大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2017年08月一覧

イライラの悪循環。どこもお金借りれない人がお金を借りる方法!

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

北朝鮮問題がまた再燃してきていますね…。

一昨日なんて、北海道の道南地方沖に北のミサイルが落ちた…なんて恐ろしいニュースが…。

そして安保理で北に対する制裁に、中国ロシアは反発…。いつもと同じことの繰り返しです。

結局は北朝鮮はロシアと中国に使われているだけ、飼われているだけのかませ犬のような国なのでしょう。

それにしてもなにも出来ない政治家たちにはイライラしますよね。

このサイトではお金に関しての記事の中でいつもイラついていますが、毎日イライラして過ごしている人たちは日本中にも多いと思います。

一体なぜイライラしてしまうかは分かりませんが、自分の中の何か脅かされていたり、恐怖心、不安感で押しつぶされているのかもしれませんね。

日本人というのは時間を気にせずに、ノンビリと過ごすことが殆どできない状態で生きています。

“のんびり、猫のように生きる”とか、ゆる~い雰囲気のコピーの本が売れるようですが、猫には税金を支払う義務はありません。

また、光熱費用もかかりませんし、年金や保険も支払い免除です。また、ごろにゃーんと言っていれば、可愛い可愛いと近所の腐敗臭をまき散らすオバさんが餌をくれます。

また、猫の習性としては殆ど昼間は寝ているので、生産性はゼロと言えるでしょう。

“猫のように生きよう”と実践としたら、まぁホームレスになるしかありません。本当に、そうなのです。

そこまでしてやっとイライラしない生活を手に入れられるのですから、人間として普通に生きていたら、イライラしないで生きるのは不可能なのです。

しかし、このイライラを誘発しているのは、全てがお金となります。

金持ち喧嘩せずとはよくいったもので、金があれば全くイライラしません。

例えば、寝坊してしまって会社に遅れそうになることがあります。

そういった時、電車でちょっと嫌なヤツがいたら、普段以上にぶっ飛ばしたくなるはずです。イライラしていますねぇ。

ただし、もし金が腐るほどあり、使い道に困ってしまっているのであれば、さほどイライラしません。

「ま、ゆっくり行こうかな。怒られたら辞めればいいし。金あるからね。」で、終わりです。

上司から

「今、何時だと思っているんだ!時間にルーズな奴なんか辞めちまえ!」

と言われても、

「あ、そうですか。では、本日限りで退職いたします。アナタが辞めろと言ったので、従うまでです」

と開き直ることができ、結果的に会社に通達したことでパワハラ上司はクビ、慰謝料まで手に入れられるチャンスなのです。

金持ちの余裕は、結果的に金を生み出します。

しかし絶対に仕事は辞められない。お金が無いから耐えなければいけない…。

そんな、貧乏人のイライラは余計に貧乏生活を深堀りさせる要因となるのです。

どこからもお金を借りれない人もそうですが、イライラして返済しないから、余計貧乏になるのです。

余裕を持って返済ができていれば、今頃は貯金だってあったかもしれません。

人生をやり直すために、ここではどこからもお金を借りれない人やブラックの人でも、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人というのは、ロクなことが起こりません。今のうちに、アナタの人生のイライラを消し去りましょう。

お金の相談所では、どこもお金を借りれない人を応援しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

リアルガチな、後輩からのお金の相談話です。

こんにちは、お金の相談所管理人でございます。

今日はリアルなお金の相談話を書きたいと思います。

正直言います。これからの話は嘘ではありません、リアルガチです。

つい数日前でした。

私に一本の電話が入ります。

お金の相談でした。

1個下の後輩で、知り合ってからは2年くらいのちょっとした趣味仲間です。地元が近いのもあったので繋がりは沢山あり、すぐに意気投合し食事に行ったりもする仲になりました。

そんな後輩から電話が掛かってきて、お金の相談…。

普通であれば、人間性を疑うような内容です。私もバカではありませんし、後輩に舐められるようなタイプではありません。

しかしその後輩は、本当にお金に困っているような様子でした。そもそも真面目な優しいタイプの人なので、金遣いが荒そうな感じではないのです。お酒も飲みませんし、どちらかと言えば草食系とでも言うのでしょうか?

