大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2017年01月一覧

お金を借りたくなる時には、我慢が必要。

我々が生活していく中で、お金を借りたくなる時はあると思います。

普通の一般家庭であれば、家計をやりくりする人がいて、お金の管理はきちんとできています。

しかし独身の場合は、お金の使い方は自由ですし、稼いだ分だけ好きなことに使えます。

自分のお金だから迷惑かけていない!

借金はしていないから、自分の範囲内でお金を使っている!

そう叫ぶ世の男性は、多いのではないでしょうか?

私もそうです。自分のお金だから好きに使う。この精神です。

でも、実は意外と多くの独身男性の方が、消費者金融からお金を借りているという事実もあるのです。

正直、恥ずかしいので人には言えません。

「俺、実は借金してるんだよね…。消費者金融からお金を借りているんだよね…。」

これを言える人はなかなかいません。男としてのプライドが…。

プライドが高い人ほどお金を借りている比率は高くなります。私の勝手な予想です。

これを読んで、図星な貴方に足りないものは、ズバリ我慢です。

上から目線でスミマセン、プライドを傷つけられても我慢です。

お金を借りたくなっても、我慢です。その前に、お金を借りなくてはいけなくなってしまった状況になる前に、我慢が足りなかったからそんな状況になったのです。

その気持ちを持っていれば、悔しくて悔しくてたまりません。

だからお金を借りなければいけなくなった自分に、抑止効果が出るはずです。

惨めな人生にならないように、お金を借りたくなってしまったら我慢が大切です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

貯金が全く出来ない私です。

こんにちは、どうしてもお金を借りたいお金の相談所です。全国的に寒くなってきていますが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

私は毎日毎日常にお金のことを考えています。

自分にとってのお金の使い方って、永遠のテーマかもしれません。

それは私だけではなく、これを見ているあなたにも言える事です。

お金の使い方を完璧に出来ている人にとっては大したことではないかもしれません。

しかしお金の管理をきちんとする、イコール収入と支出がギリギリで生活されている方、もしくは会社の経営者くらいでしょう。

普通の人なら、稼いだ分はほとんど使ってしまうでしょう。

もちろん私も上手くお金を使えないのですが…。今のお金の悩みはそれかもしれません。

少し前までは借金と返済にいっぱいいっぱいだったのですが、それが落ち着いたら何かのストッパーが外れたような感覚でお金を使います。

自分の中で、今月はこれくらい、このお金は絶対に手を付けないでおこう!など決めたお金、一度たりとも守り切ったことがありません…。

言ってしまえば、「貯金が全くできない」という事ですね…(‘◇’)ゞ

今月も、月末まで5万円で生活しよう!と思っていましたが、20万円近く使ってしまいました。

ギャンブルと飲み代がほとんどです。

でも私は思います。日本人成人男性の半分は、このような感じなのではないかと…。

違ったら失礼ですが、かなりの割合でいると思います。

競馬が好き・競艇が好き・競輪が好き・オートレースが好き・パチンコが好き・スロットが好き・宝くじが好き・お酒も好き…。

人生何らかの楽しみがないと、生きがいを感じません。

仕事でも何らかの楽しみがないと、やりがいを感じません。

だから日本人男性の半分以上は、このように何かの賭博性を帯びた趣味があるはずです。

当然ながら、ギャンブルはしない・お酒も飲まない・遊びもしない人も居るでしょう。仕事が趣味な人もいるでしょう。

釣りとゴルフが趣味なキレイな人も居るかもしれません。

それはそれで、その人に合った生活レベルですから良いと思います。

しかし日本における博打は、その生活水準を落としているだけでなく、今まで真面目にやってた人をハマらせる魔法の力があります。

私もパチンコなんて覚えなければ良かった…と、今は思っています。

しかし生活がある程度決まってきたので、このリズムは変えられないのです。これはみんなそうでしょう。

その中で貯金が出来ない私…とばかみたいに嘆いていますが、結局自分次第ですし、自業自得です。それは十分わかっているのです。

こうしてたくさんの人にさらけ出す勇気はあります。(まあこんなサイトを見ているのは少ないでしょうけど。(笑)見てくれている人は、本当にいつもありがとうございます!)

そのおかげである意味自分をコントロールできているのかもしれません。改めて、お金の大切さを学び感じたいと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【金融の歴史】お金を借りる為にあるもの、それが金融。

お金を借りたい・・・

と思っている人が、お金を借りる為に設立されたもの。それが、金融です。

金融の歴史を少し見てみましょう。

-金融の歴史-

国際的な金融システムをつくりあげたのはユダヤ人でした。
昔のヨーロッパのキリスト教社会では、ユダヤ教徒は“キリストを十字架にかけて殺した罪人”として迫害されていました。ほとんどの職業に就くことが禁止され、土地を持つことも制限されたため、農業を行うこともできませんでした。
唯一の許された職業が、キリスト教徒から忌み嫌われた利子を取り扱う職業=高利貸し(質屋)や金塊の保管人、両替商(貿易決済業)などでした。当時、ユダヤ教もキリスト教やイスラム教も、利子の徴収は原則として禁じられていたのです。利子を取ることの弊害を経験的に知っていたのでしょう。しかし、ユダヤ教は例外として、異教徒から利子を取ることは許されていたのです。

中世になってルネサンスや宗教改革が起こり、政治と宗教が分離され、キリスト教会から国王に司法権が移り、その後、フランス革命などを経て国民が力を持つようになりました。教会は国民の経済活動に口が出せなくなり、利子を取ることは罪悪ではなくなりました。ところが、それまで利子は罪悪だっただけに、金融の技術を持っていたのは、ユダヤ人だけだったのです。

中世には、弾圧を受けたユダヤ人の移住が何回も起こりました。ユダヤ人の金融家は、この離散状態を生かし、貿易決済業にたずさわるようになり、為替技術を発達させます。また、保険業や、事業のリスクを多人数で分散する株式や債券の考え方も生み出します。
ユダヤ人だと分かっただけで財産を没収されることもあったので、ユダヤ人にとって記名型の証券は安全ではありませんでした。そのためユダヤ人の金融業者たちは、無記名の証券である銀行券を発行・流通させる銀行をヨーロッパ各地で運営していました。この技術は、やがてヨーロッパ諸国が中央銀行をつくり、紙幣を発行する際に用いられます。

このように、現在の金融業は、ユダヤ人の迫害の歴史から生まれてきたともいえる技術なのです。
ユダヤ人は自らの構築した金融システムのノウハウを積極的に提供していきました。それが、産業革命という時代の波にのり、資本主義を世界に広めていくことにつながります。
産業振興や、市場獲得のための侵略戦争など、国家の運営に必要な資金を最も上手に調達できるユダヤ人は、ヨーロッパの各国の王室にとって“なくてはならない存在”となり、国家財政や金融政策を担うようになりました。

どうでしょうか。非常に興味深い記事です。勉強になります。

今の日本社会の中で言えば、素人が金融業をやっているという事と同じだと思います。お金を借りる事を許してしまった、日本の経済。行き過ぎたグローバリズムで外国のやり方を真似しまくった、その反動。

