大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2016年11月一覧

ネットキャッシング即日融資でお金借りたい

ネットキャッシングで即日融資できた体験談

来たる2017年、今の時代はIT(インフォメーションテクノロジー)、いわば情報技術の時代になっています。

キャッシングにおいてもその技術は当然活用されていて、ネットキャッシングとしてお金に困った方に利用されています。

普通のキャッシングの場合は、カードに残高がありコンビニなどで簡単に返済と借入が出来ます。しかし自分のお金と勘違いしてしまう事が多々あり、借金地獄へと踏み入れてしまう可能性も大きくあります。

ネットキャッシングの即日融資は、スマホや携帯・PCから審査の申し込みができ、そのまま指定口座への振り込み融資になります。

ネットキャッシングの返済は、指定口座への振り込みになります。ですから返済しても追加で融資は出来ない仕組みなので、借金が増えまくるということにはなりません。

現代版、街金融ですね。お金を借りる前に、ここでネットキャッシング即日融資の体験談を紹介します。参考になれば幸いです。


僕がネットキャッシング即日融資を利用したキッカケ

こんにちは。僕はパチンコ依存症と自覚をしている者です。今戦っています。一つの精神疾患ということで、ネットニュースにも最近取り上げられていました。

僕が初めてパチスロに誘われたのは、今から4年前の事です。当時、財布に5千円持ってまして、仲間たちと飲みに行く約束をしていました。

確か同窓会だったかなぁ、20人くらい集まる小さな同窓会だったと思います。

昼過ぎに地元の仲間と集合し、他愛もない会話を楽しんでいました。すると友達の一人が

「暇だな…。まだ夜まで時間あるし、パチンコ連れてってやるよ!お前したことねぇべ?」

と、パチンコ初心者の僕に声をかけてくれました。興味本位でパチンコ屋に入り、僕は訳も分からず5000円札をコインサンドに投入。ジャグラーを打ちました。

すると、1000円でGOGOが紫っぽい青っぽく光りました。そのまま初めてのビッグボーナス。これが約6000円相当だと知ります。

そして続けざまに、ビッグボーナスが5回、あっという間に30000円近くになりました。

これが僕がパチンコ依存症になってしまった経緯です。

まあ過去の経緯はどうでもいいのですが、今になれば僕はネットキャッシング即日融資を使っていまして、これがなければ生きていけません。

僕がネットキャッシングで即日融資をしたきっかけで言えば、自分でお金の相談所で検索して、知ることが出来ました。使い慣れていけば、本当に便利だと思いますよ!

(神奈川県藤沢市/25歳男性)


私が即日融資をしたのはネットキャッシングでした

私が即日融資をしようと思ったのは、どうしても手に入れたい財布があったからです。その財布はイタリアの高級ブランドで、12万円でした。現金ではそんな大金持っていませんので、分割払いできますよとお店の方に言われました。しかし私は以前、消費者金融からキャッシングをしていた経験があり、一度審査に落ちていたのです…。まさかのブラックですよね。

ブランドショップの方に私がブラックだと知られたくありません…。たぶん分割ローンの審査にも落ちると思うのです。そんな恥ずかしいことは出来ません。そこで私はいったん家に帰って悩みました。寝る前も起きてからも、ランチでもスマホでずーっとお金を借りる方法を検索していました。するとここのお金の相談所で、「ネットキャッシング即日融資」を知ることが出来ました。

私は勇気を振り絞って、即日融資を初めてネットキャッシングでやってみました。手持ちに7万円あったので、5万円即日融資をしてもらう事が出来、無事にお目当ての財布をゲットできました!めっちゃ嬉しくてたまりませんね!ありがとうございました!これで来月は2万円づつ返済します。

(大阪府大阪市/29歳女性)


お金を借りたい。週末に使いすぎてしまった。

どうも。ちょっとね、お金を使いすぎてしまったんだけど。もう残りのお金がヤバいから、どうしたらいいのか。

実は先週末に、お金を使いすぎてしまったのです…。お酒も飲みすぎたし、パチンコのし過ぎだし。結局は自分の欲望の為でしたね。この考え方を変えないと、何も変わらないんですよね。

正直、もうどの消費者金融からも借りれなくなってしまった私だから、ネットキャッシングしか残されていないのです。だからこうして書いているんです。ネットキャッシングは便利ですよ。

(埼玉県/40歳女性)


即日融資にお願いしました。

お金ってあっという間になくなってしまうもんですね。気が付いたら消えてなくなる。儚いものです。しかしお金を使わなければ何も生まれませんし、行動も出来ない。これから年末で忘年会があるというのに、僕は参加できない。だってお金がないから。こんな惨めな人生はもう嫌だ、だから僕は即日融資をするんです!しかもネットキャッシングで即日融資をするんです!ネットキャッシングで即日融資にお願いしたら、これはもう最高。あっという間にお金を獲得することができましたね。これで僕の人生は明るくなるかもしれません。(岡山県/20歳男性)


パチンコで大負け…。ネットキャッシングで即日融資を試みてみた。

パチンコで負けまくった僕らは、思い切ってネットキャッシングで即日融資を試みてみました。と言いますのも、僕たちが良く行くホールは、昔から7が付く日は激熱のイベントをしてくれているんです。台番号末尾7などには必ず高設定を入れてくれている、良心的なお店です。僕たちグループは、末尾7番を狙って朝から並びました。本当はバジ絆を狙っていましたが、先に抽選受けた人に取られていました。まあ人気機種なので仕方ないですが。そんな僕は、ニューキングハナハナの末尾7を朝一ゲットすることに成功。完全に貰った!そう仲間たちと盛り上がってましたが…まさかの朝一1200近くハマってバーだったんです。。。完全に終わったと思いました。その後は900ハマってやっとビッグ。そこから200ハマってビッグ。また200近くハマりました。心が本当に折れました。トータル5万、その日は9万円負けてしまいました。パチスロで大負け…。こうなったらネットキャッシングしか方法がない!と感じて、僕たちはネットの金融で即日融資をすることに成功。でも、もう絶対に末尾イベントは信じません。(福岡市中央区/男性)


お金の相談・ネットキャッシング

お金の相談をさせてください。自分はギャンブル中毒です。財布にお金を入れていたら、何も気にせずにお金を使ってしまいます。特にお酒を飲んで酔っ払ってしまったら、お金があっという間に無くなってしまうのです。何なのでしょうね、気が大きくなってしまうのは。一番駄目なのは、お酒を飲んで麻雀をすることですね。手が良いときはツモツモ言いますが、放銃率もめっちゃ高くなります。そして朝まで麻雀して、そのままパチンコに行くんです。これが一番の遊びですね。でもそうなってしまったら、お金が幾らあっても足りません。そんな時に私はネットキャッシングをします。お金の相談は、ネットキャッシングがベストですよ。(兵庫県/男性)


日本人はみんなお金を借りたいと思っています。

こんにちは。私が消費者金融でお金を借りた時の気持ちを思い出そうと思います。前の方も言われているように、実は私もギャンブルからお金を借りたいと思うようになったのです。人間の心理って怖いですよね。ギャンブルは、お金が無いひとに向けて情報を発信します。増えるか増えないか、勝つか負けるか。この勝負に燃えやすいのが、アジア人特に我々日本人と言われています。これを手軽にできるパチンコ・競馬・競艇・宝くじ…。これがお金を借りさせる最大の要因です。日本人は、みんなお金を借りたいと思っています。そしてお金を借りやすい環境が整っています。これが、お金を借りたいと思う私の気持ちです。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【消費者金融業界も規制が…。】