もちろん私もその優しい人間性を買って付き合っていたのです。

そんな後輩からの、お金の相談。

私は問い詰めました。

「いや、気持ちはわかる。俺もお金に困ったたことはあるし、消費者金融からもお金借りまくってたからね。男として、恥ずかしくて誰にも相談なんかできないもんな。お金は。でもな、他人にお金を借りるって相当な事だぞ。まずは親に相談するべきじゃねぇか?まあお前がお金に困ってる様子はわかんなかったな。一体何があって、なぜお金に困って、いくら必要なのか正直に言ってごらんなさい。」

後輩の理由はこんな感じでした。

「先輩、本当にすみません…。実は僕、消費者金融から借り入れがあります。

2社から15万ずつです。

そして銀行からも3行250万円ほどあります。

今月仕事が変わったのもあって、支払いが足りなくて…。

利息が勿体なくて、正直消費者を全部終わらせたく思っています。

親には消費者金融の借り入れは言っていません。

銀行融資は知っています。

月に3万円・2万円・3万円の返済です。

でも半分は利息です。本当にバカなことをしたなと思っています。

実は、10年ほど前に流行ったねずみ講の商品を買わされ、そこで初めて銀行からお金を借りました。

ダメな友達を信じてしまった僕がバカでした。反省しています。」

こんな感じの内容でした。

嘘か本当かは分かりませんが、確かに色んな後輩から話は聞いたりはしていました。ねずみ講、ネットワークビジネスという詐欺商法にハマった話など、色々ありましたね。

ただし、まあデカい。銀行融資はデカいですね。

みんな銀行のローンだからと言って安心して契約する人がいますが、ハッキリ言って銀行は鬼ですよ。

優しい顔した地獄の門番です。

私も銀行融資、おおきなローンの経験があります。なんとその後輩も、私と同じ銀行から同じ金額を借りていました。

その額は100万円!

返済は、月々に3万円。

年率は13パーセント。

約5年払い計算。内、利息が13000円くらい?元金が17000。

バカらしくなります。

そもそも100万円借りて、165万円返済する流れだったような気がします。

いくら銀行ローンとはいえ、酷すぎます。

この金利のカラクリ、酷すぎです。ユダヤ人の真似をしすぎです。ここは日本です。利息なんかビール1ケースで良いのです。

なので私も気持ちはわかります。

全額立て替えてあげたい気持ちはありますが、お金を持っていません。

ですからまずは、消費者金融の30万円を立て替えてあげました。

もう捨てる気持ちです。そして月に2万円、15回払いで返済するように約束をしました。

裏切ったらどうなっても知らないよと、伝えています。

銀行や消費者に利息を払うくらいなら、私がビールとかタバコをもらった方が良いです。

このようにやさしい私は、後輩からお金の相談をされてあっさりとお金を貸してしまいました。

しかしリアルガチな他人の借金体験談、滅多に見れませんし聞けません。

みなさんもお金は大切にしていきましょう。お金は人間の生き様を司っています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

雑誌は借金の元凶!どこからもお金を借りれない人たちを救う消費者金融を紹介しています!

趣味にお金を投じることは、決して悪いことではありません。

車やバイク、楽器、インテリアなど、好きなことに夢中になることは本当に人生の充実を感じるはずです。

ただ、問題もあります。それが、思わずお金を多く使ってしまうということです。

お金の相談所管理人は、パチンコ以外お金のかかる趣味がさほど無いので、ギャンブル以外にお金を使ってしまうことはありませんが、一時期楽器にはハマってしまったことがあります。

まぁ、楽器というか、音楽関係の機材です。お金も無いくせに、大手消費者金融でお金を借りては購入を繰り返し、どんどん借金を重ねてお金を借りたいブラックになっていました。

最終的には、債務整理という地獄にまで落とされた経験を持つ低能です。

まぁ、自分を卑下しまくっても無意味なので、この辺りにしておきますが、なぜ分かっているのに借金を増やし続けてしまうのでしょうか。

近頃、そのヒミツが分かってきました。それは、ずばり趣味系の雑誌です。

近頃は、ネットが発達しているのでさほど見なくなりましたが、昔は趣味系の雑誌が多くありました。

もちろん現在でもありますが、あれは散財を助長する悪魔が取り憑いた本だと思います。

その筋で有名な人たちや、お部屋訪問などのコーナーがあり、そういった連中の自宅は機材まみれなのです。

また、何故そんなことをあの時思ったのか分かりませんが、格好よく見えたのです。

今考えると、9割使うことが無い機材に金をかけて、「俺、マジやべえ!格好よくね!?格好よくねぇぇ!」と、イキガッているだけなのですが、ズルく見えるのです。

釣り雑誌なども同様です。

ルアーや竿など、道具を揃えたところで釣りが下手な人は下手です。

それなのにも関わらず、○○プロが使って湘南の海を制覇!などの、アホ丸出しのコピーに踊らされて数万円もする竿を買うのです。

先日、知り合いのオッサンが魚群探知可能な10万円のサングラスを購入したと言っていました。

嘘ではなく、本当にあるそうです。

こういった、レベルの低い人たちを騙すのが雑誌の仕事ですので、結果的に付いていけずに借金まみれになるのです。

どうしてもお金を借りたい!と思ったときには、大手消費者金融、中小金融、片っ端からどこからもお金を借りれない人になっているはずです。

ブラックとなると、普通の場所ではお金を借りれなくなるために、闇金に行く人すらもいます。地獄まっただ中です。

このサイトでは、こういった趣味本に騙された方たちのための、救済的な消費者金融を紹介しています。

どこからもお金を借りれない人でも、お金を借りれるのですからおすすめです。ぜひ、地獄から脱出してくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

「お金の相談所」という一括申し込みのサイトは注意です!

こんにちは。お盆も終わり、8月も末になってきた中で秋の香りも若干ですがしてきましたね。

私、お金の相談所管理人は夏を満喫する事も無く、ただ毎日仕事をしながらパチンコもしながら遊んでおります。

そんな中、ふとなぜか思ったことがあります。

このサイトが一体どのように検索をされて、どんな方が見られているのだろうか…という事です。

やはりまずはサイトのタイトルです。

「お金の相談所」です。

お金の相談所で検索をしてみたら、たぶん1番上にきていました。

日々変動はあるでしょうけど、とりあえず私のようなアホみたいな管理人が書くブログが一位になると嬉しいものです。

さて、そんな今ですが、「お金の相談所」で検索をしてみました。

お金の相談所検索

この検索の更に下に・・・

「お金の相談所」は闇金の紹介サイトです!

というサイトが目に留まりました。

え?ただの私のアホみたいなブログが批判されてんのか?

と思ったのであります。

しかしこの私のサイトは、ただテキトーに始めたお金のネタを書いているだけのサイトでしたから、何の営利目的でもなければましてや闇金紹介だなんてそっちが闇金じゃね?と思いました。

その「お金の相談所は注意!」サイトを開いてみると、私のお金の相談所ではありませんでした。

思い出せば昨年ごろ、申し込み一括サイトが一時期流行っていたのですが、それに対する注意サイトでした。

お金の相談所

このようなスマホ版の申し込み一括サイトが流行ったんですよ。

これは完全に闇金直結ですからね。

申し込んだら、情報が流れて電話が掛かってきまくります。

きちんとした金融屋の公式ホームページでないと、申し込みは出来ないのです。

なのに「簡易申し込み」などと書いてあるこのサイトは、絶対に公式のサイトではないのです。

これに対する注意でもありますし、ムカつくのは私の「お金の相談所」の名前を使いやがって・・・いい迷惑です。

まあ特許を取っているわけではないので、お金の相談所のネーミングは誰でも使えるんですけどね!

やはりそう考えると、大手の消費者金融が一番安心はできますよね。

いや、最初は私もアフィリエイトとしてプロミスとかアコムとか載せてたんですよ。

しかし審査が厳しく、しかもサイトの文言一つ一つに広告会社からいちいち文句を言われ、サイトを作るのが面倒になったのです。

そんな時にネットサーフィンをしていると、次に中小系消費者金融の広告OK!というアフィリエイトを発見しました。

思い切って大手消費者金融ではなく、中小系消費者金融を載せてみたんです。

だがしかし・・・!

そこでも厳しい所は厳しく、全くダメでしたね。

意外と中小系消費者金融も真面目にやってんだなー・・・と感じました。

適当に「誰でも借りれます!!!」とか

「ブラックでもお金を借りれる所!!!」

「サラ金でお金を借りよう!総量規制なんて関係ない!」

とか、めちゃくちゃに書いていました。

やはり注意を受けました。

でもその時は、「お金の相談所」と検索しても、3ページ目くらいのウンコサイトでしたから、気にせずに突き進んでいました。

すると、もううちの広告は載せないでくれと、警告と共に契約打ち切りになってしまいました。

やり過ぎは良くなかったです。なんでも「やりすぎ」は良くないですね。

その後、ただのお金ブロガーの私に転機が!!!