もともとは日本人に金融は向いていないと思います。

このアンバランスな事が、日本を借金まみれの国にしたのではないかと、私は思います。

と言ってる私も日本人ですし、しょうもないお金の相談所とかいうブログサイトをやっているだけですが…。

借金も数百万持っている私が言える立場ではありませんが、気になる記事を見つけたので書いてみました。

総量規制でどこからもお金を借りれなくなった人が、どうしてもお金を借りたい。

どうしてもお金が必要な時に、お金を借りたい。

そんな時はここで案内している金融で借りれます!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

目標を持つことで、人生が変わる可能性がある。

こんにちは。お金の相談所です。

寒いです!今週は寒気がくるそうなので、全国的に寒くなっています。

昨日行きつけの居酒屋で、焼酎のお湯割りを飲んでいた時にふと思いました。寒いときはやはりお湯割りです。

自分たちが生きてゆく上で、何事も目標を持つこと。これに尽きるんじゃないかと思う訳です。

なんか昔先生に言われた…とか、親が言ってたよ…とか、当たり前の言い方だと思います。

しかし考えてみてください。昔耳にタコが出来るくらい言われていたとしても、気が付いたら時が経ち、年齢だけが重なり、失敗ばかりの人生。それは私ですが(笑)。

私以外にも多くいるはずです。意外と目標って見失うものです。

しかし忘れかけたことで、思い出すのです。

小さな目標で構いません。

私は借金が重なり続けて目標を見失ったところで、思い出しました。

「借金を返そう」

いや、これは当たり前です。返すために何をしなければいけないのか?

「今のままでは返済が追い付かない、仕事を変えよう」

その前にすることがあるはずです。

「ギャンブルを辞めよう」

そのためには?

「20スロから5スロに変えよう」

そうです。小さなことから始めるのです。

私は1パチや5スロに切り替えて、借金が減ってきました。やはりパチンコ中毒の一番の薬は、レートを下げる事です。

小さな目標をクリアしていくと、気持ちが入れ替わります。俺、やればできる!と。

徐々にギャンブル依存から立ち直ってきて、仕事も転職して正解、こうなれば後は借金を返済するだけです。

しかしそんなに上手くいかないものです。人によって様々な事情があるのですから。

今までの無様な自分を受け入れる事が出来なければ、絶対に何も変わることはありません。

そして、どんなに小さなことでも目標を持てば、必ず人生が変わります。いや、変わる可能性があります。

お金が全てではありません。お金で買えないものも沢山あります。しかしお金に困っていても何も始まりません。

我々が生きていく中で、一番大切なのは目先の目標を持つことです。

今私の目標は、今サイフに入っているお金で、1カ月生活することです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

現代のサラ金・消費者金融でお金を借りる講座!

気が付けば1月も中旬に入りました。9日は成人の日、3連休、皆様いかがお過ごしでしょうか。

思い返せば私、お金の相談所所長(単なるサイト管理人)が二十歳のころ、私はまだ消費者金融でお金を借りた事はありませんでした。

あれから10数年になります。このサイトを作ったのが2014年ですから、本当に時間の経過は早く儚いものです。

人間というのは何かを覚えてしまうと、それにはまり込み周りが見えなくなってしまいます。

消費者金融でも同じです。お金を扱う訳ですから、生きていく上で必要不可欠なもの。それは紛れもなくお金です。

私が初めてお金を借りたのは、24歳かそのくらいの歳です。まだ若かったですね。

当時には、「総量規制」という制度は無かったので消費者金融が定めた限度額内だったら幾らでもお金を簡単に借りれたものです。

しかし当サイトでも何度も説明しているように、現代に合った法改正を重ねて、年収の1/3までしかお金を借りれない状況です。

そんな時に、現代の消費者金融でどうしてもお金を借りたいと思ったときに、どうすれば良いのでしょうか?

仮に、審査に落ちてしまい、本当にどこからもお金を借りれなくなった時。

現代にはサラリーマン金融、言わば消費者金融ですね。その他には楽天やオリックス、オリコなど様々なローン会社でローンを組む。銀行のフリーローン的な商品もあります。

しかしどれも厳しい審査を通り抜けた、限られた人しかお金を借りることは出来ません。

それは何故なのでしょう?日本の平均年収なんて、上から下までピンキリです。

20代で350万円、30代で450万円…絶対おかしいでしょ。

私も含め、年収240万円が平均なのではないでしょうか?私なんて20代のころ、月給18万円くらいでしたからね。ボーナスもありませんから年収220万円ですよ。

逆に言えばそれ以上に稼いでいる人がいるという事ですが、それはノーカウントですよね、普通。比率があまりにも違いすぎます。

まあ文句を言っても何も変わらないのですが、そもそもお金を借りるなんて、年収400万円も稼いでいる人が必要とするでしょうか?

もし必要としているのならば、あなたのお金の管理能力、ヤバいですよ。今すぐ収支を見つめ直しましょう。

でもパチンコとかギャンブルなどにお金を使いすぎていたら、話は変わってきますね。負けすぎて月収の半分は負けてします人も居るはずです。

そういう人はテレビでも有名な消費者金融からお金を借りればいいわけです。会社員や公務員の方なら、確実にお金を借りれるでしょう。

しかしもしも、何らかの理由でお金を借りれなくなってしまった場合です。

現代の消費者金融でお金を借りる方法の一つに、街金と呼ばれているサラ金の一種があります。

そのサラ金は、総量規制関係なくオーバーしてても借りれる可能性があるのです。

その理由は、個人経営でやっているサラ金がほとんどですから、自社独自の審査にさえ通ればお金を借りれます。

一番重要なポイントは、収入がある事。要は返済できればいいという事です。まあ当たり前の話なのですがね…。

一番うれしいのは、一見危険な香りがするイメージのサラ金・街金ですが、実は金利だけは忠実に法律を守っています。

50万円以下の貸し付けの場合は、年率20%以下です。これは大手消費者金融も、銀行も同じです。

1年に対する利息なので、短期間に借りて返済すれば、利息はめちゃくちゃ低くなります。

逆にダラダラと少額づつ長期間で返済をしてしまうと、金利が高くなります。これはお金を借りる上で基本中の基本です。

従って、テレビで有名な消費者金融からお金を借りても、無名な街金サラ金からお金を借りても、条件は同じなのです。

これが現代のサラ金のやり方です。人生の中で一番貧しいのは、「知識が無いことである」、何かで聞いたことがありました。

知識もなく変な闇金融からお金を借りたら絶対にダメです。きちんとした知識で知恵を絞れば、大手消費者金融の審査に落ちてしまった方でもお金を借りる事が出来ます。

以上、お金の相談所でした。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

2017年も消費者金融でお金を借りたい!

新年明けましておめでとうございます。このサイト「お金の相談所」も、丸2年が過ぎました。

2017年も私の独断と偏見を書き綴っていきたいと思っておりますが、正月特番などを見ていると時代の動き、流れは早いなぁと思ったりもします。

思い返せば2年前、りゅうちぇるや二コルンなどは居ませんでした。ピコ太郎も当然いませんでしたね。

私は見ませんが、インスタグラムという写真SNSも、そんなに流行ってはいなかったと思います。今はみんなやっていますよね。

この前なんかもびっくりしました。私が良く行く大衆ラーメン屋で、ラーメンを一人で撮っている人が居ました。私の隣です。

可愛い女子ならまだ分かります。若いギャルが、インスタグラムでみんなに見せびらかす為の素材ならまだ納得できます。

違いました。

うすら禿げの、臭そうなキモイおじさんでした。

いや、女子は良くて、オジサンはダメって言うと差別です。それは分かっています。

でも、私は差別していいと思います。

「おっさんはアカンやろ…」

おそらく店員さんも心で思っていたはずです。私の隣だったので、私は店員さんを見ました。

目が合いました。そして苦笑いをし、うなずきました。

まあ新年早々おっさんのキモイ話はどうでもいいです。

とにかく時代の流れはどんどん変わってきます。オジサンがSNSをする時代です。

2017年も早速消費者金融でお金を借りたい!と思っている方は多いと思います。

正月特選のボートレース、パチンコ、週末の新年一発目の競馬など、大きくお金を使いすぎてお金が無い人も多いでしょう。

自分でお年玉を稼ぐんや!と意気込んだ方も、返り討ちに遭うという…。そんな一般のお父さんは多いでしょう。

お金の相談所では、時代の流れに合った消費者金融を紹介しています。

今の時代はスマホ一つ、ネット一つで誰でも簡単にお金を借りれる時代になりました。

昔はわざわざ対面して怖い思いをしなければお金を借りれませんでした。無人契約機が出来てからも、毎月督促の電話が掛かってきて脅されていました。

しかし今はスマホで申し込みが出来て、返済は銀行振り込みだけでよくなったのです。そんな最新のネットキャッシング可能な消費者金融を、お金の相談所では紹介しています。

また新しい時代を生き抜いていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!