大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

2015年04月一覧

【大手消費者金融の落とし穴】

そんな貴方、過去に3件以上の借入がありますか?

また、それを返済し終えてない・滞納をしていますか?

これがイエスの方はおそらく大手消費者金融からは借りることができない可能性が高いです。

大手消費者金融は機会審査で減点対象になります。

そんなに大した総額でなくとも、多重債務者とみなされます。いわゆるブラックですね。

しかし、そんな人は日本にごまんといます。

ブラックになった人が借りれるところとは中小消費者金融(もしくは闇金)です。

自己破産・債務整理・多重債務・申し込みブラック、そんな過去があるブラックの人でも柔軟な審査でお金を借りやすいところがたくさんあります。

中小消費者金融の審査で大事なことは、「返済の意志があるかどうか」です!

お金を借りたいブラックのみなさん、数ある中小消費者金融の中でも当サイトおすすめはこちら↓↓

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【お金を借りたい!審査で大切なこと】

 

消費者金融でお金を借りるには必ず審査というものがありますね。

そこで職業や過去の金融履歴から判断されてOKが出たら融資可能となる訳ですが、こちらで紹介している中小の消費者金融では審査においてこれらより大事なことがあります。

それはズバリ

”人柄”です。

インターネット対応可となっていますが、消費者金融側がネットを通じて送られてきた情報だけでは判断が難しい場合は直接電話でのやり取りをすることがあります。

その際に消費者金融側が「ちょっと融資が難しいかも・・・」と難色の方向だったとしても、電話口での対応が誠実な受け答えだったり返済意欲をしっかり感じとれるような雰囲気であれば、融資可能のGOサインが出ることも!

キャッシングではありませんが、私は賃貸物件の審査でこれに似たようなことを経験しました。

非常に審査が厳しい物件で私の収入では無理かもしれない、と不動産屋さんから言われていましたが・・・

オーナーさんとの電話のやりとりをしたら安心してもらえたようで、すんなり審査を通過することができました。

お金の契約に関することですので、人間性をもしっかり審査されることを念頭においておきましょう。

ブラックだから、不安定な生活状況だから・・・そういったことよりも「私は悪い人間ではありません」というアピールがしっかりできれば大丈夫!

 

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【どうしてもお金借りたい…その時あなたは?】

こんにちは!どうしてもお金借りたい管理人です!

みなさんは、どうしてもお金借りたいときに何を考えますでしょうか?

私はまずクレジットカードのキャッシング枠が使えないか考えます。

しかしクレカのキャッシング枠って、そんなに大きな金額ではありません。

そこで役に立つのが、消費者金融のカードローン!

金額が大きくなければ、クレカのキャッシングと利息はさほど変わりません。

もうすでに消費者金融は利用したことありますって人もいると思います。問題は、審査に通るか否か・・・

どうしてもお金借りたいのに、審査に通らなかったら元も子もありませんからね。

しかし心配はいりません!消費者金融って、あのテレビCMで有名な大手だけじゃないんです!

地方発送ですが全国に振り込んでくれる、田舎のおばあちゃん的な消費者金融も有ります!

どうしてもお金借りたくて悩んだら迷わずここに相談してみよう!

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【ブラックだから闇金しか無理?】

タイトルの通り、こう思っている方っていませんでしょうか。

ひとことにブラックと言っても、そのレベルや種類があると思うんです。

履歴としてやってきたことで、携帯電話の支払いをしていないだけのブラックレベル~お金を借りるだけ借りて有り得ない額を踏み倒していたりするブラックレベルまで。

種類というと、例えば消費者金融A社への返済が遅れているだけならあくまでもA社の中だけでのブラック扱いになることもあります。

その情報が同業他社に反映されているとは限らないのです。

もちろん私が信用情報機関で確認できることではないので自信満々には言えませんが・・・。

ただ今まで相談を受けてきた経験から、よっぽどの酷い記録や履歴を残したブラックさんでなければ、地方などの中小消費者金融の審査には通る確率はじゅうぶんに高いです。

ですから、お金を借りたいから、自分はブラックだろうから、と安易に闇金には近づかないでくださいね。

即日融資の優良的な消費者金融をこちらでご紹介しております。

あなたのお金に関するお悩みが早く解決しますように。

 

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【無人契約機でブラックは借りれる?】

無人契約機の歴史

街を散策しているとよく見かける「無人契約機」。

大手の消費者金融は、この無人契約機を導入したことにより飛躍的に消費者目線でお金を借りやすくしました。

およそ20年前の1993年(平成5年)にこの自動契約機が導入されます。

今では当たり前のようですが、金融業界では歴史的・革命的な事だったんです。

yjimage

 

昔はブラックでも借りれた

2000年(平成12年)の出資法改正により、金利や広告など、数々の金融に関する法律が改正されていきます。金融業界にとって、激動の21世紀のスタートとなったんですね。この以前から「闇金被害」が増え続け、法改正せざるを得なかったという事です。要はブラックでもお金借りれたのですが、脅迫な取り立てや、違法な高利貸しなどが横行したことにより、とうとう金融庁が重い腰を上げたと言う感じですね。

yamikinyuu

現代の消費者金融

現代は法律もある一定の基準が決まり、消費者目線で安定して需要と供給のバランスが良くなってきたと思います。しかし勝ち残るのは大手企業。吸収や統合・合併により今現在の消費者金融大手は、アイフルを除いて全て銀行がバックアップする会社になってしまいました。(アイフルは東証一部上場)2000年代の法改正により上限金利が大幅に引き下げられ、そのグレーゾーン金利の返還にて倒産した会社がほとんどです。逆に潤ったのは弁護士・司法書士などの法律専門家の事務所。それも、今までは広告は禁止されていました。理由は、弁護士などは広告をするものではない、法律家は広告は似合わないぞ・・・という意味不明な理由で禁止されてたんです。

このように現代は違法な闇金は徐々に排除され、消費者にとって健全な金融会社が残ってきたといえます。しかし、ブラック(金融事故でどこからも借りれない人)にとっては、お金を借りる場所が無くなったとも言えます。

だから無人契約機でブラックは借りれない

お金を貸す際に必ず行う「審査」というのは、お金を貸す側の判断で行います。大手銀行系の金融会社は、そのほとんどが無人契約機で審査を行います。その場合、日本全国数万人の顧客情報を一気に相手をしないといけない、作業の効率化を求めて、信用情報機関に一括で審査を行うのです。だから少しでも不備があれば、絶対に審査に通りません。従って、大手消費者金融でブラックはお金が借りれないということです。

そんな貴方の為に中小企業の消費者金融がある

ここまで読んでいただいて、自分がブラックだ・・・と途方に暮れてはいけません。一体何のために、誰のために、中小消費者金融があると思いますか?

一見、中小金融と聞くと「怪しい」「ヤミ金かぶれ」「金利が高い」「取立ての鬼電」というイメージをお持ちだと思います。

よ〜く考えて下さい。よ〜く考えて下さい。

本当に違法なことをしたら、刑務所行きです。

今の時代、昔みたいな違法な所を撲滅するために業界も尽力しています。そのおかげで、闇金広告も確実に日に日に減少しているのも事実です。きちんと金融庁に営業許可を申請し、業務実態の監査実施を終えてから営業しています。

そこで中小金融の役割は、大手で相手にしてもらえなかった、審査に落ちてしまった人がお金を借りれるように、基準を最大に甘く見て審査を行なっています。もちろん、絶対に誰でもお金が借りれるということではありません。信用情報も今は厳しくなっています。一度でも携帯代やローンの支払いなどが遅れてブラックになってしまった人は、大手では審査に落ちてもお金を借りれる可能性大です。

今まで書いたことをまとめると、契約機は大手なので審査に落ちても、中堅企業のインターネット融資なら審査に通る可能性があるということです。

※ご利用は計画的に。借りすぎには十分に注意しましょう

 

 

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【フリーターでもお金借りたい】

※フリーターでもお金借りる方法

当サイトは多重債務や借金などでブラックになり、お金が借りれなくてお困りの方の為になるよう考えて立ち上げた情報サイトです。

過去に金融事故歴がない(ブラックではない)お金にクリーンでお金が必要ない方は、そっと右上の「✖」を押してください。

フリーターとは・・・?

バイトやパート、友人の仕事の手伝い、自由な仕事をしている人を総称して「フリーター」と呼びます。基本的にフリーターはアルバイトの掛け持ちをしています。

フリーターの良いところ・悪ところ

良いところは、時間や仕事量などを選べるといいますか、自分に合った事を出来る状態にあるということです。仮に会社員(正社員)だと、やはり組織社会。上司の言うことは絶対で、逆らうとクビになったり苛められたり、精神的に追いやられる人は後を絶ちません。しかも上場企業ならまだ良いのですが、中にはブラック企業・社長のワンマン経営などが殆ど。世界的に大きな会社(グーグルや任天堂)など一部の素晴らしい会社のイメージが先行しますが、現実はそんなに甘いものではありません。それに比べるとフリーターの場合は、組織に属してはいますが働いた分がまるっと収入になり、立場は低いですが一労働力として重宝されます。社員ほど責任も背負うことなく、開放的に仕事ができます。もちろん良い社員があってこその、良い職場になりますが。

しかし決していいところばかりではありません。

悪いところは、失業保険や社会保険など福利厚生の恩恵が受けれないということがまず一つ。中にはマクドナルドや吉野家など、大手フードチェーンのバイトでも福利厚生がバッチリ完備されている職場もあります。しかしその分給料から差し引かれるので、短期間の場合はあまり必要ないのです。そして突然のクビ宣告など受ける可能性もあるので、決して安定しているとは言えないのが現実です。

フリーターでもお金を借りるなら・・・?

過去には大手消費者金融でフリーターでも、免許証や給与明細だけで誰でも簡単に審査に通りお金を借りれたのですが、最近は「総量規制」の導入で審査に渋られるようになりました。

そこでお勧めするのが「中小消費者金融」です。

プロミスやアコムなどで審査に通る自信がない・・・そんな方でも、中小金融であれば大手よりは柔軟に対応してくれます。なぜなら、中小金融があるのは大手で審査に落ちてしまった人の救済措置的な業種だからです。

怪しくない?中小消費者金融って・・・?

初めてキャッシングしようとしている人は、やはり名前が浸透している大手消費者金融から借りようとします。それはもちろん間違ってませんし、全然いいんじゃないかと思います。

しかし金利はどこも同じです。特に100万円以下の小口融資は大手も中小も統一されています。200万以上の大口貸付になればなるほど、金利の交渉は重要になります。

金利は上限も下限も、貸金業法で制定されていますので、違法な闇金融みたいなトイチなどと言われる事は絶対にありませんので安心してご利用いただけます。

また、金融庁のホームページにて登録営業の検索も出来ます。無許可の金融会社なら検索に出てきませんので、これも利用する際には必須です。

フリーターでもブラックでもお金借りたいまとめ

大手の方が中小よりも金利が低くなっているなど多少の金利の差はありますが

大手で審査に落ちてしまった人の受け皿となる消費者金融はここです↓↓

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

<借金の時効>援用する人も借りれます。

以前の記事で、借金にも時効があると書きました。

それを帳消しにすることを「借金の時効援用」といいます。

援用しようとしている人は、以前多重債務などでブラックになっています。

ブラックでもお金借りたいと思っていることでしょう。

無論、ブラックなら大手消費者金融などではお金を借りることは出来ません。

しかし中小消費者金融ならどうでしょうか?

いわゆる地方の街金融です。街金と聞いたら、闇金と連想する人も多いと思います。

それは大きな間違いです。街金融は、きちんと金融庁に営業許可を届けてないと営業できません。

それを十分に理解した上で、お金を借りることができます。

 

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

未成年がお金を借りれる消費者金融!

未成年者が契約できない理由

お金の質問の中でよくあるのが、「未成年ですがお金を借りたいと思っています。」や、「カードは何歳から申し込めますか?」・「未成年でもお金借りれますか?」といった内容のものです。

キャッシングができるのは基本的に20歳からで、実は未成年はお金借りれない日本の法律になっています。

「基本的に」といいましたが18、19歳の未成年でもお金借りれる例外もあります。

今回はなぜ未成年が借りられないのか?そして例外で未成年がお金を借りれる場合はどんな場合か?解説していきましょう。

未成年者は、現在の日本の法令によってお金の貸し借りができない…と言われます。

現に多くの消費者金融や銀行・信販系ローン会社・クレジットカードなどほとんどの場合において、融資条件として「成人であること」を掲げており、未成年に融資やキャッシング枠を提供している金融業者はごく僅かです。

しかしながらこのごく僅かの中に、中小消費者金融や、デパートのショップカードなどの一部、個人系のキャッシング会社などは、親の同意の下であればキャッシング枠や融資条件枠など例外でお金借りれる場合もあります。

未成年、法律用語では・・・?