かなりの地方の街金(きちんと届け出のある消費者金融)の広告を紹介されたのです。

そんな誰も知らないようなド田舎の街金融を掲載してみたところ、サイトの順位もどんどん上がってきたのです。

まさかの奇跡。とても盛り上がりました。

それが2015年の終わりごろだったと思います。

そこから、私のこのサイト「お金の相談所」は徐々に認知されてきたのではないかと思います。

しかし残念なことに、掲載していた消費者金融(地方の街金さん)が広告を撤退するようになります。

遠くから聞いた話ですが、やはり県庁や組合から何かと厳しい注意を受けたりしたそうですね。広告一つにしても面倒だといっていました。

そして今紹介している街金にたどり着いて、今に至るわけです。

ある意味、このお金の相談所の歴史を語ったようなものです。

悪質な闇金や、申し込み一括サイトには十分注意が必要です。その分、このお金の相談所は私の体験談などをたくさん紹介しています。

過去のアーカイブを振り返って、一つの人生の糧になればいいと思っております。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

お金を借りても返済しない人に勧告!きちんと律儀に考えてほしい。

こんにちは。お金の相談所でございます。

夏もお盆が終わり、涼しくなっている地域もあるようですね。秋のかおりがしてくる季節に突入です。

さて、そんなお金の相談所、本日はお金を返済できない人に向けてのお話をしたいと思います。

なぜ、借りたお金を返済できない人たちが増えているのでしょうか。

実際問題、お金を返済するというのは、難しいことではありません。

例えば、友人に10000円を借りた場合、次に出会う時に、「この間は悪かった。これ、金利としてタバコだよ」と、返済することは大して苦ではないはずです。

まぁ、金額が少ないということもあるでしょうが、友人にお金を返済する時でも、こうやって返済した方が後々カドが立たず、本当に気分よく返済できるはずなのです。

それなのに、どうでしょうか。大手消費者金融でお金を借りた場合、気持ちよく返済日に、「今月も助かりました!これ、気持ちとして金利だよ!」と、返済することが困難なのでしょうか。

そのひとつの理由が、「借りてやってんだろ、バーロー!」という気持ちだから…ということなのです。

アホ過ぎますが、なぜか大手消費者金融などの民間企業の貸金業者からお金を借りる場合、確実にこちらが上の立場だと思ってしまうのです。

日焼けし過ぎて(こういった仕事以外雇ってもらえない)色合いが赤色の肌になってしまったオッサンがいますが、こういった人たちは大手消費者金融の最上顧客です。

基本的にパチンコ屋でよく見かけると思いますが、大体負けていますよね。

最初にお金を借りる時、無人契約機に入って申込む時は何ともおとなしく、「僕、お、お金借りれますぅぅ?」と、体を収縮させて頼んでいるくせに、借りた後は「ったりめえよ!バーロー!」の態度です。そして意気揚々とパチンコ屋に繰り出します。性懲りもないです。

冒頭の話のように、仮に友人からお金を借りているのであれば、借りた後も気分が落ち着かないはずです。

「あいつに悪いことをした。かっこわりぃな俺…」ということです。

だからこそ金利をつけて返済して、名誉挽回したくなるわけです。これが人としての、大人としての最低限の行為です。

ところがどうでしょうか…。

大手消費者金融や中小金融で借りた時は、恥ずかしいなんて気持ちは微塵も無く

「天下の俺さまにお金を貸すなんて、大手消費者金融も分かってらぁ!」ですからね。

本当に恥ずかしいですよ、こういった発想のパチンコ屋で見かけるおっさんたち。

とにかくそういった態度ですから、返済が難しい(本当はできるが、調子に乗って大五郎プレミアムを箱買い)月には、勝手に自分の都合で借りたお金を返さないのです。

さらに後日、気が付くと別の消費者金融などの場所でお金を借りようとしているのですから…。

そんな方はお金を借りる資格はないのです。きちんと約束を守って、お金を大切に考えてほしいと切に願います。

少々口が悪くなりましたが、気分を悪くした方はスミマセン。

しかし当サイトでは、そんなお金にルーズな方でも借りれる可能性がある消費者金融が掲載されています。

最終手段としてでしょうが、知っておくと便利な事もあるでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

貧乏人は金の使い方が下手!総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はココ!

こんなことをいうのは心苦しいですが、お金が無い貧乏人というのは、お金の使い方がヘタクソだと思っています。

もちろん、お金の相談所管理人としても自分が貧乏人であり、さらには多重債務者として苦しんだ経験があるために、こういったことを言えるのです。

お金関係の仕事をしている方たちが、いろいろと上から言ってきますが、あんなものは机上の空論です。

パパやママのお金で大きくなっているので我々の気持ちなんてのは、1ミリも分かってくれないのです。

ところが、管理人はパパとママも生粋の貧乏人ですので、本当にお金の大切さを知っています。

だから、敢えて苦言を呈させてもらおうと思っているのです。

まず、大手消費者金融でお金を借りようと思っている方たちは、ストレスの発散方法が少な過ぎます。

いきなり、何を言っているの?と、思われた方も少なくはないでしょうが、これが現実です。

人それぞれ大手消費者金融でお金を借りる目的は違うでしょうが、基本的には固まったお金で、何か目的を達成するためにお金を借りるはずです。

例えば、20万円無いと行動に移せないことがあったとします。

旅行なのか、運転免許なのか、超高級バッグなのか分かりませんが、その20万円を貯めて購入しようという発想がありません。

クレジットカードでお金をつかって、お金を借りている実感がないままお金を借りてしまう人もそうですが、貯めるべきお金を遊びに使ってしまうんです。

ストレスが溜まると、人間というのは何かしら方法で、そこから逃げようと努力します。

それは映画を見るとか、寝るとか、まぁそれも人それぞれです。しかし貧乏人というのは、パチンコで増やそうと考えたり、酒をかなり飲んだり、高級な服を購入したり、ゲーム機を思い切って買ったり、意味の分からない車のパーツを購入したりと、数万円かかる方法で発散するわけです。

当然、パチンコで負けてもストレスは毎日溜まるので、こういった方法で発散しても、次から次へとお金を使うことになります。

ギリギリな生活のなか、さらに20万円の何かをしようとする時点で、頭が狂っているとしか言いようが無いのです。

貯めるべき金を、数万円もかかる趣味に投じる訳ですから救いようの無い能無しです。私も同じです。

結果、返済をすることもできなくなり、お金を借りすぎて総量規制となります。総量規制オーバーは、どんな審査が甘い中小金融でもどこもお金を貸してくれません。

こうなると、最悪な結果としては闇金しか無くなるわけです…。それは、いけません。

だからこそ、このお金の相談所でブラックでも総量規制オーバーでも借りれる消費者金融を利用することを考えてみてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【お金の相談話】絵に没頭して借金へ。

お金の相談所管理人でございます。

季節は真夏で、熱さというよりも熱波が襲っています。台風5号も日本列島を縦断しています。

そんな中、お金の相談所らしくお金の相談話を掲載したいと思います。どうしてもお金を借りたい方の話をご覧ください。

自分の才能に溺れた結果、お金を借りまくってしまった!

こんにちは。どうしてもお金を借りたい僕です。

何故、人間は金のことばかりを考えて生きているのでしょうか。

僕には、そのことが全く理解できない時期が長くありました。

やりがいを求めて、絵描きを目指していたのが高校生で、受験戦争もバカらしくなり自宅で油絵に没頭していました。

僕が傾倒していたのが、「印象派」と呼ばれるものです。

印象派は、ルソーやモネ、ゴーギャンなどがいた場所ですが、僕も彼らと一緒で写実的ではありますが、光を大切にした作品を多く描いていました。

ただ、問題が勃発したんですよね…。それは、画材道具がめっちゃ高いということでした。

さらには、このまま自宅の殻に閉じこもっていたら、絶対にいつか引きこもりになり地獄に落ちると確信していたので、思い切って個展を開こうと決心しました。

父の知り合いである小さな喫茶店を貸し切って、3日間行ったのです。

少しは安くしてくれましたが、3日間で30万円でお店を貸し切りました。

入場料は、一人1,000円。

作品が気に入ってもらえたら購入も出来ます。

大体1点5万円かなぁ。僕の実力では。

でも僕の芸術に触れる機会なんて、そうそう無いわけですし、開催前日には大盛況&美術界のお偉いさんたちからの熱いインタヴューの嵐で、世界が一気に変わることを想像していたのです。