こんにちは。世の中不満ばかり溜まりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

お金の相談所では、本当にどこも借りれない方でもお金を借りれるかもしれない、審査が甘い消費者金融を紹介していますので参考にしてほしいと思います。

そんな中私が感じることがありますが、規制についてです。

テレビ業界とか教育の現場などで特に、規制ばかりでうんざりだなぁ…と感じている方も多いと思います。この前もテレビで芸人の裸が嫌だとか、低俗な発想だとか批判がありましたが、これって単なる嫌がらせのクレーマーとしか思えませんよね。それで規制をさせられるテレビ制作会社はたまったもんじゃありません。

いちいち消費者が反応してクレームするからダメなんですよね。見たくないならチャンネル変えろっつー話ですから。

学校でもそうですが、行き過ぎた体罰は確かにありました。私の時代も鬼教師はいました。中には変な教師もいましたけど、これも規制するのはおかしいですよね。過保護な保護者1人のせいで、学校教育がヒックリ返された、まさに天変地異です。まあ私は体罰教師嫌いでしたけどね。それにしても規制規制でひどい状況ですよ日本は。

そしてお金の相談所の専門業である消費者金融業界の中でも、規制、規制…で色々な制度に縛られてきています。もちろん審査も規制でどんどん縛られてきています。

一昔前は規制も甘く、よくよく考えればお金を使う方の自業自得のような感じでした。因果応報とも言いますか、海外では「ベッドメイキングが下手くそな人は、そこに自分で寝ろ。」と言うそうです。

結局は使う側が、激しく使いすぎて規制がかかってしまったと思うのです。だからお金を貸す側は何も悪くはないと思うんです。

まあ確かに事実として、高額な金利を取りすぎていたという事実があるので、そのようなボッタクリな殿様営業である消費者金融には、規制がかかっても仕方がないと思います。

でも、真面目にお客さんの為に融資をきちんと行っていた消費者金融は、本当にいい迷惑ですよね。時代の流れもう終わったことではありますが。

特にここ数年で出来た、金融業界の規制で有名なものと言えば、「総量規制(そうりょうきせい)」でしょう。

年収の1/3までしか融資を受ける事が出来ないという事です。従ってすでにお金をかなり借りている人は、新規に自動車ローンは組めないんです。私は実際に総量規制で車の審査に落ちました。

車屋は関係なく、ローン会社の審査に通らなかったんですよ。今ではオリコだとか全日信販、SMBC、ジャックス、アプラスなどが有名ですよね。

しかし中には総量規制対象外のローンもあるそうなので、ローン会社に相談すれば何らかの活路が見いだせるかもしれません。

※やはり現金が一番強いです!

そんなこんなで世の中に対する規制についての愚痴でした!

ちなみに当サイトお金の相談所では、信販会社やローン会社の審査に落ちた人でもお金を借りれる可能性がある消費者金融を紹介しています。どうしてもお金を借りたいなら、相談する価値はあると思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【金貸し業者】の選択ミスをしないために!

金貸し業者は日本全国にありふれてはいますが、その実態を詳しく解析出来てはいませんよね。

どこも借りれない…。他にお金を借りているし、お金を借りたいけど借りられないかもしれない。こんな悩みを持った方も多くいます。

金貸し業者は、一つは銀行系、もう一つは個人系の2種類があります。

よく言われる消費者金融などは銀行系で、信販会社のローン商品もその種類です。

ではもう一つの個人系の金貸し業者は、一体どのような業者なのでしょうか?

やはり個人系の金貸し業者となれば、広告を目にする機会もほとんどありません。従って、イメージ的言えば「闇金融」のような金貸し業者のイメージになってしまうのではないでしょうか。

しかし実際はそうではありません。闇金と言えば暴利で悪質な詐欺師グループですが、個人の金貸し業者の場合は普通にお金を貸してくれます。

当然ながら金利は発生しますから、お金を借りるうえで返済計画が大切になってきます。

審査で言うならば、きちんと仕事をしているのかが重要ポイントです。

無職の場合はブラックのようにお金を借りれない可能性が高いのです。それは街金と言われる金貸し業者でも同じ条件でしょう。

しかし審査基準は銀行系消費者金融よりも格段に甘くなっていますので、本当に優良な金貸し業者ならば、どこも借りれない方でもお金を借りれる可能性がありますね。

やはり、金貸し業者の中でも選択ミスさえしなければ、ブラックの方でもお金を借りれる可能性が十分に残されているということを、知ってもらえればと思います。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

私たち【消費者】が【金利】のバカバカしさを知ることが一番大切である。

こんにちは。お金の相談所管理人です。

今日は怒りブログを書きたいと思います。

私たち【消費者】が【金利】のバカバカしさを知ることが一番大切である。

これについてお付き合いください。

消費者金融を利用する上で、必ず発生する利息。まあ普通に考えたら当たり前のことですよね。

友達じゃないので、誰もあかの他人にタダではお金を貸しませんし、お金を貸すほうも会社として売り上げを計上し、社員に飯食わさせていかなければいけないのですから。

でも本来なら、消費者の為の金融なのに、金利をよく考えると馬鹿らしくなってきませんか?

ええ、実は「金利なんて計算したことない!」というか、「専門業者に任せている。」という感じで、慣れない金利の計算は金融やローン会社の思うがままに…という方がほとんどでしょう。

私ももしお金を借りている立場だったら、まあ実際にお金に困っているのを助けてくれたので、少しの金利なら仕方ないか!と思いますからね。

ですが、長い期間借りたお金、ローンを組んだお金を返済していたら、数年後にとんでもない額を払っていた事に気が付きます。

何が消費者金融だ!何が便利なローンだ!って思いますよね?

単なるボッタクリじゃねえか!金利商売じゃないか!

実際にも私は、カーローン、フリーローン、キャッシングなどでリボ払い、300万円以上は金利を払ったと思います。

思い返せばまだ20代前半、私が無知な頃に、200万円くらいの車をローンで買いました。

年率8パーセントだったと思います。

楽天KCからオリコに変わったのを覚えています。オートローンだったかな?

「金利はわずか、8パーセントです!!!」

一見、1ケタ、低金利じゃん!

と思われがちですが、このローンなどの金利には罠があるんです。

全然安くありません。ボッタクリです。大損です。では簡単に計算してみましょう。

200万円の8パーセントは16万円。

これ、1年間(12回払い)で完済した場合が16万円です。

でも216万円、若かった私は1年間で返済できますかね?無理でしょ。だって月給手取りで15万、年間収入で180万円ですよ。

だったら2年払い(24回払い)はどうでしょう?

2年で32万、3年で48万、4年で64万、5年で80万…。

これは金利の金額です。

めちゃあほらしいでしょう。5年払い(60回払い)のローンを組むだけで、支払う金利で中古車買えます。

私はお金はないけど車が欲しかったので、車屋さんに言われるがまま5年ローンを組みました。

一応、上場企業の正社員だったので信用があったみたいでローンは通りました。若干二十歳過ぎでした。

280÷60=4.66…

月々返済45000円の5年ローンでしたね。地獄の5年間でした。今でも忘れません。

これを見ている若者諸君!

絶対にカーローンは組んだら駄目だ!

どうにかしてでも現金を作って、一括を目指そう!

まあ私の事は終わった事なんでいいんです。

私が大人になって一番ムカついたこと。

それは、銀行なども含めて色々なローン会社がありますが、金利を隠そうとします。

自信をもって言ってきません。

金利の大切さを言ってきません。

一切、消費者の為を想って営業しません。

なぜならこの会社の人たちも、ローンを組もうとしている消費者たちに対して、「よくこんな高金利でローンを組むよな?バッカじゃねえの?」って思っているんです。これマジです。

契約取れたらラッキー!業績アップ!儲かったぜー!(銀行員の本音ですよ)

そして私がムカつくのはもうひとつ。

本来なら車屋さんがお客さんに対して、「現金一括で買った方がいいよ!ローンは金利が勿体ないから!」って教えてくれればいいのに。

しかしやはり車屋も儲けなければいけませんので、ローンを勧めてきます。

ローンだったらすぐ納車出来て月々たったの数万円でいいんですよ!と。

これは、同じ金融商売である「保険」も同じことが言えます。

とにかく我々消費者が、金利のバカバカしさを理解しなければいけないのです。

ここで紹介している消費者金融、街金でお金を借りる場合は、金額は小さなものです。小さな金額ほど、金利も小さくて済みますし、一括で返済すれば微々たる金額です。

一過性の金策であれば、消費者金融や街金でお金を借りる事は何も問題はないと私は思います。

大きな金額になればなるほど、金利のバカバカしさに気が付くものです。

しかし大きな金額に困った時って、周りが見えなくなり金利の罠にハマりやすくなります。それが人間です。心理ですね。

少しの金額、一時期の金策、そんな時に、お金を借りる事の大切さを当サイトは伝えていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

ここが本場!総量規制でも借りれた!本当にお金借りれるところ!

総量規制関係なく、お金を借りれるところを当サイトは紹介しています。

しかし総量規制はクセモノで、総量規制をオーバーして借入できる消費者金融は皆無に等しいと言われています。

それは消費者金融の組合や協会で決められたことで、その組織のルールに反することをやったらいけないからなのです。

例えば、大手の消費者金融A社が、単独で金利を激安にし、審査基準も激甘に設定。総量規制で審査に通らなかった顧客を全部受け入れる事をしたとします。

顧客は当然増えますが、貸し倒れになる可能性が大きく増えます。

そして他社よりも金利が低いので、顧客は増えるでしょう。しかしそんな事をしたら、貸金業協会が黙っていません。独占禁止法です。

過去にビール会社でもありましたよね。酒税は一律でどこの会社も同じですが、ビールの金額を低くして価格競争。消費者金融業界でも金利の下げ合いをすれば、共倒れしてしまいます。

これがあるので、消費者金融の金利も全社同じような金利なのです。

総量規制も同じ意味です。お金の貸しすぎを抑制するための制度です。

ルールを決めて、年収の数分の一までしか絶対にお金を貸してくれません。

これが消費者金融全社、総量規制オーバーは絶対にお金を貸してくれません。

仮に自分自身が、消費者金融からお金を借りられなかったらどうなるでしょうか?

もう最悪な状況に追い込まれ、精神的に病むのは間違いないでしょうね…。

それを助けてくれるのが、ここでも紹介し続けている中小系の金融なんです。

大手のルールにはない、独自の消費者金融です。これが本場の金融です。総量規制オーバーでも借り入れ可能な、本当にお金借りれるところです。

なかなか知ることは出来ませんし、初回は緊張するとは思います。しかし総量規制でもお金借りれるところは数少ないのです。

自分自身にもう一度問い合わせ、お金を考えていきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

サラ金でお金を借りたい話【お金の相談所】

サラ金でお金を借りる体験談の紹介です。

消費者金融でお金を借りていく中で、「サラ金」や「街金」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。

しかしその言葉の意味の違いなど、未だに人に聞けずによくわからない方も少なくないと思います。お金の相談は中々切り出せないものですよね。

サラ金も消費者金融も街金も、意味は同じなのです。言い回し方が違うだけで、意味は同じです。

サラ金=サラリーマンが利用する金融という造語です。

街金=各街に存在する金融屋さんという意味です。

消費者金融=読んでそのまま、消費者(私たち市民)が利用する金融(金貸し)です。

誰がいつ作って言い出した言葉なのかは、ウィキペディアにも詳しくは載っていません。結局流行り言葉みたいな感じだったんでしょう。よくあるのがどこかの週刊誌が勝手に言い出して、それが広まった説や、業界用語が広まった説など、様々な説があります。水曜日のダウソタウソでその説の解明をやってほしいものですね(笑)。

当サイトではそのサラ金でお金を借りた経験者のリアルな声を集めて、日々増やしていきます。お金の悩みは人それぞれ沢山ありますし、違った事情があります。どうぞ参考にされてください。


