもよりますが、平均年収はおよそ400万円~500万円だとしましょう。

一カ月30万円支給の給料で、年収は30×12=360万円です。ボーナスはある会社とない会社がありますので外します。

税金などを引かれても手取りは20万円超え。これでも平均年収以下ですが、地方などで普通に苦労をしてきた人たちにとっては十分貰っている金額だと私は思います。

地方での話ですが、公務員をしている後輩や、そこそこ良い会社に勤めている友人に話を聞いても平均年収以下です。

しかし平均年収以下でも、贅沢しなければ、普通に生活に問題のない金額なのです。

首都圏などではもっとサラリーマンでも給料が多いのかは分かりませんが、年収800万円で「大してもらっていない」というコメントにはびっくりです。

金銭感覚の問題でもあるとは思いますが、やはり国会議員の給料は絶対に下げるべきであり、国会議員が特別な仕事とか言う感覚を無くさなければなりません。

北欧などは公務員や国会議員と言っても、一般庶民と同じです。つまりは庶民が政治を行う、まさに理想的な国家なのです。

しかし日本は古くからの伝統・武家社会の名残があるのか、国会議員とかは「先生」と呼ばれています。

アホちゃうか?と私は思っています。何が先生や!

こんな状況だから、日本は何も変わらないと思うのです。

お金を借りたいと思っている人々がいる限り、やるべきことは沢山あります。

どうしてもお金を借りたい、お金を借りる場所を探す。この気持ちは我々国民にとって当たり前の事なのです。

お金の相談所では、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれる消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金の相談所管理人が、お金に困った話。

近頃、あまり見かけなくなってきましたが、一時期バブリー芸人ということで、平野ノラという人流行していました。

肩パッドをぎゅうぎゅう詰め込んだ赤いボディコンスーツの衣装をみにまとい、「おったまげ~!」などの、なつかしの用語をぶち込んでくる、なかなかのギャグでお茶の間を湧かせていたことを思い出します。

さて、そんな平野ノラはどうでもいいのですが、お金の相談所管理人が大手消費者金融の支払いを遅れて、ブラックになりそこなった以上にぶっとび~なことがあったんです。

それが、数年前の話ですが、賃貸の敷金事件というものです。

どこからもお金を借りれないブラックな人であったら、恐らく人生が終わっていたと思いますが、とにかく恐ろしい奴らでした。

そのアパートは、敷金と礼金が一切無い場所だったので、簡単にその当月分の家賃で部屋を借りることいができたんです。

さらに、一人ではなく二人で入居可能ま上に、ペットも可能というだったので、これは凄い条件だと思って入居しました。

家はとても狭く、男の一人暮らしであればいいだろうと考えていたんです。

しかし、それよりも家賃をさらに抑えたいという欲求からか、変なキモイオナベと住んでいました。

そいつは、とち狂った顔をしていており、犬二匹と鳥、さらにはモモンガ、ウサギを連れて入居してきました。

まぁ、ペット可能ですし、悪さをするわけではなかったので許しましたが、毎日糞が転がっているなど、マジで劣悪な環境で過ごしていたことを思い出します。

そして1年経ったのですが、お金にも少し余裕が出来て私は引っ越すことにしました。

しかし同居人は、まだ引っ越さないということだったのです。まあ別にいいかと思い、そのお部屋は引き払わず、当座を間貸していたのです。

すると、管理会社から連絡があって、家賃の振込が無いと言われたんです。

なんと、とんずらして逃げられたのです…。

その人間とは連絡がつかず…。

私は滞納していた二ヶ月分の家賃を支払った後、さすがに引き払ったのですが、ここから地獄でした。

まず、ペットを飼っていたとか、さまざまな修理費用ということで、16万円を請求されました。

16万円ですよ、それありますか?まぁ、いろいろとダダをこねたのですが、結果相手も折れることはありませんでした。

突然の16万円の支払いだったので、当然今すぐ払える余裕もありません。

支払いをしばらくの間ばっくれていたら、「てめえ!払えこの野郎!早く払えこの野郎!」みたいな電話が管理会社からかかってきました。

本当に、恐ろしい話です。

もちろん支払いはしましたが、あそこはまさにヤ○ザ屋さんとしか言いようがありません。

当時の私はまだお金を借りれる状態でしたので、その後の生活苦は消費者金融でお金を借りて過ごせました。

しかしもしも、あの時自分が「どこからもお金を借りれないブラック」だったら、それはどうなっていたのか…。

もうお金には本当に困りたくないですね。

若気の至りかもしれませんが、変な人間を信用するのも良くないです。

安い物件に住んでいると、結果地獄行きということも分かりました。

仮にもしも、どこからもお金を借りれない状況だったら、ここのお金の相談所ではいいところを紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どこからもお金を借りれない人に朗報です!