民法4条において、成人は満20歳とする規定があるため、未成年はそれ以下の満19歳以下の人を指します。

基本的には年齢で成人を未成年者を区別しますが、年齢的には未成年でも民法753条により、婚姻している人は成人とみなされます。

つまり男性は満18歳、女性は満16歳からでも、婚姻関係の下では成人として考えてよいという事です。

そして2016年の法改正により、基本的に成人からとされてきた参政権(選挙に参加が出来る権利)が18歳以上の男女となり、未成年としての議論は常に行われています。

私個人的には、18歳から成人としていいと思います。つまりお金を借りられない未成年者は、18歳以下と考えています。※あくまでも個人的な意見です。

未成年者の権限など・・・

未成年者は民法第5条により、法律行為を行うことに制限をかけられており、未成年者が法律行為を行うためには法定代理人の同意が必要になります。

法定代理人とは一般的には両親であり、法律行為とは今回のお金のお話だとお金の貸し借り、つまり融資を受ける契約をすることです。

未成年者がお金を借りる、キャッシングをする場合には、親の同意が必要になるということです。

婚姻によって成人とみなされている人は法律行為を行う権限を持ち、親権を行使することができる権限を持っているため、法定代理人の同意が必要ありません。

つまり、法律上は婚姻している者は、年齢的には未成年でも、親の同意なしにキャッシングの契約を結ぶことができます。

飲酒・喫煙・選挙権については、婚姻は関係なく年齢で制限されています。(先述した通り、選挙権は2016年に18歳に引き下げられました。)

これからは飲酒と喫煙、運転免許などの議論はされていくことでしょう。

未成年者がお金の契約をすると…?

前述の通り民法第5条の規定によって、未成年者がキャッシングなど法律行為を行う場合には親などの同意が必要になります。

しかし場合によっては、未成年者が「親の同意なしに勝手にお金を借りた」ということを行う可能性もあります。

例にするなら、母親に内緒で高価な買い物を買ったり、親の同意なしに自動車ローンを組んだりすることです。

実はこのような場合、未成年者が親の同意なしに法律行為(高価な買い物)を行っているために、無効であるとの主張ができます。

つまり「親の同意がなかったので、その契約は無効です」と言ってその売買契約を白紙に戻すことができるのです。

これをキャッシングに置き換えて話をすると、未成年者が親の同意なしに勝手に融資を受けても、親が後から融資契約はなかったことにできるのです。
しかし、契約の際に「19歳なのに20歳と嘘の記述をした」「親の同意書を勝手に自分で造った」など、少しでも虚偽の内容と判断された場合は全て無効・法律違反となり、場合によっては裁判所で裁かれる可能性もありますから注意が必要です。
これはあくまでも一例です。
このようなトラブルなどを未然に防ぐために、消費者金融会社は未成年には一切貸付を行わないのです。
逆に言えば、未成年でも結婚していれば成人と同じ扱いなので、未成年でもお金借りたい人は融資が受けれます。

簡単にまとめると・・・

今の法律では、貸金業法の総量規制などにより未成年にお金貸す業者はほとんどありません。

もし未成年でもどうしてもお金借りたい時は、学生ローンかクレジットカードのキャッシング枠か一部の中小金融になります。

その場合でも、婚姻していなければ必ず「親の同意書」が必須です。

これらは銀行のキャッシングや、消費者金融でお金を借りる事に関するお話です。

その中でも、未成年がお金を借りれる消費者金融は存在しています。

もちろん、きちんと仕事をしていて、それが証明できることが大前提です。

例えば高卒社会人の方で、公務員の方であったり、大手上場企業の方であったり、きちんと社会保険などを提示して給料明細なども提示できる方ならば、銀行は無理だとしても中小系の消費者金融ならばお金を借りれる可能性は大いにあります。

そんな個人向け中小系の消費者金融は、当サイトで紹介しています。未成年でもお金を借りたい、借りなければいけないという方は、是非参考にされてみてはいかがでしょうか。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

   
   

【援用って、知ってますか?】

借金にも「時効」があるのを知っていますか?

時効という言葉は、誰もが一度は聞いたことがあると思います。

刑事事件などよくニュースで聞きます。しかし、時効は聞きますが「援用」は全く聞きません。

私も「援用」という言葉を知ったのは最近で、援用について調べてみました。

ここで詳しく書きたいと思いましたが、今の時代「援用」と検索しただけで沢山の情報が出てきますのでそちらを参考にされてください。

借金の消滅時効の援用をやろうとしている人でも、お金借りたい人は居ると思います。

多重債務から逃れようと、ブラックになってまで借金したと思います。

援用を考えている人は、既にもうブラックです。

そんな援用ブラックでも、中小金融なら借りれます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!