大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2016年12月一覧

消費者金融から実際に、お金を借りている事を隠している人は多い。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

2016年もあっという間に駆け抜けていきました。

これが2016年最後の記事になると思います。今年もお世話になりました。

最後はお金に関する日記でも書きたいと思います。

この前小さな忘年会がありまして、私も呼ばれて行きました。

そこでお金の話になり、私はざっくばらんに包み隠さず借金や消費者金融など、お金に関するお話をしました。

というのも、後輩たちの中に絶対にコイツお金借りているだろう!と思う人はいます。しかし男は格好つけたい生物ですから、自分の弱いところは見せません。

私はそこを付いていくのが得意なのです。

仕事の話をしたり、遊びの話をしたり、パチンコパチスロの話をしたり。飲み会的には楽しい飲み会でしたが、私はお金に困っている人の特徴を掴んでいます。

その特徴を書こうとしていますが、言葉では伝えにくいんです…。

キーボードを前にして10分間フリーズしました。

ただ、一つ言えることがあります。

私が過去に借金しまくっていた話をしたりして、消費者金融の話をしますと、実際に自分も借りていました(借りている)人が次々に現れます。

やはり自分で抱え込む体質なんですよね。誰にも相談できない、恥ずかしくて言えない。

これが借金が膨らむ一番の原因なんです。

お金を借りている事実を隠すように、現実逃避するように。

現実逃避から、光ピカピカ音ジャンジャンのパチンコにハマるんです。

逆か。あの光と音で、現実逃避が出来る。そういう事でしょう。

消費者金融から実際にお金を借りている人は、本当に多いのです。そしてその事実を隠しています。

私は今お金に悩んでいる人に言いたいです。

自分だけじゃない。本当に苦しかったら親に相談しなさい。と。

親が居なければ兄弟。兄弟が居なければ職場の人間です。

結局最後に信頼できる人は、肉親しかいません。

消費者金融からお金を借りていることを隠していても、何も良いことはありません。

2017年はいい年になるように祈ります。

借金がある方は、借金返済を目標にして頑張っていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【ブラックでも借りれる所を教えます】

ブラックでも借りれる所を知りたい方は、今の時期には多くはありません。やはり1年の終わりである12月末、最後にお金を借りて借金して新年を迎えるなんて、結構きついですからね。

しかしそんなの関係ないくらいに、お金を借りたいと思っている方も、少なからずはいると思います。

ただしブラックになってしまった方ならば、どこからもお金を借りれないという状況にあるでしょう。

そもそもなぜブラックになってしまったのか…、そこから考えていきましょう。

やはり一般庶民のお金の問題で言えば、パチンコやスロットでのお金の使いすぎでしょう。

小さなギャンブルは、徐々に大きくなっていきます。小さな借金から大きな借金になります。

男だったらバクチの一つくらい、やっていいものです。私はそう思います。

嫌なことから逃げ出したい、現実逃避をするために、パチンコ屋に行くのです。

全ては言い訳なのです。本当に我を忘れてパチンコをする、これが男なのです。

私の場合はそれが行き過ぎてしまって、結局はお金を借りまくってブラックになってしまいました。

もう返済してますが、ブラックになってしまった方の気持ちは良く分かります。

だからこそ、ここのお金の相談所で紹介しているところ、それがブラックでも借りれる所なんです。

今の時代は総量規制などの制度により、お金が借りにくくなっています。そんな中でも当サイトが紹介している消費者金融は、個人経営の消費者金融になります。

だからこそ総量規制オーバーでもお金を借りることができ、ブラックでも借りやすくお金を借りれる所なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

サラリーマン金融=サラ金のお話し。

こんにちは、お金の相談所の所長です。

世の為人の為、社会の為家庭の為、汗水流して日々精進しているサラリーマンに向けて、ひとこと言いたいと思います。

それは、あまり無理をしないで、自分らしい人生を歩んでくださいということです。

まぁ、サラリーマンといっても色々な業種の方がいるのであれですが、特にお伝えしたいのが彼女がいるとか、家族がいるとか、そういった方達に向けてです。

実は、消費者金融で借金を多くしている方や、総量規制などでブラックになってしまったの方には、こういった普通の方が案外多かったりします。

借金をしているという事実。お金を借りているという事実。実際は、恥ずかしくて堂々と人には言えません。

サラリーマンなのに金が無いのか?という疑問を呈する方もいるでしょう。消費者金融で借金しているというと、どうも感覚的想像で貧乏なアルバイトという印象があります。確かに、こういったアルバイトの方は仕方ありません。

そんなバカもいるのは確かです。しかしながら、サラ金とはよくいったもので、そういったサラリーマンの連中こそがブラックのお得意さまでもあるので注意が必要なのです。

さて、話を戻しますが、何故サラリーマンがお金を借りて借金してしまうという危ない目にあっているのでしょうか。

そのひとつの要因としては、給料や生活水準、どの会社に勤めているか、何年務めているかなどで生活水準が決められているということです。

どういったことなのかというと、まずは金です。サラリーマンは大抵、どの会社も似たような収入となっています。

もちろん、大手もあれば中小もあるので給与には大きな差額が出てくる可能性があります。問題はそこです。入社5年目なのにも関わらず、新入社員と変わらない給料しかもらっていないのか?とか、係長まで上り詰めたのにこれだけの給料なのか?など、とにかく虐げられるような言葉を友人との飲み会などでジャンジャン浴びせられるわけです。

そういった時、飲み会などで別業者の方と僕の給与は少ないから…とか、貯金が無くて…といって、ガッツリケチを決めて込んでしまうとダサいと思われてしまう訳です。

そういったところを回避するために、仕方なしにこういった悲しいバカなことをしてしまうのがサラリーマンの借金の落とし穴でもあるわけです。お金はないけどお酒が入ったらお金を使いまくって消費者金融からお金を借りたり。またそれを増やそうとしてパチンコで大負け。これがサラ金の入り口です。

では、次の問題を見ていくことにしましょう。次は、彼女とか結婚です。やはり、男たるものかっこうよく金払いを良くしたいと思うわけですね。

しかし、お金がどうしても無かったりすると、見栄を張ったら次に繋がることはありません。そのため、大手消費者金融に頼ってしまうのです。特に年下の彼女だったりする場合は尚更です。社会人としての先輩風を吹かさなければならないわけですから、そこで割り勘とか奢ってくれ…は、完全なる禁句です。

旅行にいっても、ガッツリと二人分を使うことが大切ですよね。2万円のお宿でも、4万円です。そんなことをしていたら、普通のサラリーマンは金が底をついてしまう訳です。それなのにも関わらず、甲斐性の無い男とか女子会でケツの穴が小さいとか文句をいわれます。

出世の見込みが無いとか、お前たちは何様が脳無しクズども!と、いいたいところですが、どうしても彼女が欲しい人は仕方ないですね、現実ですから。

そういったことをいわれたくないので、しっかりと消費者金融にお世話になってしまうわけです。

家族でも同様です。全て、給与を握られてしまうわけですから、自分が自由自在に使えるお金は独身貴族時代に比べれば、雲泥の差です。

アルバイトしているコンビニバイトの方が裕福な生活をしている、というレベルになります。部長レベルになってもです。そういったことからも、部下に奢らなければならないとか、諸処の理由でお金が必要となってきます。しかし、嫁さんにそんなことをいったら、ナタでぶった切られる可能性があります。

さすがに、命は大切にしていただきたいところです。そんな訳で、サラリーマンは無理をしながら生きていかなければ上手に人生を過ごすことができません。かわいそうですが、サラリーマン金融はこういった人たちのために本来は存在しているわけです。会社でも、厳しいことを口うるさく言われてしまっており、彼女にも甲斐性なし、さらに家族から貧乏父さん。逃げたくもなります。さらに、大手消費者金融で借りたらこっそりと返済もしていかなければなりません。給与が減ったとか、本音をいうとか、それなりに修羅場も待ち受けているわけです。

やはり、サラリーマンは無理をしない生き方がいいのではないでしょうか。そのうち、こういった苦しい状況を続けていると、口から見たことの無い液体がドロドロと出てきてしまう可能性があります。中小の消費者金融でお金を借りている男性サラリーマンも、結構こういった人たちがいます。

ブラックとなってしまい、にっちもさっちもいかなくなった…。こういった、最終手段に出なければならない、辛いサラリーマンたちの気持ちもしっかりと受け止めてくれているのです。

サラリーマンは、辛い仕事ですが消費者金融だけにはお世話にならない方が良いでしょう。

どうせなら、ブラックでも借りれる金融でさらっと借りた方が良いのではないでしょうか。自分の人生を駄目にすることだけは、避けて生活をしましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

家電芸人ならぬ、家電ブラック!?中小消費者金融で解決だ!

お早うございます。お金の相談所でございます。

突然ですが、みなさんは「ブラック」となってしまう方を見ると、どんな生活を思い浮かべるでしょうか。

ちなみにブラックというのは、大手消費者金融などでお金を借り過ぎて多重債務者になった挙げ句、債務整理などをして消費者金融からお金を借りれなくなってしまった人を言います。

銀行はもちろん、クレジットカードも造れない情けないレベルの経済的事故者です。

まぁこういった客観的な見方をすると、相当貧乏でバカでどうしようも無い、だらし無い連中だと思ってしまうことでしょう。

ここで突然ですが、ブラックと言われる人の家を想像してみましょう。

平屋の一階建て、そしてボロボロでねずみやらゴキブリやらで賑やかで、ツバメも巣を作っているような場所。ガラガラ…と、今にもぶっ壊れそうな戸棚から顔を出すブラックは、ツバメの巣のような謎のヘアスタイルとヒゲぼーぼーのヤバい臭気を漂わせている、ボロボロのスウェットの上下のおっさん。まさに元プ〇野球選手の野〇貴仁氏…

これこそ、皆さんが思うステレオタイプのブラック野郎なのではないでしょうか。

確かに、そういった人はいますが、それは恐らく日本中探しても0.1%にも満たないと思います。これは特殊な想像でしたが、そのくらいブラックになってしまう人は実は意外と普通の人間であり、みなさん同様に普通の人物なのです。

厄介なのが、真面目に暮らしている人たちよりも良い生活をしている可能性があることです。それは一体なぜでしょうか。

確かに、返済の金額を考えるとかなり苦しい生活を強いられている可能性はあります。別に、毎日高級なものを食べられているとは限りません。

むしろ、自分の髪の毛をあぶって醤油をつけてしゃぶる日もあるでしょう。

それなのに、ブラックでは無い人よりも良い生活というのはどういったことなのでしょう。それは、家電やインテリアに凝っているブラックのことを差します。インテリアや家電に凝るという行いは、かなり贅沢です。家に人を呼び込まない人であれば、誰にも見える場所ではありません。

さらに、彼女がいても別に貧乏で結構!という生活であれば、そこまで見栄を張るところでも無いでしょう。いわば、最も贅沢な行いがインテリアや家電に金を使うことです。

ブラックの中には、こういった新しい家電を見た途端に購入したくなる人もいるようです。確かに、モデルルームなどにいくと、それだけで気持ちがぐんぐん上がってくることは間違いありません。

しかし、その生活と自分の生活を乖離させなければ、人間というのはおかしくなってしまうことくらい、バカでも分かります。金銭感覚の問題です。

異様な収入をもらっている人であれば、それはそれで良いかもしれません。ましてや野村氏のように過去に億を稼いでいたような方なら、金銭感覚がおかしくなってしまう気持ちも分かります。

しかしながら、そういった訳にもいかない人の場合はどうでしょうか。

普通に、お金をじっくりと貯めるか、諦めるかです。ただし、家電ブラックというのは一度、そういったものにハマってしまうと心から抜け出すことができなくなります。見た途端、欲しくなってしまうのです。

家電は、正直安いものではありません。むしろ高級品ですし、危ない価格とっても過言ではありません。でも、どんどんそういった物に囲まれているとテンションが上がってきてしまい、気づくと大暴走しているのです。

最初は大手消費者金融でお金を借りている金で、どうにかなりました。しかし、どんどん返済金が増えていけば、当然のことながら購入できるものはほぼ無くなります。

そこで、また新たな中小金融であったり、闇金に手を出すのです。気がつくとブラックとなっており、毎月新たな家電を購入できるレベルの返済金となります。凄く格好いいレンジを購入したとしても、あっためているのは半額で30円になったスーパーのカピカピの総菜です。何を血迷っているのでしょうか。

この人は、バカなのでしょうか。いや、自分でもバカなのは分かっているのですが、やめられなくなってしまっているのです。

それは、致し方ありません。もう、誰に止められないクセとなってしまっているのです。まさに覚せい剤です。こういった新たな家電というのは毎月どんどん各メーカーから発売されます。

そういった部分を考えていくと、悲しいですが返済金を後回しにしたくなってくるわけです。

当然ながら、そんな生活を続けていれば、当然ながらブラックになります。どんどん、利息も増えていってついには破産宣告レベルまで借金が膨れ上がってしまうわけです。

こういった生活を続けてしまうと、内情はボロボロですが、家だけは最新家電とクールなインテリアで囲まれています。いかにも、成功者でおしゃれな人間といった雰囲気となります。

それで、どんどん自分も勘違いしてしまうのです。基本的に、賢い人はブラックでも借りれる中小系消費者金融で借金を返済してしまいます。

そして、しっかりとお説教されて、中小金融一本に返済をスタートさせるのです。中小金融は、ブラックでもお金を借りれる可能性が大ですし、逆に悪いお金の借り方はさせてくれません。

儲けではなく、利用者と長く良い関係を築いていきたいだけなのです。

覚醒剤のような買い物中毒、ギャンブル中毒…。バカなことをし続けるのではなく、キチンと前を向いて頑張っていきましょう。大切なのは、血の通った人間同士の絆なのです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

総量規制関係なく、お金を借りるためには。

こんにちは、お金の相談所です。

今の金融業界の中で一番の問題は、やはり「総量規制」だと思います。

当サイトでも何度も取り上げているように、総量規制とは自分の年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ない制度です。

これはハッキリ言って、お金持ちの人が勝手に決めた制度としか言えません。

私たちの平均年収は350万~500万円と言われています。

これって、多いと思いますか?少ないと思いますか?

私は、多いと思います。

そもそも誰がどこで調べたのか?と言いたくなる数字です。

私はサラリーマン時代は月給20万そこそこから引かれて手取り18万くらいでした。

ざっと計算しても年収240万そこそこです。

もう辞めましたが、今でも続けていた場合、上がっても月給25万くらいだったはずです。

それでも年収300万。平均よりはるかに低いです。まあボーナスなどは加味していませんが、契約社員だったらボーナスなんて出ません。

これで総量規制なんて、車一台ローンで買っただけで総量規制オーバーです。

お金持ちのエリート大卒官僚どもが勝手に決めた制度でしょう。

年収500万の人で、1/3は180万くらいですね。そもそも年収500万あって、お金に困るわけないでしょう。この総量規制なんて、知らない人がほとんどだと思いますよ。全く。

収入が低い人がお金の為に借りる消費者金融なのに、お金に余裕がある人が決めた制度で上限が決まるなんて、おかしな話です。

しかしこの総量規制、実は普通に信用機関のみが調査することであり、普通の消費者金融、クレジットカードのローン、信販会社が主に活用する制度なのです。

実は、銀行でお金を借りたほうが、総量規制なんて関係なくお金を借りれたりするわけです。

実は私も経験者で、消費者金融の審査に落ちてしまった後に、銀行のフリーローンと言う商品の審査には通ったんです。これはマジバナです。

銀行融資の方が、審査が甘いのです。これは現役銀行員の友人も言っていました。だから転勤が多くなるとも言えます。(情が出るため)

銀行系傘下の金融機関こそが、審査が非常に厳しくなっているとも言えますね。

そこで、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融が出てくるのですが、実はこの消費者金融、銀行系ではない場所の事を言っています。

お金の相談所で紹介している消費者金融は、銀行など関係ない個人の消費者金融なのです。

だから総量規制オーバーでも借りれる、最後の場所とも言えますね。是非、どこからもお金を借りれない人は、ここに相談してみてもいいでしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

年末年始に向けて、お金を大切に…

こんにちは、お金の相談所の所長(管理人)でございます。

気が付けば12月に突入、本当に早いものですよね。

そんな中、皆さんのお金の事情はいかがでしょうか。お金に困っていないでしょうか?

公務員や会社員の方は、待ちに待ったボーナスが入ってくる時期です。本当に大切な現金ですから、年末年始に向けて無駄遣いの無いように気を引き締めていきましょう。

自営業や商売をされている方は、恐らく書き入れ時です。繁忙期でしょうから、現金が入ってきたら無駄遣いの無いように、気を引き締めていきましょう。

ちなみに、「書き入れ時」の由来は

商売で売れ行きが良い時には、取引の数字などを帳簿に書き入れることが多くなることから、「書き入れ時」というようになった。 お客や儲けをかき集めるという意味の連想からか、「掻き入れ時」と表記されることもあるが間違いである。

ということらしいです。

いつもより余裕がある12月のお財布事情だと思いますが、ここでお金を使いすぎてしまう…という人も多いでしょう。

私もそうです。いつもより財布にお金が多く入ってて、ついつい飲みに行って気が付いたら数万円使ってた…。それを取り戻そうと甘い考えで、パチンコ屋に行きそのまま負け、やけ酒にまた飲み屋に行ってetc…。朝まで飲んで早朝に…。なんちゃって。

お金を多く持っているからと言って、このような生活をしてしまうと1週間で消えてしまいます。

こうならないためにも、今ここで気を引き締めなければいけないと思います。

年末にお金を借りたいと思わなくていいように、正月に惨めな想いをしなくて済むように。

年末年始に向けて、再度お金と向き合っていきたいと思います。

それまでに、お金に困ったらここに相談するのはまだアリです。自分自身に相談してみましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!