大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2017年10月一覧

サラ金ブラックにならないために、どうすればいいのか?

お金の相談所です。ブラックにならない為に、どうすればいいのか?

一体何を言っているんだコイツは?と思った方も居ると思いますが、まずは何のブラックなのか?ということです。

肌の色が黒いからブラック?オセロのブラック?仮面ライダーブラック?

いえ、消費者金融のブラックです。

消費者金融のブラックは、良いことなのか?良くない事なのか?

良くない事です。どちらかというと、信用できない人の意味を言います。

友達にお金を貸したのに、返ってこない。

よく親から、お金の貸し借りはするな。もしもお金を貸すなら、捨てるつもりでいろ。そう言われてきた方も多いと思います。

これを平気で裏切る人間のことを、消費者金融ブラックと呼ぶのです。サラ金ブラックとも言います。

信用できない人間には、お金を貸さない。それは鉄則なのです。

しかし今このお金の相談所の題名には、「サラ金ブラックにならないために、どうすればいいのか?」ということが書いてあります。

お金をどこからも絶対に借りれない、サラ金ブラック。そうならないようにするのは、自分自身が変わるしかありません。

人を裏切ってきた人生を悔い改めないと、先へ進むことは出来ません。

サラ金ブラックになっている人でも、これからお金を借りて生活していかなければいけない人も居るでしょう。

後悔先に立たず。やってしまったことを今反省したところで、何も変わることはありません。

ならば、サラ金ブラックでもお金を借りれる、どこからもお金を借りれない人でも借りれる、そんな消費者金融を探さなければいけないのです。

お金の相談所では、ブラックでも借りれる可能性がある、消費者金融を紹介しています。

そして今後もサラ金ブラックにならないために、信用を無くさないように心掛けていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りたい相談をするなら、街金・サラ金!

今後、私たちの社会の中で「お金を借りたい」と相談する人口は増加する傾向にあると言われています。

まさに貧困の格差や連鎖が歯止めがかからない状態にあります。それは時代の流れとでもいうのでしょうが、時代の流れで話を済ませているから歯止めがかからないのです。

少子高齢化、人口の減少、若手労働者の不足など、どこの業界に話を聞いても「人手不足」という言葉をよく耳にします。

都会の夜中のコンビニに行けば、日本人店員を探すほうが難しい状況です。しかし働き口は沢山あります。現代人は仕事を選びすぎているのではないか?そう思える時もあるのです。

そして、やはり楽してお金を稼ごうと思っている人たちも多くいるのではないでしょうか。

ユーチューバーやブロガーなど、ソーシャルネットワークで広告収入を得ているニュースなどを若者が読み、億万長者を夢見てロクに働きもしないままお金を稼ごうとしている…。だから消費者金融などでキャッシングをして、お金を借りている人たちが多いのではないでしょうか。

そして今やIT関係の大企業などでも、インフルエンサーマーケティングなどといった、SNSフォロワー数や影響力を加味した面接が行われるなど、とんでもない時代になってきていると思います。

インフルエンサーとは、インフルエンザと同じ語源で、ラテン語です。Influxibusque。英語ではInfluencesです。

意味は、影響・影響力などです。インフルエンザは流行性の感染などです。つまりは影響力がある人材を起業は求めている・・・当たり前のことです。

インターネットが発達していなかった私たちの時代にも、影響力のある人はクラスに一人くらいは居ましたよね?カリスマ的にモテモテだったイケメンやマドンナ的人達。まさに今の時代ならばインフルエンサーなのかもしれません。

しかし勘違いしている人間が多くなっているのも、今の時代の最悪な所ではないでしょうか。

芸能人やカリスマモデルなどがSNSをするなら分かりますが、一般市民が真似したところで自己満足の世界です。

これからはタレントの形態も変わってくると言われています。ユーチューバーやブロガーなどのインフルエンサーが、タレントと化してしまう時代だそうです。

このように時代はめまぐるしく変わります。その中で、お金に関する事が一番の問題です。

そもそもあのようなユーチューバーやブロガーなどは、お金はどこから捻出しているのか?

実家が金持ちな人が殆どと言われていますが、中には自分でビジネスをし、儲かったお金を費やしている人も居るでしょう。

しかし売れない底辺ユーチューバーなどにも象徴されるように、消費者金融や銀行などでお金を借りなければ生活していけない人たちも多くいます。

来年には消費者金融の審査が厳しくなるともいわれていますから、これからはお金を借りたい相談をしていく人々が増えると思います。

もしも消費者金融の審査に落ちてしまって、それでもお金を借りなければいけない、お金を借りる相談をしたい人は、どこにお金の相談をすればいいでしょうか?

親や兄弟にお金を借りたほうが一番良いのですが、もしも自分が売れない底辺ユーチューバーやブロガーなどだと知ったら、どれだけ悲しむでしょうか。もしくは勘当されるかもしれません。

そんな時にお金の相談に寄り添ってくれるのが、街金やサラ金などの消費者金融です。

当サイト「お金の相談所」で紹介している消費者金融は、街金・サラ金と呼ばれている種類の消費者金融です。

どこからもお金を借りる事ができない人でも、お金を借りれる可能性があります。

どうしてもお金が必要ならば、お金の相談をしてみたらいいでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金の相談所の、お金と政治の話。

お金の相談所管理人でございます。皆様、昨日の衆議院選挙は行かれましたでしょうか?

『自・公』・「希・維」・【共・立民・社】

この3極で争ったイメージでした。野党が分裂して票が割れたのも、与党の自公が圧勝した要因でしょう。

このまま日本は改憲へと突き進みます。盤石の安定した自民党政治が今後も続いていくことでしょう。

私個人的に言わせて頂くと、この一極集中の結果になったのはマスコミの力が非常に大きく、連日の報道では異様に自民党と立憲民主党を持ち上げ、露骨に希望を叩き、維新を無視。

これでは知るものも知れませんし、そもそもは何のための選挙だったのか?という疑問点ばかりが残っています。

確実に2020年、東京オリンピックまでは安倍が総理で行くぞ!という選挙だったのではないでしょうか。

しかしアベノミクスとか言いましても恩恵を受けているのかは知りませんが、大手企業ばかりだと言っています。

我々普通の人たちは、何も変わらない生活です。お金もないですし、私は不満しかありません。

まあしかし日本人の気質としては、黙っておとなしい感じなので、何も変わらずこのまま安定した自民党政治で良いという結果の表れではないでしょうか。

と、お金の相談所ごときで政治を語るな!という意見が聞こえてきましたので、ここまでにしておきます。

そもそもお金を借りたい、お金を借りる事については、政治家の大金持ちの人間たちには絶対に分からない感覚だと思います。

国民一人一人の借金をどうしていくのか。

自民党政治は、消費税の使い方を教育に回すと言っていますが、このまま消費税10%になるのも今回の選挙で確定しました。

私たちの生活は苦しくなる一方です。

教育の無償化はいいのですが、他にやるべきことがあるだろと言いたいのです。

そもそも消費税は5パーセントで良いと私は思っていますが、8パーセントは本当に中途半端です。だからと言って10%にするのは絶対に反対です。しかしその意見は負けてしまいました。

政策も知らないのに自民党に投票した人間は絶対に文句を言うなと言いたいですね。

もっとお金持ちから税金を取るべきなのです。

しかしアベノミクスとかいうものはお金持ちに優遇、まさにアベの友達にプラスになるだけの政策です。利権や既得権益の為だけにやさしい政治なのです。

このまま貧困の格差は広がり続けること間違いなし。お金の相談所はそれを危惧して皮肉って伝えたく思っています。

だってですよ?消費税って、全ての国民に付いてくるものですよね。うまい棒を買おうが、ラーメンを食べようが、家電を買おうが、車を買おうが、全ての商品に税金がかかるんです。

