大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

大手消費者金融でお金を借りる際の、ブラックな落とし穴とは?

もしもあなたがお金を借りる場合、銀行や、消費者金融、信販系カードローン、クレジットカード系のローン、はたまた個人、親兄弟、友人、いろいろなお金を借りる手段があることでしょう。

最悪の場合は、個人の金貸し業者と言われる闇金や街金なども視野に入れないといけない可能性があります。

そんなあなたは、過去に3件以上の借入をしたことがありますか?

また、それを返済し終えてない・滞納をしていますか?

これがイエスの方は、おそらく銀行や大手消費者金融、信販系カードからは借りることができない可能性が高いです。

銀行や大手消費者金融は、コンピューター審査で、信用情報機関という場所で個人情報を審査します。

その際、過去に返済の遅れがあると、減点対象になります。

減点対象というよりも、保管期間がある信用機関があるために、いつどこで返済を遅らせてしまったのかが分からなくなってしまう事があるようです。

私の友人にも、「なんで俺が審査に落ちたか分からねぇ!真面目に返済してるのに!」と嘆いていました。思い返せば、7年前くらいに楽天カードの返済を2度ほど遅れた時があったようです。

たった小さな金額でも、一度の遅れが後々最悪なことにもなりうるのだそうです。

その友人は、CIC(信用情報機関)に連絡し、幾らかお金を払って、その返済の遅れ情報を削除してもらったそうです。

このように、自分が思ってないほど、そんなに大した総額でなくとも、数回の遅れで多重債務者とみなされます。いわゆるブラックです。

金融業者によって、そのような個人信用情報の操作は違うそうです。なので厳しすぎる金融業者に当たってしまった場合は、私たちが知らない所でブラックになっている可能性が高いというのです。

しかし、そんな気が付かぬうちにブラックになってしまった人は、日本にごまんといます。

まさに、ブラックの落とし穴です。

次に説明します。

今の時代のブラックの注意点

現代は、スマホが主流で、スマホを買うだけで数万円の時代になってしまいましたね。私たちが携帯電話を持ち始めた時代は、ドコモやエーユー、ジェイフォンが競争して、機種価格は0円でした。

今はアップルがメインなのか知りませんが、スマートフォン1つでパソコンが買えるような時代です。

その中で、スマホ台を分割で、電話料金と一緒にお金を払っている人も多いと聞きます。

実は、そのスマホ分割台は、借金と同じ扱い、つまりローンとなってしまう事を、若者は知らないのです。
なので、もしも携帯電話の支払いを2カ月遅れたとしましょう。
すると、信用情報機関にその記録が残り、下手するとブラックリストになってしまうのです。
まさに、若年性ブラックと言えます。
これに気が付くのが、大人になり、社会人になって、初めて車をローンで買うとします。
すると車屋さんからこういわれます。
「あなた、過去にブラックになってませんか?ローン会社から、ブラックと言われて審査落ちしたんですが・・・」
これは、実話です。

ブラックでもお金を借りれる消費者金融は?

このようなブラックになった人でも、お金を借りたい!と思う方は多くいます。

しかし心配はいらないでしょう。

ブラックでもお金を借りれるところとは、存在しているからです。

それが、中小消費者金融と呼ばれている金貸し業者です。

自己破産・債務整理・多重債務・申し込みブラック、そんな過去があるブラックの人でも、柔軟な審査でお金を借りやすいところがたくさんあります。

中小消費者金融の審査で大事なことは、過去にブラックになったか否かではありません。

「返済の意志があるかどうか」「返済能力があるのか」です。

信用が一番ですが、その信用を勝ち取るには、己の収入が一番です。

どうしてもお金を借りたいけど、過去のブラックなどでお金を借りれなくなってしまった皆さん。数ある中小消費者金融の中で、お金の相談所が見つけた金貸し業者を紹介しています。

当サイトおすすめはこちらからどうぞ↓↓

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする