大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

年代別のお金を借りたい人たち!

2018年になりました。本年もお金の相談所は、どうしてもお金を借りたい人がお金を借りれるように、様々な消費者金融を紹介して参ります。

新しい時代になり、日々の生活は変わっていきます。特にここ数年で、本当に様々なものが変わりました。

SNSなんかもそうですよね。数年前に一時的な流行なのかと私は思っておりましたが、今では流行語になるほどの力を持ってしまいました。

便利になりすぎた世の中ですが、消費者金融業界でも同じような事が起きています。

お金の貸し借りなのに、対面せずにネットだけでお金を借りる事ができる時代になったものですから驚きです。

そして時代の変化に伴い、お金を借りる人の事情も変化をしているそうです。

昔は車を買ったり、キャバクラなどにツケ払いをし借金をする人は多かったと思いますが、現代は車離れが進み、草食系男子が増えたと言われています。

これから現代のお金に悩む人たちを、年代別で考えていきたいと思います。

20代でお金を借りたい人たちは?

20代の方々は、借金をしたての若い方々もいれば、お金を借りた事が全くない方も多くいると思います。

そしてお金を借りて遊んだりする方法を覚えてくる時期でもあります。悪い遊びを覚えた若者は、30代に向けて借金を背負う運命になるかもしれませんので、今ピンときた方は気を付けましょう。

そして今は珍しくなった車をローンで無理して買う20代の方も、ローンは借金だという事を肝に銘じてほしいと思います。

一時期の高収入を若くして経験してしまったら、そのお金の魔力にとり憑かれてしまう可能性もあります。つまりは金銭感覚の崩壊が訪れる可能性があるかもしれませんので、注意しましょう。

20代でお金を借りたい人達は、まさに遊び盛り・お金を使いたい盛りの人たちです。

30代のお金を借りたい人たち

30代になると、新し買い物で借金というよりも、20代で積み重ねてきた借金を継続しているという人が多いそうです。収入もある程度安定している方も多く、消費者金融を初めて利用する人も多く見受けられます。

20代で人生が順調に行っていた方でも、新しい何かをキッカケに、消費者金融でお金を借りる事を覚えてしまった人もいます。まさに人生の分岐点です。

日本の成人人口の中で、最もお金を借りている人は30代の方と言っても良いのかもしれません。

30代のお金を借りたい人というのは、自分で何かをやり始める人でしょう。それ以外はギャンブルに没頭した人たちです。

40代のお金を借りている人は…

40代はお金を借りるという概念よりも、既に大きなローン(借金)を背負っている人が多いと思います。

既に家庭を持っている方もそうですし、脱サラして自分で商売を始めている人もいることでしょう。その際にお金を借りている人も多いはずですが、やはり大きな金額を借りるという事になります。

しかし残念ながら、消費者金融では大きな金額は借りれません。ですから40代で消費者金融をいつも利用している人は、基本パチンコや競馬、競艇などの娯楽でしょう。

50代のお金事情は?

50代を超えてくると、つい一見お金を借りてなさそうに見えますよね。しかし意外と、消費者金融からこっそりお金を借りている人は多くいるのです。

私の父もそうでした。私は遅い子供でしたので、両親が50代の頃はまだ高校生だったと思いますが、父は消費者金融からお金を借りていました。もちろん当時は何も知りませんでしたが、大人になった今知った事です。父は普通のサラリーマンでしたが、いつも仕事から帰ってくるのが23時過ぎでした。毎日残業きつそうだな…という印象しかありませんでした。しかし実は、毎日パチンコにハマっていたというのです。気が付けば借金総額600万円…。債務整理をして離婚をしました。

まさに50代のお金事情は、非常に辛いものがあります。これはただの実話の一部ですが、他にももっととんでもないクズ親父は居るのでしょう。

2018年もよろしくお願いします。

以上のように、各年代ごとにお金を借りる事情は違いますが、新しい人生を切り拓くように2018年も頑張っていきたいと思います。

お金の相談所はこれからも、本当にどうしてもお金を借りたい人が借りれる消費者金融を紹介し続けます。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする