大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2017年05月一覧

優良なサラ金の相談所・体験談

こんにちは、お金の相談所管理人の友人のMです。

ここの管理人がブラックでも借りれるようなサラ金を紹介しているということで、声をかけたら体験談よこせと言われたので、ここで掲載してもらおうと思います。

私は、男性に縁が無く、それは自分の顔のせいだとずっと思いこんできました。

当然ですが、男性の多くは女性を顔で判断します。

ブサイクには冷たく、可愛い子には金まで出すのですから、男の腐った思想には辟易します。

まぁ、それはともかく、顔をどうにか普通にするためには整形するしか無いと思い込み、Tクリニックに通うことにしたのです。

当時、大した仕事もしていないアルバイトだったので、当然ながらお金が足りずに消費者金融へ。

次第に手をかけていくと、どんどん足りないところが目立ってきてしまい、借金も増加し過ぎてしまったんです。

お金を借りすぎたら、当然総量規制でブラックになってしまい、どこからもお金を借りれない状況になってしまいます。

総量規制ブラックとなると、既にお金を借りている消費者金融でもサラ金でも、お金を増額で追加融資で借りることはできません。

つまり、凄く中途半端な状態で整形が止まってしまったのです。

今、それをどうにかするために、ブラックでも借りれるようなサラ金でお金を借りたいと思っています。

お金の相談所管理人情報だと、個々のサイトに優良なサラ金はあるようですね。

でも、私には教えたくないそうです。ってなんでやねん!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもお金を借りなければいけない心境

どうしても、お金を借りなければいけない…。

お金が無いどうしよう…。

どうしてもお金が必要な主婦。

どこもお金借りれない…。

とにかく、お金を借りたい…。

お金借りれる所を探したい。

このように、お金に困って、お金に詰まってしまった人の心境は、とてもじゃないけど言い表せません。

そもそもなぜ私がこのような心境を記事に書いているのかというと、新しいキーワードを探すためです。

バカ正直に言ってしまいましたが、お金に困っている人、今すぐお金を借りたい人、マジで借金ヤベぇ人、色んな人がスマホやパソコンで検索しますが、どんな感じで検索してんのやろ?と思っているからです。

そうでなければこんな記事書きません。

無駄です。時間が。

私は、このサイトを作ってきて3年になりますが、ここまで来るのには相当な時間がかかりました。

当時は借金が数百万あり、私自身「お金が無いどうしよう」「マジでお金借りたい、お金を借りないと生活できない」状況でした。

むしろ、消費者金融からキャッシングしまくって、毎日パチンコをしていました。

ハッキリ言ってカス人間でした。

そんな時に、このサイト(ブログ)を書き始め、今に至ります。

3年経った今では、私のお金のなさ、お金に対する気持ちをグーグル検索大先生が認めてくれたのか、お金借りたい・○○では上位に食い込んできています。

これは私のお金が無さ過ぎて、どうしてもお金を借りなければいけない心境を延々と書き綴った努力の賜物です。

自分で言うのもアレですけど、これがアフィリエイターたちにとってのアドバイスになると思います。

気持ちですね。

まあお金に困ったことが無い人、消費者金融からお金を借りた事のない人は、キャッシングサイト、消費者金融サイトを作ることは難しいです。

私には勝てないでしょう。

借金の金額も。

これが、どうしてもお金を借りたいお金の相談所の存在意義です。

お金に困った人は、過去記事を色々と見てみてください。

私の思いが詰まった文章を見る事ができるでしょう。

キャッシングに悩み、借金に悩み、消費者金融からお金を借りすぎて返済が出来なくなり、債務整理まで考えたけれども、思いとどまった2014年から始まります。

本当にお金に困りすぎてどうしようもない時もあった私の、今の気持ちでした!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

日曜でも借りれる金融は?【お金の相談所】

こんにちは、お金の相談所管理人です。

よくあるお金の検索エンジンでは、「土曜や日曜に、借りれる消費者金融は?」という内容が多く感じられます。

そこで勝手ながら、お金の相談所管理人の私が解説したいと思います。

まず、審査の申し込みなどは24時間365日、インターネットなどで行ってくれます。無人契約機は21時までだったと思います。

しかし、お金のやり取り(入出金)などは、基本的に土日は行っていません。

振り込みの融資である、街金融や銀行ローンなどは、銀行営業日にしかお金を借りることは出来ません。

日曜でも借りれる消費者金融となると、すでに契約しているキャッシング、消費者金融のカードを持っているのなら、コンビニのATMで日曜日でも祝日でも、お金を借りることは出来ます。

私自身、恥ずかしい情けない思い出ですが、大晦日に当時あった闇カジノに行き、大負けして正月にコンビニでキャッシングをしました。

ですから、新規の契約事態は土日は厳しいと思いますが、既に契約している人は日曜でも借りれる消費者金融カードがあれば可能ですね。

ここで紹介している街金融は、カードの発行は多分無いハズなので、日曜日は審査の申し込みだけは受け付けているでしょう。月曜日に融資が出来ると思います。

そもそもは、やはりサラ金でお金を借りるべきではないので、出来るだけお金を借りないで生活ができるように心がけていくべきです。

どうしてもお金が必要になった場合のみ、総量規制オーバーでもブラックでも借りれる、日曜に審査が出来る消費者金融にお願いするのもアリでしょう。

お金に焦ってしまうと、精神的におかしくなってしまいます。生活に支障が出ない程度に金銭感覚を元に戻して行くべきです。

ブラックでも借りれる消費者金融は、最後の手段として考えてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【お金のニュース】総量規制でも借りれる消費者金融

こんにちは。お金の相談所管理人です。

ふとニュースを見ていると、お金に関する気になるニュースを見ました。ここでは私の勝手な主観を述べたいと思います。

まずそのお金のニュースのタイトルなのですが、「銀行カードローンが19年ぶりの高水準(5兆6千億円)」というものです。

ケタ外れな金額です。

しかも消費者金融、街金融などの、貸金業者の貸出金額は別です。これとは別で、消費者金融業者の貸出金額は4兆円だそうです。

合わせて約10兆円弱ものお金を、日本国民全員で借りているという状況です。

ビックリ仰天です。

私個人で言えば、一番多い時で300万円の借金がありましたが・・・

日本国民の成人の数で言えば約1億人です。

ざっくり計算して、10兆÷1億=成人1人単価10000円の借金です。

こう計算すれば、全然ですね。

借金大国日本と言われるのも頷けます。

この銀行カードローンは、総量規制対象外です。

なので、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融として、銀行もどんどん営業してきていますね。

私にもよく銀行から電話が掛かってきます。

「○○銀行の佐藤と申します。○○様の携帯電話でいらっしゃいますでしょうか?」

「はい、そうですよ。」

「この度、ご融資の案内で連絡させて頂いておりますが、融資などはいかがでしょうか?」

「今は間に合ってるんで、大丈夫です。」

こんなやり取りをしました。みなさんも経験があると思います。

特に今は、サラリーマンが不動産経営などを副業にしている人が多いみたいで、銀行から借入をしてまで副業をやっているそうです。

その貸出金額は、上記の銀行カードローン、消費者金融の貸出金額とは別で、なんと22兆4388億円にも上るそうです!

やばすぎます。合わせて30兆円を銀行は貸しているという事です。利回り年間0.1%でも3000億円です。金利って凄い。

その他、法人などへの貸し出しも併せて銀行の貸出残高は…

「482兆7598億円!!!」

もう知りません。

成人1億人に対して1人当たり、48万円です。

もう訳が分かりません。

しかし、日本国民一人当たりの貯金額は600万円?というデータもあるようですが…。

こうなってくれば、総量規制って全く意味がない制度なんです。

なぜ銀行だけ総量規制がなくて、消費者金融は総量規制があるのか・・・

やはりそれはお金の借りすぎ、貸しすぎに注意しなさいよっていう事なんですね。

人間の欲求は止められないものですが、その欲求の多くが私はギャンブルと思っています。

つまりこの借金の殆どが、ギャンブルをするための借金ということなのです。

日本は誰でも簡単にギャンブルが出来る環境にあります。

競馬も競艇も競輪も、ネットで誰でもかける事ができます。

友人は中学の頃から競馬をやっています。

パチンコ屋も簡単なギャンブルの入り口で、誰でも簡単にすぐお金を賭ける事ができます。

この日本独特のギャンブル制度が、借金大国の礎になってきたのです。

それなのに総量規制などを設け、一般人を苦しめるような制度ばかりが進められていて、そもそもの入り口は何も規制されないのです。

それには利権が絡んでいるので、崩されない所なのでしょうね。(やっとカジノ法案が通りましたが、パチンコは変わりません)

もっと総量規制でも借りれる消費者金融を作るべきであり、貸し出しの金額を抑えれば、総量規制オーバーでもお金を貸してくれる、そんな消費者金融を応援するべきです。

ここでは街金融という消費者金融を紹介していますが、総量規制オーバーでも借りれます。しかし借りれる金額は少ないので、自分に合ったお金の使い方をしていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

何かにハマると、どうしてもお金が必要になります。

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

どうしてもお金が必要になる時は、誰にでも起こり得ることです。お金が必要ならば、お金を借りる事で解決しますが、必ず返済をしなくてはいけません。

お金を借り続けてしまう人は、基本的に返済の事は深く考えない人が多いと言われています。

今だけを考えてしまう…、だから借りた時はいいものの、後からきつくなってしまう…、そしてまた今だけ楽をするためにお金を借りるという悪循環に陥ってしまいます。

そもそもの原因を考えてみると、「何かにハマる」という事で、どうしてもお金が必要になってしまうのだと私は思っています

ここでは何かにハマる事例を、お金の相談所管理人独自の視点で捉えて書いていきたいと思います。

○○にハマる=理由=どうしてもお金が必要

①パチンコにハマる、パチスロにハマる=毎回勝てるはずがなく、負けが込む=どうしてもお金が必要。

②釣りにハマる=いいリールなど道具を買いたい、船などを借りて海釣りをしたい=どうしてもお金が必要。

③競馬にハマる=有料情報を買いたい、いや自力で当てたい。でも当たらないし当たってもトリガミ=どうしてもお金が必要。

④競艇にハマる=インから大きく買いたい、穴も買っておきたい。でも当たらない。=どうしてもお金が必要。

⑤ゲームにハマる=最新ゲームを買いたい=どうしてもお金が必要。

以上、とりあえず私が思い浮かんだ事を書いてみましたが、これは私個人的に経験したことを踏まえての事例です。

他にも何かにハマって、どうしてもお金が必要になるということがあると思います。

女性なら美容関係だったり、良く分かりませんが女性ならではのお金が必要な時というものがあるでしょう。

何かにハマることは悪いことではありませんが、はまりすぎずにお金を大切に考えていけばこういうことは無いと思います。

基本的に、お金を借りないで生活していけるような金銭事情に戻せるように努力していきたいものです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制オーバーで悩む人が即日融資を考える時

総量規制でお金に悩む人は日本中に多くいると思います。お金に悩む方は、様々な事情がありお金に悩むと思います。

今の日本に、お金を借りる人はおよそ3000万人居ると言われていますが、それは銀行であってもローンであってもクレジットカードであっても同類です。

それはたとえ消費者金融や街金融からお金を借りている人であっても同じ意味を言います。

しかし困ったことに、総量規制という制度がある為に、借入限度額が限定されてしまう訳です。

その限定を解除するために、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融が今必要とされているのです。

総量規制オーバーで悩む人が即日融資を考える時、どのようにしてお金を借りるようにするのでしょうか?お金の相談所で考えていきたいと思います。

まず、総量規制でお金が借りられなくなるのは、基本的に消費者金融でお金を借りる場合に起きる現象です。

銀行でお金を借りる場合は、様々な商品がありますので総量規制が関係ない商品もあるのです。

消費者金融の場合は個人的貸し付けに近いものであるために、信用問題が一番関わってきます。ですから総量規制の基準が重要視されるわけです。イメージで言えば、銀行からお金を借りる場合は、銀行の商品を買うイメージ。借りるのではないために総量規制にかからないという感じです。

もしも消費者金融でお金を借りれない場合、総量規制オーバーで悩んだ場合は、第一に銀行融資を考える事が一番だと思います。

やはり日本の、我々一般市民の金融の味方は銀行です。

と、普通の話ではこれで終了・・・なのですが、ここでは更に一歩深く足を踏み入れたいと思います。

まず、消費者金融でも銀行でも、どこからもお金を借りれなくなった場合です。

総量規制が関係ない銀行ローンでさえも、お金を借りれなかった場合です。

これは本当にヤバいことです。完全にブラックになってしまった証拠です。

ここから先は、そんな完全ブラックな人が読むべきであり、普通の方は銀行でお金を借りれば済む話です。

お金の相談所たるもの、本当にどこからもお金を借りれなくなった人の為にあるものと思っております。

早い話です、消費者金融でもなく、銀行でもなく、信販系クレジット会社でもなく、総量規制オーバーでも関係なくお金を借りれる可能性があるのは、ここで紹介している会社です。

いわゆる個人経営の街金と言われている業種ですが、長年培ってきた実績と信頼のある金融会社です。

最初に借りれる金額は多くはありませんが、本当にお金を借りなければいけない方にとっては救世主でもあります。

これが個人向け金融会社の大きなメリットです。

デメリットとしてよく思われるのは、高利貸しなどの闇金融のような事をされるのではないか?ということです。

安心して頂きたいのは、ここは日本ということです。法治国家であり、明らかなる悪質な行為は理由はどうであれ法的に罰せられます。

ですからいくら個人系の街金でも、あからさまな高金利などを取って運営していれば、長年続くどころか直ぐに消える事でしょう。

要は、消費者金融でお金を借りる場合とそこまで変わらない金利でお金を借りれるわけですから、本当に総量規制オーバーでも借りれる、即日融資可能な金融という事なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ブラックでも借りれる所で、お金を借りたい人!

こんにちは。お金の相談所管理人でございます。

全国的に快晴な5月の始まりですね、空気は乾燥していますが、風が気持ち良い季節です。

4/29日から大型の連休という方もいらっしゃるのではないかと思いますが、基本的には5/3・4・5・6・7の5日間が祝日と土日ですよね。

様々なアルバイトの方や飲食店の方、サービス業の方にとっては連休なんて関係ない、糞喰らえな日程でしょうね…。

そんな中私も普通に仕事です。暦通りな感じですが、こうやって記事を書いています。

この5月は資金需要も多くあり、今からお金借りたい!今すぐお金を借りる!というよりも、連休中にお金を使いすぎてしまい5月半ばから月末にかけてお金が無くなっていく、お金が足りなくなっていく。。。といった感じでしょうか。じわじわとお金が無い状態になり、苦しい展開でしょうね。

当然私も今までたくさんお金に困り、お金を借りてきました。

やはり、ブラックでも借りれる所というのは、消費者金融の中で簡単には見つかりません。

そもそもブラックが前提でのお話です。

ブラックじゃない人は、普通に有名な大手銀行や銀行系消費者金融などからお金を借りるべきであり、このようなお金に困った人ブラック専用のお金の相談所でお金を借りるべきではないのです。

ブラックの方にとっては、この連休はきついものです。なぜならばお金を使ってしまうイベント的な行事が多いからです。

だからと言ってお金を全く使わずに、この連休を過ごすことは逆に苦痛でしょう。家で引きこもってテレビかゲームをするしかないですからね。

しかし仕事を頑張れば、その分お金の返済のメドがたちますから、ブラックでもお金を借りれる可能性は十分にあります。

ブラックでも借りれる所でお金を借りたい人は、ここのお金の相談所だとお金借りれる可能性があります!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!