大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2016年02月一覧

有名貸金業者は総量規制でも借りれる消費者金融?

総量規制という言葉を聞いたことがある、という方は多いと思いますが基本的にはこれは年収の3分の1以上は借り入れが出来ない、という貸金法のひとつです。2010年の6月に施行されたものですが、これにより多くの方が以前のように年収に関係無く即日融資を出来なくなったようで、困った声が聞かれています。

さて、この総量規制なのですが適応されているのは大手消費者金融です。レイクやプロミス、アコムなど誰も知っているような名前の大手消費者金融がこの総量規制の対象とされています。アイフルは銀行系の消費者金融ですので総量規制が無い、と言われていますが、銀行系ですので結果的に審査は簡単では無いわけで、アイフルだけが貸付けを行えば業界内の反発もありますし、そうそう簡単に融資を行うことができないのが実態です。

アルバイトでも派遣社員でも、契約社員でも借り入れができる消費者金融で借り入れが出来ないのであれば、八方塞がりの状況。もう、1円もどこからも借り入れができないのです。

しかし、中には総量規制でも借りれる場所もあるので覚えて置いた方が良いでしょう。まず、銀行は総量規制外です。極端な話ではありますが、年収が1万円であっても100万円を借り入れすることだってできます。

しかし、銀行は当然ながら信用を第一に考えているので、仕事や今までの信用情報、借り入れ履歴などなど、細かい部分に至るまでじっくりと調べられます。

つまり、借り入れが出来ない可能性の方が大きく、総量規制云々の話なのです。また、マイカーローンや住宅ローン、個人事業主に対する事業資金なども総量規制外ではありますがこれも非現実的な話です。

住宅ローン、カーローン、個人事業主向けの貸付けは口頭で「家を買うから1000万円って借りれますか?」「300万円の車が買いたいから、200万円借りれます?」「新しいアプリを開発するので、100万円明日借りれますか?」などそういった、何も証拠の無い人には融資は行いません。

やはり、それなりに厳しい審査とウソのような量の書類が必要なのです。こういった現状を考えると、総量規制ですでに借り入れが出来ない方はもう手立ては無いのか?と、落ち込んでしまうでしょう。

しかし、総量規制でも借りれる可能性がある場所があります。それが、一部の街金、ソフト闇金などです。街金、ソフト闇金は自社審査を行っているため、ブラックでも融資を行っています。しかしなんだかんだ言っても不安要素は残ります。

どうも名前が不安を煽るという思いのある方もいるでしょう。そういった方におすすめなのが、当サイトでも紹介している地方の中小消費者金融です。

一部、といったのにはわけがあります。総量規制外という自社審査を行っているのは、本当に優良な中小金融だけです。例えば、フクホーは中小金融としてはかなり有名ですし、消費者金融の業界に詳しい方であれば知らない方はいないと思います。できることであれば、こういった大手にも近いレベルの中小金融で借りたい、と思う気持ちは当然だとも言えるでしょう。

しかし、フクホーはばっちり総量規制の制度を守っています。それがいけない、というわけではありませんが、これでは大手消費者金融と何ら変わらずに殆どの方は大手消費者金融を目指すことでしょう。

そんなフクホーでどうしても借り入れしたい、という方はおまとめローンを選択するしかありません。おまとめローンというのは、多重債務者のための救済策として生まれた商品です。A社、B社、C社などから50万円づつ借り入れを行っていた場合、月に3回返済日が訪れるわけですから精神的に疲弊してしまうという状況が起こります。そこで、それらを全て一括で一社が賄おうでは無いか、ということで生まれたのが、おまとめローンなのです。これは、総量規制でも借りれます。

しかしながら、これは返済専用の貸付けとなっているので自由に使えるお金ではありません。さらに、年収と同レベルの金額を融資するわけですから審査も当然厳しくなります。

総量規制の範囲外で誰もが知る名の知れた場所で借り入れする、というのは案外難しいものなのです。優良街金、ソフト闇金など、素晴らしい場所は多くあります。総量規制で悩んでいる方はこういった場所を選択することも考えておきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

「どこもお金借りれない人」が借りる、消費者金融を検証!

「お金を借りれない人=何かしらのお金のトラブルの経験がある人」という事が結論づけれます。

決めつけるのは良くないですが、本当にどこもお金借りれない人には原因があるのです。

そんな「どこもお金借りれない人」が、実際に借りている消費者金融はあるのでしょうか?