今の時代はツイッターやFacebookがありますから、僕の個展にきてくれた人が沢山ツウィートしてくれて口コミでざわちんの様に有名人に成れると想像もしていました。

さあ、個展の開始です。

・・・

しかしフタを開けてみると、現実の厳しさを目の当たりに…。

3日間で来た人数は、僕の弟、両親、喫茶店のマスターの息子さん、そしてポマード臭い喫茶店常連のオッサン2人…。合計6人でした。

大手消費者金融で30万円、お金を借りれるだけ借りて、奮発して間借りしたのにも関わらず、赤字とか黒字以前に人として失格の烙印を押されてしまった結果で終了しました。

さらに弟からは、「こんな絵、ゴミの日に出した方が良くない?」といわれ、オッサンからは「俺でも書けそうだな」としか言われませんでした。

当然、自信喪失してしまい、1ヶ月間は仕事もできずに鬱状態。生活が苦しくなるわけですから、当然大手消費者金融では延滞です。これが続くとブラックになります。

その後少しでも社会貢献するためにアルバイトを始めて、中小金融でもお金を借りました。

その中小金融もお金を返すのがイヤになって、延滞しています。今はトータルで50万円の借金があり、30万円は延滞中です。

あの頃、僕の芸術は世界的な物さ!とかいって友人たちに豪語していたのが恥ずかし過ぎて、もう外も歩きたくありません。

でも、お金を借りたのに返済に遅れるということは良くありません。

僕は現在、総菜屋でアルバイトをしているのですが、先日パートの杉下さんに、「○○君さぁ。すっごく、つくねを丸める能力高いね!」と言われました。

もういっそのこと「つくね専門店」で働きたいです。つくね…。

人生で初めて褒められたのですから、笑わないでください。

僕は、つくねがあれば今は生きていけるのです。

つくねでお金も稼げます。

ブラックなのにお金を借りたいときにでもお金を借りれる場所がある。そうつくねから教わりました。

つくねは生きています。

簡単にお金を借りることができる場所もつくねから教えてもらえそうですので、一からつくねと歩み始めます。

苗字も築根に変えたいと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【サラ金の存在】上手に利用すると生活の幅が広がります。

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

今日からもう8月です。あっという間に真夏を迎えました。

皆さんのお金の都合はいかがでしょうか。私はお金は貯まらず、増やそう増やそうと思い博打に失敗し続けています。

そんな日常生活の中で、「サラ金を上手く利用すると生活の幅が広がる」という内容で書こうと思っていますが、下手にサラ金を使ってはいけません。

私は過去に、サラ金を下手に使ってきました。ですからこうして消費者金融のネタをブログに書いているわけですが…。

やはりお金の使い方は人それぞれ違います。消費者金融やサラ金の使い方も、人それぞれ違います。

しかし友人と飲んでいて、お金の使い方の話は良くしますが、消費者金融や銀行、ましてやサラ金でお金を借りている・・・なんて話はそう簡単には出来ないものです。

同級生だったらプライドもあります。心のどこかに、コイツよりかは稼ぎたい!頑張りたい!というメラメラした負けん気もあるはずです。

そこでお金を借りている・・・なんていう話はしないのです。お金の話、お金の相談話は、なかなか言いにくいものです。

それよりも若い時は、どこどこの風俗に行ってきた!とか、どこどこのパチンコ屋で万枚出てた!とか、そういうお金の使い方の話はするかもしれません。

車やバイクの話、大人になってくれば保険の話、家族の話。お金の話とかではそういった内容が多いでしょう。

しかし消費者金融などからお金を借りている・・・という人は意外にも多いのです。

銀行などから借り入れをしている・消費者金融からキャッシングでお金を借りている・車や住宅のローンを組んでいる、これらすべての人は、借金なのです。

借金を借金と思っていないのです。だから徐々に借入金額が増えていったり、返済が間に合わなかったりと、様々な障害が生まれてくるのであります。

お金で悩む人はあなた一人ではありません。みんな誰にも相談できないまま生活をしているのです。

そんな世の中ですが、上手にサラ金を使っている人もいるのです。

消費者金融=サラ金ですが、ここで紹介しているサラ金は皆さんのイメージと少し違います。

大手銀行傘下の、大手消費者金融が運営しているサラ金は、皆さんが良く知っているあの会社です。

ここで紹介しているサラ金は、どこの銀行からも援助を受けていない、どの消費者金融ともつながりのない、個人経営の小さな街金=サラ金なのです。

普通のサラ金の審査に落された、どこのキャッシングも借りれない、どこもお金借りれない、そんな方が借りれる消費者金融の一種です。

気になる金利は法律に定められた範囲での融資になると思います。しかし数万円単位での少額融資です。

だからこそ金利に悩まされることも少ないと言われています。単発単発でお金を借りる事ができますので、本当にお金に困った時にお金を借りる事ができるのです。

このサラ金を、上手く利用すると生活の幅が広がります。そうやって日常生活の役に立っているのも、サラ金の存在意義なのかもしれません。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!