これは貧困層の人たちからすれば、大きなお金です。

しかし平均年収以上の富裕層からすれば、小さなお金です。

貧困の格差が広がって当たり前なのです。

それなのに、法人税や高額所得者の税金などは優遇されています。

なのに貧困層の年収からでも、きっちり所得税が引かれます。

どっちが苦しいのかは一目瞭然です。選んだのは日本国民です。格差社会は広がるままで良いと選んだわけです。どんどんお金を借りて、生活すればいいわけです。

まあ私も消費者金融からお金を借りていますから、今のままでお金を借りまくって生きていきます。

というよりも、無利息・金利無しの金貸し業者というか、国民にお金を無償で貸してくれるような機関を国が作れば、私は応援したいと思うのですがね。

ブラックとかの概念を無くし、ブラックでも借りれる所をどんどん認めて設置してほしいです。

どこもお金を借りれない人は沢山日本中にいることを、政治家の人間たちに知って欲しい願っています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

日曜日でも借りれる金融は?サラ金は日曜やってるのか?

お金を借りたい…。そう思う事は不思議な事ではなく、自然な事なのであります。

お金の相談所管理人でございます。

そのお金を借りる場所なのですが、消費者金融でお金を借りるのか、サラ金でお金を借りるのか、選択肢は幾つかあります。

しかし現在は消費者金融や銀行系のカードローンなどの審査が厳しくなってきていると言われていて、これから2018年に向けても即日融資などの規制が更に厳しくなってゆくというのです。

今後の消費者金融業界などは戦国時代に突入するか否か…。確実に言える事は、社会情勢が変わってくるという事です。

日曜でもやってる街金やサラ金、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融などがこれから重宝されてくる時代になっていくだろうと思います。

当サイトお金の相談所では、とにかくお金を借りたい!と思う方に合った消費者金融やサラ金を紹介している、唯一無二のキャッシングサイトです。

消費者金融や銀行からお金を借りれなくなってしまった人が、どうしてもサラ金でお金を借りたい時に借りれる場所を紹介しています。

その中でも、一番検索が多いお話をしていきたいと思います。

日曜日でも借りれる金融は?サラ金は日曜やってるのか?

題名の通り、日曜日、または土曜日など、一般的に休日だと思われる曜日にお金を借りたいと検索をされている方が多く見受けられます。

やはり週末にお金を使いすぎて、緊急にどうしてもお金が必要になったのでしょう。

私の経験で言えば、やはりパチンコなどで土日にお金を使いすぎて、どうしようもなくなった時など何度もあります。

土曜日や日曜日は、競馬のレースも毎週行われます。競艇も毎日行われます。日本は博打大国なんです。

もしも博打でお金を使いすぎてしまった…そんな時、消費者金融のカードを持っているならば、コンビニATMで即お金を手に入れることは出来るでしょう。

しかしサラ金や街金の場合は、そのような魔法のカードはありません。

日曜でも借りれるサラ金でも、振り込みの融資になります。

振り込みの場合はさすがに銀行営業日です。

従って、実際に現金が手に入るのは翌週の月曜日になるという事です。

但し、申し込み自体は土曜日でも日曜日でも関係なく可能です。

審査だけ簡単に済ませておくと、融資までが非常に楽にスムーズに行えるでしょう。

月末などの支払いが間に合わない場合などは、どうにか振り込み融資のサラ金でも間に合うかと思われます。

ですから、まずは土曜や日曜に今すぐ現金を手に入れなければならない…!!!という事は、極力避けなければいけません。

つまりこれだけは言える事が、土曜日や日曜日など関係なく、計画的のお金を使っていきましょう!という事なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックの一歩手前、総量規制オーバーでも借りれた?

お金の相談所では、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を紹介しています。

総量規制をオーバーすると、ブラックの一歩手前になっていると言われていますが、実は私も経験済みです。

私の経験を元に、総量規制オーバーでも融資が出来た、総量規制オーバーでも借りれた体験談を書いていきたいと思います。

管理人の総量規制オーバーでも借りれた体験

今まで消費者金融からお金を借りて生活してきましたが、そもそものお金を借りた原因は、ローンを組んだことが原因でした。

車のローンでしたが、当時は信用のある大きな会社勤めだったので、自分のステータス以上の審査が通ったんです。

よくテレビなどでも見る、自分を高める為に良いものを身に着けること。

例えば時計など、少し無理してでも高級ブランド時計などを身につけると、自分が高まるなどと言われていました。

私も当然感化されていましたので、時計ではなく車にお金を使っていました。

5年のローンを組み、毎月の支払いに追われていたのですが、若かったこともあり仕事をやめるなど波乱万丈でした。

やはり仕事というのが一番大切で、ローン・借金の返済をきちんとしていくためには、仕事をし続けないといけません。

私はそれを守ることが出来なかったのです。

まあこの話は数年前の話で、地獄の借金生活を送りました。

そんな時、いよいよお金を借りなければ生活できないとなった時に、総量規制というものを知ることになったのです。

まさに車のローン会社から自宅にキャッシングの案内が届いた時でした。

そのキャッシングの案内に、喉から手が出るほど喰い付いたのを覚えています。

しかし審査結果は、まさかのアウト・・・。まさに原因は、総量規制オーバーでした。

ブラックにはなっていませんでしたが、ブラック一歩手前の総量規制オーバーです。

つまりは、総量規制になると、何がどうダメなのか?という話です。

まず、このように信販会社・ローン会社などのキャッシング商品は借りれません。

次に、アコムやプロミス、レイクなどの消費者金融からも総量規制オーバーだと融資を受けられません。

銀行の場合は、総量規制関係なく融資を受けることが出来ます。しかし審査が非常に厳しくなっており、時間もかかります。

小さな金額の融資は行っておらず、大きな金額の融資です。

最後の手段として、ここでも紹介している個人の消費者金融は、総量規制関係なくお金を借りる事ができます。

ブラックではないけれど、総量規制オーバーでも借りれる場所はあるのです。

どこからもお金を借りれない人も、悩んで諦めたらいけません。悩むだけ時間が無駄なのです。

私が身を持って体験し、総量規制オーバーでも借りれたのは、個人の消費者金融でした。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

『どうしてもお金を借りたい時』の気持ちを集めました。

 

お金を借りたいと思う事は、日本社会に生きている私たちにとって日常のことだと思います。

お金を借りたくないという人は、富裕層に位置付けされる人たちでしょうからそれはそれで幸せな方々だと思います。

どうしてもお金を借りたい…。

お金の相談所が集めた、『どうしてもお金を借りたい時』の気持ちをこれから書いていきたいと思います。


離婚した俺がどうしてもお金を借りたい時の気持ち。

 

俺は高校を中退して、そのまま建設現場で働きましたが、2年頑張って辞めました。その後は左官工事の職人になりました。そんで20歳の時にコーキングの親方に誘われれて左官を辞めて働きました。22の時に子供が出来て出来ちゃった結婚をしました。そこから3年はきつかったです。お金が全く無くて、消費者金融で借り入れをしながら子供を養いました。嫁も働きに行かずだったのでお金が全く足りなくなりました。その後はケンカして離婚しました。揉めましたが、慰謝料とかは払わなくてよかったです。でもそっから借金の返済の為だけに仕事をしているようなものです。たまにはお金を借りて、パーッと遊びたい。俺がどうしてもお金を借りたい時の気持ちこれくらいですね。やっぱり無計画な結婚はするべきじゃないです。今では後悔しています。


お金を借りたかった、あの日

こんにちは。僕は一時期キャバクラとデリヘルにダブルでハマっていた日がありました。皆さんもありませんか?飲みすぎて記憶を無くすまで飲んだ日々や、または遊んだ青春…。今思うとこれはぼくの青春です。

もう10年近く前ですが、まだ24歳くらいだった僕は、地元のお店で働いていました。その近所には幼馴染の仲間も別のお店で働いていたので、夜12時くらいに仕事が終わったら良く飲みに行っていました。電車も無いので近所かタクシーで行くかって感じでした。そこでお気に入りのお店があったんです。武蔵だったかな?そんな名前の居酒屋です。朝5時まででした。焼酎をキープしてお湯割りです。銀杏と豚の角煮でもつまみながら、朝まで語り合いました。しかし僕はパチンコハマりにハマり、休みの日は毎日朝から並んでいましたね。二日酔いで。

もうお金が無くなるはあっという間ですよ。給料も安かったので、いよいよお金が無くなりましたね。パチンコで勝った時は、キャバクラにハマっていました。もう最悪でしょ?

それから僕はどうしてもお金を借りないとヤバい…、生活が出来ない状況になってしまいました。それからお金を借りたのです。初めての消費者金融でした。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

やはり債務整理の広告はおかしな話だった。

お金の相談所でございます。

まずはこちらの記事をご覧ください。

アディーレ、業務停止2か月…着手金広告巡り

10/12(木) 7:13配信 読売新聞

過払い金返還請求の着手金を「1か月間無料」とうたった広告などを5年近く掲載し続けたのは景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、東京弁護士会は11日、弁護士法人「アディーレ法律事務所」(東京)を業務停止2か月、元代表の石丸幸人弁護士(45)を同3か月の懲戒処分にした。

発表では、同事務所は2010年10月~15年8月、石丸弁護士の指示を受け、「当事務所に依頼された方は着手金無料」といった広告などをホームページに掲載。対象期間は1か月間としていたが、実際には日付を更新して掲載し続けた。消費者庁が昨年2月、同法違反に基づき再発防止を求める措置命令を出した。

同事務所には弁護士185人が所属。11日の処分を受け、全国86事業所の業務を停止した。同事務所は「関係者や依頼者に多大なご迷惑をかけたことを深くおわびする。もっとも、事務所の存亡にかかわる処分を受けることは、行為と処分の均衡を欠く」とコメント。日本弁護士連合会に処分の効力停止申し立てなどを行う。

同弁護士会は12日以降、同事務所の依頼者を対象とした臨時相談窓口(03・6257・1007)を設置する。受付時間は平日午前9時~午後5時。

東京弁護士会は10月11日、債務整理など多く手掛けるアディーレ法律事務所を、業務停止2カ月の懲戒処分にしたと発表した。事実と異なる宣伝を繰り返したことが理由。元代表の石丸幸人弁護士も業務停止3カ月とした。

アディーレ法律事務所はCMに有名お笑いコンビなどを起用。「過払い金の返還。あなたも対象かもしれません。着手金無料」などとうたう広告を大々的に手がけていた。

広告では「着手金を今から1カ月間無料にする」などと期間限定のキャンペーンを宣伝していたが、実際は5年近く実施。このため消費者庁が2016年2月、景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、同様の宣伝をしないよう措置命令を出した。

共同通信によると、この行政処分を受け、東京弁護士会などに事務所や所属弁護士に対する懲戒請求が起こされていたという。

東京弁護士会会長の渕上玲子氏は今回の処分について、「実際の取引条件よりも有利であると一般消費者を誤認させ、一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある極めて悪質な行為」との談話を発表。「長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行と言わざるを得ません」などと批判した。

テレビコマーシャルや、電車内やバス内の広告でもよく見かける、弁護士事務所や法律事務所の債務整理の広告。

慣れというのは怖いもので、今では当たり前になりました。

有名お笑い芸人などを多用したり、テレビ出演などで弁護士の存在が身近なものになったのも、ここ数年のお話です。

そもそもこのような弁護士の広告が増えてきたとき、皆さんも感じたのではないでしょうか?

「最近やたらと弁護士事務所の広告を見かけるな~」

「なんで今までは無かったんだろうか?」

当サイト「お金の相談所」でも、過去に色々と悪徳弁護士も多いこと、儲けるためにお金が無いひとを食い物にする法律家たちはヤクザと一緒!などと指摘をしてきましたが、やはり天罰が下りました。

弁護士が儲けの為に広告をするなんて、昔はあり得ない事です。

最初は弁護士法の改正によって、平成12年に広告が自由化されたそうです。

しかし広告が自由化された後でも、弁護士業界そのものが保守的な業界であり、弁護士同士での競争意識が元々存在しないものだったのです。

だから弁護士の「広告」が、そこまで活発では無かった。しかしここ数年で、競争の激化。質の低いヤクザと変わらないようなカス弁護士が急増。

やはり債務整理の広告はおかしな話だった・・・ということが、証明されました。

お金に困っている皆様、冷静になってください。

弁護士にお金の相談をしたところで、なにも助けてくれません。

弁護士がお金を貸してくれるはずもありません。

むしろその逆で、弁護士にお金の相談をすれば、コマーシャルと同じように、債務整理を勧められます。

ハッキリ言って、消費者金融でお金を借りてお金に悩んでいる人は、債務整理はしたらいけません。

債務整理はつまり自己破産。数千万円から数億円の負債がある人がするものです。

我々、一般庶民レベルの借金持ちの人がする事ではないのです。

例えばたったの200万円の借金で、債務整理をした人。

ありえません。自分を恨みましょう。情けなさ過ぎます。

手数料をむさぼる、弁護士です。

消費者金融の過払い金なんて、グレーゾーン金利があった時代で長期間お金を借りていた人にしか旨味はありません。

今の消費者金融の金利では、過払い金なんて雀の涙です。ごくわずか、あるかないかです。

仮になかったとしても、弁護士には債務整理手数料を払わなければいけないわけで…。

完全に一般庶民を欺いた戦法でお金を荒稼ぎしていたのです。

だって私たち庶民は専門用語なんて勉強していませんから、債務整理なんて分かるわけないですよね。

お金が無いひとを完全に欺(あざむい)いた、まさに債務整理詐欺と言っても過言ではないでしょう。

これが、日本の現実です。今の社会の現実です。

一旦冷静に考えましょう。

お金に困る=毎月の返済があるということです。

何の返済でしょうか?

一体何にお金を使っているのでしょうか?

収入はないのでしょうか?

ギャンブルが好きなのでしょうか?

このように、自分自身が正直者になり、改心して自分を見つめ直すことが大切です。これがお金の相談所が言いたいことの本質です。

その中でも、どこからもお金を借りられなくなった人が、お金を借りる方法として、このお金の相談所があるということもお伝えしたいことでもあります。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

日曜日でも即日融資できるのか?

こんにちは、お金の相談所です。

日曜にどうしてもお金が必要になり、日曜日に即日融資が出来ないものか…、と悩んだことがある人もいらっしゃると思います。

消費者金融の場合はコンビニのATMで24時間3645日お金をおろすことが出来ますが、ここで紹介しているようなブラックでも借りれるサラ金の場合は、銀行営業日にしか即日融資が出来ません。

基本的に昔ながらの街金は、振り込みで口座に即日融資を行いますので、実際に現金が手に入るのは月曜日の朝になるのです。

日曜でもお金を借りたい人は、そこを理解してお金を借りるべきですね。

大手消費者金融でお金を借りれる状況なのであれば、当然ながら大手消費者金融の方がいいでしょう。

さて、続きまして本日のコラムを書きたいと思います。

忙しいをいいことに、やるべきことをないがしろにする人は少なくはありません。

しかし、その理由は分からないでもありません。

実際問題、普通のサラリーマンは仕事の日はやりたいことも何も動くことができません。

例えば、役所や銀行や郵便局などに何かの手続きをするにも、時間が無いのでいけません。

仮に、会社につとめていて何らかの支払いが昼間までだったとしても、ちょっと抜け出して外に出たら評価が下がり、ダメ社員扱いです。

日本という国は、長時間働いた方が偉いという奴隷制度をまだまだ継続していおり、会社に入ったら絶体服従という契りを交わさないとなりません。

さらに近頃では、残業で自殺者が出るなどブラック企業が話題となっていますが、こういった場所は毎日終電に帰宅させるわけですから、もう何をするとかしないとか、そういった人としての何かを失うしかないわけです。

こういった忙しい人たちが陥ってしまうのは、やはりストレスからの暴飲暴食・そしてお金の散財です。

何かの拍子に大手消費者金融でお金を借りていたとします。

大手消費者金融では、お金を返済するのは毎月です。基本的には日程は選ぶことが出来ます。

中小系の消費者金融でも毎月の返済ですが、闇金に関しては毎週になってしまうといっても良いでしょう。

その期間に返済を忘れてしまうと、一気に業界内のブラックリストに掲載されてしまうので、自分が知らないうちにどこも借りれない審査落ち対象者となってしまうわけです。

これは、恐ろしい話です。あまりにも仕事が忙しくて忙しくてストレスからお金を使い、一生懸命に働いていたとしても、最後はダメ社員扱いとなってどこからもお金を借りれない人となるのです。

お金が無くて生きていけないから、一生懸命働いていたのに、どこからもお金を借りれない人となって大切な時にお金が用意できなくなるとか、情けなくて殆ど人たちが涙溢れるはずです。

そのため、注目するべきは日曜に即日融資の申し込みが出来る、そういった消費者金融の存在です。

今のところ、土日にキャッシングするには大手消費者金融のカードくらいしか利用不可能となっています。

しかしお金を借りれる場所が増えることで、仕事もはかどるはずです。

とはいっても銀行があってこその話ですので、土日に休みの銀行が開かない限り土日に即日融資を展開するのは難しいところがあるでしょう。

我々は、どこからもお金を借りれない人だと生きる価値もないのでしょうか。そんなことはありません。

ここでお伝えしたいのは、大手消費者金融でお金を借りれなくなった、どこからもお金を借りれない人の人を救済するサイトを用意しています。

日曜日でも即日融資できるのか?と悩んだことがある方は、是非チェックしてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どこからもお金を借りれない主婦のお金の相談

お金の相談所でございます。10月になり、肌寒く感じてきました。

さて本日は、主婦が消費者金融でお金を使い過ぎてしまって、借金問題となっているという話です。

専業主婦でもお金を借りたい!と耳にすることが増えているような気がします。

昔は、旦那の稼ぎが足りないからとか、子どもの養育費を使い込んでしまったとかそういった話が多かったのですが、今は少し違ってきているようです。

その最大の理由は、通販サイトです。

昨今のスマホの普及などによって通販サイトでは、クレジットカードを手軽に作ることができるようになっており、さらに入会すると1万円分近くのポイントをプレゼント、といった大盤振る舞いのキャンペーンを実施しています。

確かに、こういったキャンペーンは大変魅力的ではありますが、問題もあります。

それが、主婦は収入もないのに思わず購入し続けてしまうということです。

旦那様の収入がきちんとあれば、主婦でもお金を借りる事ができます。

そしてネットでのクレジットカード操作に慣れると、あっという間にカード破産レベルにお金を使ってしまいます。

暇な時間に見るものといえば、やはり服などの通販サイトです。

さらには、近年WEARといった素人が一定のアイテムを使用して、オシャレにコーディネートをするサイトもあります。

SNSのインスタグラムのように、おしゃれな人たちを見ると自分も欲しくなり、思わずクリックしてしまうわけです。

現金の場合、支払える金額が無ければ買い物はできません。

しかしながら何を考えているのか、クレジットカードだと「また、二ヶ月後の支払いだし…」というように、何故か大船に乗ったかのような余裕を見せるわけです。これは、問題です。

当然、収入がないので支払いに困ってしまい、旦那に相談します。

最初は、「まったく、困ったヤツだ」で済んでいたものの、明らかに暴走してしまうので、旦那もブチ切れ寸前となります。

結果、誰にも相談することができなくなり、大手消費者金融へ駆け込んでしまう訳です。

ただしある意味でお金を使いすぎたら、クレジットカードも使えなくなります。そしてどこからもお金を借りれない状況へと変わってくるので、今以上お金を借りることは無くなるかもしれません。

その後も、銀行融資や他の消費者金融の審査にも落ちる可能性があります。

また、昔は専業主婦でも大手消費者金融で簡単にお金を借りれたのですが、今は難しいとされています。

そのため、闇金などの怪しい所で即日融資を受けてしまい、主婦が地獄に没落していくわけです。

こんな人生、誰が夢見たのでしょうか。

解決策としては、どこからもお金を借りれない人でもブラックでも借りれるサラ金は存在しますので、収入を手に入れる為に自分の力で働くというところかスタートさせましょう。

そして、どこからもお金を借りれない人でも借りれる消費者金融、サラ金をこのサイトで探してください。

少しずつでいいので、お金を借りた経験を活かして自分の人生を立て直していくことをおすすめします。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!