当然、銀行や有名消費者金融などでは絶対にお金借りることは不可能です。

これは100パーセントです。言わばブラックと呼ばれる「お金借りれない人」が、実際に銀行などからお金を借りているとするならば、それはブラックになる前にローンの契約を済ませていたりすることです。もしくは虚偽の記載です。

現在は年々審査は厳しくなり、虚偽の記載をしてしまうと訴えられる可能性がありますので絶対にやめましょう。

では本題ですが、どこもお金を借りれない人が借りる消費者金融。私が微力な経験ながら、知っている限り検証してみたいと思います。

クレカの「キャッシング枠」について

まず、一番借りれる可能性が高いのが、「クレジットカード(クレカ)キャッシング」です。

今お持ちの銀行のキャッシュカードやクレジットカード。それには「キャッシング枠」と言うのがあります。

キャッシュカードを契約する際に申し込むもので、ブラックになる以前に持っていると思います。

銀行が発行していますが、実際は保証会社・カード会社が運営しています。申し込みの際にクレジット機能を付加してなければ、ありません。

既に利用している人も多いとは思いますが、ブラックになりどこもお金借りれなくて、今お金に困っている人でこれを知らない人は、お持ちのカード裏面を見てみてください。銀行ではなくカード会社の名前が記載してあれば、ブラックでも借りれる可能性があります。暗証番号が必要ですが、詳しくはカード会社に電話で問い合わせてみたらいいでしょう。

借りれる金額はおよそ5万〜10万円です。最初の契約時に決めています。

返済は、毎月10日に口座振替です。分割(リボ払い)で月々1万円です。利息は元金完済月の後、数千円引き落とされるでしょう。

ここでの注意は、「クレジットカードの現金化」です。

「クレジットカードの現金化」は、このシステムを悪用して手数料を取る、違法行為です。

キャッシング枠ではなく、ショッピング枠を利用します。10万円の商品を買ったことにして、手数料を差し引き8万円ほどお客様に。そして返済は10万円プラス利息を分割です。ヤクザ屋さんの凌ぎでギフトショップだったり、中古車屋さんがする「カラローン」。これも同じシステムです。悪い人たちがやることなので、巻き込まれないよう気を付けましょう。

正直、私はどちらも経験があります。どこもお金借りれない、究極にお金に困ってしまった場合は、そこを頼る気持ちも分かります。自己判断でお願いしたいところです。

では、カードのキャッシング枠の次に、どこもお金借りれなくて困っている人にありがたい情報です。

消費者金融の中でも、1流・2流・3流と段階があります。

1流は、プロミスやレイク、アコムなど、メガバンクが主体となっている消費者金融です。これは先程言いましたが、ブラックは完全NGですね。

2流は、フクホーやエイワなどの、地域に根付いている老舗の純消費者金融。前述した1流と言う、メガバンク系の消費者金融になったのはここ最近で、1流消費者金融と言えども、言わば銀行の2軍なのです。

ここでは2流と呼んでいて大変失礼なのですが、本当の金貸し屋さん・純粋な消費者金融と言うのは、サラ金(サラリーマンが簡単に借りやすい金融)、街金(街を縄張りにしている地元の人たちがやっている金融)の事です。従って、一昔前の1流消費者金融というのは、今の銀行系の消費者金融ではなく、今の中堅金融なのです。

3流は、2流よりタチが悪い会社です。営業許可が無かったり、武闘派だったり。これをご存知のとおり「闇金」と言います。

今ではソフト闇金と呼ばれる、限りなく2流に近づけた金融もあるようです。ただお金を貸して、少し多めの金利を取るくらいならまだ分かりますが、3流が本当に悪いところは、詐欺や人の心を踏み躙るような事を平気ですることです。全部が全部悪いソフト闇金ではありませんが、優良なソフト闇金を見つけるのは至難の技です。

2流の消費者金融ならば、「どこもお金借りれない人」でも借りれます。

先程は2流と言いましたが、本当の意味での消費者金融は、中堅金融、街金なのです。

街金なら、ブラックでもどこもお金借りれない人でも、借りれる可能性は十分にあります。

但し仕事をし、安定した収入がないとお金は借りれないようです。生活していく中で当たり前のことですが、何らかの理由で職を失い求職中だったり。そんな悩みがあるかたは、まだ借りれる可能性はあります。

完全な虚偽の記載や、明らかな生活保護で無職、パチンコニートで無い限り、求職中・転職中でも借りれます。

特に私が一番オススメする純消費者金融、地方の街金があります。

それがこのサイトでも紹介し続けている「どうしてもお金を借りたい時に借りれる消費者金融」という消費者金融です。

地方にありながらもインターネットで、全国のお金に困った人たちに融資を行なっています。

お金に困るのは誰にでも起こりうる事です。審査基準もそこを考慮しています。

以上、「どこもお金借りれない人」が借りる為に、消費者金融を管理人独断にて検証しました。是非参考にされてみてください。

ここからは、どこもお金借りれない人でも借りれた口コミを紹介します。

どこもお金借りれない人の口コミ

俺がどこもお金借りれなくなった、最悪な状況…

俺が消費者金融からお金を借りた話。あの頃は本当に最悪な状況だった…。実は、嫁に浮気がばれてしまい、家を追い出された。慰謝料も請求され、人間が変わったかのようにやり直すことも出来ず、そのまま離婚した。子供が居なかったから、元嫁の方は離婚するタイミングを見ていたんだろうか。慰謝料でお金も無くなり、今までパチンコばかりしていた俺は更にどっぷりギャンブルにハマっていったんだ。消費者金融からお金を借りて、遊びまくってきたツケが回ってきたんだと、今は思うよ。そして結局は、ブラック?になっちゃって、どこもお金を借りれなくなったんだよね…。もう最悪だった。そんな時に、お金の相談所サイトを見っけてさ。今お金を借りれてるって感じなんだ。(東京都福生市/会社員)

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

現代の借りにくくなった金融を考える

お金に困っている方が利用する貸金業者の代表格といえば、消費者金融です。大手消費者金融と言われているプロミスやレイク、モビット、アコム、アイフルはテレビCMなどにも力を入れているので誰も知る存在となっています。

2010年6月以前、貸金業法などが現在よりも厳しく無かったことからも、年収に限らず信用さえあればどんどん融資を行ってきたことは言うまでもありません。その結果、多重債務者を増発させ債務整理、自己破産者など社会問題にまで発展するような状況が起こります。そういった問題を無くすため、金利を始めとした貸金業法が厳しく制定され、2010年6月から施行されたわけです。

さて、そんな貸金業法の改定によっていくつか借り入れ条件が変わっていたのですが、総量規制の問題で頭を抱える方が増えているようです。総量規制というのは年収の3分の1以上は借り入れができない制度です。

例えば、300万円の年収があった場合は1社のみならず全ての借り入れ総額が100万円を超えてはいけません。年収の3分の1である100万円を限界ギリギリまで借り入れしてしまった場合、どんなに資金繰りに困ってしまったとしても1円も融資を受けることができない、という厳しい制度なのです。

当然、多重債務者を減らすための救済的な措置ではありますが、どうしても借りたいのに年収の問題で借り入れできない時は困ってしまうものです。大手消費者金融と言われるプロミスやアコム、レイクなどは銀行のビッグバンクの傘下に入っていますし、審査もそれなりに厳しくなっています。

お金に困っている人ではなく、お金と信用に余裕のある、ホワイトないし総量規制にもかからないような方が有利な「銀行的融資」を行うようになってしまったのです。この状況に嘆く方も多く、もう大手消費者金融は終った…と言ってる方もいるほどなのです。さて、そんな総量規制などの問題で使いにくくなった大手消費者金融。

何と、アイフルだけは銀行の傘下では無く、昔のまま自社審査を行っているという噂が飛び交っています。自社審査というと、昔ながらの大手消費者金融のやり方を貫いているという印象があり、総量規制も無いと思われがちです。

ネットなどの情報では、年収の3分の1以上であっても借り入れができる唯一の大手消費者金融と話題ですが、実際はどうなのでしょうか。

残念ですが、銀行の傘下だろうが無かろうが、消費者金融のような貸金業者全体で守らなければならない制度ですので、アイフルにも総量規制がかかっています。むしろ、銀行の融資は総量規制外なので、銀行の傘下に入っていなければ逆に総量規制がかかりやすくなるわけです。

アイフルには総量規制が無いと思って審査を受けに行ったのに、けんもほろほろに審査落ちさせられた…と嘆く方もいると思いますが、下調べが重要ですね。一応ですが、アイフルで総量規制がかからない商品もあります。

かりかえMAXとおまとめMAXというものです。基本的には、双方のおまとめローンと言われる、他社などでの借り入れを返済のために借り入れできる商品です。

例えば、400万円を4社で借り入れしていた場合は、アイフルが400万円を融資してくれ一本化できます。金額が多いために総量規制外という特殊な商品となるのですが、返済専用のローンとなってしまうために、自由に使えるようなフリーローンではありません。さらに、金額が大きくなる分、審査も厳しいとされています。