お金の相談所管理人でございます。

友人の話なのですが、大手消費者金融でお金を借り過ぎてブラックになってしまっているお金にルーズな人が居ます。

その借金を、未だに親が支払ってあげているという、本当にクズ中のクズなのです。

その人は、もうすでに32歳を超えているのにも関わらず、なぜかこのようにお金にルーズであり、親に甘えているという何とも悲しい昔からの同級生です。

もちろん仕事はきちんとして働いているのですが、なぜかお金を借りまくっているのです。それが限度が凄すぎたのか、どこからもお金を借りれない人になっているそうです。確かに地元のパチンコ屋に毎日見ていました。え?つまりは私も毎日行っていましたw

その友人はブラックだったので、中小金融でもお金を借りることができませんでした。

つまり、親に頼るしかなくなってしまうわけです。

情けないというよりは、危険です。幾ら親子でも、金銭の悩みは根深いものであります。

さらに、田舎を飛び出して一人暮らしをしているのですが、その理由もあさはかで「田舎にいたら、ダサくなる」からだそうです。

今のあなたが十分に人として底辺でダサ過ぎなのですが、それも分かっていません。

そして、一人暮らしの家賃もバッチリと払えていません。もちろん、親名義で家を借りていることもあり、不動産会社から親に支払いの催促がやってくるそうです。怖くてちびりそうですね。

さらに、もっと凄まじい悪行としては、実家を指定して通販サイトで化粧品や服を購入するようです。

実家の親は、お金を支払わなければ良いというレベルですが、催促がやってきて電話も頻繁にかかってくるのだそうです。

そして、「子供のやっていることですから、知りません」といっても、「そんなことは、関係無い」の一点張りで終了です。

一体、この親子は何をしているのでしょうか。理解に苦しみまくります。人生が絶対ダメになり、このままエスカレートしていったら、一家離散の恐れも出てきます。

どうすれば、解決するのか…。ここで、弁護士を連れてくるのも良いですが、問題は大手消費者金融が徐々にお金を貸さなくなっている…ということです。

どこからもお金を借りれないブラックだからといって、一家がぶちこわされようとしているところを見放ということは、もうお金の融通=金融会社ではありません。

まぁ人が経営しているわけではなく、ある意味機械が経営しているのが銀行系の消費者金融ですので、審査が厳しくなるのは仕方はありませんが…。

そもそもが、こういった人たちが借金の悪循環へと繋がっていく理由は、お金を簡単に借りることができないからです。ここで、消費者金融から数十万円を簡単に借りれるのであれば、何も問題は起こりません。つまりは自己責任、まさに自業自得。個人のせいですので、どうにもならないのです。

大手消費者金融で、中小金融で、闇金で…と、人間は考え方が変わってきます。

どこからもお金を借りれない人で、ブラックでもお金を借りたいと思っているのならば、このサイトしかありません。

ここでは、どこからもお金を借りれない人でもお金を借りれるサイトを紹介中です。ぜひ、チェックしてみてください。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制オーバー融資の消費者金融!金融実話

総量規制とは何だったのか?

【東京都在住・会社員の実話】

総量規制(そうりょうきせい)。

僕は今までこの言葉を知りませんでした。

総重量と思っていて、何かのトラックの積載の制限かと思っていました。

しかしそうではなく、お金を消費者金融から借りる限度額の規制というものでした。

この総量規制をオーバーすると、融資を受ける事ができなくなってしまいます。

つまりは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、お金を借りる事ができなくなります。

しかし今まで、銀行のローンなどは総量規制は対象外だったのです。まあこれは、おまとめ的なもので、いわゆる借金を一本化するというとんでもない謳い文句で、世のお金に甘えている人たちを最後の自己破産への道へといざなうものだったのです。

お金を借りまくって、借金地獄になってしまった人の考え方根本を変えなければ何も変わらない、何の意味もないことは分かっていたのにもかかわらず、銀行はどんどん貸し付けを行いました。

しかも総量規制オーバーでも融資可能でしたし。銀行=国ですから、身内に甘いのが政治の世界です。その犠牲者は我々国民なのです。

その総量規制など、様々な貸金業法の中で改正が行われました。

そして今度、2018年以降は銀行がお金を貸さなくなると言われています。

これからはまたどんどん時代が変わってくるはずです。総量規制もいつかはまた無くなるはずです。

今は総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を知っておくことが、重要ポイントかもしれません。

ここのサイトでは、総量規制オーバーでも借りれる、中小系のサラ金・消費者金融を案内しているようです。必須な人には必須ですかね。

私のお気に入り消費者金融!