人生が変わる出来事で、お金に困ってしまった。

(神奈川県/20代/男性)

僕は高校を卒業し、某企業に就職することができました。親も安心させることができたし、生活も安定して5年がたった時の事です。地元の友人と飲んでいて、飲み終わってコンビニに行っていました。僕はまあまあ酔っぱらっていて、駐車場でぐったりと休憩していたら、友人が誰かと絡み合いをしていました。たぶんちょっとした口論だったと思うのですが、僕は止めに入ろうとしたらパンチを貰ってしまい、そのまま意識を失ってしまいました…。気が付くと病院に居て、気が動転して暴れてしまい…。病院にも迷惑を掛け、器物損壊。会社にも知らせが当然入り、僕は実質解雇処分になってしまいました…。人生が一夜にして激変してしまいました。そこからお金に困ってしまった僕は、どうにか再就職をします。しかし親にも迷惑を掛け、お金を借りました。本当に人生が変わる出来事、これでお金に困る。最悪ですから、みなさんもトラブルには絶対に巻き込まれないようにしましょう。そしてお世話になったサラ金には、必ず遅れないように返済しましょう。


調子に乗って。そのまま借金。

(神奈川県/20代/男性)

こんにちは。私がサラ金に出会ったのは、カジノにハマってしまったときです。当時インターネットカジノというものが凄く流行っていて、ネットカフェ的な場所で簡単にオンラインカジノを楽しめるお店が多くありました。たぶん警察官と癒着はあったと思います。捕まらなかったんでね。でも、調子にのってそのまま借金をしてしまうという、ありきたりな行動をしてしまった私。最高で500万円は借りていたと思います。確実にブラックリスト入りしていました。

ブラックリストになってしまったら、どこからも即日融資が出来なくなります。まさに借金の負の連鎖とでも言っていいでしょう。カジノで少しだけ勝って、ちょっとした小金持ちになった気分になってしまうと、即日融資と借金で負の連鎖。終わってしまいます。あのバドミントン選手のカジノ事件がありましたが、気持ちは良く分かります。国がもう少し守るべきでしょう。まあやる事とやった事は自業自得、個人の責任ですが。。。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

消費者金融で借入をする時の心境

皆さんの、消費者金融でお金を借入する時の心境はいかがでしたか?

私は緊張した記憶があります。やはり、無人契約機に一人ではいったもんですから。当時はまだ若かったのです。

でも嬉しいのが、ああいう無人契約機って、意外と人通りが少ない場所に設置されていたりするものです。

人目につかないように契約できるように、それなりの配慮を感じられる場所に設置されています。

人それぞれお金の使い方は違いますが、お金を借りているという行為は同じことなのです。

私の場合はやはり罪悪感はありました。「親が知ったら悲しむだろうな…」と。

それと同時に、自分に甘えた心もありました。「最悪の場合親にお金を借りて、返済すればいいや!」と。

この甘えた気持ちが罪になります。結局自分の好きな事ばかりして、遊びのお金に消えていきます。

そのまま借金は残り、ちょこちょこ毎月数千円返済、利息だけを入金しているような状況でした。

このような経験がある方は、私一人だけではないはずです。

自分に甘えてパチンコやスロットばかりしていましたので、そりゃお金は無くなりますよね。

消費者金融でお金を借りなければ生きていけませんでした。

ずっと借入することばかり考えていました。

お金に困っている心境をそのままにしていたら、精神的におかしくなります。10円ハゲが出来る人の心境でしょうか。過度のストレスです。

慣れてしまうといいのですが、やはりお金が無い状況に慣れる事は難しいです。

消費者金融は、そんな悩みを解決してくれる特効薬でもありますが、一歩間違えたら借金地獄になりますので気をつけてお金を借りていきましょう。

当サイトでは、大手消費者金融からもお金を借りられなかった人の為に、借りやすい中小系の消費者金融を紹介しています。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!