複数社で借金を抱えており、返済日の多さと金利に苦痛を感じている方であれば良いと思いますが、ただ現金を即日融資して欲しい方には向かないローンです。

総量規制外で借り入れしたい、というのであれば、大手消費者金融や有名中小金融は除外すべきでしょう。実は、ここで紹介している優良街金や地方金融という場所は本当に自社審査を行っているので、申し込みした借主の状況で融資を判断してくれます。

それが、年収の3分の1以上であっても関係ありません。返済能力があり、あまりにも信用に欠ける人物でなければ総量規制外で即日融資が可能なのです。甘い誘惑にも聞こえるため、中には危ない悪徳業者も混ざっているのは仕方ありません。

しっかりと情報を集めておけば、総量規制外で即日融資が可能です。ぜひ、考えてみてくださいね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

どうしてもお金が必要なときに借りれる消費者金融

どうしてもお金が必要なとき、そんな時にどこからもお金を借りれない。

今、そういう状況にある人は居ると思います。

そんな、どうしてもお金が必要なときに借りれる消費者金融があれば、少なくとも精神的にも経済的にも救われる人はいるでしょう。

でもそのような消費者金融は、闇金じゃないのか?高利貸しで地獄への入口なのではないか?など、危険なイメージが付きものですよね。

しかしよく考えてください。そのような危険な消費者金融、弁護士さんや相談所などに言えば対処してくれるはずですよね。

だって違法で金貸しをしているのですから、借りる側には非はありません。お金に困りすぎたからといって、安易に闇金から借りる人なんて余程の債務者です。

今の時代は総量規制など、借入に制限が有りすぎです。全ては信用を見られますから、対人でお金を借りる事は非常に珍しいです。

私がここで紹介している消費者金融も、今の時代に沿ったどうしてもお金が必要なときに借りれる消費者金融であり、インターネットで審査の申し込みが無料でできます。

審査に通ればそのままお金を借りれるわけですが、中小系の消費者金融なので借入金額は少額と思います。

でも金利などは銀行の基準にあわせていますので、大手の銀行系の消費者金融と変わりません。

そして何よりも一番借入側の気持ちを分かってくれるのが、審査落ちした、どこからも借りれない人、総量規制オーバーでも借りれる可能性がある消費者金融ということなのです。

借りれる金額は多くはありませんが、どうしてもお金が必要なときに借りれるという点では、融通が利く本当の意味での「お金の融通」まさに「金融」ですね。

絶対に全員が借りれるというわけではないのですが、本当にお金に困った人に少しでも救済措置になればいいですね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

優良な消費者金融でお金を借りたい

お金を借りたい時は誰にだって訪れるはずです。

若いときから貯金をしてても、継続して10数年貯金をし続けれる人は、本当にごくわずかだと思います。

私も18歳から仕事をして、22歳の頃に50万円貯めましたが、不慮の事故にて貯金が全てぶっ飛びました。

そこから貯金はしていません。貯金する前に、稼いだお金は更に使います。そうすると仕事もうまくいくような気がするのです。

人それぞれお金の価値観は違いますよね。

今回はお金を借りる際に大切なことを言いたいと思います。

お金借りるなら、少しでも優良な消費者金融と出会えることが大切です。

銀行や、テレビCMなどで知名度がある消費者金融が必ず優良店ということとは限りません。

だからと言って有名どころが劣悪店というわけでもないですが。

優良な消費者金融でお金を借りたい人におすすめするのが、まさに中堅の消費者金融です。

この機会に、お申し込みをしてみるのも良いかもしれませんね。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

様々な種類、色々なスタイルの消費者金融が有ります。

消費者金融には、様々な業態の会社があります。

各消費者金融会社によって、色々なサービスの違いや審査の基準が異なり、利用者、債務者のニーズに合わせて消費者金融側も企業努力をしているものです。

ここで消費者金融用語を簡単におさらいしますと、金銭のやりとりでは

お金を借りる人のことを=債務者(さいむしゃ)

お金を貸す人のことを=債権者(さいけんしゃ)

