大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はもう古い!?

「総量規制」と検索しても、出てくるのは難しい言葉ばかりです。

ウィキペディアにも、素人には目が痛くなるような文字配列。

金融庁ホームページも、小さな文字で目が痛くなります。

その他、銀行カードローンのホームページには、銀行融資は総量規制対象外で、お金を借りられます!などと営業しています。

そんな総量規制ですが、当サイトでも総量規制オーバーでも借りれる消費者金融!とか、総量規制関係なくお金を借りる方法!などと、今までたくさんの記事を書いてきました。

しかし、身になるお話ではなかったのか、検索エンジンではなかなか表示されにくく、埋もれてしまっていました…。

分かりやすく書いているつもりなのに、難しい文章の説明書きの方が多く検索に選ばれているようです。

では、総量規制を分かりやすく、もう一度書きます。

バカでも分かる、総量規制講座!

そうりょうきせい。と読みます。

2006ねんに、かしきんぎょうほうという法律が出来ました。

そして2010ねんに、施行(しこう)されました。

ウィキペディアには、1990年とか書かれてますが、これはただの行政指導の名目です。

本当の貸金業法の中での総量規制は、2010年の施行によるものです。

ぼくはいままで、重量規制(じゅうりょうきせい)と勘違いしていました。

ヘパリーゼを、ペパリーゼと呼んでいたり、しにせを、ろうほと読んだり、ぼくはばかです。

そうりょうきせいは、お給料を沢山もらっている人にとっては優遇で、お給料が少ない人にとっては、不遇の規制です。

だって、そんな収入証明を、お金を貸してくれる銀行員とかに見せないと、判断をしてもらえませんからね。

その収入証明のいちねんぶんの、はんぶんのはんぶんより、すこし多めのお金しか、借りる事が出来ないんです。(年収の三分の一)

これを審査するのがまさに銀行とか、消費者金融です。

そもそもですけど、お給料をおおくもらっている人は、お金借りますか?借りませんよね?

逆に、お給料が少なくなってしまった人は、お金を借ります。

せいかつすいじゅんを、貧乏時代に戻すことってむずかしいのです。

だからお金を借りて生活するんですが、総量規制をオーバーしたらどこからもお金を借りられなくなるんです!

総量規制を超えても、銀行はお金を貸してくれていたが…

銀行ってズルいんです。銀行だけは、総量規制をオーバーしてても、お金を貸すことが出来たんです。

なんで?

国が、銀行だけを、特別扱いしたからじゃないですか?

消費者金融の個人向け融資は、総量規制オーバーしてるとお金を貸せないという規制だったのです。

総量規制オーバーでも融資をした場合、特別な罰則はなかったと思いますが、指導が重なれば業務停止命令が出ます。

しかし、その総量規制もいよいよ終わりを迎えます。限界が来たのです。

その限界とは、国が銀行に対して甘かったという他はありません。

つまり、私たちのような市民みんなが、消費者金融でお金を借りれない状況に陥ってしまったんです。

これら庶民が、お金を借りたくても、現実には借りられない…。

だから銀行が消費者金融を買収して、カードローンやキャッシングを行ってしまったのです。

銀行が消費者金融を買収、そしたらどうなった?

総量規制対象外の、キャッシングを行った銀行。

すると今度は、アナタお金を貸し過ぎ!と国に注意されます。

そしたら結局、銀行のカードローン事業は縮小します。

するとまた、お金を借りたい庶民が溢れかえります。

借り入れの多さは今後、目に見えない社会問題となるでしょう。

私もその一人ですが、マジ普通に借金しまくりですから。

コンビニのATMはお友達です。神々の凱旋に虐められ続けています。

今はコツコツ返済してますけどね。

言ってしまえばお金を借りた人が悪いんですけどね。甘えてしまったんです。そしてキャッシングという、ズルくて楽してお金を手に入れる方法を覚えてしまったんです。

それが社会問題にならないほうがおかしいのですから。誰でも簡単にお金を借りまくれる、そんな時代に生きた私たち。これからは変わってくるでしょう。

そこで、あくまでも私個人的な意見ですが、こんな風に思いました。

金利を取る商売をしたから悪いんだ!

このように、ひねくれた考え方をすると、私みたいに馬鹿になります。こんなバカに少々お付き合いください。

国や銀行が、どんどん国民にお金を貸し付け、金利を搾取。

我々は消費税や住民税も払っているのに、金利まで取るんか?と言わんばかりの、金利商売です。

国民の不満から国力低下。まさに、国と銀行が、私腹を肥やすためだけの儲けの為に、国民からお金を取りすぎた。このツケが回ってきたと言えるんじゃないでしょうか?

日本だから暴動が起きないだけで、他国だったら終わってますよね。

日本人は我慢強いですし、集団心理が働きます。みんな総量規制オーバーでもお金借りてるんだ!なら俺も借りよう!って。みんな頑張って借金を返済してるんだ!苦しいのは俺だけじゃないんだ!って。

そこで、衝撃的な事実。

借金がある人の中に、貯金がある人も多くいます。はい、矛盾してます。

知ってましたか?

国の借金より、国民の貯金の方が多いのですから。はい、意味が分かりません。

私ですか?貯金してますよ、昨年からコツコツ貯めて、今やっと8万円が貯金用口座にあります。

借金は、贅沢に車のローンと駐車場で毎月8万円、クレジットカードのキャッシング利用で毎月1万円、消費者金融のカードローンで、返済が毎月3万円。返済地獄です。明日が見えないから夢を求めてパチンコ屋をさまよっています。

そう考えるうちに、銀行や国は、俺らビンボー人から消費税、住民税、さらには金利なんか取って、私腹を肥やしてやがる!と、ひねくれた考え方に。

一体、善意とは何なのか、ボランティアとは何なのか、寄付とは何なのか。資本主義とは何なのか?いろいろ考えてしまいます。

もうこれ以上お金を借りられない…。でも、お金を借りなければいけない時がある。

でも、総量規制でもうダメポ…。それでもアキラメナイ。

総量規制オーバーでも借りれる消費者金融の時代ではない!

すみません、ひねくれた愚痴となってしまいました。しかし、お金を借りなければ生活できない人もいます。

未だに、総量規制を検索すると

「総量規制オーバーでも借りれる消費者金融」
「総量規制以上 借りたい」
「総量規制でも借りれた」
「総量 規制 を 超え た」
「総量規制オーバーでも借りれる 街金」
「総量規制 借りれない」
「総量 オーバー で 借り れる 町 金融 は ある」
「総量規制対象外 審査 甘い 即日」
「総量規制 対象外 消費者金融」
「総量規制以上借りる方法 プロミス」

他にも沢山の関連キーワードが出てきます。

それだけ、お金を借りたい人が多いという事なんです。これは、紛れもない事実。

一般庶民の、心の声です。

平民の嘆き節です。

この記事のタイトルでは、「総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はもう古い!?」と書いています。

そうです、これからは新しい時代に突入していくのです。もちろん法治国家ですから、法律が全てです。しかしその法律も、毎年議論され、私たちが知らない所で変わります。

その中で生まれてくる、新しい金融サービスも出てくるでしょう。

今私たちが求めているのは、お金を借りたい時に、サクッと気を遣わずにお金を借りれる場所なのです。

お金の相談所では、そんな借りやすい消費者金融を紹介しています。

個人向け融資の、個人の金貸し業者です。総量規制オーバーでも借りれる審査が甘い金貸し業者です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする