大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

無人契約機でブラックは借りれる?

無人契約機の歴史

街を散策しているとよく見かける「無人契約機」。

大手の消費者金融は、この無人契約機を導入したことにより飛躍的に消費者目線でお金を借りやすくしました。

およそ20年前の1993年(平成5年)にこの自動契約機が導入されます。

今では当たり前のようですが、金融業界では歴史的・革命的な事だったんです。

yjimage

昔はブラックでも借りれた

2000年(平成12年)の出資法改正により、金利や広告など、数々の金融に関する法律が改正されていきます。金融業界にとって、激動の21世紀のスタートとなったんですね。この以前から「闇金被害」が増え続け、法改正せざるを得なかったという事です。要はブラックでもお金借りれたのですが、脅迫な取り立てや、違法な高利貸しなどが横行したことにより、とうとう金融庁が重い腰を上げたと言う感じですね。

yamikinyuu

現代の消費者金融

現代は法律もある一定の基準が決まり、消費者目線で安定して需要と供給のバランスが良くなってきたと思います。しかし勝ち残るのは大手企業。吸収や統合・合併により今現在の消費者金融大手は、アイフルを除いて全て銀行がバックアップする会社になってしまいました。(アイフルは東証一部上場)2000年代の法改正により上限金利が大幅に引き下げられ、そのグレーゾーン金利の返還にて倒産した会社がほとんどです。逆に潤ったのは弁護士・司法書士などの法律専門家の事務所。それも、今までは広告は禁止されていました。理由は、弁護士などは広告をするものではない、法律家は広告は似合わないぞ・・・という意味不明な理由で禁止されてたんです。

このように現代は違法な闇金は徐々に排除され、消費者にとって健全な金融会社が残ってきたといえます。しかし、ブラック(金融事故でどこからも借りれない人)にとっては、お金を借りる場所が無くなったとも言えます。

だから無人契約機でブラックは借りれない

お金を貸す際に必ず行う「審査」というのは、お金を貸す側の判断で行います。大手銀行系の金融会社は、そのほとんどが無人契約機で審査を行います。その場合、日本全国数万人の顧客情報を一気に相手をしないといけない、作業の効率化を求めて、信用情報機関に一括で審査を行うのです。だから少しでも不備があれば、絶対に審査に通りません。従って、大手消費者金融でブラックはお金が借りれないということです。

そんな貴方の為に中小企業の消費者金融がある

ここまで読んでいただいて、自分がブラックだ・・・と途方に暮れてはいけません。一体何のために、誰のために、中小消費者金融があると思いますか?

一見、中小金融と聞くと「怪しい」「ヤミ金かぶれ」「金利が高い」「取立ての鬼電」というイメージをお持ちだと思います。

よ〜く考えて下さい。よ〜く考えて下さい。

本当に違法なことをしたら、刑務所行きです。

今の時代、昔みたいな違法な所を撲滅するために業界も尽力しています。そのおかげで、闇金広告も確実に日に日に減少しているのも事実です。きちんと金融庁に営業許可を申請し、業務実態の監査実施を終えてから営業しています。

そこで中小金融の役割は、大手で相手にしてもらえなかった、審査に落ちてしまった人がお金を借りれるように、基準を最大に甘く見て審査を行なっています。もちろん、絶対に誰でもお金が借りれるということではありません。信用情報も今は厳しくなっています。一度でも携帯代やローンの支払いなどが遅れてブラックになってしまった人は、大手では審査に落ちてもお金を借りれる可能性大です。

今まで書いたことをまとめると、契約機は大手なので審査に落ちても、中堅企業のインターネット融資なら審査に通る可能性があるということです。

※ご利用は計画的に。借りすぎには十分に注意しましょう

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする