【消費者金融】どうしてもお金借りたいお金の相談所

消費者金融でお金を借りたくてもどこも借りれない…。どうしてもお金を借りたいのに、お金を借りれない悩みは誰にもあります。そんな消費者金融のお金の相談所をよろしくお願いいたします。

大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。

お金を借りる お金借りる方法 未成年

未成年がお金を借りれる消費者金融!

投稿日:2015年4月3日 更新日:

未成年者が契約できない理由

お金の質問の中でよくあるのが、「未成年ですがお金を借りたいと思っています。」や、「カードは何歳から申し込めますか?」・「未成年でもお金借りれますか?」といった内容のものです。

キャッシングができるのは基本的に20歳からで、実は未成年はお金借りれない日本の法律になっています。

「基本的に」といいましたが18、19歳の未成年でもお金借りれる例外もあります。

今回はなぜ未成年が借りられないのか?そして例外で未成年がお金を借りれる場合はどんな場合か?解説していきましょう。

未成年者は、現在の日本の法令によってお金の貸し借りができない…と言われます。

現に多くの消費者金融や銀行・信販系ローン会社・クレジットカードなどほとんどの場合において、融資条件として「成人であること」を掲げており、未成年に融資やキャッシング枠を提供している金融業者はごく僅かです。

しかしながらこのごく僅かの中に、中小消費者金融や、デパートのショップカードなどの一部、個人系のキャッシング会社などは、親の同意の下であればキャッシング枠や融資条件枠など例外でお金借りれる場合もあります。

未成年、法律用語では・・・?

民法4条において、成人は満20歳とする規定があるため、未成年はそれ以下の満19歳以下の人を指します。

基本的には年齢で成人を未成年者を区別しますが、年齢的には未成年でも民法753条により、婚姻している人は成人とみなされます。

つまり男性は満18歳、女性は満16歳からでも、婚姻関係の下では成人として考えてよいという事です。

そして2016年の法改正により、基本的に成人からとされてきた参政権(選挙に参加が出来る権利)が18歳以上の男女となり、未成年としての議論は常に行われています。

私個人的には、18歳から成人としていいと思います。つまりお金を借りられない未成年者は、18歳以下と考えています。※あくまでも個人的な意見です。

未成年者の権限など・・・

未成年者は民法第5条により、法律行為を行うことに制限をかけられており、未成年者が法律行為を行うためには法定代理人の同意が必要になります。

法定代理人とは一般的には両親であり、法律行為とは今回のお金のお話だとお金の貸し借り、つまり融資を受ける契約をすることです。

未成年者がお金を借りる、キャッシングをする場合には、親の同意が必要になるということです。

婚姻によって成人とみなされている人は法律行為を行う権限を持ち、親権を行使することができる権限を持っているため、法定代理人の同意が必要ありません。

つまり、法律上は婚姻している者は、年齢的には未成年でも、親の同意なしにキャッシングの契約を結ぶことができます。

飲酒・喫煙・選挙権については、婚姻は関係なく年齢で制限されています。(先述した通り、選挙権は2016年に18歳に引き下げられました。)

これからは飲酒と喫煙、運転免許などの議論はされていくことでしょう。

未成年者がお金の契約をすると…?

前述の通り民法第5条の規定によって、未成年者がキャッシングなど法律行為を行う場合には親などの同意が必要になります。

しかし場合によっては、未成年者が「親の同意なしに勝手にお金を借りた」ということを行う可能性もあります。

例にするなら、母親に内緒で高価な買い物を買ったり、親の同意なしに自動車ローンを組んだりすることです。

実はこのような場合、未成年者が親の同意なしに法律行為(高価な買い物)を行っているために、無効であるとの主張ができます。

つまり「親の同意がなかったので、その契約は無効です」と言ってその売買契約を白紙に戻すことができるのです。

これをキャッシングに置き換えて話をすると、未成年者が親の同意なしに勝手に融資を受けても、親が後から融資契約はなかったことにできるのです。
しかし、契約の際に「19歳なのに20歳と嘘の記述をした」「親の同意書を勝手に自分で造った」など、少しでも虚偽の内容と判断された場合は全て無効・法律違反となり、場合によっては裁判所で裁かれる可能性もありますから注意が必要です。
これはあくまでも一例です。
このようなトラブルなどを未然に防ぐために、消費者金融会社は未成年には一切貸付を行わないのです。
逆に言えば、未成年でも結婚していれば成人と同じ扱いなので、未成年でもお金借りたい人は融資が受けれます。

簡単にまとめると・・・

今の法律では、貸金業法の総量規制などにより未成年にお金貸す業者はほとんどありません。

もし未成年でもどうしてもお金借りたい時は、学生ローンかクレジットカードのキャッシング枠か一部の中小金融になります。

その場合でも、婚姻していなければ必ず「親の同意書」が必須です。

これらは銀行のキャッシングや、消費者金融でお金を借りる事に関するお話です。

その中でも、未成年がお金を借りれる消費者金融は存在しています。

もちろん、きちんと仕事をしていて、それが証明できることが大前提です。

例えば高卒社会人の方で、公務員の方であったり、大手上場企業の方であったり、きちんと社会保険などを提示して給料明細なども提示できる方ならば、銀行は無理だとしても中小系の消費者金融ならばお金を借りれる可能性は大いにあります。

そんな個人向け中小系の消費者金融は、当サイトで紹介しています。未成年でもお金を借りたい、借りなければいけないという方は、是非参考にされてみてはいかがでしょうか。

ブラックでも借りやすい消費者金融はココしかない↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

-お金を借りる, お金借りる方法, 未成年

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

様々な種類、色々なスタイルの消費者金融が有ります。

消費者金融には、様々な業態の会社があります。 各消費者金融会社によって、色々なサービスの違いや審査の基準が異なり、利用者、債務者のニーズに合わせて消費者金融側も企業努力をしているものです。 ここで消費 …

債務整理後の借り入れ【ブラックお金の相談所】

皆さん、債務整理後の借り入れについて、債務整理経験者の方ならどう思われるでしょうか? ・債務整理後は、カードも作れないしキャッシングもできない! ・当然ブラックリストだから、どこからもお金が借りれない …

【埼玉県さいたま市浦和区】ブラックでもお金借りたい時はココ!

埼玉県さいたま市浦和区の、ブラックになってしまった方は、このような状況だと思います。 ・多重債務でどこからもお金借りれない。 ・総量規制などで、お金を借りる際の制限がされてしまった。 ・仕事を辞めてし …

【山口県山口市】ブラックでもどうしてもお金借りたい時はココ!

【山口県山口市】ブラックでもどうしてもお金借りたい時はココ! 山口県山口市の、ブラックになってしまった方は、このような状況だと思います。 ・多重債務でどこからもお金借りれない。 ・総量規制などで、お金 …

総量規制オーバーで悩む人が即日融資を考える時

総量規制でお金に悩む人は日本中に多くいると思います。お金に悩む方は、様々な事情がありお金に悩むと思います。 今の日本に、お金を借りる人はおよそ3000万人居ると言われていますが、それは銀行であってもロ …

ブラックでもお金借りたい!