と言います。厳密にいえば難しい言葉が並んで、物の売買・金銭の売買などで意味は変わってもきますが、基本的に債務者と債権者の関係はこれですね。

そこで、様々な種類やスタイルの消費者金融があるということなのですが、ここから私の面白話も混じえながら解説していきたいと思います。

まずは銀行の金融商品を解説

これは我々国民には切っても切れぬ関係というのは言うまでもありません。銀行を利用したことない30代以上の方はいないでしょう。

実家で学生生活を送っている方は、20代でもお金のことは親に任せっきりで銀行など金融機関を利用したことがない人も居ると思います。

この銀行系の金融商品。フリーローン、おまとめローン、自動車ローン、住宅ローン、学資ローンなど、様々な商品があります。

銀行も善意で仕事をしているわけではありません。

ではなぜ銀行のものを「商品」と呼ぶのか。そこには金利というローン売上があるからです。

この金利が、銀行(金融)のほぼ全ての収入源です。

銀行の場合は我々国民に対して、絶対に仕事をしていないとお金貸してくれません。過去に延滞や滞納の実績がある人にも絶対貸しません。

とにかく審査が厳しく、その分大きな金額を低金利で貸してくれるということです。まあ普通にサラリーマンで普通に返済していれば借りれますけどね。

次に消費者金融を解説

タイトルのように、消費者金融には様々なスタイルがあるということです。

消費者金融。まあ「銀行系」を付け加えて良いでしょう。なぜなら、銀行と変わらないからです。テレビCMでよく見かけるプロミsやモビッT(三井住友銀行)やアコM(三菱東京UFJ銀行)、レイk(新生銀行)などの事を指します。

気づきましたか?アイフRの名前が有りません。アイフRに限り、銀行系ではなく個人の会社なのです。京都の街金から始まったんですよ。チワワや高利貸しなど何かと問題もあったみたいですが、あべ静江から始まり安田美沙子から今ではバナナマンまでCMしている金融の大企業ですね。私は審査落ちましたけど、今思えば借りなくてよかったな。

話は戻してこれら銀行系消費者金融の場合、何が銀行と違うのか?答えは、融資額です。

消費者金融の場合は基本50万円までが融資上限となります。

え?公式サイトには300万円まで!と書いてある?ええ、これにはカラクリがあります。

うちは低金利ですよ!とアピールするために、わざと大きな金額を提示しています。融資額が大きければ大きくなるほど、金利も下げれるからです。その分長期間、5年から10年かけて分割で返済しなければなりませんので、結局は大きな儲け額になるわけです。1年間で5%の金利でも、300万円なら年間15万円の売上ですから。これが5年以上確定すれば、銀行は喜んで貸します。ユダヤ人はすごいことを考えますね。(銀行、金利はユダヤ人が発祥)

しかしそんな簡単に、消費者金融から300万円もの大金を借りれると思いますか?

まず、「無理」です。あ、我々一般庶民、平均年収またはそれ以下の人には無理ということです。

なぜなら、今の出資法では総量規制という制度があります。私のサイトにも散々総量規制の記事を書いてきていますが、年収の1/3までしか消費者金融ではお金を借りれません。

従って、300万円以上消費者金融からお金を借りたい!と思っている人は、年収が900万円以上ないといけません。

年収900万円ですよ?月収ですと75万円…。月に70万円ももらってて、お金を借りるという神経が分かりませんけどね。

まあプチセレブ的な人たち向けにある金融商品と言えます。

話は戻りますが、基本消費者金融というのは、融資額は50万円迄の小口融資です。年収150万円のアルバイトの方、住み込みの飲食店の方でも借りれますよ!と言うことです。

でもね、そんな簡単には審査に通らないのです。私も何回も審査に落ちました。債務がたくさんあったからですね。

まあ銀行と同じで、普通にサラリーマンしてて、真面目に家賃や携帯電話の支払い、各種ローン返済の遅れもなければ問題なく借りれるでしょう。

では、その消費者金融でも審査に落ちてしまった場合。どうしましょう?

銀行系消費者金融でお金を借りれなかった人は街金という選択

闇金?いえいえ、闇金は最悪ですよ。絶対ダメです。

闇金以外にもあるじゃないですか、聞いたことありませんか?

「街金」です。

確かに聞いたことないかもしれませんね。街金と聞くと闇金と似たようなイメージがありますからね。

これは大きな違いがあるんです。闇金は営業許可がない、完全モグリな金貸しです。

街金は、消費者金融と同じで金融庁に営業許可があります。

言わば、中小消費者金融、中堅消費者金融とでも言いましょうか。

銀行系消費者金融がトヨタ、ニッサン、ホンダだとしたら、中堅消費者金融はキムコでしょうか。

キムコ?なにそれ?木の子?キムチ?え、誰?おばさんの名前?

はい、キムコは台湾のオートバイメーカーです。日本ではごく小さな市場でしょうか。詳細は定かではありませんが、ウィキぺヂアには載っています。

でも、キムコのスクーターに乗っている人もいるんです。愛用している人もいるんです。

中堅消費者金融も、同じことが言えます。そんな会社聞いたことないけど、使っている人もいるんです。お世話になっている人もいるんです。

ではこの中小消費者金融。銀行系消費者金融と何が違うのか?

まず、審査が違います。完全自社で選定します。もちろん無職だったり、借り逃げするような危ないブラックリストの人間には貸しませんが。

でも同じブラックでも、非常に真面目なブラックの方だって多くいるのです。

たまたま仕事の転職の合間で収入がなかったり・・・(コレ、私)

稼いでいるけど貯金せずにギリギリで生活してきてたり・・・(コレも、私)

返済の遅れはないけど、他から借りててまた次に借りかったり・・・(これも僕です)

ついパチスロに熱くなってしまって、天井単発を連続で喰らったり・・・(そんなの関係ない)

でも真面目に生きているんです。お金に困って銀行に相談しても、相手してくれないのです。おまとめローンを奨めてきますが、絶対に債務整理とおまとめローンはしてはいけません。地獄見ます。自力が一番です

そう、中小消費者金融なら、50万円までなら銀行系消費者金融と同じ金利でお金を借りれる可能性があるのです。

自社審査のシステムなので、審査に落ちてしまった真面目なブラックの方でも相談に乗ってくれる、それが中小消費者金融ですね。

キムコも悪くなければ、街金も全然悪くないです。

借りるのは本人次第ですからね。以前記事でも書きましたが、この街金の審査にも落ちるようでしたら、ヤミ金に相談する前に、親に相談する勇気が大切なのです。

キムコばりに街金も無名ですが、今はインターネット融資の時代が始まっています。

地方にある中堅消費者金融も、過疎化などでお客さんを捕まえるのに必死でしょう。

やはりこのチャンス、インターネット融資で街金からお金を借りれるようになったわけですから、生かすも殺すも自分次第でしょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

親からお金を借りる勇気

どうしてもお金借りたい時…。お金に困った状況が続くと、自分自身を見失ってしまうものです。

私は多重債務の経験者です。自分で稼いだお金、自分で使ってきたお金、自分でどうにかする!と常に考えていました。

しかし頼るところもなく、考えついたのが消費者金融。

既に消費者金融からお金を借りている先輩に相談し、無人契約機に付いてきて貰ったのを昨日のように覚えています。

気が付けばお金を借りて10年近くになります。その間に何度も何度も完済しました。しかし気が付いたらまたお金を借りているんです。無意識ではないのですが、ほぼ無意識と言っていいでしょう。便利になりすぎたおかげで、金銭感覚も狂ってしまいます。たった1枚のカードで、コンビニで、24時間365日、自分のお金のように引き出せる=お金を借りることができるのですから…。

特にまだお金に慣れていない若い世代の人は注意です。

簡単に10数万円手にしてしまうと、精神崩壊、金銭感覚が崩壊します。

その後待っているのが借金地獄。金利は恐ろしいですよ。

私は上記のような若い時代を過ごしてきました。だから言えます。

恥ずかしながら、目が覚めたのは30歳を過ぎてから。気づかせてくれたのは紛れも無く「親」でした。

お金に狂ってしまっていると、他人の言うことは絶対に聞きませんし効きません。嘘も平気です。

隠して隠して気が付けば手遅れですね。がん細胞のように・・・

しかし、がん細胞とひとつだけ違う点があるのです。

それは、「末期でも治る」ということ。

借金地獄から解放されるための一番の治療法…それが

「親からお金を借りる勇気」です。

元金を立て替えてもらえると、まず損はしません。親ですから、分かってくれるでしょう。

そして立て替えてもらった元金を、分割して親に返済すればいいのです。するとある感情が芽生えてきます。

「おれ、がんばろう」「わたし、がんばる」

直接的なコミュニケーション不足と言われる現代。なにもかも便利になりすぎて、親への愛情、親からの愛情を忘れていませんか。

親のためにお金を貯める、親のために借金を返す。これは愛情の一つです。

自分でどうにかしよう・・・と考え込まず、とにかく親からお金を借りる勇気が一番大切です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!