【川崎市在住・パート主婦の実話】

こんにちは。私は専業主婦ではないけれど、主婦仲間でもたまにお金のお話はします。旦那さんの収入で、借入金額は大きく変動するみたいです。専業主婦の場合は、パートナーの年収の何割かが自分の収入としてみなされ、借りれる金額が決まります。私は少しパートの給料がありますが、実は最近消費者金融からお金を借りたんです。

まあ理由は置いといて、趣味でお金を使いすぎてしまいました。もちろん主人には絶対に言えません。だからしょうがなかったんです。情けないですが、消費者金融からお金を少しだけ借りました。私のような人間は、無人契約機になんて入れません。しかも主婦仲間から聞いたのですが、今は審査が厳しくなっているみたいですし。そこでネットからお金を借りる事ができました。これが私のお気に入りの消費者金融なんです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

2017~18年・新時代にブラックがお金を借りる方法!

おはようございます。お金の相談所管理人です。あっという間に年の瀬を迎えようとしております。

皆様体調管理などには十分にお気をつけ頂いて、お金の使い方もお気をつけ頂きたいと思います。

これからはお金がどんどん必要になってくるシーズンでしょうから、お金を借りなくて済むように今の内から計画をしていきたいものです。

さて、2017年11月を終わりますと、当サイトが丸3年継続達成という事になります。12月からは4年目を迎え、2018年になってゆきます。

最初にこのサイトを作った時は、こんなに長い年数続くなんて全く想像もしていませんでした。

とにかく、お金を借りたい…。どうしてもお金を借りたい…。

総量規制でもお金を借りれる消費者金融だったり、未成年でもお金を借りる方法や、ブラックがお金を借りる方法など、お金を借りる事についての体験談やブログなどを書いてきました。

2014年、15年、16年、17年…そして2018年です。

時代は目まぐるしく変わります。特にここ2年ほどで、時代が大きく変わったと思っています。

やはりソーシャルネットワークサービス(SNS)が浸透し、ITユーザーの若年化、動画配信、インターネット通販など、私には理解ができない時代に突入しました。

その反面、消費者金融など金融業界では利用者が急増。2018年は金融規制が入り、お金を借りる事が厳しく制限されるという政策も決まりました。

つまり、ITユーザーが増え続けたものの、金銭感覚が分からなくなってしまい、通販などでお金を使いすぎてしまったり、ネットギャンブル(競馬や競艇などのネット投票)で金銭感覚を崩してしまうような、そんな若年層が急増しているという事態になっています。

パチンコやパチスロで言うと、パチンコ店内でのイベント告知などが制限されたのが2012年ごろでしょうか。そしてまた最近は、ユーチューバーなどの会社の来店イベントなどが規制される決議が発案されたそうです。

確かにおかしな話で、結局は隙間産業でやってきたものに目を付けられたといったところでしょう。

それだけ、お金を借りている人たちが急増しているという事実があるのです。

お金の相談所でも長年、消費者金融とギャンブルの関係などを見てきました。

どうして私たちはお金を借りるのか?一体何の事情があって、消費者金融からお金を借りなければいけなくなったのか?

なぜ、お金を借りてブラックになってしまったのか?

様々なお金の相談を見てきました。私も身を持って聞き取り調査などをしてきました。

これからは時代も変わってきます。2018年は新時代と言われています。

2017~18年にかけての新時代。消費者金融でお金を借りすぎてブラックになってしまい、どうしようもない状況になる人のために、当サイトは在り続けます。

これからはブラックでもお金を借りる方法がある、そんなサラ金系の消費者金融が必要不可欠になります。

ここで紹介しているサラ金系の消費者金融が、まさにブラックでもお金を借りる方法として、注目される金融機関です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!